歌謡とは娯楽か極楽か、という屁理屈はさておいて曲詞を楽しもう

 

Ch.14  娯楽・遊戯歌謡

 

 

Ch.14 娯楽・遊戯歌謡 目録 (五十音順) 

 

浅草オペラ唄 跡付け 映画小唄 映画主題歌 円太郎唄 オペラソング 回文唄

楽隊歌 掛合唄 数遊び唄 数え歌 数え歌〔江戸時代〕 数え歌〔近代〕 数え歌〔現代〕 数えくどき カフェーの唄 軽口唄 擬人化唄 擬物化唄 くぜり唄 劇中歌 拳唄 高座唄 言葉遊び唄 コロッケの唄 舌捩り唄 芝居唄 洒落言葉の唄 順の子節 冗語唄 小説歌謡 尻取唄すててこ 駄洒落唄 喩え唄 タレギダ 茶利唄 珍芸唄 テレビドラマ主題歌 頓降唄 謎かけ唄 謎解き唄 浪花節倣い唄 俄唄 早口の唄 反語唄 無駄口唄 物語唄 遊戯歌謡 予見の歌 

 

 

浅草オペラ唄 あさくさおぺらう

「浅草オペラ」は大正六年から関東大震災時まで、浅草六区の金竜館・常磐座・日本館などの劇場で上演された大衆向きオペラやミュージカルコメディの総称である。

本場オペラの内容が日本流の俗っぽい演出や曲詞に変えられはしたが、これが逆に大衆受けし、大正文化を華やかに彩った。これらオペラの歌詞を〈浅草オペラ唄〉という。例示作品を見ても、翻訳原詞から大きく遊離し脚色されているのがわかる。

 浅草オペラ『天国と地獄』〔大正中期〕

【例歌】

YOU TUBE

ティペラリー ていぺらりー  柏村貞雄ほか (英国歌謡)

♪イッツァロングウエー トゥティペラリー

イッツァロングウエー トゥーゴー

イッツァロングウエー トゥティペラリー

トゥザスウィティテストガール アイノー グッドバイ ピカデリー

フェアウェル ライセスタ スケア

イッツァロングウエー トゥティペラリー

バット マイハート ライトゼア

──劇中歌、大正六年常磐座上演、『新版 日本流行歌史』上

[メモ] 別歌〈ダブリンベー〉と並んで常磐座公演「女軍出征」での劇中歌。和風英語ならぬ正規の台本唄であり、出典に原語詞が載っている。

花園の恋 はなぞののこい         北原白秋詞

     一

くるしき恋よ花うばら

かなしき恋よ花うばら

二人は逢いぬしのびかに

震えて人目はばかりぬ

    二

くるしき恋よ花うばら

かなしき恋よ花うばら

二人は寄りぬ今更に

震えて眼をば見合せぬ

    三

くるしき恋よ花うばら

かなしき恋よ花うばら

 二人は泣きぬたえだに

震えて熱く息づきぬ

    四

くるしき恋よ花うばら

かなしき恋よ花うばら

 二人は触れぬおそろしく

 震えて(あか)口吻(くちづ)けぬ

──劇中歌、大正七年発表、『新版 日本流行歌史』上

 

YOU TUBE 

 

アルカンタラの医者 

カルメン

恋はやさし野辺の花よ *藤山一郎

今度生れたら *松井須磨子

「田谷力三」特集

天國と地獄 *オーケストラのみ

ベアトリ姉ちゃん *土取利行

モン・パリ *宝塚少女歌劇団花組

 

跡付け あとづけ

「尻取り唄」の上方での呼称。

酒席などで、一人がうたった短章の詞の最後を次の人が語頭に受け継ぎ、これを順回しにして続ける歌謡遊戯である。

【例歌】

跡付け唄 あとづけうた

稲荷の鳥居に猿の尻。のしり〳〵と上下で。

下の席おおせおせ。お関が弟は長吉で。長  吉〳〵あばばにつむりてんてん。天てん天満の裸巫女。みこが戻ろか住吉参り。参り下向の足休め。(下略)

──上方俗謡、皇都午睡初篇上

 

映画小唄 えいがこうた

流行歌区分の一つ、〈映画主題歌〉のうち小唄調のものをさす。しかし実際に、小唄と呼べる代物でないことは、歌謡曲に近い詞を見れば判然とする。

【例歌】

YOU TUBE

進軍の唄 しんぐんのうた        児玉花外詞

日出づる国の大丈夫が

今戦ひに出でゝ行く

旗翻へり地はわきて

歓呼の声やラッパの音

戦ひ勝ちて還らずば

二たびは見ず父母の国

花よ功勲を飾らずば

散りてかへらぬ吾身なり

富士と秩父の両山が

見渡す兵士の肩の波

揃ふ足なみ大海の

早や敵軍を呑まんとす

戦争する身と空の島

いづくに果つる飛行機が

空の兄弟頼んだぞ

地は引受けた日本刀

大和魂弾丸こめて

撃出すところ敵の影

雲か霞か魔と消えて

王師は光り輝けり

──流行歌、昭和四年、松竹映画「進軍の唄」主題歌、日本コロムビア音盤譜

[メモ] 「松竹映画小唄」のサブタイトル。

YOU TUBE

むらさき小唄 むらさきこうた     佐藤惣之助詞

     一

流す涙がお芝居ならば

なんの苦労もあるまいに

ぬれて燕のなく声は

あはれ浮名の女形(をんながた)

    二

好いちやいけない好かれちやならぬ

仇な一ト()の浮気船

乗せて流れていつまでか

しのび逢うのも恋ぢやない。

    三

嘘か誠かにせ紫か

男ごゝろを誰か知る

ちるもちらすも人の世の

いのちさびしや うす牡丹(ぼたん)

──歌謡曲、昭和十年、松竹映画「雪之丞変化」主題歌ポリドールレコード譜

 

YOU TUBE

 

して頂戴 *松竹蒲田撮影所のプロローグ歌謡

あけみの唄 *関 種子

 

映画主題歌 えいがしゅだいか

劇映画を演出するために挿入される歌謡曲。活動写真がトーキー化されてからの登場で、昭和に入ると〈映画主題歌〉の採用は常識になった。

【例歌】

YOU TUBE

さすらいの乙女 さすらいのおとめ     佐藤惣之助詞

     一

もゆる思ひは 深けれど

山の乙女は 気が弱い

紅い入日の 湖水(みづうみ)

泣きにきました ただひとり

    二

明日の夢に あこがれし

胸の小鳥を 抱きしめて

啼くな〳〵と 叱っても

忘れられよか その声を

    三

あきらめました あきらめて

今日の渚の さざ波に

 涙の木の葉 うかべては 

 乙女の夢を 流しましよ

──松竹映画「さすらひの乙女」主題歌、昭和八年発表、日本コロムビア音盤譜

 

YOU TUBE

 

愛国の花 しやんはいだより    福田正夫詞 渡辺はま子唄

ましろき富士の けだかさを

こころのつよい 楯として

御国につくす (おみな)()

輝く御代(みよ)の 山ざくら

地に咲き匂う 国の花

老たる若き もろともに

国難しのぐ 冬の梅

かよわい力 よくあわせ

銃後にはげむ 凛々しさは

ゆかしく匂う 国の花

勇士のあとを 雄々しくも

家をば子をば 守りゆく

やさしい母や また妻は

まごころ燃ゆる紅椿

うれしく匂う 国の花

御稜威(みいつ)のきし 菊の花

ゆたかに香る 日の本の

(おみな)といえど 生命がけ

こぞりて咲いて 美しく

光りて匂う 国の花

──流行歌、昭和十三年発表、『小学館CDブック・昭和の歌』

[メモ] 同題映画の主題歌でもある。

 「愛国の花」楽譜 渡辺はま子唄

 

YOU TUBE

 

ああそれなのに *松竹映画「内の女房にゃ髭がある」主題歌

愛して頂戴 *同題名の松竹映画主題歌

愛染かつら *同題名の松竹映画主題歌

愛染かつら~総集編

愛染草 *大映映画「かりそめの初夜」主題

愛染草紙 *松竹映画「愛染かつら」挿入歌

愛染夜曲 *同題名の松竹映画主題歌

愛の小窓 *日活映画「魂」主題歌

愛の灯かげ *新東宝映画「夢よもういちど」主題歌

愛の紅椿 *松竹映画「愛染椿」主題歌

愛の雷雨 *日活映画「雷雨」主題歌

山脈 *同題名の東宝映画主題歌

青い牧場  *大映映画「青空交響楽」主題歌

青空サーカス *テイチク 松竹映画「淑女とサーカス」主題歌

睡蓮 *東宝 映画「熱砂の誓ひ」主題歌

ハンカチ *同題名の日活映画主題歌

暁の合唱 *大映映画「暁の合唱」主題歌

暁の麗人 *同題名の新興キネマ映画

明日は明日の風が吹く 同題名の日活映画主題歌

あの丘越えて *同題名の松竹映画主題歌

雨に咲く花 *新興キネマ「突破無電」主題

嵐を呼ぶ男 *同題名の日活映画主題歌

アラその瞬間よ *同題名の松竹映画主題歌

アンコ可愛や *NCS映画「マドロスの唄」主題歌

「あんな女」と誰が言う *テイチク吉本映画「肉体の門」主題歌

いつでも夢を *同題名の日活映画主題歌 

浮名道中 *大映映画「おしどり笠」主題歌

歌で暮らせば *松竹映画「純情二重奏」主題歌

嬉しい仲 *日活映画「ジャズ忠臣蔵」主題

越後獅子の歌 *松竹映画「とんぼ返り道中」主題歌

江戸の流れ星 *大映映画「鉄火奉行」主題

江戸節めをと姿 *同題名の松竹映画主題歌

エロ感時代の歌 *日活映画『娘尖端エロ感時代』主題歌

  *同題名の大映映画主題歌

丘を越えて *新興映画「姉」の主題歌。

丘は花ざかり *同題名の東宝映画主題歌

男のさだめ 東映映画『山口組三代目』主題歌

男はつらいよ *同題名の松竹映画シリーズタイトル主題歌

乙女芸人の唄 *松竹映画「弥次喜多凸凹道中」の主題歌

乙女椿の唄 *日活映画「戯れに恋はすまじ」主題歌 

 女の夢 *松竹映画「愛情十字路」主題歌

乙女舟 *大映映画「或夜の接吻」主題歌

想い出のランプに灯を入れて *大映映画「紅椿」主題歌

俺は待ってるぜ *同題名の日活映画主題歌

女一匹のブルース *東映映画「女渡世人」主題歌

おんなの命 *東映映画「日本女侠伝 侠客芸者」主題歌

女の階級 *同題名の日活映画主題歌

女の手の歌 *同題名の松竹映画主題歌

影法師の歌 *同題名の松竹映画主題歌

風は海から *東宝映画「阿片戦争」主題歌

しき口笛 *同題名映画の主題歌。

悲しき子守唄 *松竹映画「愛染かつら」主題歌

悲しき竹笛 *大映映画「或る夜の接吻」の主題歌

蒲田行進曲 *同題名の松竹映画主題歌

カルメン故郷に帰る *同題名の松竹映画主題歌

カルメン純情す *同題名の松竹映画主題歌

黄色いリボン *原曲はアメリカ民謡で、米映画「黄色いリボン」の主題歌

飢餓海峡 *同題名の東映映画主題歌

希望をたづねて *松竹映画「日本の妻」主題歌

君いとしき人よ *映画「君の名は」主題歌

君待船 *同題名の大映映画主題歌

君ゆえに *同題名の東横映画主題歌

君よ共に歌わん *同題名松竹映画の主題歌

銀座カンカン娘 *新東宝同題映画の主題歌

銀座化粧 *同題名の新東宝映画主題歌

銀座の恋の物語 *同題名の日活映画、1961

櫛巻お藤の唄 *松竹映画「丹下左膳余話・百萬両の壷」主題歌

沓掛子守唄 *東映映画「遊侠一匹」主題歌

虞美人草 *同題名映画の主題歌

鞍馬天狗 角兵衛獅子 *同題名の松竹映画主題歌

黒い花びら *東宝映画「青春に賭けろ」主題歌

黒百合の歌 *映画「君の名は」第二部の主題歌

元気で行こうよ *松竹創立百周年記念ディスクに収録、昭和十六年発表の作品

恋の鳥 *松竹映画「沈丁花」主題歌

恋の紅あざみ *大映映画「真珠夫人」主題

恋の曼珠沙華 *東宝映画「三百六十五夜」主題歌

恋はひとすじ *松竹映画「朝霧」主題歌

高原の乙女 *松竹映画「美しき隣人」主題

ここに幸あり *同題松竹映画の主題歌

こころ妻 *同題名新東宝映画の主題歌

五十三次待ったなし *松竹映画「びっくり五十三次」主題歌

小太刀を使う女 *同題名の大映映画主題歌

この太陽 *同題名の日活映画主題歌

この *同題名の松竹映画主題歌

湖畔の一夜 *松竹映画「許された一夜」主題

湖畔の乙女 *松竹映画「湖畔の別れ」主題歌

湖畔の花 *松竹映画「愛情十字路」主題歌

ゴマスリ節 *東宝映画「日本一のゴマすり男」主題歌

今宵誓いぬ *同題名のマキノプロ第一回作品主題歌

細君三日天下 *同題名の日活映画主題歌

さすらい *日活映画『南海の狼火』主題歌

さすらいの乙女 *同題名の松竹映画主題歌

錆びたナイフ *同題名の日活映画主題歌

寒い朝 *映画「赤い蕾と白い花」の主題歌

侍ニッポン *同題名の映画主題歌(五度にわたる映画化のため製作会社等不確かな部分がある)

