主題に沿った一連の小歌曲グループ=主題独立歌謡から有名俗謡群を洗い出し

 

Ch.3  俗謡〔主題独立もの〕

 

 

 

Ch.3 俗謡〔主題独立もの〕 目録(五十音順) 54107

 

間の山節 阿呆陀羅経 今道念節 因果唄 浮れ節 歌祭文 占い唄 ゑびや節 

大津絵節〔江戸時代〕 大津絵節〔明治時代〕 お七唄 おててこ 角兵衛獅子物 かぼちや節 鎌倉節 からかい唄 口説節 源五兵衛節 恋心の唄 ごぜ唄 こりやこりや節 棹唄 座頭唄 戯れ唄 しがらみの唄 忍び込み唄 しよんがゑ節 

すちやらか 捨節 節季候 仙台節 俗謡 大黒舞唄 ちよぼくれ ちょんがれ節 

道念節 トコトンヤレ節 鳥追唄 どんどん節 何だい節 何だ何だ節 なんとしよ節 錦絵唄 猫じゃ猫じゃ ねんごろ のほほん節 のろけ節 のんのこさいさい節 博多節 肌知らず 鼻唄 比丘尼唄 独り寝の唄 ビヤボン〳〵 ひょこほい節 深川節 べんなんす節 豊年踊り唄 細り節 ぽんやん節 街芸唄 まねき節 京はやり節 物狂唄 奴さん 俗謡〔類題もの〕補遺 

 

 

間の山節 あいのやまぶし

江戸時代の俗謡曲名。単に〈間の山〉とも。

江戸幕府初期に伊勢の内宮と外宮との間にある浦田坂地方すなわち間の山で、参宮者相手の小屋掛け売笑比丘尼がうたった。

始まりは伊勢の間の山で、お杉・お玉という女芸人が三味線の弾き語りで広めたという。のち三都(京・大坂・江戸)に入りこみ、編笠を被った門付け芸人が、(ささら)をすり胡弓を弾きながら流して鳥目にありついた。胡弓の物悲しい音色に合わせての哀調を帯びた唄である。歌詞も陰気な詞章でつづられるのが普通だ。

 曲詞は浄瑠璃の引きや歌舞伎での下座音楽に多く用いられている。

 イメージ画像〔伊勢志摩きらり千選実行グループ作〕

 【例歌】

 本調子 間の山節 ほんちょうしあいのやまぶし

 〽花は散りても、春咲きて鳥はナ、古巣にかへれども行きてナ、かへらぬ死出の道。「夕べ(あした)の、鐘の音寂滅(じやくめつ)ナ、()(らく)と響けども聞きてナ、驚く人もなし。「野辺よりあなたの、友とては胎蔵ナ、界の曼陀羅と血脈(けちみやく)ナ、一つに数珠一連これがナ、冥途の友となる。

 ──比丘尼唄、『このころくさ』(菱川師宣、天和二年) 

[メモ] 有名な仏教歌くずしの詞および沈うつな本調子を強調することで世の無常を訴えている。 

YOU TUBE

間の山節〔三重県〕 あいのやまぶし *内田吐夢監督 大菩薩峠 第二部から

♪ゆうべあしたの鐘の声、寂滅(じゃくめつ)()(らく)と響けども、聞いて驚く人ぞなき、花は散りても春は咲く、鳥は古巣へ帰れども、行きて帰らぬ死出の旅、野辺より彼方の友とては、金剛界の曼陀羅と、胎蔵界の曼陀羅と、血脈一つに数珠一連、これが冥途の友ぞかし。(伊勢)

 ──里謡、近代まで伊勢地方に伝承、『俚謡集』

[メモ] 承前の作と合わせ、成立時期から見た二百数十年の時代の隔たりを歌詞で比較してみた。

 

阿呆陀羅経 あほだらきょう

〈阿呆陀羅経〉は、放浪僧が大道や門付で演じる俗謡である。江戸後期に〈伊勢音頭〉の派生唄として出現、曲詞を変えながらも昭和初期まで、きわめて長い命脈を保った。

〈阿呆陀羅経〉では時事関連の「経文尽し」が主流で、これを願人坊主があたかも読経のごとくに節付けで流れるように歌唱した。それもそのはず、源をただせば「早物語」(早口言葉の発祥源)にたどり着く。小さな木魚を叩きながら、時事尽しなど今様の詞のものをいくつも作っては賑にぎしく歌い、大人よりも子供たちの人気を集めた。

もとより不特定多数の者がかかわった門付芸であるから、作者や流行時期などは特定できるものでない。出典(江戸期の随筆等)により表記や内容ももまちまちである。

阿呆陀羅経まがいもの「日清戦争」ペラ本

 【例歌】 

阿呆陀羅「経尽し」 あほだら/きようづくし

♪ハーい、はじまり、さてはいよいよ、これからは、三味線弾きが三味線弾くのが、尺八吹くのが早いか、しゃべる私が速いのか、速いくらべのお笑いは、本尊様に真向(まむき)に、むかし習ったお経が真言経に観音経か阿呆陀羅経かぴかん経。ありがたいお経はすっからかんと忘れまして、浮かれたお経、心経迦(しんぎょうか)()大菩薩。あぶく立った、煮い立った、酔っ払ったら(まんま)がこげて、くり皿飯や、持った杓子でかきまわせ、ちょせんがおらんだ港が(しら)んだ。役者がにらみ、お米が高いのにめっぽう食った。丼飯十杯食って、納豆汁十杯食い、秋刀魚(さんま)の干物十枚噛んで、豌豆(えんどう)まめを五合食って、心太(ところてん)を十丁食い、菜食ってしおれて、牛蒡(ごぼう)食って、逆立(さつちよこた)った飯を食って、舌出した茗荷食って馬鹿になった。辛子を飲んでぐっとし、犬食って狸を食って、もぐらを食って馬食って、鹿食いそれでも足りない。

──俗謡、近代まで伝承、&『図説 ことばあそび遊辞苑』第十三章

仏説阿保多羅経 ぶつせつあほだらきよう

婆訶那(ばかな)国道(こくど)()法師()

♪女郎買いたい、一体好色、全体野良、皆これ幼少から、育ちが悪いから、小便垂りや、可哀相に、(ばば)すりや、可憐(いとんぼ)に、(はな)()りや、(ねず)り込み、つまみ食いや、買い食らいは、年中年百(ねんびやく)、商売同然、それから、段々こうじ、小遣(こづかい)(ぜに)や、端銭(はしたぜに)は、常住不断、ひっ掛けちょい掛け、くすね込み、御法度の穴一(あないち)、六道、宝引(ほうびき)、ばっかりして、終いにゃ、喧嘩口論、近所町内、友達が、どやどや出て失せ、おらが(どたま)、叩いたぜ、ど突いたぜ、堪忍ならん、料簡せんぞ、何じゃかんじゃと言ふてうせ、さりとは困りいり、親達も、ほっこりして、寺屋へ追いやれば、手習いは、さらさいで、ど(たま)ばっかり掻いておる、そのくせ、()()で、しゃっ(つら)まで、真っ黒けに、ちぎるような、(あお)(ばな)垂れ、牛のような、(よだれ)()り、さすがの、親衆も愛想も小想(こそう)も、尽き果て、為事(しよこと)なしに、奉公さしや、夜尿(よばり)こき、盗み食いで、三日目や、四日目に、ぽい出され、行先や、さんざん骨灰(こつぱい)、方々遍歴、うろうろするうち、どうやらこうやらありつき、ほどなく、元服して、半年ほど、辛抱すりゃ、味噌汁がすっ天辺(てつぺん)へ、飛び上がり、それから、城の馬場(ばんば)浜々(はまばま)(そう)()夜発(やほつ)(つじ)(ぎみ)様々(さまざま)、修業して、密屋(こそや)へはまり込み、まず最初編笠、梅ケ枝、勝曼坂(しよまんざか)、髭剃り、難波(なんば)新地(じんち)、引っ張り込み、尼寺、馬場先(ばばさき)、茶屋小屋、踏み倒し、彼方(あちや)から催促すりゃ、盆屋(ぼんや)からねだり込み、親方、これを聞いて、おおきに立腹、にわかに、帳面見りゃ、十両ほどだだぼだ、請人を、早々呼んで、右の次第、逐一語れば、請人は、驚き、惣々(そうぞう)顔を見合わして、びっくり、仰天、一言(いちごん)の申し訳、これなく、謝りて、ど()めを、引っ立て帰り、この由、告ぐれば、親さえ愛想尽き、着のままで、勘当する、一家(いつけ)親類、さっぱり義絶、友達の、(とこ)いでも、鼻の先で、挨拶する、(かか)までが、同じように、面付(つらつき)が、とんと()うない、時分でも、茶漬一杯、食わんかと、()かさず、彼方(あつちや)向いて、()イでも大事無い、事ばかり、まごまごして居や、取り付く島さえ、手持ち無くうじうじしおしお、早々(そうそう)、出て、彼方(あつちや)()ても、此方(こちや)()ても、何処(どこ)()てもいっこう益体(やくたい)、さすがのどさ()も、はじめて思い知り、詮方(せんかた)尽き、長町(ながまち)のぐれ宿(やど)い、はまり込み、(かん)のうち、真っ裸で、三日ほど、米踏みや、脚気(かつけ)踏出し、油()めに、()てみりゃ、けんぺき、風邪引いて失せ、揚句にゃ、皮癬(ひぜん)掻いて、おどもりや、(かん)()病んで、骨々(ほねぼね)疼き回り、夜も昼もうんうん、きやきや言うてばっかり、食らい(もん)も、()食らわず、宿銭も無ければ、宿屋から、叩き出す、うろうろきょろきょろ、小便さえ、出かねて、涙ばかり、こぼして、ちんばひいたり、いざったり、みなこれ、心から、五尺の体が、いまさら、邪魔になって、死ぬるのもいやなり、僭上(せんじよう)詰まり、橋の上に、米俵一枚着て、永々煩いました、一銭二銭御報謝(ごほうしや)と、吠え(づら)構えて、御助けなされて、下三貘三、(ぼん)()

──門付唄、成立年未詳「仏説阿保多羅経狂作天口斎編撰」、荻生待也が現代表記に改変

 [メモ] 戯作者が「訳」としてはいるが、きわめて読みづらい。現代表記の必要があるために荻生があえて改変した●京阪地方の生のままの俗語が、ふんだんに使ってあるのにも注目したい●なお、この例はかなりの長文ではあるが、人一倍記憶力に優れた彼ら盲目の法師にとって、この程度の詞章の暗記はまったく苦にしないという。

 

YOU TUBE

 

阿呆陀羅経三題 *豊年斎梅坊主

 大神楽 無物づくし *豊年斎梅坊主

 滑稽阿呆陀羅教 *吉野家花山

 出鱈目 *豊年斎梅坊主

 

今道念節 いまどうねんぶし

「道念節」そのものは貞享の頃の祗園の盆踊り唄で、京都の木遣音頭取り道念山三郎がうたいだしたことからこの名がある。

下って宝永の頃、後継者の道念仁兵衛が喧伝し普及するに及んで、「今」を冠するようになった。いわゆる「尽くし物」が特徴の、七五調を基本とした詞型をとる。

 鉄仙竜白川踊り(京都市)は今道念節の流れを伝えている

【例歌】

髪づくし かみづくし                     道念仁兵衛詞

〽ふりわけ髪の、昔男にあらねども、恋はしがちとぬれ髪、風に靡くか柳髪、たをやかなりし姿を見ては、たが玉の緒も縮髪、叶はぬ恋の力草、歌に傾く烏帽子髪、涙にくれて書く文の、山城の木幡の里に、のる馬髪はありながら、君を思へば(かち)はだし、待ちかねる身を忍べとて、合図の帯をさげ髪、寐乱髪の睦言に、今の誠をそへ髪と、心の底を洗ひ髪、はやきぬ〴〵の、移り香残すにら髪、我が黒髪も、白髪までと契りしに、世はさか髪の定めなや、十九(つづ)にも足らぬ我が年の、是非なく後家をたて髪、(たけ)と等しき黒髪を、こゝで二つに思ひ切れさ。

──踊り唄、元禄頃流行、『踊口説集』

天狗揃 踊りくどき てんぐぞろい/おどりくどき         道念仁兵衛詞

〽まづ筑紫には彦山の豊前坊、続くあいぜんそまが嶽、大とり山には邪慢天狗、村雲坊、天を横切るつちかぜゐん、讃岐に金毘羅白峰太郎天狗飯綱の三郎、播磨に室山鬼が崎、紀伊にやき山、みらいさんかんのくらには、日輪坊月輪坊、雲隠れの霧太郎、和泉の境にみうらん坊、河内に生駒金剛(せん)、みねの坊ぜんの坊、大峰葛城釈迦が嶽、吉野の山にはこの〳〵〳〵小桜坊、比叡に大だけ横川坊、比良の峰には降積む雪の面白や、峰の白雪旭に解けて、今は谷々落し水、駿河の内には富士太郎、加賀に白山(しらやま)つるぎふらんの神通坊、出羽に羽黒のさんかう坊、扨て又都に愛宕(さん)太郎坊次郎坊、鞍馬山には僧正坊、近江に伊吹のてつ五郎、惣じて日本六十余州に、邪慢我慢の大天狗、小天狗木の葉天狗に至るまで、或は雲間になき(いかづち)の、踏む脚下(あしもと)はぐわら〳〵〳〵、どろ〳〵ぐわつたりぴつしやりほん、三千世界が其の中に、瞬く間に駈け廻る、あら恐ろしや、こはや悲しやぞつとする、さてもさて〳〵物(すさま)じきえい。

 ──踊り唄、元禄頃流行、『踊口説集』

[メモ] 適当な間をおいて、有ること無いこと空話を巧みに寄せ集めて興を添えている。

 

因果唄 いんがうた 

起きた結果が原因と深く結びついていることをこじつけでうたった歌謡。

例歌の「このおもしろやあ節」はややオフザケがかかりすぎだが、これの典型的な唄だ。弄辞をもって意味深へと導入しているのがいかにも面白い。

【例歌】

大つゑぶし

〽酒屋男と。ねんごろすればな。十六島田がでてきてまねく。お婆々(ばば)しよんべすりや。狐がのぞく。棚のだるまさんをちよいとおろし。奈良の大仏鼠がかぢる。しよんがばさまはよぼけたばさん。見たいな〳〵文箱(ふばこ)のうちを。お医者〳〵と名ばかりおいしや。三国一の。さくら見よとて名をつけて。斎藤太郎左衛門に。やなぎ〳〵。夜桜。(くま)(さか)(いん)(しゆう)いなばにこれなアおやぢどん。

──大津絵唄、幕末流行、『粋の懐』初篇 

このおもしろや節 このおもしろやぶし

♪おまへ庖丁、わしや(まないた)よ、きるにきられぬ身の因果、世の中大事にしやさんせ、このおもしろやア。

♪何かしらねど堅炭がおこる、うえじやどびんが口小言、おさんを大事にしやさんせ、このおもしろやア。

♪びんぼ徳利はもとより承知、中のうまいをたのしみに、世の中やうきにしやさんせ、このおもしろやア。

♪風の吹く日にからかさはさせぬ、むりにさしたら骨が俺、亭主大事にしやさんせ、このおもしろやア。

♪あれ見やしやんせ(つき)雪花(ゆきはな)を、其角嵐雪くの世界、世のなかうきうきしやさんせ、このおもしろやア。

♪花の盛りはあの梅屋敷、コリヤ、鶯初音を木に残す、この、どなたもかほりにひかれくる、又おもしろや。

♪ちよいとつぼみにほうれんそ、コリヤ、いつか嫁菜に生姜の根、このわさびや恥かし、みやうがの子、このおもしろや。

──流行、明治初期流行、『明治流行歌史

 

YOU TUBE

 

小山内薫 因果 *自我放牧

 

浮れ節 うかれぶし

この歌は二分類できる。

⑴一杯機嫌のとき口にするような、陽気で羽目を外した唄。

⑵〈浪花節〉の旧称で、明治末まで用いられた。明治三十年ごろ、東京で〈浪花節〉の呼称が現れ、これが広く定着するいっぽう〈浮れ節〉の名はすたれた。

⑵の起源については〈ちょんがれ〉から派生した、阿波浄瑠璃から出た、など数説あるが、どれも決定的はない。              

【例歌】

うかれ坊主〔⑴に該当〕 うかれぼうず           二代 桜田治助詞

〽ヤレどらがによらい ヤレ〳〵〳〵〳〵 ちよぼくれちよんがれ そも〳〵わつちが すつぺらぽんの のつぺらぽんの のつぺらぽんのすつぺらぼんと ぼうずになつたいわれいんねん 聞いてもくんねえ しかも十四のその春はじめて 一軒となりのそのまたとなりの 

〽いつちくたつちく太右衛門どんの おんばさんとちよぼくれ 色のいの字の味をおぼえて裏のかみさん 向うのおばさん お松さんにお竹さんに 椎茸さんに干瓢さんと 触りしだいに おてゝん枕でやつたあげくが 女郎と出かけて 

〽ヤレ〳〵畜生め そこらでやらかせ…

──常磐津、文化八年に江戸市村座で初演、『七枚続花絵姿』

[メモ] 原曲は文化八年三月、市村座で三代目坂東三津五郎(ばんどうみつごろう)大切所(おおぎりしよ)作事(さごと)「七枚続花の絵姿」の七変化一場面として踊ったもの。後世、昭和四年六月に六代目尾上菊五郎により歌舞伎座公演のため清元に直している●舞台は江戸の賑わう往来。薄物を身にまとっただけの願人坊主が門前の天水桶の陰から現れ、手桶片手に踊りだす。そのとき掲出詞を口ずさむ。(しも)がかった詞を早口でまくしたて、人だかりから銭を恵んでもらう●思わず吹き出してしまう珍妙なこの芸は、当時流行の「チョボクレ」と「まぜこぜ節」という二つの俗謡を一緒にした滑稽語りである。坊主の瓢軽(ひようきん)な踊りとあいまって、集った見物人の哄笑をさそう●往時の願人坊主や門付芸人などは、若い自分にさんざん道楽したあげく身を持ち崩したものが少なくなかった。乞食坊主に身を落としても、俗ッ気が抜けきれないでいる。「うかれ坊主」は、そうした下層社会に生活する者の体質をよく伝えている。

うかれ坊主 歌舞伎、中村富十郎主演

 てかの節〔⑴に該当〕 てかのぶし

〽植えて徳なものはなあへ、井戸ばたのかぼちや、すどのこのへ一番なりや、師匠どのへやるべ、てかのてかのてゝいわさての、てかの〳〵めかの。

──小歌、文政末流行、『うかれ草』

浮れ節の詞章〔⑵に該当〕 うかれぶしのししよう

♪コリャヤイ鈍太郎、汝は全体義理知らず、いつぞや内へ来た時に、旦那一生の御願ひでござります、二三升御米を貸して下さらば、直に算用致しますと、四升らしう云ふ故に、貸してやったら五升にもならうかと、貸してやったら六升な目に逢わしたなあ、七八置ても今九升、全体汝は一斗頃まで待すのぢゃ、此様に早稲(わせ)をかゝして、催促させる銭ぢゃない、

──浮れ節、明治十年頃の演、『上方芸能辞典』

[メモ] この詞章は〈数取り唄〉の体裁になっている。

 

YOU TUBE

 

うかれ坊主(その1) *市山­竹紫郎(清元)

長崎ぶらぶら節 *車家大八

 

