江戸時代から幕末・明治までの庶民愛唱、類題雜載俗謡群を賑にぎしく集成

 

Ch.4  俗謡〔類題雜載もの〕

 

Ch.4 俗謡〔類題雜載もの〕 目録(五十音順) 108157


編笠節 有明節 維新小唄 浮れ草小唄 歌沢節 梅ケ枝 絵草紙唄 えつさ〳〵節 江戸小唄 江戸調 江戸都々逸 江戸端唄 江戸弁唄 縁かいな 加賀節 上方端歌 閑吟小歌 祗園の小歌 狂言小歌 元禄節 小唄 小歌 神戸節 これはちよいと節 小六節 さのさ節 四季物 新端唄 推量節 相撲甚句 ずんべら節 淡海節 佃節 都々逸とは 都々逸〔源流の唄〕 都々逸〔江戸流行〕 都々逸維新期〕 都々逸〔開化開港〕 都々逸〔近代作品の雑載〕どんどん節 長き夜節 二上り新内 猫ぢや猫ぢや 端唄 端歌 流行唄 流行節 ふぃとさ節 京の四季 昔節 紫節 よしこの節 よしよし節 

 

 

編笠節 あみがさぶし

天正から慶長にかけ江戸ではやった小唄の曲節の一つ。

ほとんどが短い詞から成り、一節切(ひとよぎり)(尺八の吹奏)に合わせてうたったとの説が有力である。また〈隆達節〉との重複唄も少なくないことからその派生唄別称であるとの説もある。

【例歌】

編笠節〔雑載〕 あみがさぶし/ざつさい

〽初夜かと思うた あはや別れの 六つぢやもの。

〽寝ても覚めても 忘れぬ君を こがれ死なぬは 異なものぢや。

〽濡れてこそ 帰らう君は 朝露に 我が袂も かわかぬものを。

〽鳥と鐘とは 思ひのたねよ とは思へども人によりかしこ。

〽見めがよければ 心もふかし 花ににほひの あるもことわり。

〽君もみるやと 眺むれば うはの空なる 月もなつかし。

〽ひとりもねけるもの ねられけるもの ならはしよの 身はならはしのものかの。

〽あすをも知らぬ 露の身を せめて言葉の うらやかに。

──小唄、慶長頃成、『編笠節唱歌』(高野辰之再編)

 

有明節 ありあけぶし

明治二十七年初夏にはやり始めた俗謡である。曲名は第一節の唄い出しから名付けられたが、「有明」という朝方暗明の雰囲気が人々の共感を呼び、付かず離れずの各詞とあいまって広くうたわれた。

明治四十三年頃に第二次の流行を見るが、同時に替歌も乱発した。大正に入ると寄席の高座で歌われ、さらに花柳界でもてはやされるなど、再々流行にいたる。

 江戸小唄の名花、小唄勝太郎

 【例歌】

 有明節〔雑載〕 ありあけぶし/ざっさい

有明の、とぼす油は菜種なり、蝶が焦れて逢ひに来る、もとをたゞせば深い中、死ぬる覚悟で逢ひに来た。

乱れ髪して膝枕、窶れ姿を見るにつけ、可愛や(わし)ゆえこの苦労、男涙がほろ〳〵と

♪今朝も羽織の綻びを、縫うて置けとは気が強い、厭な私に頼むより、好いたお方にたのまんせ。

♪雪はちら〳〵小夜嵐、表の格子をとん〳〵と、慈悲ぢや(なさけ)ぢやこゝ開けて、今宵逢わなきや凍え死。

♪あの時別れて今日までも、音信(おとづれ)たよりの無いにつけ、私が芸者の身でなくば、草の根分けても逢ひに行く。

──流行節、明治二十八、九年頃流行、『明治年間流行唄』

有明節 ありあけぶし

♪有明のともすあぶらは菜種なり 蝶が焦がれて逢いにくる もとをただせば深い中 死ぬる覚悟で来たわいな ハア ぜひとも ぜひとも

♪けさも羽織のほころびを わたしに縫えとは気が知れぬ いやなわたしに縫わすより 好いたあの娘に頼まんせ ハア ぜひとも ぜひとも

♪気やすめか だます心か知らねども けさの別れにしみじみと 辛抱せよとの一言が たよりなき身の力草 ハア ぜひとも ぜひとも

──流行節、明治二十九年流行、『日本近代歌謡史』上

 

YOU TUBE

 

有明節(小唄勝太郎)

 

維新小唄 いしんこうた

明治維新期にうたわれた小唄を集めたものを紹介しよう。

この時期の作品は、江戸小唄の粋を引いたものが中心である。しかし好むと好まざるとにかかわらず、維新という一大変動ならびに西欧文物移入の影響を受け、ときには詞の中に痛ましい葛藤を残しているものすら見受けられる。

【例歌】

扇拍子ないかいな  おうぎびょうしないかいな

一夜(ひとよ)明くれば、また気もかはる、花の眺めは梅やしき、初音(はつね)の一声(うぐひす)の、ほうほけきやうの約束は、実にうれしぢやないかいな

たまにあふ夜の、嬉しさつらさ、泣いて泣かせてたつた今、枕ならべてみはてぬ夢の、あれ鳥の声かねの音は、ままにならぬじやないかい 

ツがひ離れぬ、あのをし鳥も、浮寝なれとや隅田川、雪見の船のおきごたつ、積る話もしつぽりと、とけて嬉しじやないかいな

春も昨日(きのふ)と、はや牛島(うしじま)の、わかれわかれてこの頃は、うはの空なるほととぎす、おもはせぶりの一声は、実に憎いじやないかいな

秋はきぬると、気は紅葉(もみぢ)ばの、色に()でつつおとづれを、雁にたのみてまつち(やま)、ひとり思ひの(つま)()きは、実にしんきじやないかいな

──江戸小唄、幕末・維新期流行、『扇拍子ないかいな』(読売本)

 [メモ] 動乱のさなかにあって、隅田川遠近(おちこち)の四季を活写した小唄集。唄いやすいよう表記にも入念な推敲の跡がうかがえる。風流人の作であろう。

 紫くらすえ むらさきくらすえ

紫の、ゆかりの色やかきつばた、そめてなまなか物思ふ、あけくれ案じくらすえ。

早乙女の、菅笠(すげがさ)白き一(もん)()、女心の一筋に、あけくれ思ふてくらすえ。

世の中に、義理ほどつらいものはない、惚れてなまなかくよくよと、あけくれ案じくらすえ。

かはづ啼く、野中の清水ぬるけれど、()(ごと)の月は浮気じやと、あけくれ思ふてくらすえ。

──上方小歌、幕末・維新期流行、『明治流行歌史』

 

浮れ草小唄 うかれぐさこうた

文化・文政頃流行の小唄を集めた『浮れ草』(松井譲屋編、文政五年)は収載詞の内容が素直でケレンが少ないため、江戸期から昭和にかけ広く愛唱された。とくに遊里においては。

 『浮れ草』湯朝竹山人選、昭和二年初版

 【例歌】

 浮れ草小唄 雑載

〽久かた──久かたの、雨の降る日も雪の夜も、通ひ廓のわしゆへに、染てなまなか浮名たつ。

〽夢の手枕(たまくら)──夢の手枕つい夜が明けて、別れ多葉(たは)()の思ひの煙、思ふ(かた)へとなびきよる。

〽きぬ〴〵──心でかへし手で留て、いやなお客を無理(むり)(どめ)するも、泣いて見せるもそれ裏のうら、常に恨みし八幡鐘も、はやく告げよと思ふは今宵、(ここ)が苦界の真中(なか)かいな。

〽惚過し──いつか世に、通ひ(むすび)で内からせかれ、逢はぬ不首尾に遠ざかり、男の癖じやあろけれど、惚れたが無理かへ。

〽江戸っ子──すいといふては浮気らしいが、そふではなくて勢ひは、あゝつがもない一字千金松の魚、江戸といふわいな。

〽女文章──人目忍ぶ二人が中、解けて寐せとの睦言を、およしなんしは皆空事(そらごと)よ、あしくばくませ玉の(とこ)

〽鳥影──鳥影に(ねずみ)()きしてなぶられる、是も苦界のうさはらし、愚痴が呑ませる冷酒(ひやざけ)を、辛気辛苦のあゝ(しやく)(たね)

〽心意気──(からかさ)の骨になるまで通はにやならぬ、どうせ破れたこのからだ。すとゝんとんとおりる階子(はしご)真中(まんなか)ごろで、かへしともなや帰さにやならぬ。

──江戸小唄、『浮れ草』狭斜の衢(文政五年)

 

 歌沢節 うたざわぶし

弘化から嘉永にかけての江戸で最盛期を迎えた俗曲(端唄)の一派。

長唄や小唄など他の音曲から合成調音して大衆好みする一派(歌沢連)を樹立したが、詞そのものは端歌・小唄と共通するものが多い。定型化を嫌い自由奔放な唱歌様式が受けて、都々逸と並ぶ四畳半趣向に満ち、今日なお愛唱されている。

 始祖の歌沢さわの一番弟子、笹丸(旗本、笹本彦太郎)は安政四年、勅により歌沢大和大掾の栄誉を受け初代家元についた。 

【例歌】

歌沢 

〽露は尾花と寝たといふ、尾花は露と寐ぬといふ、あれ寐たといふ、寝ぬといふ、尾花が穂に出てあらはれた。

〽露のひぬ間の朝顔に、照す日影のつれなさは、あはれ一村雨のはら〳〵と降れかし。

──江戸端唄、『歌沢大全』(万延元年)

色気ない いろけない

〽色気ないとて苦にせまいもの (しづ)(ふせ)()に月もさす 見やれ(ばら)にも花が咲く。 

〽田植戻りに袖褄ひかれ 今宵逢うとの目遣いに 招ぐ合図の小室(こむろ)(ぶし)。 

(すすき)に残る露の玉 かしくと読んだが無理かいな。

──江戸端唄、『歌沢大全』(万延元年)

[メモ] ポット出の田舎娘が江戸生活での偽りない真情をうたう。第三節の締めが効いてほんわかとさせられる。「かしく」とは「かしこ」の昔言葉。

葛西太郎が洗鯉 かさいたろうがあらいごい

夕立や田を見めぐりの神ならば。葛西(かさい)太郎があらい鯉、「さけが長じてきつねけん。ほんに全盛(ぜんせ)なことぢやへ。ほりの小ぶねが。竹屋(たけや)の人〳〵と。呼子(よぶこ)どり。

──江戸端唄、『粋の懐』初編(文久二年)

[メモ] 原題は三下り「夕立や」小歌だが、幕末に江戸に入り歌沢化けしてうたわれた。

 鯉こく料理茶屋・平岩は「葛西太郎」の通称をもつ 広重画「江戸高名会亭尽 向島之図」江戸東京博物館蔵

蓬莱 ほうらい

蓬莱に 聞かばや伊勢の初便(はつだよ)り 恋の山田の一踊り 茶汲み女子(をなご)の前垂れに 結ぶ御縁の神垣(かみがき)や (あい)の山やま(こと)()も 所変れば品変る ほんに嬉しいけんしさん まあよう逢つたぞ()きなはれ 今宵忍ばばちょと背戸(せど)までござれ なあもし すかたんらしい 山田訛りの可愛いらし。

──江戸端唄、江戸後期成、『端唄大全』

[メモ] 伊勢の田舎詞をちょっとからかった長唄所作事からの出来。さすが歌沢、そのうたいぶりの奔放さを右の詞から汲みとっていただきたい。

 

YOU TUBE

 

哥澤「松寿千年」

 

梅ケ枝 うめがえ

〈梅ケ枝節〉〈たのむ節〉とも。小唄節の一つ。題名は近松門左衛門作の浄瑠璃「平仮名盛衰記」に出てくる遊女の名から採ったもの。源流は〈九連環〉だとされている。

また詞のもつ気の利いた俗っぽさが受けて、近世・近代にいくつも派生歌や替え歌が出来ている。たとえば〈さのさ節〉〈ホーカイ節〉などの大はやり唄は、これから生じた支脈である。

【例歌】

YOU TUBE

梅ケ枝 うめがえ *小唄勝太郎ほか

〽梅ケ枝の手水(ちようず)(ばち) 叩いてお金が出るならば もしもお金が出たならば そのときや身請けを それ頼む。

──小唄、近世・近代に長期流行、伝承

 

絵草紙唄 えぞうしうた

絵草紙の詞章に代わり歌詞を刷り込んだもの。あるいは一部に詞章入りのもの。

その多くは下種ネタを扱ったものだが、摺物職人の手にかかる比較的ていねいな絵柄と作りで、幕末から明治初期にかけ流通した。

【例歌】

よいしよこ節 よいしよこぶし

相撲は果てるし 相撲取りや帰る 跡に残るは 四本柱に 土俵に砂 手桶に ヨイシヨコシヨウ 塩と水合せ

──流行唄、弘化三年頃流行、『すまふとりぶし』

びつくりしやつくりこ 

〽夜いくさに いつきうち よことり ちやうすに はらやぐら いつもわぼくハとこのうち びつくりしやつくりこ

〽こん介が おさんを だまして はらませた うミ月前にて びつくりしやつくりこ

〽ごみのゆやの中 むきみとなまみの 入ちがひ ばんとう びつくりしやつくりこ

〽あだ娘 ぢぞうかほ こしハほつそりやなぎごし ぢごくときいて びつくりしやつくりこ

──流行唄、明治元年頃流行、『新ばん びつくりしやつくり節』(絵草子ペラ本)

 地本問屋 長谷川雪旦画「錦絵」

 

えつさ〳〵節 えっさえっさぶし

囃子唄に属する。嘉永に成った年表『和漢年数早見』の天保元年の条に、この唄が同年秋から流行した、とある。☞囃子唄

【例歌】

えつさ〳〵節 

〽秋の宮島廻らば七里よう、浦は七浦ななゑびす、よい〳〵〳〵えつさ〳〵、えつさつさ〳〵。

ると、よい〳〵〳〵、えつさ〳〵〳〵、えつさつさ〳〵。

──流行節、『和漢年数早見一覧』 (嘉永年間)

 

江戸小唄 えどうこうた

 単に〈小唄〉とも。江戸時代に江戸に発祥し江戸ではやった小唄の総称。

近代以降、小唄といえば〈江戸小唄〉をさすまでになった。江戸の風物人情を細かに描いてるのが特徴である。なお、上方での小唄の場合は、「小歌」と表記を変えて用いる慣わしになっている。        

以下、例歌はいずれも江戸後期・幕末に流行した江戸小唄の雑載である。

 【例歌】

お江戸名物 おえどめいぶつ

お江戸名物火事喧嘩 花の吉原五丁町(ごちようちよう) 張りと意気地の心意気 宵越の(ぜに)は持たねえ江戸つ子の 生れぞこない金をため 明日(あした)は明日の風が吹く 筑波ならいに富士おろし 昨日北風今日南風 財布はいつも空ツ風 何とかなるさ世の中は 運はそのひの風まかせ

『小唄江戸散歩』

葉桜や はざくらや

葉桜や 窓をあければ山ほととぎす 又も鳴くかと待つうちに「かつを(かつを)」オヤ勇みじやと飛んででる 浮気性ではないかいな

『小唄江戸散歩』 

大江戸の おおえどの

大江戸の 空に紅蓮(ぐれん)の狂い咲き 辻の太鼓に追われつつ ようようここに吉祥寺 吉三さま あれあれあれ あの(のろい)()を身一つに とがは覚悟の火喰鳥 (とう)(かつ)地獄にやかれても 焼き尽されぬ一念や お七緋鹿の子仇染の 燃えて色ます恋の花びら

『小唄江戸散歩』

[メモ] 俗に「お七ざんげ物」といわれているうちの一つ。

神田のなア かんだのなあ

神田のなア 鳶の若衆が勇みに勇んで鳶口揃えて ヤレ壊せソレ壊せ 向う奴はぶん撲れ 逃げる奴は構うなよ いやサ 男伊達だの ヤレコラサ 達引じやのと 云うちや妾を困らせる

『小唄江戸散歩』

忍ぶ夜 しのぶよ

〽忍ぶ夜はあちら向かんせお月さん、たまの御見ぢやになア、しんきらし

『江戸小唄の話』

ちるは浮き ちるはうき

〽ちるは浮き、ちらぬは沈むもみぢ葉の、影は高尾か山川の水の流れに月のかげ

『江戸小唄の話』

筆のかさ ふでのかさ

〽筆のかさ焚いて待つ夜の蚊やり火に、さつと吹きしむ涼風に、磯うつ汐のすゐな夜に、女浪男浪の女夫なか、寝つかれぬ夜は、なほ恋しうて、寝かさぬときを思ひやる

『江戸小唄の話』

草の葉 くさのは          河竹黙阿弥詞

草の葉に やどりし月も小夜風(さよかぜ)に 憎やこぼれてぱらぱらと 露の雫か 雫か露か 濡れて色増す野辺の色。

『柏葉集』

 

