歌謡用語の定番いくつかを集めアカデミックな補遺に

 

Ch.22  歌謡用語関連歌

 

 

Ch.22 歌謡用語関連歌 目録 (五十音順) 

 

合の手 赤本唄 亜流唄 暗示唄 うなり節 街歌 仮託の唄 語り物 歌謡碑 

間欠流行唄 競吟 組歌 下座唄 小謡 こぶし 小町物 作物 座付唄 雑謡 

三景歌 三下り 時花 私小説歌謡 写生唄 しゃべり 所作事 スキャット 

節奏歌 題離れ唄 月星の唄 テーマソング 伝承異調 童子物 同題別唄 二上り 八景物 囃子唄 拍子物 ビラ本唄 舞曲 吹寄唄 節付 節なし唄 復活歌 

ペラ本唄 翻訳唄 本歌連ね唄 本歌取り唄 本行物 本調子 前付唄 見立唄 土産唄 所縁唄 由来唄 リメイク歌謡 

 

 

合の手 あいのて

単に〈合〉とも。歌謡や舞曲の合間に挿入する掛声や手拍子。

一般には三味線などを伴奏する声楽曲で、唄と唄との間に挟み込む曲を〈合の手〉といっている。ときには合いの手の曲に合せて作詞される場合もあり、これを〈合の手(ことば)〉と称することもある。合の手を挿入することによって、曲詞の演出を整える効果があがる。

【例歌】

七草合の手 ななくさあいのて        河野対州詞

矢倉(やぐら)太鼓(たいこ)を。うちつれて。大入さじきは。

うへした平場もつまつて。口上いゝ出て。役者かわり名付の次第。よんで。チヨン〳〵でまく()く。そのとき茶屋から。持つてまいります。さげ(ぢう)に。酒器(さかづき)。のせて。さけぬる燗でも。一杯のみんかばんづけ絵本。うりにくる。宇治山水(やまみづ)から。女中さん。女中がつむりに。着物をひつかけ。だまつて(とふ)れば。女中ぼやく。女中が手水(てうづ)。しんぼがならひで。立て見たれば。花みち群集(ぐんじゆ)で。がんまちに出る。モシちよつとまつた。(ゆこ)ふかひよろつく。あぶない。嫁々(かか)さん、手水場(てふづば)つかへきつた。女中はづみきつた。こりやなんとせう。そもはや(はて)(まへ)。弁当しもたり。ぞうりさがす間に。今日はこれ(ぎり)と、矢ぐら太鼓を打つ。とん〳〵から〳〵とん〳〵から〳〵。とんがら〳〵(へう)ばん〳〵。評ばんたのみますと。目出たくうち出す。祝ふ  

てしやんの。おしやしやんのしやん

──二上り端歌、『粋の懐』六篇(文久二年)

[メモ] 本唄は長い曲で、終いに囃子に続いて賑々しく合の手がはいる。

シヨンガラ節の合の手〔青森県〕 しょんがらぶしのあいのて

てこまことらこ笹原さん子、笹もてべべ切て、切傷まつかだ、おやじの馬鹿け、かしがて見でろ。

カタヨのマン子、イツペあがたに、さがて、鰹節イツペコで産人(さんど)の土産ヂヤクキとよかべ。

──里謡、近代に採録、『日本歌謡集成』第十二巻

 

YOU TUBE

 

いいじゃありませんか *三橋美智也

津軽じょんがら節 *高橋祐

 

赤本唄 あかぼんうた

赤本とは、近代における低級で粗雑な作りの綴じ物をさす総称。近世の草双紙をさすそれとは別物で、安造りの大衆向け、いかがわしい内容の話やエロ唄などを載せてある。近代に氾濫した流行節や流行唄のかなり多くが、この赤本により流布された。

藤沢衛彦によると、赤本は原価四厘、これを書籍行商社(のち日本館)は一銭五厘または二銭の定価で発行したという。

 子供向け赤本『むかしの桃太郎』〔明治時代の刊行〕 

【例歌】

なさるぶし          佐藤天外詞

如何に主人と云ながら 二十世紀の今日に 小僧頭をポカ〳〵と 撲つは貴下の権利じやが 私しの名誉は如何なさる(小僧)

芸者家業と馬鹿にして イヤにお金の風吹かせ 横になれとの押付けは 貴郎の権利は立つけれど 妾の無心は何なさる(芸妓)

何程云ふても馬の耳 親を騙して金取りて 右から左り女郎買ひ 明日の試験も知ぬ顔 其れでも貴郎は何うなさる(学生)

海老茶式部を馬鹿にして 淫売呼りをするけれど 女権拡張の時が来て 国会議事堂の中央に 私しが出たなら何なさる(女学生)

二人手に手を御茶の水 内所話しも駿河台 妾しの呼ぶのも知ぬ顔 貴郎失敬じやないかいな そして妾を何なさる(女学生)

指を輪にして(マル)造り 是れ見玉へよ人々よ 奇妙奇体な惚れ薬り 是が敵の世の中じや 一寸貴郎や如何なさる

止て悪いと思ひども 今朝の寒さは取わけて 儘よモ一ツ玉子酒 雪が取持つ今日の首尾 其れから妾を何なさる(娼妓) 

お嫁に行くのは止にして 旦那お取りよ親の為 親に孝行な彼の蛍 我身ながらも火を点す 一寸お前は如何なさる()

辛い別れの後朝に 送りて出る梯子段 又の逢瀬へ楽しみに 叩く背中も力らなく そして今夜は如何なさる(娼妓)

頭はげても彼の浮気 腹が立つやら悔しやら 食ひ付き度いと思へども 惜しや入歯でまゝならぬ そして貴郎や何なさる(老夫婦)

──流行節、『最新流行歌なさるぶし』(盛陽堂・明治四十一年版、上製赤本)

[メモ] 「ラッパ節」の末物としてうたわれた。赤本ながら製本も演歌の内容も二流半といったところ。

たまげた節 たまげたぶし        武石一羊詞

チン〳〵〳〵魂消たよチヽヽン お腹は八月のポテレンで お顔はお盆のボタモチで 袂はお好きなポテトーで おしりは赤穂の塩俵 ふくれもふくれた式部さん チヽヽン

チン〳〵〳〵呆れたねチヽヽン 停留場と停留場の真ん中で 一寸くら一寸待たつせ其電車 一寸くらまて其電車 止めさつせつてば車賞さん 田舎者だと馬鹿にして 止めねーだか チヽヽン

チン〳〵〳〵驚いたチヽヽン 洋行帰りは我なりと マニラの葉巻の白切符 ジヤパンタイムス押ひろげ 横にしてたてにして ぐる〳〵廻してカバンに入れて アハハハハチヽヽン

チン〳〵〳〵呆たねチヽヽン サンマーコートの奥様が 電車の中で五厘玉 ちんちりちんと落して 拾ふか止さうか 下駄で押へて知らぬ顔 チヽヽン

チン〳〵〳〵驚いたチヽヽン 下げた時計が金メツキ 掛けた眼鏡も金メツキ 着て居る着物が絹メツキ 穿いた駒下駄桐メツキ 顔がクラブの粉メツキ チヽヽン

──演歌、『たまげた節』(島鮮堂大正五年刊、赤本)

[メモ] 当時の先進主義風俗を槍玉に。「式部」とは突っ走り女学生に対する俗称である。

 

亜流唄 ありゅううた

歌謡用語。文字通り、他歌の物真似をしたにすぎない類をいう。

他人の著作権無視がまかり通った時代の産物である。とくに明治の〈流行節〉にいたっては、数の上で、〈亜流唄〉が圧倒的多数を占める。それも内容が元唄に比べレベルアップしているならともかく、ほとんどが程度の落ちた単なる物真似なのが問題である。

 パクリエイターの作品をさらにパクリ

【例歌】

 んのこさいさいぶし

♪丸いチヨイ〳〵、玉子も、切り様で四角、ノンノコサイ〳〵物もいひ様で、角が立つ

ノンノコサイ〳〵、シテ又さいのさい、

♪つとめチヨイ〳〵、する身は田ごとの月よ

ノンノコサイ〳〵、何処へ誠をうつすやら、

ノンノコサイ〳〵、シテ、マタさいのさい、

──流行節、明治十年代流行『日本近代歌謡史』上

[メモ] 在来歌に囃子を付け足しただけのお粗末なシロモノ。

ネーカ節 ねーかぶし

♪雪の寒苦をしのいで今はチラと早梅笑いかけかネーカ

♪米の相場も平気の二人、飯事(ままごと)見たよな新世帯かネーカ

♪偶に逢ふ夜は苦舌と痴話で、夢も結ばず明の鐘かネーカ

♪三日なりとも女房にしてと、泣いて俯むき舌を出すかネーカ

♪泣顔恥かし鏡の手前、痴話の跡にて直すかほかネーカ

♪人目忍べば(わし)や恨さへ、晴れて云れぬ胸の月かネーカ

♪口舌で別れてツイ何となく、四五日顔見ぬ気掛りさかネーカ

♪恋の会議を出雲で開き、鐘とからすが廃したいかネーカ

♪初会は憎いと抓つた膝も、今は悋気でたゝくひざかネーカ

♪世界の女を退治をなして、主の浮気が防ぎたいかネーカ

♪案じ過してツイ手枕に、敵はせぬかと花の夢かネーカ

♪淡路明石で気も須磨の浦、などと其手で浜千鳥かネーカ

♪胸に打るる釘よりつらい、後から指す人のゆびかネーカ

♪乗せたからとて陽気に連れて、倶に浮るる花見船かネーカ

──流行節、明治二十三年頃流行、『程の好き節』(ビラ本)

[メモ] 都々逸に一言付け足しただけのシロモノ。

何だい法界 なんだいほうかい

♪何だい法界、トン〳〵と、おりる梯子の真中で、背中叩かれ耳に口、昨夕のお客を丸めこみ、キタエーシ、欺すわたしがだまされた

♪シレチヨル、ケシヨバイ、人は武士、花の三月桜田御門で、水戸の浪士が赤合羽に身をやつし、井伊の掃部さんをキタエーシ、雪も厭はず国の為め

♪何だい法界、芸者じやて、勤の身じやと軽蔑するな、土の中にも蓮の花、弾く三味線は三筋でも、キタエーシ、妾の心は一筋に

♪シレチヨル、ケシヨバイ、嬉しさに、橋の欄干に腰打ちかけて、月のあかりで文を読む、雲が悋気で、キタエーシ、是れも浮世じや是非もない

──演歌、明治三十五年頃流行、『日本近代歌謡史』下

[メモ] 大当りした〈法界節〉の亜流唄。

向ふに見ゆる節 むこうにみゆるぶし

♪向ふに、向ふに見ゆるはアレは何じやいな、錦の御旗をひるがえし、二百三高地を占領する

♪向ふに、向ふに見ゆるはアレは何じゃいな、提灯行列いさましく、日本帝国万々歳

♪向ふに、向ふに見ゆるはアレは何じやいな、げいしやとお客とさし向ひ、アレは真ねこ四畳はん

♪向ふに、向ふに見ゆるはアレは何じゃいな、主を乗せたる人力車、早やう逢ひたい門の口

♪向ふを、向ふを通るはアレは何じゃいな、傘が能う似た主さんに、アラまた違ふた、自烈体いツ

──流行節、明治三十八年頃作、『向ふに見ゆる節』(ペラ本)

[メモ] あきらかに〈トコトンヤレ節〉を意識しての亜流作である。

 

YOU TUBE

 

ドリフのズンドコ節 *ドリフターズ

 

暗示唄 あんじうた

詞の中で主題と深くかかわりあう間接的な語句を用い、その語句が受け手に言外の意味を示すヒントが暗示。したがって、〈暗示唄〉は、これを歌詞に採り入れた形となる。

【例歌】

うきはし 

宵々(よひよひ)に枕定めん(かた)もなく、月は袂にうつろふ人を「(おもひ)()ろとて寝し夜半も、結ばぬ夢の中々に、情交(なさけまじ)りの言葉の(はし)に迷ふ我が身を如何にせん、心で心恨めしや、急ぐ涙を人には見せん、よしや頼むな夢の浮橋。

──江戸長唄、『哥撰集』(宝暦頃成)

[メモ] 「浮橋」を主題にしているが、情夫(いろ)が女を思う心などまさに「憂き橋」のように頼りない、と暗示している。

浮れ蝶 うかれちょう               平善詞

〽遭ふことの、なき世なりせば世の中に、憎いつれないその味を、知らぬ菜種の浮れ蝶、義理に立ち寄り遊ぶもをかし、つひにその身も秋風と、吹き()る跡の心と知られ、早や室咲(むろざき)の紅梅も、顔に露打つ朝日影、ぬる〳〵ゑもんな雪解(ゆきどけ)の、冷たい水の汲み分けて、(あだ)にしのぎし心ぞ辛や。