歌祭文 うたざいもん

江戸中期に門付け芸人等によってうたわれた三味線伴奏の俗謡の一つ。中世、すでに宗教祭文が山伏中心に俗化され、それが近世初頭に芸能化された。

お染久松・三勝半七らの心中物からお夏清十郎の色恋物、さらに巷説物・遊女名寄せ・名所尽しなど、扱われた主題の幅がきわめて広い。浪花節発祥の遠祖でもある。

【例歌】

油屋おそめ久松心中 あぶらやおそめひさまつしんじゅう 

〽うやまつて申し奉るヨホヽ。是ぞ「今年のはつ心中「所は都の東堀。聞いて鬼門(きもん)(かど)屋敷。瓦橋とや油屋の。一人娘におそめとて。心も花の色ざかり。年は二八(十六歳)(ほそ)(まゆ)に「内の子飼(こがひ)の久松が「忍び〳〵に寝油と。親達夢にもしら絞。一門なかの山家屋ヘ。嫁にとろ〳〵(べに)鉄漿(かね)も。付けて嫁入はいつ〳〵と。貰いかけられふた親は。(ふゆ)(とし)結納(たのみ)をとりやりし。早や嫁入とて忙しく。衣裳の模様雛型(ひいながた)。絹巻物と親達は。様々用意なされける。あらいたはしやこの娘。心に染まぬ縁組の。兎やせん角やあらましと。案じ煩ひゐたりける。心の内こそ哀れなり。早や懐胎の身となれば。なほも心は散る桜。花の姿もしを〳〵と。「涙にくるゝ黄昏や「暗き。小陰に久松は。「人目を忍び側に寄り。なうおそめ様嫁入は。十七日なりや程ちかし。こなた嫁入嬉しかろ。わしは生きても死んでもぢや。せまじき物は宮仕ひ。物の道理を知るならば。たとへどのよに云はしやろと。誠があらば縁付は。なされぬ筈の事なれど。別れに代へて惜しきのは。命なりけりみづくさき。心入ぢやと云ければ。おそめは顔に散る紅葉。さはさりながら聞いてたも。この嫁入をみづからが。すいて望んでする事か。知りやる通りに我が身は。早や此の月で五月(いつつき)の。此の身持にて嫁入が。なるものかいの恥かしや。たとへ隠して行たとても。「身持な事がかくさりよか。「ぢんの。こぐちはのがれても。「此の道ばかりは逃れぬと。常に母様の云はんした。()てもいたづら行かいでもいたづら者の名はのかぬ。

──歌祭文、江戸中期、『新編歌祭文集』

[メモ] おそめ久松事件は、宝永七年に大坂瓦橋通で油屋の娘お染と丁稚の久松が起こした心中を材にしたもの。当初は歌祭文で語られたが、しだいに歌舞伎や浄瑠璃などで幅広く脚色されてさらに広まった。

 江戸時代の祭文語り〔『新版歌祭文』より〕

かるかや

さればにやこれは又。加藤左衛もん重うじは。名をかるかやとあらためて。今道心のことなれば。今日(こんにち)大師(だいし)のおんはかへ。花立(はなたて)かへの御ばんにて。かやの御堂(みどう)をたちいでて。奥の院さしてのぼらるゝ。のぼるお山のみちのべは。さんこのまつかごこのすぎ。おし上岩(あげいは)やねじりいわ。ぜんあく邪正の(じや)(やなぎ)の。こなたのはかはら見てあれば。まだ此ごろのあらむぜうに、。古きとうばのたてあるを。かるかやつく〴〵御らんじて「ナニ〳〵おさめたてまつる。大乗(だいじやう)(みやう)(てん)につぽん回国。六十六部。天下(てんか)和順(わじゆん)日月(じつげつ)清明(せいめい)。下にはなして大和の国と。よみおわられてかるかやは。郡村名(こほりむらな)俗名(ぞくみょう)。しるさずに。大和と斗りしるせしは。さて此人大和にて。一か国をおさめたる。あるじのすへにてありけるや。わかき人にもあるならば。定めし古郷の大和にて。

 ──歌祭文、『新編歌祭文集』

[メモ] 苅萱道心の物語を唄祭文に脚色し直した作品。

 

YOU TUBE

 

野崎村 連弾き *竹本越喜美

 

占い唄 うらないうた

伝承の各種占いの内容を唄に織り込んだ歌謡の総称 

役者に仮託してうたわせたり、俳名などにかこつけた洒落本などの影響を受けて、巷間でそれなりにはやった。

 【例歌】

傾城づくしのつま琴唄 けいせいづくしのつまごとうた

〽露のひぬ間に朝顔てらす日影のつれなさに、あはれ一むら雨のはらはらとふれかし。(大上々吉、嵐吉三郎、岡島屋璃寛唄)

〽うつりかはりし世の中や、思ふ男のよすがはなくて、友そうひする磯千鳥。(上々吉、沢井田之助、紀伊国屋、曙山唄)

──流行唄、文化十二年頃流行、『小唄志彙集』

どつこい節 どつこいぶし

♪思案なかばに空飛ぶ鳥は、つれてのけとの辻占(つじうら)か、ヤツトコドツコイ〳〵〳〵世の中陽気にしやさんせ、此のおもしろや。

──流行節、明治五年頃流行、『明治年間流行唄』

 

ゑびや節 えびやぶし 

〈えいや節〉〈大坂節〉とも。〈ゑびや節〉は踊り口説の集で、唄い出しが「えいえいえい……」の囃子で始まる(普通は略)。その作すべてが〈尽し唄〉であるという点で異色だ。

 出典の冒頭(のつけ)から「兄よめころし板づくし」「心中そね崎の松づくし」といった曲名が見られ、好奇心が刺激される。

 右端「兵庫くどき」と中央「播磨名所づくし」はともに左端「ゑびや節」から派生

 【例歌】

 虫づくし むしづくし

〽来し方よりも、今の世迄も耐えせぬものは、恋と言ふ字の曲者(くせもの)なれや、げにも曲者此の一つより、無量無辺の色をば()せり、誰も迷ふは色里の路、黄金虫をば大分(つか)ひ、親は勘当〓〓(きりぎりす)、鳴くや藻汐の(さぶ)かりし夜も、蠅ななりかや素紙(すかみ)()一重、女郎蜘蛛にぞ会はんと思ひ、廓町へと来ごとは来たが、轡虫こそよに荒けなりや、それに遣手が蟷螂(かまきり)虫で、客の障りと蜂払ふよに、叩き出せど我が蓑虫を、恨めよよりかは鳴く〳〵蝉の、蝉の衣の縁薄くとも、時節松虫また蟋蟀(こほろぎ)よ、蝶か花かと世に大切な、遊女(よね)の姿を蚯蚓(みみず)と思ひ、身をば焦する蛍の虫よ、兎角恋には歌を出せさ。

銭づくし ぜにづくし

〽それ世の中の、(ぜに)をおあしと言ふのも道理、世界国中をくる〳〵(めぐ)る、阿弥陀如来も銭ほど光る、兎角(ぜに)(かね)持たねば済まぬ、憂きが中にも唯恋の道、誰もころりとする百の銭、君が姿をみせ銭よりも、心(かけ)銭端(ぜにはした)の銭が、積り積りて貫ざしの銭、恋をする身は形も要らぬ、みだけ銭にて紙ばら〳〵と、我が命は君故ならば、腐り銭とも身はならばなれ、文を投銭(なげぜに)恋仕掛銭、我と寝銭を頼みますると、書きし文章(ぶんしよ)はそりや口銭(こうせん)よ、今は互いに心を明かし、繋ぎとめたる駒牽(こまひき)(ぜに)よ、馴染(なじみ)重ねて青の銭、末の契は永楽(ぜに)と、交す新銭枕の数も、泣くや十四五すつとん〳〵と、とんとお腹に小銭が宿り、忍び逢ひにし二人が仲も、(よそ)に洩れつゝ銀銭(しろがね)で、是は日銭と皆人言に、浮名立てよとそりや(ぶん)の銭、誰も恋には身を知らぬさ。

──踊り口説、『尽し物八種』(宝永年間)

 

大津絵節〔江戸時代〕 おおつえぶし/えどじだい

〈大津絵唄〉とも。元禄あたりから大正頃まで超長期の人気に支えられてきた俗曲総称。

大津絵は地元絵師が描いた戯画で、古くから魔除けのまじない絵として人気があった。これにかかわる俗信神事にちなみ、近江大津地方の遊女らがうたいだした「大津おひわけ絵踊り」が始まりである。

江戸後期に黒船寄航や安政大地震などのたび材をとった大津絵節も人気が高まり、時勢にそった類歌や替え歌も続出。あるいは尽し唄など言葉遊びの系統、ときには猥歌も登場するなど内容は多彩である。 

 江戸時代の作は『粋の懐』などで多数紹介されている。参考までに『巷歌集』所収「大津絵節」の編者英一蝶筆の序文を掲げておく。

大津絵の筆の始めや何仏は(おきな)の吟とはいひながら誰が(ぎん)なるや是非をしらずこの大つゑのひとふしも端歌の中の大立者されば端唄と人もよばず一蝶が朝づま紀文がまつちのしづむ雨よりながれ〳〵今はそのはうたの雫をくまぬものなくちよつぴり酒のあひづちにも隣のあねえちよつぴり来なといふもやつぱりうたの徳夫力をいれずして近所の娘や中どしまよではひやかすのらくらもの同じ仲間の松延堂がいかに酒大人大つゑを筆記(つくる)きはねえかと望まれてナツトしやうちだめうでんすと安うけ合が紺屋の明後日(あさつて)日記のじもやうの一てううら土手の合傘ならなくに弥生の雨の長き日にエイヤツト筆記(つくり)上ることしかり。/文久戌春/筆耕舎隅画記

 「鬼」の画題に代表される大津絵

 【例歌】

 げほうはしごずり

〽げほうはしごずり、かみなり太鼓でつりをする、おわか衆は鷹をすへ、ぬりがさおやまはふじの花、座頭のふんどしに犬ワン〳〵、つけア(付けばなり)くりし、杖をばふり上ぐる、あらきの鬼もほつきして、(かね)しゆもく、ひやうたんなまずをおさへます、奴コの行れつ、釣がね弁慶矢の根五郎。

──大津絵節、江戸中期流行、『守貞謾稿』巻二十三

花やかに はなやかに

花やかに。さきそろう。さくらの宮のはるげしき。うきつれた。()かたぶね。(べに)ずり(てう)ちん赤襦(あかじゆ)ばん。きくもようきなばかばやし。障子ほそ目につめ引は。あだな茶ぶねのさしむかい。(つつみ)(まう)やらおどるやら。端手(はで)らべ。しやうことなしのしみたれは。風りうめかして矢立に短冊うろ〳〵そこらをひつつきさがします。

──大津絵節、『粋の懐』三篇(文久二年)

大津絵節〔雑載〕 おおつえぶし/ざっさい

     一

〽夕ぐれに小舟で急がして土手の景色はきゝやうつゆおばなのうはだまのあれ見やしやんせつぢうらやまつばかんざし畳ざん更けて逢ふ夜の気苦労は人目を兼てかうしさき男心はむごらしい口説(くぜつ)してびやうぶが恋の仲立(なかだち)とけさのあめにかへさりやうかお互いにこいちやの仲じやもの。

     二

〽ふたぢやわんおゝからいとうがらし下にはよくついたねへきりぼしざぜんまめきやうだいに青々ときれいだねへさくら草れんじにこまげたつちをおとしなさんなあをむけてうがひ茶碗つかひかけのふさやうじゆかうにぴか〳〵ほたるかご火鉢でぐず〳〵うまいねほたてがい見せひけすぎからのろけばなしまぶのふみをかきやおいらんおたのしみびしやもんさまのおそないをねづみがおとしてことばしらにあたつてしぐれの松風ころりんしやん。

     三

〽花の雲かねの音はたしか上野かあさくさかあげまきの助六がゆかりのはちまき黒小袖ふたへまはりのくものおびとづまへひとつさげまさのげた尺八蛇の目傘こいつはまたなんのこつた江戸の花富士筑波まげの間から見えすくのがあはかづさめうでんすなはなのあなやかたぶねけこまれるなつがもねへ。

     四

〽ひけや初花箱根山いざり勝五郎車にのせてめづなはづなを両手にとつてもみぢのあるに雪のふるさぞおさむうござんしやうわしはさむうはなけれどもそなたはふびんやさむからう初花しんせつかたじけないはなしのうちかたきが四五人一度にうちかゝるけらいの筆助かけつけて主人の大事とたたかへばにげてゆく。

     五

〽うぬが田へ水をひく獅子追(ししおひ)小屋でなるこ引くしばゐではまくをひく猫めがとだなで(さかな)ひくとうふやがまめをひくおさるが水をひくよいざめがかぜをひく女郎衆は落ち屋をひくとやでひくびつこひくきやだひくくるまひくかん田に(さん)わうまつりのだしをばうしがひくひうどんてんてゝてん〳〵

──大津絵唄、&『巷歌集』大津絵節(松延堂・文久元年)

〽おゆきさんは。うつくしい。色が白ふてしほらしひ。やさ姿。みるにつけ。(えん)をうち明松がへに。お前の気性もしれました。風になびいて落ちなさる。あたまからなられるとは覚悟なれど。つもり〳〵しそのあとはうちとけて。ながれの身とはしりながら。そのまゝきえてすがたもみせぬとはほんにみづくさい。(二篇)

〽花やかに。さきそろう。さくらの宮のはるげしき。うきつれた。()かたぶね。(べに)ずり(てう)ちん赤襦(あかじゆ)ばん。きくもようきなばかばやし。障子ほそ目につめ(びき)は。あだな茶ぶねのさしむかい。堤は舞やらおどるやら。端手(はで)くらべ。しやうことなしのしみたれは。風りうめかして矢立(やたて)短冊(たんざく)うろ〳〵そこらをひつつきさがします。(三篇)

〽うたゝ寝の。ゆめにさへ。主と転寝(まろね)の床のうち。一人寝の。おもひ寝も。寝耳にそれと起されて。くやし昼寝の寝おきにも。寝みだれがみとむすぼれる。おもひは寝た間もわすられず。二人寝た夜はむつ(ごと)に。朝寝して。寝ごとまぜりの寝がへりに。寝ものがたりもくやしやざこ寝とねとぼける。(四篇)

──大津絵節、『粋の懐』各編(文久二年)

 

大津絵節〔明治時代〕 おおつえぶし/めいじじだい

〈大津絵節〉の流行は明治になっても好調で、他の音曲に影響を与えながら命脈を保つ。例示のように、新文句を掲げながらも在来形式を踏襲しつつ、大正時代まで続いた。

しかし先は見えていた。やがて演歌をはじめとするモダンスタイルの歌謡の普及におされ、次第に衰退への道をたどることになる。

大津絵絵葉書の一 鈴木松年画〔明治末〕

【例歌】

大津絵ぶし〔雑載〕 おおつえぶし/ざっさい 

正月は松竹しめかざり、年始の御祝儀と年玉投込んで、陽気な声をして、御宝道中双六(すごろく)、二日は初夢姫はじめ、万歳が素袍(すはう)着てまじめ顔、才蔵(さいざう)がおほゝらほんのまつちやらこで、恵方(ゑはう)まゐりのはで姿、鳥追がちやらちやらお獅子がとつぴきぴ、白酒(しらさけ)羊羹(やうかん)、やうかんかたに風呂敷払ひ扇箱(あふぎばこ)、十一二日はお蔵を開いてめでたく祝ひましよ

此頃のはやりもの、よし原五丁町(ちやうまち)、毎日大繁盛、をかしな声をして、砂糖入金(いりきん)(とき)(だい)神楽(かぐら)中屋(なかや)の坊や、どんつくどんつくどんべに友の見せん仮面(めん)踊り、新造(しんざう)年増(としま)がぢやらぢやら、お茶屋をするのが芸者(しゆ)に、桜六七八(あうりうぢへはま)おやいやでんすよ、いきなお方の野暮づくり、句はせもの鳥居のあんどん稲荷様、おらんだ軽焼せんなり糖にかいわり辻うら茶飯にあんかけ豆腐

蔵前のきいた(ふう)、ちよんまげ、薄月代(さかやき)ほそ眉毛(まゆげ)、めし物は(あい)(じま)で、羽織は小紋に限ります、更紗(さらさ)の煙草入に四つ()(づつ)、ばら緒の雪駄(せつた)でめかします、十けん(あふぎ)を腰にさし、やぼけん長唄浄るり聞きかじり、きいろな声を出して、めえりやす参りやしよ、どうもなんねえエヘン

仲の(ちやう)夕げしき、軒をならべし茶屋の数、惣まがき交り()()、そのほか数多の遊女みせ、内証(ないしよう)でがらがら鈴の音、見世すがゝき地廻りそゝり節、芸者がじやらじやら鳴物入れてみみを引く、長唄一(ちう)河東(かとう)ぶし、(りう)(ちへ)(はま)払ってございの、かいわり辻占とういんもみ療治、火の用心さつしゃりましやう、もう引けすぎとお客が眼をさまして時を数へカチカチ

両国の夕涼み、軒をならべし茶屋の数、楊弓にうちわ()()、そのほか数多のあきうど、川の中のかけ芝居、玉やと鍵やのはで花火、ボウンボウンあがりや、橋の上は数万の人の声、玉やむしうり麦湯に西瓜(すゐくわ)のたちうり、しやらしやつこい氷水からす丸(一つとばして)

雨の夜に、日本近く寝ぼけて流れ込んだ浦賀(うらが)湾、黒船うち込み八百人、大筒(おほづつ)小筒(こづつ)うち並べ、羅紗(らしや)猩々(しやうじやう)緋の筒ぽう襦袢(じゆばん)、黒んばうが水そこ仕事、大将分が部屋にこもりてまじめ顔、中にも色の黒いじやがたら唐人は、海を眺めて銅鑼(どら)めうはちを(たた)いて、チンワン〳〵きんらい〳〵きんあふらい、あめりかさして、もらひし大根みやげに帰ります

──大津絵唄、明治初期より中期に流行、『明治流行歌史』ほか

大津絵 おおつえ

お客の本音

芸妓呼ぶのもナカ〳〵気苦労な、金を費ふて嬲られて我が物喰ひながら、気兼して、洒落にも悪口言れても怒れば野暮じや箱屋じやと親にや勘当受け、嬶には恨まれて、夫れでも情夫になりたけりや、酒も侑めず無理言はず、折節にや芝居行き合点、揚も承知と肩巻買ふて遣る、其処等でじいわり合乗幌布被け、紙幣を握らしや頷くだらうが、其処迄義務はない。

芸妓の本音

芸妓商売はつらいもの、野暮な御客の無理聴いて、三味線弾け唄へとせめられて、急腹(むかばら)立てば場が不興(しら)け、二回の座を待つ情けなさ、(いぬ)にや(いな)れず娑婆地獄、中にも俄分限者は、気障で無粋で花街(いろまち)(わけ)知らず、夫れでも嫌じやと言わりやせぬ、暑い寒いのしん抱して、僅な線香で雑魚寝をしられて、夜通しいぢられた

──大津絵唄、明治四十一年頃流行、『大津絵と伊予ぶし』(大阪・彰文館版)

[メモ] この頃ともなると大津絵唄の歌詞に演歌調が影響しているのがわかる。この例のように、それまで題名明記のなかったものが主題を明示するようになったのも大きな特徴である。

 

YOU TUBE

 

大津絵(吉原 〆治)

大津絵節 堀川 

 