YOU TUBE

 

青柳の糸 *toyoshibakimi 

仇な笑がほ *立花家美之助

お江戸日本橋 *桃山晴衣 

芝で生まれて神田で育ち *若久よし

新小樽小唄 *小唄勝太郎

としの瀬や *桃山晴衣

雪はしんしん・明日はお立ちか」 *春日と

柳の雨 *小唄勝太郎

鑓は錆びても *桃山晴衣

 

江戸調 えどちょう

上方で流行した東調子、江戸調子の邦楽全般を指す(江戸から移入したものも含む)。なかでも歯切れのよい〈江戸小唄〉の風がもてはやされた。

立場を逆に、江戸ではやった上方調子は「上方調」といった。

【例歌】

夕立や  ゆうだちや

夕立や田を見めぐりの神ならば。葛西(かさい)太郎があらい鯉。「さけが長じてきつねけん。ほんにぜんせなことじやへ。ほりの小ぶねが。竹屋の人〳〵と。呼子(よぶこ)どり。

夕立や替え

闇の夜に吉原ばかり月夜かな。「そゝる店さき格子さき。くるかこないのたゝみざん。ほんにしん気なことじやえ。こうしにもたれて。向ふの人〳〵と呼子どり。

──三下り上方唄、『粋の懐』初篇(文久二年)

[メモ] 体言止を活用し、いかにも江戸調の歯切れ良さを表している。

 江戸の風姿で三味線を弾く女〔喜多川歌麿「江戸の花 娘浄瑠璃」〕

土手を通るは どてをとおるは

〽どてをとふるはもしやあいつじやあるまいか「いゝや「いゝやちがふたしぶ蛇のめ。あいがさのしつぽりと「アレはるさめがふるわいな。ぬれかゝるエ。さりとは気みじかな。ちよつと。〳〵。あふてもかへらんせ。

──三下り上方唄、江戸後期成、『粋の懐』三篇(文久二年)

お前前髪 おまえまえがみ

〽お前前髪きらしやんすなら、わしもとめましょ振り袖を、とめてなまなか親たちに、たとはゞ勘当受くるとも、さアしよんがえ、姉さん長持はいつくるえ提灯ともしていまくるえ

──本調子端歌、幕末に流行、『江戸小唄の話』

[メモ] 女子(おなご)が「振袖を止める」とは男と出来たことを意味し、嫁入り前の娘にとって勘当事であった。この歌詞は上方の作なのに江戸ではやった。

 

YOU TUBE

 

秋の夜は長いものとは *桃山晴衣

相撲甚句の名調子 *大江戸八百八町 花の

たもと *桃山晴衣

 

江戸都々逸 えどどどいつ

江戸で作られ江戸ではやった、いわば江戸っ子都々逸。

 都々逸は安政年間にはすでに短詩歌謡の定番になるほど人気を高めており、諸本に誰の作とも知れないものが現れては消えた。ちなみにどどいつの語源は、江戸言葉でいう「どどどどいつ、何奴(どいつ)じや何奴じや」をつづめたものとされている。

江戸は都々逸の本場であるだけに、〈江戸都々逸〉の数は数多あるが、そのうち代表的なもの三作を例として掲げてみよう。

 都々逸全般についてくわしくは、「都々逸各シリーズ」を。 

【例歌】

江戸どゞいつ えどどどいつ

身をも命も惜しまぬものを、なんの浮世や世の義理を

月のよいとてあてにはならぬ、主の心の袖が浦

──都々逸、安政六年頃江戸で流行、『小唄の(ちまた)

 江戸都々逸入り「時計の晩鐘」〔絵は鈴木晴信画〕

 さつき五月雨 さつきさみだれ

皐月(さつき)五月雨(さみだれ) (よもぎ)菖蒲(しようぶ) (わたし)やお前に(のぼり)竿(ざお)ええも惚れりや しよことがないわいな。

──三下り端歌、幕末に流行、『端唄大全』

[メモ] 字余りの一。向うッ気の強いおきゃんな江戸娘が、惚れた男に、わたしはあの竿の鯉幟ように上りつめてみせる、と紅い気炎を吐いている。

お江戸見たけりや、今見ておきやれ、今にや、お江戸が原となる。

──都々逸、幕末に流行、『明治流行歌史』

[メモ] 倒幕の機運につれて、武士の権威喪失と武家の凋落ぶりをうたっている。お膝元ががたついて明日をも知れぬ江戸っ子の、どこか投げやりな様子がうまく表現してある。

 

江戸端唄 えどはうた

文化・文政期(1804~1830)の江戸で円熟した、演奏時間一~三分程度の三味線小品歌曲を〈江戸端唄〉または単に〈端唄〉という。のち「歌沢」や〈小唄〉を生み出した母体でもある。発祥は〈隆達節〉とするのが定説である。

長唄などのように劇場や花街用の音曲とはいささか異なり、江戸端唄のほうは家庭でも気軽に口ずさめる庶民性が受けた

【例歌】

YOU TUBE

 

梅にも春 うめにもはる       藤本二三吉唄

〽梅にも春の色添へて 若水汲みか車井戸 音もせわしき鳥追や 朝日に繁き人影を もしやと思ふ恋の欲 遠音神楽や数取りの 待つ辻占やねずみ啼き 逢うてうれしき(ささ)機嫌 濃茶ができたら上りやんせ ササ持つといで

──江戸端唄、江戸後期作、『江戸端唄集』

YOU TUBE

秋の野に あきののに        桃山晴衣唄

二上り「あきの野に出て七草見れば サアヤレ「露とこづまがみなぬれる サアヨよしてもくんなおにあざみ

──江戸端唄、江戸後期作、『江戸端唄集』

めぐる日 めぐるひ

めぐる日や。はるが近いとて老木の梅が 「わかやぎてそのしほらしや〳〵「かほりゆかしと「まちわびかねて「さゞなきかけるうぐひすの。きてはざこ寝をおこしつゝ。さりとは気みじかな。今帯しめていくわいな。ほうほけきやうの人さんじや。

──本調子端唄、『粋の懐』初篇(文久二年)

[メモ] 鶯は「ほうほけきょう」と啼くことから、経よみ鳥の異名がある。これで〆がだんぜん生きてくる。

われが住家 われらがすみか

われが住家はかくれ里、猫が三味ひく鼠がうたふ小唄の面白や、それを思へばやつこらさ、浮気思はくさゝ船にのせて、楫をまくらに寝てこがりよしよんがえ

──江戸端唄、江戸後期作、『江戸小唄の話』

[メモ] 身近な動物達には唄をうたわせるという、童話風な発想が楽しい。

江戸端唄〔雑載〕 えどはうた/ざっさい

〽小町おもへば照る日も曇る「四位の少将が涙雨九十九夜さでござんしやう仰せにおよばずそりやそふでのふてかいな御所車にみすをかけたかへこちやそとばに腰かけたヱヽヱヽばゝじやエ。(本調子)

〽待乳しづんで新地のはなよ同じはなれぬ浪枕しんに逢ふ夜は身にしみ〴〵とこゝが苦界じやないかいな。(本調子)

〽花の曇か「遠山の雲か花かは白雪やなかをそよ〳〵吹「春かぜにうきねさそふやさゞ浪の「爰はかもめも都鳥扇拍子のさんざめくうちやゆかしき内ぞゆかしき。(本調子)

〽我しがサ国さで見せたいものがむかしや谷風今伊達(だて)もやうゆかしなつかし宮城のしのぶ浮れまいぞへ松島(ほとり)しよんがへ。(二上り)

〽雪は巴に降りしきる屏風を恋の中立で「てふとち鳥の三ツ蒲団「もと木にかへるねぐら鳥まだ口青いじやないかいな。(二上り)

──江戸端唄、江戸中・後期流行、『江戸端唄集』

 

江戸弁唄 えどべんうた

詞の中に明らかに江戸訛や江戸語の表現が含まれたものをいう。

 江戸弁がポンポン飛び出す旦那のなり 季刊誌『はいから』HP

【例歌】

YOU TUBE

花の雲 はなのくも         高松 良孝唄

〽花の雲かねの音はたしか上野かあさくさかあげまきの助六がゆかりのはちまき黒小袖ふたへまはりのくものおびとづまへひとつさげまさのげた尺八蛇の目傘こいつはまたなんのこつた江戸の花富士筑波まげの間から見えすくのがあはかづさめうでんすなはなのあなやかたぶねけこまれるなつがもねへ。

──江戸端唄、江戸後期作、『巷歌集』

江戸の人 えどのひと

〽江戸の人 (あずま)言葉と自慢が可笑し 女子(おなご)のくせに何ぢややら 馬鹿な(つら)だのべらぼうだの 頓馬間抜が洒落(しやれ)るなど 面見やがれと(はした)なく 男なりけり(とり)がなく 東言葉を京加茂川で 洗つて見たい京の水

 [メモ] 次の作と掛け合いで対になってい る。

京の人 きようのひと

〽京の人 都言葉と自慢が可笑(おか)し 男のくせに何ぢややら そうぢやさかいの 行きんかの けたいな奴じやほておけの すこい小僧と生ぬるく 女なりけり都鳥 ありやなしやの隅田川 洗つてみたい江戸の水

──江戸端唄、江戸後期作、『小唄江戸散歩』

 

YOU TUBE

 

一心太助 江戸っ子祭り *舟木一夫

火消若衆 *舟木一夫

 

縁かいな えんかいな

例歌「四季の縁」(大阪の端歌)が明治二十二年頃に東京でもてはやされるようになり、〈縁かいな〉の題で一大流行を起こした。作詞作曲者の里朝自身が東京の寄席で歌ったのがきっかけという。しかし数次の流行を経て、あまりの人気に替歌・〈ブセネタ〉の類が数十種も氾濫した。 

【例歌】

四季の縁 しきのえん         徳永里朝詞

♪春は(ゆうべ)手枕(たまくら)に、しつぽり濡るる軒の雨、ぬれてほころぶ山桜、花がとりもつ縁かいな。

♪夏の暑さに涼み舟、すだれを上げて爪引(つまびき)の、仇な浮世のはやり唄風がとりもつ縁かいな。

♪秋のゆふべは隅田川、(つつみ)の茶屋に入相(いりあひ)の、鐘で手はづもたちまちに、月が結ぶの縁かいな。

♪冬の寒さに置炬燵(おきごたつ)、布団を縁のかけはしに、つもる思ひは寝て解ける、雪が結ぶの縁かいな。

──上方小歌、明治六年流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 春は吉野山、夏は隅田川、秋は琵琶湖上の月見、冬は我が家での憩い、それぞれ末尾を「縁かいな」の連れ句で結んでいる●明治二十二年頃、東京公演の気をよくした大阪の里朝は東京へ引越し、東京の寄席でも第二弾「四季の縁」を高座にかけた●これまた爆発的な人気を得て、各節の結びの一語をとり「縁かいな」で通用するまでになった。

 京都の安井金毘羅様は縁結びの神

 縁かいな節 えんかいなぶし

♪春の夕の手枕(たまくら)に、しつぽりと降る軒の雨、ぬれてほころぶ山桜、花が結ぶの縁かいな

♪夏の涼みは両国の、出舟入舟屋形舟、あがる流星ほし降り、玉屋が取持つ縁かいな。

♪秋の夜長にしつぽりと、好いた同士のさし向ひ、晴れてさし込む閨の内、月が取持つ縁かいな。

♪冬の寒さに置き炬燵(ごたつ)、痴話が(かう)じて(せな)(せな)、布団が恋のなかだちで、雪が取り持つ縁かいな。

♪春の眺めは芳野山、峰も谷間も爛漫と、一目千本二千本、花が取りもつ縁かいな

♪空ものどけき春風の、柳にそひし二人連、目元互に桜いろ、花が取りもつ縁かいな。

──同右、明治二十一・二年流行、『明治年間流行唄』

♪ちらりと姿を三囲(みめぐり)の、仇し契りを(まくら)(ばし)、恋の闇路に(こと)(とい)の御茶屋が取りもつ縁かいな。

♪秋の月夜の共稼ぎ、夫婦仲ようあひづちの、拍子を取つて打つ(きぬた)、響きはトントントンかいな。

♪年に不足も内内(ないない)が、(うち)の嫁御の美しさ、姿に心かけ眼鏡、ほんに困つたちやんかいな。

──同右、明治二十一・二年流行、『明治流行歌史』

♪春の遊びも様々に、あげる凧からもつれごと、ついに意気地(いきぢ)のからみあひ、かかる電信線かいな。

♪色に出にけりわが恋は、上の句よみをよきしほに、つとさしよつて取りあげる、歌留多(かるた)が取りもつ縁かいな。

♪あんなにかのこを思ふても、そばまんぢうおこしたら、ようかんくづがりんきして、ふつくり(こが)したパンかいな。

 

♪多い一座のその中で、謎でさされた盃を、たしかに胸にうけとつて、眼と眼が飲み込む縁かいな。

 

♪選み出された議員さん、弁をふるつて義をするも、つまるところは国のため、よいとわるいの論かいな。

 

──流行節、明治二十三年頃流行、『流行縁かいな節』

 

YOU TUBE

 

端唄「えんかいな」 *藤本流秀益枝会

 

加賀節 かがぶし

万治・寛文頃に江戸祢宜町の狂言座で勘三郎座の役者数人がうたい広めた継節風はやり節。

元は金沢の加賀津なる遊女が遊客に伝授したため、この名が起きたという。天明期以前名古屋で流行した袖垣節が起源、という説もある。別に京浄瑠璃〈嘉太遊節〉の別名でもある。いずれにせよ加賀地方の民謡ではなかろう。

『松の葉』『洞房語園』『柳亭筆記』『若緑』あるいは『はやり唄変遷史』などいくつもの出典に例歌や記述が見えるが、いずれも内容に食い違いがあり正調加賀節の考証はむずかしい。 

【例歌】

加賀節 かがぶし 

〽勤めもの憂きひとすぢならば、とくも消へなん露の身の、日影忍ぶのよな〳〵人に、逢ふのを勤の命かな。

〽よしやわざくれ、身は朝顔の、日影待つ間の花の色、恨みられしも恨みし人も、ともに消え行く野辺の露。

──流行唄、万治頃流行、『松の葉』

〽稀に逢う夜は、人目をつゝむ、せめて夢には、打とけよ、「とは思へども、夢も亦、忍ぶ御見(ごけん)を見し故か。

飛鳥(あすか)川とは、夢にも知らで、語り尽せし恥かしや、「とは思へども、川竹の、流れ勤むる身ぢやものを。

──流行唄、万治頃流行、『洞房語園』

〽よいよいよいよい、(あひ)(そめ)川に、水に一筆、杜若(かきつばた)、かきつばた、さりとは、かきつばた、水に一筆、杜若。

──流行唄、万治頃流行、『若緑』

 

上方端歌 かみがたはうた 

単に〈端歌〉ともいい、長唄に対応してできた言葉である。

「小唄」は元来、文化・文政期の江戸で流行した小品の三味線歌の呼び名である。他方、上方で独自に発展した三味線歌の小品(地唄)を江戸の小唄と区別し〈上方端歌〉と称した。小唄が爪弾きなのに対し、端歌は撥弾きであり、さらに曲詞が目立って短いのが特徴である。

【例歌】

火桶 ひおけ                       

〽浮名たつ 事の恥かし夜毎(よるごと)に 肌と肌とをあたためつ 思ひのままに撫でさすられて 寝覚めの(とぎ)に吸付け煙草 愛想もちよつと口説(くぜつ)ごと 煙管(きせる)で叩く癇癪(かんしやく)に 思ひ寄る辺の(ふみ)の数 肌身離さぬ年月(としつき)を 移れば変る飛鳥(あすか)川 花に寝取られ 夏はまた 時鳥(ほととぎす)めに見返へられ つい秋風と余所(よそ)に吹く 雪が(すい)だけ仲人して 逢はせてくれる嬉しさを 昔語りの(はり)火桶(ひをけ)

──端歌、『松の葉』(元禄十六年)

露は尾ばな つゆはおばな

露は尾ばなと寝たといふ。をばなはつゆと。寝ぬといふ。あれねたといふねぬといふ。尾花はほに出て。あらわれた。

──本調子端歌、江戸後期成、『粋の懐』四篇

[メモ] 人気筋の端唄で、江戸でも類歌がいくつも現れている。

朝妻船 あさづまぶね           英一蝶詞

〽仇し仇浪寄せてはかへる浪、朝妻船の恥かしや、あゝ又の日は、誰に契をかはして色を、〳〵、枕恥かし、偽りがちなる我床の山、よしそれとても世の中。

──端歌江戸中期作、『はやり唄変遷史

 「朝妻舟図」英一蝶画

 

