阿── あ─

古語人名で、呼び名の頭につけて親しみを表す語。

阿母(あぼ)」「()()」「()(おう)」など。

相合名 あいあいな

恋人同士や夫婦で二人の名前の釣り合いがとれていること。

たとえば、夫が「星太郎」で妻が「月子」というように。相合傘からのもじりで造られた近代の俗語である。 ☟相称、帆書き

相称 あいしょう

〈相称〉には、次の二義がある。

⑴本人から受ける印象にぴったり一致した感じの呼称(芸名なども含む)。「月丘夢路」「美空ひばり」「いかりや長介」といった例。

⑵複数の人名が程よくまとまっていること。  「松太郎」「竹子」「梅子」の三兄妹なら、相称がよい、などという。☟相合名

〈相称〉の語は、陰陽五行説にちなんだ一般語「相性」から転じた語である。

愛称 あいしょう

相手に対し親愛の情を込めて口にする呼び名。また一般に、親しみの表れとして他人が付ける〈渾名〉の一つでもある。☟渾名 

〈愛称〉は、次の三タイプが主流である。

⑴略称法……姓名を略したりつづめたりて付ける。〔例〕エノケン←榎本健一、ハマコー←浜田幸一

⑵さん・ちゃん付け……姓・名に下付け。

〔例〕フーテンの寅さん←車寅次郎、デコちゃん←高峰秀子

⑶特徴法……身体や職業などの特性から付ける。〔例〕ジャンボ←尾崎将司、知の巨人←立花隆

なお愛称は、人名に限らず一般名にも用いられることが少なくない。たとえば、マツキヨ←マツモトキヨシ、ダルマ←サントリー・オールド

蒼生 あおひと

人民をさす総称。

『古事記』に〈あをひとくさ〉の表記が見える。上代、貴人は木に、人()民は草にたとえられた。

赤い字 あかいじ

夫に先立たれ、墓石に赤い字で自分の供養名を彫り入れたことから、〈後家〉の異称に。☟赤い信女

赤い信女 あかいしんにょ

古くに女の戒名をさす。

夫に死別した妻は再婚せず、〈生前戒名〉を受け、夫と並んで石塔などに朱彫り文字を刻んで婦徳を示した。江戸川柳に「石塔の赤ひ信女がまた孕み」とあり、淫蕩な後家の代称に用いられた。☟生前戒名

赤い名 あかいな

墓石に朱を塗り込めた女の〈生前戒名〉。

江戸川柳に「赤い名を黒くしたがる里の母」とあり、娘の再婚を願う母親の心情を表している。☟赤い信女

赤い名 あかいな

墓石に朱を塗り込めた女の〈生前戒名〉。

江戸川柳に「赤い名を黒くしたがる里の母」とあり、娘の再婚を願う母親の心情を表している。☟赤い信女

赤児の命名 あかごのめいめい

生まれた赤児に名前を付けること。

一般に〈御七夜〉に命名する慣わしである。☟新生児命名

参考 

●師嘗曰、子に名を付くることは、父是れを名付くること、古の礼也、凡そ名に五の心得あり、一には以名生為信といへり、是れは生れ付きに、手の中に己が名をかき付けたるごとくなる奇瑞によること也、二には以徳命為義也といへり、其の人の徳義によつて名を付くること也、三には以類命為象と云へり、其の人相、其のかたち類せるによつて是れを名付くること也、四には取於物為仮といへり、其の生ずる時ありし事物にかたどりて、名を付くるの心也、五には取於父為類といへり、父にかたどりて名を付くること也、是れ古来の名を付くる法なり、詳に左伝に出たり、而して日月を以てせず、国の名をつけず、官の名をつけず、山川の名をつけず&山鹿語類・二●凡そ子を産すれば、七日にして父其の名を命ず、都下の貴賎皆同じ、然るに予(*松浦静山)が領内壱州にては、以前より百日当りて名づく、これ古例に拠る歟、自ら符合する歟、近頃に至りては世俗を見習ひ、追々に七日にて名づくる者多くなれり、又肥前の領内宇野の御厨と云ふ処も、男子は三十三日、女子は三十日に当りて名づけて、今七夜に名を命ずる事は知らず、&甲子夜話・ 

県 あがた

〈県主〉に同じ 

一般に、県主の支配地をさす。☟県主

県主 あがたぬし

〈大県主〉とも。大和朝時代に(あがた)を支配した官人の官名。

当時の県は朝廷の直轄領をさした。すなわち県は地方官の任地で、〈県主〉はそこの長官役であった。後に官人の姓の名乗りになる。☟県主の姓

参考 

●あがた 県をよめり、分つと通ぜり、和名抄に県々をがた〳〵とよみ、諸県をむらがた、山県をやまがたなどよめり、県主は神武天皇の御代より見えたり、県邑を治むる者をいふ、後かばねとなれり、&倭訓栞・前編二・安●(アガタ)(ヌシ)は、倭国内なるを始め、国々に在る県を掌れる者の号なり、此県は上に云る如く、朝廷の御料の県なり、此御世(成務)ほどなどは、たゞ何となきなべての地を県と云ことはいまだあらざりき、されば県主と云物も、凡ての地にあるにはあらず、其記中に見えたるは、高市県主、師木県主、十市県主などあり、&古事記伝・二十九

県主の姓 あがたぬしのかばね

大和時代以降の通例によって姓になったもの。官命からの転化例としての県主は初期に属する。『姓名録抄』や『拾芥抄・中・姓尸録』に(こん)()賀茂(かも)(そふ)大志(おほし)()大弥(おふみ)などの県主の姓が見える。☟県主

参考 

●県主姓は、いとふるきものにて、官名なりしが姓になれりし也、(*中略)さて県のむねとせしものは高市、葛城、十市、志貴、山辺、添の六県也、是はことに京畿に在て、朝廷の御料給ふ陸田物を作りて貢進る地なるから、祈年祭祝詞、又月次祭祝詞、この外の祝詞等にもみえ、&姓序考・県主

崇名 あがめな

神仏はじめ貴人を尊んで、とくに呼び習わしている敬称の類を総じて〈崇名〉という。たとえば、「──ならびに──二柱の神」「──上人」「神君」「──卿」「──公」など。

悪称 あくしょう

人を馬鹿にしたり、悪しざまに呼ぶときの呼び名。

たとえば肥満体の相手に「デブ公」という類で、例は尽きない。古くは「悪大将」「悪太郎」といった、〈威名〉に類する「悪」を意識した場合にも用いられた。☟悪態名 ☟蔑称

悪態名 あくたいめい

雑言を口にし人をののしるときに使う異名。江戸語には半社交辞令的に用いたこの類が多く、ことに落首、落書は〈悪態名〉の宝庫の観がある。

参考 

●助六の伝法喧嘩科白/ここな、ドブ板野郎の、たれ味噌野郎の、出がらし野郎の、そばかす野郎め。引込みやがらねへか。わるくそばへきやがると、大どぶへさらい込むぞ。&助六(すけろく)由縁(ゆかりの)江戸(えど)(ざくら)、津打治兵衛作の歌舞伎台本