お七唄 おしちうた

 余りにも有名な「八百屋お七」については、すでに情報氾濫を通り越し、あることないこと情報過多の状態にある。

 ここでは簡略に歌詞の紹介のみにすませておこう。

【例歌】 

お七 おしち

〽むかしより、恋にうき身をたてまつるよふいろは様々ある中に、わけたあはれをとゞめしは、八百屋のむすめお七こそ、恋慕のやみのくらがりに、よしなきことをしいだして、おやのなげきはいかばかり、お七なく〳〵申すやう「恋にめもくれよも日もわかず、うつら〳〵とこぬ人を、まつほの浦の夕なぎに、やくや藻塩の身をこがす、わしがまよひと思ひの種じやいな、たすけたまへやなむ妙、法蓮華経〳〵「せめて一日わがせたい、ふうふといはれしぬならば、みらいの罪もいとふまじわしはおもひとまよひのたねじやいな、たすけたまへやなむ妙「法蓮華経〳〵、ひつじのあゆみほどもなく、いさまぬ、こまのすゞのもり、見る人袖をやしぼるらむ。

──三下り端唄、江戸前期流行、『新大成糸のしらべ』

[メモ]  お七の放火事件は天和二年にさかのぼり、すでに世に存在した「八百屋お七歌祭文」を大坂の更紗屋新兵衛が抄出仕立し、上記の歌詞を弾き語りではやらせた。

YOU TUBE

櫓のお七 やぐらのおしち         菅専助作

〽恋の闇路のひとすじに 往来(ゆきき)途絶えし雪道の あとさき見まわし娘のお七 杉をともない 立ち出ずる

〽取り付くお七を振りきって 心残して 走りゆく「降りしきるあとに お七は心も空 二十三夜の月の出の内と からだはここに 魂はよその歎きと白雪の 冴ゆく遠寺(えんじ)の鐘 ここと響き渡れば「やや あの鐘は早や九つ たとえ刀は手に入っても 今宵中に届けねば 吉三さんはやっぱり御切腹 こりゃまあどうしょうかなしやなと立ったり見たり 気もそぞろ よその見る目もあわれなり おおそれよ 何はともあれ 吉三さんにお目にかからん そうじゃ〳〵 と駆け出だせしが いや いや いや〳〵「最早(もはや)木戸を打ったれば 知らすにも 知らされず ええ羽がほしい 翼がほしい 飛んで行きたい知らせたい 逢いたい見たいとつまごいの 千々にみだるる憂き思い かっぱと伏して泣き至る「よし亡き人に言問わば 何とこたえん烏羽(うば)(たま)のオオ〳〵 星の光も小夜ふけて 又一しきり降る雪に 袖打ちはろう軒や戸に 内も外も入り踏みまよう おお〳〵〳〵 ただうつとりと立ったりしが はっと気がつく火の見の櫓 おおそれよ あの太鼓を打つ時は出火と心得町々の 木戸を開くと杉が話 思いのままに駆けつけて 吉三さんのお命を助けいで置こうか 太鼓を打ったるこのみの(とが) 町々小路(しようじ)を引回され 焼き殺されても男ゆえちつともいとわぬ大事ない 炭ともなれ 灰ともなれと女心の一筋に 帯引締めて裾引上げ とがむる人もあらしにつれ「雪は凍りて降りすべる「はしごはもとより剣の山 昇る心は三悪道 お七は難なく火の見の上 ばちおっとって打つ太鼓(この身は 三途のおにがわら後のうわさと)

〽音にまもなく 此処(ここ) 彼処(かしこ)響につれて開く門 杉は難なく 奥間(おくのま)より短刀を携え駆け来たる。

〽お七も飛んで おちこちの後のうわさと。

(こたつの場)

〽恋風に心にそめし庭の梅 花の心も白雪の 憂きが上に降り積もる 明けくれ思いますかがみ くもりなき身の真心を 写して見たる片えくぼ 紅おしろいもどうでして お前の心に可愛いと思われたさの化粧水 若紫のゆかりづより 気はもみうらの黒ねずみ 変らぬ色初恋路何ぼしらじの心でも いっそ思いを口なしの言うてしまおと にいまくら その移り香をはな色に染めて着せん吉さんに いつ逢わりょぞ逢いたさに おりを湯島の神さん 梅を絶ちたるおうせさえ あるかなきかのとげさえも ふるう手先に抜きかねる しじまが縁のはしわたし のぼって嬉しい恋の山

──義太夫、安政三年大阪北堀江座で初演、

『櫓のお七』

本郷二丁目の ほんごうにちょうめの

本郷二丁目の 八百屋の久兵衛が娘のお七とて (かま)()が聟入折りも折り 嫌つてこの家を逃げ出だす お寺は駒込吉祥寺 小姓の吉三に惚れたとさ

──江戸小唄、安政三年流行、『小唄江戸散歩』

 

おててこ 

〈おててこてん〉とも。関西で、品玉取り(手品放下師)がうたった太鼓の音真似唄。

掲出に似たような言い回しの妙をねらった詞がいくつか文献に見える。

【例歌】

おててこ 

〽品玉や〳〵、いかきかぶせた内こそ床しけれ、北山時雨と同じ事、あるかと思へば変るが早い、おてゝこてん、すてゝこてん、おてゝこすてゝこ、おてゝこてんと、けうといものぢゃいな。

──物真似、寛延頃流行、『上方演芸辞典

 

YOU TUBE

 

おててこ舞 *演題は「根知山寺の延年」

 

角兵衛獅子物 かくべえじしもの

〈越後獅子〉〈蒲原獅子〉とも。新潟県月潟村近辺に伝承の獅子舞踊り。

江戸時代から当地少年少女らが曲芸を伴った踊りを披露。それが江戸などで評判になり、やがてやがて親方連の指導引率のもと、諸国へ巡業に出るようになった。この角兵衛獅子を主題とした歌謡等(長唄・富本節・常磐津節ほかの曲名)を〈角兵衛獅子物〉という。

 角兵衛獅子 〔写真で見る幕末・明治 世界文化社〕

 【例歌】

 角兵衛獅子 かくべえじし  

越後の国のかくべ獅子、国を出るときや親子づれ、獅子をかぶつて、しつくるけて首がきまります、おやぢやまじめで、笛を吹く

──流行唄幕末流行『明治流行歌史』

[メモ] いわゆる〈子供獅子〉の詞章である。

 

YOU TUBE

 

 角兵衛獅子の唄 *カラオケ(カバー)、元歌は美空ひばり

 

 

かぼちや節 かぼちゃぶし

〈大文字屋の唄〉とも。宝暦初め、江戸および大坂で大流行した俗謡。

紀行記『摂陽奇観』三十に「大文字屋の歌流行」として大坂での見聞がくわしく描写されている。 

【例歌】

大文字屋の歌 だいもんじやのうた

〽ここに京町大文字屋のかぼちやとて、その名は市兵衛と申します、せいが低くてほんに猿まなこ、よいわな〳〵 

──俗謡、慶長より延宝に至る間の作、『摂

陽奇観』巻三十

[メモ] この唄に関しては、ちょっとした人物逸話があるので紹介しておこう●江戸新吉原の妓楼「大文字屋」の主人で、狂歌師としても有名な加保(かぼ)茶元(ちやのもと)(なり) (?~1780)は、本名を市兵衛といった●市兵衛は、ある時河岸へ出かけて「かぼちゃ」という珍しい瓜をしこたま買い入れて帰った。これを娼妓らの惣菜に振舞っていらい、噂が広まり市兵絵衛を「かぼちゃ」 と渾名を付けて呼んだ。低身で丸顔、猿目で愛敬があり、彼自身この渾名は自分にピッタリだと思い、とうとう狂号(狂歌師用の号)にしてしまった●この話が広まり、江戸の酔狂御仁が歌に仕立てたのが「かぼちゃ節」である。

 加保茶元成 絵師未詳

かぼちや節替り 

〽おらが仲間のナ、よい〳〵、其名をたびらこと申します、(せい)はサア〳〵、低うて本ンに(さる)(まなこ)サア〳〵よいやさ。

──芝居唄、宝暦二年大坂豊竹座初演、『倭仮名在原系図』三

 

鎌倉節 かまくらぶし  

「鎌倉の」のうたい出しで始まる民謡・俗謡の総称。

元は鎌倉の御当地唄だったようだ。幕末から明治初期のあいだ江戸に流行、やがて西下して上方で大正末まではやった。ただし、普及の過程で脚色されるなど、必ずしも鎌倉を主題にしたものとは限らず、詞形がまちまちなうえ同題別唄や類歌も少なくない。

 鎌倉節の飴売り 絵師未詳

 【例歌】

 鎌倉節 かまくらぶし

鎌倉のナアヽヽヽヨヲ、御所(ごしよ)のお庭でしよやサノサアヽヽヽ庄やさんの娘がしやくウにイ出たえエ、酌に出たさうだナアヽヽヽヨヲ、肴よりも、そりや酒よりも、庄やさんの娘が目にイ、ついたネ、目に付いたらナアヽヽヽヨヲヽ、連れて行かんせそりやどこまでも、女子(をなご)他所(たしよ)ウの縁ヽヽヽじやもの、つれて行かんせナアヽヽヽヨヲ、そりや山の奥、竹の柱に(かや)の屋根、どんな苦労もいとやせぬエヽ。

とらはアナアヽヽヽヨヲヽ、虎は千里の藪さえ越すに、障子一重(ひとへ)はままならぬままならぬナアヽヽヽヨヲ、障子一重はままにもなるが、ゆもじ一重はままならぬエヽ。

浪の上にはナアヽヽヽすつくと立つて、そもそもわれこそは桓武天皇九代の後胤(こういん)(たひら)の清盛嫡男知盛(とももり)やしまのナアヽヽ(たたか)ひうちまけ残念これまであらはれた、そツこで白鞘(しらさや)長刀(なぎなた)小脇にかいこんで、弁慶久しや義経ぶじか(しづか)はまめかと言うよりはやく、船のこべりをくるりとまはつて海の中へざんぶりこと飛込んだエヽ。

──流行唄、幕末・明治初期流行、『明治流行歌史』

鎌倉節〔近代〕

♪鎌倉の、御所の祝に、十三になる子がお酌に立つ

♪酒よりも肴よりも、十三になる子がお目についた

♪目についたら、連れて御座れ、女子は出雲の御縁ぢや物

♪女子は出雲の御縁ぢやもの

♪十七が忍び細道、小藤が搦んで忍ばれぬ、この藤をきりゝと丸いて、かさねてさよあかす

──里謡、近代に採録、『日本民謡大観』関東篇

 

YOU TUBE

 

鎌倉節 *吉原 〆治

 

からかい唄 からかいうた

他人をからかった詞の唄。童謡から各種替え歌までさまざまな範囲に及んでいる。ただし、からかう相手は個人攻撃ではなく、不特定多数であることが歌謡成立の前提となる。

 疵物にされる日も間近か (古川柳)〔『風俗おどけ百句』葛飾北斎画、寛政頃?〕 出典は小冊子に柳句を百句選び、一句ずつに北斎が戯画を寄せている珍本。北斎の浮世絵に見せる構えをかなぐり捨てた味のある戯画だ。

  不承知な下女は額に二本あて

この一句にぴったりの素描である。言い寄った主人に下女が二本指で角を立てからかって見せ、イヤイヤをする。思わず吹き出してしまう情景だ。この下女の慣れ慣れしい仕草から、主人によって女にされる日も近かろうと愚考するしだい。 

【例歌】

かむろ節 かむろぶし

弥生とお江戸の桜田(さくらだ)(がり)(やり)太刀(たち)にて打立てし、駕籠の内、たれ(しゆう)と気の毒と井伊様よ、ながめた所はあはれなり、おくびをかたげて逃げたあと。

──流行唄、万延頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 安政七年に起きた桜田門外の変の主人公、井伊直弼をからかっている。

坊さん頭 ぼうさんかしら

坊さん頭に真桑瓜、乗るか乗らんか乗せてみな、もしも乗つたるその時は、一度に掛声サア頼む。

──流行唄、明治六年頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 時すでに、ザンギリ頭が大半を占めていた。

対官員唄 たいかんいんうた

(ひげ)を生やして官員ならば、猫や鼠は皆官員。

♪巡羅さんお門に立つたるぼんやりね。

♪袴羽織で銭無い人は、学校教員か家相(かそう)()か。

♪鉄道会社で銭無い人は、運輸課員か通信手。

──流行唄、明治八・九年頃流行、はやり変遷史

[メモ] 官員や巡査等は虎の威をかりて威張り散らす特権階級であった。

西郷唄 さいごううた

いつちく、たつちく、竹橋(たけばし)の、赤いシヤツポの兵隊さん、なに喰ふ、お芋喰ふ、サツマ芋喰つて、プツプツプー。

いつちく、たつちく、高崎の、黄色いシヤッポの兵隊が、西郷に追われて、トツテチテー。

──戯笑唄、明治十年頃流行、『明治流行歌史』 

[メモ]当時、ザンギリ頭が良きにつけ悪しきにつけはやった。

西郷隆盛は さいごうたかもりは

♪西郷隆盛、(いわし)か雑魚か、たいに終われて逃げかねた。

♪西郷隆盛や枕がいらぬ、入らぬはずだよ首がない。

──流行唄、明治十年頃流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 外征論を唱え西南戦争の引き金となった士族反乱軍の指導者、西郷への風当たりは戦役後も強いもので、ことあるごとに槍玉に挙げられた。

よかちよろ節 よかちよろぶし

〽芸者だませば七代たたる、パツパヨカチヨロ、祟る筈だよ猫ぢやもの、ヨカチヨロ、スイカズワノホホテ、わしが知つちよる、知つちよる、いはでもしれちよる、パツパ。

──流行唄、明治二十年頃流行、『明治流行歌史』

 

口説節 くどきぶし 

単に〈口説〉とも。〈口説節〉には「くどくど説明する」という意味が含まれている。近世・近代における歌物語の一種で、三味線などの伴奏により、七七調で哀切に歌う俗謡だ。

口説の発祥は仏家の声明(しようみよう)による曲調であるが、平曲はじめ謡曲や浄瑠璃などで盛んに用いられるようになった。やがてこれが門付芸人らの口演を通し、大衆受けする節回しの口説節へと改変された。当初、心中語りなど情緒豊かな曲趣であったが、時代が過ぎるにしたがい悲哀調は薄らぎ、扇情的な淫靡調へと変化していく。詞の内容そのものも猟奇事件を追うなど低俗化をたどっている。

口説節は形態上、次の二種に分けられる。

⑴踊り口説……踊り唄の曲節に口説の詞を採り入れたもの。遊芸者らがもっぱら屋外で演じ歌った。☟えびや節

(とな)え口説……別名を〈瞽女(ごぜ)唄〉というように、江戸時代に瞽女らが三味線に合わせ、心中や有名事件を材に歌った。

【例歌】

心中曽根崎の松尽し〔踊り口説〕しんじゆうそねざきのまつづくし

〽恋といふ字に身を捨買の、蜆川とや天満屋内の、遊女(よね)にお初と名も高松の、遊女有馬の松には花の、咲くや盛りの山衆なり、それに心を内本町の、平野屋のうち徳兵衛こそは、初に上りし身は峰の松、いつの頃より相生の松、二世も三世も五葉の松も、岸の姫松幾夜を重ね、替るまいとの起請取り交し、(*中略)右の入り訳あらまし語り、暇乞ひぢやと涙で言へば、初は聞より常盤の松の、色も替らで皆わし故に、かゝる憂目になり給ふかや、其方(そなた)さうした身となして、わしは(ながら)へゐる気でないと、言へば徳兵衛は真実(まこと)は俺も、重き主人の仰せを背き、何処(どこ)へ行たとて出世の松も、あるにあられず死ぬる気なれば、共に死なんと夕つきの松、内を抜け出て行く死出の途、松は(けぶり)よ梅田の墓所(はかしよ)、我も知死期を待つ曽根崎の、森の松ヶ枝上着をかけて、棕櫚の木陰に露岡の松、消えた二人は年や若松の、盛りなる身を不便な事と誰も涙のたまり水さ。

 ──尽し唄、『尽し物八種』(宝永頃)

 石童丸くどき〔唱え口説〕 いしどうまるくどき  

     上

〽すぎしサアエヽ むかしのそのものがたり 国は紀州に其名も高き 峰に紫雲のたなびきまして 高野山とてとうとい山よ あはれなるかな石どふ丸は かゝるなんしよを たど〳〵あゆみ かほもしらざる父うえさまが こゝのおやまにおはすときいて たづねさまよふゆくたにみちの あとやさきなるゆんではいは間 めてはあまのゝさてやまおろし ふどうの坂をばみあげてとふる ふみもかよはぬまるきばしわたり 心ぼそみちたよりのつへで 身をまかせゆくさきをとへど 岩根のまつのきかげにうちかけて やすらひ給ふ かとう左衛門しげうぢさまは かみをおろしてなをかるかやと かへてぶつほう修業のために ちうやかぎらずこのやまさかを たどりゆくのもみなのちのよのため おやこきゑんか石どうまるは そばにおもはずたちより給ひもふし上ます御出家さまよ こゝのおやまに今どうしんが おはしますならおしへてたべと きいてかるかやごぼうのおふせ きのふそつたも今どふしんよ 去年そつたも今どうしんよ おのこたづねる其人さんの ぞくのなをいひたづねてよかろ ヤンレイ

〽たづねますのは ちゝうへさまよ われら二つのそのとしわかれ もとはつくしのまつらとうよ かとう左衛門しげうじさまときいておどろきわがこであるか そでにとりつきたまはらんものと 思ふ心をよふ〳〵しづめ 御仏ぜんにてちかいをたてしことはこゝぞとよそ〳〵しくも としもゆかいではる〴〵こゝへ したいきりちしその心ざし まことちゝうへきゝ給ふなら さぞやうれしくとびたつやうに 思ひたまはんさりといはまた 此みやまのならひというは たとへめぐりあふたればとて 名のりあふことかつてにないぞ はやくこきうへたちかへられと はゝごだいじにかしづきたまへ それがひとつのこう〳〵なりと おしへさとせば 石どえう丸は くにはおうちかにせめなやまされ はゝをもろとも此ふもとまで ちゝをたづねてまいりしなれば 道のつかれにわづらいまして いのちあるうちちゝうへさまに 一と目あいたいみたいとなげき あはれなげとオモワレたまひ ちゝのありかを御ぞんじならば おしへ給へとめにもつなみだ をさへかねたるそのありさまを みるにかるかやこゝろのうちで われがをやぞとなのらんものと ごもつたいない師のいましめと ゆうてはる〴〵たづねてきたに しらぬかほなりみぬかほなれば ふびんまさりてどうなるものと むねにせきくる血なみだをば こらへかねてぞ思わずわつと こへをたてゝぞなげかせ給ふヤンレイ──

──口説節、江戸後期板、『石童丸かるかやくどき』(吉田屋小吉墨摺版)

[メモ] 石童丸は伝説上の苅萱道心の子で、父を高野山に尋ねる哀れな孝子物語。

 石童丸「親子出合の図」 一勇斎国芳画 

 石川くどき いしかわくどき

さてもサヱヽとふぞく石川五右衛門 そのやすじやうをたづねてミれバ もとは京都のさむらひなれど ちよくをそむきしそのつミゆへに 所領はなれて伊賀なるくにゝ ほそきけむりにたつとしつきの はるかすぎしはやよりもはやく 二十二代めおや五郎太夫 ひとりむすこの五郎吉こそは 生れたちよりきりやうすぐれ きづいきままを親たちなげき つねにむなしくはてたるあとに おのれじしんにけんぷくいたし 名をバ文吾とあらためまする おなじむらにて百地(ももち)と……。(以下略)

