ページの切り取りサンプル

本編のいくつかのチャンネルにおいて、見本となるような部分を切り取って掲げます。ただし、CD商品では2段組のレイアウトを、ここではわかりやすく1段組に変えてあります。

歌謡タイトルのうち黒いフォントはYOU TUBEに直接リンクしうるものを、赤いフォントはYOU TUBE側の事情により掲載が停止し聴取できない曲目であることを示します。

 

 

江戸時代から幕末・明治までの庶民愛唱、類題雜載俗謡群を賑にぎしく集成

 

 

Ch.4  俗謡〔類題雜載もの〕

 

 

江戸小唄 えどうこうた

 

 単に〈小唄〉とも。江戸時代に江戸に発祥し江戸ではやった小唄の総称。

 

近代以降、小唄といえば〈江戸小唄〉をさすまでになった。江戸の風物人情を細かに描いてるのが特徴である。なお、上方での小唄の場合は、「小歌」と表記を変えて用いる慣わしになっている。        

 

以下、例歌はいずれも江戸後期・幕末に流行した江戸小唄の雑載である。 

 

 

 

「お葉の小唄」色紙 江戸小唄の名手、清元お葉十六歳のときの作品 日本小唄連盟蔵

 

【例歌】

 

お江戸名物 おえどめいぶつ

 

お江戸名物火事喧嘩 花の吉原五丁町(ごちようちよう) 張りと意気地の心意気 宵越の(ぜに)は持たねえ江戸つ子の 生れぞこない金をため 明日(あした)は明日の風が吹く 筑波ならいに富士おろし 昨日北風今日南風 財布はいつも空ツ風 何とかなるさ世の中は 運はそのひの風まかせ

 

『小唄江戸散歩』

 

葉桜や はざくらや

 

葉桜や 窓をあければ山ほととぎす 又も鳴くかと待つうちに「かつを(かつを)」オヤ勇みじやと飛んででる 浮気性ではないかいな

 

『小唄江戸散歩』

 

大江戸の おおえどの

 

大江戸の 空に紅蓮(ぐれん)の狂い咲き 辻の太鼓に追われつつ ようようここに吉祥寺 吉三さま あれあれあれ あの(のろい)()を身一つに とがは覚悟の火喰鳥 (とう)(かつ)地獄にやかれても 焼き尽されぬ一念や お七緋鹿の子仇染の 燃えて色ます恋の花びら

 

『小唄江戸散歩』

 

[メモ] 俗に「お七ざんげ物」といわれているうちの一つ。

 

神田のなア かんだのなあ

 

神田のなア 鳶の若衆が勇みに勇んで鳶口揃えて ヤレ壊せソレ壊せ 向う奴はぶん撲れ 逃げる奴は構うなよ いやサ 男伊達だの ヤレコラサ 達引じやのと 云うちや妾を困らせる

 

『小唄江戸散歩』

 

忍ぶ夜 しのぶよ

 

〽忍ぶ夜はあちら向かんせお月さん、たまの御見ぢやになア、しんきらし

 

『江戸小唄の話』

 

ちるは浮き ちるはうき

 

〽ちるは浮き、ちらぬは沈むもみぢ葉の、影は高尾か山川の水の流れに月のかげ

 

『江戸小唄の話』

 

筆のかさ ふでのかさ

 

〽筆のかさ焚いて待つ夜の蚊やり火に、さつと吹きしむ涼風に、磯うつ汐のすゐな夜に、女浪男浪の女夫なか、寝つかれぬ夜は、なほ恋しうて、寝かさぬときを思ひやる

 

『江戸小唄の話』

 

草の葉 くさのは          河竹黙阿弥詞

 

草の葉に やどりし月も小夜風(さよかぜ)に 憎やこぼれてぱらぱらと 露の雫か 雫か露か 濡れて色増す野辺の色。

 

『柏葉集』

 

YOU TUBE

 

 

青柳の糸 *toyoshibakimi

 

仇な笑がほ *立花家美之助

 

お江戸日本橋 *桃山晴衣 

 

芝で生まれて神田で育ち *若久よし

 

新小樽小唄 *小唄勝太郎

 