閑吟小歌 かんぎんこうた

『閑吟集』は永正十五年に成った小歌集成(作者未詳)である。隆達小歌集と並んで、室町時代のはやり歌集の双璧をなしている。詞がまた、熱くて風流なのだ。

例歌としては載せないが、同書こんなさばけた詞もある。

 新茶の 茶壺よ なふ 入れてののちは  こちや知らぬ。

この語句を大雑把に注釈すると、「茶」「茶壺」はともに女陰の異名。「こちや知らぬ」の句は古茶の秀句(掛詞(かけことば))である。

【例歌】

面白の花の都や おもしろのはなのみやこや

〽花の錦の下紐は解けてなか〳〵よしやな。柳の糸の乱れ心。いつ忘れうぞ。寐乱れ髪の面影。

〽面白の花の都や、筆でかくともおよばじ、東には祇園・清水(きよみず)、落ちくる滝の音羽(おとは)のあらしに、地主の桜は散り〴〵、にしは法輪(ほうりん)嵯峨(さが)の御寺、廻らはまはれ水車の、臨川堰(りむせむせき)川浪(かはなみ)(かは)柳は水にもまるゝ、ふくら雀は竹にもまるゝ、都の牛は車にもまるゝ、野辺の(すすき)は風にもまるゝ、茶舂(ちやうす)引木(ひきぎ)にもまるゝ、げにまこと忘れたりとよ、小切子(こきりこ)放下(はうか)にもまるゝ、こきりこのふたつの竹の世々をかさねて、うち納めたる御代かな

──室町小歌、室町後期流行、閑吟(かんぎん)集』

閑吟集〔雑載〕

〽此の程は人目をつつむ吾が宿の〳〵。かきほの薄ふく風の声をもたてず忍び()に。なくのみなりし身なれども。今は誰をかはゞかりの。在明の月の夜たゞとも何かしのばん。杜鵑名をもかくさでなく()かな〳〵。

篠のしのやの村時雨。あら定め()のうき世やのう。

〽せめて時雨よかし。ひとり板屋のさびしきに 。

〽せめて思ふふたり。ひとりねもがな。

〽ひとり寝しよの憂やな。ふたり寝ねそめて憂やな独り寝。

──室町小歌、室町後期流行、閑吟(かんぎん)集』

 

祗園の小歌 ぎおんのこうた

享和頃、京都祇園ではやった小歌を滝沢(曲亭)馬琴が「祇園の小唄」と銘し記録に残している。

 曲亭馬琴像〔Wikipedia より〕

 【例歌】

 扇手拍子 おうぎてびようし

鎌くらのサアヨウ〳〵ヤレかちうの娘が月には九たんのサアヤレ月には九たんのはたをおりますサアヨウ

そのはたをサアヨウ〳〵ヤレついてさらしてこうやをたのんでサアヤレこうやをたのんでそめにやりますサアヨウ

かた先はサアヨウ〳〵ヤレむめのをりえだ三月さくらのサアヤレ三月さくらのさいたところをサアヨ 

上まへはサアヨウ〳〵ヤレしかのやつぶしうさぎのちよんちよとサアヤレうさぎのちよんちよとはねるところをサアヨウ

下まへはサアヨウ〳〵ヤレわしとおまへとおまへとわしとサアヤレだいてころんでねたるところをサアヨウ

──二上り流行唄、享和二年年頃流行、『羇旅漫録』上

[メモ] 馬琴はこの唄を「これは江戸にてしもつまおどりのふしに似たり」と註している。うたい出しから見て鎌倉節の派生唄である。

 

YOU TUBE

 

祇園小唄 *下谷二三子

 

狂言小歌 きょうげんこうた 

狂言中に見える小謡。

室町時代の謡曲・狂言のうち人気歌が多い。内容も機知に富んだものが目立つ。

【例歌】

狂言小謡 きようげんこうたい

あら美しの女房や、あら美しの女房や、漢の楊貴妃李夫人、小野の小町は見ねは知らねども、あれほど美しき女房もありけるかや、あら、ほそ堪へ難やゝ。(節分)

綾の錦の下紐は、解けてなかなか由無(よしな)しや、柳の糸の乱れ心、いつ忘られぬ。(花子)

明日は出ようずもの、船が出ようずもの。おもたげもなくおよる殿御よ、およる殿御よ。(靭猿)

──狂言小歌室町末期流行、新狂言歌謡集

[メモ] 狂言小謡の典型例である。

狂言小歌 きようげんこうた

(おきやがり小法師 おきやがりこぼし)

京に〳〵はやる、おきやがる小法師、よい殿みれば、殿さへ見れば、やよは、合点か〳〵つい転ぶ。

(十七八 じゅうしちはち)

十七八は、竿に()いた(ほそ)(ぬの)、とりよりやいとし、たぐりよりやいとし、糸より細い、腰をしむれば、い、はあたんと猶いとし。

(掛川 かけがわ)

こゝをどこじやともし人問はゞ、此処は駿河の府中の宿よ、人に情を掛川の宿よ、雉子の雌鳥(めんどり)ほろりとおといて、うちきせせてしめて、しよのしよのいとしよの、はあ、そゞろいとしゆて、やるせなや。

──狂言小歌、流行年代未詳、『はやり唄変遷史』

 

YOU TUBE

 

鶴亀の舞 *狂言小謡

 

元禄節 げんろくぶ 

明治四十年頃に現れた元禄謳歌のはやり唄。

明治三十年代後半、世は元禄流行一色に染まった。たとえば三越呉服店では元禄模様の売出しを始め、友禅などに桃山風雅模様が目立つ。巷でも〈元禄節〉の口ずさみに沸いた。

 「元禄節」の母体、元禄頃の浮かれ風俗

 【例歌】

YOU TUBE

元禄節 げんろくぶし          法界節連中

〽坂は照る〳〵よ照る〳〵よ、坂は照る〳〵鈴鹿は曇る アイの土山雨が降るよ

〽吉田通ればよ〳〵吉田通れば、二階から招く 然も鹿の子の振袖でよ

〽千夜咲いても桜は花よ、一夜添ふても(じつ)妻は妻サ、恋しさに逢て嬉しや別れの実ほんま辛いね

〽花は色々五色に咲けど、主に見返る実花はないサ、恋しさに逢て嬉しや別れの実ほんま辛いね

〽忍び逢ふ夜はよ、逢ふ夜はよ、忍び逢ふ夜は唐崎かけて 雨となる夜の首尾を待 

〽大阪離れてよ、離れてよ、大阪離れて早住吉の 松が見えます、ほのぼのと

〽咲いて散らぬはよ、散らぬはよ、咲いて散らぬは万年花(おもとのはな)よ、主もあやかれアノ花によ

〽酒が言はするよ、言はするよ、酒が言はする無理とは日頃 合点しながら腹が立つよ

〽逢たさ六寸よ、六寸よ、逢たさ六寸見たさが四寸 それが積つて癪となるよ

──俗謡、明治四十年前後流行、『日本近代歌謡史』下

 

小唄 こうた

〈江戸小唄〉とも。〈小唄〉は邦楽の一種目名で、演奏時間が比較的短い爪弾き三味線曲。 

小唄は江戸時代、とくに文化・文政期(1804~1830)に流行の〈端唄〉から派生した俗謡で、江戸に生じた「うた沢」の直系とされている。いつぽう、豊後三流(富本・常磐津・清元)の曲中に端唄が取り入れられるようになり、さらに清元が芝居の舞台詞章としてもてはやされるようになると、艶冶(えんや)な場面には端唄を挟み込むのが慣いとなった。これを総称し「江戸端唄」ともいっている。

こうした背景から、端唄は歯切れがよく行儀のよい小品曲の風をそなえ、明治になると全国的通称の「小唄」という小粋な邦楽に生まれ変わった。ごっつい壮士節や社会批判に満ちた演歌、あるいは勇ましい軍歌などにもまれながらも、小唄は連綿とした江戸情緒を貫きゆるぎない存在を示したのである。幕末の作曲家では二世梅若、清元お葉らが、作詞者では平岡吟舟(18561934)らが寵児となった。さらに時代が下がると小唄も小粋な詞というだけでは物足りなくなり、詞に洒落や穿ちといった遊びの技巧が取り入れられる。

明治も末期になると、花街客のあいだで小唄がブームになり、軽やかで粋な曲詞へと磨きがかかる。政府高官や成金者らがきそって小唄をうなり、自作品を得意げに披露するといったお座敷光景が珍しくなくなる。お座敷歌の伴奏であるから隣室に気を使い、糸(三味線)も自然爪弾きとなる。

戦後一九五二年の流行語の一つに「三ゴ時代」というのがあり、ゴルフ・碁と並んで小唄も三大道楽の一つに加えられている。またラジオ演芸家の柳家三亀松(みきまつ)が、都々逸や小唄を披露し大衆化させた功績も見のがせない。

 YOU TUBE

十日町小唄」のテレホンカード〔竹久夢二画〕

 

ピヨピヨ節 *小唄勝太郎

 

小歌 こうた

室町時代に発達し流行した小品歌謡の総称。

「江戸小唄」をさす場合以外は、一目判別のため小歌と表記するのが原則である。

小歌の曲詞は、世阿弥(ぜあみ)(1443)伝書などに「小歌節」と見えるように源流は中世にさかのぼる。ただし詞や曲節が近世小歌に一歩近づき整ったのは、『閑吟集』(1518)や『宗安小歌集』(16世紀初頭成)の頃である。 

ここで小歌の発祥縁辺歌(江戸小唄が確立される以前の小歌)を例示してみよう。

【例歌】

室町小歌 むろまちこうた

 室町後期に発生し、近世小歌の基となった

民衆音曲の一群をさす。一節(ひとよ)(ぎり)などの伴奏でうたい、さらりとした詞が特徴である。

〽君を待つ夜は海士(あま)(かがり)() (あか)(がた)やなう明し兼ねたよ今宵 

世中(よのなか)(あられ)よの 笹の葉の()の さらさらさつと降るよの

〽俺は小鼓(こつづみ)殿は調べよ 皮をへだてて()におりやある 音におりやある寝におりやある

「松の葉」小歌 まつのは/こうた

『松の葉』は室町末期から江戸初期に流行した三味線歌謡の詞集で、里謡や遊里唄なども収めてある。詞は音曲に合わせて作られたものが大半で、小唄仕立の作も少なくない。

〽深山おろしの小笹(をざさ)の (あられ)のさらりさら〳〵としたる心こそよけれ (けは)しき山の九折(つづらおり)のかなたへまはり 此方(こなた)へまはり くるりくるとしたる心は面白 

〽とても立つ名に寝てござれ ねずみとも明日は寝たとさんだんしよ 花の踊をのう 花の踊を一踊

〽この程は恋ひとつ恋ひられつ 今宵は(しのび)の初でござり申よの さあいよいよへ 打解けて ゆら〳〵とお()れのうさ まだ夜は夜中よ しげれとんと君ざま さあいよへ〳〵

 

神戸節 ごうどぶし

化政期から天保年間にかけ、名古屋の熱田にはやった二十六字俗謡。

例歌出典の著者、高岡西遊鳧は〈神戸節〉を都々逸の源流歌である、と主張している。

 熱田神戸節の演奏風景〔地元びいきサイトより〕 

 【例歌】

 神戸節いろは(抄出) 

 

いろの恋のと扨やかましい人のせぬ事するじやなし

いちごそをふと二世迄かけててうしあわする三下り

今のおきやくに誠があればたてしはしらに花が咲

ろうかづたへにぬけてはきたがこすにこされぬかべひとへ

六十むくにでそわれぬ時は唐へいてなとそふてみしよ

はの字

花といふじでさかぬもくやしさけばみがなるはづかしや

はらが立つかへ是しき事にかほにもみじをまきちらす

橋のうへから文とりおとし水にふたりが名をながす

──神戸節、天保年間以前の作『江戸軟文学考異』

[メモ] 出典には「高岡西遊鳧編集」とあり、いろは順に相当数が載っている。

 

YOU TUBE

 

神戸節(ごうどぶし) *桃山晴衣

 

これはちよいと節 これはちょいとぶし

明治に大流行の〈紫節〉の起源となった唄。

〈これはちよいと節〉は同じ頃に発生した〈こりやこりや節〉とは姉妹関係にあり、こちらも囃子の変成が注目される。

【例歌】

これはちよいと節 これはちよいとぶし 

かほよ御前に恋慕をしかける、我つまならでつまなかさねん、これはちよいと無体なさよ(ころも)

娘心に親子はひかされ、山科(やましな)さして可愛力(かわいりき)()さんに、これはちよいと小浪は初の旅。

芝の泉岳寺に末世に残るは、忠臣鏡か、光りかがやく、これはちよいと忠義の仮名(かな)手本(でほん)。 

──俗謡、文政十一年流行、『小唄の(ちまた)

 

小六節 ころくぶし

慶長の頃、出は関西も江戸赤坂村在住の馬方、関東小六を歌った流行節。

彼はたいへんな美男で天下一の小唄上手だったという。三味線・琴・尺八いずれの伴奏でもうたえる二上り。ほとんどが後世の作であろうが、一部は小六自身が口ずさんだかもしれない。

 関東小六を演ずる中村芝翫〔豊国画〕

【例歌】

小六 ころく 

小六ぼつくり〳〵ついたる竹の杖ころく、もとは尺八、中はひうやりちやうやり笛ころく、末ぢや一筆啓上せしめ(そろ)、先度は御諚を下されたれども、ついしか返事も仕らいで、さて〳〵無沙汰に思ひまゐらせ候べく候とも書いてやれ筆のぢく竹ころく。

──流行節、慶長頃流行、『松の葉』巻三

〽ころく、生れは西の国、ころく育ちや、くわんとのそれ、誠にさて、武蔵野にすむな、小六。

──流行節、慶長流行、『守貞謾稿』巻二十三

[メモ] この歌詞にもあるように、ひなびた武蔵野の赤坂に住むにはもったいないような好男子だったのであろう。

小六ぶし 

〽小六ついたる竹の杖、本は尺八中が笛、末はしほゝんほんなあよをほん、筆の軸竹小六。

──流行節、『淋敷座之慰』(延宝四年)

 

さのさ節 さのさぶし

 単に〈さのさ〉とも。〈さのさ節〉は、〈法界節〉消滅のあとを継ぎ明治三十二年頃から昭和初期まで、長期にわたり愛唱された流行歌である。月琴を伴奏に使う明・清楽系の歌謡で、一節の終りに軽く「サノサ」という囃子が入る小粋さが受けた。

〈さのさ節〉は月琴を抱え流して歩いた貧乏学生がうたいはじめたという。法界節に比べより和風の哀調を帯びた曲詞。市井の人情を反映させた内容のものが多く、流行ぶりも十年ほどは他の追随を許さず第一位の座を占め続けた。また、現代の女性歌手何人もが〈さのさ節〉でのどを競い合っている。

 美空ひばり、姐さん姿で「さのさ」を唄う

【例歌】

さのさ節 さのさぶし

♪花づくし、山茶花桜か水仙か、寒に咲くのは梅の花、牡丹芍薬ネー百合の花、おもとの事なら南天菊の花、サノサ。

♪主さんに、とても添はれぬ縁ならば、思ひ切りましよ忘れましよ、とは言ふものゝネー心では、添ひ遂げたいのが身の願ひ、サノサ。

♪今しばし、文もよこすな便りもするな、(わし)の勉強の邪魔になる、軈て卒業のネー暁は、天下はれての妻ぢやもの、サノサ。

♪あなたそりや無理よ、二三日なら辛抱もしようが、一年二年の其の間、便りもせずにネー居られませうか、まして男心と秋の空、サノサ。

♪一年や、二年三年待つたとて、添遂げられすりや何のその、あゝら曾我の兄弟十八年目で、本望遂げたぢやないかいな、サノサ

♪人は武士、気概は高山彦九郎、京の三条の橋の上、遥に皇居をネー伏拝み、落つる涙は加茂の水、サノサ。

♪山吹の、花を一枝折りたさや、折らせませんぢやなけれども、いまだ莟のネー恥かしさ、咲いたら折らんせ幾枝も、サノサ。(中略)