──くどき節、嘉永年間流行、『浜のまさご石川くどき』

 

源五兵衛節 げんごべえぶし

寛文頃流行の俗謡。

元唄はお万・源五兵衛が薩摩で心中した事件をうたったもの。後に井原西鶴はこの俗謡にひらめいて『好色五人女』を書いたという。

 恋合端唄尽し「小万・源五兵衛」〔立命館大学所蔵〕 

 【例歌】

 源五兵衛節〔元唄〕 げんごべえぶしもとうた

〽源五兵衛どこへ行く 薩摩の山へ 高い山から谷底見れば お万可愛や布さらす え 源五兵衛

──流行節、延宝年間以前流行、『落葉集

さんや源五兵衛ぶし品々 さんやげんごべえぶししなじな

〽源五兵衛どこへ行く さかひ町のまちへ 

高い桟敷から 楽屋を見れば 役者かはいや 骨折ぢやえ源五兵衛。

〽源五兵衛どこ行く さんやの町へ 高い土手から 田圃を見れば 多い買手が 打連れ立ちて 布ひいてゑ源五兵衛。

〽源五兵衛弟は さんちやの町へ 高い二階から かしばた見れば けんどんかはいや 身をさらすゑ源五兵衛。

〽源五兵衛おてきに くぜつが出来て 遣手揚屋は おろかな事よ いつもかはらぬ つなきとてれと あのや源五兵衛は おふりやるゑ源五兵衛 。

〽源五兵衛おてきが 道中見れば 黄無垢白むく 緋紗綾の小袖 細小袖を かぶろに持たせ 揚屋座敷で 小歌をやりやるゑ源五兵衛。

──流行節、延宝年間以前流行、『淋敷座之慰』

 

恋心の唄 こいごころのうた

女の恋心を歌った歌謡。

歌謡主題の人気筋で、詞のほうもかなり艶冶で俗っぽい。元禄期に爆発的にはやり出した。恋心の描写も巧みで、いうなれば現代歌謡曲の原点といえよう 

【例歌】

 恋づくし こいづくし

〽思ひ寝の心からなる夢ぞろか、または(うつつ)か、うつゝなやちらとばかりの(おもかげ)を、御簾(みす)の追風さら〳〵に、忘れもやらぬ身ぞつらき、「恋はさま〴〵おほけれど、逢恋待(あうこいまつ)(こい)忍恋(しのぶこい)、恨みの恋に、別れの恋こそもの憂けれ、我は本国草深き、(あづま)あたりの者なるが、今度はじめて都へ上り、雪のふり袖ちらとまた見そめ、しづ心なくこひにして、文玉章(ふみたまづさ)をかき口説(くどき)やれば、お情の返しに、必ず今宵逢瀬(おふせ)とありしを、いと嬉しくて八重(やへ)(むぐら)、しげれる軒に宿りきな、連理の契りあさからず、深く語れど、かねて別れの思はれて、さりとては、馴れぬ昔がましぢやもの「かはす枕は数かさなれど、我も忘れじ君もまた思ひ出だせよ今宵のちぎり、離れ〴〵の村雲見れば、明日の別れもあのごとく、あただしんきや、もんきや、さりとては、恋には果てなや、いかがせん。

──本調子端歌、『松の葉』(元禄十六年)

はだしらず           雨鳳詞

〽余所でとくをびとはしらでくけている、こゝろづくしとしらいとの、むすぶしえんもなばかりにまだときそめぬ「雪のむめ、にほひをつゝ夢そでごうろわがふりそでもすゑとめて「さきてみだれてちるころまでも、ちぎりつきせぬなかなれど「おもふばかりにむめすぎのあだし男のあだなる気とも、恋にねたみのりんきのつのも「をりにふれてはつれ〴〵や伊勢物がたり、うぢひめのおとのみ、さそふ春風に、つれてめだしの心さへしらむなたねにむれいるてふの「はねもいろ〳〵糸ぬいのだてをかさねしふたつもん、やがて二人がむかひづるつるのまるねのよすがらとても、、かねを、うらみずものかはととりも「にくまぬながまくらほんに、男のはだしらず。

──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] 恋人がいるのに身売りされるさだめの処女の、やるせない恋心をうたっている。

 村の身売り相談所 昭和初期

 

ごぜ唄 こぜうた

〈瞽女唄〉と当てる。かつて三味線を弾きながら俗謡をうたい、銭を乞う盲目の女を「ごぜ(御前の下略)」といった。そのときうたったものが〈ごぜ唄〉である。

 発祥そのものは中世にさかのぼり、江戸時代に盛りとなって、地方によっては近代まで続いた 

【例歌】

宇都宮のごぜ唄 うつのみやのごぜうた  

いとしちをのごの、玉手箱の、宝物は、なに〳〵、白みの鏡が、七おもて、錦織が、八たゝみ、しろかねの、竿指して、こがねつるべを、括らせう、げにまことゝ、長者のじんとも、よばる。

──ごぜ唄、『擁書漫筆』巻二(文化十三年)

北葛飾のごぜ唄〔武蔵国北葛飾郡〕 きたかつしかのごぜうた

♪可愛や男に植ゑられて、こやしくれ〳〵そだてられ、やうやくせいじんしたなれば、くはやまんのにおこされて、ごり〳〵とおんもまれ、みかいの中にとあげられて、まないたそーぞにのせられて、うすばや庖丁手にかかる。なべの中にとりいれられて、上からぴんとふたをされ、下から、どん〳〵火をたかし、可愛や、おたまにすくはれて、あかわん舟にといれられて、白はしりやうどにはさまれて、口の中にといれられて。べろの車にのせられて。奥ばの茶屋へとこしよかけて、のどの三寸くぐるとき、つらいや、かなしや。

──ごぜ唄、近代に採録、『俚謡集拾遺』

[メモ] 女体をなにかの食い物に託した唄なのはわかるが、きわどくも官能的な詞で、女芸人がうたうだけにやりきれなさが残る。

 新潟・出湯温泉街を流し行く瞽女(昭和三十五年)〔「瞽女唄のこと」萱森直子さんのホームページより〕

 

YOU TUBE

 

ごぜうた *映像資料

瞽女さんの唄が聞こえる 

 

こりやこりや節 こりゃこりゃぶし

 天保頃から維新にかけて流行した俗謡(物見唄)の連作物。

のちに囃子が「こりゃこりゃ」を軸に「こらさのさ」などへと多様化展開する基となる点で注目したい。

【例歌】

こりや〳〵ぶし こりやこりやぶし  

花のさかりは向島。コリヤ〳〵。さゝのきげんで土手をば見めぐり。お茶やの姉さん狐で来なさい。かへりは夜桜おいらんながめて。格子でのろけます。コリヤ〳〵コリヤ。

──流行唄、『粋の懐』二篇(文久二年)

こりやこりやぶし〔再〕

♪富士の山から、三保(みほ)の松原、どなたものぞいてごらうじませ、田子(たご)のうらうら、船か木の葉か、西行か、マツタケか、コリヤ、コリヤ、コリヤ

──流行唄、維新期流行、『こりやこりやぶし』

 

棹唄 さおう 

もとは川舟などの船頭が棹を差しながらうたう歌であった。つまり労作歌ではあるが、時とともに一般に浸透するにつれ、俗謡化・民謡化したものが少なくない。

【例歌】

さわぎ歌 さわぎうた

おもふ湊にしつちやがさ 面舵取舵ほんとたかくもおせ さゝ〳〵 それもこつちで合点ぢや このきうもひとつしてくれ きういはうてさんときう〳〵の きうこの船漕寄せて 忍びどんぶり笠で籬迄は来たれど 見つけられてはどうもなりませぬ 了簡至極もないこんだ。

──座敷唄、『淋敷座之慰』(延宝四年)

[メモ] 昔の曖昧屋や船宿ではやった唄といわれている。

 

YOU TUBE

 

紀の川舟唄 *小沢千月(和歌山県民謡)

 

座頭唄 ざとううた

 かつて盲目の芸能坊主を「座頭」といってさげすんだもので、彼等が口にする歌や節を〈座頭唄〉と称した。

 その多くが願人門付け芸で、野卑なものであるが、例歌は数多の俗を捨て数少ない雅を選んでみた。『守貞謾稿』巻二十三に「坐頭の事」と題しくわしい一文がある。

 女郎屋へ稼ぎに出かける座頭の化け物〔鳥山石燕画「大座頭」『今昔百鬼拾遺』より〕

 【例歌】

 峯の小松 みねのこまつ

梅は匂て桜は花よ、人は情の下にすむ、峯の小松は独り立とは申せども、夜半の嵐はのがれがたなや、富士山浅間の岳とて寒く、雪や霰に埋れて、三全世界に光を輝す、月日さへも雲の戸指は如何せん、ましてや人間の五尺に足らぬ身を持て、独立して世を渡んと思ふ人こそはかなけれ、君は臣下を頼み、臣下は君を貴びし奉り、親子兄弟朋友のうちとても、互に頼み頼申されつ、妹あかの中とて、世を渡る人こそ人なけれや、何かこの世に生れ来て、悪を為は地獄なり、善を頼はそれぞ極楽、その名高尾の紅葉も野田の小藤、吉野の桜、小野の梅もひと盛散ての後は色も香もなし、浮世尽せん。

──薩摩琵琶くずし、『中陵漫録』巻十二(佐藤成裕、文政九年)

座頭 ざとう

〽まかり出でたる(やつがれ)は、生得(せうとく)奇麗な生れにて夕忍んだ仇桜、名にし大津の絵空事(そらごと)、杖を力にお江戸さへ、出申したる座頭坊(ざたうのぼう)(めづら)かなる鶯の、花の盛を告げん顔、此方(こつち)(かをり)で春を知る。ほんぼにそれもさうだんべい「我も昔は(かりがね)の、(むろ)供君打(ともぎみうち)()れて、通ひし廓の星月夜、逢うて嬉しき文枕、(さま)が来る夜は(まがき)(たたず)み、別を惜む明行く鳥の()くん〳〵廓のしててん太鼓に素見(すけん)ぞめきも浮きに浮かれて、入来る〳〵心変るな桜花。

──江戸長唄、江戸後期成、『新編江戸長唄

[メモ] 「座頭」そのものを主題に扱った作品である。

 

YOU TUBE

 

座頭市子守唄 *勝新太郎

 

戯れ唄 ざれうた 

滑稽な内容の唄。

和歌・狂歌にもザレウタがあり「戯れ歌」と書くので、それと区別するため歌謡の場合はの字を用いたい。

 紅い戯れ唄 唐十郎

 【例歌】

 そらいびき

                              二斗庵下物詞

はださむみ、そぼふるあきの月かげに、たかにうだうやこぼうずに、ばけられもせず、あゝしんき「はなにあらしやたぬきに月よ、さわりある身はまゝならぬ「出るにでられぬまけをしみ、あかしかねたる夜もちり〴〵に、やなぎばかりとなりにけり。

──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] 片思いの恋心を狸に仮託し、照れ隠しに茶化した内容にしている。さて、狸が出た後は狐の登場だろう。

浮世はやりいそべとのぶし うきよはやりいそべどのぶし

〽きつねくわい〳〵、こん〳〵殺して、人をまわすたはこぐきふうを(よく)して、ぬめてころんで、せういかてはこをめしませうか、いや〳〵、やかよかろか、見よか見まいか、(すけ)()が芝居見とふて、いつとうてそつ〳〵〳〵するならば、いりやの一ふくしてから入りませう、つるてん〳〵〳〵拍子のりたる太夫(たいふ)がふりまさつめでたいさわりじや。

──俗謡、『淋敷座之慰』(延宝四年)

おつくたいとうと節 おっくたいとうぶし

男日傘で女の羽織、止めばお米が安くなる、ヂヤガガノヂヤンノオツクタイトウト、(とんび)合羽(かつぱ)筒袖(つつぽ)の着物、止めば此世が円く成る

──俗謡、明治元年頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 維新と文明開化に伴う世情の急変、それに対する庶民の違和感は、こうした戯れ唄で癒されることが少なくなかった。

 

しがらみの唄 しがらみのうた

自分の身にまといつく因縁じみた邪魔ものを材料にした唄。すなわち知らぬ振りができない人間関係にあって、道理の通らない義理人情を描写した作品が目立つ。

 「しがらみの唄」イメージ 

 【例歌】

 しがらみ

絶えて逢はずと(ふみ)をば通へ、文は妹背の、〳〵なかとなる橋となる、宵々濡るゝ我が袂。

あひは近うて逢はせはせいで、千賀の塩釜、〳〵身を焦がす〳〵、宵々濡るゝ我が袂。

仮の()(まき)焚物(たきもの)すれば、よしやわざくれ、〳〵色となる恋となる、後朝(きぬぎぬ)濡るゝ我が袂。

絶えぬ思ひと人には告げよ、今は難波の、〳〵みをづくし身をつくす、宵々濡るゝ我が袂。

朽ちてかひなし名のみたちて、憂き身ながらの橋柱宵々濡るゝ我が袂。〳〵

 ──本調子端歌、『琴線和歌の糸』巻三(享和元年)

よいやさあ節 よいやさあぶし

〽花はいろ〳〵五色に咲けど、主にまさるゝ色はない、よいやさあ〳〵。

たつたさゝ〳〵川では浮名を流す、わしは主ゆへさゝ名を流す、せつよいや〳〵よいやさあ。

──小歌、文化十一流行、『小歌志彙集』

 

忍び込み唄 しのびこみうた

〈密会唄〉とも。異性に忍び込みを告げるための仕掛け唄。

夜這いという性の享楽を共有しあった時代の名残である。今でこそなじみの薄い歌謡分野だが、往時の俗謡・里謡には踊り歌の形でしばしば見かける。 

【例歌】

忍び組 しのびぐみ

いよ忍び〳〵て心うれしや、梅に(さへづ)るうぐひすの、夜は梢に宿るとも。

思ふまいよの、やれそれほどに、顔に紅葉の立田山。

いとま乞ひには来たれども、()盤面(ばんおもて)で目がしげければ、まづお待ちあれ、柴の(あみ)()押せばなる、あはれ霰がはらほろと降れがな、その()に、あゝせうしや立つ名や、笑止と立つ名や、忍び踊りは面白や〳〵。

恋をせば〳〵、二十三夜の月を待て、月の偽りなきものを、ててててからこ、しやんぎしやかんこ、はらりつひやひよ、ついや〳〵つやに、ちやうらゝに、やうつほゝ、忍び踊りはおもしろや〳〵。

我が恋はもぢの袋に色小袖、なんとつゝめど、色にいでさふろ、やれいで候、あひ見てのちは、何とせうぞの、戻ろやれ、しやなら〳〵と。

──本調子端歌、『松の葉』巻一(元禄十六年)

今宵忍ぶなら こよいしのぶなら

♪今宵忍ぶなら、洋服帽子で忍ばんせ。人が見つけたら会社戻りと抜けさんせ、阿母さんに頼んで出て来りや真から〳〵可愛い、薩摩西郷君と、佐賀の江藤君は、死んで惜し〳〵。

今宵忍ぶなら手拭片手に忍ばんせ、人が咎めたら温泉戻りと抜けしやんせ、おッカアサン頼んで暇貰ふて、出て来りや真から〳〵〳〵〳〵〳〵可愛い、薩摩女郎(*おいらん芋)とならの大仏餅や、たべりやおいしい〳〵。

──流行唄、明治十年頃流行、『日本近代歌謡史』上

 柏木、忍び込む男を手引き〔『源氏物語』若菜下より

しんから節 しんからぶし

♪今宵忍ぶなら、箕着て笠着て忍ばんせ、人が咎めたら、竹の子掘りぢやといはしやんせ、お(つか)さんに頼んで、暇もろて、出て来りや、真から、真から、しんからしんからしんから可愛い、薩摩煙草と奈良のあられ酒、たべりやおいしおいし

──流行節、明治三十九年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 本来の忍びの意味をわざと取り違えて使った内容で、これにより滑稽化を演出している。

忍び踊〔京都府〕 しのびおどり

♪われをしのぼは御門の脇でお待ちやれ、若しあらはれて人問はば、御門の番じやと御こたやれ。チヤンキリキ トトントン〳〵 チヤンチヤンチヤン キリキ ボロボン〳〵〳〵 ボロンボロン ボロボンノボン

──里謡、近代に採録、『日本歌謡集成』巻十二

明石人丸〔兵庫県〕 あかはひとまる

♪さあさ明石の人丸さまへ、月の出ごろに、岨道こえてきたか妙坊トロリトホイ。

〽芦の葉づれにそと気をかけて逢ひにきたかよ忍びの足かトロリトホイ。

〽まだ夜は浅い島の淡路も涙の雲か一夜どまりさトロリトホイ。

──里謡、近代まで伝承、『日本歌謡集成』巻十二

[メモ] 播州明石町に鎮座の柿本神社で、祭神の人麻呂をしのんでの野合の誘い。当地では「人丸さん」の名で今も親しまれている。

 

YOU TUBE

 

男涙の子守唄 *三橋美智也

 

しよんがゑ節 しょんがえぶし 

〈生涯踊り〉とも。安永七年前後から明治にわたり、江戸や地方で歌われた流行唄。

道化た囃子めいたものを反復するのが特徴の近世小唄。「山家鳥虫歌」所収歌が出所と見られるが、ほかにも「梅は咲いたか」などくずしや類歌が多くて、どれが元歌か判定は困難である。

 「しょんがえ節」を象徴する梅の開花

 【例歌】 

山家鳥虫歌 周防 さんかちようちゆうか/すおう

一夜(ひとよ)慣れ〳〵この子が出来て、新茶茶壷でこちや知らぬ、シヨンガエ。

〽吉田通れば二階から招く、しかも鹿の子の振袖が、シヨンガエ。

〽酒は飲まねど酒屋の門で、足がしどろで歩まれぬ、シヨンガエ。

──雑唱歌、『山家鳥虫歌』(明和九年)

ふみのたより

〽ふみのたよりは。今宵ごんすとそのうはさ「いつのもん日も主さんと。やぼなことじやがひよく紋。はなれぬ中じやとしよんがへ。

──本調子端歌、『粋の懐』二篇(文久二年)

しよがいな

〽しよがいな〳〵。しよんがばさまは。よぼけたばさまで。破れたちやんぶくろに。まつたけをいれて。嫁女(よめじよ)こちむけな。エヽ。ほにほが。エヽ。そんれもそうかいな。そんれはエ。

──二上り端歌、『粋の懐』五篇(文久二年)

生涯節〔名古屋〕 しよんがえぶし

ひんやれ、おまへ正宗、わしやさびがたな、やれよいと〳〵、お前切れても、わしやきれぬ、しよんがゑ、よいそれ、わしやきれぬ、よいそれ、わしや切れぬ、お前切れても、わしや切れぬ、しよんがゑ。

〽ひんやれ、みやのあつたの、ナラズの梅は、やれよいと〳〵、花は咲けども、実はならん、しよんがゑ、よいそれ、実はならん、よいそれ、実はならん、花はさけども、実はならん、しよんがゑ。

──地方唄、幕末流行、『はやり唄変遷史』

しよがいな節 しよがいなぶし

〽しよがいな、しよがいな、しよがいなぢさまは、とぼけたぢさまでナ、いつにないこと、ちやうちん☓☓☓☓☓☓かして、おばばこちらむけ、ナアンナアン昔の☓☓☓☓☓☓、ヲヲそれもそうかいな、してそんれすえ。

