ようこそ────────────

おぎぶん工房の電書館eWEBRARY へ

                     ogibun39@ab.auone-net.jp

 

無料!どなたも閲覧自由‼ 知的財産 大公開です。

 

 

電書館 館長からのお知らせ  

 

2019年3月24日 『酒大学林』は「デラックス版」上梓に向け更新中です。

2019年3月2日 『酒大学林』は運営上の都合により「本編」と「資料編」のみの掲載とします。

2019年2月15日  旧『エロス淫猥学大事典』更新し、新たに『艶辞苑 エロス淫猥学大事典』として、一段と充実させ全編公開しました。

2019年1月31日 『エロス淫猥学大事典』更新のためしばらく休みます。

2019年1月31日 『企業ホームページリンク閲覧館』全部を一般無料公開します。ビジネスマン必見の労作。

2019年1月19日 『ギャンブル勝負事ネットNAVI』一新して更新公開

2019年1月10日 『ギャンブル勝負事ネットNAVI』更新中

2019年1月8日 旧「エロス淫猥学大事典」は本文・画像共に大幅に追補し、新たに『艶辞苑 エロス淫猥学大事典』としてデビュー。

2018年12月18日 『エロス淫猥学大事典』更新に伴う最終仕上げのためしばらくの間休載します。

2018年10月27日 『エロス淫猥学大事典』更新のため当分の間、一部の公開を停止します。

2018年10月1日 『企業ホームページリンク閲覧館』を、有料版につき一部抄出して公開。同CD商品をご案内。

2018年3月16日 「酒大学林」CD商品を格安で販売開始。左記ナビ「CD化商品コーナー」を開いてご覧ください。

2018年3月8日  「ギャンブル勝負事ネットNAVI」を新設公開

2018年2月25日 「歌謡愛唱遺産18000曲eNAVI」が遂に完成、全編を一般公開

2017年11月24日 新たに画期的な「即引きeNAVI実用百科事典」公開、ネット漫遊に最適 左記ナビゲーター末尾に掲げてあります。

2017年10月1日・2日の予定で「自治体スローガン」を調整のため更新

2017年9月28日〜9月30日の予定でレールよ響け「廃線ガイド編」を調整のため

更新

2017年9月24日〜9月28日の予定で酒大学林「酒籍簿」を調整のため更新

2017年9月20日 ツイッター始めました。プロフィール名は「おぎぶん電書館」

2017年9月1日 開館(オープン)。今後ともよろしくご支援ください。          

 

 

知のサプリメント

👈 おぎぶんWEB文庫 がってんe-bookシリーズ

知識の樹 近代初期における知識体系を図式化したもの。一大アカデミー圏が

一覧できる。1515年、ルルス『学問の樹』の目録ページ、ケンブリッジ大学図

書館蔵。

 

作品タイトルの内容(左記ナビの要旨)

 

「おぎぶん電書館」トップ このページ。テキスト・コンテンツ作家・荻生待也の20作品をホーム上に無料公開。哲学分野からエロス資料まで大人の文章でつづられたコンテンツの殿堂です。ナビのクリック一発でチョイ拾い読み、ネットサーフィンの楽しさも味わえます。

 

☞「歌謡愛唱遺産18000曲eNAVI」 YOU TUBE登録の日本の歌謡約18000曲を歌手ごとに五十音順で整理再編成し、各曲にリンクしてクリック一発で聴けるようにしました。懐かしい歌謡の再発見と楽しみな発掘にお役立てください。

 

☞「はやり唄万葉集」 日本における古今のはやり唄を24チャンネルに系統分類。各曲にyou tubeへのリンク機能を付け、クリック一発で5000曲超えの歌謡遺産ギャラリーを漫遊できます。

 

「ギャンブル勝負事ネットNAVI」 ギャンブルとゲームに関するネット上の情報を13のジャンルに分け、各タイトルをリンクさせたナビゲーションです。欲しい情報を探し出す手間が大幅に省けます。

 

