日本の替え歌文化は質量とも世界一、日本語の魔辞句がたっぷり見られるぞ

 

 

Ch.18  替え歌

 

 

Ch.18 替え歌 目録 (五十音順) 

 

伊勢音頭くずし 梅が枝替え 梅の春替え 縁かいな替え 大津絵節替え 開化替歌 替え歌 くずし唄 軍歌茶化し 月月火水木金金替え 滑稽替え ゴルファーワルツ 権妻 再々替歌 浄瑠璃くずし 書生節くずし しょんがゑ節替え 新ドンドン節 新ノーエ節 隣組替え トンヤレ節替え なぞり替え ネオ・ジャパニーズ 派生唄 雨替え パロディソング ブセネタ 歌替り 界節派生唄 捩り唄 模倣唄 よいとこせう節替え 謡曲くずし よしこのくずし リバイバル歌謡 

替歌〔雜載〕 

 

 

伊勢音頭くずし いせおんどくずし

人気歌謡の宿命として、類似唄やくずしが氾濫するのが常である。まして「伊勢音頭」のような恒常的超人気の唄では、その数の多いこと、推して知るべしである。

ここでは項目を別立てにして、〈伊勢音頭くずし〉の代表的な一曲を紹介する。

【例歌】

元唄は 伊勢音頭

伊勢音頭よんやそれえ いせおんどよんやそれ

〽伊勢の海、波がうわきで船よせて、あふせあふせのかさなるを、ヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレエ。

〽ほんにあこぎがうらみごと、さらりととけてくだし川、ヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレエ。

〽流れ次第の縁と縁、渡すうぢ橋すゑかけて、たてしちかひのかみぢ山、ヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレエ。

〽月影も、更けて二人が鸚鵡(おうむ)(せき)、いとしといへばいとしいと、おなじこといふむつ事も、ヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレエ。

〽積る山田が腹立てて、むりなくぜつを鈴鹿山、今朝も流すいすず川、水の出花も浮気どし、ヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレエ。

〽こころ浅間のうたがひに、とくやせいしの硯箱、巻絵の松の千代までも、ヨイヨイヨイヨイヨンヤサソレエ。

──派生流行唄、幕末流行、『明治流行歌史』

 

梅が枝節替え うめがえぶしかえ

「梅が枝節」(梅が枝<俗謡〔雜載もの〕)そのものが替え歌であるのに加え、さらに改変の手を加えた再替え歌を指す。

【例歌】

元唄は 梅ケ枝

梅ケ枝節替え

♪亜米利加のワシントン 戦い起して勝つならば もしもや勝つたる其時は 其時や独立 そうれたのむ

♪青柳の風の糸 結んで縁になるなれば 若しも縁になるなれば 其時や 情けを其れ頼む

♪成金の紳士共 芸者(ねこ)娼妓(きつね)に騒がれて 尻毛抜かれ鼻毛まで 眉毛に 唾をば其れ頼む

──替歌、明治十年代流行、『日本近代歌謡史』上

 

梅の春替え うめのはるかえ

 俗謡「梅の春」替え歌も、元歌が人気筋だけに替え歌、派生唄が賑やかである。

 梅の春〔歌川邦芳画〕

【例歌】

元唄は 梅の春

開化の世の中〔梅の春替え〕 かいかのよのなか/うめのはるかえ

♪町景色 すべて唐めく西洋館 いつか天窓も束髪に 遊ぶ子供も気発なり イザ事替る商法さへ よき程よくなる会社とゞけ 刀打ち捨て丸腰で 諸士旗本も身軽なり 勉強なしたる新聞社 唐の衣服を肌につけ 二十ばかりで杖をつき 舶来金の指輪さし 婦人真高に腰かけし 着物は左程にいすらずに 女白歯で眉毛おく 入歯今様に開化ぶり 学ぶ子供におゝはせし 水道引くのも火事のため 売女なす身はひけめなし 諸々の町々情売る身はとつおいつ まさしくこれが淫売女 つきせぬ名代の日の本に。

──替歌、明治十年頃流行、『替歌・戯歌研究』

[メモ] 替歌全体はもっと長く、部分のみを掲出。

元唄の「春景色」以下を唄い替え

町景色 すべて唐めく西洋館 いつか天窓も束髪に 遊ぶ子供も気発なり いざ事替る商法さへ、よき程よくなる会社とゞけ 刀打ち捨て丸腰で 諸士旗本も身軽なり 勉強なしたる新聞社 唐の衣服を肌につけ 二十ばかりで杖をつき 舶来金の指輪さし 婦人真高に腰掛し 着物は左程にいすらずに 女白歯で眉毛おく 入歯今様に開化ぶり 学ぶ子供におゝせはし 水道引くのも火事のため 売女なす身はひけめなし 諸々の町々情売る身はとつおなんじ まさしくこれが淫売女 尽きせぬ名代の日の本に

──替歌、明治八年流行、『替歌・戯歌研究』

 

縁かいな替え えんかいなかえ

【例歌】

元唄は 縁かいな

縁かいな替え えんかいな/かえ

♪春の遊びの夜も更けて、互に競ふ月花も、其儘そこに転び寐の、かるたがとり持つ縁かいな。

♪二人暑さを川風に、流す浮名の納涼船(すずみぶね)、あはす調子の爪弾きは、水も洩らさぬ縁かいな。

♪秋の眺めは石山で、出船入船やばせ船、上る石場の仇姿、月が取りもつ縁かいな

♪秋の広野のそれならで、あだし胡蝶の飛びつれて、やども一夜の女郎花、露が取りもつ縁かいな。

♪冬の眺めは円山で、上り下りの京女郎、ひらく左阿(さあ)()の大広間、雪が取りもつ縁かいな。

♪とめて悪いと思へども、今朝の寒さはとりわけて、儘よも一つ玉子酒、雪がとりもつ縁かいな。

♪さつと吹込む隙間(すきま)かぜ、余り寒さに引寄せて、ぢつと抱きしめ目に涙、コレも夜着ない縁かいな。

♪辛い別れの後朝(きぬぎぬ)に、送って(いづ)るはし子段、またの逢瀬を楽しみにたゝく背中のポンかいな。

──替歌、明治二十二年頃流行、『明治年間流行唄』

 

大津絵節替え おおつえぶしかえ

 明治時代に入ると大津絵作者の視点も大きく変わり、時代の時事性が加味されていることが、多くの作品に見てとれる。

俗謡>大津絵節〔明治時代〕について

 大津絵節にはさまざまな内容・様式が混在しているが、なかでも替え歌風、くずし風のものを拾ってみた。

時代が下がるにつれて、どれが元歌なのか替え歌なのかわからないほど、複雑な流行を見せていくのも特徴である。

明治初期の大津絵

【例歌】

元唄は 大津絵

大津絵節替え おおつえぶし/かえ

このごろの流行(はやり)もの、義経袴にフランケツト とんび着て詩を吟ず チヨイト〳〵にコラサノサ 玉子をつりさげた吹き矢の葭簀店 大弓もござります 黒の羽織の町芸者 古道具屋にぐみのこんにやく焼団子 今川焼きと紅梅焼 てせいの煮花のお花をあがれ

──替歌、明治五、六年流行『替唄・戯歌研究』

元唄は 大津絵(吉原 〆治) *江戸・東京ではやった節回し

大津絵ぶし替え おおつえぶし/かえ

♪これ鯰さん、月給どんどん遣ふておくれ、わたしがからだをあげ詰めて、善いもの着せたり芝居へは欠かさず陽気なことばかり、御寝間のひツこいはやれ〳〵づゝなへやめにして、末始終新宅構へて権的と異名付けさせ、にやんこの位を逃れたい。

『日本近代歌謡史』上

大体に聞きなれて 誰でも知つたる外国言葉 蒸気車のステーシヨンに のぼりがフラフに 時計のセコンド 敷物がケツトに 短胴腹チヨツキとて 嫁々衆を見てはホイスといふ 薬がマクネシアに ホツタアスそれよりも シヤツプというは頭巾にて 休日がドンタク はれ着にして出るズボンマンテール。

『替歌・戯歌研究』

──ともに替歌、明治十二年頃流行

大津絵節〔津軽弁〕 おおつえぶし/つがるべん

♪あだねす、こだねーす、どせばよごいすばー、おらやばちーくーてーじやッきとこまりさーねーてことなーにちやッぺに、べこ、だんぶりこー、そしーて、やくどーに、ゆかないし、さんぶりーに、ひやめしめらーし、おまいでーば、てこのべて、もちよくちよ、ごいす、わいは、どつてんふぢまけた、ふざかぶ、あくとに、よろた、いまみ、わらはーど、あだこにをッちこッちに、はいごきげんよー

──方言大津絵唄、明治時代採録、『明治年間流行唄』

[メモ] 大津絵が津軽まで足を延ばして売られていたことがわかる。日本の歌謡史を飾る、めったに見られない貴重史料である。

 

開化替歌 かいかかえうた

明治開化期にはやった替歌は、派生唄の系統を除くとそれほど多くはないが、そのうちから特色のあるものを拾ってみた。

【例歌】

元唄は しょんがえ節 

みちはできたが

♪みちはできたがぢやうきしやまだかいな みちもくるまもできしだい できたらたんとのれおかぢやうき しよんがいな

──替歌、明治三年頃流行、『しよんがいぶし』

世の中よござんしよ節 よのなかよござんしよぶし

航海(ひら)けて、道まで(ひら)けて、馬車や人力車、まだいいのが陸蒸気(おかじようき)、トコ世の中よござんしよ。

──替歌、明治五年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 文久「ようがんしよ節」の再流行唄。

元唄は   *ただし曲は常盤津

老松替え おいまつ/かえ

そも〳〵御代の目出度きこと 段々に開け 国中のよそほひ先年の姿を去り ちよきんと髪を切る 真に人民自由の詩 県を諸方に設けられ学校しきりに建ちしかば 瓦斯灯夜を照らさんと 道の左右に建ちたまふ 此時町々煉瓦屋となり 巡査見回り馬車が殖え 人力四方へ駆けめぐり 旦那如何と 役所新聞電信機 郵便配達絶間なく ひと〴〵写真をうつすとかや 油絵シヤボン香ひ水 牛肉売る店の赤い文字 道の植え込み石橋に 鉄の欄干海川に 煙り絶えせぬ蒸気の器械 どうくくくどつと御国の内は治まるべうこそ目出たけれ

──替歌、明治十一年頃流行、『替歌・戯歌研究』

 

替え歌 かえうた

よく知られ広く愛唱されている歌詞を意味がまるで異なる戯詞にすり替え、同じ曲に載せてうたう遊びを〈替歌〉といっている。

 替歌は〈借曲詞〉の一種であり、これまでに多くの傑作を生んできた。ことに近代以降は替歌作りが盛んで、流行歌をはじめ俗謡・童謡・唱歌から戦時歌謡や軍歌まで、きわめて広範囲に及んでいる。優れた替歌は大衆の心情をとらえ、単にユーモラスなだけでなく、ペーソスに満ちた思いを呼び覚ましてくれる。 

 替歌文化の裾野は広く学術研究の対象にもなっている

 この類の作品はほとんどが作詞者匿名である。そうした文責逃れためか、なかには無軌道ぶりを発揮、人倫に外れてしまったものも少なくない。

なお本コンテンツでは、元唄を忠実になぞって変えただけものを〈なぞり替え〉とし、替歌とは別して扱うことにした。

【例歌】

元唄は 伊予節

伊予節替え

あくび仕ながらかゞみに向ひ「しんきなが

 らも一人ごと「親をうらむじや。わしやな

 けれども。ようもこんなにぶさゐ。くない

 かに夜なべに。したとてもあんまりむごい

 どうよくな。とりわけ。はなのひらゐこと。

 これぢやほれてのないはづよ。是非がない。

──替歌、『粋の懐』初篇(替唄、文久二年)

[メモ] 醜女に生まれた嘆きを親にぶつ

けている。両親の「夜なべ」仕事で出来たという恨み言が滑稽を通り越し哀れを誘う。

びつくりしやつくり節 びつくりしやつくりぶし  

♪饅頭屋の〳〵、あんのしめ木が生木にて、しめる度毎に、じく〳〵と。(元歌「じく〳〵節」文化十三年)

♪山寺の鐘つく撞木が生木にて、突く度毎に、ビツクリシヤクリト、ホトビツクリシヤクリト。

──替歌、明治四年頃流行、『明治年間流行唄』

じんだい節 じんだいぶし

♪ないしよないしよでこの子が出来る、私もないしよでジンダイすましたや、イヨナイシヨナイシヨ、ケンツケデツボデ火がナイシヨ、肴がナンデモイケナイシヨ、ナイシヨナイシヨ。(元歌「ないしよ節」文化四年)