じつとお君を見つめ、またゝきもしないで石のやうに立つて居たが、えッといふと(たふ)れるやうに前へのめつて、お君の(おび)(ぎは)をむづと取つた。怒りにつきあぐる声もしどろに、/「畜生、(がふ)畜生、(うぬ)まだ()げる気でいやあがるな、土女(どめ)(らう)め、!」と引まはして身体(からだ)捩向(ねぢむ)かして、また占めるやうに、頸を抱いた。&泉鏡花『辰巳巷談 はがひじめ』第三十二

「悪」の冠名 あくのかむりな

人倫に外れたり、驕り権勢を誇示したりする者に対し、世間の人たちが懲罰の意味を込め、名前の上に「悪」の一字を付けた呼称。

中世から近世にかけ、武家社会に見られた風潮であるが、鎌倉時代のそれは〈威名〉としての効果を狙ったものもある。☟悪名

参考 

●悪源太、悪七兵衛、悪四郎などの悪の字は、自分に付たるにはあらず、悪事ある人を他人より名づけてよびならはしたるなり、古き書に、悪の字をそへて悪何がしとあるは、皆その人の悪事ありし故と知るべし、&貞丈雑記・二・人名●謡曲拾葉抄に云く、或云く、悪の字を名の頭に置く事、景清が、伯父の大日房と云ふ僧を殺せし故に、悪七兵衛と云ひ、悪源太義平も、伯父の木曽義賢を殺したる故に、悪の字を付けたりけりといへり、又右衛門督藤信頼を、悪右衛門と名づけ、宇治左大臣頼長を悪左府と号す、内大臣師通の子家政を三条悪宰相と称す、左馬頭義朝の子常磐腹の一男河野法橋全成を悪禅師と云ふ、是みな逆心ありし人なる故に悪の字をつけたる歟、亦源氏物語に、右大臣の息女弘徽殿の女御を悪后と云ひ、父右大臣も悪大臣と云ふ、是れも心よからぬ人なればしか云ふなり、&安齊随筆・二九

「悪魔ちゃん」事件 あくまちゃんじけん

平成五年八月、東京都昭島市の住民S夫妻は、長男の名を「悪魔」と記入した出生届けを市役所戸籍課に届け出た。戸籍課はこの名前が適正であるかどうか疑念をもったので、東京法務局へ照会したところ、結論が出るまでしばらくのあいだ受理手続きを留保する旨の指示を受けた。追って東京法務局名で「人名の持つ概念から著しく逸脱している」との通知があり、「悪魔」の名は受理されないことになった。おさまらないのはS夫妻で、さっそく不服を申し立てた。

その後の経過は逐一マスコミで報道されているので本書では省くが、この名前をめぐり日本中が是非論に沸き立った。いわく「親には子に対する命名権があり、それを法権力で奪うのは命名の自由を損なうものだ」という是認派。これに対し「親のわがままで子供の将来を考えない命名権の濫用」と反対論を唱える人たちも少なくなかった。

マスコミは賑わい、なかには「親エゴにより、世の中の子供にハイセイコー(競走馬名)とか鉄腕アトムといった妙な名前が増えたらマンガの国になってしまう」という皮肉も飛び交った。

「悪魔」の申請名はその後も二、三の屈曲を経て、翌年二月にS夫妻は「亜駆」の名で最終届出を済ませ事件は落着。人名の重要さを改めて世に問うた事件であった。

悪名 あくみょう

アクメイとも。

〈悪名〉には、次の二義がある。

⑴悪い評判がたち世間に広がった名。「五右

衛門の悪名を天下にとどろかせた」のように用いる。

⑵良くない名。悪い名の通称。昔は悪名を意図的に選んで付けることもあった。

「丹波国赤井と云男、七歳にて人を伐、赤井悪右衛門と名をよばれ、」(甲陽軍鑑・二)

参考

●土岐殿事/頼藤悪源太頼遠、数度高名比類ナシ、オゴリノアマリニ、康永ノコロ、院ノ御所ノ御幸に参会、狼藉シテ巳ヲ失ヒシカバ、&江濃記●姓名称謂/不祥の名は、よになきにしもあらねど、いと酷しとおもふは村岡悪人なり、(*中略)この悪人も、悪名を賜ひしにあらざるか、おのづからなる名にしあらば、その謫罰、名詮自性ならずや、&玄同放言・下、人事

悪名付け あくみょうづけ

特定の集団の人々を対象に、からかいの通名を創作して付けること。

うだつの上がらない官僚を「木っ端役人」、自動車運転手を「運ちゃん」、盗賊を「ドロ的」などという類である。ののしるときなど、自然発生的に口にしがちである。ただし〈悪名付け〉は、個人に対する〈渾名〉とは別して扱う性質のものである。

参考

●人を嘲りいやしめて法師といひ、又坊。発意(ぼち)ともいふ、凡虫といふに通うふ、鄙吝(しけ)(むし)。しはん坊の類種々あり、按ずるに此俗語ふるくよりあり、&『用捨箱』八

*出典ではこの後、法師の悪名に「なみだ法師」「せちべん坊」「かな法師」「痩法師」「掃除坊」「とちめん坊」などを引き合いに出している。

あぐり 

〈あぐりこ〉に同じ。

参考

●京師の俗に、女児あまたありて、男児なき家には、すゑの子をあぐりとなづくれば、かならず男児をえ、よろこぶといふ、山田某といふ老儒、このためしをこゝむことありしと、其門人のかたりき、&四方の硯・雪

あぐりこ 

陸奥・越後地方などを中心に末娘に「あぐりこ」と付ける命名習俗。また、その名。

明徳三(一三九二)年成の『大徳寺文書』に「あぐり」と初見のあることから、古い女子名であることがわかる。生まれるのが女の子ばかりで、うんざり気味の親が男子を求めるとき、あがりの転訛であろう、末子すてなどと同列の「あぐり」の名を付けたといわれている。

もっともこの習俗は、貴人の場合にも適用された。浅野藩記録集である『鳳源君御伝記』中には、三次藩主の浅野長治は妾腹の女子に「阿久利」を付けたとある。人の交流が盛んな現代では、「子」付けで全国的に広まり、各地にこれの残影が見られる。

参考

安栗(あぐり)、おあぐり、あぐり子なんど呼ぶ娘の名、久保田、阿仁、比内、仙北また、陸奥、高志、美濃、信濃路なんどもあり、そは、女子あまた(もてる)人、安具里(あぐり)と末の子女(むすめ)名負(なづく)れば、こたび生めらむ子は、必ず男子ならむと云ひならはせり、さりければ昔より此の名絶えずぞありける、あくりとは、ものゝ充満(みちみち)たる事をいひ、溢る事を、あくる、あくつたなんどいふ、奥の方言(ことば)あり、&久保田の落穂

阿号 あごう

法名の一で、〈阿弥陀号〉の略。

在家の比丘尼らの間で用いられる「阿」字の付いた称である(時宗では男に限る)。妙阿弥、連阿、けう阿など。一説では、僧の重源が発祥源とされている。☟阿弥陀号

字 あざな

広義には「仮名」「通称」「呼名」にも通じる別称の意味をも含む。

〈字〉は中国で学生(がくしよう)や漢学者、文人らが実名代わりに用いた成人後の通称である。字には成人後の人名を修飾する、と言う意味が含まれているようだ。実名があるわけだから、本来わざわざ付けなくてもすむ存在である。