♪これ迄での、縁と思へどそりや罪なこと、人目忍んで気苦労の、恥かしいことネー幾度か、あまり邪慳も程がある、サノサ。

♪振り上げし、拳の下に投島田、浮気稼業の私故、疑りしやんすもネー無理はない、早く結はして頂戴丸髷を、サノサ。

♪円髷に、結はるゝ身をば持ちながら、時節を待てとの仰せ故、今日の苦労もネーするわいな、晴れて添う日は何時の事、サノサ。

♪悲しさの、これが浮世か知らねども、同じ世界に住みながら、一つの月をネー西東、別れて見るのも今暫し、サノサ。

♪月の夜に、二人拝んだ十五夜の、晴れし光に顔と顔、変るまいぞへネー変らぬと、誓ひしこともみんな空、サノサ。

鬼灯(ほほづき)は、小さい時から指さしさゝれ、色付けや他人の手にかゝり、腹を抉られネー口吸はれ、末はふうふとなるわいな。

♪手をとりて、グツドバイよと二足三足、別れかねてはまた戻り、互に見交すネー顔と顔、何にも云はずに目に涙、サノサ。

♪何となく、切れてくれろと柔らかに、真綿で首の強意見、八千八声のネー時鳥、血を吐くよりもなほ辛い、サノサ。

♪と云うたとてネー、先は高根の花紅葉、私は渓の流れ水、いつか逢瀬のネーある事も、知れぬ中ではないかいな、サノサ。

♪浅草の、観音さんの仰には、必らず妻子のある人に、末の約束ネーせぬがよい、如何でも末は泣き別れ、サノサ。

♪朝起きて、手水遣うて鬢かきあげて、東方(ひがし)に向ひ手を合せ、主に災難ネーなけりやよい、倶にわたしも無事なよに、サノサ。

♪おぼこ気の、思ひ染めては中〳〵に、イトサツサ、思案に暮れてる胸の内、じれて襦袢をネー喰ひさいて、まゝにならぬとネー恨みごと、サノサ。

♪この頃は、憎らしいほど(うま)い口、イトサツサ、何処で覚えてお出でやら、嬉しがらせてネー迷はせて、又も私を遊ぶのか、サノサ。

♪うたゝ寐の、ちよいと夢の浮橋あと絶えて、渡りもやらぬ気のもつれ、解くにとかれぬネー髪ぐしは、今日もくよ〳〵物思ひ、サノサ。

時雨(しぐれ)たる、浅茅(あさぢ)が原の夕暮れに、二声三声かりがねの、便り待つ身のネーいかばかり、胸のうやむやもつれ髪、サノサ。

♪髪の毛に、そつと忍びし花吹雪、君が浮きたる心かも、たゞ物思ふネー夕まぐれ、梢にやどる月のかげ、サノサ。

♪身は一つ、心は二つみつたまの、流れに淀むうたかたの、とけば結ぶのネー仮まくら、なくか啼かずかほとゝぎす、サノサ。

♪つく〴〵と、主の優しさ思ひ出し、余所(よそ)の人にも同じこと、思ひまわせばネー待つ夜には、胸も苦しく寐付かれぬ、サノサ。

♪春雨に、二人しつぽり小座敷の、櫺子(れんじ)にのぞく梅の花、何をそねむかネー憎らしい、(わたし)やあの花主は雨、サノサ。

♪つき影や、草も露けき秋の夜に、まだ寐もやらでくよくよ〳〵と、庭の松虫ネー誰を待つ、もう寐たかとは憎らしい、サノサ。

♪紫の、色なつかしき燕子花、そめてなまなかくよ〳〵と、明暮れ案じてネー日を送る、君の来ぬ夜は亦苦労、サノサ。

♪月明り、見れば朧に船の中、粋な爪弾水調子、思ひ合うたるネー首尾の松、エヽ辛気ぢやぞへ酒の(ゑひ)、サノサ。

♪あすか川、かはる淵瀬の浪まくら、浮き寐の夢は結べども、寄る辺定めぬネー水鳥の、流れのまゝに任す身は、サノサ。

♪恋風の、身にそよ〳〵と懐かしく、一人寝る夜のその夢に、主と語らふネー嬉しさも、さめて恥ずかし枕紙、サノサ。

♪掻きたつる、閨の灯火影細く、待つに甲斐なき手枕の、何時か浪間のネー捨小舟、すまし顔なる夜半の月、サノサ。

♪苦説して、思はせ振なそら寐入り、明日はお立ちの身ぢやないか、仲を直してネーにつこりと、せめて逢ふ瀬を明しても、サノサ。

♪仇まくら、心ぢや泣いて居ながらも、白粉つけて紅さして、浮れ男をネー朝夕に、送り迎ふも身のつとめ、サノサ。

♪手をのべて、硯引よせ墨すりながし、何と書いたら届くやら、文の文句もネー後や先、しどろもどろの乱れ書き、サノサ。

♪ほんとうに、主の心が知れぬゆゑ、神に願かけ無理いうて、互に知つたりネー知られたり、なります様との朝まゐり、サノサ。

♪うしろから、羽織きせかけ引きとめて、宵の口舌の其内の、堅い約束ネー捨てぬやう、きつと来る日に来やしやんせ、サノサ。

♪身のためと、思ひ過して別れしを、それを疑ふ主さんは、末を案じたネー実意より、時のお世辞がよいかいな、サノサ。

♪もの云はで、啼かぬ蛍を笑はしやんすな、ほんに心も闇の夜の、草に宿借るネー露の身を、憎らしいぞへ夕あらし、サノサ。

♪むつとして、帰れば門の青柳に、くもりし胸も春の雨、又も晴れ行くネー月の影、ならば朧にしてほしや、サノサ。

♪君は今、駒形あたり時鳥、啼いて明せし胸のやみ、月の顔見りやネー思ひ出す、欄干(てすり)にもたれて独りごと、サノサ。

♪我が恋は、住吉浦の景色かな、唯あほ〳〵と待つばかり、待つは憂いものねー辛いもの、待つもまたるも世の習ひ、サノサ。

♪島影に、鼠なきしてなぶらるゝ、之も苦界のうさはらし、愚痴が飲まするネー冷酒(ひやざけ)も、君待つ身程アヽ苦の世界、サノサ。

♪又しても、妾を捉へて無理難題、困らせる気かじらすのか、実にお前のネー気が知れぬ、()つとも何とも仕やさんせ、サノサ。

♪逢いたさに、用なき(かど)を幾度か、通れど出て来ぬ性根なし、但し女房がネー怖いのか、さてもお前は二た心、サノサ。

♪八重一重、山もおぼろに薄化粧、娘盛りはよい桜花、嵐に散りてネー主さんに、逢うてなま中跡くやむ、サノサ。

♪青すだれ、遠音にひゞく尺八も、ゆかりの色やむらさきの、きりゝと〆たネー一つ舞、桜まばゆき高島田、サノサ。

♪人に浮名を立てられて、何んで添はずに居られよや、何処までもネーどこまでも、ぬしと一度は新世帯、サノサ。

♪鐘聞いて、今宵も顔を三囲(みめぐり)や、心も解けて隅田川、君を待つ乳のネー山越えて、更けゆく月に虫の声、サノサ。

♪我が恋は、雪の氷の日影とや、心一つを二筋に、三筋にかけしネー三味線の、糸も綾なす胸の中、サノサ。

♪晴れて行く、空で嬉しき冬籠り、小春日和のあたゝかさ、梅もいつしかネー帰り咲き、邪魔する風の止めばよい、サノサ。(中略)

♪勤めする身の果敢なさよ、間夫に逢ふのが楽しみに、座敷苦労のネーうさはらし、鳥渡一杯茶わん酒、サノサ。

♪竜田川、川辺に船とめて、未だうら若き娘気の、何というてネーよかろやろ、新規枕のそら寐入り、サノサ。

♪誰が見ても、久しくなりぬ住吉の、松の二本しげり合ひ、連理の枝をばネー打ちかはし、妹背の道は千代八千代、サノサ。

♪月の影、草も露けき秋の夜に、寐もやらで庭の松虫誰を待つ、折戸にそつとネー訪れて、もう寐たかとは憎らしい、サノサ。

♪書き送る、文もしばなき仮名がきの、示し合はせしかね言も、岩にせかれしネー浪の雪、とけし浪路の二つ文字、サノサ。

♪便り聞たさ遣る文も、主にこがれて夜もすがら、逢はぬ其夜はネー忍びなき、一寸聞きたい主の胸、サノサ。

♪つく〴〵と、思ふ夕べの葉桜に、雨のおとせし淋しさの、憂きを問ひくるネーほとゝぎす、啼けば濡れにし枕がみ、サノサ。

♪朧夜に、うつるゆかりの人影は、こいむらさきや藤浪の、はなれまいぞとネー(しからみ)も、身には気つまりな池の鯉、サノサ。

──俗謡、明治三十年頃第一次流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 明治四十年前後に再流行もここでは省略。次の再々流行へ。

 

YOU TUBE

 

さのさ *石川さゆり

さのさ *千本扇福

さのさ節 *市丸

 

四季物 しきもの

春夏秋冬の四季を連作とした歌謡の通称 

ことに近代は、古典歌(とくに有名な「(みやこ)の四季」)を模倣した〈四季物〉が巷に氾濫し、半ば揶揄を込めて呼ばれるに至っている。☞京の四季

 春夏秋冬は格好の歌謡素材に 「歌詞タイム」HP

【例歌】

四季〔元唄〕 しき

〽春の(ゆふべ)の手まくらに「しつぽりとふる軒の雨「ぬれてほころぶやまざくら「花がとりもつゑんかいな。

〽なつのゆうべのかわすゞみ「うちわの風ももどかしく「鳴かぬほたるが身をこがす「恋のやみではないかいな。

〽秋の夜さむが身にしみて「物をやおもふひとり寝の「やつれすがたを水かゞみ「月とかはれやぬしのかほ。

〽冬の夜ながにおきごたつ「ふとんがゑんのかけはしに「つもるはなしは寝てとける「ゆきがむすぶの神かいな。

──本調子端唄、『粋の懐』四篇(文久二年)

江戸の四季 えどのしき

〽春の日ながに「ぬしと二人が向ふじま「サヽ雪か。みぞれがふるわいな「ゆきじやござんせん。ちら〳〵と花がちる。

〽夏のあつさに「ぬしとふたりが夕すゞみ「サヽしょやか。遠寺のかねがなる「五ツ(しよや)じやござんせんほの〴〵と。あけの鐘。

〽秋の夜さむに「ぬしとふたりが見る月は「サヽ風か。木のはがまどをうつ「風じやござんせん。ほと〳〵と人がくる。

〽冬の夜なかに「ぬしとふたりがおきごたつ「サヽ(かり)が。かもめのこゑがする。かりじやござんせん。ちん〳〵と小夜千どり。

──本調子端唄、『粋の懐』二篇(文久二年)

四季の眺め しきのながめ      殿村平右衛門詞

梅の匂ひに柳も(なび)く、照る風に、桃の弥生(やよひ)か花見て戻る、ゆらり〳〵と夕霞、春の野駈けに(せり)(よもぎ)、積みかけたる面白さ「里の卯の花、田の()早苗(さなへ)色見えて、茂る若葉の影()ひ行けば、まだき「初音(はつね)(やま)郭公(ほととぎす)、一声に「花の名残を忘られで、(いへ)土産(つと)に語らばや「草葉色づき野菊も咲きて、秋深み、野辺の朝風露身にしみて、ちらり〳〵と村時雨(しぐれ)、よしや濡るとも紅葉(もみぢ)()の、染めけたる面白さ「野辺の通ひ路、人目も草も冬枯れて、落葉しぐるゝ木枯の風、峯の(すみ)(がま)煙りも寒し、降る雪に野路も山路も白妙(しろたへ)に、見渡したる面白さ

──流行唄、幕末流行、『上方演芸辞典』

[メモ] 二上り手事物。

気ままぶし きままぶし

〽春が気儘になるならば、柳に桜こきまぜて、いとしいお方と(なが)めたい

〽夏が気儘になるならば、蚊の無い里に住居(すまゐ)して、またの嵐にふかれたい

〽秋が気儘になるならば、紅葉(もみぢ)伽羅(きやら)をたきしめて、男鹿(をじか)(つの)がなかよかろ

〽冬が気儘になるならば、雪見に蛍こきまぜて、炬燵(こたつ)に柱がなかよかろ

──流行唄、幕末・維新に流行、『明治流行歌史』

四季の月 しきのつき

♪一 さきにおう、やまのさくらの、

花のうえに、(かす)みていでし、

はるのよの月。

 二 雨すぎし、丹羽の草葉の、

   つゆのうえに、しばしは やどる、

   夏の夜の月。

 三 みるひとの、こころごころに、

まかせおきて、高嶺にすめる、

あきのよの月。

 四 水鳥の、声も身にしむ、

池の(おも)に、さながら、こおる、

冬の夜の月。

──地方唄、明治十七年制定、『新編教育唱歌集』

四季エーゼ節 しきえーぜぶし

♪春は嬉しや、二人ころんで花見の酒、庭の桜に朧月、それを邪魔する雨と風、ちよつと散らして、また咲かす、エーゼ

♪夏は嬉しや、二人ころんで涼み船、風が悋気ですだれ巻く、恋の瀬川に棹立たぬ、ちよつと浮気が流れ行く、エーゼ

♪秋は嬉しや、二人ころんで月見の窓、いろいろ話を菊の花、しかと語らぬ主の胸、ちよつと私が気を紅葉、エーゼ

♪冬は嬉しや、二人相乗り、乗合車、転ぶとこまで雪見首尾、たがいに手と手をぬくめあい、ちよつと積る思ひの解る仲、エーゼ

──流行唄、明治三十二年流行、『流行新歌あだ文句』

 

新端唄 しんはうた

昭和一ケタ時代に生まれた呼称。文字通り、新時代に誕生した小唄、の意味である。

歌謡界では、内容は少しも垢抜けしてないにもかかわらず、曲名に「新」の一字を冠することで売り上げが伸びるというジンクスがある。

【例歌】

YOU TUBE

白頭山節 はくとうさんぶし        赤坂小梅唄 

国の御為(おんため)咲いたる桜

御国(みくに)に嵐の吹く時は

あゝ散れき()(きみ)勇ましく。

野辺(のべ)の若草刈り取られても

土に思ひの根を残す

あゝ忘れしやんすなその心。

白頭(はくとう)(やま)に積んだる雪は

解けて流れて鴨緑江(アリナレ)

あゝ可愛い乙女の化粧の水。

──流行歌、昭和九年発売、日本ビクターレコード譜

 赤坂小梅姐さん

 

YOU TUBE

 

さくら音頭 *小唄 勝太郎・三島一聲ほか

 

推量節 すいりょうぶし

明治二十年前後数年間、東京の寄席からはやり始めた俗謡。

同三十年近くになり、大阪の盲目色物師である西国坊明学がこれを看板芸にして関西に広めた。

【例歌】

YOU TUBE

推量節 すいりようぶし            〆壽唄

♪聞いたエー、アリヤ推量々々、聞いた意見は煙にもするが、チヨイト、サノヨヤサノサ、立つた、コラシヨ、浮名でジツ、胸こがす、ヨイヤサアノ、ヨイトサ、アリヤサー、コリヤサー、サートセ、セノエ、アリヤ推量々々

(以下、囃子略)

 ♪なさけ、知らずに戸をたてられて、かどにうろつくジツ夕つばめ、

 ♪私が思ひは、播州の名所、他に木はない、ジツ、君をまつ、

 ♪小石小石の、この鳥見やれ、鮎をくはえて、ジツ瀬をのぼる、

 ♪金の代りに、鉛の指輪、お前の小指に、ジツはまるまい、

 ♪余所で、むざむざ線香たいて、内でジツ、雷、落された、

 ♪退いてしまはにや、身が立たぬときは、為めを知つたる、ジツ、義理知らず

♪あとへかへらぬ、月日を数へ、先へ繰りこむ、ジツ、指のかず、

♪意見するよな、お多福は内、命とるよな、ジツ、鬼は外、

♪ゑんは異なもの、妾がふつと、ぬしに惚れたは、ジツ何があて、

♪惚れたお方を、横目で見ては、嫌な男の、ジツ、機嫌とる、(後略)

──流行節、明治十八年頃流行、『推量節』

推量節〔再〕 すいりようぶし

♪竹になア、アラスイリヨウ〳〵、雀はチヨイト、品よく止まる、サイヨササノサ、止めてコリヤサ止まらぬジツ恋の道、ヨウイヤサ〳〵、サイトアリヤサコリヤサアトセセノセ、アラスイリヨウ〳〵

♪浅いなア、アラスイリヨウ〳〵、川ぢやとチヨイト、褄からげ、サイヨササノサ、深くコリヤサなる程ジツ帯を解く、ヨウイヤサ〳〵、サイトアリヤサコリヤサアトセセノセ、アラスイリヨウスイリヨウ

♪小石なア、アラスイリヨウ〳〵、小石チヨイト、河原の鳥見やれ、サイヨササノサ、鮎をコリヤサ咬へてジツ瀬をのぼる、ヨウイヤサ〳〵、サイトアリヤサコリヤサアトセセノセ、アラスイリヨウ〳〵

♪鯰サーアリヤ推量〳〵、だましてゴンサイとなれば、チヨイト、サイヨササノサ、又も、コリヤシヨ、地震でジツ元の猫、ヒヨウヤサアノ、ヨイトコサ、サイトアリヤサコリヤサ、サートセセノセ、アラ推量〳〵

