「一人一学マスター」のためのガイド

 

 

 

 

博「学」コレクション

 

 

──世界の○○学アカデミアを構築

 

 

            はるかなるアリストテレスの、足許で    荻生待也

 

            パピルス学から航空宇宙工学まで、公式「○○学」約2800項をガイド。

 

 

「学」の世界へ、ようこそ ──序に代えて──

 

 

学問の究めは尽きることなく、学林また、果てるところを知らない。

さらに世に存在する「──学」の多様なこと、いまさらながら圧倒される思いである。しかも目下、刻々と増殖中なのである。 

これら学問の一つ一つが、私たちを迎え入れようと待ち構えている。学問や真理は逃げはしないものの、歳は人をして「学べ。もっと学べ」と追い詰めていく。故に、「学成り難し」の思いは募るばかりである。  

ふだんなじみは薄いが、「()(がく)」という言葉がある。『論語』・憲問に「下学して上達す」とあり、学問は下から学ぶこと、のコツを意味している。すなわち、①身近にあって、②自ら興味を引かれ、③初歩的な知識が身に付く、ということを総括した金言である 

学問はすべて、この下学から出発する。「万学(ばんがく)の祖」であるアリストテレスも孔子もダンテも、菅原道真も、一夜にして高遠な学者にはならなかった

本コンテンツは学徒が学際にいそしむためのガイドブックである。延べ約2800アイテムの「○○学」を道しるべとして掲出してある。ガイドであるから、各アイテムの解説は全容がおおよそ把握できればよい、という基本を貫いている。いわば下学レベルを対象に「ほんの入口の説明」にとどめてある。膨大な数の「○○学」各々について、要領のよい説明がなされていれば本書の目的は果たせるはずだ。

したがって、学問論などさらなる詳細な内容を知る必要がある場合は、図書館や関係書ならびに見出し語リンク先の情報を利用していただきたい。

本コンテンツにはクラシックかつアカデミックな図版280点を収載。小見出し「──学」の参考になるだけでなく、つれづれの息抜きに見て楽しめる作品を多数選定してある。 

学の世界のふところは極めて深く、「学問に近道なし」もまた真理なのである。

いたずらに老成し、わが身の浅学なるをひしと感じる日々に、 荻生待也しるす

 


知らなかった○○学のなんと多いこと!

クイズ等出題で困ったら、これに決まり‼

 


学問を学問し研究するためののベストツール

 

特長

1 日本初のコンテンツ、類書はありません。

2 学名立項数約1400(同義語含め延べ約2800)もの○○学の定義づけ、体系化を実現 

3 所収典拠はNDCなど客観的権威あるものに基づく。

4 見出し「○○学」は原則としてWikipediaなど情報サイトにリンク。クリック一発でより詳しい知識が得られます。

5 図書館司書など学際ニーズか高い必携の書であるだけでなく、若者の学究や向学の指針として最適。

6 アカデミックな図版288点を挿入。

 

博「学」コレクションプラウザ上の仕様

 

題名●博「学」コレクション

編著者●荻生待也

製作者●おぎぶん工房

製作番号●おぎぶん e-book 06

製作年月●20175月 一部更新

カテゴリー●教養>総記>学問(世界)

内容構成●序言→「学」の対象→分類とNDCランキング→目次→学域基本用語の解説→本文→索引  *見出し語は原則としてWikipediaなど公的情報源にリンク

付録●日本の学会名一覧

系統構成●各系トビラ→学名見出し→英名等→NDC分類番号→略解→関連図表(説明文付き) 以上を原則構成とする。

本文の基本設定●A4判横書き、MSゴシック体10.5(見出し12) 20字×36行×2段/1ページ

収載学名数●1400(同義語等を含め索引収載約2800)

本編の挿入画像数●288(説明文付き)

電子仕様●原稿はWINDOWS 7 Microsoft Word2010によるデジタル化

ボリューム●全316ページ、61.4MB