〽しよがいなしよがいなしよんが(やつこ)は、下馬(げば)(さき)揃へて、とのはお馬で、だいがさ立てがさ、大とり毛、ふつてふりだすナアこれはいサノさ、ハイハイ、先のけ先のけ、そんれはエエ。

〽しよがいな、しょがいな、しよんがかみこは、今はやうやうと、(かど)にたたづみて、喜三(きざ)よ変りはなかりしか、引けば破るるなア、あみ笠の、エエ手づからそぶりをエ、そんれはエエ。

──流行節、維新期流行、『明治流行歌史』 

主と二人で

〽主と二人で裏店借りて 世帯を持たば鍋釜へつつい 銅壺薬缶まで買い揃え それで足らずば 擂鉢(すり)()()切匙(せつかい)味噌(こし)俎板(まないた)包丁灰ならし そしていつきなますえ

──『小歌江戸散歩』(江戸小唄、江戸後期

 

YOU TUBE

 

しょんがえ節 下谷小つる

 

すちやらか 

〈阿呆陀羅経〉から派生し三味線を用いた芝居の下座音楽。幕末にはやった俗謡で、地震被害など際物を速報したネタから「鯰の読売」とも異称された。

 読売の装束に見立てた鯰絵 絵草紙そのものも読売になっている

 【例歌】

 すちやらか 

〽イー こんど地しんは ごふないうち 

どこもかしこも まがつたうち

持○ちようじやの はらのうち

ぢようろのくろやき くるはのうち 

やけてつぶれて かこいのうち 

よう〳〵ねがつて おこ屋のうち

ふとんはできても ひらやのうち 

当時はかりたく ばしよのうち

げいしやしゆうもすちやらかぽく〳〵

──読売唄、安政三年以降流行、『鯰の読売』(ペラ本)

 

捨節 すてぶ 

幕末に発生し、明治初期にもう一度再流行した流行節。〈捨節〉には、うたい捨てにしてもいいような俗謡、の意味がある。

【例歌】

佐渡情話捨節〔さつさこらこら節〕 さどじようわすてぶし

雪はちら〳〵蛇の目の傘、小田原提灯客きたかと覗いてみたらば晦日の掛取だ、サツサコラ〳〵。

──流行節、嘉永・安政年間流行、『明治年間流行唄』ほか 

さつさこれ〳〵節 さつさこれこれぶし

恋ぢやへ、恋ぢやとて往かりよかのんし、佐渡へサツサコレ〳〵、佐渡は四十九里ヤンレ波の上、権兵衛が茶屋まで三里は無いぞへ、来いとて来なけりやかつさき待つぞへ、サツサコレ〳〵、あつみさ鶏はみんごやの、サツサコレ〳〵、かはい男のヤンレ目をさます、「少々からくともなんばん畑でやつてくれ、枯木に花が二度咲くか、サツササツコレ〳〵。

一里二里なら天まで通ふ、五里と隔たりやサツサコラサノサ、風だより、セツ〳〵セ、風だより、セツ〳〵。

──替歌、明治四年頃流行、『明治年間流行唄』

 

節季候 せきぞろ

江戸後期から近代にかけ、各地で異様な者が正月に物乞いをしながらうたった騒ぎ唄。

『江戸自慢』(晩来堂紅遊蝠編、成立年未詳)に、「節季ぞろハ赤前垂なく、百結衣(つづら)を着、古編笠をかぶり、赤青の紙を細くたちて、笠の目ごとに括り附て(かざり)となし、音頭世話しく、竹切を叩き、拍子を取り、見る影もなきむさくろしき姿なり」とある。

 江戸の節季候 

 【例歌】

 江戸の節季候 えどのせきぞろ

♪エ節季ぞろ〳〵さつさござれや〳〵、ござれや〳〵せきぞろエツせきぞろ、毎年〳〵、毎とし〳〵旦那の〳〵お庭へ〳〵飛こみ〳〵はねこみ〳〵、

──門付唄、江戸期・近世流行、『江戸府内 絵本風俗往来』(菊池貴一郎著、明治三十八年刊)

[メモ] あまりの騒がしさに家々では銭を遠くへ投げて追い払ったという。

節季候〔福岡県〕 せきぞろ

そら又御祝ひ目出度いちがはん。こつちのとん様お馬が御好きで、お長屋三十六軒よーやる。あの間の隅から此間の隅まで、ざらりやざつとつながせ、そこそこ賜へばお馬の別当にや、でこ(ない)でこ助とべんの休三はかたやはまやまぬるまがわつたるほーねり、びんつけびんたにべつたりぬり付け、あとは秋月元結でちつくり豆をりゆうたか、おうばさんの……堅糟(かたかす)大根のほやほや煮えたと食うたか、お馬はどんばうふとさに、一どきかけだす。ひーん。

──里謡、近代に採録、『日本歌謡集成』巻十二

 

仙台節 せんだいぶし

元は加賀・能登に発祥した古里謡〈出雲節=何だい節〉から発し、やがて〈仙台節〉になった俗謡。すなわち、仙台の殿様をうたったことが命名の由来である。

通算すると最低六次の長期流行を見ており、この唄の人気の高さがうかがい知れる。

 仙台節の唱歌演奏風景 

 【例歌】

YOU TUBE

出雲節〔北陸地方〕 いずもぶし  *山村豊子

(わす)雲州(うんすう)平田(ふらた)(むま)れ、十里(ずうる)二十里(ねずうる)三十里(さんずうる)西(ぬす)(はて)より(ふがす)(はて)まで、()きずり()つぱり来たものを、今更(ふま)とて(ふま)とらぬ、広い世界にこな(だん)さん、(ぬす)一人(ふとる)。(元唄)

白波分けて水を汲む、桶がもる、ひしやくは波にとられます、水のむはちに、上には鶴が舞ふ、中には亀が舞ひ遊ぶ、蓬莱山はおめでたい。(くずし)

出雲で名高いお茶屋の娘、髪は島田でつげの櫛、着物は薩摩の紺飛白(こんがすり)、帯は筑前上博多、白足袋はいて下駄はいて、さらしの手拭肩にかけ、小田原提灯手にさげて、あねさんどこへと問ふたなら、追分習ひのその戻り、御所望であるなら謡ひませう。(くずし)

〽十四の春から通はせて、今更嫌とは胴欲(どうよく)な、(からす)が啼かうが夜が明けやうが、お寺の坊さん鐘つこが、秋の小屏風に日がさそが、マアその(わけ)聞かなきやコリヤ何だい返しやせぬ。(くずし)

──里謡、寛政頃流行、『明治流行歌史』

せんだい節〔第四次流行〕 せんだいぶし

♪七歳に身を売られ、十四の春から勤めする、今は二十歳であるけれど、夫と定めし者はない、身は高山の石灯籠、今宵は貴郎に(とぼ)されて、明日晩は何方にともさりよや、思へば出るわね血の涙。

♪まつさか越えて遊女町、茶屋にと腰かけ眺むれば、白き鼠が三つ連に、又三つ連に、六つ連に、一歩や小判をくわまいて、奥の座敷へ走り込む、あれ見やしやんせ親父どの、あれはこちらの福鼠

──替歌、明治十九年頃再々流行、『明治流行歌史』

[メモ] 寛政頃流行の「出雲節」から数えると幕末維新期流行、明治十一年頃流行を通して第四次となる。

先代節〔通算第五次流行〕 せんだいぶし

大阪天満のまんなかごろで、(からかさ)まくらでしてやつた、コリヤコリヤ、こんなくさいものしたこたアない、ちりがみ三(でふ)コレなんだいただすてた。

女がよいとてけんたいぶるな、女がようて若後家で、それで此世を送るなら、常盤(ときは)御前(ごぜん)が清盛に二度の枕はコリヤなんだいかわしやせぬ。

義理といふ字が二字あるならば、一字はわたしの(そで)(まもり)、残る一字は主さんに、もたせリや浮気がコレなんだいやむであろ。

わしは十六八百屋(やほや)の娘、小姓の(きち)()にほうれんそ、(よめ)()にならずに子が出来た、なんと生姜(しやうが)やわさびさん、からしがきいたら眼に涙、こしやうがきいたらコリヤなんだい泣くであろ。

義士で忠義は大星(おおぼし)親子、たけべ源蔵コレ忠義、鏡見山(かがみやま)では下女お初、仙台萩で政岡の、教へを守る千松が、ままをたべずに忠義する、コリヤコリヤ、ままをたべぬが忠義なら、だんじきする子はコレなんだいみな忠義。

──替歌、明治十九年頃再流行、『明治流行歌史』

仙台節〔第六次流行〕 せんだいぶし

奥州仙台陸奥の(かみ)、むつの御守(おかみ)の若殿は、男がようて金持で、それで女がほれるなら、仙台さんは高尾を殺しやせぬ。

風に柳の果敢ない勤、思ふお方はたまに来て、思はぬ客の居続けに、受くる猪口(ちよく)さへ気につかへ、迎へ酒より、コレナンダイ、猶辛い。

焦れ初めたるお前故、お寺の坊さん鐘つこが、明けの烏が急がうが、柱時計のちん〳〵も、恋し男は、コレナンダイ、帰しやせぬ。

男よいとてけんたいぶるな、男がようて金持で、それで女が惚れるなら、奥州仙台陸奥の守、陸奥の守の若殿、マアどうして高尾が、コレナンダイ、惚れなんだ。

自体私は深川生れ、貝の柱にカキの屋根、あたらあさりにそうよりも、やつぱりお前のそばがよい。

初手はあれ程口説(くど)いて置いて、今更浮気は何の事、主が怒ろうが、腹立とが、悋気らしいと云はれうが、世間の人が笑はうが、マアその訳云はなきや、コレナンダイ、帰しやせぬ。

カミソリ片手に床屋の門に、あはしてお呉よ床屋さん、あはして上げるは易けれど、もしもきれたら、コレナンダイ、何うなさる。

浅草煉瓦を通つて見たら、おもちや屋写真に小間物屋、素敵に他界は五重塔(ごじゆうのたふ)、山門向ふは(せん)草寺(さうじ)、裏へ廻れば奥山の、うき身やつした白狐、みんな田圃へコレナンダイまねかれる。

──替歌、明治二十年代流行、『明治年間流行唄』ほか

[メモ] 古い元唄と別して〈コレナンダイ節〉とも称している。

 

俗謡 ぞくよう

〈俗歌〉〈俗曲〉〈大衆歌〉あるいは〈俗謡雑曲〉などとも。〈俗楽〉という近代語もある(明治二十八年『俗楽評論』金港堂刊)

端歌・江戸小唄・流行唄・歌謡曲など民間で流行する比較的短い通俗的歌謡の総称。ただし、「長唄」は俗謡として扱わない。

 三味線を弾く女 喜多川歌麿画

 【例歌】

井守の黒焼かけましよか いもりのくろやきかけましよか      

あの娘に惚れて〳〵惚れ抜いて、(ふみ)はやりたし読んだり書いたり、アヽ面倒、いつそ蠑螈(ゐもり)の黒焼きの、お薬なんどをかけましよか、庄よみさんの思ひつき

 ──俗謡、宝暦十二年頃流行、『上方演芸辞典』

[メモ] 宝暦十二(1762)年秋、大坂で流行の俗謡。「井守の黒焼」は往時の媚薬(ほれぐすり)の一つ。

高い山から たかいやまから 

〽高い山から谷底見れば、売りや茄子の花盛り、ハリヤドン〳〵〳〵コリヤドン〳〵〳〵。

──俗謡、宝暦~幕末流行、上方での伝承歌

[メモ] 長期にわたり愛唱された俗謡で、最も広くうたわれたものの一つ。

末の月 すえのつき

末はそぢやとて、待つ月日を数へては、何時を〳〵と限りはせいで、唯待つことにすつるよの、見えぬとばかりあらうなら、間の手「にくい〳〵と思ふもつらい、まゝよ浮世にわし一人、愚痴な住処(すまゐ)も何時を限りに。

──端歌、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

やれこりやよい

〽わしやこれから質屋へ走り、姉の着物と入れ替えに、やれこりやよい、やれこりやよい。

──小歌、天保元年頃流行、『小唄の衢』

奈良の大仏 ならのだいぶつ   

〽奈良の大仏、鼠が(かじ)るどせうぞいな、鼠をどせうぞいな、猫でも呼んで()うかいな、さアさ捨てとけほつとけ

〽月が重なりや、お(なか)がふくれどせうぞいな、お腹をどせうぞいな、(ばば)でも呼んで来うかいな、さアさ、捨てとけほつとけ

出来(でけ)たその子が、お多福ならどせうぞいな、お多福どせうぞいな、どこぞ長者の門口(かどぐち)へ、さアさ、捨てとけほつとけ

〽捨てたその子を、夜番が見つけどせうぞいな、夜番はどせうぞいな、年寄五人組呼んで来か、さアさ、捨てとけほつとけ

──上方俗謡、『粋の懐』四篇(文久二年)

[メモ] 「身重」とか「捨小判」の異称を持つ俗謡で、明治になってもうたわれた。

よしかいな節 よしかいなぶし

向うに見ゆるは肥後様のへソレソレ船か、紋は九つ九曜の星、てふてふしづかにさしなよ、こりやまたよしかいな。

向うを通るは茶碗鉢やの娘、誰が落したかついわれた、てふてふしずかにさしなよ、こりやまたよしかいな。

──俗謡維新期に第二次流行『明治流行歌史』

[メモ] 文政三年流行「よしかへ節」の仕立直し再流行したもの。

いつちくたつちく 

いつちく、たつちく、竹橋(たけばし)の、赤いシヤツポの兵隊さん、なに食ふ、お芋を喰ふ、サツマ芋喰つて、プツプツプー。

いつちく、たつちく、高崎の、黄色いシヤツポの兵隊が、西郷(さいがう)に追はれて、トツテチテー。

──俗謡、明治十年ごろ流行、『明治流行歌史』

[メモ] 西郷隆盛が西南戦役で城山に果てた後、彼の怨念の象徴である西郷星が西の空に輝く、と信ずる人が絶えなかった。この詞には、当時逆賊の汚名すらきせられた西郷を哀悼する気風すら感じられる。「いつちく、たつちく」は唄の内容を躍動させるのに効果的な弾み(ことば)である。

聞いちよくれ節 きいちよくれぶし  

聞いちよくれ、聞きます仰しやれ何ですか、円い玉子もきり世で四角、物も言ひよで、とこなんだい、でれすけさん、きなはつたかし、オヤそうですか、エ──角が立つ

聞いちよくれ、聞きます仰しやれ何ですか、風呂屋で蕩気のいひ流し合い、解るまでするとこ何だい、でれすけさん、きなはつたかし、オヤそうですか、エ──長話

聞いちよくれ、聞きます仰しやれ何ですか、憎い夢かは知らねど嬉し、素根で寝た人、とこ何だい、でれすけさん、きなはつたかし、オヤそうですか、エ──笑ひ顔 (後略)

──流行節、明治十八年頃流行、『日本近代歌謡史』上

のうこちの人ぶし のうこちのひとぶし  

鳥も通はぬ山中(やまなか)の一つ()でございやすけれども、住めば都でございやす、のうこちの人、赤はらでんでんむし、かいすけかいもんかいしよさま、またしやうとて、うけだしたネ、赤ざとう、ぜんざいもち、かいちうじるこ、東京雑煮、金時うきふだネ

──俗謡、明治二十一年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] のうこちの人=ねえ、お前さん。客人の前で甘党が好物を列挙し、東京を懐かしんでいる。

天雷ぶし てんらいぶし  

♪思ふこころは 半分云つて バチユテンライヤ 酒にかぶせて 赤い顔 メンメトエー ストリンタンテキ シユツトン チヨイト アケホト

♪文字の読めない 猫社会でも バチユテンライヤ 野郎の鼻毛は みんな読む メンメトエー ストリンタンテキ シユツトン チヨイト アケホト

♪動けないほど 年期とお尻で バチユテンライヤ 借を背負ても 気はかるい メンメトエー ストリンタンテキ シユツトン チヨイト アケホト

──流行節、明治四十一年頃流行、『新歌三すじの友』

 

YOU TUBE

 

梅ケ枝の手水鉢 *伊豆大島北組

かんかん踊り

 

大黒舞唄 だいこくまいうた

元禄あたりに現れた門付け芸。

大黒の面を付け 、家々の門口で新年の目出度い文句で舞いうたって米や銭を乞うた。

芸人らは徒党を組み、酒臭い息を吐きながら勝手にうたい出す。しかし正月祝いにふさわしい歌詞だったため、家々で追い払うようなことはしなかった。 

 秩父祭りでの大黒舞奉納ポスター

 【例歌】

昔大黒舞 むかしだいこくまい 

御ざった〳〵 福の神を先に立て 大黒殿の御ざった 大黒殿の能には 一に俵ふまへて 二ににつことわらうて 三に酒をつくつて 四ツ世の中ようして 五ツいつもの如くに 六ツ無病息災に 七ツ何事なうして 八ツ屋敷をひろめて 九ツ小蔵をぶつ立て 十でとうどをさまつた 大黒舞をみさいな〳〵

──門付唄、元禄期~文政期に出現、『日本歌謡集成』巻六

 

YOU TUBE

 

秋田大黒舞 *大正琴 琴扇修会 

 

ちよぼくれ 

〈ちょぼくれ〉そのものは、江戸後期に願人坊主が二個の木魚を叩きながら〈早口〉で歌った幕政・時局批判の俗謡である。

「ちょぼくれ」あるいは「ちょんがれ」の囃子(ことば)が挿入され、のちに各種の〈ちょぼくれ〉〈ちょんがれ〉を生み出し、庶民の共感を得ながら広まった。

 ちょぼくれ 一勇斎国芳画 早稲田大学演劇博物館蔵

 【例歌】

チヨボクレ 

〽やれ〳〵皆さん、聞てもくんなよ、今度さわぎの其元は、毛唐人夷人唐人、日本へ来りし始を、委しく尋て見たれば、嘉永六年丑の七月、アメリカ国から数艘の大船、浦賀へ到着、施設ペルリが、書翰を持参し、浦賀を乗抜け、品川内海、固めの場所に、伊井の家来か大勢居ながら、指もさゝぬに通して仕舞た、然るに其時、親玉病中、心配最中、其上大筒武器が不足で、一統敗亡、役人残らすうろたへ廻つて、騒だけれども、元来此儀は、十年昔に、水戸の隠居か、何ても外夷が、日本を窺ふ様子と知られた、夫故海防厳敷台場を築て軍艦拵へ、大筒鋳立、天下の諸武士の風儀を直せと、度々の建白、一寸も用ひす、其上御国に調練させたり、釣鐘崩して、鋳炮したので、事を好の気儘をやるのと、言草拵へ、隠居さしたが、此時眼が覚め、俄に騒て、人数を出すやら、台場を築くやら、間抜けたこつたよ、(後略)

 ──読売唄文久三年頃流行、『維新史料』雑記一乙

[メモ] 特有の滑稽じみた詞ではあるが、国防を主題に幕末の不安定な世情を広い視野で具体的に記述している。

 

YOU TUBE

 

チヨボクレ うかれ坊主(その2)

 

ちょんがれ節 ちょんがれぶし

〈ちょんがれ節〉別に〈ちょぼくれちょんがれ〉は近世音曲の一分野の源をなす。

江戸後期に江戸で流行った「ちょんがれ」は、俗にワザクレ(ごと)という他愛のない口演芸であった。これの特徴は切れ目なく連綿と続く詞章にある。幕末に上方へと移り、明治に入り、三味線伴奏を付けた歌物語「浪花節」へと変身、庶民愛好の音曲となる。その流行に刺激されて新生の東京へ逆移入。浪花節はここでも庶民演芸の人気を占めるようになる。江戸生まれ「ちょんがれ」の本家(ほんけ)帰りといえよう。 