としの瀬や *桃山晴衣

 

雪はしんしん・明日はお立ちか」 *春日と

 

 よ

 

柳の雨 *小唄勝太郎

鑓は錆びても *桃山晴衣

 

昭和で消え去った大人の歌謡曲群に限りないノスタルジアをささげよう

 

Ch.6  歌謡曲>昭和以降

 

哀歌 あいか

 

〈悲歌〉〈挽歌〉または〈エレジー〉とも。悲しみやもののあわれの情感を示す曲詞をいう。すなわち悲劇などが起きた場合に、悲しみの心情を聞き手に訴えるために、五七調など音韻美を意図した作詞法が効果的に用いられている。

 

 人生の喜怒哀楽うち「哀」に相当し、作詞者や歌い手の思い入れが深く、流行歌では格好の主題になっている。〈嘆き節〉とは紙一重の関係にもある。

 

【例歌】

 

YOU TUBE

 

七里ケ浜の哀歌 しちりがはまのあいか     三角錫子詞

 

一 真白き富士の() 緑の江の島

 

仰ぎ見るも 今は涙

 

帰らぬ十二の 雄々しきみたまに

 

捧げまつる 胸と心

 

♪病院唄            友菊詞

 

人も知つたる大阪の、処は難波の病院で、両親揃うてありながら、お傍で養生もできませぬ、皆さん私の振を見て、可愛やいとしと申します、よもやこれ程長いとは私も夢さら知らなんだ、何時も治療に上がりても、全快する期は更に無し、無理なお上の仰せには、こんな病院建ち上り、長い廊下も血の涙、こぼし歩くも親のため、山家育ちの私でも、こんな病院恋しうない、辛苦島田に結うた髪を、病院内では乱れ髪 

 

──哀傷歌、『売られ行く女』所収

 

[メモ] 源氏名を友菊と称した娼妓は、悪

 

性梅毒にかかり、世をはかなみこの一篇

 

の哀詞を残して死んだという●花柳隠語

 

で、娼妓が性病にかかり治療病院などに

 

 入院することを「ドック入り」という隠語で表現した。そして当時、ドック入り

 

 は、一人前の娼妓の勲章のようなもの、とされていたのである●一方で、悪性の梅毒にかかって治癒不可能になると、その末期は哀れなものであった。

 

毒にかかって治癒不可能になると、その末期は哀れなものであった。

 

 

遊女喜遊自害す 〔娼妓喜遊の哀話、年信画、明治十一年〕 横浜・岩亀楼抱えの遊女喜遊は、運命にもてあそばれラシャメンにならざるをえないと知った文久二年、自裁して果てた。その辞世の一首、「つゆをだにいとふやまとのおみなへし ふるあめりかにそではぬらさじ」は貞節婦徳の鑑として賞賛され、辞世のほうもたちまち有名になった。

 

 

YOU TUBE

 

 

返らぬ面影 *澤 雅子

 

北風哀歌 *小林 旭

 

君知らず *ちあきなおみ

 

この *島倉千代子

 

湖畔の哀歌 *田端義夫 菅原都々子

 

シベリア・エレジー *伊藤久男

 

昭和えれじい *ちあきなおみ

 

天国に結ぶ恋 *徳山璉・四屋文子

 

春の哀歌 *荘司史郎

 

開かぬパラシュート *小野 巡

 

琵琶湖哀歌 *東海林太郎・小笠原美都子

 

 

失恋の恨み節から社会戯評歌まで、喜怒哀楽あふれる情感をこめ弾き唄い

 

 

Ch.7  演 歌

 

 

書生節 しょせいぶし

 

明治の前半、街頭で書生や壮士ら若者が大声でうたった歌謡。〈スカラーソング〉とも。

 

多くは社会の不条理を痛罵する類のもの。

 

明治の書生節について神長瞭月の名を抜きには語れない

 

【例歌】 

 

♪書生書生と軽蔑するな、末は太政官(だじやうかん)のお役人。

 

♪書生書生と軽蔑するな、明日は太政官のお役人。

 

♪書生書生と軽蔑するな、大臣参議はみな書生。

 