♪君がエー、アリヤ推理用〳〵、(ゑくぼ)につい嵌り込み、チヨイトサノヨヤサ、僕が、コラシヨイ、身上は穴だらけ、ヨイヤサーノヨイヤサ、サイト、アリヤサー、コリヤサー、サートセ、セノエ、アリヤ推理〳〵

──流行節、明治二十一・二年流行、『推量節』

演歌推量節 えんかすいりょうぶし

綿布(けんぷ)ぐるみのいでたちで、洋語交りでペラペラと、やらかす顔つき大層だ、素敵に学問出来そだが、掛けた眼鏡は何のため、人に見られぬ青色で、下がった目尻の予防法、延ばしたお(ひげ)何の役、畑の案山子(かかし)ぢやないけれど、上辺(うはべ)ばかりのこけ(おど)し、手紙もろくろく書き兼ねて、かくのは何時(いつ)でも恥ばかり、推量してくれやるせない

──演歌、明治二十三年流行、『明治流行歌史』

 【例歌】

 ずんべらぶし  

権兵衛が種子蒔きや、烏がほじくる、三度に一度は追はずはなるまい、ズンベラズンベラ。

向うの小山(こやま)の、小松の()(かげ)で、十六島田が、出て来て()(まね)く、何かはさて置き、行かずばなるまい、ズンベラズンベラ。

──流行節、明治初期流行、『明治流行歌史』

ずんべらぶし替え ずんべらぶし/かえ

暴動がはぜだしや官軍がくり出す、西郷に桐野は手筈が間違ひ、(ぐん)()()ぐんぜら

──替歌、明治初期流行、『替え歌・戯歌研究』

 

相撲甚句 すもうじんく

幕末に発祥した都々逸と同じ二十六字構成の俗謡。ただし〈相撲甚句〉とは名ばかりで、実体は相撲とは関係のない卑猥なものが目立つ。それでいて庶民にとっては人気唄定番筋であった。

 本来の相撲甚句CD集成は人気商品

【例歌】

相撲甚句 すもうじんく  

〽アヽエー腹が立つなら如何なとさんせ、お前に任せた此からだ

〽アヽエー夫婦喧嘩と三日月様は、いつの間にやら丸くなる

〽アヽエー日蔭住居は身を落たれど、解ぬ思ひも雪だるま

〽アヽエー素根て見すれば心を添て、機嫌取る気の愛らしき

〽アヽエー色の恋のと言ふでは無いが、なぜか妾しの虫が好く

──俗謡、慶応二年頃流行、『日本近代歌謡史』上

角力ぢんく すもうじんく

♪拙者この(ちやう)に用事はないが、貴殿見たさにまかり来す、ヨイヨイヨイヤサ、アリヤリヤコリヤリヤコロリトセ

♪芝で神明湯島に杉の森、ここは両国はれの場所、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

(やぐら)太鼓(だいこ)にふと眼を覚し、明日はどの手で投げてやろ、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

♪角力に負けてもけがさへなけりや、晩に私がまけてやる、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

♪櫓太鼓にふと眼を覚し、今日は初日でまけられぬ、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

♪西は富士がね東は筑波、中を流るる角田(すみだ)川、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

(わづか)三巾(みはば)の布団の上で、ぬ死の生くるのちわ狂ひ、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

♪破れかぶれだかうなるからは、独を喰はば皿までも、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

♪べつちよしよべつちよしよ夜となく鳥は、頭(ゆが)んで耳なしよ、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

♪京で島原お江戸でよし原よ、うはきするがの二丁まち、アリヤリヤ、アリヤリヤセ

──俗謡、明治六年頃流行、『二上り角力ぢんく』

相撲甚句〔再〕 すもうじんく

相撲にや投げられお山さんには振られヨウ、投げたよう、枕にサソ(とが)はないヨウ。

相撲は取りたし関取戻るヨウ、あとにヨウ、残りしサソ四本柱に土俵の相撲ヨウ。

うちのかかアは火燵(こたつ)やぐらの四本の柱ヨウ、なけりやヨウ、ならない、サソあれば邪魔ヨウ。

──俗謡、明治中期流行、『明治年間流行唄』

 

YOU TUBE

 

相撲甚句 

 

淡海節 たんかいぶし

大正初期、浪花の喜劇役者志賀廼家淡海がうたい広めた民謡風俗謡。

「成金節」「よいしよこしよ」「左様(さよ)か」の三部構成という凝ったもの。とくに「よいしよこしよ」(替歌物)は大当り、本人はもとより観光地である淡海(琵琶湖)の名をも高めた。

 志賀廼家淡海

 【例歌】

 よいしよこせうぶし よいしよこしようぶし

〽すまふははてるし。すまふとりやかへる。あとに残るは。四本柱に土俵にすな手桶に「よいしよこしやう。塩とみづ。(元唄)

──二上り端歌、江戸後期作、『粋の懐』八篇

よいとこしよう節替え よいとこしようぶし/かえ

志賀廼家淡海詞

♪春が来たので空には絵凧 磯に岩蛸手長たこ お寺の坊さんヨイショコショ 長風呂の茹だこ

♪船を引き上げ漁師は戻る 後に残るのは艫と櫂 波の音ヨイショコショ 浜の松風

♪主のお馬に坊やが乗り手 手綱は私の紅だ好き 念が届いたヨイショコショ エ 駒むすび

♪妾のスーちゃんあの手が肥前 足が長崎気が馬関 背が肥後ヨイショコショ 心門司々々

──替歌、大正五年頃流行、『替歌・戯歌研究』

[メモ] スーちゃん=好きな人。恋人。

 

YOU TUBE

 

淡海節 *元井美穂

 

佃節 つくだぶし

江戸深川の妓楼ではやったご当地唄で都々逸風小唄。「佃」とは江戸隅田川河口に位置する埋立て漁師町の地名である。ちなみに佃煮の発祥地でもある。

夏の夕涼みに大川(隅田川)に屋根舟・猪牙(ちよき)舟を浮かべ、この〈佃節〉を弦唱すれば、その舟まで浮かれて走り出す、といわれた。

【例歌】

吹けや川風〔元唄〕 ふけやかわかぜ 

ふけや川かぜ、あがれよすだれ、中の小うたの顔見たや。

──江戸小唄、江戸後期以降に流行、『守貞謾稿』巻二十三

佃節〔維新期〕 

さんさしぐれかかややの雨が、おともせずきてぬれかゝる。

佃ばしから(ふみ)とりおとし、水に二人が名をながす。

しのをたばねてつくよな雨に、ぬれて通ふはにくからぬ。

つくだつくだといそいでこげば、しほがそこしでろがたゝぬ。

──都々逸風小唄、明治二年流行、『明治流行歌史』

つづきさわぎ佃よしこの つづきさわぎつくだよしこの

送りましよかおくられましよか、せめてしん地のはなまでも。

さみだれの、軒にからみしわしや根なし草、菖蒲(しやうぶ)(がたな)できれはせぬ。

──佃節くずし、明治二年流行、『明治流行歌史』

 佃節は佃島(東京都中央区)近隣の辰巳芸者(東京都江東区)が広めたらしい

 

都々逸とは どどいつとは

〈都々逸節〉とも。〈都々逸〉(「都々一」「ドド一節」「どどいつ」などとも表記)は江戸後期にその体裁を整えていらい、現代においてなお命脈を保ち続けている俗曲である。

都々逸の形式はは二十六音、音数で七七七五を標準とする。この二十六音というのは和歌短歌の三十一音、俳句の十七音とは、また一味違った韻律上のまろやかさをそなえている。つまり①うたいやすく、②覚えやすく、③韻律が細やかで、④適度の間が取れて、⑤作りやすい、という歌謡詞作上の必要条件をすべて満たしているのだ。曲調は本調子を本線とし、ときには二上り・三下りの調子を見せる。即興・裸像た・崩し・安こいり・字あまり・新内調などなど、変性展開も多彩である。

都々逸の人気を支えているのは、男女の情愛表現であり、(すい)な心の披露目(ひろめ)であり、時には鋭い時局批判の精神である。大人向け万人の情歌、という位置づけでは歌謡曲を凌ぐものがあると思う。その人気は現代なお衰えず、派手さはないが各地に結社・吟詠会が設けられ、ときには酒席での座興を賑わしている。

都々逸は初め、慶安年中に出た弄斎節を根源とする、というのが定説化している。やがて常陸生まれの民謡「潮来(いたこ)(ぶし)」を母体に、弄斎・潮来双方の形質を受け継ぎつつ西下した。途中、名古屋で地元の「名古屋節」と割りない仲になり、名古屋節の囃子(はやし)(ことば)「ドドイツドイドイ」から名付けられた、というのがもっぱらの説である。名古屋の熱田発祥説など異説もいくつか見えるが、どれもこじつけ色が濃く、信頼性の裏付けにも欠ける関西でしばし息ついた都々逸は、彼地で「好此(よしこの)」と呼ばれるようになったが、形態・内容ともすでに都々逸らしさをそなえていた。為永春水の『春色梅暦』は天保四年に刊行された人情本だが、そのなかに、

 都々一は野暮でも遣り繰りや上手 今朝も七つ屋で誉められた

とあり、「どどいつ」の名は意外に早くから普及していたことがわかる。

ここで都々逸坊扇歌(1805~1852)という都々逸節の開祖(開祖ではないとする説もある)である寄席音曲師を登場させよう。坊扇歌は若くして諸国を放浪し、浮世の辛酸を味わいつつ都々逸を広め国民芸能に引き上げた。美声でも鳴らした。頭の回転が速く機知に富み、謎なぞ解きの名人、あるいはトッチリトンの名手としての実績も残した人である。彼は放浪中の写生吟に託した名作、

 白鷺が小首傾げて二の足踏んでやつれ姿の水鏡

を残し、開祖とはいえないまでも、中興の祖たる資格は十分備えている。

 都々逸坊扇歌の石像〔茨城県常陸太田市〕

 ときに、都々逸のうち古典に属するものは過半が作者未詳である。いたずらに売名を目的としない、庶民演歌の心意気が底に流れているからであろう。

 なお細かいことだが、「都々逸」の表記では止めの句点()を省くのが慣例で、本書でもこれに準拠する。

《参考》

小寺玉晁筆

「おかめ買奴(カウヤツ)天窓(アタマ)でしれる、油つけずの二ツ折 此唄のシマイのはやし 其奴(ソイツ)殿(ドイ)奴者(ツジヤ)〳〵。

と或大一座の客の節、囃子けるが、大に興ありて(ヲカ)しかりければ、此唄(ウタフ)時には、必ず此囃子する事と成居しが、いつの程よりか殿々吃(どどともり)りて、ドヾイツドイ〳〵と成てより、浮世はさくさくと折返し囃子事とは成しと、翼楼老人の話にて、夫故誰名付るとはなくて、ドヾイツぶしとはいひ初しと也、其後とても色々と囃子は臨機応変にして、其壱つ弐つを爰にしるす、

──歌謡書、江戸後期成『どヾいつぶし根元集』

 

都々逸〔源流の唄 どどいつ/げんりゅうのうた

都々逸の源と目されている唄。

通説によると起源は一般的に〈弄斎節〉あるいは〈潮来節〉ということになるが、ここでは諸説にちなむ縁辺歌も含めて紹介しておこう。

【例歌】

逢ふてたつ名 あうてたつな        弄斎坊詞

〽逢ふてたつ名がたつなのうちか 逢はで立つこそ立つ名なれ(根源歌)

──流行節、慶安三年頃流行『守貞謾稿』巻二十三

YOU TUBE

潮来節 いたこぶし        美空ひばり唄

潮来出島の真菰の中であやめ咲くとはしをらしや(母体歌)

──古里謡江戸中期江戸で流行  巷間伝承

春好斎北秋画 「いたこぶし」

 名古屋節 なごやぶし 

ここは中島七里ゆきや桑名命あづけた主もある

──『守貞漫稿』巻二十三

名起こりの一ふし なおこりのひとふし

おかめ買ふ奴あたまで知れる油つけずの二つ折り

──『日本歌謡集成』巻十一

よしこの元唄 よしこのもとうた 

ままよ三度笠横ちよにかむり旅は道づれ世は情け

──巷間伝承

よしこの東調子 よしこのあずまちょうし

若松屋歌鶴詞

雁の文字さへ乱るるばかりとんで行くとのかへし書

江戸花女詞

釈迦も御ぞんじ内証咄し主と涅槃のときをまつ

──不云色(いはぬいろ)

[メモ] 両吟とも、よしこの江戸入りの後、東調子として売り出した出典(嘉永五年板)中の作。

よしこのバレ調子 よしこのばれちようし

歌は火男にその場いましてふかくなるのもいろのみち 「よしこのよしこのこれらもよしこの

むすめ十六またきくすりもおせばやげんでこができる 「よしこのよしこのかふずがよしこの

 ともに『とぼ計文句 よしこの婦し』下

 さんさ時雨の小唄かはり さんさしぐれのこうたがわり

さんさ時雨か茅屋(かやや)の雨か 音もせずして濡れかゝる

──『明治流行歌史』

 

YOU TUBE

 

名護屋帯 *閑崎ひで佳

 

都々逸江戸流行〕どどいつ/えどばやり

江戸で発展しはやった都々逸。

よしこの節・都々逸は天保の頃すでに短詩歌謡の定番になるほど人気を高めており、諸本に誰の作とも知れないものが現れては消えた。

【例歌】

どどいつ 雑載           

〽来てはちらちら思はせぶりな、今日もとまらぬ秋の蝶

〽嬉しまぎれについ惚れ過ぎて、あとで猶ます物思ひ

──都々逸、江戸作の雑載『明治流行歌史』

[メモ] 出典に「扇歌どゝ一節佳作」とある。扇歌は都々逸節の始祖であるにもかかわらず、自らの作品はきわめて少ない。この二作はさすが傑作、肩の力を抜いた自然体で情実を見事に吟じている。

 坊扇歌ガイド 茨城県常陸太田市

〽あきらめましたよどうあきらめた、あきらめきれぬとあきらめた

〽まゝよ三()(がさ)よこちよにかむり、旅は道づれ世はなさけ

〽おかめ(かふ)(やつ)天窓(あたま)でしれる、油付けずの二つ折(はやし)其奴(そいつ)殿()奴者(いつじや)〳〵

──『守貞漫稿』巻二十三

どゞいつ節 どどいつぶし

灰に書いては消す男の名、火箸の手前も恥かしや

人の手前は手管と見せて、実に惚れたで胸の(しやく)

 一筋とばかり思ひしあの朝顔も、いつか隣へ隠れ(ざき)

御声はすれども姿は見えぬ、ぬしは草葉のきりぎりす

 山で伐る木は数多けれど、思ひ切るきは更にない

主のたよりと(かど)打明けば、又も水鶏(くゐな)にたたかれて

──都々逸、江戸後期作の雑載、『小唄の(ちまた)

[メモ] 「どどいつ節」は初代扇歌が命名した呼称で、安政頃はまだ「よしこの」の名のほうが通りがよかった。

どゞいつぶし 

なにをうろうろはて下にゐや、おれも男だ胸にある

よしや川辺のわしや花いかだ、こがれあこがれ日をおくる

浮気鶯梅をばよそに、泊りあるきの(もも)(さくら)