残菊物語 *同題名の大映映画主題歌

三百六十五夜 *東宝映画「三百六十五夜」主題歌

しあわせはどこに *同題名日活映画の主題

支那の夜 *東宝映画「支那の夜」主題歌

しのび泣くブルース *松竹映画「和加のタンゴ」主題歌

十七歳のこの胸に *同題名東映映画の主題

純情一座の唄 *日活映画「純情一座」主題歌 

純情二重奏 *同題名松竹映画の主題歌

情熱のルンバ *同題名松竹映画の主題歌

処女峰 *同題名大映映画の主題歌

女性三重奏 *松竹映画「さすらいのギター」主題歌

白い椿の唄 *日活映画「貞操問答」主題歌

新宿酔いどれ番地 東映映画「新宿酔いどれ番地 人斬り鉄」主題歌

真珠夫人の歌 *大映映画「真珠夫人」主題

人生の並木路 *映画「検事の妹」の主題歌

聖処女の唄 *映画「検事の妹」の主題歌

絶 唱 *同題名日活映画の主題歌

想兄譜 *東宝映画「支那の夜」主題歌

蘇州夜曲 *日中合作映画「支那の夜」の主題歌で、ヒロインは李香蘭こと山口淑子

空の母さん *東宝映画「翼の凱歌」劇中歌

啄木の唄 *日活映画『情熱の詩人石川啄木』主題歌

楽しい日曜日 *同題名の松竹映画主題歌 

旅笠道中 *映画「東海の顔役」の主題歌

旅のチャリンコ娘 *映画「びっくり五十三次」主題歌

旅の夜風 *松竹映画「愛染かつら」の主題

珠はくだけず *同題名大映映画の主題歌

誰か夢なき *同題名新東宝映画の主題歌

誰に恋せん *同題名大映映画の主題歌

 丹下左膳の唄 *日活映画「丹下左膳餘話百萬兩の壺」の主題歌

ダンデイ気質 *吉本映画「肉体の門」主題歌 

誓いの港 *同題名の松竹映画主題歌

乳姉妹の唄 *松竹映画「乳姉妹」主題歌

追憶の雨 *松竹映画「女性の覚悟」主題歌

津軽のふるさと *新英プロ製作映画「リンゴ園の少女」挿入歌

月形半平太の唄 *松竹映画「月形半平太」主題歌

月の出船 *同題名大映映画の主題歌

月よりの使者 *同題名大映映画の主題歌

強くなってね  *同題名松竹映画の主題歌

鉄火奉行の唄 *大映映画「鉄火奉行」主題

東海の顔役 *同題名市川歌右衛門プロの主題歌

東京キッド *同題名松竹映画の主題歌 

東京行進曲 *同題映画の主題曲。佐藤千夜子が酒場女給の捨て鉢な感じを歌う 

東京の人 *同題名の日活映画主題歌

東京の人よさようなら *同題名東宝映画の主題歌

十日間の人生 *別題「愛の朝」、松竹映画「朝の星」の主題歌

流れ三味線 *松竹映画「流転」主題歌

流れゆく花 *大映映画「母椿」主題歌

くな若人 *松竹映画 「眞白き富士の根」の主題歌  

嘆きの白百合 *松竹映画「母は強し」主題

嘆きのダンサー *同題名東映映画の主題歌

なつかしの歌声 *東宝映画「春よいづこ」主題歌

なつかしのブルース *同題名松竹映画の主題歌

七つの星座 *同題名大映映画の主題歌

涙の歌姫 *大映映画「母三人」主題歌

涙の駒鳥 *松竹映画「駒鳥夫人」の 主題歌

涙のはぐれ鳥 *松竹映画「陽気な渡り鳥」主題歌

涙の一つ星 *松竹映画「花も嵐も」主題歌

涙の夜曲 *大映映画「雷雨」の主題歌

涙の渡り鳥 *同題名松竹映画の主題歌

新妻鏡 *同題名の東宝映画主題歌

濡れつばめ 松竹映画「お小夜恋慕唄」主題歌 

のぞかれた花嫁 *同題名の日活映画主題歌

ハイそれまでよ *東宝映画『ニッポン無責任時代』主題曲

はぐれ小鳩 *大映映画「母紅梅」主題歌

馬賊の歌 *映画「夕日と拳銃」主題歌

花の三度笠 *同題名大映映画の主題歌

花の素顔 *同題名の松竹映画主題歌

母を呼ぶ歌 *同題名の松竹映画主題歌

母恋舟唄 *同題名大映映画の主題歌

母恋星 *同題名の大映映画主題歌

母紅梅の唄 *大映映画「母紅梅」の主題歌

母三人の唄 *大映映画「母三人」の主題歌

母月夜の唄 *大映映画「母月夜」の主題歌

母の歌 *同題名松竹映画の主題歌

母は青空 *東宝映画「誓ひの合唱」主題歌

母よいずこ *松竹映画「母の愛」主題歌

薔薇いくたびか *同題名角川映画の題名

春の潮(うしお) *同題名松竹映画の主題歌

春まだ浅く *日活映画「情熱の詩人啄木」主題歌

春よいずこ *同題名東宝映画の主題歌

晴小袖 *同題名新興映画の主題歌

人妻真珠 *同題名新興映画の主題歌

人妻椿 *同題名松竹映画の主題歌

ひばりの花売り娘 *松竹映画「父恋し」主題歌

ひばりのマドロスさん *同題名松竹映画の主題歌

ひまわりの花 *松竹映画「南風」主題歌

白夜行路 *同題名松竹映画の主題歌

白蘭の歌 *同題名東宝映画の主題歌

二人は若い *日活映画「のぞかれた花嫁」主題歌 

振袖人形 *松竹映画「振袖御殿」の主題歌

古き花園 *松竹映画「春雷」の主題歌

ふるさとの灯 *松竹映画「高原の月」主題

別離傷心 *同題名日活映画の主題歌

紅椿の歌 *同題名大映映画の主題歌

星の流れに *松竹映画「こんな女に誰がした」主題歌

星は何でも知っている *同題名日活映画主題歌

街の姫百合 *松竹映画「春雷」主題歌

窓に凭れて *新興キネマ「姉」の主題歌

マドロスの唄 *同題名NCS映画の主題歌

まぼろしの妻 *大映映画「土曜夫人」主題

道行シャンソン *日活映画「ジャズ忠臣蔵」主題歌 

緑の幌馬車 *松竹映画「美しき隣人」主題歌

港の雨 *同題名日活映画の主題歌

南風の唄 *松竹映画「南風」主題歌

都の子守唄 *松竹映画「思い出のボレロ」主題歌

未来花 *同題名日活映画の主題歌

霧笛が俺を呼んでいる *同題名日活映画の主題歌。亡き赤木圭一郎が主演し歌った

胸の振子 *新東宝映画「見たり聞いたりためしたり」主題歌

むらさき小唄 *松竹映画「雪之丞変化」の主題歌

野球小僧 *大映映画「歌う野球小僧」の主題歌 

弥次喜多小唄 *帝国キネマ映画「弥次喜多道中」の主題歌

柳なびけど *入江プロ特作映画「明治一代女」主題歌

山のかなたに *同題名新東宝映画の主題歌

夕陽の丘 *日活映画「夕陽の丘」の主題歌

ゆかりの唄 *大映映画「緑の地平線」の主題歌

雪之丞変化 *同題名の松竹映画主題歌

湯の国むすめ *新東宝映画「さすらひ娘」の主題歌

湯の町夜曲 *同題名の新東宝映画主題歌

夢の花かげ *松竹映画「あの丘越えて」の主題歌

夢呼ぶ海の歌声 *大映映画「真白き富士の嶺」の主題歌

夢よもういちど *同題名新東宝映画の主題

夜霧に消えたチャコ *同題名の映画主題歌

夜霧のブルース *松竹映画「地獄の顔」の主題歌

夜霧よ今夜もありがとう *同題名の日活映画主題歌

夜空の星 *東宝映画「エレキの若大将」の主題歌

呼子星 *大映映画「母恋星」の主題歌

夜更けの街 *松竹映画「地獄の顏」主題

夜のひなげし *新東寶映画「人間模様」の主題歌

夜の未亡人 *同題名新東宝映画の主題歌

喜びも悲しみも幾歳月 *同題名の映画主題歌                                                                       

リンゴ追分 *映画「リンゴ園の少女」主題歌

リンゴの歌 *終戦直後に封切りの映画「そよ風」主題歌

りんどう峠 *松竹映画「りんどう鴉」の主題歌 

流 転 *同題名松竹映画の主題歌

麗人の歌 *東宝映画「麗人」主題歌

恋慕笠 *同題名新東宝映画の主題歌

若いおまわりさん *同題名日活映画の主題

 人出帆 *新興キネマ「裸一貫」の主題歌

わが恋は燃えぬ *同題名松竹映画の主題歌

別れ鳥 *松竹映画「迎春果」の主題歌

別れのタンゴ *同題名の松竹映画主題歌

別れ路の唄 *松竹映画「母の歌」の主題歌

私の鶯 *同題名満映・東宝映画の主題歌

私のボーイフレンド *同題名大映映画の主題歌

私は街の子 *松竹映画「父恋し」の主題歌

 

円太郎唄 えんたろううた

明治初期の寄席芸人、橘家円太郎がはやらせた俗謡。

「円太郎」とは、そもそも明治十五年東京新橋―日本橋間に開通した鉄道馬車の俗称で、これを芸人円太郎がネタに演出、その名を芸名に貰ったものである。

 また、たとえば高座で真鍮のラッパを吹奏したことから「ラッパの円太郎」といった滑稽な異名も付けられた。

【例歌】

ほれたほれたよ

♪ほれた〳〵よ お前にほれた 馬が小便して 地が掘れた。

──俗謡、明治十五年頃流行、『日本近代歌謡史』

おんぎよく 円太郎

♪あさくさしんばし ゆきかふばしやハ

 コトバ「こぞうどかねへか どふしたくるまア ソリヤ おばアさん あぶないだんなのりませんか ヘエイ〳〵 

ラッパ「パツパカパア

♪のりあいべんりの せんりけん

──寄席芸、明治十五年頃流行、『当世はやり諸げいの大みせ』(長谷川右兵衛板)

 

オペラソング 

〈歌劇〉とも。日本におけるオペラ全盛期(大正時代)に流行した劇中歌。浅草オペラなどの熱狂的ファンが少なくなかった。

 CDジャケット

【例歌】

YOU TUBE

カチューシャの唄 かちゆーしやのうた   松井須磨子唄  島村抱月・相馬御風詞

一 カチューシャかわいや

わかれのつらさ

せめて淡雪とけぬ間と

神に願いをララかけましょか

 二 カチューシャかわいや

わかれのつらさ

   今宵一夜にふる雪の

   明日は野山のララ道かくせ

 三 カチューシャかわいや

わかれのつらさ

   せめてまた逢うそれまでは

   同じ姿でララいてたもれ

 四 カチューシャかわいや

わかれのつらさ

   つらい別れの涙のひまに

   風は野を吹くララ日はくれる

(現代表記に改変)

──劇中歌、大正三年三月初演、芸術座第三回公演「復活」で発表

YOU TUBE

恋はやさし野辺の花よ こいはやさしのべのはなよ 田谷力三唄

小林(ちか)()訳詞(ズッペ作曲)

♪恋はやさし 野辺の花よ

夏の日ざしにも あせぬ花よ

むねに一筋 燃ゆる思い

冷たき真冬の 霜さえ忘れて

ただ君をば 愛するのみ

 恋はやさし 野辺の花よ

 君と語れば 胸にはいつしか

 恋の花が 咲きみだれる

♪あわれまことの 霜が枯れりゃ

恋の花びらは 散るが定め

胸に一筋 燃ゆる思い 

冷たき真冬の 霜さえ忘れて 

ただ君をば 愛するのみ

 恋はやさし 野辺の花よ

 君と語れば 胸にはいつか

 恋の花が 咲きみだれる

──喜歌劇中歌、大正四年遊楽座公演「ポッカチオ」、『日本唱歌全集』(井上武士編、音楽之友社刊)

[メモ] モダンな曲詞が受けて日本国中で熱唱された。

 

YOU TUBE

 

オペラカルメン *日本語上演

大砲ソング *こんにゃく座「三文オペラ」より

蝶々夫人 *全曲、日本語字幕付き

ディアポロの歌

細川ガラシア (ガラシャ) 

夕 鶴

 

回文唄 かいぶんうた

古くに〈廻謡〉ともいった。上から読んでも下から読んでも同じ言葉つづりとなる、すなわち回文仕立て歌詞の唄。

きわめて数が少なく、貴重な存在である。

【例歌】

長き夜 ながきよ

〽「(なが)()の (とお)(ねむ)りの(みな)目覚(めざめ) (なみ)のり(ふね)(おと)のよき(かな)」下から読んでも「(なが)()の (とお)(ねむ)りの(みな)目覚(めざめ) (なみ)のり(ふね)(おと)のよき(かな)」 正月二日の初夢に おおよし〳〵ずんとよし 天道(てんとう)さま出ぬうちゃ帰しゃせぬ。

──本調子端唄江戸後期作、『端唄大全

[メモ] 七福神の初夢を主題に、「 」の中の部分だけ回文になっている。

回謡〔島根県〕 かいよう

♪タヽ狸の□□八畳敷、キヽ狐の□□団子にしよ、しよ〳〵正直売買へこなつたタヽ。

♪リヽ李鴻章(りこうしよう)禿頭(はげあたま)、マヽ満州兵を打取つて、テヽ帝国万歳大勝利、リヽ。

♪キヽ木下藤吉秀吉は、ワヽわが国一の豪傑ぞ、ゾヽ草履の許から出世して、テヽ天下の将も是れ一朝、チヨチヨ朝鮮征伐太閤記、キヽ。

──里謡近代に収録、『わらべ唄民謡大全

[メモ] 正規の回文形態からはるかに外れている。しかも尻取りも併用してあるため、随所に無理が生じている。内容よりも幼児向き唄の一環とみなすべきだろう。なお「回謡」は、堂々巡りの唄をさすこともある。

 

楽隊唄 がくたいうた

〈ジンタ音楽〉とも。近代、救世軍のいわゆる楽隊が演奏唱歌した楽曲をいう。これが寄席の下座音楽にも取り入れられ、二上り合方入り曲芸出囃子「ヂンタヂンタヂンタカタツタ」にも使われるようになる。

例歌「美しき天然」(田中穂積作曲)はその代表的な曲で、サーカスの空中ブランコなどでも演奏された。

【例歌】

YOU TUBE

美しき天然 うつくしきてんねん       竹島羽衣詞

空にさえずる鳥の声

峯より落つる滝の音

大波小波鞺々(とうとう)

響き絶えせぬ海の音

聞けや人々面白き

此の天然の音楽を

調べ自在に弾き給う

神の御手の尊しや(第一節)

──歌謡曲明治三十八年作、『日本流行歌史

 

YOU TUBE

 

浅草ジンタ

東京ジンタ(カラオケカバー)

破矢(はし)ジンタ

 

掛合唄 かけあいうた

〈掛唄〉とも。個人同士で、また集団同士で、きめられた主題の歌詞を交互にうたう歌謡。現代の漫才の母体説があり、さまざまな形式が存在、民謡・俗謡に多くみられる。

【例歌】

どうさ節〔山形県〕 どうさぶし

かけ声「日々にひゞで儲けし(ぜに)(かね)を、又ひゞにつかふよあゝ世の中ぢやなあ、「ほろひては、かけ声「鍋の鋳掛、尚も人目につくま鍋、(われ)から恥を現はすや、かけ声「とや〳〵余り鍋々といはないでお呉んな、きれ綿帽子耳にかゝるしの、「主なき腹の子くれなべしいつけにはたえの腐れ鍋、かけ声「とやさん此の傷も鋳掛けて貰ふのか、「いかなる疵気の底つ鍋も鋳掛けて水を漏らさうナ、「とや、かけ声「ほゝし大亀裂(おほひび)だの、月末月始めよく痛みたがる奴さと鋳掛けてやんべい。

──民謡、近代に収録、『俚謡集拾遺』

栗花部の井 つゆのいど      摂津の伝承歌

姫「天ヨリ高イ咲ク花ニ

  ナンノトドコゾ源右衛門ニ

源右衛門「天ヨリ高イ咲ク花モ

  散レバ源右衛門ノ下トナル

姫「何クソクソ鳥

  高木ノ空二目ヲカケナ

源「クソ鳥トテ

 羽ガヒロゲテ タツ時ハ

 五重塔モ下ト見ル

──民謡、摂津国山田で収録

[メモ]  

伝によると、これは嫁めとりの民話から出た

唄合戦で、内容から源右衛門が勝ち、約束通

り姫をめとったという。めでたし、めでたし。  

少女歌劇 しようじよかげき   有田洋行会 少女歌劇団

甲「逢はなきや死ぬほうが余つ程ましだわ無理にも逢ひたいわ、

乙「ソリヤ悪るからう、そんなに逢ひたきや勝手にしなさい、私は知らないよ、

合唱「タラララララ、ラーラ、ララ、リーララ、ラーラ、リララララーララ、

乙「私や今夜も明日も明後日も毎日逢ひ度くない、

甲「ソリヤ悪るからう、

乙「それでも逢ふのは本当にいやだよ全く逢ひ度ない、

甲「ソリヤ悪るからう、そんなに逢ねば景気が悪るいから逢たらよからうよ、ソリヤ悪からう、

乙「逢ふより死ぬ方が余つ程楽だよ何うしても逢火度ない、

甲「ソリヤ悪からう、そんなにいやなら勝手にしなさい、私は知らないよ、

合唱「「タラララララ、ラーラ、ララ、リーララ、ラーラ、リララララーララ、

──巡業歌、大正十年頃作、宣伝用チラシ

 

YOU TUBE

 

掛合咄 *豊年斎梅坊主連中

掛合漫談「夫婦商賣」 *柳家金語楼・月岡初子

三年目の浮気 *三浦京子&ハニーシックス

誰かが何処かで笑ってる *上原敏・新橋喜

 

数遊び唄 かずあそびうた

数をさまざまな角度で弄した詞で構成。バリエーションが多彩で、〈数え唄〉などと同系の言語遊戯唄である。

数や数詞が尻上がりに上がっていく仕様のものが多い。

【例歌】

寸尺よせて すんしやくよせて

寸尺よせて。いふならば。女子(おなご)にまけて立ぬが一歩(いちぶ)。しりのつまるは。柿の四分(しぶ)。たがひの勝負は五分(ごぶ)〳〵で。諸国修業に廻るが六分(ろくぶ)。いきな尻から下が七分三分。夏まつりの(とく)(べい)が一寸で。浅草観音一寸八分。腹きりがたなは。九寸五分。だんびら二尺八寸で男伊達の染五郎は五尺でかごかきが六尺に京に一丈。

──大津絵節、『粋の懐』九篇(文久二年)

ざこばに立つ ざこばにたつ

♪ざこばに立つのが市といふ、仲士(なかし)の持つのが(にい)といふ、赤子の出来たのを産といふ、(から)では歌を(しい)といふ、白黒(しろくろ)石を(ごう)といふ、牡丹(ぼたん)唐獅子(からじし)ろくといふ、貧乏人のやりくりは(しち)といふ、おいどでさすのを蜂といふ、ものを案じ心配するのを(くう)といふ、朝夕あけたてするのは、これを(また)(とう)といふ

[メモ] 音通による駄洒落唄である。

一升より一石まで心意気 いつしようよりいつこくまでこころい

一升おまへと、末ながふ、二升も三升も変りやせぬ、四升がどのやうにいはふとも、五升で浮気はせぬわいな、たとへ六升な暮しでも、七升の(かん)(だう)うけるとも、八升九升ともおもやせぬ、一斗忘れりや二斗三斗、四斗の意見も、五斗も六七斗も聞いたれど、八斗はおもへど、九()いことじや、一石みゝにも(はひ)りやせぬ

──ともに大津絵唄、『大津絵節』(明治七年、版元不明のペラ摺物)

 

数え歌 かぞえうた

数詞または助数詞をもって各句頭に順に折り込んだ歌謡詞を〈数え歌〉と総称している。広義には〈折句〉に属する。また手鞠唄に見られるような数かぞえの目的と、〈尽し唄〉に見られるような物事列挙の目的の、どちらかである場合が多い。

〈数え歌〉では普通、弾み(ことば)を用いながら数を逓増させていく。童唄をはじめ歌謡全般はもちろんのこと、文芸など各分野での踏襲・応用も広範囲にわたる。

〈数え歌〉の歴史は古く、上代すでに招魂法(たまむすび)降神術(かみおろし)の手段としての、呪言(まじない)を唱えるさいに使われている。たとえば、天子の御魂(みたま)の安らぎと治世長久を祈念する鎮魂祭(たましずめのまつり)では、「一二(ひとふた)三四(みよ)(いつ)(むや)(なな)()九十(ここのたりや)」の詞を十回唱えながら玉匣(たまばこ)の緒を結ぶ、と記録にあり、これが〈数え歌〉の発祥である、と民俗学では説明している。平安時代に入ると、祝詞は古歌謡の表現に踏襲をみることができる。後白河法皇が撰編した今様歌謡集『梁塵秘抄』所収「四句神歌」にも、

吹田(すいた)の御湯の次第は 一官二寺三安楽寺四には四王子五(さぶらひ)膳夫(ぜんふ)……

と、筑紫二日市温泉の入湯者優先順位をうたった詞が見える。さらに時代が下がると、民間のまじない療法、童唄あるいは古民謡などに〈数え歌〉が頻繁に現れている。鎌倉時代の宴曲(早歌(そうが))には物尽しの〈数え歌〉が何篇かあるし、室町時代には物売詞や大黒舞、辻遊芸に至るまで〈数え歌〉が広まっている。

 数え歌の素材たっぷりなイラスト

 

YOU TUBE

 

男の数え歌 

 

数え歌〔江戸時代〕 かぞえうた/えどじだい

江戸時代は〈数え歌〉の全盛期で、はやり唄・俚謡はもとより歌舞伎・浄瑠璃の詞章、西国巡礼歌、はては酒席でのバレ唄に至るまで隆盛を極めた。

【例歌】

将棋の数え歌 しようぎのかぞえうた

〽一二わるきは 三郎兵衛 四まいつかへて 五めいわく 六親眷族(けんぞく) うとみはて 七にすつきと 置きあげて 八をひらくは いまのまぞ 九にのしをきは きゝいれず 十〳〵そちの あやまりて 馬じやといへど かいあらじ 是よりきりを あげたまへ せめて将棋は 芸のうち たゞ王〳〵に しくはなし 金銀さらに 費さず みたる桂馬も あしからで 座敷の香車を もよおして ()しのつきあい おほくあり 人の角行 よくなりて 道理も飛車も しるゝなりけり 