☞「鉄道全路線 見える eNAVI」 日本国内の全鉄道網を網羅、you tubeリンク映像中心に新幹線からトロ列まで細やかにか運転室バーチャル旅行(前面展望中心)を実現。廃線ガイドも付録に。鉄ちゃん、とくに乗り鉄にとって必携のコンテンツといえる。

 

☞「日本人名博学辞典 ウエブ版」 日本の古代から現代まで人名用語・学術用語・行政用語を集成したわが国初の本格辞典。人名関連の各種資料/人名文化年表付き。資史料価値の大きな自信作です。

 

☞「ことば遊び魔辞句大事典」 創って面白い言葉遊び+見て楽しめる図説満載の多機能言語遊戯辞典。読む・見る・引く・知る・学ぶ・挑む・遊ぶの7つにより日本語の奥行きの深さ、面白さが再発見できます。

 

☞「大江戸おどろおどろ譚」 幕末の珍書『藤岡屋日記』から江戸事件帖160話を選び、荻生待也が現代語訳に。涙が出るほど笑いこけるバカバカしくも面妖な話の花が咲く江戸世界へと、あなたを誘います。

 

☞「日本史人物迷言毒舌集成」 日本の歴史上人物が口にした迷言・妄言・毒舌を鋭い批判精神でぶった斬る。古代から平成の現代まで280項目を選定、あなたの人物観や史観を変えるかもしれません。

 

☞「花酒爺の新狂歌塾」 今でこそすたれてしまった狂歌の復活を強く願う筆者が、あなたと共に目指す笑殺仕掛師へのガイド。豊富な事例を含め、爺がイロハから懇切指導します。爺の豊富な作品集も収載、一読して楽しく愉快ですぞ。

 

☞「あだ名由来辞典」 日本史の始まりから昭和初期まで、著名日本人に付けられたあだ名とその由来記を五十音順に編集。あだ名の由来入り事典は初めての試み。コンテンツを通してニックネームのノウハウも理解できる構成です。

 

☞「博「学」コレクション」 パピルス学から航空宇宙工学まで、公式「○○学」約2800項をガイド。知らなかった○〇学のなんと多いことかを知る。学問を学問し研究しつつ「一人一学マスター」を実現するためのリンク機能付きNAVIでもあります。

 

☞「辞世千人一首 ウエブ版」 古今の著名日本人が遺した和歌による辞世一千首を時系列順に収載。加えて辞世詠のあるべき姿を追求し、その理想的な作法の是非を問う。現代人にも役立つ「辞世づくりガイド」付きです。

 

☞「辞世句五百吟」 本集は著名歴史上人物が遺した俳句と川柳による辞世の句五百吟を集めたもの。それぞれに荻生の独眼流短評を付けた。「辞世千人一首」の姉妹編です。

 

☞「艶辞苑 エロス淫猥学大辞典」 造語の英名がEROSEXIONARY、現代ポルノやAVは見飽きた本格漁色家に贈る大人の性愛総合辞典。おどろ画像を含め700点余りを挿入、昔日の飲む・打つ・買うの三拍子揃いにして成し得た辞典です。ただし18禁ですぞ‼

 

☞「自治体スローガン総覧」 全国都道府県・市区町村のスローガンをくまなく集成、各自治体ホームページにクリック一発でジャンプするリンク機能付き。自治体HPのあるべき姿 比較研究等に役立ちましょう。

 

☞「殺し文句の文彩」 相手と心の通った意思の交流をめざし 送り手が情感を込め短文で伝える 文彩コミュニケーション論。 21世紀ミニコミ全盛時代がもうスタート、ミニコミでの表現技術(HOW TO)を具体例と合わせて解説しました。

 

☞「絵解き遊画苑」 日本を軸に世界の不思議画・面白絵180余点を図説。内容は高踏的な美術評論ではなく、裏長屋の熊八クラスの美術鑑定と思ってください。加えて視覚心理学ジャンルで知られた「錯視の世界」を付録にまとめました。

 