──地歌、天明頃成、『日本歌謡類聚』

[メモ] 遊び人の浮わついた心根を(おんな)から(おんな)へと舞いわたる蝶で暗示。作詞者自身も大坂では名だたる粋人であったという。

そうかい節 そうかいぶし

〽裏の窓から蒟蒻(こんにやく)(だま)投げて、こんや来るとのしらせかよだんべ、そうかい〳〵。

──流行唄、嘉永三年頃流行『はやり唄変遷史』  

 

うなり節

「うなり」とは、演歌の歌唱において、歌手が腹の底から絞り出す声の振え。洋楽にいうビブラートの変性と見てよく、一部の歌手に見られる特技である。この特長を生かした歌唱技法を〈うなり節〉といっている。

 

YOU TUBE

 

出世坂 *島津亜矢

涙の連絡船 *特有の「うなり節」で女の情感をうたいあげた都はるみは昭和40年、まだ17歳であった。

 

街歌 がいか

マチウタとも発する。七七七五の二十六字で市井の生活などを吟じる短詩を〈街歌〉という。曲は〈都々逸〉に同じくうたう。

街歌は都々逸と音数は同じだが、都々逸が情念を趣きとしているのに対し、〈街歌〉のほうは文字通り市民の健康優良生的な生活をテーマに作る。街歌の呼び名は昭和、それも戦前に出現した。短詩作者で知られる平山芦江らが中心に吟社を作り、積極的にある程度まで広めたようである。

 平山芦江歌碑〔東京都目黒区五百羅漢寺〕

しかし例示からもわかるように、〈都々逸〉が夜型のであるのに対し、〈街歌〉は昼型のであり、双方対照の妙がある。が、粋の愉しさという点では〈都々逸〉に軍配が上がる。

 その点、街歌は半端なのだ。加えて二十六字歌のリズムこそ〈都々逸〉の内容にふさわしいことは、疑う余地がない。

【例歌】

街歌 まちうた        平山芦江作

♪酒の仲間に遊びの仲間苦労仕とげて茶の仲

                             作者未詳

♪ずるい利口と人情馬鹿が背中合せで路地に住む

──二十六字唄、現行、『図説ことばあそび遊辞苑』第3章

 

仮託の唄 かたくのうた

物事にかこつけたり、ことよせた内容の唄。仮託を軸とした一種の婉曲表現である。

【例歌】

徒し野 あだしの

〽徒し野の 露の命の鈴虫も 秋果てられて今更に 啼くに啼かれぬ物思い。

──三下り端唄、江戸後期流行、『端唄大全』

[メモ] 歌沢節。徒し野は京都嵯峨野の念仏寺近く風葬の地をいう。陰暦九月、男に裏切られたうらぶれ女の底なしの嘆きを、晩秋の嘯々とした物悲しい鈴虫の命にことよせた。

鷽替 うそがえ           四端道人詞

(いな)(おう)かは不知火(しらぬひ)の、心づくしの神様も、

 うそをまことに替へさんす、ほんうそがへ、おゝ嬉し。

──三下り端唄、江戸後期流行、『日本歌謡類聚』

[メモ] 筑紫大宰府の鷽替神事に事借りて男に寄せる女の心情をうたったもの。

 

語り物 かたりもの

声楽曲のうち、歌詞一字当たり音価が小さいもの、すなわち節回しが語りを中心に構成した曲詞。義太夫節・常磐津節・清元節・富本節などに多く見られる。

「歌い物」に対応する呼称である。

【例歌】

道行恋の雛形 みちゆきこいのひながた     春富士直伝

〽夢に見て。(うつつ)に逢うて(まぼろし)に。立つ甲斐もなき。妹背(いもせ)(どり)(つが)ひはなれて跡や先。しやれた振袖加賀笠に。(もみ)(くけ)(ひも)抱へ帯。若紫のお染こそ。わが(つま)ならぬ重ねづま。一つにしやんと引き締めて。締めて寝し夜のね油に。すゑ久松と戯れも。仇の妹背と吹く風に。人なき道は。手を引いて。袖と。袖とを鳥の声。聞けば浮世の世話詞。死神ついて死出の旅急ぐ。心のしどけなく。此の世を急ぐ死出の道これ。(後略)

──二上がり豊後節、江戸中期成、『春富士都錦』

[メモ] 春富士正伝の語り物である。

 

YOU TUBE

 

雨の夜船 *東海林太郎 台詞 田中絹代

おばこ追分 

この花咲くや姫 

 

歌謡碑 かようひ

歌謡の発展に貢献した音楽家等が残した歌詞を彫刻した碑文。

北原白秋や野口雨情のような有名作詞家になると、全国各地に複数の〈歌謡碑〉が建っている。なお「歌碑」と表現した場合は和歌・短歌をさすので、表記上の混同は混同をさけたい。

【例歌】

添田啞蝉坊の碑文より

つきだす鐘は上野か浅草か 往き来も絶えて 月にふけゆく吾妻ばし 誰を待つやら恨むやら 身をば欄干に投島田 チヨイトネ

──〈紫節〉の一節、東京都台東区浅草弁天山、昭和三十一年建立、『文学碑辞典』

竹久夢二の碑文より

♪待てど暮らせど来ぬ人を 

宵待草のやるせなさ 

今宵は月も出ぬさうな

──〈宵待草〉の一節、岡山県邑久郡邑久町佐井田、昭和307年建立、『文学碑辞典』

野口雨情の碑文より

♪磯の鵜の鳥や 日暮れにゃ帰る 波浮港にゃ 夕やけ小焼 明日の日和は ヤレホンニサ 凪ぎるやら

──〈波浮の港〉の一節、東京都大島町波浮港、昭和三十六年建立、『文学碑辞典』

 雨情の「筑紫小唄」歌碑〔JR二日市駅前〕

 

間欠流行唄 かんけつはやりうた

時代の一定期間、間欠的に流行現象を起こす歌。

数多い歌謡のなかには、こういう風変わりな唄も存在する。たとえば〈仙台節〉の場合、その長い流行歴程において、最低でも六次にわたる間欠流行を見ている。

【例歌】

関の地蔵〔元唄〕 せきのじぞう

♪関の地蔵様ナア、ヨイトヨイト親切ものよ、雨も降らぬにかささして、ヨイトサノヨイトヨイトサノヨイトエ

──流行唄、維新期流行、『明治流行歌史』

 「関の地蔵院」の俗称のある九関山 宝蔵寺〔 亀山市 関町〕

よいとこそうだ節〔関の地蔵くずし〕 よいとこそうだぶし

住めば都でヨイトコナ、よいとこそうだよ、これはひらまつ粉やの娘は、なるほどよい子だ、あの子とそふなら、米もとぎましよ、水もくみましよ、手鍋もさげましよ、三度に一度は、ままもたきましよ、いへば娘はチロリと横めで、もうし坊さん、いへば和尚(おしやう)はぞくぞくこをどり、さればこれから二人手を引き、粉やをさして急ぎ行く

──替歌、明治四年頃流行、『明治流行歌史』

関の地蔵節〔第二次流行〕 せきのじぞうぶし

〽気の地蔵様しんせつ者よ、雨も降らぬに笠くれた、ヨイトヨイトさうだ

♪関の角力(すまふ)(とり)や大力者よ、土もつかずに、十日とる、ヨツチヨイヨイヨイ

──流行唄、明治十八・九流行、『明治流行歌史』

よいとよいとさうだ〔第三次流行〕 よいとよいとそうだ

♪関の地蔵さま親切ものよ、雨も降らぬにかさくれた、ヨイトヨイトさうだ

♪関の角力(すまふ)取や大力ものよ、土もつかずに十日とる、ヨツチヨイヨイヨイ

──流行唄、明治三十五年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 元唄から間をおいて派生したくずし唄まで含めると、都合4回は間欠的にはやったことになる。

 

競吟 きょうぎん

東西に分かれた団体同士で、あるいは個人同士で、「よしこの」や「都々逸」など、短詞の唄を即席で唄合戦すること。また、その唄。

近代に入り吟社同士の対抗戦などが行われた。一部作品は記録され出版されている。

 全国各地で吟詠会が開かれている 

【例歌】

都連競吟より みやこれんきようぎんより

♪三日月の 櫛もおとした 五月雨がみは 床で鳴いたか ほととぎす   袖彦

♪ひざを枕に 顔うち詠め まよふ種だよ この笑窪           二タ見

♪思ひ初しが それから先よ まつてあふみの 床の(うみ)           寿か女

♪雁の文字さへ 乱るゝばかり とんで行くとの かへし書        歌鶴

♪二人連かと 思ふて見れば うそを月夜の影法師            公川

♪ぐつと抱きしめ 足をばからみ ぬしはお客じや ないわいな      守丸

──都々逸、近代の記録、『日本近代歌謡史』上

[メモ] 京都都連「離組・白俵組」の競吟。

 

組歌 くみうた

複数の歌謡を一曲にまとめたもの。

互いに意味の脈絡のない数種の歌を組み合わせたため、歌詞だけではチグハグな感じがする。逆にめまぐるしい詞の変転を通して、歌全体の流れとして、モザイク模様の趣を鑑賞できる妙味がある。江戸時代初期に案出されたもので、三味線歌・琴唄が中心になる。女歌舞伎踊り歌は「組歌」の典型といえよう。

【例歌】

本手 琉球組 ほんて/りゆうきゆうぐみ

比翼連理よの、天に照る月は、十五夜がさかり、あの君さまは、いつも盛りよの。

おもひを志賀(しが)の松の風ゆゑに、しなでこがるゝ〳〵。

〽み山おろしの小笹の(あられ)の、さらりさら〳〵としたる心こそよけれ。(けは)しき山のつづらをりの、かなたへまはり、此方(こなた)へまはり、くるりくる〳〵としたる心は面白や。

〽とろり〳〵としむるめの、笠の内よりしむりや、腰が細くなりそろよ。

〽とても立つ名がやまばこそ、此方(こち)へお寄りやれのう、柴垣越しにもの言はう。

小原木(をはらぎ)買はい〳〵、くろ木召さいの、てうりやうふりやう、ひゆやりやるろ、あらよひふりやうるりひようふりやう。

──組歌、『松の葉』巻一(元禄十六年)

雲間 くもま

〽幾重たちそふ白雲の、峯も厭はず分け登り、花の在所(ありか)は何処ぞと、求めわびぬる我が袖を、しゝも(かはづ)も過ぎぬれば、昨日は今日の昔にて、移ろひやすき若草の、色にやめでぬ世の中の、人の心は飛鳥川、流れて早き今日の日も、はや入相の鐘に散る、花をしるべと今暫し、行くも帰るも恋の山。

──本調子やまと組唄、『浜荻』(享保十六年)

 

YOU TUBE

 

組歌『四季』 *シン・ムジカ

 

下座唄 げざうた

歌舞伎の囃子方を構成する歌・合方・鳴物のうちとくに唄をさした用語。

幕開けや役者の出入り、立ち回りのときなどにうたう。  

 歌舞伎の囃子方 

【例歌】

いざや行きませう いざやゆきましょう

いざやゆきましやう住吉へ 「げいしや引つれて「しん()(りやう)かわ「花やかに「沖にちら〳〵ほかけぶね「一そも二そも「三そうも四そう五六そも。おや追風(おいて)かゐな。ヱヽみなといりそんれはヱ。

障子あくればさしこむ窓の。月ゆかし「とぼすまいぞへろうそくを 「闇になつたら。とぼそぞへ「一丁も二てふも「三てふも四丁も五六てふも。おやとぼそうぞゐな。ヱヽろうそくを。そんれはヱ。

──上方唄、『粋の懐』初篇(文久二年)

[メモ] 一番(元唄)は〈一艘も二艘も〉の別題があり、今では寄席の下座音楽やはめものに用いられている。二番は替歌。

 

YOU TUBE

 

佐原囃子下座舟

 

小謡 こうたい

(こう)(よう)〉とも。謡曲中の比較的短い一節を抄出、ときには改変を加え、舞や謡なしで謡う曲詞。

祝言謠や酒席での肴謡が中心になる。

【例歌】

YOU TUBE

高砂 たかさご 

ところは高の、高砂の、尾上(おのへ)の松も年ふりて、老の波もよりくるや、この下蔭の落葉かく、なるまで命ながらへて、なほいつまでか生の松、それも久しき名所(めいしよ)かな、名所かな。

竹生島 ちくぶじま 

緑樹(りよくじゆ)かげしづんで、(うを)()にのぼるけしきあり、月海上にうかんでは、兎も波もはしるか、おもしろの島けしきや。

七夕 たなばた

秋さりごろも()がためぞ、待ちえたり彦星(ひこぼし)の、袖も褄もつぐ夜なり、今日の日のおそさよ、日の暮るゝ影のおそさよ。

紅葉狩 もみじがり

げにや谷川(たにがは)に、風のかけたる(しがらみ)は、ながれもやらぬもみぢ葉を、わたらば錦中絶えんと、まづ()のもとに立ちよりて、四方(しも)の梢をながめて、しばらく休みたまへや。