 お前と私はお倉の米よ、いつか世に出てジンダイ(まま)となる、いよナイシヨナイシヨ、ケンツケデツポで火がナイシヨ、肴がなんでもいけないしよ、いよナイシヨナイシヨ。

──替歌、明治五年頃流行、『明治流行歌史』

元唄は 出船の港

出船の港替え でふねのみなとがえ

♪ドンとドンとドンと 塀のりこえて

 一チョ二チョ三チョ 雨戸を叩きゃ

 サッとあがった かかあの腕の

 腕のかなたで 電気がゆれる

♪エッサエサエサ 押しきるおやじ

 みごとクロガネ その意の根を

 かかあはとめよと ドンとつきあたる

 ドンとドンとドンと ドンとつきあたる

 (アアくたびれたあ)

──替歌、昭和初期に流行、『替歌研究

元唄は 湖畔の宿

蛸の八ちやん たこのはつちやん

きのう召された蛸八が

弾にあたって名誉の戦死

タコの遺骨はいつ帰る

骨がないので帰らない

タコの親たちゃかわいそう

──替歌、昭和十七年流行、『替歌・戯歌研究』

[メモ] 「湖畔の宿」の替歌で、第一節のみ現存する。

 田川水泡の漫画『タコの八ちゃん』は少国民に人気者

元唄は アリラン

アリラン替え(原曲は朝鮮民謡)

♪アリラン アリラン アラリヨ

 アリラン峠を越えてゆく

 かくも蒼空に ほしはあれど

 われらが胸はかくもむなし

♪アリラン アリラン アラリヨ

 アリラン峠をこえてゆく

 富と貧しさは まわりかわるものなれば

 汝等 なげくなかれ

 いつかは君等にも来るものを

──替歌、昭和十四年発表も発禁処分に

《参考》

明治の替え歌屋       荻生まとめ

近世から近代にかけさまざまな大道珍商売が現れているが、替え歌屋はその最たるものであろう。戸板上に各種玩具を並べ、陳列品全部を読み込んだ流行(はやり)唄を歌い、立ち止まった客に品物を売りつける。たとえば元唄、

 わたしゃどうでもこうでもあの人ばかりは諦められぬ、じゃによって讃岐の金毘羅さんに願でも掛けましょか(曲名未詳)

この詩を次のように変えてしまう。

 綿(わた)(ちや)、豆腐でも荒物でも、あの餅一つは(あん)付けられぬ、茶によって狸の金平(こんぺい)茶碗に椀でも欠けましょか、茶っ茶っ、高野々々

と茶碗を叩きながら歌う。板上に並べられた品は、綿布・茶・豆腐・高野豆腐・餅・狸?・金平糖・茶碗・欠け椀などで、いずれもママ

ゴト遊びの玩具である。『上方演芸辞典』資料に作成)

元唄は 露営の歌

サラリーマンの歌

♪買ってくるぞと勇ましく

 誓って家を出たからは

 土産無くして帰らりょか

 汽車の汽笛聞くたびに

 瞼に浮かぶ ガキの顔

♪内の車は火と燃える

 少なき月給踏み分けて

 進むインフレ 高物価

 空の米びつなでながら

 明日の命を誰が知る

♪屋根もトタンもバラックも

 暫し雨もりスキだらけ

 夢に出てきた住宅に

 何時か入るとダマかされ

 さめてにらむは焼のこり

♪思えば今日の通勤に

 朱に染まってがっくりと

 こぼれて死んだ乗客が

 満員電車バカヤロと 

 残した声が忘らりょか

──替歌、ラジオ放送「冗談音楽」で戦後混乱期に広まる

元唄は 月は無情

月は無情替え つきはむじょうかえ

♪質は無情というけれど コリャ

 月給はしちより なお無情

 質を渡すには三か月 コリャ

 月給は今貰って 今出てく

 競馬競輪ないならば コリャ

 おまえも泣くまい 怒るまい

 ボスにあの時さそわれて コリャ

 迷いこんだが 金づまり

──替歌、ラジオ放送「冗談音楽」で戦後混乱期に広まる

元唄は 王 将

王将替え おうしょうかえ

♪ふけばとぶような かつらをつけた

 はげた頭を わらわばわらえ

 生まれながらの つるつる頭

 月も知ってる おいら意気地

──替歌、昭和三十七年ごろ流行

元唄は 愛ちゃんはお嫁に

愛ちゃんはお嫁に替え あいちゃんはおよめにかえ

♪さようなら さようなら

 今日限り

 パチンコおいらの敵になる

 帰りのバス代 つぎ込めば

 でしゃばりクギ師の 手にかかり

 帰りに花輪をケトバシた

──替歌、流行時期未詳

 

YOU TUBE

 

麻生内閣冬景色

あんたがたどこさ替え

生くる屍(にくいあん畜生替え)

いらっしゃい競輪へ

男の勲章~力士編~

お独り様ね 小柳ルミ子

替歌さのさ

政権交代(アベノミクス編)

なごり雪の替え歌

夏のお坊さん

涙のゴルフ *あんたの替え

ニューハーフ替え歌

年金時代(青春時代替え)

のこり汁から余命まで *酒井素樹傑作集

バイキンマンのアクエリオン

売国進軍歌(愛馬行進曲替え)

花子可愛や(カチューシャ替え)

びっくりしゃっくりブギ

ブルーシャトー替え

ふるちんハート(らいおんハート替え)

みちのくひとり仕分け

港よさらば(ラバウル小唄替え)

目ン無い化粧

ラブユー貧乏

留年っていいな

わかれ川替え

若鷲の歌替え歌

 

くずし唄 くずしうた

(もど)き唄〉とも。歌謡の正調の曲・詞を意図的にくずしておかしみを演出する技法を〈くずし〉という。

くずしは既存の歌詞に限らず、曲の一部を改変した場合の呼称でもある。また「くずし」の呼び名は、近代に入って〈替歌〉という用語にとって代わられるまで、その意味を伝える言葉として知られていた。今では民謡の一部にわずかながら使われている程度で、半死語になっている。したがって現代に言うところの「くずし」は、歌詞だけを差し替えた替え歌と実質的に変わりないとみてよい。

くずしの作詞者はほとんどが匿名であるのも注目すべきことだ。

 市丸唄の「木遣りくずし」は有名歌

【例歌】

元唄は てまりうた ( あそび歌 ) 

手鞠唄くずし てまりうたくずし

〽七ツ星(田沼家の家紋)切付けたら長者になろな、田沼はいくつ、三十七ツ、まだ年は若いな、此の子を切つて()野子(のこ)をおさへて、対馬にだかしよ、御目付はどこへ、あぶながって茶を(のみ)に、中の間の縁で、すべつてころんで油あせたらした、(その)(あと)どうした、田沼もいぬと、頼母(たのも)もいぬと、みんなにげてしまつた

──替歌、天明四年頃流行、三田村(みたむら)鳶魚(えんぎよ)全集』第十八巻・有職鎌倉山

[メモ] 田沼(おき)(とも)(一七四九~八四)は江戸中期の若年寄。この落書は彼の頓死を揶揄した崩しで、元詞は「お月さんいくつ、十三七ツ……」という例の手鞠唄である●田沼意知は意次の嫡男、彼また父親同様に収賄政治をほしいままにし贅沢な生活を送っていた。意知は江戸城から帰邸のとき、新番士佐野善右衛門政言(まさこと)二十八歳に斬りつけられた●佐野は猟官運動で多額の金品を贈ったにもかかわらず重用されずじまいで、怨みの刃傷に及んだのだ。大目付の松平対馬守(ただ)(さと)が政言を押さ

えたが、意知は悲鳴をあげ逃げまどう醜態をさらした●意知は結局、出血過多のため天明四(一七八四)年四月二日、事件後十日目に死亡、佐野は切腹させられた。

元唄は トコトンヤレ節

トコトンヤレ節くずし とことんやれぶしくずし

♪姉さん姉さん お前の頭に/グルグル巻いたは何じやいな/これは流行束髪 イギリス結びを知らないか/トコトンヤレ トンヤレナ〔明治五(一八七三)年頃に流行〕

        ↑

〽宮さん宮さん 御馬のまへに/ひらひらするのはなんじやいな/あれは朝敵征伐せよとの/錦の御旗じや しらないか/トコトンヤレ トンヤレナ

[メモ] 〈くずし〉が替歌の意味に用いられた好例である。

元唄は 伊勢音頭

伊勢音頭このなんでもせ いせおんどこのなんでもせ

〽お伊勢戻りに宿とりませう、島さん紺さんよてかんせ、あつちやのエ、こつちやのエ、腕にくりから入れぼくろ、鉢巻したのがお江戸の衆、お泊りならばとまらんせ、お風呂もどんどんわいてゐる、ついでに行灯(あんどう)も張りかへて、畳も昨日おもて替へ、酒も肴もたんとある、おまんまはちらしで食べしだい、お寝間のお(とぎ)がいるならば、新造衆なりとも年増衆なりともお望みしだい、もしわつちでよいならば、急に化粧もしてきましよ、お泊りならばとまらんせ、お茶は唐茶でヤンレはたごが安い、ササヤアトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤ、コノナンデモセイ。

〽とろりとろりと紅かねつけて、女子たらしのヤンレ化粧(けはひ)坂、ササヤアトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤ、コノナンデモセイ。

〽一の鳥居越えて二の鳥居越えて、もはやがう堂がヤンレ近くなる、ササヤアトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤ、コノナンデモセイ。

──流行唄、幕末流行、『明治流行歌史』

[メモ] 第一節、伊勢参り客をねらった、現代なら観光PRソングといったところ。

このなんでもせ

お伊勢戻りに宿とりませう、島さん紺さんよてかんせ、あつちやのエ、こつちやのエ、腕にくりから入れぼくろ、鉢巻したのがお江戸の衆、お泊りならばとまらんせ、お風呂もどんどんわいている、ついでに行灯(あんどん)も張りかへて、畳も昨日おもて替へ、酒も肴もたんとある、おまんまはちらしで食べしだい、お寝間のお伽がいるならば、新造衆なりとも年増衆なりともお望みしだい、もしわつちでよいならば、急に化粧もしてきましよ、お泊りならばとまらんせ、お茶は(から)(ちや)でヤンレはたごが安い、ササヤアトコセ、ヨンヤナ、アリヤリヤ、コノナンデモセイ。

伊勢は津でもつ津は伊勢でもつ、尾張名古屋はヤンレ城でもつ、ササヤツトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤ、コリヤリヤ、コノナンデモセ。

大阪はなれてはや玉造(たまつくり)、笠をめすなら深井が名所、ササヤツトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤ、コリヤリヤ、コノナンデモセ。

とろりとろりと紅かねつけて、女子たらしのヤンレ化粧(けはひ)坂、ササヤツトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤコリヤリヤ、コノナンデモセ。

一の鳥居越えて二の鳥居越えて、もはやがう堂がヤンレ近くなる、ヤツトコセ、ヨンイヤナ、アリヤリヤ、コリヤリヤ、コノナンデモセ

──伊勢音頭くずし、明治四・五年頃流行、『明治流行歌史

コノナンデモセー節 このなんでもせーぶし

♪伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ、尾張名古屋はヤンレ城でもつ、サヽヤツトコセヨンヤナ、アリヤリヤ、コリヤリヤ、コノナンデモセー。

♪伊勢の(とよ)久野(くの)銭懸(ぜにか)け松よサヽヤアトコセイ、今はなア、今は枯木でソオレ()ちかゝる、サヽヤツトコセイノヨウイヤナ、ササヤツトコセイ、コレワイナ。

♪伊勢の海、浪が浮気で船よせて、あふせあふせの重なるを、ヨイヨイヨイヨイ、ヨンヤサソレエ。

──伊勢音頭くずし、明治中期流行、『明治流行歌史』

[メモ] 承前、くずし唄のさらなるくずし、ということになる。

元唄は 深川節

♪深川くずし 

丸髷(まるまげ)に結われる身をば持ちながら

意気な島田やアレワイサノサ

ジツ銀杏返(いちようがえ)

とる手も恥かし左褄(ひだりづま) ダガネ

・一年や二年はおろか三年先に

きっと添われりゃホントニソウダワネ

ジツ嬉しいが

男心と秋の空 ダガネ

何時(いつ)来ても柳に風の吹き流し

遠くなる気かホントニソウダワネ

チヨイト切れる気か

惚れたのを見込んでじらすのかダガネ

『明治年間流行唄』(くずし唄、大正七年頃流行)

 

YOU TUBE

 

愛ちゃんはお嫁に替え歌 *部分英語に崩し

替歌 東京行進曲 *二三吉

木遣りくずし *石川さゆり

吉良の仁吉 *虎造くずし

ちょんこ節

隣組替え歌体操

奈良丸くずし *美空ひばり

深川くずし *江利チエミ

また婚期過ぎていく *坂本冬美

 