 かんだうされても三味線まくら、親のばちかや三下り

あのやよしつねさんは、めつそふに身軽な義経さんで、舟を一さう二さう三さう四さうひよいひよいと八さうとび

 *字余りの異体吟。吟詠会などで余興に作られることがある。

ふつと目がさめ拍子木の音がするから、こいつはまたどこぞに芝居でもあるかと出て見りや時まはり

 *前傾に同じ。わざと稚拙に作ってみたのだろう。

朝がほのからむ竹をばひきはなされて、うつむきや涙の露が出る

*上句(五七七)は字余り。

なまじやさしい三つ葉のまよひ、しよてからじやけんなら惚れやせぬ

あややにしきの風吹くとても、なびくまいぞへいと柳

うらみますぞよ出雲の神も、そはさざたにんでおくがよい

はる(さめ)にふつと目がさめ聞くつめ(びき)に、おもはずぬれるまくら紙

あさ原のよれつもつれつもつれつよれつ、すえはほどけぬ中となる

 *上句字余り。

垣越しによその桜を散らせしばちか、今の苦労は心がら

ちる花を定めなき世と歌にも詠めど、咲かざなるまい春のかぜ

おもふほどおもふまいかとはなれて居れば、ぐちなやうだが気がもめ 

二世もかはらじ三世もかけて、おもひながらもこちの 

逢はれないとて女の情を、たてゝ見せませうあくまでも

運は天にある、ぼたもちや棚にある、栗柿は木になる、そして又いろ事は互ひの胸にある

思ひきらんせ木登りをさんせ、落ちて死なんせわしや知らぬ

紫は、着ては立派でをしだしやよいが、なぜかぬしに似てさめやすい

かねと紫はお江戸でできる、むらさきはさめてもきがのこる

たとへわたしがわるいにさんせ、おぶやだかろとぜつにかけ

今朝も二階で柱があたま、あいたかつたと目に涙

ほととぎす、そなたばかりが今朝きぬぎぬの、つらい別れはわしも泣く

おびとおびとのびやうぶを見せて、すえはかうじやとこもちずし

およびない身はつれない松に、降るも甲斐なきむら時雨

たまに二人で出ようとすれば、老まつ天にはかにかきくもり、大雨(たいう)しきりに降りしかば、マア空にもむね気があるものか

かべてこのごろいはんすことの、なさけまじりのきれことば

やがてかねつけおとなしづくで、わたしや内証のほかのつま

人もほめますわたしもほれた、たまにきづなは女房もち

おやもとくしん此身も承知、とかく年季がじやまになる

三全世界にたでくふ虫が、なけりややもめでくらすもの

おこしやかんしやくおこさにや眠る、たまにあふのにヱヽじれつたいねえ

ふりのよいのは五町の桜、あれもよし野の山そだち

なにばかな、人にじやうずがなにいるものか、ながく(この)(ちやう)にゐるじやなし

硯箱、またも取り出しなみだとともに、やせるまき紙さつさんせ

鳥が啼きや、そなたまでなきおりふさがせる、さほどかへすがいやなのか

世につれて、うきかんなんはいとひはせぬが、かはりやせぬかとあんじられ

なくもふさぐもじれるもおまへ、きげんなほすもまたおまへ

ぎり立てしては恋路はやみ夜、ほれりやたれしもむふんべつ

うたゝ寝のかほに見とれて枕にもたれ、くらうしてもよいと一人ごと

世につれて替はりやすきは皆人心、よもやと思ふてそなたまで

鳥なれば近くの森に巣をかけおいて、こがれなくのを聞かせたい

たしなめと、いつておくのになぜあさはかな、そなたのぐちゆゑたつうき 

いさむ中にみひとりでふそぐ、なぜといはれてにがわらひ

すみ染衣と身は定めたが、またもそなたにひかされて

おたが日に知れ地やならぬとつゝしむけれど、悪事千里で人が知る

屏風引きあけたもとにすがり、ぬしはそのままかへるきか

はらは立てどもまた分け聞けば、のろいやうだがさうかいな

腹が立つならなぜ沸けいわぬ、ないてうつむきやわかるのか

妹背山(いもせやま)にはおとりしことよ、文もやられずかほも見ず

そふ事扨おきあふ事さへも、ならぬこの身じやさつさんせ

はやくおまへを親にもあはせ、末をたのむといはせたい

──都々逸、幕末作の雑載、『明治流行歌史』

 

YOU TUBE

 

都々逸 まゝよ三度笠 *柳家三亀松

 

都々逸維新期 どどいつ/いしんき

明治に時代代りしても都々逸の人気は一向に衰えないばかりか、吟法に工夫を凝らした新作が生まれるなど隆昌の一途をたどった。

例歌は明治維新期の都々逸集より。わずか二十六文字の詞のなかで文明開化の激動、西欧化に伴う人心の揺れ動きが手にとるようにわかる。

【例歌】

維新都々逸〔雑載〕 いしんどどいつ/ざっさい

王政復古の浮世ぢやものを、吾儕(わがはい)ももと木へ返り咲き

蝦夷(えぞ)の果てさへ開拓するに、なぜにおめへはひらけない

広い宇内(うだい)欧羅巴(ようろつぱ)にも、おまへに見換へる人はない

──『漢語都々逸』

わたしや長靴お前はとんび、晴れて逢われぬ身の因果

ヘチヤな芸者も官員さんも、おなじ勤めの身の苦労

思ふお方は兵士にあたり、わづか三とせが百千歳(ももちとせ)

(よろい)(かぶと)は昔の武者よ、イマジヤシヤツポにつつツぽう

 苦労気がねを積み重ねたる、二等煉瓦(れんぐわ)の楽住居

 同じ人でもお客と車夫は、車へ乗す人曳かす人

 私が思ひは西洋床よ、結ぶに言はれぬ神いぢり

いきな(さん)ぎり小粋な坊主、一つべつつい(ふた)ごころ

惚れたエレキが感通(かんつう)なして、嬉しいごげんが苦の始め

合手(あひて)に写真を眺め、主と添寝をしたところ

新聞へ出された時には恨んでゐたが、かうなりや二人の結ぶ神

またかまたかと夢中になつて、欲に手を焼く米会社

──都々逸、明治四年頃流行『恋の辻占都々逸独り判断』

 恋の辻占稲荷せんべい 女陰を形どり膣部に丸めた占札(擬陽根)が挿し込んである。昔の人は粋な発想をしたものだ

♪蝦夷の果てさへ開拓するに、なぜにおめへはひらけない

♪広い宇内(うだい)欧羅巴(ようろつぱ)にも、おまへに見換へる人はない

──都々逸、維新期作の雑載、『漢語都々逸』

わたしや長靴お前はとんび、晴れて遭われぬ身の因果

ヘチヤな芸者も官員さんも、おなじ勤めの身の苦労

思ふお方は兵士にあたり、わづか三とせが百千歳(ももちとせ)

(よろい)(かぶと)は昔の武者よ、いまじやシヤツポにつつツぽう

──都々逸、維新期作の雑載、『恋の辻占都々逸独り判断』

[メモ] いずれも『明治流行歌史』所収。文明開化の利便や変化への戸惑いを主題とした連作である。

 

都々逸〔開化開港〕 どどいつ/かいかかいこう

〈開化都々逸〉〈開港都々逸〉とも。

横浜・神戸など開港場ではやった都々逸を指し、文明開化の激動にさらされた当時の情景を活写したものが目立つ。

【例歌】

開港都々逸

♪風をうけたるこくうのふねよ わたしやむやみとのぼりつめ

♪遊び事さへまるいがよいと たがをまはして居る子ども

♪お髭ばかして調(てう)れんさせて 藪でたぬきがはらだいこ

♪やきもちやくよりパンでも焼きな くはねへぢやうは気も出来やせん

♪からだのくさいはそりや香しやぼん かみのちゞれはお国ふう

──都々逸、明治三年頃発刊、『横はまお髭都々一』

 横浜開港場の絵地図 横浜歴史博物館蔵

 開化都々逸 かいかどどいつ

王政復古の浮世ぢやものをわたしももと木へ帰り咲

自由民権こはだのすしよ圧せば圧すほど味が出る

なんによ同権ナニわたしじやとても負けちや居はせぬ友かせぎ

陸に蒸気の出来たるせいか主はわたしをステーシヨン

鴉さ打たれる時計は狂ふ主と共寝を正午(どん)までも

髷は丸髷芸者をやめて権裁気どりの細まゆ

出雲の国へと電信かけて妹背結びを神頼み

主と並んだ紙とり写真末の末まで消えぬや

人力(ぐるま)と権妻さんは乗せてそろ〳〵ねだります

──『開化都々逸』

開化どど一 かいかどどいつ

♪文明開化で規則がかはる、かはらないのは恋の道

♪風船に、二人乗り組み地球をはなれ、はれて話がしてみたい

[メモ] 明治十一年、海軍省は軍事用風船を上げる。

♪お前とわたしが二人の胸へ、掛けて置きたやテレグラフ

♪主が道理か私が無理か、是非の裁判してほしい

♪夏もつめたい氷といへど、胸のほむらは消えはせぬ

[メモ] この年、名物となった函館氷の宣伝旗が現れる。

(うつく)しづくならよしてもおくれ、五(しき)ガラスは()れやすい

♪お前が時計で私がねぢよ、少しの油断で狂ひ出す

♪姿ばかりの写真じやいけぬ、心の底までうつしたい

──『開化どど一』第一号

二人の浮名を広告社へ頼み、広く世間へ知らせたい

胸に一もつアルミの指輪、誓紙がはりに取りかはす

(ふみ)の便りは人目があれば、胸のエレキで通じたい

寒暖計をば心にかけて、惚れた度数を知らせたい

時を待てとは昔の事よ、七里を一じに来る時節

──『開化どど一』第三号

外に瓦斯灯内にはランプ、人の車の三筋(みすじ)()

互ひの心に電信かけて、言はず語らず人知れず

──『開化新作度々逸』

黒い羽織にゴム靴きめて、役所がよいのいきなもの

──都々逸、いずれも明治十二年前後に発刊、(あづま)の開化都々逸』

 

都々逸〔近・現代作品〕 どどいつ/きんげんだいさくひん

主として明治時代の都々逸集より。☞あんこ入り

【例歌】

 「みすじの友 一名・詩入都々逸」 〔明治二十二年 喜楽斎編〕 

 流行都々逸 はやりどどいつ  

♪梅にからまる柳の糸を、解きに来たのか春の風

 ♪五月雨の、ある世密かに小窓をあけりや、そつと出ている月の顔

♪霧のひとはのおとづれ耐えて、主は小窓に秋の風

♪ちらりちらりとふる雪差へも、つもりつもりて深くなる

──流行(はやり)(うた)集』

♪心で解けても何白雪(しらゆき)と、降つてゐるのも君の為め

──『東京名所美人(ぞろい)

(やつこ)(だこ)さへ香に引かされて、梅に絡んで身 を破る(柳家小さん)

束縛の押しを解かれて浮気な鯉と、自由遊びの放し亀

──別品揃(べつぴんぞろい)年中行事』

♪君を松虫夜はしんしんと、情知らずのかねたたき

♪招く尾花(をばな)にふとだまされて、露の情の草枕

──都々逸、いずれも明治十二年前後に発刊、 『開化どど一』

投稿都々逸 とうこうどどいつ

二十一年我が子で育て三月見ぬ間に国の神(信州 瑞山)

むくろ乱るる荒野の月夜魂は飛ゆく西ひがし(神田 江外生)

涙隠して質屋ののれんくぐる夜風の小風呂敷(小樽 岸田花の屋)

雪の故郷を忘るる頃は花の都に操売る(久留米 鳥越花無児)

誘ひ出したか誘はれ出たか蝶々二つがひら〳〵と(静岡 杉浦笑門)

可愛い胡蝶の仮寝の夢を抱いて夜に入る白牡丹(本郷 鈴木羯堂)

開港地投稿都々逸 かいこうちとうこうどどいつ

女房さらせず唐へも行かずここにいづまて下田沖(八残楼主人)

男おもへば見はすり鉢の浦賀の港の底までも(林応斎田舎)

雨はしよぼ〳〵格子の影よアメリカ人の傘ささぬ(万亭主人)

気には入らねど金ゆへほれる今さら返らぬ恋の欲(銀座寿矩)

ふみと起請の交易場所は枕並べて床の上(彫平)

ハイカラ都々逸 はいからどどいつ

緑葉山人詞

♪後へ綱をば付たい思ひ 今朝の(パート)人力車(ハンドカ)

電信(グラフ)端書(カード)ぢや人目にかゝる 中を取り持つ恋飛脚

 (スプル)の野路に(ハンド)を把りて ぬしに心を土筆(つくづくし)(不如帰)

 父母(フアザーマザー)の小言を聞くも 君と握手の自然主義

♪文字は葉書(カード)で足る数なれど 人目封じて出す手紙(レツタ)

──都々逸、明治四十三年頃流行、『新調 ハイカラ都々逸』

 俳句尻抜け はいくしりぬけ

 アレと云ひさまつい「憎うない人叩きけり渋うちは」

 首尾の嬉しさつい「送られた道も覚へず春の月」

 端唄文句取り はうたもんくど 

梅が軒葉をはなるる未練袖に移りし香にまよふ

恋の重荷に積るも嬉し二人さし合う傘の雪

女郎にや振られる行灯は消へる心寂しき閨の内

[メモ] 傍線部は端唄文句。

恋のじやうかいな節 こいのじようかいな

その日ぐらしの朝顔さへも、日には咲いたりふさいだり、恋のじやうかいな

こぼれ松葉がわしやうらやまし、おもひおもひの色をもつ、恋のじやうかいな

──都々逸くずし、維新期、『恋のじやうかいな』

[メモ] 都々逸からの派生唄。当初は二十六字情歌を基調とした○〇節も、開化期を経て多彩な様式の歌謡へと増殖していく。その数も実におびただしく、本書では以降これらを総括し「流行節」の呼称で扱うことにする。

 

YOU TUBE

 

しげく逢ふのは うめ吉

都々逸-文句入 *藤本二三吉

 

どんどん節 どんどんぶし

文政期に発祥し、明治年間にまた再三にわたり復活した流行節。

ドンドンという景気のよい囃子が受けた。

 YOU TUBE

 ドンドン節〔〆治(吉原芸者)唄 テイチク音盤〕 

 【例歌】

どん〳〵節 どんどんぶし

〽高い山から谷底見ればの、瓜や茄子(なすび)の花盛の、はりはどん〳〵。

〽高い二階から鏡で見ればの、由良は(たま)(づさ)あゝお軽が(かんざし)ばつたり、縁の下には九太夫が文を読む、七段目茶屋ばかりの、はりはどん〳〵。

──流行節、文政十一年流行、『小唄の衢』

どん〳〵節〔再〕 どんどんぶし

蒸気や出て行く煙は残る、ドン〳〵、残る煙が癪の種、サウヂヤナイカドン〳〵。

♪老少不定(ふぢやう)の身を持ちながら、ドン〳〵、時節まてとは切れる気か、ホンマカネソカネドン〳〵。

♪駕籠で行くのはお軽ぢやないか、妾や売られていくわいな、父様(とうさん)御無事で又かゝさんも、お前も御無事で又折々に、音信(たより)聞いたり聞かせたり、ドン〳〵。

♪向は下総葛飾郡、手前は武蔵で豊島郡、間を流るゝ其の川は、雨さへ降るなら水も時々濁るかなれど、誰がつけたか隅田川、ドン〳〵。

♪伊勢は津でもつ津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ、家のしんしょうは嬶で持つ、嬶の(ゆもじ)は紐でもつ、紐のしらみは皺でもつ、ドン〳〵。

♪娑婆に居るのが思へばいやだ、米は(あが)るし子は(でき)る、取る金は取れない家賃にや追はれ、思へば思ふ程実いやになる、と云ふて死ぬにも死なれない、ドン〳〵。

♪見たか見て来てか名古屋の城を、五十櫓の絶頂に、金の(しやち)(ほこ)雨ざらし、ドン〳〵

♪私とお前は倉庫の米よ、ドン〳〵、いつか世に出てまゝとなる、隊長かネー、ソカネー、ドン〳〵。

♪逢はにや晴れまい私の胸が、ドン〳〵、逢へば涙の袖時雨、隊長かネー、ソカネードン〳〵。

♪水道汲むさへまだ初世帯、ドン〳〵、赤い襷に洩れる愛、隊長かネソカネードン〳〵。

(わたし)やひとりもの可愛がつておくれ、ドン〳〵、岩に下り藤便りない、ほんまかねさうぢやないかドン〳〵。

──流行節、明治二十九年頃再三流行、『明治年間流行唄』

 

長き夜節 ながきよぶし

幕末から維新期にかけ、世が動乱の日々を迎え騒然とした雰囲気の中で、超俗の姿勢を貫き通した江戸小唄がいくつかある。これら風格ある作品をまとめて〈長き夜節〉と銘うち、特別扱いで掲げてみたい。

【例歌】

長き夜の〔江戸小唄の雑載〕 ながきよの

〽長き夜の、とほのねむりのみなめさめ、(なみ)のり船の音のよきかな、下から読んでも、長き夜の、とほのねふりのみなめさめ、波のり船の音のよきかな、正月二日(ふつか)の初夢に。

(すずめ)どの雀どの、お宿はどこか知らねども、ちやつちやとお(いで)よささの相手に、下から読んでも雀どの、舌を切られておいとしや、いつでも来てみりや奥山で、軽い葛籠(つづら)の宝物。

清水(きよみず)(せい)(げん)が、ちらと見そめし姫が顔、恋しきままにほつきして、破れ衣に破れ笠、山家(やまが)(いほり)にこもり居て、ゑがきて姿うちまもり、ひとめ逢ひたい桜姫。

村雨(むらさめ)に、長き夜を、世の目もあはず物思ひ、身にひきかへてあひたさの、つもりや持病の(しやく)となる、問はず語りにうかうかと、まどろめばまた夢に見て、こらへ(じやう)なき忍び泣き。

〽朝顔の朝顔の、露の(すずり)に引き寄せて、ちよつとあさぎに筆染めて、露をよすがにゐさんすか、日影いとふてゐさんすか、それでも色増す(たま)(づさ)の、ひらくあひだを待つわいな。