雨月 うげつ

をりしも秋なかば、三五夜中の新月の、二千里の(ほか)までも、心しらるゝ秋のそら、雨はまた瀟湘(せうしやう)の、(よる)のあはれぞおもはるゝ。

──小謡、江戸期流行、『はやり歌変遷史』

 雨月に風情あり銘菓あり 老舗和菓子店「兎月園」ブログ〔静岡県三島市〕

 

小節

 唱歌において、ある音の区切りから次の音へと移る時にもちいる装飾的な節回し。演歌や民謡でよく使われるテクニックで、情感の演出に効果的である。

 

YOU TUBE

 

津軽海峡・冬景色 *石川さゆりの小節を効かせた看板歌

 

小町物 こまちもの

小野小町を中心に、世に小町と称された伝説の美女を扱った歌謡の総称。

物語や芝居でさまざまに脚色され、あげく歌謡化されたものが少なくない。

【例歌】

卒塔婆小町 そとばこまち

小町思へば照る日も曇る 四位の少将が涙雨 九十九夜さでござんしょう 仰せに及ばず そりゃそうで()うてかいな

御所車に御簾(みす)をかけたかえ こちゃそとわに腰かけた エエばばぢゃえ。

──長唄、文政五年江戸森田座初演、『歌沢大全』 (万延元年)

YOU TUBE

関寺小町 せきでらこまち 

思ひいづればなつかしや、人のうらみのつもり来て、いつのころより、うかれいで、たのむものにはたけのつえ、ないつわらひつものぐるひと、人はあだしの夢なれや、とはうらめしむかしは小町、今はすがたも、はづかしや「たれはとはねどせきでらの、いほりさみしきをり〳〵は、都の町に、たちいでゝゆきゝの袖にすがりつゝ、浮き事の数々を見給へやひと〴〵「春はこずゑの花にのみ、心をよせてみぢか夜は、ほとゝぎすゆきみぐさ、あさざはのかきつばたあやめ、ものはなかれそめてほたるもうすく、のこるあしたの名もひろさはの月影、かこちがほなるわがなみだ、おちば、しぐれに「ぬれそめて、われながらはづかし、「もゝ夜しのぶのかよひぢは、雨のふる夜もふらぬ夜も、ましてゆきしもいとひなく「心づくしに身をくだく、ひと夜をまたでししたりし深草の少将の、そのをんねんのつきそひて、かやうに思ふぞやあなたへはしり、こなたへはしり、ざらり〳〵ざら〳〵ざつと、こひえぬ時には「悪心、また狂乱の心づきて、声かはり、けしからず見ゆれば、すご〳〵と関寺のいほりに帰る有様は、山田のあぜのかがしよの、秋果てたりな我が姿。

──踊り唄、明治二十八年公演、『明治流行歌史』

[メモ] 謡曲「関寺小町」の歌謡化。深草少将の怨念により、野ざらしの髑髏に朽ち果てた小町の姿をうたう。

 「関寺小町」の演能舞台

 

作物 さくもの

〈おどけ物〉とも。地歌の曲種の一つで、滑稽な内容を材料に多くは即興で作られる曲詞。

番外曲であるため、作詞者知らずとして発表するのが普通である。例歌のほか、「狸」「浪花十二月」などが知られ、とくに動物に擬した寓話作が目立って多い。

【例歌】

かはづ かわず

みなづき頃のひるばたけに来て見れば「なすびゆうがほしろうりとうぐわ、あせをながしてあつさをしのぐ「かゝるところへくさむらより、かはづいつぴきにげ(いで)て、さて〳〵ひやいやあやういこと、あまのいのちをひらひしと、よろこぶあとよりざわ〳〵〳〵くさおしわけてくちなはが、かまくび、もつたて、〳〵、したをひらつかしとびかゝれば、かはづはおどろきとびしさりたつた一言きいてたべわしがおやぢをからすにとられ「どうぞかたきがうちたいと、一家(いつけ)一るいさうだんなかば、それをおまへにのまれては、かゝるのぞみも水のあは「あはれと思うてくちなはさん、どうぞたすけて賜われと、雨をよぶよりこゑたかく、なくよりほかのことぞなき「ことわりきいてくちなはも、おれがせがれもとんびにかけられ、世にはにたことあるものとそろり〳〵と立返る、あとみおくりてかはづはこと〳〵うちわらい、キヤツをまんまと他ばかりしく地は手右方なるものとかたへのみぞへととんでゆく。

──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

田螺 たにし

さるほどにさんちや村の田の(あぜ)に、()りたる田螺(さぶら)ひしが、頃しも三月(なかば)なり、畦道に駈け上り、日向(ひなた)ぼこしてさんさおはしけるよしなの思ひ、かゝる所へ恐ろしや、千住(せんじゆ)戻りの烏()が、此の由を見るよりも、時分は良きにせしめばやと思ひつゝ、田螺の胴中引銜(ひつくは)え、元の梢に上がりける、田螺心に思ふやう、早出の烏奴に食はせては(かな)うまじ、(だま)さばやと思ひつゝ、(うた)祭文(さいもん)にて見知らしけり、払ひ清め奉るよ、扨ても優しの都鳥、御身(おんみ)の姿よく見れば、伽羅(きやら)の古木にさも似たり、御眼(おんめ)(うち)の涼しさは、瑠璃の壺とも申すべし、囀り給ふ御声(おんこゑ)は、春の林の梅が枝に、ほゝうほけきやうと鶯の、囀るよりもしをらしや、烏大きに騙されて助けばやと思ひつゝ、浅草川の真中(まんなか)へ、だんぶとこそは落しけり、田螺大きに喜びて、水一重泥一重、思ひのまゝに身を隠し、やい其処(そこ)馬鹿(ばか)(がらす)(おのれ)が色の黒きこと、焼木杙(やけぼつくひ)にもさも似たり、(まなこ)の中の(むさ)き事、塩辛(しほから)(つぼ)とも言ひつべし、囀る声のかしましさ、八王子の百姓が、年貢の訴訟する如く、あんがう烏の馬鹿烏と、言ひ棄て波間に入りにけり。

──俗謡、『琴線和歌の糸』(寛延四年)

 

座付唄 ざつきうた

〈御座付〉とも。座敷に招かれた芸妓が、挨拶代わりに披露する三味線唄。

花街の美風として残されてきた。しかし当初のしきたりとしてのメリハリは次第に薄れ、時代が下がるにつれ、小便芸者らの利いた風な挨拶代わり戯れ唄が横行するようになる。

 料亭「浜長」にて芸者の伝統座付き芸〔高知市〕  

【例歌】

京のお座付唄の例 みやこのおざつきうたのれい

♪摘みに行きましよ、(よめ)()蒲公英(たんぽぽ)、好きなお方と手を引いて、深い所へつくつくし。

──上方端歌、明治初期、『明治流行歌史』

[メモ]お座付としては嫌味のない、それでいて艶っぽい小唄だ。

それもさうかいな節 それもそうかいなぶし

ハイカラさんどこへ行く、スタコラお稽古に、さつても御精が出ますねエ、雪の降る夜も風の夜も、サテ高等(こうと)は辛いね、何時も廂に髪結ふて、アリヤセ、コリヤセ、それもさうかいな(私娼)

──替歌、明治四十四年流行、『明治流行歌史』

[メモ] 〈奴さんへ節〉の替歌。枕芸者を意識してか、前例にくらべ、詞の内容がかなりたるんでいる。

御座付 ござつき         大阪家新吉唄

明日に向ふ鶴亀と、祝ふ年こそ目出たけれ

三下り「新玉の年のはつ音に(むら)(すずめ)、チウと一声軒の竹、祝ひ参らせ候かしく

「ざんざ時雨か、茅やの屋根で、音もしもせで濡れかゝる

「送りませうかよ送られませうか、せめてあの町の角までも

──雑謡、近代にレコード化、『美音の栞』第四七五三一号

[メモ]美声の男芸者による座付である。

 

YOU TUBE

 

御座付 *〆治

御座付三下り *葭の家 静子

 

雑謡 ざつよう

種々雑多な俗謡をさす通称。

普通、俗謡や里謡、あるいは断章などで取るに足らないようなものを一まとめにするような場合に用いる。しかし〈雑謡〉の中にも珠玉の一節が隠れていて、それを探し出すのも大きな楽しみなのである。

【例歌】

雑謡種々 ざつよう/くさぐさ

♪巡邏さんお門にたつたるぼんやりね。

♪ひげを()やして官員ならば、猫や鼠は皆官員。

♪西郷隆盛、鰯か雑魚か、たいに追はれ逃げかねた。

♪西郷隆盛や枕が入らぬ、入らぬはずだよ首がない。

♪袴羽織で銭ない人は、学校教員か家相観か。

♪鉄道会社で銭ない人は、運輸課員か通信手。

──俗謡、明治八、九年頃流行『明治年間流行唄』

ヤツチヨロ節 やつちわろぶし

♪一の谷越へ二の谷越へて、ヤツチヨロマカセノヨイヤマカセ

♪吉田通れば二階から招く、ヤツチヨロマカセノヨイヤマカセ

♪辛抱しなんせ又来る時節、ヤツチヨロマカセノヨイヤマカセ

♪尋ねて素直に云ふお前なら、ヤツチヨロマカセノヨイヤマカセ

♪人も皆好くお前に惚れりや、ヤツチヨロマカセノヨイヤマカセ

♪確かと抱きしめ顔打ち眺め、ヤツチヨロマカセノヨイヤマカセ

──俗謡雑載、明治二十年頃流行、『やつちよろまかせぶし』(ペラ本)

演歌「四季の歌」 えんか/しきのうた

♪筆をてに取り小首(おくび)をかたげて墨すり流し、国へ無心の長手紙、親をだまして取つた金を、チヨイトドースル運動費

♪筆を手に取り()めしまゐらせ(さふらふ)かしく、またも無心の長手紙、情夫(いろ)につぎ込むその金を、チヨイト持つて来る馬鹿書生

♪秋の(ゆうべ)(ふみ)をひもとく孤灯の下、読むは桜井生別れ、孤忠感じて泣く顔を、チヨイトうかがふ月の影

♪春の梅見に紳士手に取る素敵な美人、風が悋気でもすそ吹く、(あづま)コートの奥様が、チヨイトあはてて左づま

♪おいらはこれまで正直一途(いちづ)に稼いで来たが、貧乏し通し泣きどほし、それに隣の旦那様は、いつも遊んでお金持

♪秋の夕に製糸工場を抜け出て見れば、雨か涙か草の露、親が招くか(すすき)(はら)、月も曇りて(かり)の声

♪ねぼけ(まなこ)で朝の五時から弁当箱提げて、工場通ひのいぢらしさ、娘盛りを塵の中、晩にや死んだやうになつて寝る

♪あれ見よあれ見よたらりたらりと生血が()れるよ、廻る機械の歯車の、(あひだ)にはさまる労働者、死んでしまふまで絞られる

♪こんな工場は早く地震でがらがらつぶれ、寄宿舎なんぞが皆焼けて、社長も意地悪の監督も、チヨイトペストで死ねばよい

♪当世女は恋も(なさけ)も何あるものか、添ふも切れるも金次第、男の翫弄物(おもちや)になることを、チヨイト覚悟の厚化粧

──演歌、明治三十五・六年頃流行、『明治流行歌史』

 背徳の唄は裏世界で流れる…

雑謡〔群馬県〕 ざつよう

秋の夜を長いと云ふはそりや常のこと、主と寐た夜の短さよ。

♪糸引終へば洗湯がたより、洗湯がへりは主のそば。

♪男伊達ならあの利根川の、水の流れを留めて見ろ。(前橋市)

──里謡、近代に採録、『日本歌謡集成』第十二巻

雑謡〔福岡県〕 ざつよう

♪あのひたあ馬鹿だい、瓢箪だい、などうふ(生豆腐)のすひもんだい。

♪泣くもんなあ口やかう、あかゞりやから、口やかう。

♪坊主ぽつくり、山芋、似ても、焼いても食はれん。(筑紫郡)

──里謡、近代に採録、『俚謡集拾遺』

 

三景歌 さんけいか

「日本三景」すなわち松島・天橋立・厳島を主題とした歌謡の総称。

 一節中に三景のすべて、または連作では総じて三系のすべてが読まれていることが原則。ただし、一景だけでも連作の場合は〈三景歌〉とみなすことがある。

【例歌】

安芸の宮島 あきのみやじま

安芸の宮島まはらば七里、浦は七浦なな恵比寿、ヨーイヨーイヨイヨイ

淀の川瀬の水車(みずぐるま)さへもヨオウ、誰を待つやらくるくると、ヨーイヨーイヨイヨイ

しやんを待つならとなりを持ちやれ、雨の降る夜も軒づたひ、ヨーイヨーイヨオウ

阿波に妻置き讃岐に住めば、うづら鳥かやあは恋し、ヨーイヨーイヨオウ

──名所唄、明治四年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 安芸の宮島は「厳島(いつくしま)」の別称。ここ広島県佐伯郡宮島町には厳島神社が鎮座し、古くから日本三景の一つに数えられている。

