チェッカー(ボードゲームの一種)

 

 

チェッカーのゲーム コンテンツ

チェッカーゲームの種類

チェッカー

チャイニーズチェッカー

哲学飛将棋

ドラフツ

ハルマ 

フォックス・アンド・ギース

リバーシブルチェッカー

────────────────────────────────

 

チェッカーゲームの種類 (配列はランダム)

チェッカー

チェッカー Wikipedia

ボードゲームのチェッカー(英: checkers)は、相手の駒を取り合うゲーム。色違いの丸い駒を使用する。縦横8マスのチェスボードを用いるものと、9マス、10マスの独自のボードを用いるものがある。ドラフツ(draughts)、西洋碁とも呼ばれる。☜書き出し

 

チェッカーゲームをやってみた YOU TUBE

チェッカーというゲームをやってみました。駒をナナメに動かし、相手の駒を跳び越すことで相手の駒を減らしていくゲームです。相手が反則をしたら、それを訂正することでゲームを進行させるシステムになっています。☜コメント

 

さまざまなチェッカーゲーム Flash Games Spot

*本書で紹介以外のチェッカー遊戯も載せてある。ただし、コンピュータゲームが多い。

 

チャイニーズチェッカー

チャイニーズチェッカー ニコニコ大百

六芒星の形をした26人用ボードゲームで日本では「ダイヤモンドゲーム」として広く知られている。26人用だが、3人で行われるのが一般的。ちなみにダイヤモンドゲームは和製英語で正式名称はこのチャイニーズチェッカーである。書き出し

 

哲学飛将棋

哲学飛将碁 Wikipedia

哲学飛将碁(てつがくとびしょうご)は、明治時代に井上円了が考案したチェッカーに似たボードゲーム[1]。従来の囲碁・将棋は勝負が決するまでに時間がかかるため忙しい時代にはそぐわないとして、競技時間が短く、さらに哲学の教育にも役立つゲームを、囲碁と将棋のルールを折衷して開発したとされている[2]書き出し

 

ドラフツ

アブストラクトゲーム「ドラフツ」とは? 篠原肇(しのはらはじめ)のブログ

世界のボードゲームと言えば何を想像するでしょうか?マインドスポーツ、世界には様々なボードゲームやマインドスポーツがあります。世界一多いといわれているのは、チェスです。日本では囲碁将棋が代表格でしょう。そんななか、チェス盤と同じチェッカー柄を利用したマインドスポーツに「ドラフツ」というものがあります。書き出し

 

序盤の定石「フォークロック」 YOU TUBE

国際ドラフツ(International draughts)の序盤における定石・フォークロックについての解説です。コメント

 

ハルマ 

ハルマ Wikipedia

ハルマ(Halma)は、2人または4人用のボードゲームの一種。1883年ないし1884年に、ハーバード・メディカルスクールの形成外科医ジョージ・ハワード・モンクス(George Howard Monks)によって発明された。名前は古代ギリシャ語で「跳躍」を意味する λμα から。書き出し

 

フォックス・アンド・ギース

キツネとガチョウ Wikipedia

キツネとガチョウ (Fox and Geese) は、1手ずつ交互に行う2人用のボードゲームの一種。書き出し

 

Fox and Geese Game  YOU TUBE

How to play Fox and Geese, a traditional abstract strategy game from Northern Europe similar to Halatafl. *コメント、画像解説ともに英文だが、動画を見るだけでもプレーのあらましがわかる。

 

リバーシブルチェッカー

リバーシブルチェッカー YOU TUBE

【リバーシのセットを10倍輝かせる方法~リバーシのセットで遊べるゲームを12個作ってみた~】という本の中で紹介するゲームの一つです。コメント