折句の洋名。明治以降に「折句」から名を変え現代も挑戦するファンが多い

2 アクロスティック系 acrostic

 

 詩文や詞章で各行、各句の頭尾あるいは特定箇所の定置文字をつづるとまとまった意味の文句になるものを〈アクロスティック〉と総称している。これは音節系遊戯の中核で、種類によってはパズル色が濃い。

そもそも〈アクロスティック〉は英語である。この言葉が明治時代に移入される以前から、わが国ではこれに相当する用語〈折句〉が存在しているため、本コンテンツでは別の系統扱いにして区別した。これを移入当時は「単式文字綴り」という苦しい和訳を当てた。言葉遊び指導家の向井吉人は、「嗚呼苦労素敵句」なる、言い得て素敵な当て字を創作している。

世界の言語遊戯のなかでも〈アクロスティック〉の起源は古いほうである。たとえば『旧約聖書』詩篇には、十二か所に〈アクロスティック〉が使われている。さらに詩篇百十九「主の律法を讃える詩」には、二十二節の八行詩各節頭にヘブライ語のアルファベット二十二文字がアクロスされている。ヘブライ語を解する人は、この絶妙な構成に感嘆せざるをえないという。

いずれにしても、アルファベットを組み合わせてつづるヨーロッパ系言語は〈アクロスティック〉作りにぴったり。これまで数多くの〈アクロスティック〉作品が創作されてき

たが、なかでも遊戯詩の名手といわれるルイス・キャロル(183298)の一連の〈アクロスティック〉作品は不朽の名作揃いと評価され、現在なお愛読者が多い。

 日本でも延喜十四(914)年頃に成った勅撰『古今和歌集』の中に、何種かの折句〈物名歌〉が収載されていることから、古くから愛好された技巧であるといえる。

 動物のアクロスティック絵本『ことばあそび どうぶつえん』石津ちひろ著〔のら書店〕

 

2 アクロスティック系の目次(五十音順

あいうえお冠詩     

アクロスティック暗号

アクロスティック英語

アクロス文句取り

アクロニム

網目襷

隠し言葉

数え詞

数え成句

源氏織

五十音の詩

七曜詩

接辞遊び

名前うた

 

Amazon アクロスティック・ジグソーパズル

 

 

あいうえお冠詩 あいうえおかむりし 

各行頭を「あいうえお」一字ずつ五十音順で飾る詞章を゜〈あいうえお冠詩〉という。後出〈五十音の詩〉に同じ。表現に幅をもたせるため、五十音は仮名だけでなく漢字入り混じりなどとしてもよい。

【例】

一行余計な三行半(みくだりはん)                 荻生作   

なたが口にする「愛」が

ミテーションとわかった今

ちの人と呼ぶのも今日かぎり

慮させていただきますわ

別れです

 昔の標準的な三行半書式

 

アクロスティック acrostic 

〈アクロスティック〉は各句の冠または脚に人名や物名など定形の句を据えて詞章を形作る技法。〈折句〉の現代版に対する呼称として定着している。

〈アクロスティック〉の展開は、形態に応じて次の二種類に分けられる。

〔シングルアクロスティック〕 single-acrostic

詞章の頭・尾など所定の位置決めをし、そこに意味のある語句を一字ずつ分解してつづり込む手法を〈シングルアクロスティック〉という。冒頭〈あいうえお冠詩〉もこれの一形態である。

シングルアクロスティックの展開バリエーションは多彩であり、とくに〈ダブルアクロスティック〉と断りのない場合はすべてシングルである。言葉遊びの入門者は三~五音節のシングルから始めるとスムーズにはいれて早くなじめる。

【例】

アサヒビールの広告より

北方領土返還の政府広報 *本文がレイアウト崩れ

日本列島のはて

面積五千平キロメートル

戦後、早くも十年

もどそう北方四粘り強く 

 &昭和五十九年九月、総務庁広告

〔ダブルアクロスティック〕 double-acrostic

アクロスティック(とのみ称する場合はシングルをさす)は一列だけの隠句つづりであるが、これがさらに句頭と句尾というように二重に仕掛けたものを〈ダブルアクロスティック〉という。移入時の明治時代には「二重式文字綴り」と和訳された。