〽隅田げしきすだ景色(けしき)不二(ふじ)筑波(つくば)の其中に、流れ流れて花いかだ、波にまかせてゐさんすか、遠近(をちこち)行きかふ屋根船の、うちぞゆかしき忍び(ごま)

〽ゆきひらの中納言、みとせ配所(はいしよ)須磨(すま)の浦、雨をいとふてゐさんすか、波にもまれてゐさんすか、それでも漕ぎ来る海士(あま)小舟(をぶね)、かはす枕をまつわいな。

──江戸小唄、幕末より維新期作、『明治流行歌史』ほか

 

二上り新内 にあがりしんない

新内の哀切調を真似ただけの嫋嫋としたはやり小唄で、新内節の系統(浄瑠璃語り)に属すわけではない。

女が間夫にねっちりと問いただすような詞が特徴。江戸後期、木綿浅黄の手甲を着けた物乞い女らが花柳の巷でうたい流した。二上りとした節付ぶりも歌い手によりまちまちである。

【例歌】

二上り新内 雑載

(わたし)が悪くばあやまらうに、すねずとこちらを(むか)しやんせ、まゝに逢はれる身ではなし、今に烏が鳴くわいな。

〽かうなる縁のはじまりは、(わし)風引(かぜひい)て寝ていたら、枕のそばへそつと来て、まゝでもたべぬか薬をと、(その)やさしさに引かへて、今の邪見はおまへまあ、どうしたのだへ。

〽はたでせくのが目に立って、()きも厭かれもせぬ中を、義理といふ字に責められて、ひょんな事から遠ざかる。

(わし)に惚れろじやなけれども、たしまなしやんせいつまでも、浮気するのも程がある。

〽枕はづして顔ながめ、かうも思ひの増す ものか、見ても見飽かぬ起きさんせ、真の話があるわいな。

〽顔をそむけて見ぬふりに、思ひきらんせ泣かんすな、わしは泣かねどこなさんが、泣いてわたしを泣いかすのか。

──流行唄、江戸後期作、『小歌志彙集』

 

YOU TUBE

 

二上り新内 *浅草 吉奴

柳家小菊 二上り新内

 

猫ぢや猫ぢや ねこじゃねこじゃ

文政頃の江戸ではやった俗謡「蝶々蜻蛉」をもとに明治初めに復古し大流行した替歌の題名。またネコとは明治時代に芸者を指した隠語である。 

【例歌】

蝶々蜻蛉〔元唄〕 ちようちようとんぼ

蝶々蜻蛉やきり〴〵す、山でシテコイノ山で啼くのが、松虫鈴虫轡虫、シテコイノ、オツチヨコチヨイノチヨイ、マダ〳〵オツチヨコチヨイノチヨイ、松虫鈴虫轡虫、山でシテコイのお山で啼くのが、松虫鈴虫くつわ虫、シテコイノ、オツチヨコチヨイノチヨイ、マダ〳〵オツチヨコチヨイノチヨイ。

──本調子俗謡、文政十一年作、『明治年間流行唄』

 OU TUBE

猫ぢや猫ぢや        下谷濵柳唄

猫ぢや〳〵とおしやますが、猫が、猫が下駄はいて傘さして絞り浴衣(ゆかた)で来るものか、オツチヨコチヨイノチヨイ。

下戸だ下戸だと言わんすが、下戸が一升樽かついで、前後も知らずに酔ふものか、オツチヨコチヨイノチヨイ。

──本調子端歌、江戸中期作、『明治年間流行唄』

 猫と芸者の馴れ合い絵

 

端唄 はうた

〈江戸端唄〉とも。文化・文政期の江戸で円熟した、演奏時間一~三分程度の三味線小品歌曲を〈江戸端唄〉または単に〈端唄〉という。長唄に対応する名目である。のち「歌沢」や〈小唄〉を生み出した母体でもある。

なお上方系のものは「端歌」と書き、江戸のそれとは一線を画している。

 お仙の茶屋 鈴木春信画 端唄にぴったりの風情ある画材である

 【例歌】

ちよべ

小諸(こむろ)出てみりや浅間の山で、今朝も(けむり)が三筋立つ、天へ昇つて雲となるナやれよんやナよいやサ。

切れる気ならば初手(しよて)から惚れやせぬ、水責め火責めはおろかな事よ、重忠さんのおさばきでも、このわけばかりはつきはせぬナやれよいやナよいやサ。

──端唄幕末流行『明治流行歌史』

草の葉 くさのは

河竹黙阿弥詞

草の葉に やどりし月も小夜風(さよかぜ)に 憎やこぼれてぱらぱらと 露の雫か 雫か露か 濡れて色増す野辺の色。

──端唄(清元節)、慶応元年市村座初演、『白浪五人女』

どしよぞいな節端唄替り〕 どしよぞいなぶし

♪和歌の浦には名所がござる、一に権現、二に玉津(たまつ)(しま)、三に(さが)り松、四に塩竈(しほがま)よ、天の橋立(きれ)()文殊(もんじゆ)、文殊さんはよけれども、切戸といふ字が気にかかる、サツサなんとせうか、どしよぞいな

♪月を見るには名所がござる、一に石山、二に明石(あかし)(がた)、三に三笠山、四に須磨の浦、昔ア武蔵野松島()(ごと)姥捨山(をばすてやま)はよけれども、捨てるといふ字が気にかる、サツサ眺めは夜じやいな

──流行唄明治三十五年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 元唄は不明。

 

YOU TUBE

 

縁かいな *渡部席、駒太 

から傘 *小唄勝太郎

 

端歌 はうた

〈上方端歌〉とも。

 上方で地歌中に組み込まれた小曲種の一つに端を発する。それが天保の改革以降江戸に移入され、もっぱら下町でもてはやされるようになった。やがて各地に端唄師匠が名乗り出て「連」を組みさらなる広がりを見せる。

 明治・大正期にいたり、端唄は江戸っ子の粋や風流を開放的に歌い上げるゆえんとなったからだろう、寄席での音曲や花街での座敷歌謡の人気となり、現在なお流派・家元が増え続け衰えは見せていない。

 なお「端唄」と「端歌」とは前者が江戸はやり、後者が上方はやり、という仕訳上の呼称に過ぎず、中身は変わりない。

【例歌】

昼寝 ひるね                                               青瓦作詞

夏の日に 昼寝の種となるものは 月の口舌か蛍の悋気(りんき) そよ〳〵風にだまされて (はぎ)もあらはに寝乱れの 裾に(あはせ)の姿はくやし ほんにえ 物好きすぎた夜の(たとえ)言葉の数々も 夢の世なりし(まくら)蚊帳(がや)

落し文 おとしぶみ                                            幸紀詞

いづ方へ()いて行くらんほととぎす 枕の山の迷ひ道 聞く度々に珍しき いつも初音の心地して 可愛い可愛いの忍び音も 尽きぬ名残の有明に (きつ)う啼いたは朝烏

田舎づくり いなかづくり

田舎づくりの籠花いけに、ぐっすり濡れし水色の、たつたをいけし楽しみは、心のうさもどこへやら、たつた一声ほとゝぎす

──端唄、幕末流行、『江戸小唄の話』

[メモ] 「たつた」とはナデシコ科の小草をいうか。

 

YOU TUBE

 

おやおや節 *山村豊子

御所車 *藤本二三吉

 

流行唄 はやりうた

時代の人々の好みに合って、一時的に広くうたわれる歌。

俗謡・里謡・小唄など大衆好みの類が対象となる。ただし、流行期間がめまぐるしく変転するものを〈流行唄〉として限定している。流行唄の特徴は、多くの人に愛唱される必要があるため、やさしい歌詞でつづられ、しかも俗っぽい内容に行き着く。したがって、浄瑠璃系諸派の唄や長唄など玄人向きで、うたうのにそれなりの収れんが必要なものは、はやり唄の範疇に入らない。

本書では、流行唄の対象時代を近世〈隆達節」以後に重点を置いて扱っている。また、昭和時代のものは〈流行歌〉で総括している。この〈流行歌〉という呼称が一般化したのは昭和に入ってから、という理由による。

 大正の流行唄 CDジャケット このように大正時代以前のはやり唄の場合「流行歌」とは表記しない

【例歌】

〔江戸時代流行唄、雑載〕

みすてぶし

花を見捨てかへるや今朝(けさ)の、霞がくれの(とり)の声。

おちよぶし

おちよ〳〵と(おと)しい置いて、壁に(くず)の葉のきごころ。

小倉ぶし おぐらぶし

〽小倉の野辺の一もとすゝき、いつさて穂に出て乱れあふよ、あたまこがれてなきつらんや。

さんさぶし

〽破れ菅笠しめをがされて、さすが着もせず捨てもせず。

伊勢のくしだ いせのくしだ

〽伊勢のくしだの真中(まんなか)(ほど)で、ふかき思ひは紫帽子、ほんにくどくかそりや真実(しんじつ)か、こちの如来(によらい)(めぐみ)もあるに、恋の重荷をのりかけ馬に、離れがたなきわが思ひ。

石の反橋 いしのそりはし

〽石の反橋身どもが恋は、(ふみ)をつくせどなさ、落ちもせず。

ごげん

〽鳴くや皐月(さつき)の其声ばかり、誰を待乳(まつち)のまつちの山や山ほとゝぎす。

朝のかへり あさのかへり

三谷(さんや)通ひに道をいそげ、馬に鞍置き桜狩に、えいこのせ手綱(たづな)が、駒が勇めばそそこから行くぞへ。

──小歌、『小歌志彙集』

よろこび節 よろこびぶし

明の鐘なら千里もひゞけ、聞せともない(ひけ)の鐘、せわやかしやんすな、桶屋の仕事でたゝかんせ。

素顔(すがほ)櫛巻(くしまき)まへだれだすき、ぬしの女房といはれたい、せわやかしやんすな、よけいの仕事でひまいらす。

──小歌、文化五年流行、『小歌志彙集』

ちうちう節 ちゆうちゆうぶし

いつそお顔に(やせ)がきた、お心持でも悪いのか。たゞしは何ぞが苦になるか、(わづら)ふてばし下さるな、ちう〳〵。

そうだろ節 そうだろぶし

かわい男を背戸に立たせましてのそうだろ〳〵、(わし)が木綿打つてなゝどうして出られうぞ、をゝそうだろ〳〵。

〽切れたあの主さんと道中で逢えばの、そうだろ〳〵、切れぬ草履になゝ手をかけるさ、をゝそうだろ〳〵。

──小歌、文政十年頃流行、『小唄の衢』

 さらし者にされる破戒僧

づいとせ

下戸の巵回りが速い、さすもおさへも夏のつき、づいとせ。

臼と杵とはよい恋仲よ、ひがな一日つきくらす、づいとせ。

──小歌、文政末流行、『うかれ草』

ほんだよ節 ほんだよぶし

雛の祭はおきての契り、主とわたしは妹背(いもせ)(やま)、お顔見ながらまゝならん。これらもほんだよ。

恋にのぼりて(よもぎ)に菖蒲、ぬしと二人で寐た夜は、肌を合して柏餅。これらもほんだよ。

──小歌、天保元年頃流行、『小唄の衢』

さつこら〳〵節 さつこらこらぶし

〽雪はちら〳〵蛇の目の(からかさ)、小田原提灯客来たかと覗いて見たらば晦日(みそか)掛取(かけとり)だ。さつさこらこら。

──流行唄、嘉永・安政流行、『はやり唄変遷史』

忠臣蔵鳥さし ちゆうしんぐらとりさし

〽一つひよ鳥、拾ひ集めて数多(あまた)の中に、義貞着せし(かぶと)はなきかと、かほよに見すれば、それぞいとはぬにかほりし名香、則ち是じやと目利をさいた、みさいな。

──江戸小唄、安政年間流行、『小唄の衢』

じやうだいな節 じようだいなぶし

〽すりばちうちぶけて、なか富士の山、味噌をするのが裏表(うらおもて)、さつてもなあ、じやうだいな。

〽向う見えるはなか、富士の山、向ふ鉢巻して踊るやら、さつてもなあ、じやうだいな。

──流行唄、安政年間流行、『はやり唄変遷史 

ゆきくれて 

〽ゆきくれて「うつら〳〵と夢見草「ゆめに(むすぶ)の神さんへ。たのむの雁の一ふでに。いつしか恋と濡つばめ「比よくの床の千話ごとも。わかれをつぐる日もすずりヱヽにくらしい手枕に「のちのあふ瀬を松葉蝶。しのびの心をのこすらん。

──本調子流行唄、『粋の懐』二篇(文久二年)

よつしよこしよ節 よつしよこしよぶし

やめておくれよつきあひ酒を、(それ)が浮気のもとゝなる、浮気のよつしよこしよもとゝなる。

ちからに負けても意気地(いきぢ)にや負けぬ、思ひ立てぬく処まで、おもひ立てぬくよつしよこしよところまで。

──流行節、文久頃流行、『はやり唄変遷史』

当世這世節 とうせいはいよぶし

おまへ何をする荷物をまとめ、はいよ、逃げて(いる)(まち)のうみなさん気がもめる、したこたなんしよ〳〵。

お前どこへ行く日光さして、はいよ、固め人数ののう水戸さん眼を覚す、きたこたなんしよ〳〵。

お前何する鉄砲をならべ、はいよ、杉の木の間でのう火のばん、一と(ねむ)り、したこたなんしよ〳〵。

──流行唄、文久頃流行、『はやり唄変遷史』

〔明治時代流行唄、雑載〕

ないしよ節 ないしよぶし

♪かうもあゝもと苦労はすれどドン〳〵、やまぬ浮気でエ身がほそる、イヨナイシヨ〳〵、それでもお前は切れるのか、イヨナイシヨ〳〵。

──流行節、明治四・五年頃流行、『明治年間流行唄』

何ぢやんな なんじやんな

役者の好きなは何ぢやいな、日よりに天幕ほめ言葉、さあさあ大好き大好き。

婆さん好きなはなんぢやいな、濃茶(こひちや)に念仏寺参り、サアサア大好大好。

──替歌、明治四・五年頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 文政七年「なんじよいな節」替り。

よいしよ〳〵節 よいしよよいしよぶし

♪様とわかれりやよいしよ〳〵、松原行けばよよいしよ〳〵、松の露やら涙やらあ。

──流行節、明治五年頃流行、『はやり唄変遷史』

ヤツトサノサ節 やつとさのさぶし  

♪変る舞とは変つた事を改めて聞く筈はない、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

♪誰れに触れるか行末の肌、知らぬ舞妓は紅の花、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

♪櫛の歯を引くうれしい返事、一座へ(すき)(かみ)()りで行く、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

♪男の羽織を寝巻きに着添、鑑眺める雨の朝、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

♪逢はぬ気もつれ解くやつれ髪、直す鏡も久しぶり、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

♪つげの横櫛婀娜(あだ)めく姿、当りつけたら落さうな、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

♪言うも恥し胸一杯に、思ふ首尾した火取虫、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

遠方(とおい)一家(みうち)の異見を聞くも、近い他人に惚れたから、ヤツトサーノ、ヤツトサノサ

──流行節、明治二十三年頃流行、『日本近代歌謡史』上

ノンシ節 のんしぶし

♪古い文句の起請を書くも、たがひに浮気を、クンサイ、せぬ証拠、ソウカイノンシ、誠の事だよ

♪浮いて浮して〳〵浮て、胸で泣く身の、クンサイ、此苦界、ソウカイノンシ、誠の事だよ

──流行節、明治二十年代流行、『日本近代歌謡史』上

えいぜ節 えいぜぶし 

♪汽車が出る、けむりは残るさきの駅、ビール、マサムネ、おべんたうはいかゞ、だんなかいましよか正宗を、えーぜ。

──流行節、明治三十年代流行、『はやり唄変遷史』

有難節 ありがたぶし

♪紙入振つたその(あかつき)のほゝい、鐘がお客の背中つくんだよほゝいのほい。

──流行節、明治三十年代流行、『はやり唄変遷史』

いの〳〵節 いのいのぶし

花は色々ヤー五色に咲けど、おやゝのやー、主に見返る花はない、おはらよーいおやゝのや、いの〳〵よし〳〵。

丸い卵もヤー切りやうで四角、おやゝのやー、物も言いやうで角が立つ、、おはらよーいおやゝのや、いの〳〵よし〳〵。

──流行節、明治四十一年頃流行、『明治年間流行唄』

 

YOU TUBE

 

戀の糸柳 *小唄勝太郎

やるせ涙 *小唄勝太郎

 