【例歌】

因幡小ぞう いなばこぞう

きめうてうらいどちらがによらい、てんめい六年ひのへむまとし、おゑどの町と水と大くはでらんがさはぎ、そのとき見なされ、こめのさうばをきいたら、百に三合五勺、あふら一升七百五十文で、きもがつぶれる、上から下まで御かんりやくのおふれがまはつて、大みやうかたには七五三が八はいどうふ、にじう五さいがちやつけとな、おうばのさしたる、ぎんのかんざしなつめりとなる、しゆぬりのくしがしら木となる、(*中略) 其ときみなされ、いなば小ぞうは十二のおりから、人の物をただ取りたがるくまでこゝろで、かきこむしあんが、おやのてまへはかんどでござる、十四のおりにしゆざやの大小こもにつゝんで、めぐり〳〵てわが身にむくうて、ほうこうするにもうけ人ンなし、あきないするにはもとではなし、ぜひなくてぜいをあつめてどろぼうするとふけ〳〵てきりどりがうとう、金ができば上しゆうふかやか、ほうぜうしん町あたりでぢよろうかうては下ではどんちやん上ではひんしやんなけさかづきて、さゝがすぎればなんとていしゆ、よいさかなはないか、(*中略)いなば小ぞうはにつこりわらひ、かづさほうしう、ひたちしもをさおうしう五十四ぐんのとうぞく、五十や七十取ッてだしてもお上のさほどにおためにもなるまい、とうぞくはくにのねづね、なんぼう取てもつきしはござらぬ、しよ万ン人さま一へんなりとも御ゑかうおたのみ申、はつつけはしらもくはんとなぞらへ、ぬき身のやりをば、しゆじやうとなぞらへ、につほんくはい国六十六ぶ、いなば小ぞうは此よをすてゝみらいのたひ立さりとはみな様あはれの物た

 ──読売唄、『因幡小僧物語』年代未詳写本

 [メモ]  出典は泥棒物の浪花節冊子である。

 

YOU TUBE

 

高瀬ちょんがれ節 *井波太子伝観光祭

 

道念節 どうねんぶし

正徳期に京都ではやった踊り口説節 

元禄十六年、木遣の音頭取の道念山三郎がうたい始めたことからの命名である。

【例歌】

道念 どうねん          道念仁兵衛詞

〽道念(ばなし)を致さうぞよ、この道念常々なまぐささうに思うたれば、安の如く眠蔵(めんざう)に大黒こそは置かれたり、この大黒を絵像か木像かと思うたりや、おまんと言へる大黒ぢや、をり〳〵四十八夜の入仏(いれぶつ)事がすぎたやら、おまんのお(なか)がかべに茶壷で、とたらくたらぢや、或る時道念は、四十八夜の鉦叩きに雇はれて、鉦を叩いて()られたり、おまんは易々(やすやす)と子を産み、此の事を知らしにお(ばば)をやられたり、道念婆が顔を見て、念仏でこそは問はれたり、婆は念仏で知らせんため、うんだ〳〵、道念男か女か聞かんとて、南無阿弥陀仏(なに)うんだ〳〵、(あま)だ〳〵と答へけり、道念喜び鉦を早めて、手柄(てんがら)々々、ははてん〳〵から〳〵、扨てはこの子はてんのえ。

──盆踊り系俗謡、元禄・正徳頃流行、『落葉集』

 

トコトンヤレ節 とことんやれぶし

〈宮さん宮さん〉とも。明治維新直前に作られしばらく大流行した俗謡。

〈トコトンヤレ節〉の元唄は慶応四年、官軍のうち東征軍山国隊が江戸へ向かうときにうたった官軍の進軍歌である。最近、例歌に掲げた姉妹歌「とんやれ節」の存在が判明した。 

【例歌】

とんやれ節 とんやれぶし

〽とんやれ〳〵 てっぽふかついで かりうどしゝおうつて ちよ〳〵んが よやさ

〽とんやれ〳〵 はやしにまけずに たぬきははらだいこ たゝいてよんやサ

──俗謡、慶応四年四月頃作、『日本近代歌謡史』上

[メモ] 「トコトンヤレ節」に先行の、いわば姉歌である。

YOU TUBE

トコトンヤレ節 とことんやれぶし          品川弥二郎詞、春日八郎唄 

〽一天万乗の帝王(みかど)に手向ひする奴をトコトンヤレトンヤレナ/ねらひ外さずどん〴〵打ち出す薩長土トコトンヤレトンヤレナ。

〽宮さん〳〵御馬の前に(ひら)ひらするのは何じやいなトコトンヤレトンヤレナ/あれは朝敵征伐せよとの錦の御旗ぢや知らないかトコトンヤレトンヤレナ。

〽伏見淀鳥羽橋本葛羽(くづのは)の戦はトコトンヤレトンヤレナ/薩土長しの合うたる手際ぢやないかいなトコトンヤレトンヤレナ。

〽音に聞えし関東侍どつちやへ逃げたと問うたればトコトンヤレトンヤレナ/城もきかいもすてゝ吾妻へ逃げたげなトコトンヤレトンヤレナ。

〽城を取るのも人を殺すも誰も本意ぢやないけれどトコトンヤレトンヤレナ/わし等がとこの御国へ手向ひする故にトコトンヤレトンヤレナ。

〽雨の降る様に鉄砲の玉の来る中をトコトンヤレトンヤレナ/命惜まず進み行くのもみんなお主の為ぢやものトコトンヤレトンヤレナ。

──行進曲維新直前『明治年間流行唄』

[メモ] 『風流トンヤレ節』とも。当時奥羽鎮撫総督参謀であった作詞者が連合軍兵士の士気を鼓舞するべく作った。いわばわが国初のマーチである。

 「都風流トコトンヤレぶし」かわら版

 

鳥追唄 とりおいうた

江戸時代、新年に女太夫と称した物乞い門付けが三味線片手に浄瑠璃などをうたい広めた (発祥は桃山時代か)

鳥追とは、〈鳥追唄〉をうたうとき、あたかも鳥を追うような手付きで手を叩いたのが名付けの由来とか。

 鳥追いの役者絵〔石川豊信画〕

 【例歌】

 あさひかゞやく 

あさひかゞやくひやくつぼのおざしき、かうらいべりのたゝみと、にしきべりのたゝみと、しきやならべさふのよふ、ごいちもんにごきやうだい、くるまざにゐなひて、すゑひろのをしきに、うらじろをしかせて、まいかゞみといはふた、

──鳥追唄、江戸中期成、『青陽唱詁』(鳥追唄の解説書)

[メモ] 出典は鳥追唄の解説書。「ひやくつぼ」とは百壷のことで、屋敷の鉢植の多い賑わいをいう。要するに、詞では「にしきべり」「すゑひろのをしき」など、祝い言葉を並べたて相手の気を引いている。

鳥追〔長野県〕 とりおい 

♪いツち悪い鳥、宵鳥四十(がら)、ほがら(かしら)せいで塩付けず、塩俵に打ち込んで、鬼ケ島へ渡して、宵鳥、ほ、ほい〳〵〳〵。(松本市)

今日は誰の鳥追ひぞ、でいろどんの鳥追ひだ、おれもちと追つてやろ、ぼんがらほい〳〵〳〵。

今日は籾つゝく鳥追ひぞ、雀まくりの鳥追ひぞ、おれもちつと追つてやろ、ぼんがらほい〳〵〳〵。

──里謡、近代に採録、『日本歌謡集成』巻十二

 

YOU TUBE

 

鳥追ひ *黒倉田楽より

 

どんどん節 どんどんぶし

文政期に発祥し、明治年間にまた再三にわたり復活した流行節。ドンドンという景気のよい〆の囃子が受けた。

 吉原〆治 草創期レコード盤吹込みの人気者

【例歌】

どん〳〵節 どんどんぶし

〽高い山から谷底見ればの、瓜や茄子(なすび)の花盛の、はりはどん〳〵。

〽高い二階から鏡で見ればの、由良は(たま)(づさ)あゝお軽が(かんざし)ばつたり、縁の下には九太夫が文を読む、七段目茶屋ばかりの、はりはどん〳〵 

──流行節、文政十一年流行、『小唄の衢』

どん〳〵節〔再〕 どんどんぶし

♪蒸気や出て行く煙は残る、ドン〳〵、残る煙が癪の種、サウヂヤナイカドン〳〵。

老少不定(ふぢやう)の身を持ちながら、ドン〳〵、時節まてとは切れる気か、ホンマカネソカネドン〳〵。

駕籠で行くのはお軽ぢやないか、妾や売られていくわいな、父様(とうさん)御無事で又かゝさんも、お前も御無事で又折々に、音信(たより)聞いたり聞かせたり、ドン〳〵。

向は下総葛飾郡、手前は武蔵で豊島郡、間を流るゝ其の川は、雨さへ降るなら水も時々濁るかなれど、誰がつけたか隅田川、ドン〳〵。

伊勢は津でもつ津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ、家のしんしょうは嬶で持つ、嬶の(ゆもじ)は紐でもつ、紐のしらみは皺でもつ、ドン〳〵。

娑婆に居るのが思へばいやだ、米は(あが)るし子は(でき)る、取る金は取れない家賃にや追はれ、思へば思ふ程実いやになる、と云ふて死ぬにも死なれない、ドン〳〵。

見たか見て来てか名古屋の城を、五十櫓の絶頂に、金の(しやち)(ほこ)雨ざらし、ドン〳〵

私とお前は倉庫の米よ、ドン〳〵、いつか世に出てまゝとなる、隊長かネー、ソカネー、ドン〳〵。

逢はにや晴れまい私の胸が、ドン〳〵、逢へば涙の袖時雨、隊長かネー、ソカネードン〳〵。

水道汲むさへまだ初世帯、ドン〳〵、赤い襷に洩れる愛、隊長かネソカネードン〳〵。

(わたし)やひとりもの可愛がつておくれ、ドン〳〵、岩に下り藤便りない、ほんまかねさうぢやないかドン〳〵。

──流行節、明治二十九年頃再三流行、『明治年間流行唄』

ドンドン節〔再々〕 どんどんぶし

♪向は下総のかつしかこをり、手前は、武蔵の豊島郡、間を流るゝ其川は、雨さへ降るなら水もとォきどき濁るじやないか、たれがつけたか 隅田川ドンドン

♪駕籠で行くのはおかるじやないか、妾しや売られて行くわいな、父さん。御無事で、また母さんも、お前も 御無事でおり〳〵似たより聞いたり聞かせたり ドンドン

──流行節、明治四十四年頃流行、『ドンドン節』(ペラ本)

 

YOU TUBE

 

ドンドン節 *〆治(吉原芸者)唄 テイチク音盤〕 

 

何だい節 なんだいぶし

幕末にはやった出雲節系の俗謡。

 きわどい詞の替え歌や崩しが目立ち、それなりに大衆受けした。

【例歌】

何だい節 なんだいぶし  

〽十四の春から通はせて、今更(いや)とは胴欲(どうよく)な、(からす)が啼かうが夜が明けよが、お寺の坊さん鐘つこが、秋の小屏風(こびやぶ)に日がさそが、マアそのわけ聞かなきやコリヤ何だい帰しやせぬ

──流行節、幕末流行、『明治流行歌史』

何だい節替え なんだいぶし/かえ

まぶにするなら いなせはよしな なんだい あげりやしかけが とんでゆく よい〳〵のなんだい〳〵

ずんとすました すいものよりも なんだい わたしやおまゑの そばがよい よい〳〵のなんだい〳〵

すいたお客は さま〴〵あれど なんだい なかにじんすけ へちやむくれ よい〳〵のなんだい〳〵

──替歌、幕末流行、『なんだいぶしはやりのかえうた』(江戸瓦版)

 

何だ何だ節 なんだなんだぶし

元歌は天保頃流行か。

明治三十年、四十二年と二度にわたり再流行した流行節。

【例歌】

何だ〳〵節 

明石(あかし)(がた)、明石ちよと出りや舞子(まひこ)の浜よ、(むかう)に見えるは淡路島ありや、通ふ千鳥にねへ(ふみ)ことづけて、もしも知れたら須磨の浦、よいしよなんだ〳〵〳〵よう。(元唄)

──流行節、天保年間流行、はやり唄変遷史

 須磨の浦から遠目に見れば なんだかんだで明石は消えり(地元俗謡の一節)

 何だ何だ節替え なんだなんだぶし/かえ

月落烏鳴ても主帰しやせぬー、おまへも私しの情夫じやもの、アリヤと云ふて帰さねばね終尾わるし、帰へしや何つまたあへるやら、ヨイシヨ、なんだ〳〵〳〵ヨー

明石ちよいと出てねへ、明石ちよいと出て舞子の浜よ、向ふに見へるは淡路島、アリヤ 通ふ千鳥にねへ文ことづけて、モシも知れたら須磨の浦、ヨイシヨ、なんだ〳〵〳〵ヨー

辛気らし、どうやら斯ふやら顔見せりや、酒に更してたまの夜をよふて寝られてたよりなさ、さめりや去ぬると言ふ憎さ、ヨイシヨ、なんだ〳〵〳〵ヨー(以上、抄出)

──流行節、明治三十年流行、『日本近代歌謡史』上

♪見渡せば、四本柱の土俵の内、東は常陸山西は梅が谷、ありや、中を取持つネ、よいしよ〳〵、中を取持つ木村庄之助、よいしよ、なんだ〳〵〳〵よう。

♪堅い石山ネ、忍びしのんで瀬田まで来たが、何故(なぜ)膳所(ぜぜ)会はない、粟津に帰れば堅田の便り、ありや、比良の暮雪とネ、言はしやせぬぞヘ、恨みは三井寺唐崎なんどの夜の雨、よいしよ、なんだ〳〵〳〵よう。

♪妾とて、元から梅干婆でなし、十七八の盛の時は、ありや、鶯とまらせ啼かせた事もある、あんまりさげすむものでない、よいしよ、なんだ〳〵よう。

──流行節、明治四十二年頃流行、『明治年間流行唄』

 

なんとしよ節 なんとしょぶし

安永頃名古屋に現れた唄。囃子の「なんとしょ」からの題付け流行唄。のち明治の「東雲節」においてこの囃子が借辞されている。

【例歌】

なんとしよ節

〽まだねもやらぬたまくらに、そてもないこと思ひわび、うつら〳〵とふけてさへ、ねまきのきぬのはだうすき、つらひそうひぞなんとしよ。──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

ナントシヨ節         大阪 場蚊

♪はやく年明け、沿いたいときは、こがるゝナントシヨ、自由廃業すればよい、アヽメンの救世軍、さりとはつらいよネ、ちふなこと、いつちよりまする。 

──替歌、明治三十四年頃作、『ナントシヨ節』(ペラ本)

 

錦絵唄 にしきえうた

錦絵は派手な多色刷りの浮世絵版画のこと。それに添える詞を歌謡に仕立てたものを〈錦絵唄〉という。春信・歌麿・北斎ら有名なものから無名群小の絵師によるものまで数多が流布し、高級瓦版的な役割も果たした。

錦絵は近代風俗を映し出す鏡

 【例歌】

わけやない節 わけやないぶし

〽あねさん ゐなかへよくいけた ゐけなくて だひじの おやこの つれじやもの なんだしよ わけやない

〽くもすけ ミなりがよくできて できなくて じようげのちんせん つかミどり なんたしよ わけやない

〽かいがん しちうハ たちのいた のかなくて ゐなかにミよりが ないじやなし なんたしよ わけやない(後略)

 ──錦絵唄、嘉永六年ごろ流行、『流行唄、わけやない』(錦絵一枚摺)

 [メモ] 台場人足の稼ぎぶりをうたった錦絵に付きの小唄。

 

猫じゃ猫じゃ ねこじゃねこじゃ

♪猫じゃ猫じゃとおっしゃいますが

猫が、猫が下駄はいて

絞りのゆかたでくるものか

   オッチョコチョイのチョイ

   オッチョコチョイのチョイ

         ──明治二年流行の俗謡

維新後の社会では、人事職業を動物に擬して冷やかす風潮があった。このオッチョコチョイ節でも、芸者をして猫と称し、流行唄に乗せている。

猫と並んで、女郎の擬称は「キツネ」、いつ何時も人をだますから。高級官吏は判で押したようにナマズ髭をたくわえていたので「ナマズ」と蔑称した。木っ端役人のほうはドジョウ髭が象徴(シンボル)だったので「ドジョウ」。時代は下り漱石『坊つちやん』の主人公は校長をタヌキと呼んでいる。いずれも庶民階級から離れた世界でノホホンと暮らしている人種への、やっかみを込めた当てこすりであった。

通称「猫じゃ猫じゃ」は維新直後に大流行。この歌に便乗し、次の「下戸じゃ下戸じゃ」なる替え歌が作られ、こちらも飲み仲間の流行歌になた。

♪下戸じゃ下戸じゃとおっしゃいますが/下戸が、下戸が一升樽かついで/前後も知らずに酔うものか/オッチョコチョイのチョイ/オッチョコチョイのチョイ

 江戸端唄「猫じゃ猫じゃ」の色紙〔ブログ「日本のあんな事こんな事」より〕

 

ねんごろ

ここでは情交のある男女関係を指す。

たとえば芸者と客が出来てることをいう。また、「ねんごろする」のように動詞にも使う。

【例歌】

大つゑぶし

♪酒屋男と。ねんごろすればな。

 十六島田がでてきてまねく。

 お婆々(ばば)しよんべすりや。

 狐がのぞく。棚のだるまさんをちよいとおろし。

 奈良の大仏鼠がかぢる。

 しよんがばさまはよぼけたばさん。

 見たいな〳〵内を。()

 お医者〳〵と名ばかりおいしや。

 三国一の。さくら見よとて名をつけて。

 斎藤太郎左衛門に。やなぎ〳〵。夜桜。

 熊(くま)(さか)()

(しゆう)いなばにこれなアおやぢどん。

──『粋の懐』初篇(大津絵唄、幕末流行)

 

のほほん節 のほほんぶし

江戸時代に俗謡の囃子を通称「ノホホン」といった。

〈ノホホン節〉は、単純な文句を囃子にすり替えてうたったことからこの名がついた。座敷唄にしては芸がない呼称ではある。

【例歌】

のほゝんぶし品々 のほほんぶし/しなじな

〽君は川向ひ我は川前よ〳〵立てならべど〳〵みたばかり〳〵。

〽君は深山あの遅桜〳〵我はさきだつ〳〵しば桜〳〵。

〽君はみやまの降積む雪よ〳〵我は谷間の〳〵薄氷〳〵。

〽花にたん尺たが又つけた〳〵枝を手折れば〳〵花が散る〳〵。

〽小紫とは誰が名を附けた〳〵色にそみては〳〵うへがない〳〵。

──座敷唄、寛文頃流行、『淋敷座之慰』

 

のろけ節 のろけぶし

のろけを婉曲に歌った歌謡。この類、独りよがりになり勝ち。背景事情を知らない人にとっては取るに足らないものになってしまう。

【例歌】

さかづき

玉の盃底なきとても、とても契らば二世(にせ)と結ばん、結ばん常陸帯(ひたちおび)、さてよい中。

たとへ御げんは任せぬとても、有りし馴染の馴染の末はたがひの逢瀬(あふせ)(がわ)、さてよい中。

──小歌、『松の葉』(元禄十六年成)