♪書生書生と軽蔑するな、フランスナポレオンも元は書生。

 

♪岩にからまつ ねいろとすれば 磯の嵐が 揺り起す ヨサコイ ヨサコイ。(くずし、正調ヨサコイ)

 

──書生節、明治十年前後流行、『明治流行歌史』ほか

 

 

YOU TUBE

 

 

残月一声 *神長瞭月

 

書生節(あきらめ節)  *藤波笑聲

 

書生ぶし *東京柴又にて実演の現代版

 

デカンショ節 *土取利行(元唄)

 

よさこい・書生節 *土取利行

 

 

かつて我が身を賭して国を守った日本男児の心の雄叫びが聴こえる


Ch.11  軍 歌

 

 

出征送別歌 しゅっせいそうべつか

 

〈出征兵士を見送る歌〉とも。

 

 見送る人々が唱和し、兵士本人の決意を促す効果があった。

 

出征兵士の見送り駅頭風景

 

【例歌】

 

YOU TUBE

 

出征兵士を送る歌 *林 伊佐緒 ポニージャックス(後年再吹込み)

 

♪我が大君に召されたる

 

 命榮えある朝ぼらけ 

 

 讚へて送る一億の

 

 歓呼は高く天を衝く 

 

 いざ征けつはもの日本男児

 

♪華と咲く身の感激を 

 

 戎衣の胸に引き緊めて

 

 正義の軍行くところ

 

 誰か阻まんこの歩武を

 

 いざ征けつはもの日本男児

 

♪輝く御旗先立てて

 

 越ゆる勝利の幾山河

 

 無敵日本の武勲を

 

 世界に示す時ぞ今

 

 いざ征けつはもの日本男兒

 

♪守る銃後に憂いなし

 

 大和魂搖るぎなき

 

 國のかために人の和に

 

 大盤石の此の備へ

 

 いざ征けつはもの日本男児

 

♪あゝ万世の大君に

 

 水漬き草生す忠烈の

 

 誓致さん秋到る

 

 勇ましいかなこの首途

 

 いざ征けつはもの日本男児

 

♪父祖の血汐に色映ゆる

 

 國の譽の日の丸を

 

 世紀の空に燦然と

 

 揚げて築けや新亞細亞

 

 いざ征けつはもの日本男兒

 

──軍歌、昭和十四年発表

 

 

YOU TUBE

 

 

暁に祈る

 

駅頭の感激 *セリフ入り

 

志願兵を送る歌 *内田栄一、増田なほみ

 

少年兵を送る歌 *

 

富士に別れて *霧島 昇・松原 操

 

村の勇士 *美ち奴

 

 

骨董歌の中にも新風を生む掘り出し物がある、その歌謡鉱脈を探ろう


Ch.15  ニューミュージック

 

 

デュエット・ソング duet song

 

 

YOU TUBE

 

 

愛するってこわい *じゅん&ネネ

 

愛染夜曲 *霧島昇・ミスコロムビア

 

愛の奇跡 *ヒデとロザンナ

 

は傷つきやすく *ヒデとロザンナ

 

赤いグラス *アイ・ジョージ 志摩ちなみ

 

浅草姉妹 *当初題名は「三味線姉妹」

 

あなたまかせの夜だから 大木英夫/二宮

 

 善子

 

あの夢この歌 *霧島昇・二葉あき子

 

アマン *菅原洋一とシルヴィア

 

アラビアの唄 *二村定一と藤山一郎

 

或る日突然 *トワ・エ・モア

 

いつでも夢を *橋幸夫と吉永小百合

 

一杯のコーヒーから *霧島昇・ミスコロム

 

 ビア

 

裏町セレナーデ *霧島 昇・二葉 あき子

 

円タク行進曲 *小野 巡・静 ときわ

 

お島千太郎旅唄 *伊藤久男と二葉あき子

 

お化けのロック *郷ひろみと樹木希林

 

女の恋 *こまどり姉妹

 

女の友情の唄 *松島詩子と山野美和子

 

カナダからの手紙 *平尾昌晃・畑中葉子

 

可愛い花 *ザ・ピーナッツ

 

かんにんしてや *佐川満男 & 伊東ゆかり

 