軍歌茶化し ぐんかちゃかし

 勇壮な歌詞の軍歌も衣装替えして軟派唄に変化してしまう。このあたりも替え歌の魅力なのであろう。

【例歌】

元唄は 露営の歌

露営の歌替え ろえいのうたかえ

♪やって来るぞと勇ましく

 ちかって家を出たからにゃ

 三番やらずに帰らりょか

 太陽が五つに見えたとて

 腰の骨が折れたとて

♪酒もビールも飲みつくし

 暫し芸者のひざまくら

 夢に出てきた阿部定に

 切ってやるぞとおどかされ

 覚めてニラムはへその下

──替歌、昭和十二年ごろ流行

 曖昧屋らしき店名〔アイノコ喫茶、チラシ、昭和初期〕 当時の流行語「アイノコ」がこの大阪のカフェの店名にも使われている

元唄は 勇敢なる水兵

勇敢なる水兵替え>のらくろ

♪黒い体に大きな眼 

 陽気に元気にいきいきと

 少年倶楽部の「のらくろ」は

 いつもみんなを笑わせる

♪もとは宿無し野良犬も

 いまでは猛犬連隊で

 音に聞こえた人気者

 笑いの手柄数知らず

♪いくさに出ればその度に

 働きぶりもめざましく

 どんどんふえる首の星

 末は大将 元帥か

♪僕らは「のらくろ」大好きよ

 笑いの砲弾爆弾で

 日本国中ニコニコと

 「のらくろ」万歳 万々歳

──替歌、昭和十年代前半に流行、『少年倶楽部』にて紹介

元唄は 日本陸軍(陸軍礼式歌) 

♪天井に金づち クギを打つ

 チューチューねずみの三勇士

 がんこなオヤジにどなられて

 今日も出て行く父母の国

 打たずば生きてかえらじと

 ちこう心のあさましさ 

──替歌、戦時中巷間に広く流行

元唄は 日本陸軍替え にほんりくぐんかえ

 

YOU TUBE

 

愛国行進曲替え歌

軍隊小唄 *民間伝承の替え歌

月月火水木金金替え歌

敵は幾万「北朝鮮版」

特攻隊節 *創作茶化し

ほんとにほんとに御苦労ね

ヨサホイ節 *茶化し数え歌

 

月月火水木金金替え

 戦時中に大流行したこの水兵唄の替え歌もいくつか作られている。

【例歌】

元唄は 月月火水木金金

買出部隊の歌

♪朝だ 夜明だ 列車の汽笛

 うんとすい込む ドブネズミ色の

 胸は結核 構っちゃ居れぬ

 闇の男の 買出部隊

 月月火水木金金

♪満員列車に 流れる汗を

 拭くに拭かれぬ ギュウギュウ詰だ

 リュックかついだ 人人人に

 闇の男だ 買出部隊 

 月月火水木金金

♪どんとぶつかる 検察官に

 揺れる客車に 果敢な命

 明日の食糧の この運だめし

 闇の男だ 買出部隊

 月月火水木金金

──替歌、終戦直後にNHKラジオ「冗談音楽」で放送

 

YOU TUBE

 

月月火水木金金替え歌

 

滑稽替え こっけいがえ

替歌で、元唄と替歌との落差が大きく滑稽化したものを、ここでは〈滑稽替え〉と称することにする。

概して替歌はコミカルに作り変えられる性質を持っているが、その変身振りが大きいほど笑いを誘発するわけである。

 変身写真館Angelle(アンジュレ)のブログより

【例歌】

新因州いなば しんいんしゆういなば

城州伏見のたたかひは、正月三日の夕暮に、義士と朝敵出会ひして、先なる謀叛(むほん)はあらはれて、なかなか(かな)はぬ天の網、(つい)にはその身も滅びます

先なる御勢(おんぜ)は薩長土、筒先揃へてうちいだす、臆病(おくびやう)武士はうろたへ騒いで、ぢりりやヂりりやと逃げ(いだ)

中にも朝敵の言ふことにや、まことのお方にやかなはじと、皆々引連(ひきつ)れ尻に帆かけ、跡をも見ずして落ちて行く

あとなる御勢は神々(かみがみ)さま、錦の御旗を押したてて、かちどきくらふて勢揃ひ、めでたくおさまる御世(みよ)泰平(たいへい)、めでたやめでたや

──替歌、『粋の懐』初篇(文久二年)

[メモ] 大坂落ちした徳川慶喜が、急遽軍船を仕立て東帰した体たらくをあざ笑ったもの。

あだなゑがほ替え あだなえがお/かえ

(あじ)な事から つい惚れ過ぎて 底の神(さま)(さん) 叶わぬ恋も仮名書の (ふみ)言伝(ことづて)に任せる便り 逢われぬ辛さに 又呑む酒は (あたた)めもせであおりつけ その儘其処(そこ)へ焦れ伏して ふと眼が覚めりゃ 「火の用心さツしゃりましょう」

──替歌、江戸後期成、『端唄大全』

[メモ] 承前、替歌。この歌詞のように、それまで平板に流れていた叙述を、最後で急転直下させる文彩技法を「頓降法」といっている。

元唄は こちやえ節

こちやえ節替え こちやえぶし/かえ

〽お前はやかの地蔵さん 塩風にそれそれえ お前が真黒ろけ こちやお顔が真つ黒け それそれえ かまやせぬ

──駅次唄(替歌)、流行年代未詳、『替歌・戯歌研究』

元唄は 敵は幾万

バンカラ節

♪お菓子は幾万ありとても

 すべて砂糖のせいなるぞ

 砂糖のせいにあらずとも

 とにかく甘いはベリマッチ

 まんじゅうは羊かんに勝ちがたく

 マカロンケーキはビスケットに

 勝ち栗の 食いたい心の一徹に

 ゼニ箱探すこともある

 探してつかれることもある

 などて食えないことやある

 などてパクツけないことやある

──替歌、『替歌研究』

元唄は  

汽車替え きしゃかえ

♪いまは夜中の三時頃

 いなかのおっさん寝とぼけて

 ふろ場と便所をまちがえて

 あっという間に飛びこんだ

──替歌、流行年代未詳も昭和初期か

元唄は 芸者ワルツ 

ゲイシャ・ワルツ替え

♪あなたのスカート マッキュリー

 ぼくのあそこは もう ダッチ

 夜まで待てない この ヒルマンを

 君のオトトを ホールクスワーゲン

♪あなたの ビッグが すてきにゆれる

 天までのぼるよ スバルらしい

 フォードフォード すてきな気分

 ジュニアジュニアと ああトヨエース

♪わたしのオトトは ペエット ペット

 あらあらいそぐの もう ルノー

 そろそろためして もうよい コロナー

 ぐっとエンジン ほら オースチン

♪けれどもみなさん キイつけないと

 いつの間にやら リンカーンを

 しまってベンツの いたみは辛い

 はずかしいけど お医者へニッサン

♪今日こそやるぞ 出るまで シボレー

 君のからだを ダットサン

 ライトつけてよ クライスラーよ

 オペル オペルも なンにも見えぬ

──お座敷歌、昭和二十七年ごろ流行、『日本春歌考』 

[メモ] 車名を次々と折り込んだ異色作。

 

YOU TUBE

 

かさなるハゲ(銀魂替え)

今日ものう天気(サザエさん替え)

冗談炭坑節 替え歌

デブに捧げるドラゲナイ (Dragon Night替え)

糖尿だよおっ母さん(東京だよおっ母さん替)

のこり汁(なごり雪替え)

 

ゴルファーワルツ

 ゴルフ用語がたくさん折り込まれており、ビギナーのゴルファーにとって楽しい一篇だ。

【例歌】

元唄は 芸者ワルツ 

ゴルファーワルツ

♪私のショットで キャディも悩む

 スライスフックの なさけなさ 

 乱れるスコアーも はずかし悲し 

 ビギナーのかよわさが 身に沁みるのよ

♪グリーンのそばまで 無難で来たが

 ピッチショットの 手違いで

 入れなきゃよかった あのバンカーに

 こーれが苦労の 始めでしょうか

♪バンカーョットの 出たうれしさに

 のったわよったわ ピンそばに

 せめて一度は オーナーにしてね

 どうせ賞には はいれぬ私

♪あっさりあきらめ うっかり横へ

 出して涙の 廻り道

 遠く飛んでる 相手のボール

 ビギナーのゴルフは 切ないものよ

♪見渡すコースに 緑が萌える

 わたしゃ希望に 血が燃える

 力一杯 振ったるクラブ

 ボールトップして 嗚呼チョロチョロと

♪まじかに見えるよ グリーンの旗よ

 此処でピンそば ねらったが

 ピッチショットは バンカー越えて

 球は行く行く アラ ラフの中

♪今日の試合が ツイ気にかかり

 ゆうべ一晩 寝もやらず

 ねぼけたまなこじゃ スライスばかり

 こーれーじゃ優勝も チョイ出来かねる

♪ショートコースに 希望はかかる

 アイアンショットの ワンオンで

 球は吸いつく アラピンそばへ

 バーデーチャンスと チョト得意顔

♪空には三日月 コースの帰り

 肩に重たい バッグでも

 飲んだビールに 心も軽く

 ビギナーの苦労も たのしいものよ

──替歌、昭和三十年代に流行、「アウトコースのホールズの唄」

[メモ] この歌詞を作った人、ゴルフの腕前はビギナーでも作詞のスキルはプロ並み、とお見受けした。

 

権妻 ごんさい

明治語で、仮そめの妻。つまり「妾」。

明治七年四月、服部誠一著『東京新繁昌記』という漢文調の案内記中で初めて「権妻」の語が現れ、以来大流行した。明治十四年には、親しい男同士で権妻の交換まで流行した。

♪女ン猫ヨー お転びヨ

今夜の泊まりは何処へ行コ

伊勢山(あたり)りか 神奈川か

()()目的(めあて)で何ン成と

権妻 細君 (しよう)が殖え 

女ン猫ヨー お転びヨ

──投書唄、『仮名読新聞』明治九年二月五日

*江戸子守唄の詞は「ねんねんヨー オコロリヨー 坊やのお守りは何処へ行たー…、これの替え歌である。詞には猫=芸者、楮ァ幣=紙幣、権妻=妾といった、開化新語がはめ込まれている。これら新語は『安愚楽鍋』で仮名垣魯文(一八二九~九四)らが流行らせた。

 芸者上がりの権妻相手に玉を突く森有礼(ありのり)(184789) 〔『トバエ』明治二十年三月一日号〕森は明治の官僚・政治家。文部大臣時代に、西欧文物礼賛狂の森を元芸者と当時流行りはじめたビリヤードに打ち興じるシーンでからかう。当時のビリヤードは西洋遊戯の象徴的存在であった。

 

再々替歌 さいさいかえうた

 三度以上にわたり改変された歌詞を〈再々替歌〉という。「フィトサ節」は明治演歌人気の雑載ものだが、あまりの度重なる替え歌のために曲そのものが曖昧になってしまった。

ふいとさ節〔再流行、雑載〕 ふいとさぶし

四角い様でも郵便箱は、フイトサ、恋の取り持するわいな、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

情夫に笑顔を夫から直に、フイトサ、客への無心のなみだ顔、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

主に扇を力にやると、フイトサ、胸のあつさもしのぐ今日、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

主を松の樹妾や鳴く蝉よ、フイトサ、此頃お顔をみん〳〵と、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

人は白梅とは夫れ油断、フイトサ、パツト浮名の散る薫り、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

恋の淵瀬に身は板橋の、フイトサ、渡るすべなき物思ひ、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

粋なお方を持つ身の上は、フイトサ、果報と因果の叩き分、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

待つ夜甲斐なく明たる今朝は、フイトサ、化粧の紅さへ焼の色、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

口にや一ト筋心にや三すぢ、フイトサ、つらい調子を合す三味、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

酒が云するとは知りながら、フイトサ、疑ぐるお前が憎らしい、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

念が届いて手活となれば、フイトサ、朝晩楽しむ床の花、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

異見きゝつゝ畳みへ指で、フイトサ、すきのかしら字かいている、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

かべに耳あり、徳利に口よ、フイトサ、猪口とはなしも出来はせぬ、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

雪と泥とのへだてはあれど、フイトサ、猫も官吏も身のつとめ、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

妾しやお前に交情(おつこち)しぼり、フイトサ、つまに鳴海といはれたい、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

きいた意見は煙りにすれど、フイトサ、たつた浮名でむねこがす、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

きみは吉野の千本ざくら、フイトサ、色香はよけれどきが多い、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

別れによごしたなみだの顔を、フイトサ、ちよいと直して出る座敷、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

おくるふみをば二重に封じ、フイトサ、なかを一重にねがいます、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

おなじ金でも夜明けの金と、フイトサ、かりた金とはいやなもの、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

夢のやうだと膝すりよせて、フイトサ、話そと思へばさめるゆめ、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

よんだ手紙が一々むねに、フイトサ、きくはづ其の字は釘のおれ、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

くれの六時はまちわびたれど、フイトサ、あけの六時はさて早い、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

逢ふて居てさへとゞかぬ言葉、フイトサ、文にかゝれる筈がない、イトフイトサ、オーサイトフイトサ、フイトサ

──流行節、明治三十八年前後再流行、『日本近代歌謡史』下

ふいとさぶし〔雑載〕

論より証こは羽織のひもおフイトサ 誰に引かれて 切らんした イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