[メモ] 鹿児島から移入しはやった。

わしがおもひは

〽わしがおもひは、三国一の「富士の()やまのしら雪。つもりや。すれども。とけはせぬ「うき名たつかやたつかやうきな。今はうきなのたつのもうれし。どうしんしやう馬鹿らしい「とんと。命も。やる気に。なつたわいな。

──三下り端歌、天保七年頃流行、『粋の懐』四篇

[メモ] 文政何年か、江戸深川の材木商かね文の若旦那が美人芸妓を妻にした。その披露の席でこの一節が歌われたものの、のろけがすぎてはやるに至らなかった。後年、大坂の粋人が彼の地で広めたという。

 雪中相合傘 鈴木晴信画

 

のんのこさいさい節のんのこさいさいぶし

幕末の諫早地方民謡〈のんのこさいさい節〉を元唄とする後世派生の流行唄。

各地に派生唄が見られ、かわら版や読売りを通して九州はじめ江戸まで広範囲に作られ流行していたようだ。

【例歌】

のんのこさいさい節 

〽丸い玉子も切りやうぢや四角なる、のんのこさい〳〵してまたさいのさい。

〽お前行くなら、(わたし)も連れて、のんのこさい〳〵、(ひがし)上総(かずさ)のよいとこの果てまでも、すこまかちよい〳〵。

〽猫が鼠取りや(さぎ)(どぜう)ねえらむ、さいさい、こおちのかんばさんはらねえらむうさい〳〵。(くずし)

──流行唄、万延頃流行、『のんのこさいぶし』(江戸瓦版)

のんのこさい 

♪つとめチヨイ〳〵する身は、田舎の月よ、ノンノコサイサイ、何処へまことをうつすやら、ノンノコサイサイ、シテ、マタ、サイサイ

首尾の、かための、吸い付きたばこ、ノンノコサイサイ、因子や、煙草に、あるわいな、ノンノコサイサイ、シテ、マタ、サイサイ

ならぬ恋なら、なぜ神さんが、ノンノコサイサイ、惚れる心を、つけたやら、ノンノコサイサイ、シテ、マタ、サイサイ

花はいろいろ、五色に咲けど、ノンノコサイサイ、ぬしにまさりし、花はない、ノンノコサイサイ、シテ、マタ、サイサイ

──読売唄、明治八・九年流行、『のんのこさいぶし』

 

YOU TUBE 

 

長崎のんのこ節

のんのこ節 

 

博多節 はかたぶし

明治中期の博多で大流行し、東京へも波及した流行節。端歌に属する俗謡である。

【例歌】

YOU TUBE

 多節 はかたぶし           花 駒 

♪博多帯しめ筑前しぼり、筑前博多の帯しめて、あゆむ姿はドツコイシヨ柳腰、松の陰からお月さんが、出やしたか、はい今晩は。

♪月は、オイデマシタカネ、傾く、世は更け渡る主の来ぬのに顔そむけ、心細いは(あけ)のコレハドツコイシヨ鐘。

♪糸に、オイデマシタカネ、結ぶのかみごまかけて、やがてひかし三味線の、爪弾きもので暮しコレハドツコイシヨたい。

♪主を、オイデマシタカネ、松かげさし込む月に、人目をさけし四畳半、嬉しく見交はす顔とコレハドツコイシヨ、顔。

♪結うて、オイデマシタカネ、貰はうか、結ばずにおこか、櫛を出したりしまつたり、主を待つ夜の洗ひコレハドツコイシヨ髪。 

♪思案に、オイデマシタカネ、置く手を、胸よりおろし、それと白川夜船で眠る、主の枕にさゝげコレハドツコイシヨたい。

♪膝へ、オイデマシタカネ、来た子の顔打ち眺め、お前も親の真似をして、浮気するなと意見、コレハドツコイシヨする。

♪八千代、オイデマシタカネまでもと頼みし甲斐もなくて、人手に落ち椿、他所(よそ)の眺めの床の、コレハドツコイシヨ花。 

──地方唄、明治二十八年頃より流行、『明治年間流行唄』

 LPレコードジャケット

 

肌知らず はだしらず

まだ男の肌を知らない女、未通の乙女を主題にした歌謡。

♪はだしらず           雨鳳詞

余所でとくをびとはしらでくけている、こゝろづくしとしらいとの、むすぶしえんもなばかりにまだときそめぬ「雪のむめ、にほひをつゝ夢そでごうろわがふりそでもすゑとめて「さきてみだれてちるころまでも、ちぎりつきせぬなかなれど「おもふばかりにむめすぎのあだし男のあだなる気とも、恋にねたみのりんきのつのも「をりにふれてはつれ〴〵や伊勢物がたり、うぢひめのおとのみ、さそふ春風に、つれてめだしの心さへしらむなたねにむれいるてふの「はねもいろ〳〵糸ぬいのだてをかさねしふたつもん、やがて二人がむかひづるつるのまるねのよすがらとても、、かねを、うらみずものかはととりも「にくまぬながまくらほんに、男のはだしらず。 『新大成糸のしらべ』(本調子端歌、享和元年)

[メモ] 恋人がいるのに身売りされるさだ

めの処女の、やるせない恋心をうたっている。

 

鼻唄 はなうた 

よく知られた唄の詞章断片などを鼻にかけ小唄節でうたうこと。また、その唄をいう。

一杯機嫌のときなど、自分好みの鼻歌でほろ酔いを楽しんだりする。 嘉永年間、大坂の寄席芸人曙千角は「当世流行鼻唄見立角力」なる番付表を摺っている。

【例歌】

チウ〳〵ぶし ちゆうちゆうぶし

富士の裾野に、西行さんの昼寝、ちう〳〵、歌を枕に、こいつアまた、田子の浦、ちう〳〵。

──二上り俗謡、江戸後期作、『上方演芸辞典』

夜ざくらや よざくらや

〽夜桜や「うかれがらすがまい〳〵と「花のこかげにたれやらがいるわいな。とぼけさんすな「めふき。やなぎの。風にふかれているわいな。ヱヽふうわりと。おうさそうじやいな。そうじやいな。

──二上り俗謡、『粋の懐』初篇(文久二年)

梅は北野の うめはきたのの

梅は北野の、天神さんの御神木、見事に咲いたとせ、咲いたその梅とうぢやいナ、東風(こち)が吹く、匂ふその香がわしや嬉し、二人が仲は、二世も三世も変りやせぬ。

──三下り俗謡、幕末に流行、『上方演芸辞典』

[メモ] 上方でもてはやされた鼻唄の軽妙な曲詞が特徴である。

 

比丘尼唄 びくにうた

近代、歌比丘尼と称された女放浪芸人がうたった唄。たいていは祝儀唄で、それに色香を添えて披露し銭を稼いだ。

【例歌】

比丘尼唄

〽めぐりあはせのうつり香も、むすびとめたよ糸ざくら、おやりなんし。

〽神のおまへに松うへて、花も咲しよ小金ばな。

──門付唄、年代未詳、『続飛鳥川』

鳥羽のみなとに船がつく、今朝のおゐてにたからの舟が、大こくとゑびすとにつこりと、チトくわんおやんなん。

──門付唄、文化九年序、『紫の一本』(瀬川如皐、文化九年)

 唄比丘尼と子比丘尼 絵師など未詳 

 

独り寝の歌 ひとりねのうた

女の孤閨を主題にした艶っぽい唄。小唄に多く見られる。 

【例歌】 

昼寝 ひるね                    青瓦作

夏の日に 昼寝の種となるものは 月の口舌か蛍の悋気(りんき) そよ〳〵風にだまされて (はぎ)もあらはに寝乱れの 裾に(あはせ)の姿はくやし ほんにえ 物好きすぎた夜の(たとえ)言葉の数々も 夢の世なりし(まくら)蚊帳()

──本調子端歌、『松の葉』(元禄十六年)

名古屋帯 なごやおび        嵐三右衛門詞

逢うて立つ名が立つ名の内か、逢はで焦れて立つ名こそ、(まこと)立つ名の内なれや。思ふ中にも隔ての(ふすま)、あるにかひなき捨小舟「(おも)や世界の男の心、(わし)は白波(うつつ)なき、夜の寝覚の其の睦言を、思ひ出す程いとしさに、ぞつと身もよもあられうものか「締めて名古屋の二重の帯が三重廻る、深山(みやま)鶯なく音に細る、我は君をば焦れて細る、あゝ浮世昔忍ぶの恋衣。

 ──二上り端歌、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

 [メモ] 遊女が孤閨に悶え悩むさまをつづっている。名古屋帯とは肥後産の「名護屋帯」を指す。つまり肥後ずいきを巻いた張形を用いた自淫を暗示しているのだ。

寝耳 ねみみ

〽独り寝の、覚めて驚く川音の、流れ流れと呼ばるゝ末を、海か山かは(しら)糸の、滝の岩壺なさけも深き、心の底と汲んだが無理か、それに其方(そなた)が浮れてゐては、わしが願ひも皆水の泡、よしや世の中夢ならば。

──三下り端唄、江戸後期作、『日本歌謡類聚』

[メモ] 孤閨をかこつ女心を哀切にうたっている。

 

ビヤボン〳〵 

口琴(ビヤボン)は江戸時代にはやったこどもの玩具楽器で、二股鉄片をはじき吹くくことで珍妙な響きを出す。

〈ビヤボン〳〵〉は、この名を囃子に取り入れた、詞のほうも子供だましのような俗謡である。

【例歌】

ビヤボン〳〵 

高い山から谷底見ればビヤボン〳〵、瓜や

茄子(なすび)の花盛り、ビヤボン〳〵。

(きち)三の小姓がある故に、お七のお(ばけ)が出たわいな、でたのんし〳〵、出たはよけれど人さへ化かさなようか〳〵、でたのんし〳〵ビヤボン。

──俗謡、天保年間流行、『はやり唄変遷史』

 

YOU TUBE

 

ぎっちょんちょん *土取利行

 

ひょこほい節 ひょこほいぶし

歌詞そのものはいたってつまらない流行唄だが、後の大流行〈東雲節〉の根本唄として注目される。

【例歌】

ひよこほい節 

♪何をくよ〳〵川端柳、水の流を見て暮らす、ヒヨコホイ〳〵。

♪厭ぢやおかさん鉄道の人は、色が苦労手目が光る、ヒヨコホイ〳〵。

──流行節、明治六・七年頃流行、『明治年間流行唄』

 

深川節 ふかがわぶし

江戸は江東の深川に発祥し、江戸市中で大流行した俗謡。

当初、深川踊り唄であったが粋人らが広め、やがて遊里での宴会小唄として定着する。

【例歌】

深川

〽坊さんなあよいとな、二人が深川通ひ、揚る段ばしごの、これわいさのさ、いそ〳〵と。(元唄)

──踊り端歌、江戸後期流行、『はやり唄変遷史』

YOU TUBE

深川節 ふかがわぶし         葭町二三吉唄

猪牙(ちよき)で、サツサ、行くのは、深川通ひ、上がる桟橋、アレワイサノサ、いそいそと、客の心は(うは)の空、飛んで行きたい、アレワイサノサ、主の傍

駕籠(かご)で行くのは、吉原通ひ、上る衣紋坂、アレワイサノサ、いそいそと、大門口(おおもんぐち)を眺むれば、深い馴染(なじみ)が、アレワイサノサ、お楽しみ

──踊り端歌、維新期流行、『明治流行歌史』

 藤本二三吉唄〔昭和三十二年〕 

 深川くずし ふかがわくずし

丸髷(まるまげ)に結われる身をば持ちながら

 意気な島田やアレワイサノサ 

 ジツ銀杏返(いちようがえ)

とる手も恥かし左褄(ひだりづま) ダガネ

一年や二年はおろか三年先に

きっと添われりゃホントニソウダワネ

ジツ嬉しいが

男心と秋の空 ダガネ

何時(いつ)来ても柳に風の吹き流し

遠くなる気かホントニソウダワネ

チヨイト切れる気か

惚れたのを見込んでじらすのかダガネ

丸橋が(ほり)の深さは幾尺と

計るところへホントニソウダワネ

チヨイト伊豆(いずの)(かみ)

 知られちやならんと千鳥足デモネ

──くずし唄、大正七年頃流行、『明治年間流行唄』

 

べんなんす節

「べんなんす」とはベリーナイスのいかにも江戸語的な表現である。

【例歌】

べんなんす

♪べんなんす〳〵と異国の人に、あなた様じやと手を下げて、べんなんす、しうらいす。

──流行唄、文久頃流行、『はやり唄変遷史』

 

豊年踊り唄 ほうねんおどりうた

明治十年から数年間、東京の市中にはやった集団踊り唄。

すでに天保年間、最初の「豊年踊り唄」が流行し、その第二次流行期に当る。「豊年じゃ、豊年じゃ」と唱歌しながら女装し、盤台に盛ったおこしを売り歩く行商集団がこれをはやらせた。中村座の立役者、中村寿三郎も所作事で踊りを演じ、大当たりを取って流行に拍車をかけた。その後三十年ほどたって再流行している。

【例歌】             

豊年やるせ節  ほうねんやるせぶし

浮気娘を臼餅につき、男見るたび一寸お(とも)へじや、このやるせがないわいな、足手(あして)でしつかり辛み餅、白粉(しろこ)がこぼれて幾代(いくよ)餅、このやるせがないわいな。

()(ごと)日毎にわしや主の事、かわい男に逢うた其夜さは、このやるせがないわいな、肉だか骨だかない、背中もしゃくしも鳴るやうだ、このやるせがないわいな。

──流行唄、嘉永二年頃流行、『はやり唄変遷史』

豊年粔籹踊唄 ほうねんおこしおどりうた

♪豊年ぢや豊年ぢや、法々法羅(ほほほら)の貝、一逐(いつちく)

多逐(たつちく)太右衛門さん、乙姫(おとひめ)さんはネ、(ちんがらほに追はれて)笑ふ声きけば、豊年ぢや豊年ぢや。

♪豊年ぢや豊年ぢや、ホツホツ法羅の貝、二つちく、三つちく、左右衛門ドンと乙姫さんが、朕が羅門に追われて笑う声聞けば、豊年ぢや豊年ぢや。

♪豊年ぢや豊年ぢや、ホ、ホ、ホーラの貝、いつちく、たつちく、太右衛門どんの、乙姫さアまがね、湯屋(ゆうや)で押されて、啼く声聞けば、ちんちんもがもが、おひやりこひやりこ、豊年ぢや豊年ぢや。

──踊り唄、明治十年頃から流行、『明治流行歌史』 

豊年踊りぶし ほうねんおどりぶし  

♪我国の御陵威かゞやく験にや、お米も沢山とれまして、我人ともに豊かなる、心のほどこそ嬉しけれ、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪主さんに、久方逢ねば唯恋しうて、世の目もさだかに眠られぬ、それにお前は浮気沙汰、苦労させるも程がある、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪十二時過に、ふつと目覚し主の貌、見ればスヤスヤ寝やしやんす、ほんに思へば私ゆへ、苦労しやんすが気にかゝる、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪胴欲な、聞へませんぞへ内儀さん、初手はお客で上げて置き今さら()くとは()(ごい)ぞへ、逃ても添ふ気になるワイナ、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

 

♪十二時過ぎに、重ね草履で廊下をば、バタバタ小股に走り寄り、障子ガラリと引き明けて、オヤとニツコリ笑ひ顔、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪モシ主と、(たぶ)()る手にすがりつき、打ずに理由(わけ)を云しやんせ、客で出たときや斯うじやない、昔し逢ふ世を思ひだす、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪此方の人、お風呂召すなと蒲団きせ、着せたその手で揺り起こし帰すためには泊はせぬ、起て此方を向やしやんせ、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪何時しかに、三味線枕の転寝が、ふつと契りし二人中、引に引かれぬ中となり、いやに調子が狂ひ出し、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪つかの間も、苦にした眉毛剃り落し、これから妾しは主の女房(つま)、慣れし錦を脱ぎかえて、重い木綿の気のかるさ、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

♪主さんと、里をはなれし草の家に、二人が外は虫の声、すき洩るかぜに有明の、消えて嬉しき窓のつき、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い、

♪忍び足、切戸まで来て合図して、呼び出すものは人のかげ、暗いは二人の首尾なるか、但し夜抜の身支度か、コレワイサ、なんでもかんでも、もつて来い

──踊り唄、明治四十年頃再流行、『日本近代歌謡史』下

 YOU TUBE 

越中おわら節」は豊年踊り系の伝承芸能

 

YOU TUBE

 

きりこ節 *五箇山白山宮舞殿での奉納踊

 

細り節 ほそりぶし

〈ほそり〉〈保曾利〉とも。江戸前期に関東発祥のはやり唄であるが、いっぽう「西国順礼歌」起源説もある。

声と調子を細めて歌うことからこの名がついた。『淋敷座之慰』に収載されているところを見ると、一部は色里でもうたわれたようだ。

【例歌】

ほそ利 ほそり

〽ほそりのやれで、ところは大和のつぼさか、そのふしなほすな、みのゝたにぐみおしやれば、まことにのふさて、みのゝたにぐみ。

──流行唄、『守貞謾稿』巻二十三

[メモ] 詞から見て、元唄か淵源歌に近いものであろう。

昔ほそり むかしほそり

忍ぶ細道に、松と胡桃を植ゑまい、待てる其の身は、くるみでもなし。

──流行唄、『淋敷座之慰』(延宝四年)

八王寺ほそり はちおうじほそり

めでたきものは(いも)()(さふらふ)。茎長く葉広く、子供数多(かずおほき)に。

──流行唄、江戸前期流行、『はやり唄変遷史』

 

ぽんやん節 ぽんやんぶし

今もよく知られた童唄「山寺の和尚さん」の元唄。曲詞共ども調子がよいためか、以後の亜流や替え歌が続出している。

【例歌】

ぽんやん節 

山寺(やまでら)の和尚さんが、猫をかぶくろに包んで、ぽんと蹴りやにやんと泣き、ぽんと蹴りやにやんと泣く、ぽゝんぽんと蹴りや、にや〳〵んにやんと泣く、ぽんやん〳〵。

──俗謡、安政三・四年頃流行、『はやり唄変遷史』

YOU TUBE

 〔ぽんやん節替え〕 やまでら            ダークダックス唄

山寺の和尚さんは、鞠は蹴りたし鞠はなし、猫を(ちやん)(ぶくろ)にどし込んで、ポンと蹴りやニヤンと鳴く、ニヤンニヤンと鳴きや山寺の。

──現代の替歌(なぞり)

[メモ] 当初は〈ポンヤン節〉として、京都の落語家桂新吾が新京極の寄席で広めたのが走り。上記ダークダックスのものはジャズ風リバイバル歌謡である。

 ♪山寺の和尚さんが… ブログ「旧道倶楽部」

 

街芸唄 まちげいうた

近代、市街地のありふれた風物等を滑稽に描いた唄。

子供だましのような歌詞ながら、寄席などからヒントを得て作られることが多いという。

【例歌】

やしよめ節 やしよめぶし 

(にわか)夕立(からかさ)と、梅の(つぼみ)恋路(こひじ)(ふみ)は、開くその間を待ち兼ねる、やつしよめ〳〵。

〽かわいがられた竹の子も、今は掘られて割られて、桶のたがにつゝぱられしめられた、やつしよめ〳〵。

──小歌、文政十一年頃流行、『小唄の衢』

眼パチパチ まなこぱちぱち        竹石夢村詞

(ぎゆう)屋の二階で ポント手をたゝきや

付けが二円で 懐中にや五貫 

斯んなに食ふのじや なかつたと

牛鍋ながめて 眼パチパチ。(元唄)