YOU TUBE

松島音頭 まつしまおんど        小林一男唄       北原白秋詞

ああ 松は松島 磯馴(そな)れの松の 

松の根かたに 桔梗が咲いた

*見たよ見ました ひともと桔梗

 見たよ見ました ひともと桔梗

 や ほうれほい

 舟ばた たたいて や ほうれほい

ああ さんささんさは ありゃ松風よ

誰をまつやら 桔梗が咲いた

(以下くり返し)

ああ ここは松島 雄島ガ崎よ

 星のちろりに 桔梗が咲いた

ああ さんささんさで 待つ身はさぞや

 露の夜露に 桔梗が咲いた

ああ 囃せ囃せや 松島音頭

 松の根かたに 桔梗が咲いた

──名所唄、昭和三年発表、『日本流行歌史』上

 

三下り さんさがり

三味線音楽における調子どりの一名称。

本調子の三を二律分下げるか、二上りを一律分下げた音。落ち着いてしっとりとした音色の出るのが特徴である。

【例歌】

♪伊勢桜

花の(さかり)を待ち兼ねて、月に指折る遅桜、憎や嵐のあてごとに、隔てられては誠も、嘘もなれば言訳泣くばかり、嬉し(かひな)刺青(いれずみ)も、仇墨と「今は伊勢路の神の(ばち)、一期見離すまいとの約束なれど、縁の切れ目は是非もなや、涙雨には西の雲、晴れぬ憂き身をかはゆがらんせ、誓文(せいもん)頼む。

──三下り端唄、寛延四年『琴線和歌の糸』

*切れた男への哀傷を伊勢桜に託す。伊勢桜は遅咲きで、伊勢道中の掛詞尾張を「終り」に引っかけた洒落。

縁のつな えんのつな

かちびとの、わたれどぬれし、えにしあれば「まだあふさかのせきのことを、こさでその身の行末を、むすぶのかみと岩本の「かたいかほして油断させ、ほれた心を見ぬいてすねて、すねて、花あり実もありはらのむかしがたりのえんのつな。

──三下り端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

蝙蝠が こうもりが

かうもりが。出て来たはまの夕すゞみ。河風さつとふくぼたん。からい仕かけのいろおとこ。いなさぬ〳〵いつまでも。なにわの水にうつす姿へ。

──三下り端歌、『粋の懐』四篇(文久二年)

 

時花 じか 

トキハナとも読む。江戸時代の関西において、小粋な流行唄の通称を〈時花〉といった。

この語には、折にふれもてはやされる流行、の意味がある。

【例歌】

後朝 きぬぎぬ          杉山勘左衛門詞

〽後朝に 明けの睦言(むつごと)いまさらに 憂きは別れの袖の海 馴染まぬ昔ましぢやもの 幾夜交はせし情の末は 恨み焦がるる身は恋衣 せめて一夜は来て見よかしな たとへ逢はずと文さへ見れば 文は妹背の 文は妹背の橋ぢやもの

──本調子端歌、『大ぬさ』(天保六年)

[メモ] 在郷太郎左衛門作の有名な「野崎参り」元唄である。

三国一の富士山 さんごくいちのふじさん

〽三国一の サツサ富士山 玉さハきの八千代までもと契りしに

──二上り端歌、江戸後期作、『守貞漫稿』巻二十三

 

YOU TUBE

 

南部馬方三下り *館松栄喜

 

私小説歌謡 ししょうせつかよう

 ある人物史や個人の思い出を懐古のスタイルでつづった詞の歌謡。物語唄の変型である。

 

YOU TUBE

 

  ちあきなおみが米軍キャンプやクラブで磨いた幅広く奥の深い歌唱力に定評がある。

 

写生唄 しゃせいうた

名所景観をあたかも目の前に見るように巧みにつづった歌。すなわち歌詞の描写力の出来が問われる歌謡である。

【例歌】

お庭八景 おにわはつけい

〽名に高きその近江路の八景を、移してこゝに津の国や、眺めを四季に(かたど)りて、見渡す空も(うらら)かに、霞立ち添ふ川の瀬の、夕日かがやく風景は、よそに長柄(ながら)の橋柱、下ゆく水も(くれなゐ)に、照りそう影のいつしかと、眺めに春も早や()けて、色の名残も蝉の羽に、薄き衣を今日よりは、着つゝ馴れにし故郷(ふるさと)を、遥か隔てし山の()に、一村競ふ浮雲も、田簔の島の里人は、名をばかざしに降る雨を、厭はず過ぐる夕風も、晴れて涼しく通ふらし、げに面白やこの浦の、眺めもよしや芦の葉に、宿れる露の影添へて、四方(よも)(くま)なく白妙(しろたへ)の、眺め難波(なには)の秋の月、光りさやけき所がら、心はなほも住吉の、浦より浦に漕ぎ渡る、帰帆(きはん)はげにも(たぐ)ひなや、月に愛でにし秋も早や、夜寒知らるゝ夕暮に、明くる朝は近くとも、眺めは月の名には似ぬ、遠里(とほざと)小野の落雁(らくがん)は、写し絵だにも及ばじと、見ゆる此方(こなた)(おん)寺に、歩みを運ぶ諸人の、頼みをいとゞ掛けまくも、鐘や憂き身を運ぶらんと、御法(みのり)尊き古へは、三十二代(みそぢふたよ)天皇(すべらぎ)や、御代の数へも今こゝに、天王寺の晩鐘と、響くその名は高津(たかつ)の宮、雪の(しら)木綿(ゆふ)くれかけて、梢ながらや(たわ)むらん、宜禰がこゑ〴〵澄み渡る、嵐につれて音高く、吹くや平野(ひらの)の晴嵐と、名に負ふ八つの景色をば、及ばぬ筆の口ずさみ。

──浪花地歌、江戸初期作、『日本歌謡類聚』

粋か無粋か すいかぶすいか

〽粋か無粋か知らねども、髪は結ひ立てから刷毛いがめ、博多帯(はかたおび)貝の口を横丁に一寸(ちよつと)結んで、坐りも出来ないやうな江戸仕立(じたて)のパツチを穿いて、(びん)の毛に一寸(ちよいと)差す(つま)楊枝(やうじ)

[メモ] 題名は「粋なことに決まってるじゃないか」の強意。当時の江戸では、一見野暮に見えるような無造作な(なり)や仕草が粋とされた。

 

しゃべり 

歌詞を早口に畳み掛けていくように流す歌。

冗語を多用して節取りを目立たせることなく流麗な感じを与えるので、「江戸前の小唄」などと称し粋人に好まれる。

 江戸名所百人美女〔歌川豊国画〕 吹出しの詞はパソコンによる後入れらしい

【例歌】

ひよどり

ひよ〳〵と鳴くは(ひよどり)、小池に住むは鴛鴦(をしどり)、をしどりのしかも(やもめ)に、おふやのるすもり、さらばえいやとな、えいさうえい〳〵〳〵、えい〳〵〳〵〳〵、しかも月の夜か、闇の夜に、えいさうえい。

数々の宵の睦言、うらみに更くる東雲(しののめ)、しのゝめの涙ながらに、もはや帰るさ、さらばえいやとな、えいさらえい〳〵〳〵、えい〳〵〳〵〳〵、しかも月の夜か、闇の夜に、えいさうえい。

──二上り端歌、江戸初期作、『はやり唄変遷史』

[メモ] 「しゃべり」の効いた三味線歌。

さけと女 さけとおんな

さけと女は気の楽さ、とかく浮世は色と酒、さゝちよつぴりつまんだ悪縁因縁、なまいだ〳〵〳〵、

「地獄極楽へずつと行くのも二人連れ、わしが欲目ぢやなけれども、お前のやうな美しい女子と地獄へ行くならば、閻魔さんでも地蔵さんでもまだ〳〵〳〵〳〵〳〵鬼ころし。

──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

 

YOU TUBE

 

子連れ狼 *橋 幸夫

 

所作事 しょさごと

長唄伴奏の歌舞伎舞踊歌をいう。

常磐津・清元のそれは、別して〈浄瑠璃所作事〉という。

【例歌】

近江八景 おうみはつけい        水木辰之詞

舟を出しやらば()(ふか)に出しやれ、えい〳〵

 帆影見ゆれば懐かしや、恋にはのんえい、それ若枝もいよえい、えいや〳〵と入るや矢走の渡し舟、波は舳板(へいた)を叩き上げ、叩く白波(しらなみ)(あら)男波(をなみ)、静かに漕げやそろ〳〵押せよ、急いで漕げや、さつ〳〵と押せよ、浮き沈みぬ行く舟の、(みぎは)を見れば瀬田の橋、漁村の(せき)(せう)まのあたり、往来(ゆきき)も絶えぬ旅人の、上れば下る、(あひ)の土山雨が降る、謡ふ小歌のから尻に、乗り打ちさせぬ関所なり、足も止まらず行く舟の、次第〳〵にそのさきは、如何なる所と尋ぬれば、あれは堅田(かただ)落雁(らくがん)ぞや、いざや名所を語るべし、()りてしばし浜遊び、(あが)らせたまへ人々よ、入江〳〵の芦の葉に、そより〳〵と吹き来る風は、夏の(しるべ)か涼しさよ

磯に下り居る(かり)(がね)の、(おの)が友よび遊ぶにぞ、ねらひより追うて廻れば、はつと立つや、ひら〳〵〳〵と群れゐる雲に、竿に成つて通る、(あと)なが先へ先なが後なら、(かうがい)取らしよ〳〵、是ぞ平沙(へいさ)の落雁と、語りて舟に乗り移る、のう如何に船頭殿、此方(こなた)に高き御山は、いかなる所になりけるぞ、あれこそ比良(びら)の暮雪とて、これよりは冬景色、峰に降り積む白雪(しらゆき)の、ちらり〳〵と降り来る雪に、四方(よも)のな(こずゑ)ものうよ、白妙(しらたへ)に枝も撓むやしつはりと、積れる道を踏み迷ふ、()(こり)山がつ柴刈が、笠も薪も(うづも)れて、寒さうにござる、火桶遣りたや炭添へて〳〵、(ころ)師走(しはす)の暮なれば、()(なが)(ゆずり)()門松(かどまつ)を、召せ〳〵召され候へと、(あきな)風情(ふぜい)()(まこと)、これ江天(こうてん)の暮雪なり、向ふを見れば、堅田の浦のあま小舟(をぶね)、釣して帰る有様を、見るに我が身の営みの、釣の糸さへしなへてもつれて、竿持たずに引くは〳〵〳〵、引いてしやくる所を、釣つた所の面白や、入日(いりひ)の影ともろともに、風に任せて帆を挙ぐる、この召されたる舟こそは、遠浦(えんぽう)の帰帆もまのあたり、あれ唐崎(からさき)の一つ松

老若(ろうにやく)貴賎布引の、引分けられぬ宮詣(みやまゐり)、如何なる上手の筆なりとも、是には如何でか勝るべき、日も早西に入相の、提灯(ちやうちん)とぼす小夜(さよ)(あらし)、吹き来る雲に雨起り、村雨(しき)りに降り来れば、濡れに濡れたる形装(とりなり)も、しつぽりしつたり、わにの岬に舟止めて、苫洩る(しづく)もろともに、涙で明かす舟のうち、これや誠に瀟湘(せうじやう)の、夜の雨ともいひつべし、やう〳〵晴れる雲切れに、苫押し除けて見上ぐれば、あれ石山の秋の月、湖水に映り明らけき、須磨(すま)明石(あかし)もよそならず、これや誠に洞庭(どうてい)の秋の月、此処に移して(みづうみ)の、更くるも知らず眺め入る、更けゆく鐘の音きけば、飽かぬ別れの雞は物かは、雞も鳴き鐘も聞ゆる三井寺の、時を違へず撞く数は、はや明け六つの明け渡る、東近江や西近江、大津の町もとく起きて、己がさま〴〵手(わざ)する、是ぞ山市(さんし)晴嵐(せいらん)と、夢の様なる其の内に、四季折々の戯れを、今目の前に見する事、これ竜神の恵みなり。

──本調子・三下り所作事、『落葉集』巻一(宝永七年)

 

朝妻船 あさづまぶね       二代 桜田治助詞

さゞ波や、八十(やそ)(みなと)に吹く風の、身にしみそむる比叡(ひえ)おろし、千船百船(ちふねももふね)()を立てゝ、()るや岸ねの柳かげ。

このねめる朝妻船のあさからぬ、ちぎりのむかし()山宮(さんきゆう)、そも〳〵鞨鼓(かつこ)のはじまりは、摩鞨(まかつ)(こく)よりつたえ来て、唐の明皇(めいこう)愛給(めでたま)い、