たとえば孔子は、「丘」という実名のほかに「仲尼」という字を称していた。実名を他人が筆舌に称えることは非礼の極みであり、それを避けるためにわざわざ字を用意したのである。日本に字が伝来した奈良時代、中国同様に実名忌避の風習として学者や文人間に定着した。

『日本書紀』には、仁賢天皇即位前に「嶋郎」という字があったことを明かしている。菅家の三男であった菅原道真には、「菅三」という家名+輩行の字が付けられた。

地名や官職名が多様に入り込んで名字化していたのも、平安後期の字の大きな特色である。

さらに、藤原・新田・賀茂などはその名残りである。わが国に字が移入してからも、つねに実名敬避習俗が隣り合わせであった。たとえば女流文学者の「清少納言」や「紫式部」なども広義には字で、実名不明のままこちらのほうが広まっている。

時代が下がるにつれて、武将間に源三・左近・左衛門といった類の官名由来通称が字として用いられるようになる。

江戸時代には儒者にとって字は必需の存在になった。たとえば荻生(本姓は物部)徂徠(号の一)の場合、双松(なべまつ)といった冴えない実名よりも、「茂卿」および「公材」の字のほうがいかにも学者らしい風格がある。男だけでなく、たとえば梁川星巌の妻稲津けいは「道華」の女流字を用いている。

こうして字は、実名敬避俗の影響で、世間通用の切り札の感すらあったが、明治以降はもう社会的に通用しなくなった。☟字の通称的性格

「あざなつくることはひむかしのゐんにてし給う」(源氏物語・乙女)

参考 

●名はいとたかきものなれば人のやがて呼ばざらん為に、唐山には字してこれを互に呼べる也、天朝(ヒノモト)には字の制度なし、私には字したるもあり、菅家を菅三と申し、文屋康秀を文琳と云へる是れなり、(*中略)又奥羽軍記に、字荒川太郎、字斑目(マダラメ)十郎など見えし、この難波早尾荒川斑目など称するは、後世に云ふ苗字なり、苗字の字は則ち字の義なること思ひあはしつ、五郎六郎など称するこそ世々に異なれ、其の難波と称し早尾と称する字は、子孫へ伝ふるをもて苗字といへり、人の子たるもの、父を同苗と唱ふるにても其の義審なり、俗説弁に、今の苗字といふものは姓氏にあらず、家号也といへれど、苗字の字の字に心づかざる也、かゝれば此にて字と称するは唐山の字とおなじからず、士に苗字といひ市人に家号といふ、亦これ故あり、&燕石雑志・一・三四

字名乗 あざななのり

〈表徳号〉とも。(あざな)を名乗ること。

呼称の熟語として用いる。

参考

●名(アザナ)名乗/我国ニテ字ヲツクコト、日本紀巻二十五、孝徳紀大伴長徳字馬飼ト云ヲ始トス。爾来往々見ユレドモ、外邦ノ字トハ不同、(*中略)如此ナレバ今井、樋口等ハ氏ニハ非ズ、今井四郎兼平ト云トモ、今井四郎ハ名ニテ、兼平ハ名乗ナリ、又素性集ニ、天暦の帝(*村上天皇)みかりせさせたまひて、河内の国にやすませ給ふにまかりかへりなんと申しを、をしませたまひて、素性があざなを、よしよりとつけさせたまふ、旅に出て越しことの葉にいひしかど、よしよりおもひ心くだけぬ、ヨシヨリトハ、素性ノ住ル良因院ヲ和訓シテ付給テ、ヨシ我ニヨリテ今シバシ止レトノ玉ヒシ也、それを素性ガあざなをト詞書ニ書リ、今俗ノ云フアダ名ノ様ニ聞ユ、外国ノ字ト云ハ、冠礼元服ノ時、冠賓ノ授ルコト也、冠賓ハ今此方ニ云フ烏帽子親也、名ハ生レシ時父ノ付タル名ナリ、男子二十ニシテ冠ス、其時冠賓字ヲ授ク、其人ノ徳ヲ表シテ授ル故ニ、表徳号ト云フ。至テ重キ礼儀アリ、&仙台間語・第一

字の通称的性格 あざなのつうしょうてきせいかく

中世後期、〈(あざな)〉は本来の副次名的性格から逸脱し始め、名字としての性格を強めていく。

六歌仙の一人である文屋康秀は「文琳」の字を持っていた。多分に修飾性の濃い命名であり、字はこういう側面をもそなえていることがわかる。鎌倉武将の田原藤太秀郷のように、「藤太」を通称的に用いたような例も少なくない。字が広く普及しすぎた感のある江戸初期以降は、奉公人の「太助どん」や「裏店の熊さん八っあん」まで字という感覚で用いられるようになった。なかには大盗賊の藤原保輔のように、「(はかま)(だれ)」という砕けすぎの渾名化したものまであり、字の濫用範囲が広がっていったのである。☟字

「名は不知、字をば佐太とぞ云ける、守も名を不呼で、「佐太」とぞ呼び仕ひける、」(今昔物語・二十四)

参考

●字/かけまくもかしこかれど、億計(*仁賢)天皇の御字(ミアザナ)島郎と申よし、書紀にみえ、大伴田主の字を仲郎といふよし、万葉にみえ、(*割注略)そのほか康秀を文琳、道真の大臣を三といふよしも、国史にみゆれば、いにしへより字てふものはありこしなり、さてこの字に種々の説あれども、みなおだやかなりともおぼえず、本居大人のあざけりなどいはれたるも、そはからの字の事なり、皇国にてあざけりなとて、天皇を島郎、大臣を三などといはむもおだしからぬやうにおもはる、石川の博士の説に、(アダ)して別の名てふことならんとは、よくも皇国の字てふものにあたれりとやいはまし、&筱舎漫筆・一 ●阿邪名(*この語は他に用例なく、字を茶化した筆者の造語か)/そもこの太郎次郎八郎十郎などいへることは、そのもとは必ず定りたる(アザナ)のごとくにはあらで、今世に長男次男八男十男といへるがごとき意にて呼びそめたるものにて、さやうに用ゐたるはた多く書どもにみえたり、(*中略)さればかの字を太郎とも何太ともいへるは、その父の第一男なる義、次郎とも何二ともいふは次男、三郎何三は三男、十郎は十男、余一郎とも与一ともいへるは十一男、余三は十三男、与五郎与八は十五男十八男のことなるを、十一郎十八郎といはずして、余一郎余八郎としもいへりしは、十余一郎十余八郎の義にして、その十の字を省きたるものなり、されば余一余二と書くべきを、古より与一与二とかけるもあるは、たゞ音の同くて、かきよき文字を借用ゐたるものにて、異なる義あるにはあらずなむ、&阿邪名呼名考