おこつちや嫌だよ お前の顔は フイトサ とかく当世に流行らない イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

アイと返事おする緋鹿の子のフイトサ エリへすり込む赤い顔 切らんした イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

つきぬ談しに限ある夜さわフイトサ 烏恨むは此方の無理 イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

つくり上手に咲せたよりもフイトサ いつそ野菊のみだれ咲き イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

粋なおまいに能く仕込まれてフイトサ やぼをさつぱりあらい髪 イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

人もほめるし妾もふいとサ 思ふて見とめる主の顔 イトフイトサ オーサイト フイトサフイトサ

──替歌、明治三十九年頃流行、『糸のしらべ』

元唄は ドンドン節

ドンドン節〔再々〕 どんどんぶし

〽向は下総のかつしかこをり、手前は、武蔵の豊島郡、間を流るゝ其川は、雨さへ降るなら水もとォきどき濁るじやないか、たれがつけたか 隅田川ドンドン

〽駕籠で行くのはおかるじやないか、妾しや売られて行くわいな、父さん。御無事で、また母さんも、お前も 御無事でおり〳〵似たより聞いたり聞かせたり ドンドン

──流行節、明治四十四年頃流行、『ドンドン節』(ペラ本)

元唄は さのさ節(市丸)

さのさ節〔再々〕 さのさぶし/さいさいりゅうこう

糸照散士詞

今朝も又、チヨイト脱ぎし……羽織のほころびを……縫ふて置けとは胴欲な……嫌なわたしに縫はそより……アリヤ好いたお方縫はさんせ……さのさ。

おぼこ気の……思ひ染めては……中々に……イトサツサ……思案に……暮れてる胸の内、自烈(じれ)て襦袢を喰ひさいて……まゝにならぬとネ……恨みごと……さのさ。

ひやかしが……チヨイト流す唄さへ凍るなり……青木も枯れる霜枯に……(じつ)()が店で泣き顔隠す厚化粧……アリヤ泣き顔隠す厚化粧……さのさ。

小夜更けて……チヨイト枕よふ聞け莨ぼん……独り寝るなら内で寝る、三日月さんときやあるまいし……アリヤ宵にチラリと見た計り……さのさ。

朝おきて、手水遣ふて鬢かきあげて……イトサツサ……東方に向ひ手を合はせ、主に災難なけりやよい……倶にわたしも無事なよに……さのさ。

唄ひ女の……細き家業を笑ふてか……客に情けも売らぬ身の……イトサツサ……酒に紛らすつとめの身……自烈すお人は恋しらず……さのさ。

──さのさ節、大正九年頃第三次流行、『さのさ節』

元唄は 有明節(小唄勝太郎)

有明節〔再〕        吉原〆治詞

有明の油の元は菜種なり蝶が焦がれて逢いに来るハアゼヒトモゼヒトモ、元を糺せば深い仲死ぬる覚悟で来たわいなハアゼヒトモゼヒトモ

今朝も羽織の綻びを私に縫へとは気が知れぬ、ハアゼヒトモゼヒトモ、厭な私に縫わそより好いたあの子に頼まんせハアゼヒトモゼヒトモ

──同右、明治四十五年頃第二次流行、『ニツポノホン音譜文句集』

 有明節再々        東洋山人詞

(第一節は元唄にほぼ同じにつき省略)

梅干や酒も呑まずに顔紅く、年も取らずに皺寄せて、元をたゞせば梅の花、鶯鳴かせた(せつ)もある、ハゼヒトモゼヒトモ。

勤めでは楽なようでも花魁は、辛い勤めの身ぢやあないか、玩具の人形ぢやないけれど、顔で笑ふて胸で泣く、ハゼヒトモゼヒトモ。

かしみやの袴さうさう学び舎に、通ふ式部はおいけれど、腹似大鼓漸膨脹、最早難掩岩田帯、態の悪いは豆狸、お腹撫で撫で泣く式部、ハゼヒトモゼヒトモ。

芋書生路次へ屑屋を呼び込んで、屑屋オイコラ之れを買へ、破袴飛売屑屋漸得五銭金、芋屋に急げと駈け出せば、石に躓いて下駄()れた、ハゼヒトモゼヒトモ。

紫の袴床しき姫君が、姿雄々しき好ちやあんと、倶に手を取り弥生野に、誘ふ春の風散る桜、ハゼヒトモゼヒトモ。

幾夜さも君に淡路の、島田髷、波の枕に寝乱れて、泣いて明石の浜千鳥、ならば紅葉に換へよかし、ハゼヒトモゼヒトモ。

──同右、大正初期に第三次流行、『有明節姫小松ぶし』(大阪・榎本書店版)

[メモ] これらのほかに、昭和に入っても音盤化が見られるなど、花柳界を中心とした有明節流行の息の長さを物語っている。

元唄は ダイナマイト節 *ダイナマイト節>ノンキ節>のんき節

            石田石松弾き唄い

♪月給が三十円で化粧代が四十円

 たまにゃお茶のみキネマ見る

 何処で勘定が合うのやら

 職業婦人はトクなものですね

 ヘヘ のんきだね

♪万物の霊長がマッチ箱みたいな

 家に住んでエバッてる

 嵐にぶっとばされても大水食っても

 天災じゃ仕方がないさですましてる

 へへ のんきだね

♪めでたいめでたい本当にめでたい

 桃から生まれた桃太郎さん

 二本ある箸が一本になって

 おめでたい金鵄勲章一つでおめでたい

 へへ のんきだね

──替歌、昭和七年ごろ流行

 

浄瑠璃くずし じょうるりくずし

元は浄瑠璃の詞章を地歌に改作した歌謡。

語り部分の内容を温存しつつ、詞を音曲風に改めることで、よりうたいやすく整えたものである。

【例歌】

夕霧文章 ゆうぎりぶんしよう     近松門左衛門原詞

何九年苦界(くがい)十年(はな)(ごろも) 気儘に遊ぶ鶯の 梅に廓の恋風や その扇屋の金山(かなやま)と 名に立ちのぼる全盛は 松に(しがら)む藤葛 馴れ初めし濃い紫の 明けの烏のそれなりに 鐘も憎まぬ 寝乱れ髪の結ぼほれ 好いた同士の仲さへも 仇に別れて丸一年 二年(ふたとせ)ごしに音ずれを 泣いて明して(かこ)ち言 恨みを誰に夕霧が 二世と掛軸(かけじ)をつく〴〵と (もた)れかゝりし床柱(とこばしら) 思ひに沈む恋か浮世を なんじやぞいな達磨(だるま)さん 情けを知らぬ殿達は 玉の盃底がない お前の裾も本来は 減つてないのでありそなものを せう事なしの恋しらず。

──本調子端歌、江戸後期作、『日本歌謡類聚』に所収

 

YOU TUBE

 

夕霧伊左衛門廓文章

 

書生節くずし しょせいぶしくずし

承前、「書生節」の元歌を変化させた派生歌。

範囲の広い呼称だけに、さまざまな類歌が現れては消えた。

 明治の書生はバンカラが売りであった

【例歌】

正々堂々節 せいせいどうどうぶし

♪ナポレオンもとをたゞせば コルシカの土百姓 今はフランスのヱムペロラ

♪囲うかロンドン 帰ろか巴里 ここが思案のワシントン

──替歌、明治十四・五年流行、『正々堂々節』上

さゝきたこらしよ ささきたこらしよ

〽書生さん、伊達に虚無僧するでない、親には勘当受け学校で落第し、サヽキラシヨ、仕方がないからネー私月琴持つて(かど)に立つ、一文おくれ

新とんび、山高帽子に切符挟み、風に吹かれてアイサイおつこちる、サヽキタコラシヨ、おやおや大変だ、届け書く間に汽車が出る、阿呆よ馬鹿よ

──替歌、明治二十七年流行、『明治年間流行唄』

忠勇淋々節 ちゆうゆうりんりんぶし

♪君見ずや フランス皇帝 ナポレオン また見よ 豊臣秀吉を 壮快皆そうかん ひやの人ちうゆうりんりん

♪重盛が忠をおもへば孝ならず 孝をおもへば忠ならず 壮快こころふたつに身はひとつ

──替歌、明治二十六年頃流行、『忠勇淋々節』

書生演歌 しよせいえんか

別嬪

年は二八か二九からぬ 花のかんばせ月のまゆ 珍魚落雁なにやらと 鳥度ほめるもなか〳〵に 手数のかゝる別嬪も

スベタ阿多福ヘナチヨコも たゞ一枚の面の皮 剥がして見れば皆ひとつ 迷ふやからは大馬鹿と 悟りがほする其人も 女と見れば忽ちに 

──替歌、明治三十流行、『勇壮活発書生演歌』

新書生節 しんしよせいぶし

佐渡の金山ネー、佐渡の金山此世の地獄、登る梯子は針の山、アーリヤ来いと云ふたとて往りうか佐渡へ、佐渡は四十五里浪の上。

大丈夫、人は心が第一よ、やなぎは風にさからわず、アーリヤ己れに勝て人に負け、左すればわたる世間に鬼は無。

友達が、僕に凝性と云ふけれど、凝るも凝らぬも先次第、アーリヤ先が実意で来たならば、「僕だつてネー君」何の見捨てよいものか。

兎も角も、世間のうわさがうるさゝに、長らく芸者はさせおかぬ、アーリヤ寧そ落籍して了ふかと、今は思案の四畳半。

三国一のネー、富士の高根に降るも雪、深山の奥に降るも雪、アーリヤ芸者する身も素人も、惚れたに二つはないわいナ。

──流行節、大正二年頃流行、『新古俗謡週 粋美人』

 

YOU TUBE

 

ケットバセ節(スットントン節替え) *土取利行(唄・三味線・太鼓)

 

しょんがゑ節替え しょんがえぶしかえ

【例歌】

元唄は しょんがえ節 

しよんがゑ節替え しょんがいぶし/かえ

♪うめはさいたか 桜はまだかいな やなぎなよ〳〵かぜしだい やまぶきや うはきで いろばつかり しよんがいな

♪むねはすいたが おさけはまだかいな さかなはそろそろはこびます きやらぶきやかたそで いろばつかり しよんがいな

ふねはできたが お客はまだかいな げいしや じやらじやら はなしだい せんどうはうはうてへ こぎあげる しよんがいな

  うめがかほれば うぐひすなくよ わらひかかりし ふくじゆそう こころもの

 んきなことばつかり しよんがいな

かよふしまばら もとちとねづへ ふねじやまだるい りきしやがら〳〵 びつくりをとばつかり しよんがいな

おさんまたぐら なんだかかゆい それはおおかた とろろじる ひるはあくせく よるばつかり しよんがいな(後略)

──流行節、明治四年頃流行、『花くらへしよんがい節』

 

新ドンドン節 しんどんどんぶし

〈どんどん節〉の復古節。調子のよい歌詞の流れが大衆受けしてか、明治中期から大正初期に至る二十年近くも息の長い流行を見せた。

【例歌】

YOU TUBE

新ドンドン節 しんどんどんぶし  

    土取利行(唄・三味線・太鼓・鐘) 

♪隣り座敷の 電気が消える ドン〳〵 居ててか寝ててか ホンマカエージツ お祭りか アケナイカ ドン〳〵 

♪わたしやお前の 女房じやものを ドン〳〵 居ててか寝ててか ホンマカエージツ お祭りか アケナイカ ドン〳〵

♪恋を無常の お茶屋の渡世 ドン〳〵 居ててか寝ててか ホンマカエージツ お祭りか アケナイカ ドン〳〵

♪切れる思案が 定まりかねて ドン〳〵 居ててか寝ててか ホンマカエージツ お祭りか アケナイカ ドン〳〵

♪せかれ〳〵て ひまさか逢へば ドン〳〵 居ててか寝ててか ホンマカエージツ お祭りか アケナイカ ドン〳〵

──流行節、明治二十九年頃流行、『日本近代歌謡史』上

新ドンドン節〔再〕 しんどんどんぶし

げいしゃなかまは まくらがもとで ドンドン ほれるもほれぬも あるものか 実 金しだい くれなきゃ ドンドン

こいの玉づさ ねずみにひかれ ドンドン

キテテカ ミテテカ ホンマカネ 実 ねこほしや とらなきゃ ドンドン

酒はもとより 好きでは呑まぬ 逢えぬつらさに 自棄(やけ)で呑む やめてくれよ 自棄酒ばかり もしも病気になったなら 医者よ薬と気をもんで あとの始末は誰がする

伊勢は津でもち 津は伊勢でもち 尾張名古屋は城でもち 内の身上は妻でもち、妻の腰巻紐でもち 坊主頭の鉢巻は 耳でもつドンドン

年子に 年子にまたまた年子 またまた年子にまた年子 またまた年子にまたまた年子 九年の間に年子を産んで あとの一年は二人子なれば 十が頭に 十一人よドンドン

年つくし桃栗三年柿八年 十年経てば一ト昔 鶴は千年亀万年東方朔は八千年 曾我の仇討ちは十八年目 三十三四十二が本厄で 人の寿命が五十年…ドンドン

試みに着た其のまゝや初袷 番頭は店で帳合わせ 式の眺めの花合わせ 合わせ鏡や背あわせ 重々悪いと手を合わせ 出会い頭の鉢合わせ 療法鼓舞鼓舞で顔合わせ…ドンドン

待てど 暮らせど 女郎衆は来ない 廊下バタバタ音がする 来たかと思えば若い衆が 油を注ぎに来たのだよ ソコデお客がムッとして 何が不足で床の番…ドンドン

──替え歌、大正初期流行、『替歌・戯歌研究』

[メモ] 承前のイミテーションである。

 「大正新歌どんどん節」曲詞本

ホンマカドンドン節 ほんまかどんどんぶし

髭で価値が定まるならばノーヤ、どぢよやなまづはヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイえらいものホンマカドン〳〵