銀色の道 *ザ・ピーナッツ

 

結婚するって本当ですか *ダ・カーポ

 

恋しているんだもん *島倉千代子と森昌子

 

恋のバカンス *ザ・ピーナッツ

 

曠野を行く *豆千代と松平 晃

 

この先通行止め 神戸一郎・中島そのみ

 

今夜は離さない *安倍里葎子と橋幸夫

 

サウスポー *ピンク・レディ

 

淋しい熱帯魚 *WINK

 

3年目の浮気 *ヒロシ&キーボー

 

純情月夜 *結城道子・佐野周二

 

昭和枯れすゝき *さくらと一郎、

 

白いギター *チェリッシュ

 

白い色は恋人の色

 

新宿育ち *大木英夫&津山洋子

 

SAY yes *CHAGE and ASKA

 

宗谷岬 *ダ・カーポ

 

ソーラン渡り鳥 *こまどり姉妹

 

曾我兄弟 *河崎一郎 上原敏

 

空 よ *トワ・エ・モア

 

大都会 *クリスタルキング

 

旅路の合唱 *霧島 昇・及川由子

 

旅の夜風 *霧島昇とミス・コロムビア

 

誰よりも君を愛す *フランク永井 松尾和

 

 子

 

フランク永井と松尾和子は歌謡界随一のムードソングコンビであった

(歌謡タイトルは後略)

 

色事に酒と唄は付きもの、たまには裾まくりの道草道楽も又おつなもの

 

 

Ch.17  花柳唄

 

 

お座敷唄 おざしきうた  

 

酒宴など座敷でうたわれる唄。〈お座敷小唄〉とも。

 

当然、艶っぽい歌謡が中心になり、往時は〈さのさ節〉や〈都々逸〉が王座を占めていた。類歌の追加追加で、昭和に入ると歌謡のレパートリーも増え、流行歌の替歌など現代風なものがもてはやされるなど大きく様変わりしている。

 

 

【例歌】

 

じやんじやかとてつるけん

 

酒はけん酒いろ(ひな)は、(かへる)ひとひよこ三ひよこひよこ、蛇ぬらぬら、なめくじでまゐりましよ、じやんじやかじやかじやかじやんけんな、()(さま)和藤内(わとうない)がしかられた、虎がはうはう、とてつるてん 狐でさアきなせえ、スチヤラカチヤン

 

酒は剣菱(けんびし)いろよしで、かはり一猪口(ちよこ)三猪口ちよこ、お(しやく)はぶらぶらなまけでまゐります、じやんるとてつるてん、三丁目でサアきなせえ、まいりましよ、チヨンチヨンがヨンヤサ

 

独楽(こま)源水(げんすい)奥山へ、芝居一幕三幕、茶屋を軒々(のきのき)のろけてまゐりましよ、スチヤラカチヤン、じやんじやかじやかじやかでんがくや、としま若衆(わかしゆ)がうかされて、(くめ)(へい)(ない)とりもちで、返事でサアきなせ、まゐりましよ、スチヤラカチヤン(後略)

 

──二上り拳唄、文政十二年頃流行、『じやんじやかとてつるけん』

 

[メモ] 早口もじり、お座敷唄。この拳唄は大流行し、路上で遊ぶ子どもまで真似して歌ったという。

 

ノツペラボウぶし

 

♪亭主取られて、泣く奴野暮だ、ノツペラボ意気地なし、其所で以つて亭主取り徳ソレ取られ損といナア

 

♪女郎に()られて怒るやつ野暮だ、ノツペラボウの意気地なし、其所で以つて女郎は()り徳ソレ()られ損といナア

 

♪ト一とられて、泣く奴野暮だ、ノツペラボ意気地なし、其所で以つてト一取りどくソレ取られ損といナア

 

♪芸者遊びを、する奴野暮だ、ノツペラボウの性根なし、其所で以つて芸者呼び損ソレあそび損といナア

 

♪芸者遊びを、せぬ奴野暮だ、ノツペラボウの意気地なし、其所で以つて芸者呼び得ソレ遊び得といナア

 

──座敷唄、明治二十年頃流行『ノツペラボウぶし』

 