阿闍梨 あじゃり

アザリとも。

梵語からの言葉で、不動明王の異名。転じて、天台宗・真言宗で宣旨により就く僧位の一。人々を導く高徳の僧をさす通称でもある。

参考

●ざすながし附一行あじやり事/この明雲(*天台座主)と申は、(*中略)まことに無双のせきとく、天下第一のかうそうにておはしければ、君も臣もたつとみ給ひて、天王寺六せうじのべつたうをもかけ給へり、されども陰陽のかみあべのちかやすちかゞ申しけるは、さばかりの知者の、明雲と名乗給ふこそ心えね、うへには日月のひかりをならべ、したに雲有とぞなんじける、&平家物語・二

按察 あぜち

宮中・院に仕える女官〈召名〉の一。

按察(あぜち)三位局(さんみのつぼね)といった例。

参考

●大納言局、中納言局、左衛門督、帥、按察、ゑもんのかみ、これらは上らふの付名なり、此うちにもあぜちなどは、いさゝか心ありてさがりたるなり、&女房の官しなの事

朝臣 あそみ

後にアソン、アッソミへと読みが転じる。

上古姓の一つで、八色(やくさ)()(かばね)の第二位。

最初〈朝臣〉は皇別称であったものが、平安期に入り皇子、皇孫に贈られる姓氏になる。それが、しだいに三位以上の官位にある皇臣姓の下に、四位の人名の下に付け敬称として用いられるようになった。字義は「朝廷に仕える臣」という漢語である。由来説はいくつか異説があり決め手のあるものはないが、引例の本居宣長説(玉勝間)が有力であろう。当初は賜姓として名門を誇示できた朝臣も、時とともに字義に伴う権威が薄れ、文書上の形式称に形骸化していった。☟「朝臣」の賜姓 ☟「朝臣」の付く賜姓

参考

●殿の舞姫は惟光朝臣のつのかみにて左京大夫かけたる、娘かたちなどいとおかしげなる聞えあるをめす、からいことに思ひたれど、大納言の外ばらのむすめを奉らるなるに、朝臣のいつき娘、いだしたてたらん、なにのはぢかあるべきとさいなめば、わびておなじくは宮づかへやがてせさすべく思ひをきてたり、&源氏物語・乙女●朝臣といふ字の事/かばねの朝臣は阿曽(アソ)()にて、()()(オミ)といふことなり、然るを天武天皇の御世に八色のかばねを定め給へる時より朝臣とは書始められたり、そは此字のあさおみの訓を借て約めたる物ながら、字義をも思ひての事なるべし、&玉勝間・三

「朝臣」の賜姓 あそみのしせい

『日本書紀』によると、天武帝十三年十一月一日、天皇は大三輪君、安部臣、巨勢(こせ)氏ら五十二氏の上に「朝臣」を冠する賜姓を行った。これが〈朝臣賜姓〉の最も古い記録である。 ☟朝臣 ☟「朝臣」の付く氏姓

参考

●朝臣姓賜へるは、もと臣姓なりしにて、是は神別の氏々の多けく神代より臣達なれば、臣の中には、ことにうへこすものなきとの意にて、吾兄男臣の称言もて、朝臣の号を思ひよせられし也、師の朝廷の臣といふ意を含められたることもあるべしといはれしも此義也、&姓序考・朝臣

「朝臣」の付く氏姓 あそみのつくしせい

〈「朝臣」の付く氏姓〉を左記のように、『姓名録抄』が網羅している。うちいくつかの氏姓が早い時期に消滅し、古文書からその名が消えている。

参考

●藤原 源 平 橘 大中臣 菅原 良峯(ヨシミネ) 大江 在原 紀 高階(タカシナ) 中臣 南淵(ナンフチ) 賀陽(カヤ) 三善 貞 巨勢(コセ) 大枝(オホエタ) 高橋 (ミヤ)() 小野 (ヨシ)宗 大蔵 (コレ)宗 (スカ)野 秋篠 和() 林 

佐伯(サイキ) 賀茂 雀部(ササイヘ) 滋野 安倍 清(シナ) 伴 内蔵(ウチノクラ) 山 粟田 百済(クタラ) (ヤマト) 菅生(スカフ) 伊勢 (カサ) 大神(オホカネ) 高麗(カウライ) 広根 采女(ウネメ) 宗形(ムナカタ) 柿本(カキモト) ()(モリ) 山口 石上(イシノカミ) 高円(タカマト) 池田 住吉(スミヨシ) 池原 阿閉(アヘ) 山上(ヤマノウヘ) 星川 石川 田口 桜井 (ツノ) 阿保(アホ) 多米(タメ) 長岡 春原(ハルハラ) 三原 永原 椋垣(クラカキ) 荒() (アハ)(ウミ) 阿倍(アヘ) 布勢(フセ) 朝野 宍人(シシムト) (カウ)() 葛城 (カン)(モニ) 滋岳 讃岐(サヌキ) 坂本 大宅(オホヤケ) 朝宗(アサムネ) ()(トリ) (シケ)(ハラ) 嶋田 伊宗(コレムネ) (アヤ) 長(ムネ) 家原 (ヨシ)(シゲ) 春(スミ) 坊本(マチモト) (ハル) 葛原(クスハラ) 御室(ミムロ) 朝原 忠宗 御春 経通(ツネミチ) 阿部 弓削(ユケ) 平野(ヒラノ) 中原 都努 (ヨシ)(フチ) 飯高(イヒタカ) 上道(カンツミチ) 春日 (ムネ)(ヲカ) 立野(タテノ) 久賀(クカ) (トトリ)取 高額(タカヌカ) 犬(カミ) 吉備(キビ) 下道(シモツミチ) ()(クチ) (オホ) 御使(ミツカヒ) 玉手(タマテ) (ハツ)() 宮(トコロ) 佐味 (オホ)野 高向(タカムコ) 田中 川辺 岸田 久米 御炊(ミカシキ) 許曽倍 (ワカ)安部 上毛(カンツケ)() 下毛野 大春日(オホカスカ) 石村(イハムラ)部 中臣習宜(ナカトンノシヒキ) 中臣熊凝(クマコリ) 若桜(ワカラ)部 平群(ヘグリ) 平群文室(ノフンヤ) 上毛野坂本 巨勢(カシ)(ケタ) 豊原 (タカムラ) 丹波(タニハ) &姓名録抄・朝臣

直 あたえ

大化改新前に国造(くにのみやつこ)に与えられた姓の一つ。ただし八色(やくさ)(かばね)には属さない。

国造に与えられた姓には、ほかに(おみ)(むらじ)(きみ)があるが、〈直〉をもつものはわずかで上位にあった。天武朝ではこの姓から「(いみ)()」を賜姓している。諸国に見る国造の後裔は直の姓のまま継承し、たとえば山城国造は山城直というように地号、職号が重なり合うという特色をもつ。☟「直」の付く氏姓

参考

●あたひ/直字をよめり、物のねをいふ也、当易(アテカヒ)の義、てか反た也、字書に直は準当也と見えたり、延喜式に估もよめり、価も同じ、姓に直をあたひとよむも同義也、よて日本紀に費直とも見えたり、又あたひえとよめるも当得の義なるべし、続日本紀には費の一字をも用ゐたり、よて三代実録に費字を用るを忌て訴へし事など見えたり、&倭訓栞・前編二・安●直はもと職号なりしものゝ姓なりしならん、其職なりしときのさまは、其業々をみづからなせしなへに、阿多(アタ)比延(ヒエ)の号つきし也、阿多比は授にて、授兄または予兄の意なるべし、さるから其意を得て、直或費字を当し也、如此卑事に近き職なりしから、其人にたへたることを任されしかば、姓氏録に直姓の氏々は、職号と地号と相半してみえたり、直職より夫々の業にたへしものを選定て、事職又国字を授給へりし也、&姓序考・直