そりゃいわいでもすもうぞえ、すまぬ口舌(くぜつ)の言いがかり、せなか合わせの床の山、こちら向かせて引き寄せて、つめってみてもこぐ船の、あだし仇浪(あだなみ)浮気づら、誰にちぎりをかわしていろを、かえて日影に朝顔の、花のかつらの寝みだれし、枕はずかし、しんきでならねえ。

──所作事長唄、文政三年に江戸中村座初演、『月雪花名残文台』

[メモ] 元禄期の絵師英一蝶(はなぶさいつちよう)が描き、彼自身が遠島配流の起因となった「朝妻舟」を主題とした歌舞伎。詞はその前弾三下りである。

喜撰 きせん 

(しづ)(ふせ)()に糸とるよりも 主の心がそれそれとり(にく)い ええさりとは機嫌気褄(きづま)も普段から 酔うたお客の扱いは 見慣れ聞馴れ目顔(めがお)でさとる (すい)を通したその後は これぞひとりごと。

──江戸端唄、天保初期流行、『柏葉集』

[メモ] 天保二年三月江戸中村座初演、歌舞伎の本題名『六歌仙客(うたあわせすがたの)(いろどり)』で、長唄・清元・竹本の五変化の所作事。六歌仙の一人喜撰法師に材をとった作品である。

 

YOU TUBE

 

喜 撰 

 

スキャット scat

 歌謡曲等にまったく意味のない音、たとえば「ラララ」とか「ズン、ズン、ズンドコ」といった詞を挿入する歌謡テクニック。広い意味での「無駄言葉入り」である。

 「夜明けのスキャットCDジャケット

 

YOU TUBE

 

アキラのズンドコ節 *小林 旭

11pmテーマ曲 *スキャットのみ

夜明けのスキャット *由紀さおり

 

節奏歌 せっそうか

節奏とは今にいうリズムのこと。すなわち〈節奏歌〉は詞全体が律動感にあふれた唄を指す。

いってみればリズムを骨格とするのが歌謡であるという考えに立つと、この類の唄は探せば無尽蔵にある。

【例歌】

舟うた ふなうた 

〽あさのお前のまんほが瀬戸を、小女郎恋しとな、謡うて名乗りてお漕ぎやる、こじやくしこん(むすめ)こさいかこせんか、こかいかこぐるま、津のこよねか〳〵、つがはが〳〵〳〵、のんえいよほ、艪ではやらいで唄でやる、君を思はでかよはりよか〳〵、何処で見た、ぞつと致したとよえい〳〵、君は春咲く梅の花、あゝぢやとよえい薫る床しきとりなりは、ありやりや、こりやりや、えい〳〵さつさ、えいさつさ、万歳ぢや〳〵、千秋楽〳〵ぢや。ちよぎや〳〵、ちよぎりやちり〳〵や、ちり〳〵〳〵とも渚に友呼ぶ、はんまちん〳〵千鳥が寄せ来る〳〵、こん〳〵〳〵小波に、揺られて揉まれて、たんどりちんどり、しどろもんどりはねられた、ほゝにたん〳〵つるやら、このしたんたん〳〵、たゞちがよんきゝよ、こんこゝこのこんこのえ。

──二上り舟歌、『松の葉』巻三(元禄十六年)

 

題離れ唄 だいばなれうた

題と内容とが関係のない歌謡。

作者側にそれなりの理由があってのことだろうが、曲名と詞とが結びつかず違和感を抱かざるを得ない唄が存在している。

【例歌】

有馬 ありま

露になりたや袂の露に、消えぬ憂身(うきみ)のかこち草、何を種とか我思ひ。

星になりたや七夜の星に、橋の紅葉の色ふかく、掛けて願ひの糸の縁。

──流行唄、江戸中期流行、『はやり唄変遷史』

[メモ] 主題の有馬温泉とはどこがつながっているのだろうか。謎歌の一つ。

軍歌節 ぐんかぶし  

風にひらめく簪の、(かをり)もゆかしき薔薇の花、俤さへもうるはしう、あれはいづくの誰なるぞ、問はゞ教へと思へども、流石にそれと問ひかねて、ためらう内に汽車ははや、住吉神崎打ち過ぎて、もはや梅田に着きにけり。

程や男が好いとても、二度と惚れまい女房持ち苦労の多いは厭はねど、末は比翼の契りさへ、かはす目的(あて)さへ仇憎や、通ひ明石に鳴く千鳥思ひのいやに増すばかり、血を吐く辛さ涙雨、かはくひまさへなかりけり。

現在卑しきその身をかくし、うまく化けたる華族様、実真身の房江嬢、袖にして退け平磯の、海辺を散歩する君江、付けつ廻しつ高浜が、「モシ君江さん、貴方はほんとに罪ですよ僕のラブをばどうします。」どうでも思ひのいや増すからは、今日はこのまゝ帰しやせぬ、ピストル片手に威嚇(おど)しつけ。

──三味線唄、大正十一年前後流行、『明治年間流行唄』

 

月星の唄 つきぼしのうた

月と星、それらにかかわる気象など自然現象を唄に仕立てたもの。

【例歌】

墨絵の月 すみえのつき

マヘビキつゆそむる、のべのにしきの色〳〵を、ふみわけゆけばかすかなるあやしの竹のあみ戸のそとも、もれてうつろふ山の井の二上り水手にむすべば月またやどる「つらき野分に、ふきさそはれて、すみゑにかきし松風の「音やきぬたをそへぢのゆめに手事三下りなれてながむるわが心〳〵、なぐさめかねつさらしなや、おばすてやまにてる月をみて。

──長歌手事物、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ]所は姥捨ての山、明るい月光のもと広がる夜景色に想いを募らせている。

月の唄〔鳥取県〕 つきのうた

〽お月さんは何ぼ、十三七つ、七折り著せまして京の町に出したら、鼻紙落し、笄落し、誰が拾つたか、向ふの(うち)の息子が拾つた、笑つてもくれず、泣いても呉れず、とう〳〵呉れなんだ。(鳥取市)

──わらべ唄、近代に採録、『日本歌謡集成』巻十二

[メモ] わらべ唄・童謡にはつきに関する唄が極めて多い。

 

テーマソング theme song

 日本語にいう「主題歌」で、決められた主題に沿って作られた歌謡。ほとんどが詞先(作詞先行)となる。

 ただし「映画主題歌」「ミュージカル主題歌」等の場合は、ここにいう狭義の主題歌として扱わない。

 

YOU TUBE

 

花の街 *昭和224月、NHKラジオ「私の本棚」テーマ曲に

 

伝承異調 でんしょういちょう

人の口から口へ、記録から記録へと伝わり移りゆくたびに改変されていく歌謡。

したがって最新のものは元唄の詞とくらべ大幅に変わってしまう例が多い。ことに外来唄の場合、言葉の曖昧さも手伝って、この傾向が顕著である。このことは、少なくとも歌謡詞において、絶対的な元詞と称せるものは、元原稿以外には断定しえないことを示している。「かんかんのう」を例にその変容ぶりを見てみよう。

【例歌】

かんかんのう〔伝承異調〕  藤沢衛彦筆

〽かんかんのうきうのです、きやきうです、三(じよう)ならへ、さあいほふみいかんさんめんこか、おはをでひうかん、さんさんとてつるつん。(日本歌謡類聚─大和田)

YOU TUBE

[メモ] 九連環」の元唄とも比較を。

〽かんかんのうきうのです、きはきでせえ、さんしよならね、さあいほうちんかんさん、面こが十(はこ)でひうどんちやん。(牧牛舎桃林口伝)

〽かんかんのう、きうのれす、きうはきうれんす、さんしよならゑ、さあいほうにいくわんさん、いんびんたい〳〵、やああんろ、めんこがこかくてていくわんさん、もゑもんとはえ、びいほうひいほう。(守貞漫稿)

〽かんかんのうきうのです、きはきです、さんしよならへ、さあいほうちいさいさん、めんこがおはこでひうかんさん、つるつてとん。(進久江戸日記)

〽てつかうにいくわん、さんきんちうめしいなちうらい、日やうつうほうしいらあはんばあ、ちいさいさんはんひいちいさへ、もへもんとはいいひいははうはう。(浮れ草)

〽おぼちやのきくらげに、胡瓜(きうり)茄子(なす)木の芽です、山椒(さんしよ)胡椒(こせう)大根(だいこん)、人参牛蒡(ごばう)いんげん、そら豆慈姑(くわい)松露(しようろ)蓮根(れんこん)ほそ根に銀杏(ぎんなん)、さとうの芋ではぶうすう〳〵。(浮れ草)

(以上、出典掲出順)

──外来唄、『はやり唄変遷史』

[メモ] 出典ごとに詞の異なるのがわかるが、加えて現代表記への勝手な改変を加えたものが氾濫しているため、考証の点ではまったくお手上げである。

 歌留多まで出回った〔年代未詳〕

 

童子物 どうじもの

酒呑童子や坂田金時など、童子伝説を主題にした歌謡をいう。

【例歌】

公時酒の酔 きんときさけのえい     竹島幸左衛門詞

〽峰の松風通ひきて、(きん)のしらべと疑はる、一の人大臣はしよだいない人で、え踊らぬ我に踊れと(おしや)る、(をどり)でふりを見せまゐらしよ〳〵、くわんこや〳〵くわんこ〳〵くわんこや、てれつくに〳〵、からりちんに、ちんからり、しやつき、しや〳〵しやつき〳〵しやつきしや、ここを開けなさい、開けずば戻ろ〳〵、忍ぶ其の夜の通路(かよひぢ)に必ずござせとさ、様の(おもかげ)、深山の奥を通りて見れば、いたいけしたる花あり、(をぎ)(はぎ)(すすき)刈萱(かるかや)紫苑(しをん)りんだう、数の花折りせたらおうて背負うて、藁で髪を結うて、腰に鎌差いて、つくつくばうて、かいつくばうて、つい〳〵とりなりは、柴刈る男の子のなりふりは、みめの悪いしやつ面で、側にころりころ〳〵り、〳〵〳〵〳〵ころ〳〵りとも寝たるは、毬栗(いがぐり)(ほお)(ひげ)天神(てんじん)(ひげ)、今朝打ち(おろ)しのあら(むしろ)、がんきやすり鮫肌(さめはだ)つい突くやうで、さすやうで、いつくにばつくに寝られぬ、誓文(せいもん)のつつ立て申すべい、弓矢八幡(はちまん)腰骨(こしぼね)粉微塵(こみぢ)に打つて、屍はかきに晒すとも、梢頭(きのうら)に寝よ、(あぶな)い事だとさ、変り果てたよ、しよだいなや。

──二上り地歌、江戸初期作、『落葉集』

 大江山酒呑童子絵巻

 

同題別唄 どうだいべつうた

それぞれ独立した唄で、題名は同じだが作詞作曲者あるいは内容がまったく異なる歌謡。

近代歌謡に目立って多く、○○節を○○武士としたような類歌まで含めると、その数は数えきれないほど多い。たとえば、同じ題の「梅尽くし」でも、〈御祝儀三吟〉のそれと〈尽し唄〉のそれとでは別唄である。

参考までに一組だけ例に引いておく。

【例歌】

ひやひや節 ひやひやぶし

♪通はんせ通はんせ、滅法(めつぽう)矢鱈(やたら)に通はんせ、道には汽車あり人力車あり、百里千里は何のその、てもまあ便利な浮世じやねえ、ヒヤヒヤ。

♪早うかへせば、おうちの首尾は、よからうけれども、かへしやいつ又逢へるやら、首尾はわかりやせぬ、どうしても今夜はかへしそうせぬ、てもまあしんなき浮世だね、ヒヤヒヤ。

♪意見しやんす意見しやんす、めつぽやたらに意見しやんす、親たちや木の股からでも産れしやんしたか、どうしたら気儘に添はれよか、てもまあ辛気(しんき)な浮世だね、ヒヤヒヤ。

──流行節、明治十八・九年頃流行、『明治流行歌史』

ヒヤヒヤ節 ひやひやぶし  

♪雨と霰と鉄砲の玉が飛び来るけれど敵を打取りましようかノウコレ大将さん大隊中隊小隊連隊皆進め分捕高名又しようとて打出したかヒヤヒヤ。

♪異見しやんすいけんしやんすメツポやたらにいけんしやんす親達木のまたからでも産まれさんしたかトウシタラ気儘に添はれよかテモマアしんきな浮世じやねヒヤヒヤ。

♪今宵帰さにやお宅の首尾は悪かろけれど帰しやいつまた遭れる首尾があろふやら、どーしたら気儘にそわりようかテモマアしんきな浮世だねヒヤヒヤ。

──流行節、明治二十八年刊、『珍魚落雁羞月閉花』(大阪・東雲堂版)