──数え歌、『鹿の巻筆』(貞享三年)

[メモ] 出典は咄本で、その所収歌である。〈数え歌〉が途中から将棋の駒尽しにすりかえられ、ところどころに〈秀句〉をきかせた珍妙な作である。

かぞへうた

〽ひとつ人のまよふ、恋といふ字はむくつけだにも、大みや人はいとまなき恋ぢ、さくらかざして此下かげのつゆに「ぬれにぞぬれしわがさよごろも「ふたつふたばのまつちやまの、まつのあらしに、そのよの夢をさまさせ、わかれぢと、うきとつくさをみつみよしの、よしのへござれ吉野へござれ、いつもながらのやまざくら、のんやほ「よつ世の中の、人の、心は、しな〴〵にわかてども、いつゝ〳〵にて、色といふ字にひかれては、きゆるいのちはもちろんさ、むつむかしのそでかをる、はなたちばなのゆふぐれに、やまほととぎすなきつれ、くるはなくるはすぎにしさいこのさ、ひとつなつかしやゆかしや「なゝつなまなか、なれてくやしやなれまいものを、あへばわかれのとりがなく、夜はしのゝめか、やつやまぶしすがたにさんまをかへ、ときんすゞかけしやくじやうをこしにさいて京らくちうの花ざかり「ひとへふたへやみえやへこゝのつ、「恋にきん〳〵きましよかをはら、しづはらやせのさとしばめさぬか、つゆをふみわけて、とをでとほからちらめくほしのかず〳〵「あかつきの明星が西へちろり東へちろり、〳〵〳〵とするときは、あふぎおつとりかたなさいて、たちのつかに手をうちかけて、いのうよなぜもどらうよと、いうてはたもとにとりついた、いとしけりやこそしとゝうて、にくかうたりよか、手がそれた。

──地歌(手鞠唄)、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

こひな節 こいなぶし

〽一つとやこいな、人に知られたお花どのをゝこい〳〵、浮名のたつのも無理はない、をゝこいな、きなされこい〳〵。

 二つとやこいな、二人一所に()て話そをゝこい〳〵、むつごとはなしがよござへしよ、をゝこいな、きなされこい〳〵。

三つとやこいな、見付られたよ川ばたでをゝこい〳〵、大恥かいたよ甚太郎さん、をゝこいな、きなされこい〳〵。

四つとやこいな、よその浮気も世の義理もをゝこい〳〵、いとふてなりましやうか甚太郎さん、をゝこいな、きなされこい〳〵。

五つとやこいな、いつか願が叶ふたらをゝこい〳〵、お前のお側で針仕事。をゝこいな、きなされこい〳〵。

六つとやこいな、無限(むげん)地獄へ落つるともをゝこい〳〵、おまへのお側ははなりやせぬ、をゝこいな、きなされこい〳〵。

七つとやこいな、何につけても物あんじをゝこい〳〵、すへにそふのをまつ(ばかり)、をゝこいな、きなされこい〳〵。

八つとやこいな、屋敷ばたけで手でまねくをゝこい〳〵、あとから来るのがお色どの、をゝこいな、きなされこい〳〵。

九つとやこいな、(ここ)でそはれぬ事ならばをゝこい〳〵、いづくのはてまでもついてゆく、をゝこいな、きなされこい〳〵。

十とやこいな、どうで仕舞(しまひ)は心中とをゝこい〳〵、お花さんと甚太郎さんの恋の中、をゝこいな、きなされこい〳〵。

──流行唄、文化十二年流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 以下二十一まで続く。「甚太郎」は腎虚(勃起不全)の擬人名。 

大津絵節 おおつえぶし

〽一年一度(いちど)が 七夕(たなばた)さんで おるいにあふとて二度(にど)三度(さんど) 四度(よど)のくるまは 水ゆへ廻る 禅宗が五度(ごどう)に迷ひが六度(ろくど) 七度(しちどう)伽藍(がらん)にきびしい八度(はつと) いやないけんにおやじが九度(くどう) 十度(とうど)お前で百度参り 船に千度(せんど)高野(こうや)万度(まんどう) 其上は 十万億度が極楽で 度々(どど)のつまりは仕方がないので筆を億度(おくど)

──大津絵唄、幕末流行、江戸瓦版

一ツトせぶし ひとつとせぶし

     上

一ツトせ ひろい日本ばかにして アメリカけとふがわたりきて コノ こまり物

二ツトせ ふそくもなへのに よくふかく とうじんよんだが ミのつまり コノ こまり物

三ツトせ ミなさんゆふのにちがへなし よこはまできたが 世のつまり コノ こまり物

四ツトせ よくになんなく いるものを つめながおやぢが よびよせて コノ こまり物

五ツトせ いろまでこういき いたすのか ひましにしよしきが ねが上がる コノ こまり物

六ツトせ むやみに いこくでかうものハ 四そくふたうし 馬もかへ コノ こまり物

七ツトせ なんでもやたらに かへあげて 安売りする人さらになし コノ こまり物

八ツトせ やがてミさんせ このくにが だん〴〵つまりに つまるだろ コノ こまり物

九ツトせ このまますておく事ならバ そろ〳〵むほんもをこります コノ こまり物

十トせ とうじんぱァ〳〵が おとつさんで おかミさんは日本人で子ができて コノ こまり物(下は略)

──数え唄、慶応三年流行、『世の中こまりもの一ツトせぶし』上

 

数え歌〔近代〕 かぞえうた/きんだい

 明治・大正になっても、〈数え歌〉は俗謡や街頭演歌、軍歌、唱歌などに採用され、人気の衰えを見せない。

しかし近代においては、あまりにも数多くの亜流唄が生み出されたため、作詞側は種切れを呈し、それらを耳にするほうも食傷気味で、やがて下降線をたどるようになる。

【例歌】

文明開化大はやり ぶんめいかいかおおはやり

♪一トセ ひとつしんぱん ないづくし いろ〳〵とりよせ かぞへうた コノおうはやり/二トセ ふろにやいりごみ ゆかれない つじ〳〵らんぷで くらくない よみちはけが人 これもない/三トセ みちもなをりて わるくない おかみのせへじに ぬけめない でんしんだよりは おそくない/四トセ よこもじ手がみは かきてない それほどやりてえは ひらけない ばんごしらない 人もない/五トセ いしやのくすりは あがらない びやういんぐすりは せんじない まして女らしゆは かさがなへ(後略)

──流行唄、明治初年流行、『日本近代歌謡史』下

ロンドン小唄 ろんどんこうた     某留学生の作詞

♪一ツとや 人のしれかし竜動(ロンドン)は 往還左右はペブメントペブメント/二ツとや 文のとりやりぞうさなく ピルロルポストニテレガラフテレガラフ/三つとや 道をきれいに塵払う 御馬で水うつウォーートリンカーツウォートリンカーツ/四ツとや よくも出来たる土地の中 蒸気車のオンドルグロートンオンドルグロートン/五ツとや いつも夜毎もきらびやか 昼にも変わらぬガスランプガスランプ(後略)

──流行唄、『新聞雑誌』明治七(一八七四)年六月十八日

七福神数え歌 しちふくじんかぞえうた 

一つとせ 広い座敷にあの福の神 七人揃うてお酒盛り 琵琶を弾くやら唄うやら

二つとせ 福徳円満限りなく 増える小宝福宝 金や銀貨を箕で計る

三つとせ 水も緑も池の面 遊ぶみの亀生い茂る 月の木の間に鶴の声

四つとせ 喜びの重なるこの家 珊瑚じめの玉つなぎ 紙幣を飾りて床の間に

五つとせ いつの家内がにこにこと 出入りの人さえ恵比須顔 笑う角には福来たる

六つとせ 棟木(むなぎ)栄に積み上げて お米俵があの一万俵 さてもみごとに繩飾り

七つとせ 何から何まで抜け目なく 相続さしずの商売も 主人思わぬ白鼠

八つとせ 屋敷の構えが八町歩 金子金倉いろはづけ 裏と表に建てならぶ

九つとせ 今年は豊年万作で 五穀も成就し(かいこ)も さてもみごとに出来上がる

十をとせ 富持長者となったのも、主の陰徳ご運が開け 金のなる木が広々と

十一とせ 異国へ出たのも数知れず 金銀穀物呉服物 出舟入り船あの五千ばい

十二とせ 日本の宝はもとよりも 世界の宝は残りなく 福はこちらへ実におめでたい

──数え歌、大正初期、『替歌・戯歌研究』

恋路文句数え歌 こいじもんくかぞえうた

一つとせ 日ごろ太夫さんに濃いコガルるに それだにあなたは外心 イソのあわびでわしゃ片思い

二つとせ 振りや器量にわしゃ惚れはせん 私は太夫さんの気に惚れて 明け暮れこがれているわいな 

三つとせ 見れば見るほど太夫さんは 女泣かせの仇男 娑婆に太夫さんがなけりゃよい 

四つとせ 夜は忍んで太夫さんと 逢えば間もなく明けの鐘 嫌な別れをせにゃならぬ

五つとせ 粋なあなたとつれ添うからは 親に感動受くとも なんの(いと)いがあるものか

六つとせ 無性にこがれているこの私 親が添わせにゃ是非がない 二足の草鞋で永の旅

七つとせ 永の道中をはるばると 汽車や蒸気や人力で 黄金(こがね)うずまくアノ大阪へ

八つとせ 山ほど恋路が重なりて 思いおうたる二人の仲へ 人が水さしゃエェ腹が立つ(後略)

──数え歌、大正初期作、『替歌・戯歌研究』

〔富山県水橋町〕 いちもんめとせ/とやまけんみずはしちょう

♪一匁とせ、おら石割らんとせ、石屋のもんこそ石割れか。

 二匁とせ、おら庭はかんとせ、奉公人こそ庭掃けか。

 三匁とせ、おら鯖すかんとせ、漁人(れふし)どもこそ鯖すけか。

 四匁とせ、おら柴刈らんとせ、山のもんこそ柴かれか。

 五匁とせ、おら碁打たんとせ、オヤツサマらちこそ碁打てか。

 六匁とせ、おら()押さんとせ、漁人どもこそ艫押せか。

 七匁とせ、おら質置かんとせ、貧乏人こそ質置けか。

八匁とせ、おら鉢割らんとせ、べしやらち(下女達)こそ鉢割れか。

九匁とせ、おら苦せんとせ、貧乏人こそ苦せれか。

十匁とせ、おら重持たんとせ、べしやらちこそ重持てか。

──数え里謡、近代まで伝承、『わらべ歌民謡大全』

 

数え歌〔現代〕 かぞえうた/げんだい

 現代、歌謡における〈数え歌〉は、もう人気の定番ではなくなった。ことに羽根つき・お手玉など子供の路上遊戯がすたれ、〈数え歌〉が歌われる光景もめったになくなった。

 あるいは昔の親のように、伝承の数え歌詞をいくつも知っていて子に伝えることもあまりない。

【例歌】

YOU TUBE

学生豪気節 がくせいごうきぶし       手県立一関第一高等

 学校アトラクション

作詞者未詳の伝承歌

♪ひとつとせ 人は見かけによらぬもの 軟派はるのは拓大生 そいつァ豪気だね/ふたつとせ 二目と見られぬ女でも 窓から顔出す日大生 そいつァ豪気だね/みっつとせ 見れば見るほどいやになる ザブトン帽子の早大生 そいつァ豪気だね/よっつとせ よせばよいのに徹夜して 神経衰弱東大生 そいつァ豪気だね/いつつとせ 何時もながらのおしゃれさん お白粉つけるが慶大生 そいつァ豪気だね/むっつとせ 向こう鉢巻地下足袋で こえたごかつぐは農大生 そいつァ豪気だね/ななつとせ なんぼなんでもいやになる 算盤はじきの商大生 そいつァ豪気だね/やっつとせ やがては大臣高等官 夢だけ見ている中大生 そいつァ豪気だね/ここのつとせ 口説いたあげくにフラれてる 生臭坊主の駒大生 そいつァ豪気だね/とうとう出ました女子大生 おやじ尻ひく嬶天下 そいつァ豪気だね

──数え歌、昭和戦前期流行

[メモ] 伝承歌で、昭和の戦後もしばらくはうたわれた。

 豪気節歌碑〔高知市桂浜〕 

御飯尽し ごはんづくし           伝承歌

♪一に芋飯 二に握飯 三にさゝぎ飯 四に汁かけ飯 五にはごもく飯 六ツ麦飯 七ツ菜飯 八ツ焼飯 九ツ強飯祝います 十で殿さがとろゝ飯 ぬらくらするのが好きなれども 人はなんとも鰯飯 しんかあるのかわからねども 飯に抱かれて寝て見たい

──数え歌、昭和戦前期、『言語生活』266号「数え歌の系譜」

[メモ] 〈数え歌〉形式で、同じ主題の詞章を集め歌謡仕立にしたものを「数え歌 物尽し」といっている。この類は非常に多く、列挙するまでもない。

 

数えくどき かぞえくどき

数え歌形式の口説節を〈数えくどき〉と呼んでいる。この類も少なくはない。

【例歌】

数えくどき かぞえくどき

〽一に神明神代の事よ、二度の浄土や安楽世界、三で災難もしある時は、死出の山にも往生申す。五位の如来の方便よりも、六しりんでんあやかりたまへ、七ししよーぐん仏のことよ、八くろいすい神代のことよ、九まん浄土にそなはる時は、十よ万よのさとりをひらく。

──仏教歌謡、年代未詳も江戸時代、『日本歌謡集成』第十二巻

照天姫一つとせ節 てるてのひめひとつとせぶし

♪一 ひかる(きん)からかみ、さよと開け、(はる)か末座い飛びさがり、(かうべ)を畳にコノすりつけて。

 二 ふかく喜ぶお殿様、御本陣とんやいはいらずに、よろづや(ひい)()でコノおとまりで。

 三 みづし風情(ふぜい)のわたくしを、おしやくにお仕ひたまはるは、恐れいりますコノおゆるしと。

 四 よのいち礼をばのべられて、いま世に落ちておはせども、照天姫ならコノぬけめなし。

 五 いかにもみづしに(まれ)ことば、ゆるした(ちこ)よれ酌をせよ、いはれて小萩(こはぎ)はコノたちあがり。

 六 むかしを忘れぬ武家行儀、畳は踏めども(へり)ふまず、恐れたやうでもコノ進みでて。

 七 長柄(ながえ)のちょうしでなみなみと、うけて干さずに下に置き、珍し女とコノ名のりかけ。

 八 やえとへ何までいき届き、そなたはいづくで名はなんと、親の姓名(せいめ)をコノ名のられよ。

 九 (こく)()さまともいふ人が、人の姓名(せいめい)聞くならば、わがせいめいからコノなのりたも。

 十 問はれて金紋(きんもん)先箱(さきばこ)の、中から取り出すやへ(づつみ)、せいめいはこれにてコノごらんじと。

十一 いかなるものとも恐れずに、見るより我が手で書いた文字、小萩はびつくりコノ驚いて。

十二 二枚と世に無いこの木札、こウれが大名の姓名(せいめ)とは、がてんがいかんとコノ胸おさへ。

十三 さても不思議なお殿様、あなたにこの札あるわけを、お聞かせたもうとコノ手を合せ。

十四 しんじつ此身はがきやみで、小萩とやらいふお情けで、あはれなる身がコノ本腹(ほんぷく)し。

十五 御本腹とはおめでたや、あなたがめいどにおわすをり、小栗(おぐり)判官(はんぐわん)コノぞんじずか。

十六 ろくに名乗りもせんさきに、小栗は照天(てるて)とさとられて、そばいすりよるコノなつかしさ。

十七 日日(ひび)に小栗は顔眺め、まさしくそもじはてるてかと、本名よばられコノ顔見合ひ。

十八 判官様なら星二つ、りうめによたいのほとけありや、こがれる殿御とコノ名乗ります。

十九 九曜の(かんむり)おのぎありや、ほしやほとけも拝まれる、小萩はよろこびコノ恐れ入り。

二十 二度対面とはうどんげの、これこそあなたは小栗様、いふより二人がコノすがりやい。

──口説節、明治十八九年、『明治流行歌史』

[メモ] 照天姫=小栗判官の愛人である照手姫のことで、説教節に登場の人気人物。

 

カフェーの唄 カフェーのうた 

カフェーとは、近代語で客に洋酒類を提供する風俗飲食業。

ここでサービスする女給の多くが、いかがわしい売春行為に走っている。ことに昭和初期のエログロ・ナンセンス時代にカフェー風俗は紊乱し、警視庁でもたびたび摘発したが絶えることがなかった。永井荷風(一八七九~一九五八)の昭和七年五月頃の日記『断腸亭日乗』にもカフェー淫売の様子が記されている。

♪カフエーの唄        渡辺迷波詞

恋の灯 渦巻く カフエーには

可愛アノ子が 笑たたへ

白いエプロン 蝶結び

サアサ飲みませう唄ひませう

心浮きたつジヤズバンド

赤い唇誰を待つ

好きなアノ人 来た時は

胸が燃へます 恋の火に

妾しや カフエーの 夜の蝶

──『流行小唄新集』(流行歌、昭和三年流行)

 カフェーは庶民歓楽の殿堂〔カフェー宣伝用マッチラベル、昭和初期〕 明治生まれの古老の話によると、ラベルに自分の源氏名を書き、陰毛を貼り付けたマッチを渡す女給が何人もいたという。

 

軽口唄 かるくちう 

さして意味をもたない余計な言葉を添えて調子よく洒落る(くち)(すさび)を「軽口」といい、これを歌謡に仕立てたものを〈軽口唄〉という。軽口はまた、軽妙なタッチによる地口や口合をも含めた洒落の一角をなす。江戸では「無駄口」ともいった。

軽口は一説によると「俄狂言」が源流とされているが、定かでない。しかし軽口は、江戸を中心に市井の人たちに愛好され、方言色を加味しながら全国的に流布した。というのも、社交辞令としての効用が大きく、人間関係の潤滑剤として役立ったからである。