ダブルアクロスティック作りは、シングルの場合よりも難しさが倍加する。隠句のパターンや組合せ方式もさまざまである。

【例】

頭尾合わせ成句「良き遊びおもしろい」 *本文がレイアウト崩れ

ツノ(琵琶の異名)

ジョノト(雑誌の名)

オム(青虫)

ライ(空色) 

ャウヘ(病兵) &『世界遊戯法大全』

頭尾異字同音つづり

つゆのあとさき                                          荻生作

めが しとし

つさ むとむ

いも ねとね

せで じとじ

のこ うとう

たし へとへ 

 

アクロスティック暗号 ──あんごう 

秘密にしておきたい文句等を相手に送る場合、手の込んだアクロスティック仕立てにしたものを〈アクロスティック暗号〉という。

アクロスティック暗号は日本でも〈折句〉として来歴が古い。村上天皇が折句を用い「合せ薫物少し」と御製を披露した例などがある。現代の作例は引用に支障を生じるおそれがあるため、一つ自作することにした。

【例】

暗号はがきの解読                                           荻生作

彼のもとへ彼女から次のはがきが届いた。

こ、今日(こんにち)ちは。どもってもいい、もどかしい舌がうらめめしい。

でも愛して、あきらめきれず、もたもた言葉で、らりって、

酒に(しん)(そこ)酔い、ぐいとあけてます。

 

いかにも酔いの回ったような舌足らずな文面だ。彼ははじめ心配顔で読んでいたが、じっと文面を見つめているうち、はたと手で膝を打ち、破顔した。そして思わず叫んだのである、「やったぜベィビー」と。

この文を一行七文字ずつ、平仮名に配列しなおしてみよう。各句頭尾を矢印方向に読む。

   こんにちち

↓ もってもい

  どかしいし

  うらめめし

  もあいして

  らめきれず

  もたことば

  りってさけ

  んそこよい ↑

  とあけてま ②

これを漢字かな混じり文にすると「子どもが出来たらしい。すぐにでも会いたいわ」のメッセージとなる。つまりダブルアクロスティック暗号文になっているため、先のはがき(平叙文)だけでは、暗号文であることになかなか気づかれない。

 

アクロスティック英語 ──えいご 

アクロスティック自体が英語なのに〈アクロスティック英語〉とは芸がないが、いちおう日本語作品と区別しての用語と理解していただきたい。本書では日本語言語遊戯が建前であるが、アクロスティックにかぎって英語もなじみ深いという理由から採り入れる特例を設けた。

アクロスティックといえば、英国のルイス・キャロル(Lewis Carrol, 1832~98)に触れないわけにはいかない。彼は数学者であると同時に、『不思議の国のアリス』や『鏡の国のアリス』などを書いた童話作家でもある。そして傑出した言語遊戯の創作者でもあった。彼は本職の数理学者としての才能を発揮し、数々の難問パズル類を創案している。

 ルイス・キャロル像

  あるいはまた、当時発明されたばかりのカメラを駆使して、知り合いの少女らを映像に収めたロリコン写真家でもあった。

それら少女の名前を折り込んだ何篇ものアクロスティック詩もまた世界に広く知られる。

【例】

マーガレット                                                L・キャロル作

Maidens, if a maid you meet

Always free from pout and pet,        

Ready smile and temper sweet,

Greet my little Margaret.

And if loved by all she be

Rightly, not a pampered pet,

Easily you then may see

‘Tis my little Margaret.

                                                   荻生訳

た会ったなあ 可愛こちゃん

 いきょう忘れぬ 笑みをみせ

 れんなオチビ 名は魔雅麗(マーガレ)

 ロッととらえた わがこころ

 ンとすますな せつないよ

んでおいでよ マーガレット

*頭に来る音引きはあ行の擬通音で表記する。    

アルファベティック・アクロス                        原作者未詳

A  Boy  Called  Dick,  Ever Fighting, 

Got  Hands-cuffed  In  Jail  Kicking

Lustily,  Minding  Nobody.  Oh Pray,

Quit Rebellion! Surely To  Use

Violence Won’t  Xtricate  You, Zacharry.              