[メモ] 承前、十年後の亜流歌。雑載中には贋作に近い詞のものもある。

 

二上り にあがり

三味線の調弦法で、本調子二の糸を一音高くした調子。また、それで弾く音曲。

【例歌】

狂らん奥 きようらんおく

〽おのやきみさまは。いつのいつからあひもせで「沖のふねほどこがりやせん。よいは見もせで。夜中にやあはぬ「なかぬ。からすのきぬ〴〵は。アヽしようてこいわけしらぬ「みだれみだるゝ峯のしら雪さら〳〵〳〵〳〵。あなたへもつれこなたへさそひ。しどもなくこそ見にけり。

──二上り上方唄、『粋の懐』三篇(文久二年)

沖の大船 おきのたいせん

〽沖の大船なア。磯ばたに。三十三だんの帆をまきあげて。おもかじとり梶よきあらし。むかうの。島から女郎衆が出てきてまねくやら。船頭(せんど)(しゆ)は見るよりろを立て。いかりをざんぶとみなといり。よかねヱヨカ〳〵。

──二上り上方唄、『粋の懐』五篇(文久二年)

[メモ] 茶利舞や座敷の騒ぎ唄として明治まで流行した。

 

YOU TUBE

 

二上りメドレー *小山貢山

 

八景物 はっけいもの

中国の名景譜「瀟湘(しようしよう)八景」に擬して、わが国の八景をつづった歌謡。

「近江八景」や「鎌倉八景」がよく知られた定番歌。ときには掲出の例歌のような興味深い内容のものも見出せる。

 近江八景 三井晩鐘〔歌川広重画〕

【例歌】

悪所八景 あくしよはつけい                 

何ぼ(せき)やるとも逢はなけりやならぬ、()だと()やらば出直してやりかけよ、及ばぬ恋を瀬多にかけ橋、ぱつと立つ名が浮名のうきにさ、綱引く〳〵よね達は、やんれ可愛(かはゆ)らしやの、えい〳〵叡山のお山は、腐れ伊達者(だてしや)ぢやないか、やれ雲の帯、鹿の子まだらに雪のふり袖、げに〳〵江天のぼつとり者、志賀の唐崎〳〵代参(だいまい)り、引つ連れだつてつい連れだつて、参る女は、男ほしさに宿願かかか掛けたえ、利生(りしやう)を待つぞ一つ松、その木の(もと)で、さすぞ盃やつこりや〳〵〳〵、飲めさ()ださ、ぞめき騒ぎし有様を、見たか平沙の(らく)遊び、禿(かぶろ)遣手に太鼓持、瞽女(ごぜ)や座頭に按摩とり、さても悪所の斉頼(せいらい)やと、ばつと言うて、(ばん)(しゆ)〳〵ばん〳〵しゆ、雨も降らぬに高足駄、蓑着て笠きて棒突いて、行灯(あんどん)()げてどんがらり、どんどこ鳴るは夜店じまひの太鼓持、どんがらり何者ぢや、あれは遠寺(ゑんじ)の番太郎、さつては別れの涙こそ、さつさ、濡れて、しっぽと濡れたが瀟湘(せうしやう)の、夜の雨にも勝るべし、(あく)る日は二日酔ひの作り(やまひ)で、親兄弟の見る時は、(まこと)らしげに洞庭(どうてい)の、あ秋の月とも()ひつんべし、いかに痴呆(たはけ)のなれの果て、うかりひよんとぞ見えにける。

──本調子地歌(騒ぎ唄)『松の葉』(元禄十六年)

 

囃子唄 はやしうた

歌謡のなかに詞調を整えるために挿入する意味のない言葉、または繰り返し短句を「囃子」といっている。詞章の全部あるいは大部分がその囃子で構成されている歌謡を〈囃子唄〉という。

囃子そのものは民謡や踊り唄などにつきものだが、囃子中心の歌というのほとんどない。宴席歌に多い「チョイナチョイナ」「アリャコラセ」「ソレソレ」などなじみ深いものもあるが、俗謡や民謡の中には本詞よりも囃子詞の量のほうが多いものもまれではない。

 俗曲の囃子〔昭和初期〕 

【例歌】

獅子踊 ししおどり 

〽ヤヽリヽヤエヤリヽ。リリヒ上ヽリリヒ上ヽヒ上ヽリ。ヤヽリヽヤユヤリヽ。リヽヒ上ヽリヽヒ上ヒ上上リ。ヤヽリヽヤエヤリリ。ヒ上ヒリヤリヽヤエウホ。ウホウホエヤリヽヤリヽヤエヤリヽヤリヽヤエヤリヽヤエウホウホウホフホウヤリヽヤエウ。ヤヽリヽヤエヤリヽ。ヒ上ヒリヤリヽヤエウオ。ウホウホエヤリヽヤリヽヤエヤリヽヤリヽヤエウホウホウホフホフホウヤリヽヤエウ。

──地歌、貞享四年成、紙鳶(いかのぼり)

[メモ] 「りんぜつ」という題の姉妹唄の内容も同様に似通った囃子の羅列である。

チョンキナ踊り ちよんきなおどり

♪チョンキナチョンキナ チョンチョンキナキナ チョンがよいやさで チョンチョンがよいやさ

──騒ぎ唄、明治二十四年頃流行、『日本近代歌謡史』上

津軽盆踊歌 つがるぼんおどりうた

♪松前の殿様笹舟にのせて (かろ)けりや沈む 重けりや浮きる ヤチヤクチヤノ モチヤクチヤ ヤチヤクチヤノモチヤダヘ ヤリゴダイデヤア ヲヲタマヤツサ ヲヲタマエコハトヲホダヤツサ シキリキ シヤコタン

──里謡、近代に採録、『続 日本歌謡集成』巻三

 

YOU TUBE

 

大畑囃子の雨乞囃子 

楽屋囃子 *豊年斎梅坊主連中

 

拍子物 ひようしもの

民謡や座敷唄などで大勢が手拍子を打ちながら歌うもの。

【例歌】

せうなら〳〵 そうならそうなら

せうなら〳〵口説(くぜつ)をせうなら、宵の内にしやれしや、(あけ)のからすがなくといな、中なほりするまのなひくちすうあいだにあけ、むかひのかごのしゆがやかましうゆふ、やかましい〳〵、やかましいのめい(ぶつ)(くり)きん(もち)

しやうなら〳〵けんくわをしやうなら、さめさや新介(しんすけ)、かりがね文七、五人組、ぬれがみ長五郎、はなれ駒長吉、黒舟の忠力(ちうりき)に、ざぜんの庄兵衛〳〵、庄兵衛のさへもん薄雲さ。

そよ〳〵風に そよそよかぜに

そよ〳〵風にさそはれて、はぎもあらはに寝乱れて、よい〳〵〳〵よいやさ、ありやさ、よいさ、やつとせい。

──三下り端歌、天明頃流行、『俗耳鼓吹』(大田南畝著)

[メモ] いずれも囃子に合わせて手拍子を打ったらしい。

 

ビラ本唄 びらぼんうた

近代、一枚ペラ紙に二折印刷た流行唄本。安っぽい歌の代名詞でもあり、派生唄や類歌を含め巷に氾濫していた。

【例歌】

あきれた節〔雑載〕 あきれたぶし 

♪なんぼ思案の外とは言へど 義理を知らない人でなし 真実あきれたねえ

♪二人手を取り都を後に どんなとこでも暮したい真実ね、あきれたねえ

♪手紙見たとて顔見なけりや 夢で見た方が未だましだ不実ね、あきれたねえ

♪逢て居てさへ届かぬ言葉 文に書ゝれるはずがない不実ね、あきれたねえ

三井(みい)の鐘より、三井(みつい)のお金 くれりや私も(ゴン)となる真実ね、あきれたねえ

♪大きな声だよ静におしよ 主にや知れぬか靴の音真実ね、あきれたねえ

──流行節、明治二十年頃流行、『あきれた節』(版元不明のビラ本)

あきれるねえ節〔雑載〕 あきれるねえぶし

義理や世間と云ふ様ぢや浅い、深くなる程無分別、真実ね、あきれるねえ。

主を帰してまた寐の夢に、枕抱きしめ眼に涙、真実ね、あきれるねえ。

手紙見たとて顔見なけりや、夢で見た方がまだましだ、不実ね、あきれるね。

主を待つ夜で(わし)や長けれど、余所は逢ふ夜で短かろ、不実だね、あきれるよ。

貴方一人の私ぢやけれど、妾一人の主ぢやない、不実だね、あきれるよ。

あなたの親切などから見える、フラフ〳〵の吹流し、不実だね、あきれるよ。

──流行節、明治四十二年頃流行、『明治年間流行唄』

[メモ] 前年に大流行した〈ハイカラ節〉の向うを張って作られたという。

 演歌のビラ本〔大正十三年〕

 

舞曲 ぶきょく

舞踊のための楽曲。

【例歌】

舞曲に擬して作る ぶきよくにぎしてつくる

久坂通武(玄瑞)

〽世はかり(こも)と乱れつゝ。赤根さす日もいとくらく

 蝉の小川にきりたちて。隔ての雲となりにけり

うら傷ましや玉きはる。内裡(だいり)に朝暮とのゐせし

実美朝臣に李朝卿。壬生沢四条東久世

其外錦小路殿。今うき草の定めなく

旅にしあれば駒さへも。進み兼てぞいをりつゝ

降りしく雨の絶間なく。涙に袖は(ぬれ)はてゝ

是より海山浅茅原。露霜わけてあしがちる

浪花の浦にたく塩の。からき浮世はものかはと

行かんとすれば東山。峰の秋風身にしみて

朝な夕なに聞なれし。妙法院の鐘の音は

なべて今宵もあはれなり。何時しか暗き雲霧を

はらひ尽くして百敷(ももしき)の。都の月おしめて(たまふ)らん

──舞踊曲詞、『新体詩歌』(文久三年)

[メモ] 高踏的な内容だが、新体詩の母体ともいえる俗謡寄りの歌詞である。攘夷派で親交の厚かった三条実美らが長州下りを余儀なくされたおり、一行を見送った久坂が作り一人吟じたという。

 

吹寄唄 ふきよせうた

〈まぜこぜ節〉〈五目〉あるいは〈埃叩き〉とも。いくつもの音曲を抜粋し、それらを一曲にまとめた俗謡。江戸後期に発祥した。

【例歌】

三十石夜舟 さんじゆつこくよぶね

〽伏見浜から舟漕ぎ(いだ)す、何とした、最早やお()ちか、お名残惜しい、何とした(船頭唄) 

伏見中書(ちゆうじよう)(じま)ナー、泥島なれどヨー、なぜに撞木(しゆもく)(まち)やナー、藪の中ヨー、ヤレサ、ヨイヨイヨーイ(船頭唄)

泣いてくれるなヨーそれ出る、今出る舟はヨー、綱も(いかり)もナー、手にや付かぬ、ヤレサ、ヨイヨイヨーイ(船頭唄)

ならの大仏さんをナー、横抱きに抱いてヨー、お乳飲ました、お乳母(んば)はんや、お(かあ)はんは、どんな大きなお母はんじや、一度対面がしてみたいナー、それもほんまか、ヨイヨイヨーイ(船頭唄)

(まい)紺屋か、紺屋の手間かヨー、お手がナー、染まればあいとなる(糸繰唄)

しがらのナー、はゝばいの、お月さんで、とばられたんヨー(麦打唄)

最早明け方ヤレノー、もう来はすまい、背戸で狐がコンと鳴くナヨー(牛追い唄)

仇な祇園参りの二人連れ(地歌)

──雑唄吹寄、明治初期流行、『上方演芸辞典』

ほこりたたき     三代目 桂文枝口演

♪春景色、浮いて鴎の一(清元梅の春)「かぞふる指の寝つ起きつ(端唄秋の夜) 「わしが在所は、京の田舎の片(ほと)り、八瀬や大原や芹生(せりふ)の里 (常磐津双面(ふたおもて)法界坊) 「たとへこの舟渡せばとて、そなたに難儀は掛けまいもの、思ふ男を人に寝取られ、私は逢はねば焦がれ(じに) (新内日高川) 「心は矢竹藪垣の、見越しの竹を引っ()ぎ槍、小田の (義太夫(たい)(じゆう))「河原に(つど)ふ夕涼み (端唄京の四季) 「玉屋が取り持つ縁かいな (小唄縁かいな) 「探れば障る小柴垣、こゝはお庭の枝折門、扉を叩くにも叩かれず、不孝の報いこの垣一重が(くろがね)の (義太夫安達原三段目袖萩) 「紋はたしかに(みつ)(がしは)、呼んで違へば何とせう(文枝の当て込み唄) 「どしょいぞいなアさあさ捨てとけ()っとけ (端唄捨小判) (後略)

──雑唄吹寄せ、大正頃公演、『上方演芸辞典』

 