 京都の軽口唄 五月女をうしろから見ておやす也〔『軽口頓作』宝永六年刊〕

【例歌】

まいご節 まいごぶし

〽鐘や太鼓でちきちやんのとつちきちやんと尋ね逢はるゝ物ならば、どうぞ逢ひたやまいごの〳〵三太郎(たろ)さんに逢はせたや。

──小歌、文政四年頃流行、『小歌志彙集』

かわいそ節 かわいそぶし

♪かわいけりゃこそ(からかさ)小骨(こぼね)の数ほど通ふた、なぜに届かぬわしの胸、かわいそ、かわいそ

♪早野勘平さんは、簔着て、笠()て、鉄砲かたげて、(しし)うちご商売、二十五が本厄、三十が寿命、女房お軽さんが、ああ、若後家さア、かわいそ、かわいそ

♪何々中尉さんは、軍服着て、シヤツポかぶつて、日本刀ひつさげ、戦争(みいくさ)なさる、牙山(ぐわざん)は大勝利、九連(きうれん)(じやう)がいイとま、女房何子さんがア、ああ、若後家さア、かわいそ、かわいそ

──流行節、明治二十九年流行、『明治流行歌史』

音頭軽口 おんどかるくち

近江八景

瀬田(せだ)の唐橋西から東へ(かぞ)へてみたらば、百二十四間に間違ひない、その橋を一から十まで細かに申すならば、橋の根杙(ねぐひ)は杉の木で、抜板(ぬきいた)(ひのき)で、敷板くさまき、欄干(らんかん)けやきで、上へふわりとかぶせたが、唐から持つて来た唐かねぎぼしに間違ひない、遥か(むかふ)を眺むれば、姉川(あねがは)(いもと)(がは)、もそつと向を眺むれば、一巻(ひとまき)二巻(ふたまき)三巻(みまき)四巻(よまき)、よまきといふては姉まの幕でもつたいない、七巻半のむかで山、又(むかう)の高いは比叡山(ひえいざん)、ひえい山から見下(みおろ)せば、遥かにめいりこたの浜、堅田(かただ)落雁(らくがん)浮身堂(うきみだう)唐崎(からさき)の松で一つ松、三井寺(みいでら)で名高き釣鐘、そのつくりがねの(いは)く因縁尋ぬるに、もと大津の(みづうみ)にあつた時、誰がなげたと申したならば、弁慶の(ちから)(ざか)りに一夜のうちに、比叡山へえんやらやんと曳きあげて、生木の大枝にひきかけて、刀のこじりでごんと撞いたら、この鐘の鳴る音は、三井寺へ行きたいと鳴りましたら、そのとき弁慶のいちがい者が、怒って、谷をめがけて、蹴落せば、鐘が二つに割れました、さだめて女がねでござりましよ、さて向を眺むれば、(いし)山寺(やまでら)では秋の月、まゐりのないのはせいけんじ、矢走(やばせ)(わたし)一渡(ひとわた)し、三里の近道三十二文で、べらぼうに安い、さてまた向の(かた)へほそぼそ煙のめえるは、あれ草津(くさつ)、草津で名高いうばが茶屋の餅、嫁さが売手もうばが餅、ばばさが売り手もうばが餅、値段がいくらと尋ねたら、一つが三文、二つが六文、三つが九文、四つが三四の十二文、五つが三五の十五文、ただの一文もまけがなし、遥か向を眺むれば、(しろ)て四角なものはあれ何ぢや、しろうて四角なものならば、豆腐屋の看板か、ばばさんよもじの乾したのかといふたら、船頭(せんど)が腹を立て、お前は上方はじめてか、はじめてならば(まを)し聞かそが、本多(ほんだ)ほうきの(かみ)さまは、御知行高は六万石で、丸に立葵の御紋、水に影さす膳所(ぜぜ)の城。

──田舎唄、明治三十五年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 曲名は立派だが、中央()から地方へ自然に流れた、里謡というよりは田舎歌である。掲出は「音頭軽口」と題する連作のうちの一つ。

 

擬人化唄 ぎじんかうた

人以外の事物をあたかも人ごとであるかのように仮託し、表現上の摩擦を膨らます技法を擬人化という。無人格物が人に化けたり動物に物を言わせたりする非現実性がおかしみを誘う。

この技法を歌謡詞に盛り込んだものを〈擬人化唄〉といっている。〈擬物化唄〉に対応したものである。

【例歌】

お雪さんは おゆきさんは

お雪さんは。うつくしい。色が白ふてしほらしひ。やさ姿。みるにつけ。縁をうち明松がへに。お前の気性も知れました。風になびいて落ちなさる。あたまからなられるとは覚悟なれど。つもり〳〵しそのあとはうちとけて。ながれの身とはしりながら。そのまゝきえてすがたもみせぬとはほんにみづくさい。

──大津絵唄、江戸後期成、『粋の懐』二

 [メモ] 富士山をお雪なる女性に擬しての語りかけ。

流行臼引歌 はやりうすびきうた

うす引く(たび)に思ひ出す、おいとしや(ねえ)ごは、江戸の粉やでなんいよえ

めでたいものは芋でそろ、(くき)長く葉広く、子供あまたになんいよえ

目黒のもちは花になる、(くすのき)は石なる、松はみどりとなんいよえ

──流行唄、維新期流行、『流行臼引歌』

[メモ] 臼をなかば擬人化し、想う女への情感を歌いあげている。

YOU TUBE

虱の旅 しらみのたび    高田渡+はっぴいえんど唄

(「鎌倉の」のうたい出しで始まる)                              添田啞蝉坊詞

♪ゾロリゾロリと ()い行く先は

右は(わき)の下 左は肩よ

ボロボロ着物や よごれたシャツの

縫目ハギ目を宿屋ときめて

♪昨日は背中 今日は乳の下

虱の旅は いつまでつづく

果てなき腹の 臍の上なる

縫目でもよし 安住の地ほし

♪おいら数多(あまた)の 兄弟共は

邪険な指に ひねりつぶされ

爪の責め苦や また火あぶりに

されて無残な 最後を遂げる

♪のがれのがれて (かかあ)と俺は

鳥も通わぬ 質屋の倉に 

ひもじさ(こら)えて 十日も暮らし

ようよう出たとき 世は花盛り

♪花が見たさに つい襟先(えりさき)

出たが最後で 嬶も捕われ

花見虱は しゃれてるなどと

(なぶ)り殺しじゃ 卵も共に

♪俺はのがれて 命を拾い

ひとり淋しく 旅から旅を

ビクビクもので 渡っているが 

思い廻せば 昔が恋し

──俗謡、大正九年頃流行、『替歌・戯歌研究』

[メモ] シラミが生活上の好まざる伴侶であった時代ならこその唄である。

 

YOU TUBE

 

いきな燕も *高杉妙子

狐の嫁入り行列

しゃぼん玉の恋 *神戸一郎

涙くんさよなら *坂本九

目ン無い千鳥 *大川栄作

夜霧よ今夜も有難う *石原裕次郎

 

擬物化唄 きぶつかうた

人を物に擬したつくりの唄。

無人格への変容に伴う摩擦により、違和感やおかしみなどを演出できる。〈擬人化〉に対応した内容のものである。

【例歌】

ほうづき                        舟山詞

秋風にふかるゝ身ともなりやせん、きえもえやらでそのまゝに、とうろう草の名にしおふ、ゆふべ〳〵にうたがはれ、いひわけのまもうつせみの、ひとへのきぬをぬぎすてゝ、やぶれやすさよとこのうち、せりふのたねをくりだしに、いつそことばはなつもみぢ、あからむ顔のうすかはや、水ももらさぬまことの中を、世のくちのはにかゝるもつらや、粋なおまへの手にもまれ末は根引のさとはなれ。

──端歌、『宮薗新曲集』

[メモ] 歌い手がほうずきに化身してうたっている。

さゝやき竹 ささやきだけ

しのぶとは、たがいひそめて恋すてふ「ひとしれずしておもひをかける、もろこしびともおなじ身の「浮きふししげき、さはりもあれば、遠くへだてゝさゝきだけに、そつとふきこみふきこむことを「耳に口見かはすかほのめもとがいなのへんじして、すゐなこゝろが、しるわいな。

──二上り小歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

 

YOU TUBE

 

ごろすけほゥ *三橋美智也

 

くぜり唄 くぜりうた 

「くぜり」とは、かしましく喋りまくること。おしゃべりを軽蔑した江戸表現である。

例に挙げた〈くぜり唄〉にはそうしたおかしみが盛り込まれている。

【例歌】

佃くぜり つくだくぜり

浅草市の買物は、まけたまけた市やまけた、七五三(しめ)のかざりかだいだいか、網に(てつ)(きふ)かな火箸、おみきの口か伊勢えびか、はりこのおちんこかるかつた、山椒(わさび)のすりこぎやおもかつた、(きん)竜山(りうざん)でもあがらんか、浅草名物なんでんす、はるかむかうを見渡せば、ずつとならびし茶屋の()()、茶屋の女の色しろさ、いろはしろいがほウが赤い、させそはさせそで☓☓さうだ、橋の上なる殿様は、先のけ先のけわきへよれ、御てん女中に肴うり、あるひは巡礼ふるてかひ、はなしうなぎにはなしがめ、橋の下なる大茶(おほちや)(ぶね)、家形屋根船ちよき四つ手、深川芸者に江戸芸者、一中節には河東ぶし、富本(とみもと)常磐津(ときはず)はやりうた、ついたかねつきました、ついたらあがつて小便しよサア。

──流行唄、明治二年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 元唄〈佃節〉とはがらり趣向を変えた戯れ唄である。船宿などで遊客らに流行った。

 

劇中歌 げきちゅうか

歌舞伎や歌劇など演劇の一構成部分としてうたわれる歌謡。

歌舞伎では長唄や端歌が付きものだが、近代に入ってからの演劇では各種の〈劇中歌〉が登場し、大正オペラ時代に花を添えた。

【例歌】

さすらひの歌 さすらいのうた      北原白秋詞

行こか、戻ろか、極光(オーロラ)の下を、露西亜は北国、はてしらず。

西は夕焼、東は夜明、鐘が鳴ります、中空に。

泣くにや明るし、急げば暗し、遠い灯火(あかり)もチラチラと。

とまれ幌馬車、やすめよ黒馬(あお)よ、明日の旅路がないぢやなし。

燃ゆる思を荒野にさらし、馬は氷の上を踏む。

 人はつめたし、わが身はいとし、街の酒場はまだ通し。

わたしや水草、風吹くままに、ながれながれて、はてしらず。

 昼は旅して夜は夜で踊り、末はいづくで果てるやら。

──劇中歌、大正六年頃流行、『ニッポノホン・レコード』二五二九

 「さすらひの唄」ほか目録

今度生まれたら こんどうまれたら      北原白秋詞

今度生まれたら驢馬(ろば)に乗っておいで

驢馬はよいもの 市場へ連れて

そこで燕麦(からすむぎ)しこたま貰ろて

かわい女子と乗って帰ろ

今度生まれたら金箱もっておいで

金はよいもの 呉服屋を呼んで

そこで緋繻子(ひじゆす)をどっさり買つて

かわいい女子と寝て暮らそ

今度生まれたら鵞鳥(がちよう)抱いておいで

鵞鳥はよいもの香水屋を呼んで

そこで卵と品よく代えて

かわい女子のおめかしに

今度生まれたら酒樽背負っておいで

酒はよいもの たらふく飲んで

そこでまたまた卒倒して死んで

かわい女子を置きざりに

──劇中歌、大正六年発表、『新版 日本流行歌史』上

YOU TUBE

森の娘 もりのむすめ         松井須磨子唄      島村抱月・楠山正雄詞

     一

どこからわたしゃ 来たのやら

いつまたどこへ かえるやら

咲いてはしぼむ 花じゃやら

むれてはあそぶ 小鳥やら

    二

小鳥が森に さえずれば

母さん知らぬ 恋いしさよ

花さく春も すぎゆけば

父さんあわぬ なつかしさ

    三

ふた親知らぬ 家もなき

私は森の 娘にて

こがねの髪を すきながら

小鳥や花と くらそもの

──劇中歌、大正七年発表、『新版 日本流行歌史』上

水藻の花 みずものはな     島村抱月・楠山正雄詞

     一

森の姫ともうたわれた

それは昔の夢じゃもの

なさけないぞえのろわれて

今じゃ水藻に咲く花よ

    二

水にうつした面かげは

むかし恋しき其の人よ

なつかしい名はハインリヒ

ほんにさよならさようなら

    三

森にさぎりが立ちこめて

遠く魔法の火がもえる

夜の夜中はただひとり

わたしゃ黄金の髪をすく

    四

月の光にさそわれて

金の髪の毛すきながら

わたしゃこうして夜もすがら

むかし恋しと泣きまする

     五

ふたりうれしい仲じゃとも

いいえ悲しい仲じゃとも

うたいはやしたつりがね草

わたしゃあの日がなつかしい

──劇中歌、大正七年発表、『新版 日本流行歌史』上

 

YOU TUBE

 

愛と死を見つめて *青山和子

赤胴鈴之助の歌 *河野ヨシユキ・宮下匡司 

明日があるさ *日本テレビ系ドラマ「教授と次男坊」の主題歌

 *ラジオ放送劇「赤胴鈴之助」の主題歌

おゝシャルマント *水の江滝子、松竹少女歌劇グランドレビュー「巴里・モンテカルロ劇中歌

君の名は *同題のNHKラジオ放送劇の主題歌。童謡歌手織井茂子をスターにのしげた

 ゴンドラの唄 *大正時代の劇中歌をリメイク

さすらひの唄(類歌) *神長瞭月

遠くへ行きたい *NHKテレビ「夢であいましょう」の挿入歌

とんがり帽子 *ラジオ放送劇「鐘の鳴る丘」の主題歌

ひょっこりひょうたん島 *同題名NHKレビ人形劇の主題歌

笛吹童子 *昭和281NHKラジオ放送劇「新諸国物語・笛吹童子」の主題歌

見上げてごらん夜の星を *同題名ミュージカルの劇中歌

みかんの花咲く丘 *NHK「空の劇場」における劇中歌

雪の降る町を *NHKラジオ放送劇「えり子とともに」の劇中歌。

リンゴ追分 *ラジオ東京開局記念ドラマ「リンゴ園の少女」の挿入歌

 

拳唄 けんうた  

宴席などでじゃんけん遊びをするため、その遊興用に作られた俗謡。

時代や土地によってさまざまな詞があるが、狐拳・藤八拳などが通俗的である。また「(けん)(ざけ)」の余興では、拳の打ち合いに負けた者は罰盃として大盃の酒を飲まされるのがならいであった。

 東錦絵「拳乃けいこ」一勇斎国芳画 

【例歌】

つくつくけん

ついたはついたは、ぴつたりぴつたり、つくものは何なに、殿さまにおやり、遂のははさみ箱、太夫(たいふ)に三味せん、とてつる天狗に牛若、ヤアとうとうまいつたまいつた、ヤととんとん、またもくつつく座頭の川越(かはこ)し、ちよくにちろり、おさへて、かさねて、セリフ狐でさあおいでなせへ、どつこい古いじやないかいな

──拳唄、天保年間流行、『つくつくけん』(ペラ本)

[メモ] かなり人気になった拳唄らしく、文句を摺った錦絵まで出ている。

三国拳 さんごくけん

おまへ女の名でお伊勢さん、神楽がおすきで、とつぴきぴイのぴ、獅子はもろこし孔子様、てんてん天竺(てんじく)お釈迦様、丸くおさまる三国拳、なんのこつた、じやぶじやぶ、お髭をなでなで、ぐるりとまはつて一けんしよ。

──拳唄、嘉永二年流行、『明治流行歌史』

[メモ] 嘉永二年、江戸市村座での初春興行『所作拳三国一』から流行だした拳唄。以降、さまざまな詞に替えられ息の長い流行をたどっている。

三国拳替え さんごくけん/かえ

( )内は拳唄の呼称。

♪おまへお馬に乗つてお猪狩(いしがり)、突くのがおすきであいたたのた、猪はもろともかけ(いだ)す、てんてん天子のお勢子(せこ)様、丸くのうまる三百(けん)、なんのこつた、あぶない、お尻をな撫で撫でちよいと抜けて一ぷくしよ。(御猪狩)

如来(によらい)女の名でお竹さん、開帳するのでとつぴきぴのぴ、祖師(そし)は深川浄真寺(じやうしんじ)、てんてん天を飛ぶとりのまち、開帳あたつて三所(みところ)けん、なんのこつた、じやぶじやぶ、お腰を撫で撫でくるりとまはつて参詣しよ。(お竹開帳)

♪お前西方(さいほう)弥陀(みだ)如来(によらい)、木魚がおすきでぽこぽこぽんのぽん、慈悲はもちろん無量劫(むりやうごう)、かんかんかね撞くどらを打つ、しやばから下りの極楽拳、何のこつた、じやぶじやぶ、お経を読みよみ、三人揃つて成仏しよ。(三仏拳)

♪お前(おきな)でおぢいさん、囃子(はやし)がお好きでどこどんどん、狐をなでなでおがみます、その又おつれはお婆さん、丸く被つた綿帽子、ごひぞう女のお竹さん、当時はやりのお三人、なんでも(ねがひ)が叶ひます、ありがたいありがたい泰平の、御代も栄ゆるおめでたや、まはつて三げんおがみましよ。(御利生拳)

♪お前(おきな)の名で稲荷さん、あぶらげお好きで買つて来て食ふ、娘ものごし小粋もの、てんでに願ひをお婆さま、軽くかなへる何でも(ぐわん)、どんなこつてもたびたびうるさく願つて、いつぺんきかう。(じいさんばアさんあねさん拳)

♪お前女でお竹さん、引くのがおすきでぺんぺこぺんのぺん、そこでものごと丁度よく、どんどんどんつく稲荷さま、悪くふざける三()のばば、ぼんのこつた、あつあつ、ぐるりとまはつていつけんしよ。(じいさんばアさんあねさん拳)

♪おまへ三途の川でおばアさん、聞くのがお好きで、どんだがんのぐわん、狐は年寄(おきな)さま、てんてん天竺(てんじく)となり国、(から)でまとまる三人拳、なんのこつた、がらがら、おひねりなげなげ、ぐるぐる廻つてお百度しよ。(ぢいさんばアさん毛唐人)

