おぎぶん e-book 03


 

ことば遊び魔辞句大事典

  

日本語の面白さを楽しみながら発掘!

創って面白い言葉遊び + 見て楽しめる図説 満載の多機能言語遊戯辞典

■ コンテンツ説明

ことば遊びならびに文学・文芸に見え隠れする文芸遊戯を再発見する目的で編んだユニークなコンテンツです。対象とするジャンルは26系統・860項目と多彩で、豊富な用例をベースに奥行きを検証。既刊の自著『図説ことばあそび遊辞苑』(遊子館)の大幅改訂版。従来の内容に文芸遊戯の要素を付加し、遊戯文芸の総合版として充実を図りました。さらに図版230点余を挿入して本文の理解を助け、お客様が「読む」「見る」「引く」「知る」「学ぶ」「挑む」「遊ぶ」という7つの使い方ができる多機能辞典に仕上げてあります。  

 

ことば遊び魔辞句大事典プラウザ上の仕様

 

題名●ことば遊び魔辞句大事典〔書き下ろし〕

副題●作って面白い言葉遊び+見て楽しめる図説を満載した多機能辞典 

編著者●荻生待也

製作者●おぎぶん工房  代表 内山幸雄

作品番号●おぎぶんe-book 03

制作年月(予定)20174月 更新

カテゴリー●①日本語>言語遊戯  ②文学>文芸遊戯

本編の柱構成●本編>26体系>900(遊戯)項目 図画像280

各章の構成●章見出し→前書き→項目見出し→ひらがなよみ→本文説明→作例(自他作品)→参考資料→関連図表(説明文付き) 以上を原則構成とする。

本文の基本設定●A4判横書き、MSゴシック体10.5(見出し12) 20字×36行×2段/1ページ

収載項目数●約900 巻頭索引(26系統ごと五十音順)

電子仕様●原稿はWINDOWS 7 word2010によるデジタル化

ボリューム●延べ712ページ、96.3MB



紙と鉛筆一本で始められる


モバゲーにくたびれたら寄っといで