節付 ふしづけ

〈詞句先行〉とも。初めに詞が出来、後から曲節が付けられる歌謡形式。日本での歌謡はほとんどが〈節付〉から誕生している。

【例歌】

隅田川隅田川 すみだがわすみだがわ           河竹黙阿弥詞   清元お葉曲

〽隅田川隅田川 初霜の来て肌寒く 鷺に烏に都鳥 枯野に紅葉夕景色 乗合の船ぢや 乗合の船ぢやえ。

──本調子端歌、安政六年作、『端唄大全』

[メモ] 黙阿弥から節付をせかされたお葉は一日で曲を作ったという。

──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

 清元お葉像

YOU TUBE

紅屋の娘  べにやのむすめ       佐藤千夜子唄   野口雨情詞

紅屋で娘の云ふ事にや さの云ふ事にや

春のお月様薄曇り トサイ〳〵薄曇り

お顔に薄紅つけたとさサノつけたとさ 

私も薄紅つけよかな トサイ〳〵つけよか

今宵もお月様空の上 サノ空の上

一はけさらりと染めたとさ トサイ〳〵染めたとさ

私も一はけ染めるから サノ染めるから

袂の薄紅下さいな トサイ〳〵下さいな

──日活映画「紅屋の娘」主題歌、昭和四年封切、日本ビクターレコード譜

[メモ] 大正九年に雨情が発表した「春の月」の詞に、大正十三年中山晋平が曲を付けた。

 

節なし唄 ふしなしうた

〈無曲歌〉〈素見(すけん)唄〉とも。歌詞として存在するが何らかの事情で曲が付けられていないもの。「語り唄」の形式をとる。

【例歌】

厄介節 やつかいぶし  

♪わたしが(とと)さん(かか)さんは、幼い時分に世を去られ、それから他人に育てられ、七歳の時から了鬢(まめ)になり、十四の春から店に出て、赤襟赤熊の仇気(あどけ)なく、赤い仕掛着(しきせ)で店を張り、お客の登楼(あがる)を待つけれど、(かみ)から(しも)まで玉揃ひ、お客の迷ふも無理ぢやない、ぞめきの客か素見(ひやかし)の、時稀(たま)にはお客もあるなれど、わたしの頼みにやなりやしない、早く女郎を廃業し、堅気の丸髷(まげ)(しゆ)()の帯、眉毛落して主の側、春は上野や向島、帰りの奢りは八百(やほ)(まつ)で、互に手を取り手を引かれ、鴛鴦(をしどり)気取りで折詰(をり)を下げ、その儘廓内(くるわ)へ廻り込み、格子に寄つて張見世の、朋輩女郎衆に羨ます、もしも添ひ遂げられぬなら、末は二人で心中か、厄介ぢや、厄介ぢや

♪わたしや(とと)さん(かか)さんに、十六七になるまでも、蝶よ花よと育てられ、それが(くる)()に身を売られ、月に三度の御規則で、検査なされるその時は、八千八声のほととぎす、血を吐くよりもまだ辛い、今では勤めも馴れまして、金のあるお方に使わする、手管手れんの数々は、恥かしながら床の中、足はちりちり藤の(つる)、さうすりやお客もお惚気(のろけ)で、一度来るとこ二度も来る、二度来るところは三度来る、朝来て昼来て晩に来て、さうして親方しくじって、つかひ果たして(とめ)の客、空虚(から)の財布を頸に掛け、破片(かけ)たお椀を手に持つて、剰食物(おあまり)やないかと門に立つ、その時や知つても知らぬ振り、それが女郎衆のならひなら、つらくも高見の見物だ、厄介ぢや、厄介ぢや

──物語唄、明治三十七年頃作、『明治流行歌史』

 

復活歌 ふっかつか

過去にはやった唄を復活させたもの。今にいうリバイバル版である。

原則として、曲詞は旧作をそのまま用いるのが慣わしである。

【例歌】

沖の船頭衆に おきのせんどしゆうに

〽沖の船頭衆にさらし三尺貰ふて、わしがかぶろかとのさにやろか、わしが(かぶ)るなら白でもよいが、殿さにやるのは白では悪い、何に染めてと紺屋(こんや)に問へば、一に朝顔二に杜若(かきつばた)、三に下り藤、四に獅子牡丹、五ついやまの千本桜、六つ紫鹿の子のしぼり、七つ南天、八つ山吹よ、九つ小梅をちらりと染めて、十でとのさの心いき染めて、やんれ。

──復活歌、元唄は越後の古里謡、江戸で文政八年復活流行、『小歌志彙集』

囀り歌 さえずりうた

ひわや山がら、数の小鳥の囀づるやうは、ちつちくちつちくち、くや、ちしやふしやぜんぞろり、ぜんぞろぜんぞろぜんぞろや、ぜんぞろりとも、何より以ておもしろしぞんずるべい、このえい、この春の景色は、えいこのさえいこのさ。

──復活歌、元唄は延享三年刊『楠昔噺』所収、文政十一年復活流行、『小唄の衢』

 

ペラ本唄 ぺらぼんうた

「ペラ本」とは、明治時代に売価数銭の一枚刷り歌詞を載せた印刷物。

唄のほうもも低級なものが多い。

【例歌】

おもしろやあ節 おもしろやあぶし

たんと売れてもまた売れぬ日も、同じ起源の風車、あきなひ大事にしやさんせ、コノおもしろやア。

──流行節、明治五、六年頃流行、『明治流行歌史』

[メモ] 近世・近代の町の風物詩を彩った風車(かざぐるま)売りをうたったもの。

ひやひや節替 ひやひやぶし/かえ

♪かよわしやんせ〳〵 みちにばしやある じんりきぐるまある せんりやにせん なんのその てもべんりなうきよじやね てもべんりなうきよじやね ひやひや

♪さくやこのはな まだゆきなかばでございやすけれども はるははなさく のうこれ うめのはな どうしてもうぐひすとまらして ほうほけきようと なかせたい ひやひや

♪かせがしやんせ〳〵 めつたやたらに かせがしやんせ かせぎやみのりて はんじようする てもまあ ふたりで ともかせぎ ひやひや

♪みづもねいりし うしみつころでございますけれども ぬしとふたりは のうこれ ねやのうち てもうれしいよのなかじや ひやひや

♪あのひとばかりが おとこでないといわんすけれども わたしやあのひとばかりがおとことおもひますのふ どうしたら みままにそわりやかな てもまあ しんきなうきよじやな ひやひや(抄出)

──替歌、明治二十一年頃流行、『しんぱんひやひやふし』

おつだね節 おつだねぶし 

好いたお方と合乗人力車、くらい処へ寄つて引け、車夫五銭はづむ、さわる手さきに笑ひ顔、オヤおつだネー。

広い別荘で御新造と二人、洋食ブランデイ、麦酒葡萄酒ベルモツト呑むで差向ひ、嬉しと思ふたら目が覚めた、オヤおつだネー。

──流行節、明治四十一年頃流行、『明治流行歌史』

 

翻訳唄 ほんあんうた

古歌や古典名句などを端唄に翻案した唄。

例歌出典より〈潮来節〉三四・四三・三四・五音に見る古歌のそれを拾ってみよう。

【例歌】

翻案唄 雑載

なまじなまなか(はじめ)がなくば、かほどこがれはせぬわいな。(拾遺恋一─あふことのたへてしなくばなかなかに人をも身をもうらみざらまし)

ぬしのこぬ夜ははや寝て夢よ、あふて思ひをはらしたや。(古今集小町の歌─うたたねに恋しき人を見てしより夢てふものはたのみそめてき)

つらのにくさよあのきり〳〵す、おもひきれ〳〵きれとなく。(古今六帖─かりがねの羽風を寒みはたたりのくだまく声のきりきりとなく)

♪ぬしのくるよはよひからしれる、しめたしごきがそらとける。(万代集、藤原垣子─うたたねにまちや明かさんしたひものとけぬるよひは枕だにせず)

♪筆にいはせて硯にたのみ、文に(なかだち)させた中、わすれさんすな紙の恩。(千載集─する墨もおつる涙にあらはれてこひしとだにもえこそかかれぬ)

──翻案唄、年代不定、『潮来考』

 

YOU TUBE

 

冬の星座 *原曲はアメリカン・ラブソング「モーリーダーリン」、これを堀内敬三は格調ある文語体の翻案とした。

忘れな草をあなたに *菅原洋一 

月影のナポリ *原曲はイタリアのミーナの持ち歌、日本語は森山加代子がカバー

 

本歌連ね唄 ほんかつらねうた

和歌を借用し何首か連ね長歌としたもの。

歌謡としての芸がなければ味もなく、剽窃に近い手法であり、感心できない。

【例歌】

YOU TUBE

難波獅子 なにわじし 

〽君が代は千代に八千代にさゞれ石の巖となりて苔のむすまで「立ちならぶやつほの椿八重ざくらともに八千代の春にあはまし「高き屋二のぼりて見ればけぶり立つ民のかまどはにぎはひにけり。

──本調子長歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

[メモ] 古歌三首をそっくり連ねて祝賀歌に仕立てたもの。

 

本歌取り唄 ほんかどりうた

和歌をそのまま引用し歌詞に仕立てたものを〈本歌取り唄〉と称する。この類はめったに見かけることがないので希少価値が生じる。

【例歌】 

大和琴 やまとごと          御堂上方詞

〽初秋風の草枕、ゆふしの山の下の()(もと)に、落つる一葉の夕露も、身にしむ頃の宿()ひて、まどろむ夢に誰としも、知らで身えくるたをやめの、思へばありし(いにしへ)に、聞きつる桐の大和琴、猶も思ひは朽ちずして、現れけるか「いかにあらぬ日の時にかも声知らむ、人の膝の()我が枕せんと、一首の心をのべたりし、やがて返しの言葉にも、言問はぬ木にはありとも美はしき、君が手慣(たな)れの琴にしあるらし、「それは幾年(いくとせ)古ることを、めづらしや定家卿の、恋の心に寄せ給ひて、昔聞く君が手慣れの琴ならば、夢に知られて()にもたてまし「これだに今は遠き世を、猶語らんと言ふがうちに、秋の夜長き仮寝の床「桐にしたゝる軒の雨、琴の音にやと聞きなせば夢は昔に覚めにけり。(傍点・傍線は本歌で、荻生印)

──地歌(長歌物)『琴線和歌の糸』(延宝四年)

[メモ] 大伴旅人の二首と藤原定家の一首が詠み込まれている。

 

本行物 ほんぎょうもの

歌舞伎脚本において、能または狂言から一部を取り入れたもの。歌舞伎唄を含めての称である。

【例歌】

竹の雪 たけのゆき

〽ふびんなるかな月若は、継母(ままはは)に憎まれて、あはれや父の留守の間に、継母にいひつけられ、(あた)りの竹の雪を払ひ、身に着る(きぬ)は芭蕉葉の、破れし袖の風渡り、雪寒うして払ひかね、帰らんとすれば門を()し、明けよと叩けど音もせず、あら寒や堪へがたなやな、かくて更けゆく月若は、積もれる雪に埋もれて、遂にむなしく成りにけり。ほんの母親聞き伝へ、姉諸共に走り来て、子の別れ路を悲しみて、竹の雪掻き分くる。すはや死骸の見えたるは、いかに月若、母上よ、姉こそ我れと叫べども、答ふる声はなかりけり。

──本調子地歌、江戸中期作、『日本歌謡類聚』

[メモ] 謡曲「竹の雪」を基に作った作品で、月若が継母にいじめられついに凍死する悲劇のくだり。

 

本調子 ほんちょうし

三味線音楽の基本調子。一の絃と三の絃は一オクターブ高低に調律できる関係にある。

江戸長唄の場合、三下がりを基調に、また浄瑠璃は本調子を基調とする。

【例歌】

小栗 おぐり                          近松播磨詞

いつはりあらじほんぐうの湯もとをさして 

 ひくくるま「てるてひたちがものおもひ、さしもいぶせきがきやみのつまにひかれてよいさようきなんぎ、そのおこりとてほかならぬ「つれなきをじごのしわざにて、毒酒をすゝめはかなくも、かゝるすがたのよ、かなしやと、みるめなみだにくれながら、のふ〳〵人々きゝたまへざいごうふかきこのくるま、ひとひきひかせばせんぞうくよう、ふたひきひかばまんぞうくよう、くわうだいむへんのくどくなり、ひけやほとけのみてのいとながきたびぢのいくどまり、ゆのみねにこそつき給ふ。