 

YOU TUBE

 

 

 お座敷小唄 和田弘とマヒナスターズと松

 

  尾和子

 

温泉芸者 五月みどり

 

三味線ワルツ *市丸

 

三味でダンスを 二宮ゆき子

 

ステテコシャンシャン *二宮ゆき子

 

だから今夜は酔わせてね *神楽坂はん子

 

まつの木小唄 二宮ゆき子

 

野球けん *青木はるみ

 

行こか戻ろか 豆千代

 

湯の町椿 *神楽坂はん子

 

ロケット音頭 *五月みどり他

 

 

地方のお国自慢はもとより、さらに外地唄あれこれがノドを競う

 

 

Ch.19  ご当地ソング

 

 

御当地歌謡 ごとうちかよう

 

各地の名所や風物を取り入れ、所のよさをうたった地誌的な歌謡。

 

歌謡曲分野では野口雨情が先鞭をつけている。昭和の末頃、全国的に「ご当地物」流行歌がブームを起こしたことは、まだ記憶に新しい。

 

 

御当地歌謡人気は地元出身者の郷土愛に支えられている

 

【例歌】

 

YOU TUBE

 

須坂小唄 すざかこうた         野口雨情詞

 

              佐藤千夜子唄

 

山の上から チョイと出たお月

 

誰を待つのか 待たれるか

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

誰も待たない 待たれもしない

 

可愛お前に 逢いたさに

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

可愛い私は 須坂の町に

 

須坂恋しか あのお月

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

お月ゃ工場を チョイト来てのぞく

 

誰に思いを かけたやら

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

誰に思いを 友達衆よ

 

ホロロホロロと 夜が更ける

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

ホロロホロロと 須坂の町の

 

寝ずの番やら あのお月

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

お月ァ姿は むらくもまかせ

 

糸はその日の 枠まかせ

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

糸は艶もつ 皆さんたちよ

 

わたしゃ姿も まだわかい

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

須坂よいとこ 須坂の町の

 

工場見せたや この繁昌

 

ヤ カッタカタノタ

 

 ソリャ カッタカタノタ

 

──流行歌、大正十二年発表、『新版 日本流

 

  行歌史』上

 

[メモ] 須坂は現長野県須坂市。歌詞は各節とも、前句の尻取り、かつ冗語構成になっている。

 

YOU TUBE

 

 

磯原節 いそはらぶし          野口雨情詞

 

               上妻宏光唄

 

末の松並 東は海よ

 

吹いてくれるな 潮風よ

 

風に吹かれりゃ 松の葉さえも(オヤ)

 

こぼれ松葉に なって落ちる

 

お色黒い敗訴腹生まれ

 

風に付加枯れた潮風に

 

鳴いてくれるな渚の千鳥(オヤ)

 

末の松波ァ 風ざらし

 

波はどんどと 小磯に打てど

 

打つは仇波 音ばかり

 

風にゃさらされ 波にはもまれ(オヤ)

 

沖の磯石ァ ひとりぼち

 

潮は引き潮 まだ月ァ出ない

 

出れば東が 白くなる

 

夜明け千鳥か あの啼く声は(オヤ)

 

たより少ない 声ばかり

 

(現代表記に改変)

 

──流行歌、大正十四年発表、『新版 日本流行歌史』上

 

[メモ] 磯原は茨城県北部、北茨城市の中心部の地名。作詞者野口雨情の生地であり、当地の海岸にこの詞の歌碑が建っている。

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

 

▼都道府県別 御当地歌謡

 

北海道

 

北海道民歌の部

 

 

YOU TUBE

 

 

光あふれて ボニー・ジャックス

 

えべチュンチュン

 

小樽運河 *準小樽市民歌といえる

 

オホーツクの海 広域周辺歌

 

北広島の歌

 

釧路市民憲章の歌

 

札幌市民の歌

 

函館讃歌

 

室蘭市の歌

 

一般歌謡の部

 

 

YOU TUBE

 

 

アカシア物語 *藤 たかし

 

網走番外地 *藤 圭子

 

女の港 *大月みやこ

 

いい湯だな *ザ・ドリフターズ

 