──替歌、維新以降雑載、『明治流行歌史』

[メモ] 嘉永二年ごろ流行「三国拳」の継承明治唄。この拳唄はいろいろな替え歌を経てお座敷唄として生き続けた。どの詞も神仏縁起物の御利生にかかわるが、根底に酒席向きバレが流れている。

官軍とてつる拳 かんぐんとてつるけん

今度上りのてんぐさん、尊皇攘夷をもととして、関東八州を通りぬけ、官軍うつてと聞くからに、長い大小投げいだし、無腰(むこし)でふらふらかかさんまゐりましよ

──拳唄、維新期流行、『官軍とてつる拳』

[メモ] 拳唄に託し、幕臣や諸藩士らの落ちぶれをからかった官軍数寄者による作。連節の詞がある様子も逸失しているようだ。

 

YOU TUBE

 

野球拳 *照千代

 

高座唄 こうざうた

講釈師・噺家などが高座て披露する俗謡。

断髪・人力車・兎ブームなど、時局のはやり物を取り上げて唄われる。客受けするツボを心得た、たいていが芸人の自作である。「ちりっぷ節」「売物節」などにとくに人気が集中した。

 高座唄の人気芸人、桧山うめ吉姐さん

【例歌】

助さん小間物の唄 すけさんこまもののうた

〽芝ぢや新兵衛(しんべえ)さん、神田ぢや勘兵衛さん、神楽坂ではおひやりこ伝兵衛さん、醤油桶へころげ込んで、醤油一升五合呑んだ、助さん小間物売りやんすか、(わし)はこの頃仕損(しくじ)つて、紙屑拾ひになりました。

──小歌、天保五年頃流行、『小唄の衢』

売り名を忘れ うりなをわすれ

炭団(たどん)売りにやったら、売り名を忘れ、大仏さんの目の玉を、買わしゃませんかいな、ヤレコラサー、ドッコトサ

長持を売りにやったら、売り名を忘れ、仁王さんの弁当箱、買わしゃませんかいな、ヤレコラサー、ドッコトナ

──俗謡、大正末期、『上方芸能辞典』

[メモ] 京阪の寄席の高座唄から巷歌化した俗謡で、詞の面白さから大流行した。

 

YOU TUBE

 

朝帰り *牧 伸二

【歌謡漫談】東京ボーイズ

【俗曲】檜山うめ吉

 

言葉遊び唄 ことばあそびうた

〈言語遊戯歌〉とも。

歌謡文学あるいは歌謡文芸に含まれる幅広い詞章を対象に、さらに言語遊戯性が色濃く表れているものを〈言葉遊び唄〉として総括した。これのほとんどが音曲詞で、その範囲も民謡・俗謡・流行歌から(わらべ)(うた)など、多岐にわたっている。

歌謡詞には古くから言葉遊びが積極的に取り入れられ、ことに庶民受けする遊戯詞がもてはやされてきた。口承の上代神楽歌はその象徴的なもので、たとえば、

 総角(あげまき)早稲田(わさだ)に遣りて や そを()ふと そを思ふと そを思ふと そを思ふと そを思ふと

 上代神楽歌「総角(あげまき)(もと)

のように、さながら溝の磨り減った古レコード盤よろしく、冗語に次ぐ冗語でおかしみを強調している。

 『源氏物語』にも「総角」の風俗が

【例歌】

大つゑぶし〔雑載〕 おおつえぶし/ざっさい

♪おさかづき。いたゞきまう。ありがたくちようだい。ちよつとおあい。おつゞけおかさね。ちります〳〵る。ありますさいづちおさへませう。今入三ばゐおつぎめお仕合(しあはせ)。御手もと拝見これは御見事。どうじや(はい)(いち)やりんかちよんべけづりんか。むかずにぐつと引なされ。モフ〳〵いけん。すき腹こたへるした地があるのんじや。いちやこちやいはずとすなをにわつさり(しろ)猪口(ちよく)まわしてこれでおとり。

──大津絵唄、『粋の懐』初篇(文久二年)

うたた寝の うたたねの

うたゝ寝の。ゆめにさへ。主と転寝(まろね)の床のうち。一人寝の。おもひ寝も。寝耳にそれと起されて。くやし昼寝の寝おきにも。寝みだれがみとむすぼれる。おもひは寝た間もわすられず。二人寝た夜はむつ言に。朝寝して。寝ごとまぜりの寝がへりに。寝ものがたりもくやしやざこ寝とねとぼける。

──大津絵唄、『粋の懐』四篇(文久二年)

[メモ] 「寝」にかかわる接辞詞をあれこれと集めた〈事寄せ唄〉。大津絵唄には、各種の言葉遊び技法が手を変え品を変えして載せてある。

いろはをさかさに 

もふし〳〵。お師匠様。いろはをさかさによみませう。京すせもひゑし。みめゆきさ。あてえこふけまやくおのいうむら。なねつそれたよかわをるぬりち。とへほにはろいで四十八文字。おてほんの通りでござります。おのれはあきれたばかやらう。父母はいづくの生れと問ふたれば

越後の国の角兵衛獅子の忰とへらず口をたゝいてかへります。

──俗謡、江戸後期作、『巷歌集』

[メモ] 「無同字歌」といわれるいろは歌を逆さにくずした珍妙な作品。早口唄にもなっている。しかも、トンボ返りを得意とする越後獅子(わらんべ)がうたうというオチまでついている。

紅葉尽し もみじづくし

一本目には色紅葉、二本目には庭紅葉、三本目には桜紅葉、四本目には四紅葉、五本目には恋紅葉、六つ昔は竜田(たつた)川、御室(みむろ)の紅葉花紅葉、七本目には(した)紅葉、八つめには八もみじ、九つ小春の染紅葉、十で遠山薄紅葉、此紅葉やしほの色にて、登りも小倉の山紅葉、手折(たを)れば袖に散り紅葉、またいついつと気をもみぢ、ひもみぢきもみぢ(ながれ)の紅葉に契りをこめて高尾紅葉めでたいな

──尽し唄、明治二年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 「紅葉尽し」である上さらに「数え歌」形式を踏んでいる。

間違ぶし まちがいぶし  

しつかり物事気を付けな、あはてて電信かけちかひ、医者と石工(いしや)の間違で、あはてた人だネ堪忍してくれ、やせるから、浮世じやないかいナ

間抜と歯抜の聞きちがひ、二階でお(かい)の喰ひ違い、すだれとよだれの垂れ違ひ、あはてた人だネ堪忍してくれ、やせるから、浮世じやないかいナ

道風と豆腐の聞き違ひ、弘法とほうぼうの大違ひ、アーメンと飴の喰ひちがひ、あはてたひとだネ堪忍してくれ、やせるから、浮世じやないかいナ

──戯笑唄、明治十七・八年頃流行、『日本近代歌謡史』上

[メモ] 「かすり」という秀句技法を用いて、おかしみを増幅させている。

まちがへば節 まちがえばぶし  

♪まちがへばまちがふものだよ、雨も降らぬに足駄さして、傘はいて、今こゝへ坊さんをかついだ風呂敷包が来なかったか

♪まちがへばまちがふものだよ、石は流れて木の葉は沈む、今朝も畑に狐が三人小児にだまされた

♪まちがへばまちがふものだよ、あの人のお(とつ)さんのあたまを()くわんかと思つて、今朝も古金買ひが三百三十三文目(もんめ)に値を入れた

──戯笑唄、明治二十・二十一年頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 承前の亜流歌だが、「対句彩り」を駆使して面白さ倍増である。

 

コロッケの唄 ころっけのうた

大正六年、「日本中を席巻した」という表現がオーバーでないほど、空前のヒットになった流行歌。常磐座上演の浅草オペラ「女軍出征」で歌われた劇中歌である。

おりしも第一次世界大戦直後のこと、男の兵士が不足のため女兵士軍が戦場に趣くという筋のミュージカルコメディ。とはいえ当初は、浅草オペラ(佐藤紅華作「カフエーの夜」)のオマケみたいな挿入歌にすぎなかった。それが評判が評判を呼び、レコード化されると、弾みがついて大流行となったのである。

 「女軍出征」でフランス女士官役を演じる河合澄子〔横浜朝日座〕

【例歌】

YOU TUBE

コロッケの唄 ころつけのうた  益田太郎冠者詞     鈴木やすし・南地みつ春唄

     一

ワイフ貰って 嬉しかったが

何時(いつ)も出てくる副食物(おかず)がコロッケ コロッ

今日もコロッケ 明日もコロッケ

これじゃ年がら年中コロッケ

アハハ アハハ

こりゃ可笑(おか)

    二

晦日近くに 財布拾って

開けて見たらば金貨がザックザク ザックザク

株を買おうか 地所を買おうか

思案最中に眼が覚めた

アハハ アハハ

こりゃ可笑し

    三

芸者が嫌なら 身受けしてやろ

帯びも買ってやろダイヤもやろう やろう

今日は三越 明日は帝劇 

いうて呉れるような客がない

アハハ アハハ

こりゃ可笑し

    四

亭主貰って 嬉しかったが

何時も出て行っちゃ滅多に帰らない 帰らない

今日も帰らない 明日も帰らない

これじゃ年中留守居番 

アハハ アハハ

こりゃ可笑し

──劇中歌、大正六年常磐座上演、歌劇『女軍出征』

 

舌捩り唄 したもじりうた

あえて発音しにくい語句をつづって詞章とし、これを一気()(せい)にうたいきる唱歌を〈舌捩り唄〉という。

中世末期から近世初期にかけ連歌師や法師等が開発した口承芸能で、江戸中期に成熟する早口言葉の母体をなしている。

【例歌】

こんきやう寺 こんきようじ

〽さるほどに、こんきやう寺のこんきやう門きやう法印が座の真中(まんなか)につゝと出て、こんきやう寺のこんきやう門きやう法印が、法力をあらまし御目に掛け奉る、御宝前にやがて壇をぞ飾りける、百八の灯明(とうみやう)の油には、(しろ)胡麻(ごま)からやら、黒胡麻からやら、()胡麻(ごま)からやら、犬胡麻からやら、胡麻から胡麻からひ胡麻から、真胡麻からの油を立てられたり、さて(にふ)(もく)には珍しや、一反(いつぺん)へぎ長へぎ(ぼし)生姜(はじかみ)木天蓼(またたび)つみ(たで)(つぶ)山椒(さんしやう)撫子(なでしこ)()石竹(せきちく)、きく切りきく切り三きく切り、是を併せて六きく切り、切つて掛けたる幣帛は、大奉書(おおぼうしよ)中奉書(ちうぼうしよ)小奉書(こぼうしよ)、さて又本尊にかけられしは、のら如来のら如来三如来六如来、これを併せて十二のら如来、又それを併せて二十四のら如来の真言(しんごん)に、向ひの長押(なげし)長長刀(ながなぎなた)は、誰が長長押の長長刀ぞ、兵部(ひやうぶ)が前を刑部(ぎやうぶ)が通る、表部が屏風(びやうぶ)を刑部が持たずば、坊主に買はせてしやうぶが坊主の屏風にしよ、向ひの山のつる〳〵〳〵〳〵鶴(くび)は、白鶴頸か(あい)鶴頸か、(まつ)(くろ)黒々鶴頸をひつ立て振立て祈れども、少しも(しるし)はなかりけり、僧は大きに赤面(せきめん)して、重ねて奇特(きとく)を見せんとて、袈裟(けさ)も衣もおっとりと置いてな、殿様の長袴(ながはかま)、若殿様の()長袴、武具(ぶぐ)馬具(ばぐ)〳〵三武具馬具、これを併せて六武具馬具、お(しき)(ばし)百八十(ぜん)天目(てんもく)百盃茶百盃、棒八百本(たて)並べ、責めかけ飲みかけ祈れども、されども験はなかりけり、僧は大きに怒りをなし、げに我とても上方(かみがた)僧、書写山(しよしやさん)社僧の(そう)名代(みやうだい)、今日の奏者(そうしや)は書写ぢやぞ〳〵、しよざいも世帯者も(これ)までかと、(しやく)(ぢやう)がら〳〵ざく〳〵と、振りかけ〳〵祈れども、ちっともそつとも(げん)もなし、いで法華(ほつけ)経にて祈らんと、妙法蓮華経陀羅尼(だらに)品第二十六祈りける、げに御経(おんきやう)(くりき)にや、大願(たいぐわん)成就(じやうじゆ)有難しと、僧は(くぐ)(にく)い潜り窓潜って、裏の古胡桃(ふるくるみ)の木の古切口(ふるきりくち)古枝(ふるえだ)の、引抜(ひきぬ)き難いを引抜いて、新茶(しんちや)立てう茶立てうあを茶立てう茶立てう、()(ちや)立てう茶たてうと、はつおのしよらちはらりるれろ。

──早口唄、『琴線和歌の糸』巻三(寛延四年)

[メモ] 「こんきやう寺」は漢字で「言興寺」と書き、舌捩りで早口仕立、作詞者や成立は定かでない。本作品は、節付けで歌う詞のため律動感があり、全体に筋のある物語に構成され、しかも〈早口言葉〉に独創的な工夫がみられる。

かつか節 かつかぶし

〽花のとんきよ島えゝかゝ糸のかゝくみましかけてかゝとつちんちりからりんとかゝなさりやなんとかかゝやんれかゝえ。

──小歌、天保六年頃流行、『守貞謾稿』巻二十三

いよさかすのしよてきはさんざぶし

〽山は〳〵山多けれど、雲に恋するさま富士の山、いよさかすのしよてきはさんざ。

〽川は〳〵、川多けれど、お半長右衛門さんはさまかつら川、いよさかすのしよてきはさんざ。

──俗謡、文化十四年流行、『小唄志彙集』

[メモ] 囃子が舌捩りの対象になっている。

舌もじり節 したもじりぶし

♪向ふの(あぜ)(みち)に鴨が百ぱつぱに小鴨が百ぱつぱ、かも米かむ小鴨小米かむ、鴨米小米かむ。

──言語遊戯唄明治十八九年頃流行『明治流行歌史』

ぴよこぴよい

♪蛙ヒヨコ〳〵、一トヒヨコ三ヒヨコ五ヒヨコ、七ヒヨコ九ンここのヒヨコ、十ツピヨコ八ヒヨコ六ヒヨコ四ピヨコ二ヒヨコピヨコ、二ヒヨココピココ〳〵〳〵〳〵〳〵〳〵〳〵〳〵〳〵ノヒヨイ

♪わしが生まれは京の田舎のヤブ育ち、時鳥てつぺんかけたか、ひと時鳥テツペンカケタカ二タ時鳥てつぺんかけたか、三時鳥テツペンカケタカ四時鳥てつぺんかけたか、五ツ時鳥テツペンカケタカ、六時鳥てつぺんかけたか、七時鳥テツペンカケタカ、八時鳥てつぺんかけたか、九の時鳥テツペンカケタカ、十時鳥てつぺんかけたか

──言語遊戯唄、明治二十五年頃流行『日本近代歌謡史』上

 

芝居唄 しばいうた

歌舞伎の踊りや所作事でうたわれる地歌。

すなわち江戸長唄以外の歌舞伎歌謡をさす総称である。

【例歌】

鐘が岬 かねがみさき

〽鐘に恨みが数々ござる、初夜の鐘をつく時は、諸行無常と響くなり。()()の鐘をつく時は、是正(ぜしやう)滅法と響くなり。晨朝の響きは、生滅(しやうめつ)滅已(めつい)入相(いりあひ)寂滅(じやくめつ)為楽(いらく)と響くなり。聞いて驚く人もなし。われも五障の雲晴れて、真如(しんによ)の月を眺め明かさん。

〽言はず語らぬわが心、乱れし髪も乱るゝも、つれないはたゞ移り気な。どうでも男は悪性(あくしよ)者。桜々と歌はれて、言うて袂の訳二つ、勤めさへたゞ浮か浮かと、道でも女子(をなご)は悪性者。(あづま)育ちは蓮葉なものぢやえ。恋の訳里、武士も道具を伏編笠(ふせあみかさ)で、張りと意気地の吉原、花の都は、歌で和らぐ敷島原に、勤めする身は、誰と伏見の墨染、煩悩菩提の撞木(しゆもく)(まち)より、難波(なには)四筋(よすじ)に通ひ()(つじ)に、禿(かむろ)立ちから室の早咲き、それがほんに色ぢや。一イ二ウ三イ四、夜露雪の日下の(せき)()も、ともにこの身を馴染重ねて、仲は丸山たゞ丸かれと、思ひ初めたが縁ぢやえ。梅とさん〳〵桜はいづれ兄やら(おとと)やら、分けていはれぬナ花の色。菖蒲(あやめ)杜若(かきつばた)は、いづれ姉やら(いもと)やら、別きていはれぬ花の色え、西も東も、みんな見に来た花の顔さよえ。可愛(かはゆ)らしさの花娘。

恋の手習ひつひ見習ひて、誰に見しよとて(べに)鉄漿(かね)つきよぞ、みんな主への心中立て。おゝ嬉しおゝ嬉し、末はかうぢやにな、さうなるまでは、とんと言はずに済まそぞえ。誓紙さへ、偽りか嘘か誠かどうもならぬほど逢ひに来た。ふつつうり悋気せまいぞと(たしな)んでみても情なや。女子(をなご)には何が成る、殿御々々の気が知れぬ、気が知れぬ。悪性な〳〵気が知れぬ。恨み恨みてかこち草、露を含みし桜花、触らば落ちなん風情なり。面白の四季の眺めや。三国一の富士の山、雪かと見れば花の吹雪か吉野の山。散り来る散り来る嵐山、朝日山々を見渡せば、歌の中山石山の、末の松山いつか大江山、生野の道は遠けれど、恋路に通ふ浅間山。一夜のなさけ有馬山、否諾(いなせ)の言の葉、明日か木曾山待乳(まつち)山、わが三上山、祈り北山稲荷山、縁を結びし妹背山、二人が仲の黄金山花咲く、えいこのこの〳〵、姥捨(うばすて)山、峰の松風音羽山、入相の鐘を筑波山、東叡山の、月の顔ばせ三笠山、