荻生訳

  明け暮れ喧嘩(ゴロ)まく若造Dの字(デイツク)獄舎(ハコ)にブチ込まれ、手錠(カマ)され、蹴とばされても、()ンれも同情しやしねえ。だろ?もう突っ張るなってこと。暴力沙汰(ちからづく)はお前さんを救うことにゃならんのだ、チャーリィ坊よ。

E・クイーンの「章題遊び」

*アメリカの推理作家エラリー・クイーン(二人の共同執筆名)が書いた『ギリシャ棺の謎』では、全三十四章

 にわたる章題がすべてアクロス仕立になている。これら章題の頭字つづり合わせると、ThGreek Coffin

 Mystery By Ellery Queenとなり、その凝りように感心させられる。

Tomb      墓場

Hunt        探索            

Enigma      なぞ            

Gossip      雑談

Remains         遺骸            

Exhumation    発掘              

Evidence    証拠         

Killed     殺人?            

Chronicle      物語              

Omen        前兆              

Foresight    予見              

Facts       事実              

Inquiries     調査             

Note           書置         

Maze        迷路             

Yeast       酵素           

Stigma       汚辱

Testament       遺言

Expose          解明

Reckoning     報い

Yearbook       日記 

Bottom      どん底

Yarns       奇談

Exhibit     展示

Leftover     残滓

Light       光明

Exchange      交換

Requisition    強請

Yield       収穫

Quiz        設問

Upshot       空弾

Elleryana      エラリアナ

Eye-opener      開眼

Nucleus      核心

 『ギリシャ棺の謎』井上勇訳、創元推理文庫

 

アクロス文句取り ──もんくどり

一般によく知られた成句を軸に言葉をアクロスさせて仕上げる遊びを〈アクロス文句取り〉と称している。近年出来たばかりの遊びである。

アクロス文句取はかなり作りやすいので、創作難度を高めるため、主題にそった描写であること、など条件を付けてみよう。あるいは左掲例のように、図形詩に仕立てるのも手である。

【例】

有名句隠し

 花鳥月山梨石和

 雨月桃花見宴

 花打上笛吹川

 富士来迎出湯三昧

 快適一夜熱烈歓迎

*山梨県石和温泉郷の観光客誘致ポスター文言。いかにも漢詩風の気取りが巧みだ。

清少納言『枕草子』より「春はあけぼの」                             荻生作

 わたし

    りいろ

 あなた

    かね

 あさや 

    んぼろ

  そらいろ

 『枕草子』写本?より該当部分

 

アクロニム acronym〈アクロニム〉は、一般に〈頭文字語〉と訳されている。いうならばアクロスティック・ネーミングである。

英名等の連らなる各語の初めの文字、あるいは最初の音節の文字を集め新語化したものといえる。たとえば、すでに一般化しているLASER(レーザー)も、じつは

 light amplification by stimulated emission of radiationlaser

のアクロニムである。

 日本におけるカタカナ語の氾濫と歩調をあわせ、アクロニムの移入や創作も盛んだ。そして、じつに数が多い。そこでAからFまでに範囲を絞り、かつ、アクロニムがあたかも生の成語であるかのようなイメージをもつものをいくつか集めてみた。

【例】

ANSER(Automatic answer Network for Electronic Request)NTT装置のコンピュータ応答システム。アンサー

BADGE(Base Air Defense Ground Environment)自衛隊における自動防空警戒管制組織。バッジ・システム

COBOL(Common Business Oriented Language)オフィスデータ処理用のコンピュータプログラミング言語。コボル

DIY(do it yourself)英国で発祥した日曜大工の合言葉。日本でもすっかり定着し、用具専門店も少なくない。ドイト

EUREKA(European Research Coordination Action)欧州先端技術共同研究計画。ギリシャ語で「わかった」を意味する。ユーレカ

FASID(Foundation Advanced Studies on International Development)国際開発高等教育機構。途上国向け援助機関の一。ファシッド

&『現代用語の基礎知識』2007年版

アクロニム遊び                                            荻生作

DIT(Do It Yourself:日曜大工)