とんと上れば梯子で頭ノーヤ、あいたかつたとヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイ目に涙ホンマカドン〳〵

あなた上等私は下等ノーヤ、人が中等でヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイ邪魔をするホンマカドン〳〵

へだてられては飛び立つ思ひノーヤ、出るに出られぬヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイ籠の鳥ホンマカドン〳〵

逢ふたばかりで心が済めばノーヤ、酒飲みや樽見てヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイ酔ふであろホンマカドン〳〵

思ひきりますあきらめますとノーヤ、云つてるあとからヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイまたのろけホンマカドン〳〵

三味線ひく手で肌着を縫ふてノーヤ、着せてやる人はヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイ誰れであろホンマカドン〳〵

いやな座敷で三味線弾きあきノーヤ、撥であくびのヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイふたをするホンマカドン〳〵

何だべらんめ、カイゼルかノーヤ、髭で驚くよなヤツコラヤノヤー、トコヤツセーイ僕じやないホンマカドン〳〵

──替歌、大正三年頃流行、『日本近代歌謡史』

 

新ノーエ節 しんのーえぶし

近世・近代、長期にわたり人気を保ち間欠的に流行現象を見た〈農兵節〉大正復古版である。

【例歌】

元唄は ノーエ節

新ノーエ節 しんのーえぶし       添田啞蝉坊詞

〽芸者芸者とノーエ

芸者サイサイ芸者と軽蔑するな

今の貴婦人ノーエ

今の貴婦人ノーエ

今のサイサイ貴婦人昔は芸者

身売りするならノーエ

切売りはおよしノーエ

世間のサイサイ奴らが醜業婦と()かす

売切りにしてしまえノーエ

一生売りゃ貞女だノーエ

不見転サイサイ芸者も一躍令夫人

立ン坊立ン坊とノーエ

吐かす奴ア吐かせノーエ

ぬかす奴はサイサイぬかせよ勝手にぬかせ

おれは立ン坊だノーエ

立ン坊だ立ン坊だノーエ

奉公とサイサイ乞食はおいらにゃできねぇ

立ン坊の話をノーエ

ちょいと聞いてみたらノーエ

不景気でサイサイ不景気で仕事にありつけ

普通選挙のノーエ

運動でもないかノーエ

あったらサイサイ旗でもかつぎてぇものだ

貧乏と泥棒がノーエ

貧乏と泥棒がノーエ

貧乏とサイサイ泥棒がベラボーにふえて

牢屋が繁盛するノーエ

牢屋が繁盛するノーエ

繁盛サイサイする筈据膳で食えぬ

小さな泥棒はノーエ

すぐにつかまるノーエ

つかまりゃサイサイ牢屋へぶっこまれてしまう

満期で出てもノーエ

すぐにまた入るノーエ

いるのかサイサイ出るのか出るのか入るのか

──替歌、大正七年流行、『替歌・戯歌研究』

新ノーエ節〔再〕 しんのーえぶし    添田啞蝉坊詞

上野の山から ノーエ

上野の山から ノーエ

上野のサイ〳〵山から東京市を見れば

十二階が見える ノーエ

国技館が見える ノーエ

工場のサイ〳〵煙で大空は真ツ黒け

小さな泥棒は ノーエ

すぐにつかまる ノーエ

つかまりやサイ〳〵牢獄へぶつこまれてしまふ

満期で出ても ノーエ

すぐに又這入る ノーエ

這入るのかサイ〳〵出るのか出るのか這入るのか

たとへ貧乏でも ノーエ

日本人はエライ ノーエ

腹がサイ〳〵減つても泣きツ面しない

俺も男だと ノーエ

我慢していたら ノーエ

眼サイ〳〵くらんで足元ヒヨーロヒヨロ

──替歌、大正十年流行、『このごろはやる新流行唄』

 [メモ] 大正七年発表の焼き直し版。詞を見てもわかるように、部分的に手を加えただけの安易な改定版だが、啞蝉坊の名で出すとヒットするというのだから大したもの。

 

YOU TUBE

 

新ノーエ節(類歌) *美ち奴

 

隣組替え となりぐみかえ

 大東亜共栄圏時代の自治組織「隣組」の唄

【例歌】 

元唄は  

とんからりと機関銃     三木鶏郎作

♪とんとん とんからりと機関銃

 あれこれ面倒 馬そうじ

 ビンタより恐いは 前棍棒

 ぶんなぐられたり 蹴られたり

──替歌、昭和十五年ごろ流行、「冗談音楽」より

とんからりと酒屋

♪トントントンカラリの隣組

 酒屋の前迄来て見れば

 本日休みと書いてある

 アア情けない情けない

──替歌、昭和十六年ごろ流行

とんからりと春歌

♪トントントンカラリと隣組

 あれしようこれしよう 何をしよう

 フトンの中でゴソゴソと

 教えられたり教えたり

──替歌、戦時中に流行

 

トンヤレ節替え とんやれぶしかえ

 元唄については「4.俗謡〔雜載〕>トコトンヤレ節」で述べてある。

【例歌】

元唄は 

よいじやないか〔トコトンヤレ節替え〕 よいじやないか

文久あをせんお江戸じやよけれど いなかへでかけちやとほらない トコトンヤレトンヤレナ/それにつけても道らくむすこの 小せんのゆくへがしれませぬ トコトンヤレトンヤレナ

うへのゝいくさのはなしをきけば てつぽふぽん〳〵ひろ小路 トコトンヤレトンヤレナ/びつくり下谷でみなてうにんが あさくささしてぞにげて行く トコトンヤレトンヤレナ

やなかに三さき前後があとさき せんぢんおさきがこふめうで トコトンヤレトンヤレナ/ちごこそはやりさき女郎しゆは口さきむまくお客をのせかける トコトンヤレトンヤレナ

いくさのないとこにげてゆくなら 天へのぼるかぢにむぐれ トコトンヤレトンヤレナ/それがいやならどこへもゆかずに やつぱりお江戸にいるがよい トコトンヤレトンヤレナ

いくささい中おならがぷい〳〵てつぽのおとかとまちがいて トコトンヤレトンヤレナ/敵もおそれてはなをばつまんでくさい事じやとにげてゆく トコトンヤレトンヤレナ

人にすかれた文久せんも 今じやせけんできらはれる トコトンヤレトンヤレナ/いびつなようでも百もんせんは てうどあるので人がすく トコトンヤレトンヤレナ

あいづに下向のそのせんぢんは 長しう彦根に尾ハリさま トコトンヤレトンヤレナ/大州のいきおいたんとありまで 菊の御もんのはたをたて トコトンヤレトンヤレナ

──替歌、維新直前作、『はやりうたとんやれぶし』

皆さん皆さん〔「都風流トコトンヤレ節」の捩り〕みなさんみなさん

♪みなさん皆さんエンマさんの前に

 ピョコピョコお辞儀するアリャ何じゃ

 トコトンヤレトンヤレナ

 あれは米買って舟買って株買って

 もうけて死んだ亡者と知らないか

 トコトンヤレトンヤレナ

──替歌、明治初期作、添田唖蝉坊演

[メモ] ほかにも「皆さん皆さん…」の歌い

 出しで始まる歌詞がいくつかある。

 

YOU TUBE

 

新トンヤレ節 *土取利行

 

なぞり替え なぞりかえ

替歌系に属するが、とくに元唄を忠実になぞった体裁の詞を〈なぞり替歌〉と称して一線を画することにする。

この類も新旧合せると極めて多く存在する。

【例歌】

元唄は 梅は咲いたか

梅は咲いたか替え うめはさいたか/かえ

〽むねはすいたが おさけはまだかいな さかなはそろそろはこびます きやらぶきやかたそで いろばつかりしよんがいな

〽ふねはできたが お客はまだかいな げいしや じやら〳〵 はなしだい せんどうはうはてへ こぎあげる しよんがいな

うめが かほれば うぐひすなくよ わらひかかりしふくじゆそう こころものんきなことばつかり しよんがいな

──替歌、江戸後期作、『日本近代歌謡史』上

元唄は 昭和維新の歌

昭和維新の歌替え しようわいしんのうた/かえ

有明海の塩さばは 焼いて食おうか 煮て食おか

それとも刺し身にして食おか

やっぱり煮つけがうまかろう

──替歌、昭和二年頃作、『替歌・戯歌研究』

元唄は 東京行進曲

東京行進曲替え とうきようこうしんきよく/かえ

昔恋しい 銀座の通い(預金帳)

 無駄な貯金と誰が知ろ

 シャツで稼いで 月給をためて

 明けりゃ 箪笥が 殻になる

──替歌、昭和十二年頃作、『替歌・戯歌研究』

元唄は あゝそれなのに

ああそれなのに替え

♪きょうも巷には鈴がなる

 さぞかし議会で今頃は

 お忙しいと思うたに

 ああそれなのにそれなのに

 ねぇ おこるのはおこるのは

 あたりまえでしょう

──替歌、昭和十二年ごろ発表、『流行歌研究』

ラッパ吹奏なぞり替え3

♪オキロ オキロ ミナオキロ

 オキナイト タイチョウサンニ 

 シカラレル(起床ラッパ)

♪デテクルトキハ

 ミナミナ セメコロセ(進軍ラッパ)

♪ヘイタイサンハ

 カーワイソウダネ

 マタネテナクノカヨ(消灯ラッパ)

──替歌、昭和十年代に流行

元唄は 愛国行進曲

愛国行進曲替え あいきょくこうしんきょく/かえ 

見よ東条のはげ頭

旭日高く輝けば

天地にぴかりと反射する

ハエがとまればつるとすべる

おお清潔にあきらかに

そびゆるはげの光こそ

戦争進めるゆるぎなき

わが日本のご同慶

見よ登場のはげ頭

ハエがとまればツルッと滑る

滑って止って又滑る

止って滑ってまたとまる

おおテカテカのはげ頭

そびゆる富士も眩しがり

あの禿(はげ)どけろと口惜し泣き

雲に隠れて大むくれ

──替歌、太平洋戦戦中、『時代を生きる替歌・考』

[メモ] 太平洋戦争中に歌われた国民歌謡「愛国行進曲」の替歌である。原詞(森川幸雄作詞)第一節はは次のとおり。

 見よ東海の空明けて/旭日(きよくじつ)高く輝けば/天地の正気溌剌と/希望は踊る大八洲(おおやしま)/おお 晴朗の朝雲に/(そび)ゆる富士の姿こそ/金甌(きんおう)無欠揺るぎなき/わが日本の誇りなれ

●時の東条首相は太平洋戦を推進させた統領として、国民の受けはよくなかった。「聖戦」の名のもと、悪化する戦況を尻目に食糧難、地方への疎開、戦災の不安など、国民に多大の犠牲を強いた。その跳ね返りが、トレードマーク化したオツムにちなみ「あの禿どけろ」の一語に集約されている●その頃の東京下町の学童なら、この詞を一度ならず口ずさんだもの。「見よ東条の…」とやらかすと、耳にした大人から「坊や、父ちゃんの…ぐらいにしておきな」と注意されたものである。小さな口にすら強制封印してしまう、いやな時代であった。

元唄は コロッケの唄

コロッケの唄替え

♪女房貰って 嬉しかったが

 一緒に ついて来た

 おふくろ ジャマッケ

 今日も ジャマツケ

 明日も ジャマッケ

 これじゃ 年がら年中 ジャマッケ

 トホホホ トホホホこりゃかなし

♪ゴール近くで トップが滑り

 大穴あてて

 お金がザックザク ザックザク

 家をたてよか

 メカケ持とか

 思案最中 八百長さわぎ

 トホホホ トホホホこりゃかなし

──替歌、戦後混乱期「冗談音楽」で広まる

 「コロッケの唄」は現代版も作られるほどの超長期人気唄

 

YOU TUBE

 

上野発の夜行列車ビビディバビディブー

お座敷小唄 & ボケない小唄(替え歌)                                                                                             

鬼嫁サンバ(お嫁サンバ替え)

掻きたくてしかたない(逢いたくてしかたない替え)

飾りじゃないのよ乳首は(飾りじゃないのよ涙は替え)

木曽節・替歌

くまっちゃうな

「黒い珊瑚礁」 <替え歌>

幸せのワルツ(星影のワルツ替え)

下を向いて歩こう(上を向いて歩こう替え)

夏のお坊さん(夏のお嬢さん替え)

ハートテント(ハート・エレキ替え)

もうすぐアウトですねぇ(春一番替え)

 

ネオ・ジャパニーズ 

国語学者の時枝誠記(もとのり)の一文「国語への関心」によると、〈ネオ・ジャパニーズ〉とは、父君の誠之(もとゆき)(18711934)の命名になる。かねてから国語改良論を唱えていた誠之は、文法だけ日本語の骨格を残し、表記については日本語(漢字・仮名混じり)+ローマ字+英語の三位一体とするネオ・ジャパニーズを提唱した。

例示に見るように、ネオ・ジャパニーズは典型的な混血表記であることが一見してわかる。現今、この提唱が在来日本語表記よりも優れていると本気で信ずる人はいまい。しかし、和英混血の言語遊戯としてなら、なかなかウスッペラポンな作品に化ける。

●ネオ・ジャパニーズの雛形

 ──時枝誠記「国語への関心」より

Wazuka twenty years ago,Constitutional Government no moto ni, first Diet ga hirakareta toki, Prince Ito ga kare no ”Commentaries on Constitution” ni Ministers wa directly niwa Emperor ni mata indirectly niwa people ni “responsible de aru”; mata “Ministers no responsibility wo decide suru power wa Diet kara withheld sarerete aru” to iishi koto wa generally ni acknowledge sarweta.