〽ただ頼め、氏神様が可愛がらしやんす、出雲の神さんと約束あれど、つひ(にい)枕、(さと)に恋すれば浮世ぢやえ。深い仲ぢやと言ひ立てゝこちや〳〵〳〵よい首尾で、憎たらしいほど可愛らし。吉野初瀬の花紅葉、いつも色よくな、咲き初めて紅をさすが、品良し形よし、あゝ(たすき)の字の(しづ)が業、しをらしや、()(をさ)鳴く、五月さみだれ早乙女〳〵田植歌、さうとめ〳〵田植歌、裾や袂を濡らした、さつさ花の姿の乱れ髪。不思議やこの鐘の、不思議やこの鐘の、わが一念の心の(きづな)、胸の(ほむら)明王(みやうわう)の火炎の、黒煙(くろけぶ)りを立てたるごとくにて、思へばこの鐘怨めしやとて、竜頭(りうづ)に手をかけ飛ぶぞと見えしが、引き(かづ)いでぞ失せにけり。

──三下り芝居唄、宝暦九年大坂中山座初演「九州釣鐘岬(かねがみさき)」の幕末改曲物、『日本歌謡類聚』

[メモ] これの曲節・詞章は長唄「京鹿子娘道成寺」にほとんど同じ。西沢一鳳の随筆集『皇都午睡』に成り立ちが詳しい。

色見草 いろみぐさ

(やう)に皆色紅葉(もみぢ)(いと)しらし。雪の内より咲く梅の。枝を手折りて(いへ)(づと)に。問うて袂に花折添へて。面白や。「何時(いつ)も変らぬな。よい〳〵よいとの。この神垣に年()りて神の(めぐみ)に靡けや靡け柳腰。とんとこの身を水仙の。花の姿も(かんば)しく「若紫や。濃紫。由縁(ゆかり)求めん(しば)()も。仮に烏帽子を打(かづ)き。姿(すゐ)なり皆人心。いとも優しき裏紅葉。幸ひ年はあかねさす。もみ出づるなる朝日影。扇取る手の(かなめ)(ちぎり)(さす)(ひく)手も。変らぬ仲の。眺めよや。「須磨と明石は。どれが月やら名所やら。どうやらかうやら()きて色(わか)ちなく。どれが月やら名所やら。こちや〳〵何の(わし)()が知ろぞいの。花と雪とは。どれが吉野の。(ながめ)やらどうやらかうやら分きて色分ちなく。どれが吉野の眺やら。こちや〳〵何の私等が知ろぞいの。恥しや。今を盛りの花の顔見世。

──芝居唄、宝暦十年、江戸・市村座初演。『新編江戸長唄集』

越後獅子 えちごじし

〽越後獅子は、すつてんころりん、てんころりん、くるりと廻つてしやんと立つてかぶり振る、獅子ぢやもの

──芝居唄、明治十六、七年頃成『明治年間流行唄』

[メモ] 越後から東京や上方に出て大道で演じた子供の獅子舞唄を芝居用に改めてある。

 

YOU TUBE

 

お夏清十郎 *三橋美智也

歌謡芝居 九段の母 *真木柚布子

芝居小屋 *村田英雄

住吉踊り *寄席芸、古今亭志ん朝ほか

旅役者の唄 *霧島 昇

 

洒落言葉の唄 しゃれことばのうた

洒落言葉を用いて情感を演出した歌謡詞を〈洒落言葉の唄〉という。

洒落言葉とは、たとえば「貧乏稲荷で取柄(鳥居)がない」のように、本来なら二段謎の仕立になるところを平叙体としたものをいう。

 この例では、貧乏稲荷という掛詞を据え取柄がないと縁語で受けて洒落落とす。

洒落言葉は室町時代の「やまと言葉」を母体に、江戸時代には遊里界隈から普及した一種の語呂合せ遊びでもある。多くの俗謡や艶笑談に、この手の修飾的技法が盛り込まれている。現代でも新聞の見出しや広告文に散見でき、洒落言葉がたくましく生き続けていることを実証している。

なお洒落言葉は上方では「隠し詞」とも。

【例歌】

伊勢桜 いせざくら

〽花の(さかり)を待ち兼ねて、月に指折る遅桜、憎や嵐のあてごとに、隔てられては誠も、嘘もなれば言訳泣くばかり、嬉し(かひな)刺青(いれずみ)も、仇墨と「今は伊勢路の神の(ばち)、一期見離すまいとの約束なれど、縁の切れ目は是非もなや、涙雨には西の雲、晴れぬ憂き身をかはゆがらんせ、誓文(せいもん)頼む。

──三下り端唄、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

[メモ] 切れた男への哀傷を伊勢桜に託す。伊勢桜は遅咲きで、伊勢道中の掛詞尾張を「終り」に引っかけた洒落。

水かゞみ みずかがみ

一目も知らぬ男なら、怨みも恋もあるまいものを、なまぜあふみの水鏡、映して見れば水底(みなぞこ)は、堅い堅田の石山と、きつう載せたに(わし)や載せられて、思ひ過しも我からさきの、一つ前帯しどけない(ふり)よ、「たとへあはづと三井寺の、かねて思ひ入る崎の、矢走も風の平良のが雪の暮、「誠なれどもいたづら(がみ)の、いふにいはれぬ世の中に、人の噂も七十五日、浮名気の毒山時鳥、はてさうぢやはえ〳〵、末は一つにもとの水。

──三下り端唄、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

[メモ] 他人の口の端にされた二人の仲を、近江八景に事寄せて、心情の程を発露している。

ほれてかよへば ほれてかよえば

ほれてかよへば。なにこわかろふ。今よいもあをとやみの夜みちをくよ〳〵と。さきやさほどにも。おもやせないにこちやのぼりつめ。エヽ〳〵。あほう〳〵となくからす。

──三下り流行唄、文久二年成、『粋の懐』三篇

川竹 かわたけ

(がは)(たけ)の、うき名を流すとりさへも、(つが)ひはなれぬおし鳥の、中たつ月すごすごと、別れのつらさに袖ぬらし、ほんにしん気なことじやいな

菜畑(なばたけ)の菜畑の、ふきなを流す(せり)さへも、くわいはなれぬ口取(くちとり)の、中にはすすきすごすごわかめのつらさに袖しぼる、じつにひじきな事じやいな

──本調子端歌、江戸期作、『明治流行歌史』

[メモ] 第一節の「川竹」、第二節の「菜畑」それぞれの掛詞のもと、連想物名の縁語を配して主題に洒落のひねりを効かせ風情をたたえた佳作である。

三皷節 さんこぶし

〽忠臣蔵ではわしやないが、雨が降るなら師直(もろなほ)で、風が吹くなら由良(ゆら)の助、仕事は千崎弥五郎で、縞の財布はお軽でも、私とお前は与市兵衛。

──流行節、慶応頃流行、『はやり唄変遷史』

 

順の子節 じゅんのこぶし

酒席で、参加者が順にはやり唄などを披露し、繋いでいく座興をいう。

この〈順の子節〉とは近代の花柳言葉で、例歌がその様子をよく伝えている。

【例歌】

一人一芸右回り ひとりいちげいみぎまわり     前田一筆

一人一芸右廻り……などゝなると、勢ひ流行節の一つ位ゐは謡はねばならぬ。鳥の鳴き声で勘弁して頂いたり、「我輩は無芸大食とござい」などゝパク〳〵と人のお膳まで平げるのも居るが、大抵は、下手ながら、調子つぱづれの流行節ぐらゐはやつてのける。俺はいつも思ふ。此の光景を、一度女房、子供に見せてやつたら、三年の恋も一時に醒めるだらう……と。

──ア、関の五本松、アどつこいしよ。一本切りや四本。あとは切られぬ女夫(めをと)松。シヨコ〳〵イチリキヤノホンマツホイ

──虫の鳴く。ヨイシヨ。秋の散歩は鎮江山。登る小径にアラ萩の花。ヨイシヨ。風情を添ゆるヨウ。アラ女郎花ヨ。そこへマタ、チヨイ〳〵鴨緑江の風が吹く。チヨイ〳〵チヨイナ、チヨイ〳〵

──水戸を離れて東へ三里サイシヨネ。浪の花散る大洗。浪のネ。花散るイソ。大洗。サイシヨネ。いさゝかりん〳〵。好かれちやどん〴〵。ぢやと謂ふてふられちや尚ほどんどん青菜に塩なら萎れて来い。柳の性なら靡ひて来い。芸妓の性なら三味もて来い。お客の性なら毎晩こい。四五日逢はなきや、お父さんもご心配、お母さんもご心配、共に妾もイソ御心配……

──椰子の実は繁る、土人は恋をする。妾一人で淋しいわ。帰らう。〳〵。チヤン〳〵チヤガ〴〵チヤツチヤン。スツチヤツチヤンのチヤン〳〵

──博多帯しめ、筑前しぼり、筑前しぼりの帯をしめ。歩む姿は柳腰。お月さんが一寸出て、松の影。はい今晩は

──おばこ来るかやと。たんぼのはんづれまで出で見たば。コバエテ〳〵。おばこ来もせで。用のないたんばこ売りなど、ふれてくるコバエテ〳〵

──何をくよ〳〵川端柳。こがるゝ何としよ。水の流れを見てくらす。東雲の。明けの鐘。ごんと撞けやつらいね。とか何とか仰やいましたかね

──忍路(おしよろ)、高島及びもないが、せめて歌棄(うたすつ)磯谷(いそや)まで。スイ〳〵

──安来千軒。名の出たところ。社日桜に十神山。十神山から沖見れば。どこの船やら知らねども。せみの元まで帆をまいて。ヨサホイ〳〵と鉄積んで上る

──猪牙で行くのが深川通ひ。上る段梯子がコレワイサノサ。いそ〳〵と客の心は上の空。飛んで行きたいコレワイサノサ。主のそば

──騒ぎ唄、(ぞく)サラリーマン物語(ものがたり)』(前田一、東洋経済新報出版部・昭和三年)

 

冗語唄 じょうごうた

ある語音を何度も重ねて配列する文彩を「冗語」といい、それをもって歌詞を構成したものを〈冗語唄〉という。多くの歌謡詞に頻繁に用いられている。 

【例歌】

ごんごり踊 ごんごりおどり

〽あさの川なる、白ごり黒ごり、思ひのあはひからひつ連れたつて御座れの、かうかの、ごんごりの〳〵、あづまかいからげの理兵衛殿は来ぬかの、理兵衛こそ()れ山越に、吉野まさりのよねだんべ、さつても名誉なしかたなおてきに出()うた、すてんきう〳〵のきう。

──二上り地歌、『落葉集』巻三(宝永七年)

[メモ] 「ごんごり」とは北陸地方の一部の方言でカワハギ(魚名)のこと。この詞には徹頭徹尾、異種の冗語がちりばめられている。

のう中ちやん のうなかちやん

〽逢ひたがるのにのう中ちやん、逢ひたがるのに、おつちよこちよいのちよい、逢はせぬ親は、どつこいしよ、親がじゃけん叶、なかちやん、親が邪見か、おつちよこちよいのちよい、ちよいと子が無理か、どつこいしよ。

──江戸小唄、安政年間流行、『小唄の衢』

おつちよこちよい節 おつちよこちよいぶし  

〽蝶々とんぼやきりぎりす、山で山でさえづるのが松虫鈴虫くつわ虫。(原歌)

〽猫じや猫じやとおつしやますが、猫が猫が杖突いて絞りの浴衣(ゆかた)で来るものか、オツチヨコチヨイノチヨイ。

──流行唄、幕末に再々流行、『明治流行歌史』

[メモ] 発祥は文政十一年頃にさかのぼり、詞の面白さからたびたび流行った。詞では、同じ言葉を何度も重ねる冗語の技法が余すところなく用いられている。二節の詞は「猫ぢや猫ぢや」の類歌で、多少の変形を見ながらも明治中期まで愛唱された。

 

YOU TUBE

 

金々節 土取利行(唄・演奏)

 

小説歌謡 しょうせつかよう

新聞小説などよく知られた物語を歌謡仕立てにしたもの。

要するに「くどき」の現代版で、詞も長くなりがちである。

【例歌】

バツサバサ節 ばつさばさぶし

〔小説己ケ罪〕親の苦労が枷となり、いやなお方に身を任す、バツサバサ

〔小説己ケ罪〕現在二人の子を海の底、(たまき)が作りし己が罪、バツサバサ

可愛いお方としつくり抱き、味あうて吐き出すいきなもの、バツサバサ

雪につもりし怨はとけて、水にながしたうれし朝、バツサバサ

解けて嬉しい羽織の紐も、今はふたりの交情(なか)結ぶ、バツサバサ

待つ夜きこゆる三筋の糸は、癪にさわりのあだ文句、バツサバサ

主を松虫おもひにないて、いまはこの身をきり〴〵す、バツサバサ

──流行節明治三十四年流行『日本近代歌謡史』下

新調 金色夜叉の歌 しんちよう/こんじきやしやのうた  八雲山人詞

歌留多会

〽年立つ春の都路は 唯美しく賑しく家並に立てる松飾 千代の翠の色を添へ

一二三(ひふみ)の歌高く 小羽根を飛ばす少女等を

縫ひつゝ走る屠蘇の客 家毎に祝ふ獅子舞の 笛の音遠くなり行けば 日は今西に傾きて 万戸に灯す紫の 光は眩く照り渡る

春とは雖ど吹く風は 身を切る斗寒ければ

夜は未だ更けぬ内よりも 皆家々は戸を閉ぢて 或は歌ひつ又酌みつ 笑の声は門に満ち

 金色夜叉の碑〔静岡県熱海市〕

 実にも楽き大御代や 衢の塵を隔たる

此所に和風の一構 角守る犬は眠れども

中はどよめく笑声 歌留多の最中と知れた

広き一間に集ひたる 男女は凡そ四十人

眼鏡をかけし人もあり 赤きリボンの人もあり

縮れし髪の人もあり 鬚蓄へし人もあり

昼を欺く銀燭に 若き姿を照させて

今や鎬を削るなる 読人(よみて)は声を張り上げて

風より疾く読み行けば 黒き拳は右に飛び 

城き腕は前に反れ 或は喚き又叫び

是れ一場の修羅場か この修羅場に在り乍

独静に微笑みて いと淑かに振舞へる 

姿(あて)なる少女あり 年は十九か八ならん

顔白く眉長く 夜会の髪も品もよく

紫リボン又匂ふ 小豆鼠の羽織をば

袖も重げに(つくろ)ひて 物をも言はで打胆る

夫れ(かん)ばしき菫には 狂へる蝶も憩ふべし

さしも狂ひし男子等も 又顧て猶予(ためらふ)

実にこの君のあればなり 折しも猛く走り来し

車の音は門に止み 尋で問ふ声高く

入り来し人は抑も誰ぞ 年は三十路に近からん

髪も姿も装も 唯これ気障の一紳士

名は富山と呼ぶとかや さる銀行の(をさ)とか

其名其富とり〴〵に 誰いふとなく伝はり

その富山も加はりて 新に組は作られぬ

かの手弱女とこの人と 奇しくも組は同な

見るともなしに手弱女は その富山を見かへれば

膝に置きたる指よりは 眩き光閃きて強く眼を射られたる 

(ひとり)手弱女のみなら

集し人は諸共に (おなじ)光に瞬きぬ

あゝ其光何なるぞ 彼が指輪に鏤めし

ダイヤモンドの光なり ダイヤモンドの指輪とよ

人々更に見守りぬ 彼の手弱女を見守りぬ

ダイヤモンドは何なるぞ 唯一粒の石なる

など斯ばかりは騒ぐらん 彼の手弱女に数度(あまたたび)

  目配なせし富山は 何かこころに得たりけ

一人笑みつゝ辞し去りぬ 風は頻に夜は更けぬ(後略)

──小説歌謡、明治四十一年発表、『新調 金色夜叉の歌』

 [メモ] この唄本は、明治四十一年五月初版以来大正二年までに六十刷を数える空前の当たりをとっている。

不如帰 ほととぎす 

緑もふかき白楊(はくやう)の 蔭を今宵の宿(やどり)にて

恋しき妻とただ二人 或は泣きつ慰めつ

別れし日より一星霜(せいさう) その時妻はわが両手

しかと握りて(うつむ)きつ 早く帰つて頂戴な

早く帰つて頂戴と 三度(みたび)叫びしその声は

今なほ耳に残りたり 一度(ひとたび)帰りしその時は

浪子はわが家の者ならず 二度(ふたたび)帰りしその時は

浪子はこの世の人ならず あゝ(なみ)(さん)よなぜ死んだ

生涯和楽(わらく)を誓ひたる 親愛(いとをし)なるやわが妻よ

(そなた)は地下にねむるとも 二人の恋はありありと

逗子(づし)の浜辺の永久(とこしへ)に 輝く星を仰ぐとも 

()きたらんその(のち)は (なに)(たのし)みのわが身ぞや 

世にも幸なきわが身かな 何故(なにゆゑ)ならば世をすてし

浮世は浪子を捨てざるに 浪子は我を見捨てしか

あゝ情なやわが妻よ 若草萌ゆる春の日に 

かすめる海に()()(かた)() 夫婦まみえし逗子の浜

新婚旅行の楽みは 伊香保(いかほ)の春の蕨がり

不動堂にてちかひせる 去年(こぞ)(まぼろし)こもごもと 

(みぎは)の契りたゝずもじ 心ありげに一じん

花咲く花ははらはらと 墓標の(かしら)かいなでつ 

遂にわが身に散りかゝる 武男(たけを)は墓前に泣き沈む 

その声きくや中将は 大股足に進みより

浪子は死しても我子にて 此後(このご)(よろ)しくたまむぞや 

(はや)()く帰りて台湾の 話を聞かしてたまひてよ

三人(みたり)は墓前を立ち去りぬ 三人は墓前を立ち去りぬ

──小説歌謡、明治四十二年発表、『明治流行歌史』

[メモ] 小説『不如帰』の初出歌か模倣歌かはわからない。じつは類歌が多すぎて判定困難なのである。「新調 金色夜叉の歌」ともども、模倣の叙事歌謡がいくつも後追いで現れ、この時代の歌謡界や詞作者の無節操振りをさらけ出している。

 

YOU TUBE

 

虞美人草 *村上幸子

姿三四郎 *竹脇無我

不如帰 *村上幸子

 