 →〔変換〕ど・い・てェ、(人によっては)だ・い・てェ

GPS(Global Positioning System:全地球測位システム)

 →〔変換〕Girls Pin-up Show:ストリップガール

NHK(Ninon Hoso Kyokai:日本放送協会)

 →〔変換〕None Hinkon Kyokai:日本遣い放題協会

 

網目襷 あみめだすき 

〈網目襷〉は、往時の〈八重襷〉の現代版である。出典に例示の作品を発見したとき、現代でもこうした労作に取り組んでいる人がいることを知って筆者は感動を覚えた。網目襷を作れるということは、並ならぬ言語遊戯の才能の持ち主である。作例の場合、視点に恒久性があり、けちの付けようのない傑作だ。

 作品の説明

  ⑤ ⑦ ⑪の句

 真実さ 「核」が科学か 殺人し

  ④ ⑧ ⑩の句

 参戦は 駄目だよだめだ 反戦さ

  ⑨の句

 過熱の世 「苦」先ず渦巻く 世の常か

⑥ ⑫の句

 親政は 伝統飛んで 敗戦し

 

隠し言葉 かくしことば 

一般に「隠しことば」というと、仲間内で通じる隠語や〈符丁〉をさす。

しかし言語遊戯用語だと意味が少し異なり、アクロスティックの形で、各句の頭尾に伝えたい語句を折り込むものを〈隠し言葉〉といっている。

隠す言葉は名称に限らず、挨拶やメッセージなど自由である。

【例】

別居妻へ                                                         荻生作

 なつのこある

らすじゃないが

くこがあわれ

れもつらいぜ

くつじゃなしに

んじつほれた

めさん、おまえ

れいとんでゆけ

 

数え詞 かぞえことば 

各句の頭文字が一・二・三…の数詞で、または、()() …のような音でつづる詞章を〈数え詞〉という。

これも一種のアクロス表現だが、〈音数遊び〉〈遊戯詞〉など他の分野とオーバーラップする面がある。

 さらに数え詞は、「数詞歌留多」や子供向け遊戯詞や童謡などにも目立ち、〈数え歌〉とも姉妹関係にある。

【例】

伝承の数え詞

▽一に頼光、二に金時、三に貞満、四に季武、五に保昌、六に義経、七に四天王、八に八幡太郎、九に熊谷、十に重太郎

▽いちじく、にんじん、さんまの、しっぽ、ごりらの、ろっこう、なっぱ、はっぱ、くさった、とうふ

▽市へ行って、荷売って、秋刀魚買って、塩なめて、碁打って、六百まけて、質置いて、恥かいて、糞ふんで、とびあがった

▽いち、にの、三平さん、仕事もせんと、碁ばかり打って、ろくなことせんと、質屋で、恥かいて、くらうこと、十人前

▽一淫 二酒 三湯 四力 五音 六行 七句 八風 九百 十細

 *最後の一連の言葉は昔の「養生損ない」十因をあげたもの。

 

数え成句 かぞえせいく 

各句頭が一・二・三…の数詞でつづられる成句を〈数え成句〉という。

 世術的内容のものが多く、覚えやすいよう数詞に〈(はず)(ことば)〉付きのものもある。

【例】

伝承のもの

▽一髪 二化粧 三衣裳

▽一月往ぬる、二月逃げる、三月去る

▽一盃は人酒を飲み、二盃は酒酒を飲み、三盃は酒人を飲む

▽一合雑炊、二合粥、三合飯に、四合鮨、五合餅なら誰も食う

▽一瓜実に、二丸顔、三平顔に、四長顔、五ぐしゃ、六目吊り、七焼け、八がんち 九禿、十いぐち

 

源氏織 げんじおり 

紫式部作『源氏物語』五十四帖の巻名を使ってアクロスティックを展開させる遊びを言辞織にひっかけ〈源氏織〉と命名しておく。例以外にも、たとえば和歌や登場人物を材にするなど、バリエーションが楽しめよう。