──本調子端唄、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

つがいはなれぬ 

〽つがいはなれぬあのおし鳥を見るにつけてもかわゆらし。はやうめうとになるならば。それこそよい〳〵よいやな。

──本調子端歌、江戸中期作、『粋の懐』二篇

《参考》

俗楽旋律考「二 三味線調子及都節音階ノ事」

上原六四郎筆

三味線ニ本調子・二上リ・三下リノ三調子アリ。ソノ名ノ(よつ)テ来ル所ヲ考フルニ、(けだ)シ古来専ラ行ハレシハ本調子ノミナリシニ、中古二上リヲ発明シ、次デ三下リヲ発明シテヨリ、古来ノ調子ヲ基本トシ直チニ之ニ本調子ノ名ヲ授ケ、第二ノ調子ハ本調子ニ比シテ第二絃ノ音高ク、第三ノ調子ハ第三絃ノ音低キヲ以テ()クハ(なづ)ケシナラン。方今ハ其他ニ、三三下リ(一名六下リ)・一下リ・一上リ・三上リ等ノ数調子アリト(いえど)モ、一下リヲ除クノ外ハ、旋律上ノ必要ニ依リテ成立セシニアラズ、云ハヾ奇ヲ好ミテ(ことさ)ラニ作リシモノニテ、其旋法ハ皆前記三調子ノ一ニ帰スルヲ得ルナリ。故ニ(ここ)ニハ、本調子、二上り、三下り、及ビ一下リノ四調子ニ就テ、先ヅ都節旋法の如何(いかん)ヲ論ゼントス。

『俗楽評論』上原六四郎(金港堂・明治二十八年)

 小唄『回り燈籠』本調子  

山田蔦舎・詞

    春日とよ・曲 〔昭和十七年発表〕
回り燈籠ゆらゆらと
波がゆがんで船が来る
おかにゃ人力花電車
犬も負けずに走るなら
姐さんお座敷お急ぎか
裾もほらほら川風に
ぽんと花火が散る波が
また廻り来るくるくると
ほんに浮世は回り持ち

 

YOU TUBE

 

「梅は咲いたか」(本調子) *藤本二三吉

 

前唄付 まえうたづけ

地歌や筝曲で、長い演奏に入る前に入れる前唄。クラシック等でいう序曲に相当する。

【例歌】

狐火まへ歌 きつねび/まえうた

〽月はつれなや、はやあかつきのかねのこゑ、さらば〳〵の、こゑもたえゆくをだのはら、おくりかへせば、ひえの山風みにしみて、なたねの花のうらがれ、けさのわかれに、つきをたもとにのこいて、あるかなきかの、しゆびを思ふがいのちさ、恋のをぐるま、まはるをのこのあれかし、心をのせてあはふに「かぎりある身のかぎりをしらで、かひもなき世をうちなげき、なんのいんぐわにしやばに来て、いきてそはるゝ身ではなし「月をみばやとちぎりし人も「こよひそで、をやし「ぼるらん。

 [メモ] 前唄に続き次の本曲が演奏される。

きつね火 きつねび

あだし、この身をや、けむりとなさば、せめてくるわの里ちかく、くるわのや、くるわのせめて、せめてくるわの里ちかく「なにを思ひにや、こがれてもゆる、のべのきつねびさよふけて、きつね火や、きつねび野辺の、のべのきつねびさよふけて。

──本調子端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

 

見立唄 みたてうた

単独または複数の抽象的内容の事柄または普段なじみの薄い事柄を、一般によく知られた共通の特性をもつ事物に譬えてわかりやすく伝える技法を「見立」という。

見立は暗喩表現の一つであり、和歌をはじめ俳諧・戯作・舞台詞章など文芸全般にわたって用いられ、それらのほとんどが多彩に言語遊戯化されている。

この見立を歌謡詞に取り入れたものを〈見立唄〉といっている。端唄・小唄の類に非常に多くの例が見られる。

【例歌】

とまりぶね

とまのすきまにもる日かげ、たよりなきみの頼りになれば「ひとのことばの、ちからぐさ「むすぶひたちのひもとけて、ぐちなせりふは恋のはな、さかりもけふかあすのよに、なさけあづける心のにくさ、いうてうらみなきあかす、ちどりのこゑもわがそでも、なみをまくらにとまりぶね。

──二上り端唄、江戸中期作、『新大成糸のしらべ』

[メモ] 浦辺につながれた頼りない泊り舟に恋するわが身を見立てている。

姉妹 あねいもと

花鳥(はなどり)の、名にくらぶれば梅は先づ、花の姉君桜は色の、春を深むる山ほととぎすいま(ひと)声と待つ(ねや)の戸も、たたく水鶏(くひな)に明けゆく空の、野辺になまめく女郎花(をみなへし)、菊の下露汲む川水に、鴛鴦(をし)の思ひ()妻とふ千鳥、千代の契りはなよ竹の、姫松今はろうてう(篭鳥)、名に立つまでも、立ち交じるこそ都なりけり。

──三下り・二上り端唄、江戸後期作、『日本歌謡類聚』

[メモ] 詞では梅と桜を姉妹に見立て、さらに他の肉親を草木に見立てて配している。

 

土産唄 みやげうた

旅が不便だった江戸時代以前、遠い場所へ旅して帰った土産話を唄につづったもの。

【例歌】

名所みやげ めいしよみやげ

〽水無月の初旅ごろもきて見れば、こゝは住吉あをによし、ならざかこえてゆふぐれの、空も静かにじやくめつゐらくとつげ渡る「これぞ名にあふ大仏の、かねごともれて高まどのよそにうき名や立田山、みわの山路のもすそのいとの、いとゞふるさとかすがのやしろにしばしこの手をば、あはせかゞみのさこきよく、あれ〳〵南にくものみね、あつさしのぎのみかさ山「月のなゝせのあすか川、変るや夢の数そひて、名所〳〵の「みやこのたつみ、宇治の川づらながむれば「をちにしろきは岩こすなみか、さらせる布か、雪をさらせる布にてありそろ「しづの女がはだもあらはに「よそねじま、なれし手わざに玉ぞ散る、なみのうね〳〵しら玉ぞちる「あらおもしろの景色やなあらおもしろの景色やなわれもいへぢに立ちかへり、つとにかたらん花の家づとに語らん。

──地歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

江戸土産 えどみやげ          百喜詞

〽かりそめの、夢も浮寝の仇枕、結ぶ契りはふかみぐさ、花にたはるる越後獅子、笛や太鼓の拍子よし、つく杖たよりに都をさして、のぼる法師のからごろも、きつゝなれにし在原の、(なり)も形もすきびたひ、月の(まゆずみ)むさし坊、七つ道具の七化けと、変れどおなじ色の道、芝もてあそぶ在所ながらも、相模の(あま)のえがおもよしや難波津の、浦々までもかけて見る、これ一軸の首相きさんは、国の守りの神かけて、栄ゆる春こそ目出度けれ。

──地歌、文化九年作、『日本歌謡類聚』

[メモ] 三世中村歌右衛門が江戸から五年ぶりに帰坂したさい、その土産話から作られた。

 

所縁唄 ゆかりうた

人と人、人と物事との縁のつながりや因果関係などを唄に仕立てたもの。

ただし、唄の背景事情の知識がないと、興冷めに終わってしまう。

【例歌】

矢部の善七 やべのぜんしち

〽矢部の善七大名ならば、竹の二俣(ふたまた)世は不思議。(義残後覚)

織田の源五 おだのげんご

〽織田の源五は人ではないよ、お腹めせ〳〵めさせておいて、我は安土(あづち)へ逃ぐるは源五、正月二日に大水()でて、織田の方なる名を流す。(義残後覚)

徳川様は とくがわさまは

〽徳川様は、よい人持よ、服部半蔵は鬼半蔵、渡辺半蔵は(やり)半蔵、渥美源五は首取源五。(武者物語)

──いずれも江戸小唄、年代不定、『はやり唄変遷史』

ズイトコリヤ節〔新吉原節〕 ずいとこりやぶし 

♪早野勘平が、火なはで火をつけて、猪と思ふたら二ツ玉、縞の財布に小判で五十両、妻のお軽さんがズイトコリヤ身を沈む。

♪僅か三巾の、蒲団の其中で、死ぬの生るの痴話喧嘩、傍で見て居る仲居は堪りやせぬ、色は思案のズイトコリヤ外じやもの。

♪紙屋治兵衛は、曽根崎其辺で、女房子供のあるなかで、衣類質におき小春を買ふといナ、色は思案のズイトコリャ外かいナ。

♪春は花咲く、青山其辺で、鈴木主水といふ人は、女房子あるに白糸買ふといナ、色は思案のズイトコリャ外かいナ。

♪お染久松、鬼門の(かど)屋敷、野崎まいりをかこつけて、粋な首尾して久松に逢ふといナ、色は思案のズイトコリャ外とやら。

──流行節、明治二十八・九年頃流行、『日本近代流行歌史』上

 

YOU TUBE

 

お吉物語 *カラオケ

お駒恋姿 *東海林太郎

お富さん *春日八郎

お夏清十郎 *三橋美智也 

貫一お宮 *松平晃・豆千代

知床旅情 *森繁久弥

徳利の別れ *上原 敏、赤垣源蔵の唄

浪子と武男 *伊藤久男・赤坂小梅

陸奥の吹雪 *キング男声合唱団

 

由来唄 ゆらいうた

物事の由来を歌にしたもの。

【例歌】

かぐらぞめ

〽ちはやふる神代のはじめ、そさのをの、あらきこころをにくませ給ひあまてる神のおんいかり、岩戸にかくれましませばとこやみの世となりにけり「よろづの神のなげかせつ岩戸の前に集りてかぐらをそうしたてまつるこれぞかぐらのはじめなる「ときにてんしやう、だいじんぐうすこしうちゑみ、給ひつゝ三下り「岩戸をひらきましませば人のおもてしろ〴〵とみゆる心のうれしさはおもしろきとはまうすなりけり。

──二上り端歌、『新大成糸のしらべ』(享和元年)

松風村雨 まつかぜむらさめ     神風館五代桜路詞

旅すがた、坊主は元は髭男(ひげをとこ)、仏も元はえびをりの、昔男の行平に、松に行脚(あんぎや)の行き暮れて、木の下蔭を宿(やど)とせば、今宵のあるじ松風と、よそに聞いても袖ぬらす、其の村雨のふり合せ、他生の縁も看経(かんきん)の、(おい)(いほり)に須磨の浦一人寝覚のあゝはれて、灘の塩くみ、なだの潮くむ浮身ぞと、見れば月こそ桶にあれ、影は二つの月は一つのうつくしさ、ゾツト身にしむ塩竈の、(のんど)かわかせて旅僧も、かたずを呑んで松島や、小島の海女の袖ならで、これは松風村雨が、塩焼衣いろかへて、かとりのきぬの裏見ても、かへらぬ昔なつかしき、行平の中納言、三歳(みとせ)はこゝに須磨の浦、みやこのぼりのかた身とて、御立(おたて)烏帽子(えぼうし)かりぎぬも、薄き(ちぎり)と思はれて、これを見る度にいやましの、思ひ草、忘れ草にもかたみこそ、今は仇なくこれなくば、忘るゝひまもありなむと、歌にもよみし塩ふきの、深き思ひの物狂ひ、アレ〳〵アレに我が思ふ、御立姿(おんたちすがた)若緑(わかみどり)、いやとよそれはそらめぞや、あれは松にて在原の其の人にてはなきものを、うたての人のいひごとや、

──伊勢音頭、江戸後期作、『わらべ唄民謡大全』

[メモ] 田楽能の「塩汲」より。須磨の浦に住む海女の松風と村雨の姉妹が在原行平から寵愛を受けたという故事にちなんで由来をうたっている。

YOU TUBE

ずいずいずつころばし  

ずいずいずっころばし 胡麻(ごま)味噌(みそ)ずい

茶壷に追われて とつぴんしゃん

抜けたァら どんどこしょ

俵の鼠がこめ食って チュウ

 ずいずいず

チュウ チュウ チュウ

おっ()さんが呼んでも

おっ()さんが呼んでも

行きっこなァしよ

井戸の周りでお茶碗欠いたの だァれ

──わらべ唄、江戸後期より伝承、『日本童謡事典』

[メモ] 将軍家御用茶の茶壷を運ぶ道中を材料にうたったもの。鬼決め遊びに歌われたものが広まった。

 ずいずいずっころばし道中NAVERまとめ公式ブログ〕

 

YOU TUBE

 

婦系図の歌 *「湯島の白梅」の副題

勤王春雨笠 

さらばハイセイコー *増沢末男

上海帰りのリル *津村 謙

高瀬舟 *五木ひろし 

毒消しゃいらんかね *楠木トシエ、モデルは新潟県西蒲原郡海浜地帯の「越後の薬売り」。当初の歌手は宮城まり子

東山心中 *島倉千代子

街の椿姫 津村謙

マノン・レスコオの唄 *佐藤千夜子

 

リメイク歌謡 りめいくかよう

 

YOU TUBE

 

異国の丘 *シベリヤ抑留者の伝承歌をアレンジ

ぞかれた花嫁(改訂盤) *星 玲子・杉 狂兒、1935

復活唱歌(カチューシャの唄)

ラッパ節時局替歌 *葭町 勝太郎

露営の夢替え *大東亜合唱団