☞「酒大学林」 酒の辞典とは言え質量ともに半端じゃない。日本の酒(主に日本酒と焼酎)のことなら本コンテンツで決まり。手始めにナビを開いて、あなたの目で、その水も漏らさぬ構成をしっかりと確かめてください。

 

「花酒爺の広告遊戯ギャラリー」 広告は不条理で邪悪なものほど面白い──この信条をもとに、元コピーライターの爺が手慰みに創りましたよ。ブログ形式による掲載のため随時に内容を追加更新します。

 

「起業ホームページ リンク閲覧館」上場企業約4000社、各社HPがクリック一発で開ける。それぞれスローガンや企業理念など企業文化面での情報を究めたナビゲーション付き。とくに「PR技キーワードによるリンク一覧」は、PR技法に特化し多様性を具体化してサイトのソリューションに格好のガイダンス。『会社四季報』とのコラボで投資家にとっても座右の書である。

 

☞「言葉狩り無視の主張」一部メディアや権力筋による横暴な「言葉狩り」に対する反論。言語文化破壊につながる言論弾圧は阻止しなければならない、が趣旨だ。

 

コンテンツの開き方

左記「ナビゲーター」表記は、各作品のタイトル(親見出し)一覧です。選んだタイトルをクリックすると、その作品のトップページへとジャンプします。

作品の構成は、最大で親見出し(1次項目)>子見出し(2次項目)>孫見出し(3次項目)の段階方式になっています。したがって検索のときは、ナビゲーター上の各段階ごとにクリックして検索範囲を絞り込む必要があります。

たとえば「酒諺集」を見たい場合は、

①親「酒大学林 本編」をクリックして開く

②次に子「第一部 酒言葉のしるべ」をクリックして開く

③次に孫「3章 酒諺集」をクリックして開く

という手順で行ってください。

作品中でもことに「酒大学林」はビッグコンテンツを収載してありますので、正しい検索手順を踏まえる必要があります。

作業慣れすれば手早く目的情報へとたどり着くようになります。

 

印刷するには

上段操作メニューの右端にある「…」(設定など)をクリックして開き次に「印刷」タグをクリック。窓が開いたら必要な設定を行ってください。

 

ページのトップへ戻すには

収載したコンテンツは、それぞれボリュームが多くファイルが長大です。ファイルの中途でそのページのトップへ戻したいときは、右の山形ボタン(トップへ戻る)をクリックしてください。

 

ご利用上の約束事をお守りください。

このコンテンツ群一般公開の目的は、著作者側の善意に基づく社会奉仕です。 

したがって、ご利用はあくまでも個人の私的利用に限らせていただきます。

万一、コピー&ペーストしたものを他人に譲渡もしくは販売すると犯罪行為とみなされ、法的処罰や賠償責任の対象となります。

くれぐれもご注意ください。

 

●自己紹介

荻生待也と申します。出身は東京都向島区(現墨田区)

雑草のごとき下町育ちです。

戯号を「花酒爺」と称し

桜花と酒が大好きな老体。ついでに

幼少時からの渾名は「ゼッペキ」

長頭で後ろが90度にそそり立つ 

だから人生滑ってばかり、転んでばかり。

貧乏も気にしないで駄文を書いています。

酒の上の恥もかいています…

 

1933年 東京生まれ。

10数種の職業遍歴ののち、63年広告会社に勤務、制作室でコピーを書く。

65年独立してフリーに。

30年間にわたり多彩な業種のコピーを書き続け

還暦を迎えると同時に広告業界から引退。

目下、辞典作りなど執筆活動のかたわら、大好きなドイツタンゴや ちあきなおみ (「おんなの宿」などは数十回聴いてもアキがこない)やらを聴きながら酒楽三昧の日々を送る。

趣味は図書館通い。東京周辺はもとより遠くは函館市立図書館まで探訪。

尊敬する人物は近代ジャーナリストの(宮武) 外骨。

文筆上の号は「花酒爺」または「酔太郎冠者」と発します。

一昔前の荻生。 高井株式会社(群馬県藤岡市の蔵元)にて。

反転してやや左へと傾く。これこそ愛酒家スタイル。