 【例】

源氏五十四帖賛江                                                荻生作

*巻名中「ん」に変わり「む」を代用する。清濁は音通、現代表記。

   あまき                        

  わか()らさき           

   ふのうらば             

ぎう                   

 もみじ                     

  しいもと                 

   ほる                         

  やど                   

   はきぎ                     

すえつはな                      

  てない          

   あがお                 

ゆめのうはし         

   はひめ               

   まばしら                          

  よこ                     

  うめえ  

     しわぎ

あお     

まかずら

とめ

がお 

はなるさと

こち

ばい

うき()

すず()

()げろう

みおつ

はなえん

かわ

わらび

うす()も (以上三十四巻分)

→源氏物語は紫式部が書いた王朝文学の傑作

《参考》 源氏物語五十四帖の巻名

桐壺(きりつぼ) 箒木(ははきぎ) 空蝉(うつせみ) 夕顔(ゆうがお) 若紫(わかむらさき) 末摘(すえつむ)(はな) 紅葉賀(もみじのが) (はなの)(えん) (あおい) (さか)() 花散里(はなちるさと) 須磨(すま) 明石(あかし) 澪標(みおつくし) 蓬生(よもぎう) 関屋(せきや) 絵合(えあわせ) 松風(まつかぜ) 薄雲(うすぐも) 朝顔(あさがお) 少女(おとめ) (たま)(かづら) 初音(はつね) 胡蝶(こちよう) (ほたる) 常夏(とこなつ) (かがり)() 野分(のわき) 行幸(みゆき) (ふじ)(ばかま) ()木柱(きばしら) (うめが)() (ふじの)(うら)() 若菜(わかな)上 若菜下 柏木(かしわぎ) 横笛(よこぶえ) 鈴虫(すずむし) 夕霧(ゆうぎり) ()(のり) (まぼろし) 匂宮(におうのみや) 紅梅(こうばい) (たけ)(かわ) (はし)(ひめ) 椎本(しいがもと) 総角(あげまき) 早蕨(さわらび) 宿木(やどりぎ) (あずま)() (うき)(ふね) 蜻蛉(かげろう) 手習(てならい) (ゆめ)浮橋(うきはし)

 