尻取唄 しりとりうた

歌謡の詞章を「尻取り」の形態でまとめたものを〈尻取唄〉といっている。

詞には韻によるリズムがあるため覚えやすく、内容も愉快なものが多い。言葉遊びの持ち味を遺憾なく発揮し、歌謡詞中でも人気筋を保っている。

また尻取唄自体古くから庶民に愛唱されてきているため、その様式は多様で、全国各地童謡を中心にに無尽蔵といってよいほどたくさんの歌詞が存在する。

【例歌】

五尺手拭 ごしやくてぬぐい

五尺ぐらいよこの手拭、五尺手拭中染めて、(おれ)にいよこのくりよより、己にくりよより宿におけ。

宿がいよこのよければ、宿がよければ名も立たぬ、佐渡といよこの越後は、佐渡と越後はすぢむかひ。

──小歌、『落葉集』(宝永七年)

[メモ] 五尺手拭はふんどしに転用される前の多用途手拭。

大尽舞地口 だいじんまいじぐち               

いつ竹たつ竹太右衛門どんの乙姫は、ひめはにがほがさきやにほたて、ほたての内に横木瓜、もつこの駄六が長袴、袴が原に紙とまる、とまるの婆さん茶をあがれ、あがれなるかや石堂丸、どまる大師の座禅とり、とりてころんでなつくやつさ、やつさもつさは目の下に、目の下開山源氏山、げんじ天皇秋の田の、狸の金玉腹鼓、つづみの千声鶴の一声、一声惣太がかどわかし、わかしがようなおたふくに、ふくにふかれぬ男づく、つくも夕暮憎い奴、やつの胸からはらはらと、はらと日本の国ざかえ、さかえ雅楽頭姫路とりやる、ひめじ上総の一味の郡、郡でかぼちやが唐茄子じや

──尻取唄、『浮れ草』下(松井譲屋編、文政五年)

利やくは浅草かんぜおん りやくはあさくさかんぜおん

♪利やくは浅草かんぜおん 女の薬うり大日円 円遊のステテコ大入だ 談志の金釜テケレツパア ばあさんあぶない馬車のまね ねんねこしやんと大かゆい かいきのこうもりゴムの靴 つけげ鍋町大島田 だんなのきげんを二等親 身代限りの新富座 みざまのわるいはスツトコめん めん銘仙は大下落 華族の集まる紅葉館 かんしんやまがら鳥のげい げいしやのかたかけぶかつこう 公正証書は皆なくし くしは米市利久形 かたで風きるへぼ官員 いんじゆん書生は身のつまり 利子をふやして楽隠居

──尻取唄、明治十年代流行、『日本近代歌謡史』下

 

浅草雷神門〔葛飾北斎画〕

開化尻取り かいかしりとり  

♪皇国の進歩には和漢の書籍(しよじやく)を読み尽し、つくした義務は反古にせん、線路をはずさぬ鉄道馬車、馬車で配るは郵便で、瓶でもらったブランデン、電信便りで返事した、下から見上げる電気灯、とうから貯蓄ヘあづけます、益々開ける日本(につぽん)に、ほんに機械はウンドウス、どうすりや不服を止めにする、する気ではじめた商法も、法にかなつて忙しい、引いた人力車(くるま)も今は乗る、乗るから蒸気の札かいな、田舎の無沙汰は春にする、似する役者の声色(こわいろ)を、色をさし込む石版に、パンに牛肉牛の乳、父と並んで取る写真、しんから神国(みくに)はありがたい、堅い造りの煉瓦石、急にせかれて出来上がる、あがる相場も下落する、楽する人は気に油断、油断漬け込む盗賊を、賊をいましむ警視庁、朝夕配るは新聞紙、始終は万国一となる

──尻取唄、明治十八年頃流行、『開化尻取り文句

千鳥や千鳥〔名護屋の古謡〕 ちどりやちどり

柳の下のおひゝり様は、なぜ色黒い、お色か黒くばお日傘お召せ、お日傘京へ誂へたれば、京ではやる紅葉傘、紅葉傘に千鳥をかけて、あちらむけ千鳥、こちらむけ千鳥、千鳥や〳〵浜千鳥

──尻取唄、年代未詳、『ぼんならさん』

 

YOU TUBE

 

あんたがたどこさ

「うんこしりとり」のうた *

しりとり歌合戦 *ラジオ放送

 

すててこ 

東京の落語家が寄席で演じた馬鹿踊りの一つ。

はやらせたのは三遊亭円遊で、甚陣羽織に半股引姿で演じたことからこの命名に。すでに大人気であった三遊亭万橘演じる「へらへら踊り」の向うを張り、明治十三年に異様ないでたちで卑俗な踊りを披露した。  

 『ごぜん上等すててこおどり』 〔守川周重作 明治十三 年〕

【例歌】

すててこ         すてゝこ円橘詞

♪さても酒席の大一座、小意気な男の振事や、端唄に大津絵字余り都々逸甚句にかつぽれ賑やかで、芸者に浮れて皆様御愉快、お酌のステテコ、太鼓を叩いて、三味線枕で、ゴロニヤンゴロニヤン

──踊り唄、明治十三年頃流行、『明治流行歌史』

ゆうべふろのあがりばで このはらおびを

 かゝさんが とつつけさんして さつてもよいことをしてくれたと ゆうべのおはらだち

あいたさに 云たさに したさにきたので「れそ〳〵〳〵 うにやにやのパア

──踊り唄、明治十五年頃流行、『当世はやり諸げいの大みせ』

すててこ〔雑載〕 すててこ

♪向う横丁のお稲荷さんへ、一銭あげて、ざつと拝んでお仙が茶屋へ、腰をかけたら渋茶を出して、渋茶よこ〳〵横目で見たらば、米の団子か土の団子か、団子で〳〵此奴は又いけねへ、ウントサノドツコイサ、ヨイトサノドツコイサ、ウントサノドツコイサ、ヨイトサノドツコイサ、せつせとお遣りよ。

♪昨夜見たよな大きな夢を、威海衛を背に負ひ、濟遠定遼下駄にはき、其又帆柱杖につき、ほうかん山に腰をかけ、四百余週を一またぎ、あんまり咽喉(のんど)がかわくゆゑ、黄河の水を一二三口(ひふみくち)に飲み干せば、何やら咽喉にたつたやう、えへん〳〵と咳ばらひ、唾液(つばき)を吐き出しよく見れば、万里の長城がとんで出た。

──踊り唄、明治二十八年頃流行、『明治年間流行唄』

♪山崎の渡し場で チラと見初めし五十両 先へトポトポ与市兵衛 跡からつけ行く定九郎 おとつさん待ちな 勘平が鉄砲でアイタタ アンヨをたたいても一つおやりよ ウントコサノドツコイサ ヨイトサノドツコイサ ウントコサノドツコイサ ヨイトサノドツコイサ シツカリおやりよ。

──踊り唄、明治二十八年頃流行、『日本近代歌謡史』上

 [メモ] 円遊すててこの二番煎じ雑載。落語家の桂分如らが上方で広めたものも含まれる。

 

駄洒落唄 だじゃれうた

ある語句に音が似ているというだけで、同音異義の言葉を安易に引き合いに出す拙速な洒落を「駄洒落」といっている。駄洒落は誰もがすぐに考えつき、洒落の形態としても単純すぎることから、口にすると軽薄な印象を与えがちである。

この駄洒落を歌謡に取り込んだ滑稽な唄を〈駄洒落唄〉という。

【例歌】

やだちう節 やだちゆうぶし  

重忠(しげただ)()古屋(こや)(ただ)したちう、ありかをいへとはおらいやだちう、やだちう〳〵といはねへもんだちう。

色になるのはよけれども、裸になるのがおらいやだちう、やだちう〳〵といはねへもんだちう。

──俗謡、嘉永三年頃流行、『小唄の衢』

間違笑袋浮世ぶし まちがいわらいぶくろうきよぶし 

♪がくもん しゆぎやうに 東京に もくてきはづれて ゑんげきし やくしやとがくしやの おふちがい

   アハテタ人ダナ カンニンシテクレ

   ヤセルゾヘ ウキヨジヤナイカイナ

   (以下カタカな部分繰り返し)

♪なんぼこゝろが せけばとて まひこが たいこのうちちがい げいこの けいこと きゝちがい

♪酒中へ しんせうも けづりかけ 女郎でこの身も ほそくなり おんなとかんなの かけちがい

 

♪なんにもしらずに やうしよくと シチウと むちうの くひちがい ソツプとコツプの のみちがい

 

♪ふられた女郎かい まのわるさ あねきとたぬきの かけちがい せなかとおなかの とりちがい

──俗謡、『間違笑袋浮世ぶし』(東京行商社、明治二十六年)

 

喩え唄 たとえうた

他の物事によそえて例とした唄。喩え言葉でつづった唄。寓話風な詞に仕立てられたものが目立つ。

【例歌】

秋の七草 あきのななくさ                                      今宮新五郎詞

おひゆくすゑは、われのみぞ見んしめゆひし、わがなでしこの、ときまちえたる「さかりうれしきをみなへし、きやしやなすがたをおもひのたねに、まねくおばなが袖の露、ほさでかたしく身はいつか、ねてのあさがほなほゆかし「たがぬぎかけしふぢばかまとぞ、とへばむらさきゆかりをとめて、うつりやすさをみやぎのゝ萩の、下葉のしたこがれ、うらみがちなる心の底をほんにくずはな色をも香をも、しる人しらぬ、あさぼらけ。

──三下り端唄、江戸後期成、『新大成糸のしらべ』

[メモ] 女心の切なさを秋の七草に喩えて折り込んでいる。

三鼓節 さんこぶし

〽忠臣蔵ではわしやないが、雨が降るなら師直(もろなほ)で、風が吹くなら由良の助、仕事は千崎弥五郎で、縞の財布はお軽でも、私とお前は与市兵衛。

──俗謡、慶応年間流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 人となりを喩えてつづった唄。

寺入歌〔新潟県〕 てらいりうた

小坊主々々々山へ行けやれ〳〵おツかな(恐怖)、ヤレおツかな、去年(きよねん)なも行きたれば、烏と申す黒鳥(くろとり)が(字を習ふを鳥に譬ふ)彼方(あつち)へ向きては(つつ)き、此方(こつち)へ向きては突き (師匠に手を持ち字を教へらるゝ台詞)どうもならず(如何にしても書かれず)隠山(かくれやま)(雪隠)へ隠れた隠れた。──里謡、近代に採録、『わらべ唄民謡大全』

 

YOU TUBE

 

胸の振子 *霧島 昇

 *北島三郎

 

タレギダ 

明治の楽屋言葉で〈女義太夫〉のこと。

いわば女太夫による浄瑠璃語りで、サワリのみを色気たっぷりに語った。

淫情をあおる退廃ムードがたびたび問題になり、官憲筋の取締まりも再三あったが、人気の高まりがつねに先行凌駕した。なかでも豊竹駒国・竹本鶴松・竹本団之助などはタレギダスターのような存在であった。

例歌に掲げた欣舞武士の替歌は、そうしたタレギダの一面を描いている。 

 高座の花 女義太夫 竹本京子並ニ京枝〔松谷画、風俗画報185号(明治32年3月10日号)〕

【例歌】

欣舞節替え きんぶぶし/かえ

遊び女

夕日は西に傾きて。二階に聞ゆる三味線の。音はペンペンシヤンシヤンと。響き渡りて騒がしく。儘にならぬは浮き勤め。苦界に沈める遊び女は。冬は震へて店を張り。夏は蒸されて汗にやむ。国の親父はお(ふくろ)は。いかに過させ玉ふらん。飛に羽なき籠の鳥。泳ぐに鰭なき網の魚。拝む写真に朧月。待たれよしばしまてしばし。今にお客をだまかして。氏はなけれど玉の輿。(なにがし)夫人とあがめられ。三枚襲に白襟か。左なくして豪家の奥様と。なりて抱への手車で。意気揚々と両親を。左り団扇に暮らさせん。左様は問屋で卸さない。赤き(しかけ)の其内は。誰も蕩けて来るものと。自惚心が増長して。低いお鼻も高くして。花魁太夫とすましこみ。新造お豆を追いまわし。豆やお芋の買喰や。情夫(まぶ)へ注込む其金は。鼻下長だまして懐中(ふところ)を。はたき尽させ其上に。高利の金を借込んで。首も曲らぬ其時は。年季を増していつまでも。足を洗はん時もなし。たまに廃業するものは。九尺二間の山の神。金棒引となり果てて更に浮む瀬あらざるぞ。汝よく聞け身を思へ。まこと其身を恥づるなら。お客の隙に読書(よみかき)や。裁縫業(たちぬいわざ)に心がけ。身持正しく勤めあげ。人の細君女房と。女の道を守りなば。真に満足慶賀の至り。 欣舞々々々々、愉快々々

──演歌、明治三十四年頃流行、『欣舞武士』

 

YOU TUBE

 

伊勢音頭恋寝刃・油屋の段

壇浦兜軍記~阿古屋琴責の段

 

茶利唄 ちゃりうた

茶化し心と合わせ、滑稽でしかも奇天烈な詞でつづった俗謡。

例歌「おやまかちやんりん」のように囃子まで茶利に染まったものもある。

【例歌】

とつちりとん替え

〽むかし釈尊。長者の姫に。「ゆびをさしたが縁となり。たちまちはらむやすだら(によ)。「ついに赤子を生落し。是ぞまつかないつわりよ。指ではらんだ子なれば。(ゆび)尊者(そんじや)といふ物を。「………………子なれば()ごら尊者ともうします。

──替歌、『粋の懐』五篇(文久二年)

おやまかちやんりん おやまかちやんりん 

おやまかちやんりん、蕎麦屋の風鈴、おとすと罰金(または「ひつくりかへしちや罰金」)

──俗謡、明治十年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 「ちゃんりん」は道化た言動、つまり茶利の転化したもの。この詞はすべて無意味な弾み言葉でつづられており、この類を「無駄口唄」ともいう。

オヤマカチヤンリンくずし おやまかちゃんりん/くずし

主を帰して 客引やめる これもやつぱり主のため オヤマカチヤンリン

添える智恵をば 絞りの浴衣、それから夫婦に 鳴海染 オヤマカチヤンリン

主の落目に 着かざる錦 笑ふ座しきに 苦は絶えぬ オヤマカチヤンリン

──俗謡、明治十一年頃流行、『日本近代歌謡史』上

[メモ] オヤマカチャンリンの囃子が口遊びを増幅、崩しも現れてそれなりに流行したようだ。

 

珍芸唄 ちんげいうた

上方芸人などが舞台で演じる珍芸に伴ってうたう歌。

例歌の「テケレツパー」がよく知られた代表作である。各歌の発表もしくは流行年代が正しいとすると、明治時代をほぼ通してはやったことになる。 

【例歌】

テケレツパ てけれつぱ

さへる十五のわしや月なれど、人が曇りをかけたがる、コリヤ、西からそよそよこい風で、心のくきりもさツぱりと、はれたらおふじがたんとたんと、テケレツパ

今じや開けて高野の山も、女きんせいやめとなり、コリヤ、肉食妻帯おゆるしで、へツついざんぱつ女ぼもち、これから子どもがたんとたんと、テケレツパ

浮気ヨするきは少しもないが、ほれたおかたがあるばかり、コリヤ、うかれた座敷の大一ざ、芸者は二上三下り、てうしのおかはりたんとたんと、テケレツパよ

──踊り俗謡、明治五・六年頃流行、『世の中開化ぶし』(読売本)

テケレッツノパ てけれつつのぱ

♪そろ〳〵はじまる 郭巨の釜掘り テケレッツノパァアジャラカモクレン きューライテコヘン キンチャンカーマル席亭よろこぶ テケレッツノパァ

♪ふとんをこうして 子どもに見立てて テケレッツノパァ この子があっては孝行が出来ない テケレッツノパァ

──踊り俗謡、明治十四年頃流行、『日本近代歌謡史』上

テケレケレツイノパツパ節 てけれけれついのぱつぱぶし

何をクヨ〳〵、ヤヨセコロ〳〵セ、川端やなぎ、コロリンノウンサイナ、水の流れを見てくらす、コロリンノウンサイナ、()う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

二世を堅めた、ヤヨセコロ〳〵セ、お前のまへで、コロリンノウンサイナ、切れて気になる三の糸、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

行儀繕ふ、ヤヨセコロ〳〵セ、初会の床が、コロリンノウンサイナ、深い苦労を結ぶ縁、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

不人情だと、ヤヨセコロ〳〵セ、云はんすけれど、コロリンノウンサイナ、お前の誠が薄いから、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

止めたさ堪えて、ヤヨセコロ〳〵セ、心でないと、コロリンノウンサイナ、情なく帰すも末のため、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

仇になるほど、ヤヨセコロ〳〵セ、苦をさす主が、コロリンノウンサイナ、何故にこんなに可愛がる、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

(いぬ)る〳〵と、ヤヨセコロ〳〵セ、口では云へど、コロリンノウンサイナ、酔ふた振りして横になる、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

広いやうでも、ヤヨセコロ〳〵セ、狭いは世間、コロリンノウンサイナ、心あかすは主ばかり、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

何時もながらの、ヤヨセコロ〳〵セ、無理とは知れど、コロリンノウンサイナ、去とはつれない断れ言葉、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

添ふたからには、ヤヨセコロ〳〵セ、コロリンノウンサイナ、世帯の為に、妾しや意気地を針仕事、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

思ひ桐の葉、ヤヨセコロ〳〵セ、コロリンノウンサイナ、おとして見せて、秋の出たのを知らす風、コロリンノウンサイナ、最う一つおまけで、サツコロリンノウンサイナ、テケレケレツイノパツパ

──踊り俗謡、明治四十年頃流行、『新はやり唄』(赤本)

 

YOU TUBE

 

秋田民謡 珍歌漫芸集

 

テレビドラマ主題歌

 

YOU TUBE

 