♪日々谷パークを ウロツクコート

待てど暮らせど ラブは来ず

それなら来るのじや なかったと

鴛鴦眺めて 眼パチパチ

♪真の夜中に ふと目をさまし

どちら向いても 夜具ばかり

それならあがるじや なかつたに

天井眺めて 眼パチパチ 

──俗謡、大正七年流行、『眼パチパチ』(赤本)

 

まねき節 まねきぶし

往時、好色唄として天下に知られた「吉田通れば二階から招く」の元唄である。

【例歌】

まねき節 

〽お江戸育ちの(とし)(わか)(あね)さ、をゝい〳〵、色は(はや)川崎(かはさき)宿へ、ぢるい物じや物ぢやへ。

〽吉田通れば二階から招く、をゝい〳〵、髪は洗ひ髪黄楊(つげ)の櫛、(すい)な物じや粋な物じやへ。

──俗謡、天保四年頃流行、『はやり唄変遷史』

 〽吉田通れば二階から招く と唄われた千姫

 

京はやり節 みやこはやりぶし

延宝の頃、京生まれの一節だが江戸に移入してはやった。

気品ある上臈(じようろう)に対し江戸者が抱いた憧れがあったのであろう。

【例歌】

京はやり節 みやこはやりぶし

〽花見車を引きやるはよいが、酔うた振して、手を取るな、やれ、手を取るな、御所の女臈(じよろふ)(しゆ)の手を取るな。

──流行唄、寛文・延宝年間頃流行、『はやり唄変遷史』

こんたん節 こんたんぶし

一つとや、一つのこんたんやるはまた、一人娘のお染こそ、子飼の丁稚久松と、こんたんねらしてしめ油、さんやれ。

二つとや、二つのこんたんやるはまた、文をもとどかず顔も見ず、きゝしにまさる比叡(ひえ)の山、にほてるこがれた(ちご)(ざくら)、さんやれ。

三つとや、三つのこんたんやるは又、三輪の里から跡追ふて、見合す求女(もとめ)(たちばな)に、つのも出さうな妹背(いもせ)山、さんやれ。

──流行唄、文政五年頃流行、『はやり唄変遷史』

 

物狂唄 ものぐるいうた

演劇用語「物狂」とは、失恋の痛手や憑き物の影響を受け、人(とくに女)が乱心して乱舞など異常な行動に走ること。これらの状態をうたった歌謡を指し〈物狂い唄〉と称している。

多くは雑能の物狂いからその発想が歌謡に引き継がれている。

【例歌】

女猩々 おんなしようじよう 

うかむせはじんようの江の小さかづきかずかさねても色かへぬ「松のくらゐのいつまでもおいやせぬ〳〵じょろうのなをもきくの水「大さかづきもうかみいでゝのめどもつきず変らぬはきりころからころおもしろや、みきときく〳〵名もことわりや秋の夜の「ふけどもさらにさむからぬは身あがりのみのことわりや、ことわりやしら菊のきせ綿ならで白粉(おしろい)のめんしよくはさらに変らぬは「宵のけは日の熊もなきところはじんじやうのかねきくまでのさかもりにしやう〴〵まひをまはうよ「くしのはのふえをふき浪にはあらぬ舌つゝみうつゝかゆめかそれかあらぬかみだれあし、をりしも(もみ)のうら風に秋のしらべやのこるらん「ちぐさの冬枯れに雲のあなたに春や消えて、風にとびかふゆきの花ちり〴〵たゞよふきみが袂につもるはおもひちゞに心はみだれて「みだれさかづきかどふれば宵からまいたくだかけの「こえもばら〳〵明けかかゝるさかぼしますぼしに「さけのいずみのよもつきじ〳〵万夜(よろづよ)さふけの床とれば「ふとんにはひたつあしもとはよろ〳〵と、よわりふしたるまくらのゑひの、さむると思へばてうしはそこにさめやらで、あたゝめ酒のかんなべにぱつとさいたる酒中花を散らすなよそへ。

──本調子・三下り地歌、安永年間成、『新大成糸のしらべ』

 

YOU TUBE

 

女物狂 *沖縄の地謡組踊り

猩々 *ザ・わら

 女猩々 河原崎国太郎演

 小袖物狂 こそでものぐるい

恋よ恋、我中空になすな恋、恋風が来ては袂にかいもつれ、思ふ中をば吹き(わく)る、あら心なの嵐に連れて、裏吹き返す形見の小袖、見るに思ひの増す故にこそ狂はすれ「狂ふは誰そや我はそも、阿部の保名がが安からぬ、胸に迫りし数々よりも、何処(いづく)を指して和泉路や、寄る辺の水に泡沫(うたかた)に、漂ふ姿乱れ髪、素襖袴踏みしだき、浮かれ歩くぞ(うつつ)なき「夢にも更に、紫蘭芙蓉の花の(かほばせ)容姿(すがた)は及びなき、吉野初瀬の遅桜、更科越路の月雪も、眺めは遥か下照(したてる)衣通(そとほり)、神の(えにし)の榊とは、我が恋人の仇し仲、仇な契りの言の葉を、思ひやるさへ悲しけれ「更け行く鐘も別れの鳥も、独り寝る夜はさあらぬものを、柳の糸の乱れ心、何時(いつ)々々(いつ)忘りよ、何時の春風花のえん、花のえんや、稀に逢ふ夜は寺々の鐘、撞くに寝られぬいとゞ寂しき旅の空「()さの泊りは何処が宿りぞ、草を敷寝の肱枕々々、はしごの〳〵幕の内、昔恋しき面影や、移り香の其の睦言(むつごと)の露深く「立ち寄り見れば(をぎ)(すすき)、尾花交りに招く手を、払ひ退けては彼処(かしこ)に茂る榊の枝に形見の小袖打ち着せ、あれ〳〵〳〵枝にゆかしき人は見えたり、嬉しやとて、(のぼ)れば榊の枝は、身を通し、愛着(あいぢやく)は胸を焦す、こはそもいかにあさましやと、せんかた涙に伏し沈む。

──上方地歌、『琴線和歌の糸』(延宝四年)

伊予節替え いよぶし/かえ

あくび仕ながらかゞみに向ひ「しんきながらも一人ごと「親をうらむじや。わしやなけれども。ようもこんなにぶさゐ。くないかに夜なべに。したとてもあんまりむごいどうよくな。とりわけ。はなのひらゐこと。これぢやほれてのないはづよ。是非がない。

──替唄、『粋の懐』初篇(文久二年)

 

[メモ] 醜女に生まれた嘆きを親にぶつけている。両親の「夜なべ」仕事で出来たという恨み言が、滑稽を通り越し哀れを誘う。

 

奴さん やっこさん

〈奴さんへ節〉とも。願人坊主が門付けて広めた唄を、明治後期に東京の寄席で芸人等が踊り唄に仕上げ大流行した。大人の真似をして子供たちも口ずさむほどであった

 奴凧 縁起物

【例歌】

YOU TUBE

 奴さん やつこさん         藤本二三吉唄

♪奴さん何方(どちら)へ行くヘ、旦那迎に、さつても寒いのに供ぞろひ、雪の降る夜も風の夜も、お供はつらいねえ、いつもお供さんは高裾折(たかばしより)、それもさうかいな(元唄)

♪姉さんほんかいなアへ、後朝(きぬぎぬ)の言葉もかはさず翌日(あす)の夜に、裏の窓には(わし)一人、あいずはよいか、首尾をようして逢ひに来たわいな、あゝゝ、よいせありやせこりやせ、それもさうかいなあへ。

♪娘さんどちらへゆく、学校へお稽古に、さつても若いに感心な、雨の降る日も雪の日も、稽古は辛いネー、いつも廂に髪結うて、それもさうかいな。

──流行唄明治四十二年頃流行、『明治年間流行唄』

 

俗謡〔類題物〕補遺

(心意気)

主と二人で ぬしとふたりで

主と二人で裏店借りて 世帯を持たば鍋釜へつつい 銅壺薬缶まで買い揃え それで足らずば 擂鉢(すり)()()切匙(せつかい)味噌(こし)俎板(まないた)包丁灰ならし そしていつきなますえ

──江戸小唄、江戸後期作、『小歌江戸散歩』

意気な世界は いきなせかいは 

〽意気な世界は。朝風呂に。湯豆腐から汁ちよつと霜けし。おりから表口(おもてぐち)。これはだんな。いたゞきませう。松竹梅で是でおしまひ。船が廻りました子供(こども)()よいかな。アレあぶなひ手々引いて。恋の重荷を肩にかけ。送られるのか送るのか。夢うつゝ。着いたところも(よし)やばし。登るつき地のかけかへうれしひ夕げしき。

──大津絵唄、江戸後期流行、『粋の懐』五篇

あの花が あのはなが           お葉詞

〽あの花が 咲いたそうだが 羨やまし さツと雨もツその時は (わし)も後から咲くわいな。

──本調子江戸小唄、安政四年作、『唾玉集』

[メモ] 近代、名うて清元の師匠として知ら

れた清元お葉が十八歳の時の作。「あの花」と

は、先に嫁ぐことが決まったお葉の友達のこ

と、梅雨に濡れて花咲く水仙に見立てた

 清元お葉

 (失恋)

 さざんざ

〽雨の降る夜に()が濡れて()ぞの、()そとおしやるは(ほか)(ごころ)

──流行小歌、室町後期流行、『竹斎物語』

[メモ] 「さざんざ」とは風にさわぐ松風の様を表した擬態語で、この小唄はかなりはやった。

浅間 あさま

〽恨みも恋も残りねの、もしや心の変りやせんと「思ふ疑ひ、晴らさん為の誓紙をば、なぜに煙となし給ふ、恨めしや「胸のほむらは夜に三度、「こちの思ひは日に三度、煙比べん浅間山、あれ御覧ぜよあさましや「邪淫の悪鬼は身を責めて、なう剣の山の上に恋しき人は見えたり、嬉しやとてよぢ上れば思ひは胸を焦す、こはそもいかに恐ろしや「花の姿もよは〳〵〳〵と、かしこに立ち、行かんとすればこゝに消え「あるかなきかの春の夜の、朧月夜にはかなくも、消えて形は失せにけり。

──二上り芝居唄・端歌、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

[メモ] 言い交わした男に裏切られ、誓紙まで焼かれて恨みつらみを投げつけた唄。地口に隠された女の怨念が聞えるようだ。

筑波山 つくばさん        多門庄左衛門詞

逢うは別れとかねては知れど、今朝の後朝(きぬぎぬ)何時(いつ)よりつらや、たまに逢ふ夜は飛立つばかり、どうかかうかと心のたけを、「言は〳〵と思ふてゐたに、(むすぶ)の神に見棄られたかわけもなや、今は命も絶えなば絶えね、住めば恨めし同じ世に、「とうがねの、茂右衛門女房はよい嫁子、「あれ見さいな、筑波の山の横雲、「横雲の下こそ(わし)が親里、里の勤めも何時か離れて心のまゝに、末の落葉(おちば)を誰か知る。 

──三下り端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

(執念)

井筒 いづつ    芳沢あやめ・大和屋甚兵衛詞

(つつ)井筒(いづつ)、井筒の水は濁らねど、交せし人は朧月、いる(かた)もなき我が思ひ、唯変らじと一筋に、寝ても覚めてもいとしさの、余りて洩れて憎うなる、墨と硯は濃い仲なれど、人が水さしや薄うなる、辛気〳〵〳〵水さしや人が、人が水差しや薄うなる、辛気その一念の付き添ひて、影に佇み、アヽ日向(ひなた)に藪ひくる〳〵〳〵〳〵と、苦しき胸のほむらの火、湧き来る水になう消えもせで、(はな)ちはやらじと取付けば、霞に隔つあさましや、少しはそれと思ひ知らずや思ひ知れ、足下(あしもと)はよろ〳〵〳〵〳〵〳〵と、弱りはてたる釣瓶の雫に、落ちて形はなかりけり。

──二上り芝居唄、元禄十三年作、『琴線和歌の糸』

[メモ] 謡曲の「井筒」から脚色。元禄十三年正月、京都早雲長太夫座初演「傾城善の綱」における所作事唄である。

乱れ髪 みだれがみ

()がかたの、思ひの(ねや)に通ひ来て、主は(たれ)(しら)(あや)の、(きぬ)(かとり)空炊(そらだき)も、くゆるばかりの乱れ髪、乱れ心を知らすべし、消息(たより)なければあこがれて、その数々の思ひの(たま)ふるとは人のよも知らで、露の憂き身の消えもせず、嵐の風に誘はれて、こゝ煮現れかしこには、立ちし姿のすつくりと、恋路を知らば一(こと)の、なげの情にかゝらんと、袖に取付き枕によりて、夢かと見れば夢ならず、(うつつ)に見ゆる女の一念、あるかなきかに立ち添ひて、夜はほの〴〵と閨の戸に〳〵、薫りばかりや残るらん。

──小歌、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

しやりしよ節  しやりしよぶし

〽一夜五両でも妻持ちやいやよ、妻の思ひが恐ろしや、大しやりしやりしやりしよ。

──小歌、文政八年頃流行、『小歌志彙集』

(情歌)

錦鳥 にしきどり

〽千代の色、変らぬ空と水茎(みずぐき)や、通ひ(くるわ)の輪のうちに、鳴らぬ()(はず)の紋それよ、(しづ)の小唄に茶は縁所、初音の床の海深く、波も越さじと誓ひし誓詞、行く末契る松山の、松にかゝりし蔦の紋、影と日向(ひなた)はおませんものを、流れの身にし恋草の、繁るしげのや(さかき)()の、神も知るらん()枕の、乱れ心の(うつつ)にも、嬉しさ絶えぬ錦鳥

──本調子端歌、江戸期作、『日本歌謡類聚』

[メモ] 遊女と客との紋所を掛け合わせ恋情をうたいあげている。きれいな内容の代表格。

うはきどうし うわきどうし

♪うはきどうしがついこうなつて、あゝでもないと四畳半、湯のたぎるより音もなく、あれきかしやんせ松の風

──端唄、幕末に流行、『江戸小唄の話』

[メモ] 後ろめたい気持ちを抱く好き者男女が以心伝心の風情をかもして佳作だ。

江戸づきん えどづきん         撫琴子詞 

人目しのぶのそでづきんうはきも、いまはほんになり、どてをしつぽり雪のさぎ、たゞひとり、かよひ来るどこやらの女郎衆が、可あいをとこをまつかいなすかね、こちらがしこなしはもはや、ごしんにすめぬやり、さらばわれらは帰りましよ、ならんぞへさりとはをとこぎの、あはゞどうしてかうしてとよすがも「ねむいめをしのぎ「なさけない程いやまさり、こちの心はさうじやないものをいなしやせぬ、風に柳のしほたれて、酒がとりもつ笑ひがほ、くぜつしらけて月の顔。

──三下り端唄、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] しんねこ気分を盛りあげるため、男女が睦言のやりとりで男女が互いの心のうちを探り合い。

(情念)

みだれがみ

〽すいたさくらやむめさへあるに、やなぎにうわきみだれがみ、なんのいけんをきこぞいな「すゑはようてもわしやきがすまぬ、つまらぬすゑのすいたどし、なんのいけんをきこぞいな「おもひつめてはよもひもかよふ、うきめを見せてもせかれても、なんのいけんをきこぞいな「いやなところでわしやはをそめて、すがたをかへてすみごろも、なんのいけんもきこぞいな。

──二上り端歌、江戸中期作、『新大成糸のしらべ』

 「みだれがみの女」与謝野晶子

[メモ] 「歯を染めて」とあるから後家上がりの尼さんか、かつての夫への情念をつのらせ、ご意見無用を叫んでいる。

かづき面 かずきおもて

迷ひ行く、時も違へず(うし)(みつ)の、秋風寒く身にしむも、嫉妬の念に晴れやらず、()な〳〵毎に恐しき、姿変れば心も変る、人はそれともいざ白絹に、鬼女の(おもて)を隠し持ち、庭のたまりの泉水に、映す姿は我が身から、ぞつと身の毛もたちまちに、穂に現るゝ糸薄、菊の(しげ)みを伝ひ行く、積る恨みの数々を、いつか晴らさん今宵の中に、思ひ知らせん思ひ知れ、逢ひ見し時は我ならで、枕は外に交さじと、言ひしも今は仇波の、水に映ろふ月さよが、馴染(なじみ)は遥か遅咲の、菊の実生(みばえ)の種蒔き残す、三月(みつき)四月(よつき)は袖でも隠す、最早七月(ななつき)あらはれ月よ、(くすり)祈念(きねん)でも()りるまいかいの、恨めしや此の世を去らば我一人、思ひ思はれ思ひの(かづら)、乱れ髪はらり〳〵はら〳〵、おそはれおそるゝ小車の、(めぐ)る因果は来る理苦しき此の身は「かつぎし面はその儘に、生れついたる二つの(つの)、おのれと動く如くにて、我が身もあきれてこは如何に、取るに取られずぬけども離れぬ執念の、迷動(めいどう)するこそあさましき。

──二上り端歌、江戸中期作、『琴線和歌の糸』巻五

[メモ] 心身ともに鬼女に化身した女が、去った男への怨念の深さをうたいあげている。

 鬼女〔『土佐お化け草紙』(作者不詳)〕

(抒情)

梅の月 うめのつき

〽うたがひの、雲なきそらや、きさらぎの、「その夕かげの、おりつるそでも「くれなゐにほふ梅のはながさ「ありとやこゝにうぐひすの、なくねをりしるはかぜに、はらり「ほろりとふるはなみだか花か、「花をちらすはあらしのとがよ、いやあだしのゝ、かねのこゑ。

──二上り手事物、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] 梅の花びらが散る風情を感傷的にうたっている。

あさねがみ           馬宥詞

あやめぐさ、ひかるるこころえてしがな「たれがためにと人とはゞ「のきのつまなるあさねがみ、あさかのぬまはにごるとも「ひとりすめりと、ひきやする。

──二上り・三下り端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] 遊女が馴染客に落籍(ひか)され妻となる感慨を歌っている。

(追憶)

をしのなごり         卜獅子詞

〽あたらよの、あけゆくそらにものおもふ、つゆのなさけに心のもみぢ、そめてにしきのちぎりもしばし「夢とちりてもそのおもかげに、いつの恋ぐさふゆがれて、をしのうきねにあはれをそへつ、しぐれ「〳〵したもともくちて、いまはうきよにそでなしはおり。 

──三下り端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] 世捨て人がオシドリを見て昔の恋の思い出に浸っている情景

 萩の戸 はぎのと          泉屋とよ詞 

〽秋萩の、花咲きにけり高砂の、尾上(をのえ)の鹿は今や鳴く、たゞ散りやすき紅葉葉を、風に任せて見るよりも、はかなきものは命なり。つひに行く道、かねては聞きし、昨日今日とは思はざり、朝露消えし世の中も、御法(みのり)の山に独り行くらん。

──三下り端歌、幕末作『日本歌謡類聚』

[メモ] 今は亡き親しい人の追憶をつづっている。

(嘆き節)

橋の霜 はしのしも

〽大こくの、板とめでにし身もちりよけの、くいても今はかへらぬみちにつねなきかぜのさわぐもつらや「かんごゑを、せめてはのこせかたみの霜に、おくらんいなば、いなばおくらんちかひのふねも「すゐのかへなのながれによせて、みつのかわせのわたりぞめ。

──本調子端歌、江戸中期作、『新大成糸のしらべ』 

[メモ] 世の中の無情を嘆き、死を決意して彼岸への旅路を思い入れている