石狩エレジー *三橋美智也

 

石狩川悲歌 *三橋美智也

 

石狩挽歌 *北原ミレイ

 

石狩ブルース *田端義夫

 

イヨマンテの夜 *伊藤久男

 

岩尾別旅情 *倍賞千恵子

 

潮踊り唄 *おたる潮まつり

 

襟裳岬(島倉千代子) *

 

襟裳岬(森 進一)

 

襟裳岬 吉田拓郎 谷村新司

 

大空と大地の中で 松山千春

 

小樽のひとよ 鶴岡雅義と東京ロマンチカ

 

オロチョンの火祭り *伊藤久男

 

北酒場 細川たかし 

 

北の大地 *北島三郎

 

北の漁場 *北島三郎

 

霧の摩周湖 *布施 明

 

釧路湿原 *水森かおり

 

釧路にて *合田道人

 

釧路の夜 *美川憲一

 

恋の町札幌 *石原裕次郎

 

札幌おどり *上原敏 浅草〆香

 

サビタの花 *伊藤久男

 

サロマ湖の歌 *伊藤久男

 

知床旅情 *加藤登紀子

 

好きですサッポロ *森雄二とサザンクロス

 

宗谷岬 *ダカーポ

 

ソーラン仁義 *北島三郎

 

時計台の鐘 *土居 裕子

 

虹と雪のバラード *トワ・エ・モワ

 

函館の女 北島三郎

 

函館のランタン娘 小畑 実

 

函館本線 *山川 豊

 

北海道函館本線 *三橋美智也

 

北海の終列車 *三橋美智也

 

幌馬車の唄 和田春子

 

マリモの唄 安藤まり子

 

霧 氷 橋 幸夫

 

雪の石狩 志摩光一

 

 

「百薬の長」がお待ちかね。ほろ酔い気分で口ずさめばさらにご機嫌

 

 

Ch.20  酒の唄

 

 

41 羽田節 東京都大田区羽田、祝い唄

 

YOU TUBE

 

 

めでたいものはヨーワハーエーエエ(ハコイコイ)  お酒エイエイもりヨイー(ハコイコイ) エ松竹をヨーワハエーエエ(ハ アラマダ) 立ててエイエーそよナイー(ハ マダマダ)エお酌ソリャ十ヨ七エ ナーハーヨ(アヨカツタ ヨカツタ)【日本民謡大観・関東篇】

 

貧民街における小人数での酒宴〔C.NettoPapier-Schmetterling aus Japan,1887

 

 

YOU TUBE リンク歌謡リスト  (五十音順)

 

 

タイトルの赤字YOU TUBEサイト上で聴取不能のもの。  

 

 

 

ああ、尼崎市民家族

 

ああ上野駅 

 

あゝ江田島

 

嗚呼革命 

 

あゝ影やせて

 

あゝ金の世や

 

嗚呼神風特別攻撃隊

 

あヽ玉杯に花うけて 

 

あゝ草枕幾度ぞ

 

ああ紅の血は燃ゆる

 

あゝ決死隊

 

あゝ高原を馬車が行く

 

あヽ爾霊山

 

あゝ城山の月青し

 

ああ人生に涙あり

 

あゝ新撰組

 

あゝ青春の花の色

 

あゝそれなのに

 

あゝソロモンに生きる 

 

あゝ大黄河

 

ああダムの町

 

あゝ鶴ヶ城

 

あゝ東京へ汽車は行く

 

あー夏休み

 

あゝ七尾城

 

噫(ああ)南郷大尉

 

アーニー・ローリー

 

あゝ馬鹿みた

 

あゝ日の丸だ前進だ

 

あゝ広島の鐘は鳴る

 

ああ踏切番

 

あゝプランタン無理もない

 

あゝ満州

 

あゝ万次郎  

 

ああ宮城県

 

ああモンテンルパの夜は更けて

 

あ~よかった

 

R指定/アバズレディ

 

あゝわが戦友

 

ああ わが戸田市

 

あゝわからない

 

アイアイアイ

 

I am a HERO

 

アイ・アモール  

 

合縁坂

 

相生市歌

 