流行節 はやりぶし

〈流行唄〉のうち、「○○節」のような曲名をもつものを、本書ではとくに〈流行節〉と称し、区分している。

この類の歌謡はおびただしく多く存在し、他の歌謡種別とは一線を画する必要からの処置である。

【例歌】 

しやますな節 しやますなぶし  

(いや)で幸ひ好かれちや困る、好いた、ハキタ、お方はお前ばかり、世話やかしやますな、私が勝手に主を待つ。

電車値あげれや苦情がおこる、ハキタ、苦情は、客のため、世話やかしやますな、会社が勝手に値を上げる。

私が思ひは箱崎浜よ、外に、ハキタ、木はないまつばかり、世話やかしやますな、私が勝手に主を待つ。

汽車は出て行く、烟は残る、残る、ハキタ、烟は癪の種、世話やかしやますな、妾が勝手に癪起す。

──流行節、明治四十二年頃流行、『明治年間流行唄』

さとね節 さとねぶし  

添田啞蝉坊()

紫の薫ゆかしき姫君の、みけしき桜、あな美しや春の花、上野飛鳥山向島、散れ〳〵散るならさつと散れ、さつとね。

紫の、袴ゆかしき姫君が、行先(ゆくさき)いずこ、げにのどかなる春の日に、上野向島飛鳥山、散れ散れ散るならサツとウ散れサツトネ。

──流行節、明治四十四年頃流行、『明治流行歌史』

ほんにね節 ほんにねぶし  

捨てられて、何であなたを怨みましよウかいなアき私のネエ身をうウらむ身を恨む、時世(ときよ)時節があるならば、岩を打つ浪またかアへる又かへる、ホンニネ。

──流行節、明治四十四年頃流行、『明治流行歌史』

ネーキタ節 ねーきたぶし  

♪なんとなく、きれてくれらとやわらかに、まわたで、くびをこわいけん、アラ、八千八声のネーキタ、ネーほととぎす、ちをはくよりも猶つらい

♪をもやすむ、をもやすむ〳〵をもやすむ、人のはなしとをもやすむ、アラ、思やすみますネーキタ、エーあわぬむかしと思ふやすむ

♪生きて居て、ぎりがすまぬと言わんすが、あなた一人はころしやせぬ、アラ、をつれば二つネーキタ、エー常盤木の、まつは緑の色かへぬ

 

♪とぎあげし、こめじやなけれど、しかけたからは、ままになるまできをもやす、アラ、ほんにおまへは、ネーキタ、エーつみなしと、しんがあるよで水くさい

 

♪さよふけて、宴会もどりの、ちどり足、間もなく我家へ立ちかへる、実あけてんか、開けなきやくるわへネーキタ、エーあともどり、明けなきやくるわへ、あともどり

──流行節、明治三十四年頃流行、『日本近代歌謡史』下

 

ふいとさ節 ふいとさぶし

すでに大流行した「さのさ節」の囃子詞代わりの唄。しかし、これとて異常といえるほど替歌や類歌が多い。

 赤本「フイトサぶし」

【例歌】

ふいとさ節〔雑載〕 ふいとさぶし  

別れによごした涙の顔を、フイトサ、ちよいと直して出る座敷、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。(元唄)

苦労するのはてんから覚悟、フイトサ、意気な亭主を持つからは、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

早く逢ひたいお顔が見たい、フイトサ、話聞きたい聞かせたい、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

軒端伝うてくる蛍さへ、フイトサ、月のかくれた(ひま)にくる、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ

憎い雨だと小言は云へど、フイトサ、好いた同士のもあひ傘、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

どうなとしやんせと身をなげ出して、フイトサ、風にもまるゝ青柳、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

端唄文句の口舌(くぜつ)ぢやないが、フイトサ、帰らしやんすか此雪に、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

私や春雨主や野の草よ、フイトサ、濡れるたびごと色を増す、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

人の噂も七十五日、フイトサ、此の土地ばかりに日は照らぬ、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

厭なお方の親切よりも、フイトサ、好いたお方の無理がよい、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

待てど来ぬ夜の閨淋しさに、フイトサ、じれて抱きつく置火燵、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

晩に吃度という約束は、フイトサ、当にならない逃げ言葉、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

永の年月心の曇り、フイトサ、晴れて逢ふ夜は又時雨、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

忍び逢ふ夜のそのたのしみは、フイトサ、怖い思ひの中にある、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

添寐した夜に添寐の夢は、フイトサ、添寐せぬ夜に廻したい、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

通う千鳥の心も知らず、フイトサ、霞かくした淡路島、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

人目忍んで相合傘に、フイトサ、濡れて嬉しい俄雨、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

玉の輿より(わし)や貧しくとも、フイトサ、早く二人で暮したい、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

遭うてゐてさへとゞかぬ言葉、フイトサ、文にかゝれる筈がない、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

八重の山吹はでにはさけど、フイトサ、末は実のない事ばかり、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

帰さにやならぬと心は承知、フイトサ、しても此手が留めに出る、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

逢へば心もつい急き立つて、フイトサ、話す言葉もあとや先、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

覚えない身にまた言ひがかり、フイトサ、立たさにやならない私の胸、イトフイトサ、オウサイトフイトサ、オウサトフイトサ、フイトサ。

──流行節明治三十年前後流行『明治年間流行唄』

 

京の四季 みやこのしき 

本唄は京都の四季をめぐる景観・景物をうたう。しかし例歌に見るように、これには元唄が存在する。

しかも後年、派生唄が少なくない。なかでも新作は、日本が日清戦争に勝利し講和を締結した明治二十八年四月開催の京都大博覧会を期に発表された歌謡。しかしこちらは、戦後の余燼を感じさせないしんねことした内容の小唄であった。☞四季物

 大礼記念京都大博覧会東会場 第一本館庭園 絵葉書

 【例歌】

 春は砂〔元唄〕 はるはすな

〽はるはすな、(にな)ひにごんせ東川(ひがしかわ)、人があわてるよなおりやう、だら〳〵と(おひ)も若きも諸共に、になふ足下優しげに、祗園遊女の賑はしく、いう〳〵かくは嬉しげに、かわらに続く遊女達、よい〳〵〳〵〳〵よいやさあ。

──本調子端歌、安政三年流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 「京の四季」の元唄。安政三年五月、加茂川の増水被害を防ぐため川浚いが行われた時の流行唄(作業唄ではない)である。これを根本に次の本歌が作られた。

YOU TUBE

京の四季  みやこのしき       先斗町歌舞会

〽春は花 いざ見にごんせ東山 色香あらそう夜桜や 浮かれ浮かれて 粋も無粋も物堅い 二本差しても軟こう 祗園豆腐の二軒茶屋 禊ぞ夏は打連れて 河原に集う夕涼み よいよいよいよいやさ。

〽真葛ケ原にそよそよと 秋の色増す華頂山 時雨を厭う傘に 濡れて紅葉の長楽寺 思いぞ積る丸山に 今朝も来て酌む雪見酒 そして櫓の差し向い よいよいよいよいやさ。

──本調子端歌、天保年間流行、『粋の懐』初篇

  

昔節 むかしぶし

正式には〈弄斎片撥昔節〉という。弄斎節から派生した俗調の小唄で、古風な二十六字唄である。

【例歌】

弄斎片撥昔ぶし品々 ろうさいかたばちむかしぶし/しなじな

〽山の端に 住めば浮世に 思ひのますに 月と入ろやれ 山の端に。 

〽しだれ小柳 乱れて見せそ つれて心の 羨まるゝに。

〽こがれ〳〵て 露とも消えば 跡はとにかく 君頼む。

蜑の釣船身はこがるれど かひもなき世の浦にすむ。

恋をはじめた 人うらめしや 今の我が身のつらきゆゑ 

頼みかけ置く 結ぶの神の ちかひかはるな いにしへに。

〽神や仏を 恨むは輪廻 過去の約束 ぜひもなや。

──俗謡、『淋敷座之慰』(延宝四年)

 

紫節 むらさきぶし

明治末、全国津々浦々にまで流行した俗謡。

〈紫節〉は〈さのさ節〉の大流行に刺激され新しく生み出された同系歌の一つである。大半の作詞は添田啞蝉坊の手になるというが、確証はない。

 元唄にあるように、紫は貴人を象徴する色で知られている。歌詞までノーブルとはいかなかったようだが、ともかく「ちょいとね」の囃子が大衆受けした。替歌や模倣唄・亜流唄も続出した。しかし明治四十五年七月二十日、明治天皇の崩御という大悲により、この唄の命脈も断たれた。

【例歌】 

YOU TUBE

 元唄〕           右近

紫の袴ゆかしき姫君が、行先何処(いづこ)()長閑(のどか)なる春の日に、上野向島飛鳥山、散れ〳〵散るならさつと散れさつとね。

──俗謡、明治後期から大正初期にかけて流行、『明治流行歌史』

 紫節にも歌われた飛鳥山(東京都北区)の夜桜=現代 夜景専科blogより

 紫節〔雑載〕 

♪むらさきの 袴さらさらホワイトリボン 行先ゃ何処(いずこ) 上野 飛鳥山 向島 ほんに長閑(のどか)な花の風 散れ散れ散るならさっと散れチョイトネ。

♪春の野に 咲いたすみれの美しく 星にきらめく夜の露 ぬれて色ますむらさきの 末は香水誰の膚かねチョイトネ。

♪三味線の 細い音色は新内か 大引け過ぎの (さと)は月さえ冴え渡る あれも恋ゆえ恋がたり 銀杏(いちよう)返しの乱れ髪チョイトネ。

♪つまらない ああつまらないつまらない小作の辛さ 待ってた秋となって見りゃ 米は地主に皆取られ 可愛い妻子は(うえ)に泣くチョイトネ。

♪またしても 米は(あが)るし子は出来る 不景気続き家賃にゃ追われる暇は出る 家にゃ妻子が泣きっ面 娑婆に居るのが恐ろしいチョイトネ。

──俗謡、明治四十四・五年流行、『明治流行歌史』ほか

 紫節ちよいとね 

♪気は心、先の出様で鬼にも蛇にも、なるよ神や仏に願かけて、もしも添はれぬ其時は、(わた)しや出雲へあばれ込むちよいとね。

(つとめ)では、楽なやうでも花魁(おいらん)は、金で買はれる辛い勤の身ぢやないか、玩具(おもちや)の人形ぢや無いけれど、顔で笑うて胸で泣く、ちよいとね。

♪ランプさん、(わたし)はお前にほや〳〵ほれた、(しん)があるのを、心があるのを見て惚れた、かさがあるとは知らなんだ、金に釣られて居るわいなちよいとね。

小夜(さよ)()けて、巴卍(ともえまんじ)と降る雪の中、四十七士が吉良の屋敷へ乱入し、(うらみ)重なる君の仇、打つなら打て〳〵さつと討てさつとね。

──俗謡、明治四十四・五年流行、『はやり唄変遷史』

 

よしこの節 よしこのぶし

関西では「好此」とも当てる。文政期、潮来節から派生した二十六音の流行節。

〈よしこの〉は都々逸とは同腹の姉唄でもあり、都々逸解説の流れのなかで説明してある。

 『よしこの花袋』第三編より

【例歌】

まゝよ三度笠〔よしこの元唄〕 ままよさんどがさ

まゝよ三度笠、よこちよにかむり、たびは道づれ、世はなさけ。

──よしこの節、文政三・四年年頃流行、『守貞謾稿』巻二十三

恋すてふ〔よしこの揺籃期唄〕 こいすちよう

常磐津文字静詞

〽恋すてふ我名はまだきはてたつ浮名、人に知れたらどうするもんだ、連れてのいて添うて見しよ。

正月二日の〔第二次流行〕 しようがつふつかの

正月二日の初夢に、あまた七福神集りて、四方を見渡す天保山、さゝ宝の入船よし〳〵

夕べよんだる〔第二次流行〕 ゆうべよんだる

〽夕べよんだる花嫁御、ちよつと祝儀に抱いても寝たが、(せい)が低うて平たうてさゝ、いはれぬ所がよし〳〵

──ともによしこの節、天保四年再流行、『はやり唄変遷史』

物の名も〔よしこの等呼称〕 もののなも

物の名も所によりてかはるなり浪華(なには)のよしこの江戸の都々一

──よしこの節、幕末頃流行、『よしこの恋の湊』

よしこの本調〔雑載〕 よしこのほんちよう

(びん)のほつれは枕のとがよ、顔のやつれはぬしのとが。

逢ひはしなんだか横町の角で、縞の着物に菱の紋。

貞女両夫にまみえぬわしを、(つとめ)なりやこそ(あだ)(まくら)

意気な丸髷結城の小袖、旦那おはやうといふて見たや。

人がどよにしやくろとまゝよ、切れてくれるなとんび凧。

女禁制の吉野の山よ、誰がうゑたか女郎花(おみなへし) 

──よしこの節、弘化頃流行、『小歌志彙集』

 うかれよしこの

そんな人のじやありやしませんと うまく口をば縫ひ仕事。

切るがいやさに時節をまてば 今はしびりがきれてくる。

針も合ねば薬もあはぬ 合はぬつらさにつのる癪。

(まつ)にしんきな音づればかり 鐘をかぞへて寝るつらさ。

夢になりとも逢ひたいけれど 合ぬつらさに眼も合ぬ。

つらやいとなひ腹さぐられて ゑぐるおまへの気がにくい。

──よしこの節、『粋の懐』二篇(文久二年)

うかれよしこの〔雑載〕

そんな人のじやありやしませんと うまく口をば縫ひ仕事。

切るがいやさに時節をまてば 今はしびりがきれてくる。

針も合ねば薬もあはぬ 合ぬつらさにつのる癪。

(まつ)にしんきな(おと)づればかり 鐘をかぞへて寝るつらさ。

つらやいとなひ腹さぐられて ゑぐるおまへの気がにくい。

おそい帰りを(まつ)うづみ火に 寝られずこがすよ此むねを。

根もないりんきを口説(くぜつ)の種に してはすねたりいぢつたり。

にじりこんだる(ゆうべ)にかへて 鐘がつきだす切戸ぐち。

人目のせきなら忍びもせうが つらやへだゝる義理のかき。(後略)

──よしこの節、『粋の懐』二(文久二年)

 

YOU TUBE

 

お囃子「よしこの」 *正調・「お囃子よしこの」唄

 

よしよし節 よしよしぶし

都々逸の姉唄の一つで、名古屋で〈よしこの〉から派生した俗謡。

詞の結びが「よしよし」となっている。ただし、よしこの節と混同された扱いになっている面が多分にある。

〈よしよし節〉からは化政期に「なんじやなんじや」「なんとしやう」「はりはいなあ」「なんしよ節」などの変形唄がいくつも排出していて、これらを「よしよし調変体」と総称している。

【例歌】

 しよし調 よしよしちよう 

〽鶴が岡での神前で、あたまのかぶとのある其中でに、是が高貞さんのかぶとなり、さゝかほよが目きゝはよしよし。

〽塩冶判官(はんがん)高貞は、白木の三方腹切(はらきり)(がたな)、由良之介はまだこぬか、さゝおつつけ参上よしよし。

〽むかふより来る小提灯、伊吾よ〳〵と呼んでもみたけれど、かわい吉松は誰と寝た、さゝおとつさんとねたならよし〳〵。

──本調子端歌、江戸後期作、『小唄志彙集』

〔以下、よしよし調変体〕

なんじやなんじや

八幡町(はちまんちやう)の心中は、いやがる奴を無理殺し、寝たり起きたりするのわい、おきやがり小法師(こぼし)の真似かいな、さあさあなんじや〳〵。

──流行節、文化七年頃流行、『小唄志彙集』

何としやう なんとしよう

かゝさおはらに三人目が出来て、貰うお菓子を食べたがる、食ったとテナントしやう、おおきなこじやもの。

──流行節、文化九年頃流行、『小唄志彙集』

はりはいなあ はりわいなあ

ひとつくいたやお(よね)の団子、なあよ、やいてたゝいて砂糖つけて、はりはいなあ、すいたかよ。

──流行節、文化十年頃流行、『小唄志彙集』

なんきよ節 なんきよぶし

露のたるやうな前髪さまと、さいな〳〵、ひつちやくちやのなんきよ〳〵、旭さすまで寝とうござるじやないか、さいな〳〵、ひつちやくちやのなんきよ〳〵。

──流行節、文化十四年頃流行、はやり唄変遷史

なんしよ節 なんしよぶし

お前と私はおくらのこめよ、はんよ、いつかよにでてのう、ちよさんまゝとなる、したこたなんしよなんしよ。

──流行節、文政二年頃流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 蔵前の古米が一斉払出しになった一件をうたったもの。

よしよし節替え よしよしぶし/かえ

西の懸所(かけしよ)に百二十畳の達磨(だるま)、かいた〳〵、むちやくちやにかいた〳〵。

〽書いた達磨を紙屑買にみせて、かいな〳〵、ひつくるめてなんぼ〳〵。

[メモ] 文化十四年十月五日、西懸所地内にで葛飾北斎が筆をとり、百二十畳敷きの大達磨を描いて見せた一件にちなんで。

北斎大画即書細図より