(以下、同右より引用)    時枝誠記筆

父は又言語の性質から見て、国語に対する漢語の融和性よりも寧ろ英語の融和性の方が濃厚であると断じて、当時ニューヨークで流行した”Every body’s doing it now“といふRag time調の俗謡のコーラスにカッポレ調を付けて次のやうなものを作って示した。これも云はゞNeo Japaneseの一つの試みと見ることが出来る。

     Champagne Kappore’

⑴カッポレ カッポレ Champagneでカッポレ/Rag timeでカッポレ ヨイトナ ヨイ〳〵/夜明け近いのに danceが盛る/これがNew Yorkgay life /ヤッチョルネ ヤッチョルネ/ドイツモ コイツモ ヤッチョルネ

⑵豊年じゃ 満作じゃ/See that rag time couple over there/

Whatch them now their shoulders in the air/小腰をフワリと一寸抱いた 

元唄は 常磐炭坑節

常磐炭坑節替え

♪ハァー俺らが日本はョ

 アメ公のもじゃナイ

 (ハ ヤロヤッタナイ)

 みんなで作ろうョ ドント

 俺らの政府 

 (ハ ヤロヤッタナイ)

──替歌、昭和二十七年ごろ発表、『青年歌集』第二編

 

派生唄 はせいうた

 ある一つの歌謡からいくつか異なったスタイルの歌詞(替え歌)が生まれる系統のものを指す。ある程度人気に支えられ、歌い継ぎ歴程の長い歌といった条件下で発生する枝分かれした唄どもである。

【例歌】 

さんがら節 さんがらぶし

〽あらい風にもようやよやよ、あてまいさまをやろか信濃の雪国へサアさ、さんがら川ぢや、サンザラ柳のよいやさしろねが〳〵、 よい手は〳〵こまのひざぶしんからか〳〵、 信濃へやろか、やろか信濃の雪国へサアサ、 サンサンガラカ。

──流行唄、延宝頃流行、『若緑』

[メモ]  加賀節から派生、加えて弄斎節の特色をも兼ねる。延宝期の一過性流行唄。

元唄は 元禄節

大流行元禄ぶし だいりゆうこうげんろくぶし

〽綳帯まき〳〵よ、巻き〳〵よ、綳帯まき〳〵痛いかと聞けば、何の痛かろ、国の為よ

〽東郷てる〳〵よ、照る〳〵よ、東郷照る〳〵小村は曇る、何時も大山、雨が降るよ

(わざ)と猪口をばよ、猪口をばよ、態と猪口をば隣りへ配り、様子見て居りや、乙な顔よ

〽夢に銃音よ、夢に銃音むつくと起きりや、おぞや水鶏(くいな)の空叩きよ

〽主に限つてよ、限つてよ、主に限つて必らず無いと、思へど気になる、夢の跡よ

〽坊の父様よ、父様よ、坊の父様いつ〳〵帰へる、星の数ほど、寝りやかへるよ

〽儘になるならよ、なるならよ、儘になるなら旦那の髭を、妾のかもじに、貰ひたいよ

〽抱いて寝もせずよ、寝もせずよ、抱いて寝もせず暇も呉れず、夫じや港の、繋ぎ船よ

〽妻となつたらよ、なつたらよ、妻となつたら悋気をやめて、あたま丸髷、はり仕事よ

〽月がさすかとよ、さすかとよ、月がさすかと蚊屋出て見れば、粋を利して、雲がくれよ

〽宵の口説(くぜつ)もよ、口説もよ、宵の口説も無理言ひ過し、今朝の別れが、気にかゝるよ

〽意気な士官によ、士官によ、意気な士官に生意気軍曹、女まよはす、三本筋よ

〽人の苦労をよ、苦労をよ、人の苦労を我身に受けて、そしてお前に、する苦労よ

〽別れた夢見によ、夢見によ、別れた夢見にツイうなされて、覚て添寝の、恥かしさよ

〽上の空吹くよ、空吹くよ、上の空吹く風とは知らず、登りつめたる、奴だこよ

〽逢ふは吉日よ、吉日よ、逢ふは吉日逢はぬは黒日、暦見てから、惚れはせぬよ

──俗謡、明治四十年前後に流行、『最新歌曲新博士』

[メモ] 「元禄節」からの派生唄である。

元禄節 雑載 

似たと思へばよ、思へばよ、似たと思へば訳ない人の、(うし)ろ姿も仇にや見ぬよ。

月が花影よ、花影よ、月が花影画いた窓も、今ぢや青葉の青すだれよ。

抱いて寝もせずよ、寝もせずよ、抱いて寝もせず暇も呉れず、夫ぢや港の繋ぎ船よ。

つきがさすかとよ、さすかとよ、月がさすかと蚊屋出て見れば、粋をきかして、雲がくれよ。

待てど来ぬ夜はよ、来ぬ夜はよ、待てど来ぬ夜は炬燵の炭も、いぶる思ひに共やつれよ。

(うは)の空吹くよ、空吹くよ、上の空吹く風とは知らず、登りつめたる奴だこよ。

思案月かげよ、月かげよ、思案月かげくらうの癪か、更けてさし込む寝屋の窓よ。

(おつ)に搦んだよ、搦んだよ、訝に搦んで垣根の糸瓜(へちま)、ブラリと下つた程の好さよ。

実に惚れたかよ、惚れたかよ、実に惚れたか浮気の花か、分らぬお前に情たてる。

宵の口説(くぜつ)もよ、口説もよ、宵の口説も無理言ひ過し、今朝の別れが気にかゝるよ。

夏は涼しいよ、涼しいよ、夏は涼しい青葉のかげに、浴衣ゆかしき、後影よ。

主の口癖よ、口癖よ、主の口癖ふと云ひかけて、咳に紛らす人のまへよ。

人の苦労をよ、苦労をよ、人の苦労を我が身に受けて、そしてお前にする苦労よ。

別れた夢によ、夢によ、別れた夢見にツイうなされて、覚めて添寝の恥かしさよ。

酒が言はするよ、言はするよ、酒が言はする無理とは日頃、合点しながら腹が立つよ

主に限つてよ、限つてよ、主に限つて必らず無いと、思へど気になる夢の跡よ。

夜着も蒲団もよ、蒲団もよ、夜着も蒲団もあはれと思へ、妾は一人の床の番よ。

忍び逢ふ夜はよ、逢ふ夜はよ、忍び逢ふ夜は唐崎かけて、雨となる夜の首尾を待つ。

妾もお前のよ、お前のよ、妾もお前の女房ぢやものを、未練たらしく泣きはせぬよ。

意気な士官によ、士官によ、意気な士官に生意気軍曹、女まよはす三本筋よ。

富士の山でもよ、山でもよ、富士の山でも十里にや足らぬ、恋の山路に限がないよ。

逢たさ六寸よ、六寸よ、逢たさ六寸見たさが四寸、それが積もつて癪となるよ。

程のよいのでよ、よいのでよ、程のよいので油断がならぬ、添うた妾が気がもめるよ。

──俗謡、明治四十二年頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 「元禄節」からの派生唄である。

元唄は キンニョムニョ

キンニョムニョ派生唄

♪神の御末のキンニョムニョ朝日の御旗キク

 ラカチャカポコチョイトキナキニョモニョ

 立て祝うやキンニョムニョ戦勝キクラカチ

 ャカポコチョイトキナキニョモニョ

──演歌派生大正末から昭和初頭にかけ熊本花柳界で流行

元唄は 涙の渡り鳥

涙の渡り鳥替え

♪寒い日も暑い日も飢えて暮らす

 わたしゃしぼられ やせからだ

 しぼるじゃないよ しぼるじゃないよ

 しぼれば体もままならぬ

♪なつかしい故郷の山は遠い

 わたしゃ寄宿で母恋し

 泣くのじゃないよ 泣くじゃないよ

 泣けば給金ままならぬ

──派生唄昭和初期に禁止対象候補にあったが、詞の一部を改変させられたか、取締りの対象から除外 

 

YOU TUBE

 

かっぽれフラメンコ *「かっぽれ」のフラメンコ風アレンジ歌曲

十九の春 *土取利行(唄・三味線・エスラジ・ダマル)

                

春雨替え はるさめかえ

【例歌】

春雨替え はるさめ/かえ

〽あづま()に、ちつくりぬるき己惚(うぬぼれ)の、はじけて向ふ無法方(むはふがた)に、萩の手並(てなみ)のいさましさ、小筒(こづつ)大筒(おほづつ)一うちに、うつは薩摩に土佐つよく、(はた)には日月(にちげつ)ふりたてて、今や手柄になる(いくさ)、マア世を祝するではないかいな、やがて万物(ばんぶつ)やすくなる。

──替唄、慶応頃流行、『明治流行歌史』

 [メモ] 「春雨」の曲で歌う。維新が近づくにつれて、一昔前の流行唄を引っ張り出しての替唄が目立つようになる。

春雨つくりかへ はるさめつくりかえ

〽東路へ、すつくり抜ける慶喜(のりよし)も、月日(つきひ)のにほふ将軍の、旗に戦ひ朝敵や、この世の騒ぎ一人して、にくや(のが)れた身はひとつ、会津桑名とあはすむね、御代(みよ)をいまだ気儘(きまま)になるならば、サアおふやくたいじやないかいな、トウド謀叛(むほん)があらはれた

──替歌慶応四年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 徳川凋落の最期を印象づけるが如く、慶喜はみっともない将軍の象徴として徹底的に笑いのネタにされた。

        

パロディソング parody song

 言葉遊びにいう「捩り」の英語。今では替え歌の主流となった感がある。

 商品もパロディの相手になったらしめたもの 

【例歌】

元唄は 日本陸軍(陸軍礼式歌)

日本陸軍替え

♪天井に金づち釘を打つ

 チューチューねずみが大騒ぎ

 がんこなおやじにどなられて

   今日も出て行く父母の国

 打たずば生きてかえらじと

 誓う心のあさましさ

──替歌、昭和10年代に流行

元唄は あゝそれなのに

ああそれなのに替え

♪トウディ アドバルーン イン ザ スカイ 

 ナウ パーハップス イン ザ カンパニ

 ビジィ ビジィと アイ シンク

 アア ネバー ザ レス ネバー ザ レ

 ネエ アイ アム アングリィ アイ アム アングリィ

 イット イズ ナチュラリィ

──替唄、昭和二十一年頃流行

[メモ] このカタカナ・イングリッシュは戦時中の学生間に発祥を見るが、当時英語は敵性語であったため、おおっぴらには歌えなかった。その反動か、終戦後にわかにはやりはじめた。

YOU TUBE

「証城寺の狸ばやし」英訳版   平川唯一作

Come. come. everybody.

How do you do. and how are you?

Won't you have some candy.

One and two and three, four, five?

Let's all thing a happy song .