「直」の付く氏姓 あたえのつくしせい

下に〈(あたえ)〉の字が付く姓は、いくつかの古書で紹介されている。☟直

参考

●直/直部(アタイヘ) 大(ムラ) 大坂 等祢(トネ) 尾津 池辺 山(シロ) 史 撫 物忌 (フケ)() 津島 内原 (アラ)田 壱岐(イキ) ()(ヌシ) ()川 朝倉(アサクラ) 但馬海 長谷山 (アフセ) (ウテナ) 絶 太田税 &拾芥抄・中本、姓尸録「直」

他名 あだしな

他人の名。〈浮名〉と共通の意味もある。

「他名を世に残せとのしるしかや」(天綱島)

仇名 あだな

〈徒名〉の当て、〈浮名〉とも。男と女の好色な関係が人の噂に上ること。また、その当人達の名ざし。別に、〈渾名〉を当て字として用いられることも少なくない。

「得知らぬ人のあだ名を立て、手柄にならば精出して言わんせ」(心中天の綱島・上)

「あだとはいえ、これもまた我が名だった、と今更ながら思い至るのだが、四つも名があって、老後の思い出が賑やかなのは、仕合せだと思う。」(「あだ名」幸田文、日本の名随筆・別巻二十六に所収)

渾名 あだな

古くはコンメイともいった。〈綽名〉とも書き、〈ニックネーム〉や〈親称〉〈愛称〉など異名をも含めた総称である。☟ニックネーム

「頭ニ毛ノナキヲ、年寄のきんかつぶり、はへすべり、ナドト、あだなニ云ヒテ、若キ人タチ笑フ」(慶長見聞集・四・当世男(ヒゲ)ナキ事)

参考

●京極様のとき(*慶長五年~寛永十年)、町人に灰屋何某といふ者あり、緋ぢりめんの頭巾を拝領してかぶりありく、其の頃町方にて下々にては緋ぢりめんは取扱申さず、見たる事もなし、珍しき灰屋の頭巾と申しはやし候由、&拾椎雑話・十六

●古今有名人物の渾名     荻生まとめ

天圧(あめおす)の神(神武天皇)、算左衛門(会田安明)、甘藷先生(青木(こん)(よう))、憂国のドンキホーテ(赤尾敏)、人間機関車(浅沼稲次郎)、貧乏公方(くぼう)(足利義昭)、トンヤレ宮さん(有栖川熾(ありすがわたる)(ひと)親王)、   女彦左(淡谷のり子)、一万田法王(一万(いちま)()(ひさ)())、       捨聖(すてひじり)(一遍上人)、ミスターカルテル(稲山(よし)(ひろ))、     眼千両(五代・岩井半四郎)大雷(おおいかづち)(梅が谷藤太郎)木食(もくじき)上人(応其)、赤穂の昼行灯(あんどん)(大石良雄)、笑わず屋(金井三笑)(ジャン)聖(阿佐田哲也)、          早稲田の大風呂敷(大隈重信)、強盗慶太(五島慶太)猿面(さるめん)冠者(かじや)(豊臣秀吉)、さまさようせい(徳川家綱)、夜嵐お絹(原田キヌ)、財界ご意見番(三鬼陽之助)、白足袋宰相(吉田茂) 

東百官 あづまひゃっかん

室町末期に関東の豪族武士らが京都の官名になぞらえて用いた私称。

いちおう出自の由来などを自称したものの、上方憧憬のあまり、その多くは付会(こじつけ)あるいは誤用である。〈相馬百官〉の別称をもつとの説もあるが、真偽のほどは定かではない。☟相馬百官

参考

●源内平内など云ふはいかゞしたる官にか候ぞ、内舎人に成りたるを云ふ、源氏の者の成りたるをば源内と申し、平氏は平内、藤内、善内など申候、皆其の姓を付けてよび侍る也、位署には内舎人某と書くべき也、平内左衛門など申すは、内舎人より左衛門尉に成りたるを、もとの官を付けてよぶ也、太郎など申す仁の左衛門に成りたるを、太郎左衛門と申すもおなじ事也、勘解由左衛門、弾正左衛門など皆同事なり、勘解由判官、弾正忠などより左衛門尉に成りたる事也、&官職難儀・三十●平馬藤馬といふ名を東百官といへり、左にあらず、京官にて本百官なり、左右の馬充の平氏の人なれば平馬といひ、藤氏の人なれば藤馬と古来称せし也、たとへば源氏の蔵人を源蔵といひ、平氏の蔵人を平蔵といひ、内舎人の藤氏の人を藤内といふ類也、いつの時よりか平馬藤馬を偽官の内へ入れたる事誤れり、&秋斎閒語・三●伊織、小膳、多聞、多宮、要人(カナメ)蔵主(クラウヅ)、左膳、右膳、藤馬、求馬、久馬、などゝ云ふ名を東百官と云ふ、禁裏の官名に似たる故百官と云ふ成るべし、京都の官名にあらざる故東とは云ふなるべし、平親王将門下総の国に都を立てし時、定めたる官名也と云ふは誤り也、古書に東百官の名付けたる人見えず、近代関東の武士の名に左門、伊織、藤馬、平馬などゝ云ふ名あるによりて東百官といひ習はしたるを、将門の定めし官名なりと付会したる也、官名に似たるやうなるゆえ東百官といふなるべし、&貞丈雑記・二 

当て字姓 あてじせい

在来の有名姓称を音訓によって漢字書きで当て表したもの。たとえば藤原→不死原、源→水元、麹屋→糀谷 の類である。

身分差などで同字表記ではさしつかえがあり、遠慮して当て字を用いた避称例が多い。

宛名 あてな

一般には手紙や文書の届け先任の氏名をさすが、これとは別に〈渾名〉の意味を含んだ古語でもある。

「面体からだへ数ケ所の手疵、それ故に宛名をば切られ与三郎ととなへるよし、」(与話情浮名横櫛・五幕)

後姓 あとかばね

〈後姓〉〈跡姓〉とも書く。また、俗語で「後釜」ともいう。血統を引く者。子孫。後裔。

「兼助の中納言、衆樹(もろき)の宰相も、今まであとかはねだにいませず、」(大鏡・道長伝)

アナグラム名 ──めい

ある語句のつづりを一字ずつに分解し、そのすべてを使って、まったく別の語句に仕立てるものを〈アナグラム〉という。

簡単な例では、「とけい(時計)」を「けいと(毛糸)」に、live()evil()に換えるといった言葉遊びの一つである。

アナグラムは西欧で古くから発達した言語遊戯で、王家によってはアナグラムを得意とする宮廷詩人を擁した例すらあった。その点、西欧の言語は日本語とちがい、限られた数のアルファベットをさまざまな組み合わせでつづるものであるためアナグラムに適しているわけだ。