五十音の詩 ごじゅうおんのし 

句頭または行頭の文字を五十音順に並べた詩を〈五十音の詩〉という。

五十音は濁点、半濁点も許容範囲内であるとともに、句頭に限らず句尾、句胴に揃えてもよい。

冒頭の〈あいうえお冠詩〉とは姉妹関係にあり、広義には〈隠し詞〉にも入る。

 syphの日本語教室」より

 【例】

五十音                     北原白秋水馬(あめんぼ)(あか)いな。ア、イ、ウ、エ、オ。

(うき)()小蝦(こえび)もおよいでる。

柿木、栗の木。カ、キ、ク、ケ、コ。

啄木鳥(きつつき)こつこつ、枯れけやき。

大角豆(ささげ)()ヲカケ、サ、シ、ス、セ、ソ。

その(うお)浅瀬(あさせ)()しました。 

&『大観』大正十一年新年号

*形態上は変形に入る。整然とアクロスさせた作品は意外に少ない。そこで一作試みた。

おならの五十音                                                   荻生作

あさおきて いのいちばんに うれしいは えんりょなくこく おならいっぱつ

かぜもなく きららもえたつ くうちゅうに けいきをつけて こーりゃいっぱつ

さわがしい しがいのがれて すぎのもり せのびしてから そーれいっぱつ 

たんぼみち ちょうがふたひき つるんでる てんまであがれ どーりゃいっぱつ 

なのはなが にしにひがしに ぬりこめた ねはんののべで のーえいっぱつ 

はるかぜは ひねもすのたり ふきまして へのへっぷりん ほーれいっぱつ

まっかっか みンごともえる むさしのの めくるゆうひに もーしいっぱつ

やすらぎの ゆうぐれぐもに よーしゃいっぱつ

らったった りりっぺるるぺ れんころり

ブーッ わーん

《参考》                              

あなうれたし、大日本の国には、元より字てふものなくして、漢土より伝へしより、其字をもてなに事も足らはせしなどおもふ人多かるは、くらきよりくらきに入ときごとにして、あげつらふにたりず、しかるにこたび伊豆母之美多麻てふ書を見るに、出雲大神大己貴命の伝へ給ひし五十連音の図あなもじ三種の国字を得、そがをしへにもとづきて、言霊の幸はふまゝにかきとむる字の用格の古事を極めたる、いともたふときふみにぞありける、じつにもこのときごとは、丹霊翁(川北丹霊)があつき志によりてなれし草庵案を、芬子うし (芬子元達)がまめなる心もてかうかへ定めて、一たびかみつよに埋れしことをおもひ、千とせの後、又埋れむことをおそれ、かく桜木にのせて、世にひろむるも、ことみたまの恩頼になも、書くばかりふるの中道たどたどしく、外国々のことのはぐさの茂る世に、この言霊の林の、神世も今も千万の後も、かはらず、春霞かすみとともに繁りかをらむことのうれしさに、見るところを一言書そふるのみ/文久二とせの霜月/松平源信幹誌 &伊豆母廼(いずもの)()多麻(たま)』初篇序

 

七曜詩 しちようし

 七曜、つまり月火水木金土(曜日)の文字をフレーズ中に折り込んで、まとまった意味をもつ詩に仕上げる遊びを〈七曜詩〉という。

【例】

出会いの週日          荻生作

月曜日、見知らぬ同士の男と女

火曜日、出会いの挨拶軽ろやかに

水曜日、意気投合でデート交際

木曜日、熱々に惚れ割りない仲も

金曜日、愛しあっての痴話喧嘩

土曜日、別れ話もちらりと出たが

(数週後に)

日曜日、挙句の末が出来ました婚。

 

接辞遊び せつびあそび 

選定したある語句をキーワードとし、その上下に接辞を付けていくつか短文を作り連ねていくものを〈接辞遊び〉と呼ぶことにする。

じつは昔読んだ『金色夜叉』の中にぴったりの文章があるのを思い出し、さっそく言葉遊びに仕立てたしだい。ただし遊戯性は低いので、あくまでも入門者向き。例示も当の作品にとどめた。

【例】

金剛石(ダイアモンド)」を用いた接辞遊び

                                                               尾崎紅葉作

(かく)して彼より此に伝へ、甲より乙に通じて、

金剛石(ダイアモンド)!」

「うむ、金剛石(ダイアモンド)だ。」

金剛石(ダイアモンド)??」

「成程金剛石(ダイアモンド)!」

「まあ、金剛石(ダイアモンド)よ。」

(あれ)金剛石(ダイアモンド)?」

「見給へ、金剛石(ダイアモンド)。」

「あら、まあ金剛石(ダイアモンド)??」

可感(すばらし)金剛石(ダイアモンド)。」

可恐(おそろし)い光るのね、金剛石(ダイアモンド)。」

「三百円の金剛石(ダイアモンド)。」

瞬く間に三十余人は相呼び相応じて紳士の富を(うた)へり。

 『金色夜叉』前編・第一章

 

名前うた なまえうた 

人名・商品名などを各句章間に一字ずつ置き、〈隠し詞〉の体裁とするものを〈名前うた〉と呼んでいる。頭音字が決まっているので、続く語句は制約を受け難度が高まる。

 紙などで自己紹介するとき、あるいは〈センチメンタルメッセージ〉で相手に名前を折り込んで献じるときなどに格好の遊びになる。広告で商品名をアクロスした例も多い。

仮名・漢字どちらを使用してもよい。

【例】

献詞「お嬢よ」                                                  荻生作

んなが耳を傾けた

プラノからアルトまで

ブソングも民謡も

との心をつかんで歌い、いま

()まを見下ろす丘に眠れる

ゅうこう歌の女王、(しず)

名前とおさらばした男   大阪は愛隣地区で                                  荻生作

まえなんど

くしよったが

にはしまへん

んだれめの

ごんべでええんや

ろんべろんこいて

ーえここちや

*愛隣地区=旧称「釜ケ崎」。作例のように頭揃えにすると「ん」が入る場合、前音と合わせ二音で送り込む。

 絶句!釜ヶ崎に「禁酒の館」なるものがでけたそうや。おっさん、酔っとるのとちゃうかアホらしい。サイナラ…