Sing tra-la la la

──替唄、昭和二十三年頃流行

[メモ] ラジオ放送劇「鐘の鳴る丘」台本より、NHK放送博物館蔵

 カムカムおじさんこと平川唯一

 

YOU TUBE

 

踊る北朝鮮

お独り様ね *小柳ルミ子

洒落男 *フランク・クルミットによる原曲

ジングルベル替え歌

 

ブセネタ 

演歌師仲間の内で〈模倣歌〉の隠語。ブセには「他人の作にあやかる」の意味がある。

近代、演歌や流行唄の剽窃・盗作が氾濫し、手の付けられない無秩序状態にあった。ここでは典型的な詞の一例を引用するにとどめよう。          

【例歌】

元唄は オッペケペー歌

ちゃんちゃん痴気オッペケ節 

♪汚れ腐りしアノちゃんちゃんを 日本で洗濯してやるぞ オッぺケぺ オッペケ

 ペッポーペッポッポー

 世界万国親睦の 条約整い居る中に 支那は野蛮で欲ばりだ そのくせ国も(でっ)

 いし小金も幾千かある様子 黙って寝ていて食 てれば どうやらこうやらいけ

 るもの ところが教育(おしえ)がないゆえに 泥坊根性増長し隣国の朝鮮をせしめんと 臣下

 の内でも いけ太い袁世凱をかねてより 飴屋のお店へ入りこませ 閔族(*

 駿政権を指す) なんぞと云うような 番頭手代を抱きこんで とかく世間に事あ

 れと 待てば甘露の 飴店の 所置が悪いということで東学党と かいう物が

 采配取って蜂起して 政治の掃除をしてやると うちわの騒動が持ち上がった 

 オッぺケぺ オッペケペッポーペッ ポッポー(後略)

──「オッペケペー節」替歌明治二十七年年流行、『松成保太郎版

YOU TUBE

当世流行ハイカラ節 とうせいりゆうこうはいからぶし  齋藤松聲唄

               東雲山人詞                                                            

ゴールド目鏡のハイカラは 会社通ひの好男子 頭に輝くチリオイル 顔にはホンノリ薄化粧 小脇に抱え込む折鞄 無暗に吹かせる紳士風 人目忍んでソワ〳〵と

啼や雲雀のチリ〳〵と 空に聞ゆる楽の音は 青葉に茂る上野山 音楽学校のスチーデント 白魚の如き指先に かなづる曲は花の夢 人も浮き立つ 越後獅子

酔ふては狂ふ狂ひ駒 醒ては握るステツキも 突いて行くべき当は無く ブラリ〳〵と行く先は 物云ふ花の仲の町 ガアルシュンガーの取〳〵に 呼ぶはノロマを揚屋町

ハイカラ式部の後悔は 元を正せば自然主義 誰れを怨まんよしもなく 写真眺めて眼に涙 物は云はねど其口で 妾を騙して此の妊娠(みもち) エヽ腹が立つ腹が立つ

春の陽気に連れられて 魔風恋風吹きなびく 堕落書生の集会所 上野日比谷をブラつけば ねん〳〵ころ〳〵ねんころりん 唄ふ子守やスクルガール 散歩するのか張込みか

 「ハイカラとバンカラ」は後世に切手にもデザインされた

噫々世は夢か幻か 故郷出る其時に フレンドシスタやフアザーマザーが 止る袂を振り捨て 天蓋万里の客となり 千辛万苦年を経て 今ぢや錦の花咲かす

♪俄か造りの自然主義 破れを告ぐる秋風に 吹付けられて悄然と 思案に沈む女学生 腕を拱きツク〴〵と 思へば最早六月とは エヽ情けない〳〵

更けて人無き神楽坂 海老茶式部とハイカラ生 人目をかぬる合乗は 恋とラブとの忍び合ひ 尽ぬ思ひに母衣掛けて何処へ行くやら早稲田道 魔風恋風ソヨ〳〵と

露に紐解く野辺の花 風にそよつく青柳 髪のなでしこ色添ひて 挿たリボンはひら〳〵 紫袴はサラ〳〵 春の胡蝶の戯れは 日本女学校のスチーデント

ニキビ盛りのドラ息子 肉屋通ひが手始めに (よせ)や芝居やビーヤホール 悪きフレンドと連立ちて 其れから先は女郎買 親仁騙して金取て 末は浮世の恥さらし

──流行唄、明治四十二年頃流行、『当世流行

ハイカラ節』(赤本、武田博盛堂刊)

元唄は マツクロ節

マツクロ節替え

♪遊廓の離れ座敷の四畳半

客と芸者の差し向かい

電気消したら マックロケノケ

・お姉さん お前の年は幾つかね

問われて○○○に手をやれば

年にも似合わず マックロケノケ

オヤオヤ マックロケノケ

・お父さん 私 お嫁に行きたいわ

お前 十六 また早い

それじゃ見せましょ マックロケノケ

・お母さん 私 お嫁に行きたいわ

お前 十八 もう行ける

それでも行けない マッシロケノケ

『替歌・戯歌研究』(演歌、大正三、四年頃流行)

元唄は 南国土佐を後にして 

南国土佐を後にして替え なんごくとさをあとにして

♪女のおふろをのぞいてみたら

 一の谷から壇ノ浦

 屋島の戦で見るように

 色とりどりの舟がある

♪男のおふろをのぞいてみたら

 大阪城の夏の陣

 鎧兜を見な脱ぎ捨てて

 ぬきみの名刀ふりかざす

♪温泉マークをあとにして

 車に乗って手をかさね

 思い出します ホテルの夢を

 わかれのなごりにクラクションお早々

 いくらなんでも車の中じゃ

 ブウブウガチャガチャの子ができる

──替え歌昭和四十年代に広まる日本春歌考

常磐炭坑節替え>駅弁大学節

♪ハアー朝の早よからヨ

 角帽さげてナイ

 (ハ ヤロヤッタナ)

 校内通いも

 見得のためナイ

 (ハ ヤロヤッタナイ)

♪ハアーおらが学校によ

 一度はござれナイ

 女と野球のヨ ドント 

 話ばかりナイ

──替え歌昭和四十年代に広まる 

 

YOU TUBE

 

金恋し *石田一松

ギザギザハートのわらべ唄(ギザギザハートの子守唄替え)

しらみの旅

世界に二つだけの玉(世界に一つだけの花替)

ぞかれた花嫁(改訂盤)

ベサメムーチョ 

平成のんき節

リンゴの歌替え歌

 

古歌替り ふるうたがわり

古い歌謡の曲を選び、新規に再生した唄。すなわち、近代風な作り替えである。

【例歌】

「山家鳥虫歌」山城の歌かはり さんかちようちゆうか/やましろのうたかわり

〽旅は憂いとは()が言ひそめた、心まかせの草枕。

〽早くお前に似た児を産んで、川といふ字に寝て見たい。

〽惚れた手前たちや不憫(ふびん)だけれど、さうはからだがつづかない。

〽花も紅葉も散つての(のち)に、松のみさほがよく知れる。

〽年はとつても一口飲めば、兎角水性(うはき)がやみかねる。

〽めでためでたの若松さまは、枝もさかえて葉もしげる。

──俗謡、年代未詳、『明治流行歌史』

よさこい節替え よさこいぶしかえ

♪飲めや唄えや大阪の茶屋で

 下戸の建てたる蔵はない

 ヨサコイ ヨサコイ

──俗謡、明治三年ごろ流行『明治流行歌史』

 

法界節派生唄 ほうかいぶしはせいうた

明治二十四年出現の〈法界節〉と一連の流行節を軸に、真似たり便乗したりして作られた派生唄群。

主流派の人気にあやかろうと、おびただしい数の自称ホーカイ唄が現れては消えた。

 清国の俗謡から日本に渡来し法界節になったという説も 

【例歌】

元唄は 法界節 春雨

放怪武志 ほうかいぶし

♪気ツ善と雲をしのげる富士のみね。色かゆかしき桜花 ホウカイ 市電ひらめく日本刀 威風凛々 奇夢

♪一気にパリイ。ベルリン踏破り。「セントピータースブルグ」に ホウカイ 日の丸建てたる今朝の夢 愉快愉快

外交

♪今日の敵明日は見方となるのも欲よ。口と心は雪と墨 ホウカイ 油断ならない青眼玉 注意肝要

馳走

♪ヒノモトを狙うりょにや村多重。打てば馳走の球あられ ホウカイ ぬけばたま散る日本刀 一刀両断

かしく

蚯蚓(みみず)(りう)しめしまゐらせ候かしく。客を釣り込む長文は ホウカイ 手練手管の嘘の皮 きまり文句

後朝(きぬぎぬ)

♪マイラバー是ツ非今夜は来ておくれ。来ねばわたしはラブシツク ホウカイ などゝアイスに持つ涙 グーバイカマゲン

──亜流唄、明治三十年頃流行『社会灯』

 [メモ] ほかに「法界さのさ」「砲怪武志」「新法界節」「何だい法界節」などと称する派生唄・亜流唄がひしめきあっていた。

さのさ節替え>新法界節 しんほうかいぶし

♪人は武士 気概は高山彦九郎

 京の三条の橋の上 遥かに皇居をネー伏し拝み

  落つる涙は加茂の水 さのさ

♪炊きたての 米じゃなけれど仕掛けたから

 ままになるまで気をもやす 芯があるよでネー水臭い

  ほんにお前はんは罪な人 さのさ

♪小夜更けて 宴会戻りの千鳥あし

 間もなく我が家に立ちかえる (じつ)開けてんか 

  あけなきゃ曲輪へネー後もどり さのさ

──替え歌明治三十二年ごろ流行日本行歌史』

 

YOU TUBE

 

新ホーカイ節 *土取利行(唄、三味線、グンブリ、太鼓)

 

捩り唄 もじりうた

詞章などの一部または全部を寓意的に同音異義語で差し替え滑稽を表現する技法を「捩り」という。語義は「捩る=捻じ曲げる」という動詞が名詞化したものである。

この「捩り」を歌謡に応用したものが〈捩り唄〉である。

【例歌】

大津ぶれぶし〔「大津絵」の捩り〕 おおつぶれぶし

〽たいそうに おしつぶされ 火事出来

たいがい ゆのくずし 仮たくおやまは

無事の花 わらんじは高くなり

土蔵の鉢まき 皆ふるひ ぎやうてんし

土をば たかくつみあげて あら木の板も

直売して金もうけ

職人手間をバ おさへ取り

役者のこんきゆう 旅を売り

かね持ほどこし 跡よからふ

──言葉遊び唄、安政二年刊、『大津ぶれぶし』(江戸瓦板)

[メモ] 安政二年の大地震直後に出た瓦版で、大津絵節と詞章グセを音通で巧みに捩りのめしている。

猿馬鹿〔「猿若」の捩り〕 さるばか 

♪御旦那様御繁昌、金儲け繁昌、御身代の殖ゑること際限なし。あなたの御身代殖ゑるやう、御旦那様に納るは、延命小袋、打出の小槌、隠れ簔にかくれ笠、大判小判釣鐘小判、足尾銅山大盛、御旦那様へとび込んで、飛込む色はとび色、大よし小よし作りよし、一と鎌刈れば千把となり、其米三粒御飯にたけば、蓬莱山の山になる。御酒に造れば泉と湧く。佐渡の島へと渡りまし、長谷(はせ)羽黒(はぐろ)のらんかん橋、国府(こふ)の川の落合橋、猿馬鹿今一句あるまいか。左れば其義と御座ります。御寿命は鶴千年、亀万年。

──言語遊戯唄、近代に採録、『日本歌謡集成』巻十二

元唄は 東京行進曲

東京行進曲替え>闘争行進曲

♪ブル奴ウラメシおいらの暮らし

 安い日給誰が知ろ

 五時に起き出て残業でふけて

 かえりゃカカアの涙顔

♪ブルの堂ビルあの窓あたり

 鈴文西尾のエビス顔

 ハンマー片手に起こったものを

 金に代えたよダラ幹め

♪広い大阪犬故せまい

 いやなスパイがしのびよる

 あいつ私服よおいらはピケよ

 ビラまき伝単はり気をつけろ

♪デモをやろうかゼネストやろか

 いっそバリケードきずこうか

 きずけ俺等の団結力で

 ブルめけっとばして新社会

──替え歌、昭和五年発表も禁止処分に

 発禁処分は文化破壊だよゥ

元唄は  

ツキ替え

♪タデ タデ ガキツ 

 イルーマ イルーマ イルマンマ

 ノンボナウヤ ガキツ

──流行節、戦中から戦後に流行

[メモ] ラジオ放送劇の主題歌で、逆さ言葉

遊びの構成となっている。子供たちに人気があった。

元唄は 宵待草

宵待草替え よいまちぐさかえ       徳川無声作

♪待てどくらせど出ぬ肉の

 あのなまぐささのやるせなさ

 今宵もくじらが出るぞいな

──替え歌、昭和二十年末発表

[メモ] 当時の栄養不良国民ですらうんざ

りするほと、脂臭い鯨肉が毎日のように配給になった。

元唄は みかんの花咲く丘

みかんの花咲く丘替え

♪みかんの花が 埼玉県

 思い出の道 岡山県

 はるかに三重県 青森県

 お船が東京 霞が関

     ↑

  (ちなみに元歌は)

♪みかんの花が 咲いている

 思い出の道 丘の道

 はるかに見える 青い海

 お船が遠く かすんでる

──流行節、戦後に流行、『子どもの替え歌傑作集』

[メモ] 県名捩りの「洒落のめし」になっている。

 