日本語においても、単純なものは名称などのアナグラムから、複雑なものはいろは四十七字をつづり換えた「無同字歌」まで、事例に事欠かない。

人名はたいてい短い音数であるから、手軽に〈アナグラム名〉が作れる。たとえばタレントのタモリは本名が森田(一義)、姓をアナグラム+倒語化し芸名としている。推理作家の泡坂妻夫(あわさかつまお)は本名が厚川(あつかわ)正夫(まさお)で、これをアナグラム化。私事だが、かくいう筆生も、

 (うち) (やま) (ゆき) ()(本氏名)

    ↓

(きゆう) ()ちや(氏名のつづり換え成句)

   ↓

(おぎ) (ゆう) (まち) ()(さらにペンネーム化)

と、アナグラムにのせたものである。

アノニム anonym

英語で「匿名」をさす。

転じて、いたずら書きやポルノ偽書などのような無記名、偽名といった作品の非人格ジャンル全体をいうこともある。☟匿名

我孫 あびこ

我孫子、吾彦、阿毘古、阿弭古など異なる当て字がいくつかある。古代氏姓の一。

もとは官名(つかさな)を借りた(かばね)という説が有力で、今も各地に名をとどめている。大和地方のものをさす「(かるの)我孫(あびこ)」の別称もある。

参考

阿毘(アビ)()は、日代段に木酒部阿毘古、景行紀に山辺阿弭(アビ)()など云姓も見え、姓氏録にも、(カルノ)我孫(アビコ)などあれば、まづは(カバネ)なれども、姓氏録に、たゞ我孫(アビコ)(摂津の国の神別、又同国雑姓なり)我孫(アビコノ)公(和泉ノ国ノ雑姓なり、以下略)など云もあれば、尋常の尸とは、いさゝか異なるが如し、さて称意は、吾彦(アビコ)と云ことにやあらむ、&古事記伝・二十二

尼 あま

アマゴゼ、アマゴ、アマゼとも発する。

尼上(あまじよう)〉〈尼前(あまぜ)〉〈尼入道〉〈尼比丘(びく)〉〈尼法師〉など別称もいろいろある。尼僧への敬称。

「尼、女ノ義、梵語ニ、僧ヲ比丘(ビク)ト云ヒ、女僧ヲ比丘尼(ビクニ)(僧女)ト云フ、コレヲ()トノミモ云フ」(新編 大言海)

天下り系図 あまくだりけいず

祖先から当代へと時系列順に展開していく順当形式の系図。

ごく一般的で、天皇家の系図はこれの代表的なもの。逆行形式のものに〈さかのぼり系図〉がある。☟系図 ☟さかのぼり系図

図▼甲斐武田氏(清和源氏系)の天下り系図〔日本苗字家系大辞典、森岡浩著〕

 尼名 あまな

尼になってから付けた名前。

「妻のお節髪を切りそぎ尼名(アマナ)も妙節とあらため、」(教草女房形気・九・初段)

阿弥陀号 あみだごう

〈阿号〉と略すことも。

浄土系の僧をはじめ仏工、能役者、画工などが名の下に「阿弥陀仏(あみだぶ)」「阿弥」「阿」を法号として用いたもの。

鎌倉初期の浄土僧、重源(ちようげん)が提唱してから普及し名本阿弥陀仏、寂阿弥、世阿などおびただしい例が見られる。☟阿号

参考

●大方東大寺の俊乗房は、阿弥陀の化身と云ふこと出きて、わが身の名をば南無阿弥陀仏と名のりて、万の人に上に一字おきて空阿弥陀仏、法あみだ仏など云ふ名を付けゝるを、誠にやがて我が名にしたる尼法師おほかり、はてに法然が弟子とてかゝる事どもし出たる、誠にも仏法の滅相うたがひなし、是れを心うるにも、魔には順魔逆魔と云ふ、この順魔のかなしくかやうの事ども教ふる也、弥陀一教利物偏増のまことならん世には、罪障誠に消えて極楽へまゐる人も有るべし、まだしきに真言止観さかりにもありぬべき時、順魔の教にしたがひて得脱する人はよもあらじ、悲しき事ども也、&愚管抄・六

漢氏 あやうじ

古代、わが国に渡来した漢民族子孫の集団呼称である。

東漢氏と西漢氏とに分かれ、うち前者は雄略天皇から〈(あたえ)〉の姓を与えられたことで知られる。

あやかり名 あやかりな

〈果報名〉とも。

神仏や自然の造物、あるいは偉人・主君などに願望を託し、かくありたいとして付ける名。たとえば貴人から二字頂きの行為は、〈あやかり名〉の典型である。

ところがせっかく頂戴した名も、名前負けするというので、名札を床の間に飾っておくだけで、実際には使われない例も少なくない。

歌聖の藤原定家は、古今集歌人の才媛藤原因香の名に傾倒し、とうとう自分の長女に因子、次女に香子とあやかり名を付けた。現代でも美智子皇后が御成婚を発表された昭和三三年から翌年にかけ、新生児に「美智子」の命名が激増したのも明らかなあやかり名流行現象である。☟果報名 ☟二字実名 ☟佳称

「沖縄における子の名づけは、あやかりの原則が最も強い。」(蒋介石やマッカーサーがいる村、柴田武)

漢人 あやひと

古代、大陸から渡来した一系統をさす。

(あや)(うじ)〉の支配下にあり、〈漢部〉〈品部〉を統率、多くが〈村主(すぐり)〉姓をもつ技能集団であった。のち、一部は(かばね)に称呼化している。

「衣縫の猪手、漢人の刀良等が始祖なり」(神功紀・五年)

漢部 あやべ

大火改心前に中国から渡来した〈漢氏〉系ベタ見の総称。

一族は〈漢人〉の支配を受けた、工芸関係中心の技能集団であった。

(みことのり)して漢部(あやへ)(あつ)めて其の伴造(とものみやつこ)の者を定めよ、とのたまへり」(日本書紀・雄略十六年十月)

粗名字 あらみょうじ

上古の名字発祥期に、、地名などにより当座用に命名した荒削りな名字。原初の名字。

参考

●この文(*日本書紀・欽明紀)によりて見れば、欽明天皇のころより、名字といへる事あるにはあらざるにや、右の紀は、一品舎人親王、養老元正天皇四年五月癸酉、功なりて奏し奉りし紀なりと世にはいひ伝ふ、さあれば朱鳥大宝和銅の年間より、粗名字といふ事を用る故に、此書紀にかくはしるされしものにぞあるべき、将其むかしの苗字は、あらかじめ家祖の出たる其地名をすぐに称して、おの〳〵わかてり、今は敢て其定にもあらず、さま〴〵なりき、&家号軒滴・上・序

在原 ありわら

古代姓氏の一。

天長三(八二六)年、平城天皇の皇子・阿保親王の子(皇孫)本主に大枝朝臣姓が賜姓された。平城帝は同様に他の皇族に対しても〈在原〉姓を賜ったが、うち業平の系譜以外は早くに途絶えた。