愛を叫べ 

 

愛、おぼえていますか 

 

愛が生まれた日

 

愛が止まらない 

 

相川音頭

 

愛狂います。 - 心臓

 

愛国画像集

 

愛国行進曲

 

愛国行進曲替え歌

 

愛国の花

 

愛燦燦

 

愛しかない時 

 

あいしちょる山口 

 

愛して愛して愛しちゃった  のよ

 

愛してるのに、愛せない 

 

愛して頂戴

 

愛してやんない

 

哀愁日記

 

哀愁のからまつ林

 

哀愁の高山

 

哀愁のブルース

 

哀愁の街に霧が降る

 

哀愁の夜

 

哀愁波止場

 

哀愁フラメンコ

 

哀愁港 

 

哀愁列車

 

愛 人

 

アイスクリームの歌

 

愛すること

 

愛するってこわい

 

愛するハーモニー 

 

愛すればこそ

 

愛染かつら

 

染かつら~総集編

 

愛染草

 

愛染草紙

 

愛染ながし

 

愛染橋

 

愛染夜曲

 

会いたい

 

逢いたいなァあの人に

 

逢いたかったぜ

(以上、冒頭3段組みの1ページ分)

 

はやり唄万葉集 付録

 

懐かし歌謡遺産愛唱1000曲編【五十音順】

 

基本的に、YOU-TUBEにおいて聴取不能となる恐れがほとんどない旧時代(昭和戦前期以前)の歌謡を中心にまとめました。

 

 

あゝ上野駅 歌謡曲 井沢八郎

 

あヽ回天 軍歌

 

あゝ戀無情 流行歌 美ち奴 木村 肇

 

あゝ最前綫 戦時通う 小花

 

ああ戦友 軍歌 鶴田浩二

 

あゝ長城に陽は落ちて 大陸歌謡 紀多 寛(北 廉太郎)

 

噫南郷大尉 軍歌 霧島昇・松平晃

 

嗚呼日本海 軍歌 楠木繁夫

 

愛機とともに 軍歌 藤田直久

 

愛国勤労歌 時局歌謡 波岡惣一郎・四家文子

 

哀愁の都 流行歌 近江俊郎

 

会津おはら 新民謡 浅草 美ち奴

 

会津そだち 艶歌 若山もと菊

 

愛染夜曲 映画主題曲 霧島昇・ミスコロムビア

 

アイダ ジャズ歌謡 ディック・ミネ

 

アイヌの子守唄 歌謡曲 東海林太郎

 

愛のギター ジャズ歌謡 中野忠晴

 

愛の赤十字 流行歌 松原 操

 

愛の灯かげ 映画主題歌 奈良光枝 近江俊郎

 

青い部屋 流行歌 淡谷のり子

 

愛の星 流行歌 藤山一郎・小夜福子

 

愛馬行 軍歌 児玉好雄・三門順子

 

アイ・ラヴ・パリ ジャズ歌謡 淡谷のり子

 

アイルランドの娘 ハワイアン ディック・ミネ

 

哀恋ブルース 歌謡曲 岡晴夫

 

アヴェマリア 歌曲 柴田睦陸

 

青い小鳥 歌曲 奥田良三

 

青空人生 ダンス歌謡 高倉 敏

 

青空道中 流行歌 高田浩吉

 

紅い燃ゆる地平線 流行歌 楠木繁夫

 

赤城かりがね 歌謡曲 東海林太郎

 

暁の交換船 戦時歌謡 藤原亮子、小畑実

 

暁の斥候 軍歌 松平 晃・伊藤久男・霧島 昇

 

暁の麗人 映画主題歌 伏見信子

 

茜の雲の燃ゆる時 時局歌謡 霧島昇、松原操

 

秋の女 流行歌 上原敏

 

あきらめ節 時事歌謡 藤波笑聲(石田一松)

 

明け行く大陸 流行歌 小林千代子

 

アコーデオンの春 流行歌 中野忠晴

 

あこがれの北支那 時局歌謡 ミス・コロムビア

 

あこがれのキャロライナ ジャズ歌謡淡谷のり子

(以上、冒頭2段組みの1ページ分)