模倣唄 もほううた

他人が作った歌を似せて作り直しただけの歌謡。俗にいう〈ブセネタ〉で、独創性の見られない流行唄はたいていこれだ。

【例歌】

エササノサぶし〔雑載〕 

余所の化粧の此移り香は、花見もどりじや(じつ)ないらしい、ササエ、エササノサ、ツツエ、エササノサ、サツコラサノ、ドツコイサノ、ウントコサノ、サツサ

今朝はしつぽり降る春雨に、隠す世話ない実、煙草入れ、ササエ、エササノサ、ツツエ、エササノサ、サツコラサノ、ドツコイサノ、ウントコサノ、サツサ

膝で知らせて目尻で消して、一座酔せてジツ後の首尾、エエエ、エササノサ、ツツエ、エササノサ、サツコラサノ、ドツコイサノ、ウントコサノ、サツサ

四本半より繰られぬ様な、指にしたのは、実、誰の所為、ササエ、エササノサ、ツツエ、エササノサ、サツコラサノ、ドツコイサノ、ウントコサノ、サツサ

調子合せりや調子に乗つて、調子はずれのジツ声を出す、ササエ、エササノサ、ツツエ、エササノサ、サツコラサノ、ドツコイサノ、ウントコサノ、サツサ

──流行節、明治十一・二年頃流行、『日本近代歌謡史』上

[メモ] 題名は似ているが詞の内容から見て、いくつかの流行節を合成して作ったようである。 

そうれたんたのむ節 

梅が枝のう手水鉢、叩いてお金が出るならば、若しもお金が出た時は、其時や身受(みうけ)をそうれたんたのむ。

──模倣唄、明治十二年頃流行、はやり唄変遷史

[メモ] 模倣唄に文句取りがほとんど変らない再模倣唄。

ネツト節 ねつとぶし  

♪恋の深味と思はず知らず、ネツト、うかと咄がすべり込む

花も如何(どう)やら紐解く頃は、ネツト、兎角人目につくわいナ

──模倣唄、明治十八年頃成、『日本近代歌謡史』上

[メモ] 都々逸に囃子を挟んだだけの模倣である。

愉快武志 ゆかいぶし

♪ひろいせかいに かがやくくには コマルナントシヤウ わけてなだかきシノノメの五千万 ヲヤ サリトハ チガイナイ ドロスコドンノユカイ〳〵

──模倣唄、明治三十四年頃作、『しののめ愉快武士』

YOU TUBE

何処いとやせぬ節 どこいとやせぬぶし  

 土取利行(唄・エスラジ・三味線・太鼓) 八雲山人詞

お前とならば何処までも 箱根山 白糸滝の中まで 何処いとやせぬ、かまやせぬ(原歌)

白糸滝は未だおろか 日光の 華厳の滝の中までも 何処いとやせぬ、かまやせぬ

華厳の滝は未だおろか 浅間山 吹き出す煙の中までも 何処いとやせぬ、かまやせぬ

吹き出す煙は未だおろか 太平洋 逆巻く怒涛の中までも 何処いとやせぬ、かまやせぬ

お前とならば何処までも 世帯して 手鍋ミズシヤ針仕事 何処いとやせぬ、かまやせぬ

──模倣唄、大正四年頃作、『どこいとやせぬ節』

元唄は 啼くな小鳩よ

啼くな小鳩よ替え なくなこばとよかえ

♪泣くな女房よ お山の神よ

 なまじ妬かれりゃ 出銭がかさむ

 たとえ亭主が 浮気をしよと

 抱いて寝ていろ そのツノを

♪さらば小鳩よ パンパンガールよ

 しのびましょうね 月給が出る日まで

 心おさえて 後振りむけば

 からの財布がただ軽い

──模倣唄、昭和二十二年ごろ流行

 

YOU TUBE

 

ちゃっかり節

不如帰 *土取利行(唄・エスラジ・三味線・太鼓)

丸い卵も切りよで *ストライキ節の借曲歌 

 

よいとこせ節替え よいとこせうぶしかえ

【例歌】

よいとこせう節替え よいとこしようぶし/かえ                志賀廼家淡海詞

春が来たので空には絵凧 磯に岩蛸手長たこ お寺の坊さんヨイショコショ 長風呂の茹だこ

船を引き上げ漁師は戻る 後に残るのは艫と櫂 波の音ヨイショコショ 浜の松風

主のお馬に坊やが乗り手 手綱は私の紅だ好き 念が届いたヨイショコショ エ 駒むすび

妾のスーちゃんあの手が肥前 足が長崎気が馬関 背が肥後ヨイショコショ 心門司々々

──替歌、大正五年頃流行、『替歌・戯歌研究』

[メモ] スーちゃん=好きな人。恋人。

 

謡曲くずし ようきょくくずし

謡曲に材を求め歌謡向きに仕立て直したもの。ほとんどが部分的に謡をにおわせた改変物である。

【例歌】

YOU TUBE

葵の上 あおいのうえ     玉三郎歌舞伎より        木の本屋巴遊調詞

げによにありしいにしへは、雲上(うんしやう)の花の宴、はるのあしたの御遊になれ、仙洞のもみぢの秋の夜は月にたはぶれ色香にそみ、花やかなりし身なれども、おとろへぬれば朝がほの日のかげまつまのありさまに「たゞいつとなきわが心、ものうき野べのさわらびに、もえ出でそめしおもひの露「かゝるうらみにうきひとはなにをなげくぞくずのはの「もつれ〳〵てな、あふ夜はほんににくや〳〵は鳥かねばかり、ほかにねたみはなきそななきそ「なん〳〵なたねのかりねのゆめに、われは小蝶のはなすりごろも、そでにちり〳〵つゆなみだ「ぴんとすねても、はなれぬつがひ、おゝソレヨ真にはなれぬつがひしんきむかしのあだまくら「このうえはとて立よりて、今のうらみはありしむくひしんいのほむらは身をこがすおもひしらずやおもひしれ「うらめしのこゝろやなあらうらめしのこゝろやな人のうらみの深くしてうきねになかせ給ふともいきてこのよにましまさば、水くらきさはべのほたるのかげよりも(ひかる)(きみ)ともちぎらん「わらははよもぎふのもとあらざりし身となりて、葉ずゑのつゆと消えもせばそれさへことにうらめしや夢にだにかへらぬものは、わがちぎり昔がたりとなりぬれば「なほもおもひはますかゞみ、そのおもかげもはづかしや、まくらにたつるやれぐるま、うちのせかくれゆかんとぞ「いふこゑばかりは松吹くかぜ〳〵さめてはかなく、なりにける。

──長歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

 [メモ] 謡曲「葵の上」六条御息所(みやすどころ)から借辞調詞している。別に筝曲への採用も見られる。

 能「葵の上」装束

くせもの〔花月より〕

来しかたより、今の世まで、絶えせぬものは、恋といへる曲者(くせもの)、げに恋はくせもの、くせものかな、恋こそ寐られぬ。

──江戸小唄、享和元年成、『新大成糸のしらべ』

 

よしこのくずし

〈よしこの節〉の作り替歌。なかでも〈文句入よしこの〉の人気が高かった。この手法は明治時代の〈アンコ入り都々逸〉へと応用されていく。

【例歌】

清元文句入よしこの きよもともんくいりよしこの          二代 清元延寿太夫詞

〽意気で、小いさみで、めかさず、すかさず、物数しはずに、清元「かうとうで底に甘味のある男、可愛うならで、「なゝなゝなんとしやう。

──くずし唄、『粋の懐』二篇(文久二年)

[メモ] 文句入よしこのの嚆矢で、十年はやる唄と評された。この新形式歌謡の影響で、次のような文句入りが続出した。

文句入よしこの 

風に柳の憂身(うきみ)じやけれど、清元「いやな客にも比翼ござ「勤めにや苦界(くかい)の身がたゝぬ。

秋の夜寒にはて移りゆく、新内「軒端をつとふ雨の音、思ふお方の夢さめて、かすかに聞ゆる鳥の声、そうしてひゞくは迷子(まひご)〳〵三太郎(たろ)やい。

〽一夜あくれば千夜の思ひ、義太夫回向(ゑかう)しやうとてお姿を、()にはかゝせはせぬものを、(たましひ)かへす反魂(はんごん)(かう)、名画の力もない事か。

〽愚痴がかうじて背中とせなか、長唄「こちらむかせて引よせて、つめってみてもこぐ舟の「あだしあだ浪浮気づら。

〽やれた布子(ぬのこ)で、編笠かたげて、長刀(なぎなた)草履(ざうり)で、「四海波静かにて「といふて歩行(ある)くも心がら。

〽旦那さんお帰りじやと手に手をついて、「もしお早うござります、「といふて暮すはいつであろ。

──よしこの節、江戸後期流行、『小唄志彙集』

早口調よしこの節 はやくちちようよしこのぶし

長町(ながまち)長眉毛(ながまゆげ)〳〵なま(まち)につみたてつみ豆つみ山椒(さんせう)、ぼん豆盆米盆牛蒡(ごぼう)にへぎにへぎ豆へぎぼしはじかみ、京でなまだらならなままな鰹。

〽隣りのお婆さんが(かん)三十(にち)寒念仏を申しませうと申しましたが申した事やら申さぬ事やら、申した申したと申しませうが、申さんからにや申したと申しませぬ。

〽いふてごらふじませ、客一人(ひとり)に柿一つに二人(ふたり)に柿二つ、客三人に柿三つに客四人に柿四つ。

──よしこの節、江戸後期流行、『小唄志彙集』

沖の暗いのに おきのくらいのに 

〽沖の暗いのに白帆(しらほ)が見える、あれは紀伊(きの)(くに)蜜柑(みかん)(ぶね)、チヨウチヨ静かにさしこめ、コリヤまたヨシコノ。

──よしこの節、弘化三年、『風俗画報』第二百六十二号

[メモ] 二十六音原詞にくらべかなり音数破りが試みられている。紀伊国屋文左衛門が羽振りをきかせた頃から一五〇年近くもたってはやっている唄であることから、復古唄であろう。

この唄は、さらに後の明治時代に大流行した「かっぽれ」の元唄でもある。

 

リバイバル歌謡 りばいばるかよう

元唄は 京の四季

京の四季〔新作〕  

春は嬉しや、ふたりころんで花見の酒、庭の桜に朧月、それを邪魔する雨風が、ちよと散らして又咲かす。

夏は嬉しや、二人揃うて納涼の舟、風が悋気で簾巻く、恋の瀬川に棹たゝぬ、鳥渡浮名を流します。

夏は嬉しや、二人揃ふて鳴海の浴衣、団扇片手に橋の上、雲がりんきして月を隠す、ちよいと蛍が身を焦がす。

秋は嬉しや、二人並んで月見の宴、いろ〳〵話を菊の花、しかとわからん主の胸、ちよいとわたしが気を紅葉。

冬は嬉しや、二人転んで雪見の酒、苦労しらずの銀世界、話もつもれば雪も積む、鳥渡とけます炬燵中。

──替歌、明治二十八年頃流行、『明治年間流行唄』

 

替歌〔雜載〕

元唄は 皇軍大捷の歌

パーマネントは止めましょう

♪パーマネントに火がついて

 見る見るうちに大やけど

 はげた頭にけが三本

 ああ恥かしや恥かしや

 パーマネントは止めましょう

──替歌、昭和十年代に流行

元唄は 満州娘 

満州娘替え

♪わたしゃ十六 満州娘

 パーマネントはよしましょう

 高靴はかないで下駄をはき

 お嫁に行くときゃモンペ姿

 ワンさん 待ってて頂戴ね

──替歌、昭和十年代に流行

元唄は 元 寇

元寇替え

♪四百余州のルンペン

 茶碗もって門に立つ

 おばさんメシやんない

 今配給メシ足らん

──替歌、昭和十年代に流行

元唄は 長崎物語

長崎物語替え

♪赤いイモならサツマイモ

 黒くてでっかいのがヤツガシラ

 白くて丸いのがジャガタライモよ

 長くて毛のあるトロロイモ

 ララ トロロイモ

──替歌、昭和二十年代に流行

 

YOU TUBE

 

紅い椿の港町 *霧島 昇、1975

「いちご白書」をもう一度 *バンバン

乙女鶯 *島倉千代子、1956

折鶴道中 *日本橋きみ栄、1946

女の意地 *西田佐知子、1971再々ヒット

学生時代 *ペギー葉山、2000

君恋し *フランク永井、1961再再

君呼ぶギター 三原一夫、1949

湖畔の黄昏 *藤田美枝子(カバー)1951

さすらいのギター *キングス・ロード、1971

シクラメンのかほり *小椋 佳、1976

十三夜 *榎本美佐江、1973

新籠の鳥 *石田一涙・石田二三子、1924

人生の並木道 *ディック・ミネ(カバー)

新東雲節 *浅草 美ち奴、1931

好きになった人 *都はるみ、元歌は1968

鈴懸の径 *元歌は灰田勝彦、1942

滝の白糸 *藤圭子、1978

月夜船 *波平暁男、1949

東京の夜 *石原裕次郎

時の流れに身をまかせ *テレサ・テン、1986

富士の白雪 *小唄勝太郎

真白き富士の根 *松原操、1934

麗人草の唄 *倍賞千恵子、1950