参考

●日本後紀に云う、天長三年阿保親王表を(たてまつ)る。高岳の親王の男女先に王号を停めて朝臣姓を賜う。臣が子息未だ改姓にあずからず。既に昆弟の子と為す。是に於て(みことのり)して姓を在原の朝臣と賜う。(仲平、行平、守行、業行等是なり)(*読み下し)&和漢三才図会・九

有る名 あるな

正しくあるへき名、すなわち本名。☟実名

「此人あやかり右衛門といひ、ある名はいはざりき、」(俗つれづれ・四)

吾 あれ

古語の自称で、私。

中世以降は〈我〉へと転じ、アレは廃れた。

「あれおしこぼちてんと腹だちののしれば」(落窪物語・一)

彼 あれ

古語の他称(対称)で、あなた。三人称の「彼」の意味にも用いた。

「あないみじ。さはあれに箔をし奉らむ」(更級日記)

彼等 あれら

古語で、自分から離れた他人に使う遠称。彼等。あの者たち。

「あれらも、世の中にはあるにや、なきにや、あらんとも、」(讃岐典侍・上)

併名 あわせな

番名(ツガイナ)とも。二つ以上の同類名で一名を構成した名。

「海彦」と「山彦」の兄弟、といったように昔の人名に散見が目立つ。

「そこで手本を示すために、東の七郎三郎(しつちようさほう)娘長女(によこ)を妾として、太郎丸、次郎丸の二人の子供を生ませた。」(日本風流故事物語・疱瘡神、田辺貞之助)

庵号 あんごう

雅号の一で、ふつう「──庵」のように庵を接尾に据えたものをいう。別に(いおり)に用いる寺号でもあるが、ここでは人名をいう。

江戸時代に文人が多用したのを始め、近代文学者の内田魯庵(初めは不知庵)、現代文学では遠藤周作の「狐狸庵」などがよく知られている。

案じ名 あんじな

渾名(あだな)〉または〈替名(かえな)〉をさす近世語。

「喜多左衛門とは言はず歌右衛門〳〵と役者の名に有たを直に案じ名によびける、」(当世宗匠気質・五の二)

安名 あんみょう

禅宗の〈法諱〉の一つで、新たに得度受戒した僧に与えられる法号。

 

 

汝 

上代後で、お前。相手を卑しんで呼ぶ対称である。

「樹の間よも伊久比を打ち、下つ瀬に真杭を打ち、」(古事記歌謡・九十)

──伊 ──い

古代、人名の下に付けた接辞。

和気、仲麻呂、道鏡など、左記引例においては、蔑称として用いたようだと解釈している。

参考

●人の名の下にいふ伊/人名の下にといふこと、続日本紀の宣命に見え、万葉集にも見えたれば、近世古体の文章を書く人、誰が名の下にもといふ事をそへてかけり、げにともともいひがたく、何もいはざれば、つまりてあしき所に、をおけば、其所、ゆるみてしらべよく聞ゆる事もあれど、いといふ其意味を考ふるに、憎み、さげしみ、いとはしく、きらはしくなどおもふがためにはいふべく、めでうつくしみ、尊み敬ふなどのためには、いふまじき事とぞおもはるゝ、すでに富士谷(*成章)大人はものゝうしろへおしやる気味なりといはれたり、おもへば(いな)といふ詞、全く其意味なり、又我郷の俗言あしき人を罵りてイナといへり、古意なるべし、&雉岡随筆・下

家主 いえあるじ

イエヌシとも。別に〈家の君〉〈家長(いえおさ)〉の称も。

一家の主。

「よべより三日の家のあるじの近江(あふみの)(かみ)」(宇津保物語・蔵開下)

家刀自 いえとじ

イエトウジとも。〈(いえ)()自女(じめ)〉〈(いえ)童子(どうじ)〉とも称する。一家の主婦をさす尊称。

「家刀自 其ノ家ノ刀自。家ノ妻ノ尊称。延ベテ、いへとうじ。内儀。主婦。」(新編 大言海)

家名 いえな

〈家の名〉とも。

その家の呼び名。これには姓氏や居住地、官職名などを当てたものも含まれる。

「家名 其く住宅の呼び名。南家(ナンケ)、北家、小松殿、門脇殿ノ如シ。」(新編 大言海)

家号 いえのな

商家などで「──屋」とした称号。

室町初期に発生したと思われる言葉で、往時に商家をさすイエノナはとうに死語になっている。この場合はカゴウと音では発しない。

引例の『玉勝間』に詳しいが、論旨に筆者(本居宣長)のうがちすぎがうかがえる。☟屋号

参考

(ナニ)()といふ家の()の事/近き世、商人の家の号、おしなべて某屋といふ、それにいろ〳〵のしなあり、まづ酒屋米屋などいふたぐひは、其物をうるよしにて、こはふるくもいひしことにぞ有けむ、又大和屋、河内屋、堺屋、大津屋などのたぐひは、先祖の出たる国里の名也、又えびす屋、大黒屋などは、福神といふをもて、いはひたる也、又松屋、藤屋、桔梗屋、菊屋、鍵屋、玉屋、海老屋、亀屋などいふたぐひ、木草の名、うつは物の名、あるは魚鳥の名などもてつけたるは、風流たるをこのめるにて、これも中原康富記に、応永二十七年十一月七日壬申、春日祭也、予依為分配、早朝南都下向、天蓋大路、亀屋著之、史員職行秀等、同宿也とあるを見れば、そのかみもはやく有しこと也、この亀屋は、旅人やどす家にや有けむ、さてこのたぐひの号は、もろこしの国にて、某堂、某亭、某軒、某斎などいふと同じこゝろばへなり、さる故に、むかしは商人のみならず、然るべき者も好みてつけたりと見えて、伊勢の御師といふものなどにも某屋太夫といふが多く有也、そはもと風流たるを好みてつけたる物なるを、あき人の家に、おしなべて某屋とはかくゆゑに、今はかへりて卑き号となりて、先祖より伝はりたるをもいとひて、屋字を谷にかへなどすめり、さてかのもろこしの某堂某斎のたぐひは、物しり人風雅人なども、商人もかはることなくて、同じさまにつく事なるを、御国にても、まねびてつく人多き、それをばあき人の家の号に同じとて、いとふことなきは、からめきたるにまぎるればなるべし、しかるに近きころ、古のまなびするともがらは、その某堂某斎のたぐひは、からめきたるをうるさがりて、皇国ことばもて、つけむとするに、かの松屋藤屋のたぐひは、さすがにさけむとする故に、つくべき号なくて思ひわぶめり、或は(ナニ)の屋と、のもじを添て分むとすれども、木草などのうちに、みやびたる名は数おほからねば、こゝにもかしこにも、同じことのみいでくめり、そも〳〵もろこしのは、多く二字をつらねてもつくる故に、いかさまにも心にまかせて、めづらしくつくべきを、皇国言は、二つかさねては、長くなりてよびぐるしければ、かにかくにつけにくきわざなりかし、&玉勝間・八