ああ人生に涙あり *杉良太郎、「水戸黄門」テーマソング

愛の水中花 *松坂慶子「愛の水中花」

明日の詩 杉良太郎

いつかはきっと *渥美 清

愛しき日々 *堀内孝雄、「白虎隊」

11pmテーマ曲 *スキャットのみ

オー大和魂 *渥美 清

北へ帰ろう *徳久広司

月光仮面は誰でしょう *TBSテレビ「月光仮面」の主題歌

ここに幸あり *大津美子

ごめんくださいお訪ねします *渥美 清

こんな男でよかったら *渥美 清

こんにちは赤ちゃ *梓みちよ

さくらのバラード *倍賞千恵子

さすらいの旅路 *三島一朗

さよならをするために *ビリー・バンバン

少年探偵団のうた *ニッポン放送ラジオドラマ「少年探偵団」の主題歌

昭和ブルース *ドラマ「非情のライセンス」主題歌

人生いろいろ *島倉千代子

すずらん *遠野凪子、NHK朝ドラ 

銭形平次 *舟木一夫

TRUE LOVE *藤井フミヤ

泣いてたまるか *渥美 清

ねがい *西郷輝彦

二人の世界 

夢で逢いましょう *坂本スミ子

われら青春 

 

頓降唄 とんこううた

平板な情景が続いたあと、最後の締めで状況を急転直下させる技巧を用いた歌謡詞。多分に心理的なオチといえ、聞く者はしてやられた微苦笑気分になる。

【例歌】

こがらし

〽北しぐれふるかてり葉のいろそへし「かほにもみぢもあらしと共に、ちらすこの葉のかずとはいへど「ほんにきこえぬゑびすさまとへど答へもなんのそのいづものるすか神無月

──本調子端歌、江戸中期作、『新大成糸のしらべ』

[メモ] 肝心な縁結びの出雲の神々が出払い留守になってしまう神無月で洒落(しやれ)()とした。

風流まんまど節 ふうりゆうまんまどぶし

〽お江戸向島(むかうじま)な、まんまどから見れば、あふて、竹屋の船で越す、定めし吉原花魁(おいらん)を、うんにや夜桜〳〵。

(むかう)門口(かどぐち)、まんまどから見れば、犬が耳をかく音がする、もしや主かと開くれば、畜生めわん〳〵わん。

──江戸小唄、安政頃流行、『小唄の衢』

神やほとけの かみやほとけの  

〽神やほとけの。仇名のつくものは。出がはりせぬ女中がこれは稲荷。新町女郎が。天神に。お寺のかこひ者が大黒で。耳が(とほく)てえびすさん。色の黒いが護摩堂の不動。けつこうな人が如来さま。人が(たつ)とむにん徳で。くさでけ八まん。端手な伊勢参りが三宝荒神で。高い下駄はきや行者さんでやかまひいお嫁々(かか)山の神。

──大津絵節、江戸後期成、『粋の懐』八

蓮の葉に はすのはに

蓮の葉にたまりし水は 釈迦の涙かありがたや ところへ蛙ひよことでて それは私の尿(しい)(そろ)

──江戸小唄、江戸後期作、『小唄江戸散歩』

[メモ] 上野不忍池畔に弁才天が鎮座していた。ここは蓮池としても知られ、そこの蛙が信心深い参詣客をからかった〈擬人化唄〉でもある。

 

謎かけ唄 なぞかけうた

〈謎なぞ唄〉とも。謎をかけて正解を求める遊び唄。

古来、短詩形の傑作が少なくない。

【例歌】

なぞのうた       古今新左衛門詞

〽そこな船頭(せんど)になぞ〳〵なに、こちや謎知らぬ、なんどのかきがねばづすが大事、かけるが大事、ういもつらいも(よど)長縄手(ながなはて)身過(みすぎ)なりやこそ舟も引け、舟を引くとてなぜ袖ひいた、如何におんながいんなるもので、しんらぬ知らぬと思うやろけれど、目元でも知る乗合舟の船頭休みやれ、あゝえつとしよ、しわい女郎衆や、いやなら置きやれ、おかいでなんとしよ、事はかゝぬぞこちの舟、蒔絵にかきし舟のうち、みつこや鹿島やこん比丘尼(びくにん)、御出家庄屋どの抜参(ぬけまゐり)、こほううらいがくどいた、恋慕の闇のくらがりに、(あかがり)(あし)をさしだした、様ぢや御座らぬ、(やつこ)(うは)(ひげ)さなでた、御免々々、渋面つくりてひかられた、髭がはげたらごめんなれ。

──古今(こきん)節、『松の落葉』(元禄十六年)

[メモ] 謎唄の内容ではなく、古い謎なぞの断片を集めたような構成である。

忍ぶなら しのぶなら        河竹黙阿弥詞

〽忍ぶなら忍ぶなら 闇の夜は()かしゃんせ 月に雲の障りなく 辛気待宵十六夜(いざよい)のうちの首尾は エエよいとの よいとの。

──本調子小唄、安政六年作、『端歌大全』

[メモ] 女が言う。密会(しのぶ)なら闇の晩はダメ、おっ母さんに気づかれやすいから。かえって十六夜の月の夜のほうが警戒を解くからいいわ、と謎かけ。

 近代旦那文学の大御所、河竹黙阿弥

キビスカンカン 

♪キビスカンカン イカイドンス キンギヨクレンスノ ソクレツポ スチヤンマンマン カンマイカイノ オツペラポーノ キンライライ アホーラシイヤオマヘンカ

──俗謡、『横浜史年表』明治二十五年二月に

[メモ] このわけのわからない国籍不明語は、明治二十五年二月に社会問題化した政府による選挙干渉を風刺した流行歌詞である。詞そのものが謎かけを意図して作られており、最後に到ってやっと日本語らしいと気づく仕組みになっている●二月十五日は衆議院議員の改選日だが、政府は事前に目に余る干渉に乗り出し、国民から「無政府以上の極悪政治」という非難の声が上がった●なにしろ憲法発布後間もないホヤホヤ立憲君主国のこと、官民ともに総選挙のセの字もわからない。選挙戦を巡り、各地で闘争事件が頻発した。巡査が気に入りの候補者に投票するよう勧誘したり、立候補者が役人を介して贈賄攻勢に出たり、買収がきかないと暴力沙汰の脅しもまかり通る。あげくの果て、佐賀では暴徒鎮圧のため一個中隊が差し向けられるという事態まで発生した●まさしくアホーラシイヤオマヘンカを地でいったような世相。わが国に形だけでも公正選挙が定着するまでには、長い道のりを要した。

 

YOU TUBE

 

ナゾナゾ・ソング ひょうたん島

 

謎解き唄 なぞときうた

仕掛けられた謎なぞの答を文句にして解き明かす唄。

〈謎解き唄〉は江戸時代の寄席や見世物の名物となり、都々逸坊扇歌はこれの名人として知られた。ちなみに文化時代に名を売った三笑亭可楽(春雪)は文句作りの謎解き坊主で、歌謡ではなかった。

【例歌】

なぞ唄 なぞうた

〽火桶火鉢はななな、火桶火鉢は、かわい男ととくわいな、これかゝへてさするで、さうらばへ。

〽淀の車はななな、淀の車は、目くらのおせんととくわいな、これ水にまわるで、さうらばへ。

──ともに俗謡、天保二年流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] いわゆる三段謎で、掛け・解き・こころの各部で構成されている。

坊扇歌の謎解き唄 ぼうせんかのなぞときうた 都々逸坊扇歌詞

〽楽なやうでも南部の鶴は、胸にくえうが絶えやせぬ。

──都々逸、江戸後期作、『明治流行歌史』

[メモ] 扇歌が木場の鹿島の座敷に呼ばれたとき、南部家の家臣某から「南部の殿のご紋は?」と謎歌作りを所望された。彼は即座に上記の唄で返したという。文句にある「くえう」は苦労と九曜の音通洒落。ちなみに南部家の定紋は中輪の内に向い鶴、鶴の中に九曜の星である。扇歌は紋所を折り込んだ見事な作を披露したわけだ。

壇の浦の平家 だんのうらのへいけ    都々逸坊扇歌詞

〽壇の浦の平家とかけて、何と解きましよか、あゝ、四文銭を天ぷらにして三文で売ると解くわいな、解きました其心、波をあげて(上げ─揚げ)一もん(一門─一文)を損するではないかいな。

──俗謡、幕末流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 補注すると、天保四文銭は形をあしらった模様である。

謎解き         都々逸坊扇歌詞

なぞ〳〵かけましよときなされ、知つたる謎なら解きましよが、知らない謎ならあげてきかう、玉子とかけて何と解く、乱れ(いくさ)と解くわいな、ようとかしやんした(その)(こころ)、白()が破れて君(黄味)が出るではないかいな。

──俗謡、幕末流行、『出雲さんこ』

 

浪花節 なにわぶし

昭和初期から〈浪曲〉とも。厳密には関西流行の語り物、浮れ節・ちょぼくれ・ちょんがれなどを総称した呼称だが、ここでは狭義の〈浪花節〉とする。昭和二十年代まではラジオでも人気番組であったが、テレビの普及とともに衰退した。 

 浪曲とは言わず自然に「浪花節」と口にする高齢世代に支えられている 

【例歌】

金色夜叉 こんじきやしや      末広亭辰丸口演

広い世界に只一人、心許せし恋人が、義理も情も仇桜、向ふの岸に咲くと云ふ斯く恐ろしき世の中に、苦学十年何かせん、雪の光に読み得たる、万巻千部の学問も、解けては元の水の泡、さらば訣れんお宮嬢、別るる今宵は十五夜ぞ、又来る年の十五夜は、何処のいずこで眺むとも、晴れたる月が曇りたら、今宵の様に貫一の、怨む涙の曇りぞと、胸に刻んで忘るゝな、啼く音悲しきほととぎす、血を見るまでに諭せども心変りはお宮嬢、唯おろ〳〵と泣くばかり、見れば……(後略)

──浪花節、明治末期流行、『美音の栞』第四七六一二号

 

YOU TUBE

 

国定忠治 赤城の血煙 *広沢虎造

 

倣い唄 ならいうた

滑稽で破天荒な歌い出しに続いて、連想句を次から次へと引き継いで展開していく遊び歌を〈倣い唄〉と呼んでいる。

詞の一小節の分量は同じ程度、締めの句も同句揃え(脚韻)にすると面白さが出る。あくまでも座興向き、あぐらをかいた風な詞がふさわしい。

【例歌】

アメリカ道成寺 あめりかどうじようじ

かねニうらミはかず〳〵ござる、知らせの鐘をつく時は、世上めつぽふとひヾくなり、所々のかねをつく時は、世上むしやうと逃るなり、鉄砲のひヾきには、しやうめつめつひ、大筒はじやくめついぞくとひびくなり、聞ておどろく人ばかり、扨も此頃空はれて、深夜の月を詠めあかさん

『藤岡屋日記』第四十三〔嘉永六(一八五三)年〕

  [] 『平家物語』の歌い出しを擬した折衷詞でもある。

ざんぎり頭 ざんぎりあたま                   

(ざん)(きり)頭を叩いてみたら 文明開化の音がす

 半髪頭を叩いてみたら 因循(いんじゆん)姑息(こそく)の音がする

 総髪頭を叩いてみたら 王政復古の音がする

──俗謡、明治四年ごろ流行、近代より伝承

鉄面皮 てつめんぴ          不知山人詞

♪〔フロツクコートに高帽子。鼻下に八字の髯長く。マニラの煙草燻らしつ。〔紳士ブルのはよけれども。素性洗へば其むかし。ヅヽト昔の大昔。あれは月給いたゞきて。途方に暮れて一思案。思ひついたる高利貸。〔義理も人情も打ち捨てゝ。世人は鬼よと罵るも。我利々々亡者と嘲るも。空吹く風と聞き流し。〔無暗に欲張る熊手主義。其日暮しの貧民が。米のソツプもまゝならぬ。不運に泣くも顧みず。〔生血吸ひ取り尚飽き足らず。ます〳〵募る邪欲心。辛き浮世の細道を。ノサリ〳〵と渡るより。〔太く短かく一足飛びに。やつてのけるが当世と。暗夜コツソリ権門を。叩いて媚ぶる女郎主義。施す魔術の効能(ききめ)にて。〔マンマと手に入る暴利(まうけ)の仕事。濡手で粟の味を占め。花に戯れ月に酔ひ。誇り喜ぶ不義の富。〔無道極まる人。かゝる輩は日に栄へ。正直一途に働らける。人が神にも見離され。落魄はてゝ苦しむは。〔不思議千万倒さの時節。 舞々々々々奇怪々々 

──俗謡、明治三十四年頃流行、『緊舞武詞』あづま童

 

俄唄 にわかうた

近世、素人が街頭や宴席で即興の芝居芸などを披露することを俄(狂言)といった。これがのちに寄席芸に進化し、寛政当たりから大坂で俄芝居を演ずる職業芸人が現れ、「俄師」と呼んだ。そのさいうたわれたものを〈俄唄〉と称することが多い。 

【例歌】

二○カ にわか

   女房のこしらへにてかんどくりと猪口をもつて酒によふたるおも入れにてひよろ〳〵して出て又酒をつぎがぶ〳〵とのみながらへげたれた風ざまおかし

〽エヽイアヽうまい事ばじやわしやモフ何よりかより酒さへのんでいたら。御きげんで一寸出るのも調子と盃を持つてあるくがこれを人がみるとアヽ嫁々(かか)はいつも酔ているエライかゐ性もんじや気性者じや羅生門じやといふてほめてくれるが外の二つはわかつて有るけれど羅生門がわからんテアヽ分つたこれは又さけの妻といふのか。

──即席俗謡、江戸後期作、『巷歌集』

[メモ] 最後の句、「渡辺の綱」音通洒落で落としている。

 「俄師尾半」歌川国貞画、演劇博物館蔵〕

 

早口の唄 はやくちのうた

正確に発音しにくい言葉や類似発音を重ねるなどして、一段と言いにくいように作り、その文句をいかに早く誤りなくしゃべれるか競う遊びを「早口」という。また早口は、口先がもつれるような語呂の悪い文句をかなりの速さでよどみなく言い切る、あるいは繰り返すことにねらいが置かれている。

俗謡や俚謡のうち早口言葉の構成になっていて、これを早口で歌うものを〈早口の唄〉という。

中世末期に普及した〈早歌(はやうた)〉の影響を受け、近世に入ると、俗謡の分野でも〈早口〉ぶりが盛んになった。どの俗謡にも曲節に所定量というものがあるのに、なかには歌う詞に〈畳句〉などを挿入し、わざわざ長く引き伸ばした詞が現れた。つまり詞章の字余りとなるわけで、これを定曲の範囲で歌いきるため、いきおい〈早口〉にならざるをえない。

しかし〈早口俗謡〉には、破調の妙味という意外な収穫がある。そのため一部の詞は早口化現象を促進し、のちに潮来(いたこ)節をはじめ好此(よしこの)節、甚句、さのさ節あるいはあんこ入り都々逸などに早口傾向が波及していく。 

【例歌】

舌捩り舟歌 したもじりふなうた

小女郎恋しとな、歌うて名のりてお漕ぎやる、小杓子小ん(むすめ)こさいかこせんかこかいか、こぐる松の小娘(こよね)小娘(こむすめ)

──本調子端歌、江戸前期作、『松の葉』巻〓

「いたこぶし」連作 いたこぶし/れんさく

孫兵衛ごけ〴〵〴〵これをあはせてむまごべいごけヤレ〳〵/孫兵衛ごけむまべいごけ〴〵これをあはせて十三孫兵衛ごけヤレ〳〵/となりのいろりもくろぬりくろいろりこちのゐろりもくろぬりくろゐろりヤレ〳〵/となりのちやがまはからかねちやがまこちらのちやがまもからかねからちやがまヤレ〳〵

──里謡、江戸期作、『羈旅漫録』

出羽の酒席歌 ではのしゅせきうた

()らが隣の千太が、商ひするとて、煎餅(せんべい)焼餅、一文落雁(らくがん)(ちち)(こしら)へた/一文人形(てんづし)、何ですぎるとの異見を言へば、やちや〳〵(やかま)しねへちや、はまりがくも、起上(おきやが)小法師(こぼうし)で、なんで過ぎるとも、(かま)ひやるなや。(やんぐり)のぐり〳〵()が、生得のくり()が、がつかゞ、でく〳〵しいなアやア

──古里謡、江戸採録鄙廼(ひなの)一節(ひとふし)

早口唄 はやくちうた 

♪向うの(あぜ)(みち)にかもが(ひやつ)ぱつぱにこがもが百ぱつぱ、かもこめかむ、こがもこごめかむ、かもこめここがもがこゞめかむ。

──俗謡、明治十八・九年頃作、『はやり唄変遷史』

 

反語唄 はんごうた

主張したいことをあえて反対に表現し、しかも真意であることをほのめかす文彩技法を「反語」といっている。これを歌謡詞に応用したものを〈反語唄〉といい、遊戯詞唄に属する。

【例歌】

入間川 いるまがわ         近松播磨詞

(いと)しいを、憎いとすねて入間川、恋の口舌(くぜつ)はをかしかろ、嬉しい折りは涙ぐみ、腹の立つのは笑顔で知らせ、二世はかはさず三世は嫌よ、末は別れて暮そというて、じつとにらんだ入間様

──遊戯詞唄、江戸後期成、『日本歌謡類聚』

[メモ] 反語は別に「入間詞」ともいう。この用語の由来などについては諸説があり定かでない。いくつか文献をあたってみたところ、大槻文彦編『大言海』にある説明が最も適切と見たので、次に掲げる。

入間詞() 〔和歌ニ、言語ノ通ゼヌコトヲ、うるまの島人ト云フヲ、いるまト付会シテ、作リ出デタル語トオボユ((ウオ)、いを。(ウバラ)、いばら)うるまノ条ヲ見ヨ〕深きヲ浅きト云ヒ、老いヲ若しナド、スベテ、(ウラ)を云フ逆詞(サカサコトバ)ノ意ノ語。狂言記、入間川(武蔵ノ入間郡ノ川)ニ、或ル大名ノ、土地ノ者ニ、深キ所ヲ、浅シト言ハレテ、深瀬ニ陥ルコトヲ作リ出セルヨリ、此語アリ。(此狂言、寛正五年、糺河原勧進猿楽日記ニ見ユ(中略)入間(イルマ)詞風(コトバフウ)ノ意ニテ、入間(イルマ)(ヤウ)と云フ語アリテ、事ノ裏ヲ云フ、意、少シ変ゼリ(後略)

 埼玉県南部を流れる入間川 

にくいあん畜生 にくいあんちくしよう     北原白秋詞