家元号 いえもとごう

華道・茶道など芸道において、流祖であることを正当に伝えるための本家名乗り。

たとえば華道では、最古最大の「池坊」や茶道の「千家」のように、その家統と並んで継承者をもさす。

位号 いごう

呼称範囲を拡大解釈して〈位階官号〉とも。

公家や官人等の身分上の位階、たとえば「正三位」などを示す表記。

『続日本紀』巻二、大宝元(七〇一)年三月甲午の条に初出の語である。高僧への賜号の場合もこの言葉を使い、「鑑真はこれらの功績によって伝灯大法師の位号を授けられた」のように用いる。

延喜式律令下での位階位号は、正一位を頂点に、従一位・正二位・従二位・正三位・従三位・正四位(上下)・従四位(上下)・正五位(上下)・従五位(上下)・正六位(上下)・従六位(上下)・正七位(上下)・従七位(上下)・正八位(上下)・従八位(上下)・大初位(上下)・少初位(上下)となっている。ちなみに明治初期の官位制度を引いておこう。

参考

●官位職制追々御定めに成り、位階は正一位より従九位まで、九位の下に大初位少初位あり、通計二十階なり。古は従八位の下に初位を置かせられて正九位従九位の二階無く、且正四位より以下は各々上下の称ありしが、今は上下の称を廃せられたり。/但し四位以上は勅任、五位六位は奏任、七位以下は判位の官なり。/此位階と官職との相当表は既に官板にて彫刻あり。近日御公布に成るべければ爰に記さず。只大蔵省より出たる官録定則の大略を抄録す。 *以下略も、第一等(現米千二百石)~第十六等の三(同十二石)各相当奉碌石数などが記載されている。&中外新聞・明治二年八月二十六日

異号 いごう

〈異名〉のこと。別の呼称。

「香車は、一筋にむかふへ行がゆへに、異号を(やり)といへば、是になぞらへて、遣手を香車といひ来れり」(色道大鏡・一)

異姓 いしょう

古訓でコトウジ。〈異姓(いせい)〉に同じ。

「三歳より大炊御門の左大臣経宗卿の養子にして、異姓他人になり、」(曽我物語・七・二宮太郎にあひし事)

異称 いしょう

〈異名〉に同じも、人名外にも幅広く用いられ、より適用範囲が広い。☟異名 ☟別称

異姓相続 いしょうそうぞく

本姓とは異なる姓を相続すること。また、その姓。

『塩尻』三十一・一に「異姓相続諸家大概」と題して、近衛信尋公をはじめとする事例がいくつか紹介されている。

参考

●此ニ当国(*伊豆国)住人ニ、加藤太光胤、加藤次景廉トテ、兄弟二人アリ、是ハ、/都ヲバ霞ト共ニ出シカド秋風ゾ吹白川ノセキ/ト云秀歌読タリシ、能因(*橘氏)入道ニハ四代ノ孫子也、彼能因ガ子息ニ、月並ノ蔵人ト云ケル者、伊勢国ニ下テ、柳ノ馬入道ガ聟ニ成テ儲タリシ子ヲ、加藤五景貞ト云キ、後ニハ使宣ヲ蒙テ、加藤判官トゾ云ケル、其子共也ケレバ、加藤太、加藤次ト云、&源平盛衰記・二十・八牧夜討事●ゑびすのみよりいだすち/みちのくのえびすの身よりいだすちのことうじなれや逢ぬこひかな/顕昭云、おくのえびすは、わが子、人の子さだめんとするには、ちゝが血と、子の血とを合に、我子なれば、親子のちひとつにあひぬ、こと人の子なれば、血ひとつにならずといへり、さてことうぢなれやあはずとはよめる也、&袖中抄・十九

異姓他人 いしょうたにん

〈異姓他門〉とも。姓の異なる他人。赤の他人。

相続者等が「相続する資格がない」など批判するようなときに用いる。

「我こそ、嫡々なれば嫡子に、いしやうた人の継女の子、この家にいりて相続するこそ、」(曽我物語・一・伊東を調伏する事)

何様 いずれもさま

複数の上位者に対する対称または他称。

「ヤア是は、いづれも様方おそろい」(南閨雑話)

異姓 いせい

〈異姓〉には、次の三義がある。

⑴姓の異なる一族、または人。

⑵母方の親戚の総称。

⑶兄弟の娘の婿。

 

一・市・都・城 いち

〈一名〉とも。

盲人の名の下に据える文字。

「1、都 盲人ノ名ニ云フ語。」(新編 大言海)

一位 いちい

位階の第一位で、正一位か従一位。

通名化して「首位」の意味を含む。一位局など。

一字 いちじ

〈一字参らせ〉〈家伝の一字〉〈通字〉とも。

身分制社会で、目上の者が自分の二字名のうち〈一字〉を目下の者に授けること。また、その授けた文字。

授けられた人は、烏帽子名一字を上に置き、その下に「通字」一字を加え二字名として名乗るのが通例であった。これから〈片名〉などいくつか成語が出来ている。貴人から一字を頂くことは、近親者として扱われ、自分の格式を上げる名誉あることである。ことに戦国様相の世であるほど、縦の主従関係の結束を固める有効な手段であった。

しかし応仁の乱以後、乱発ぎみのため一字のありがたみが薄れ、価値そのものが薄れる。たとえば室町一二代将軍足利義晴は、尼子晴久、大友義鎮、武田晴信、長尾晴景ほか何名にもに一字を与えている。☟通字 ☟片名

「少納言入道の事に合し時、二人共に出家して、名乗りの一字(*信西の西)を替へず、左衛門入道は西光、右衛門入道は西景とぞ云ける、」(平家物語・延慶本・一)

参考

●竹千代君御年十五にて今川治部大輔義元がもとにおはしまし御首服を加へたまふ。義元加冠をつかうまつる。関口刑部少輔親永(一本義弘に作る)理髪し奉る。義元一字をまいらせ。二郎三郎元信とあらため給ふ。時に弘治二年正月十五日なり。&徳川実紀・二

一字一音の姓 いちじいちおんのせい

漢字一文字で読みも一音の姓。

最も短い姓ということになるが、数少ないわけではない。井・紀・具・瀬・曽・田・津・那・野・湯・与などが多出している。通常、姓と名との間に「の」を隠し入れて発する場合が多い。紀貫之=キツラユキ。

一字書出 いちじかきだし

主君らがその片名を臣下や烏帽子子に与える場合に、〈一字〉を書面に記して賜ること。

室町将軍家は、慣例になっていた有職で家臣への〈一字書出〉を乱発気味であった。なかでも足利尊氏の場合が有名で、最初は主君であった鎌倉北条氏の高時から「高」字を貰って高氏に、次に将軍になると後醍醐天皇から尊治の「尊」字を拝領して尊氏を唱えている。

また、奥州の名門、伊達家では代々「宗」字の賜名で知られている。☟一字 ☟片名 ☟偏諱 

一字御免 いちじごめん

〈一字拝領〉〈偏名(へんみよう)拝領〉〈一字下され〉とも。

武家社会で主君など尊長が、家臣に対し自分の(いみな)一字を賜ること。

諱の下の文字を賜るのが原則だが、ときには引例のように上の文字や通名や官名を対象にすることもあった。室町幕府の〈一字書出〉が江戸時代になってから俗化されたしきたりとなり、この語が勢いを得て使われるようになった。☟一字 ☟一字書出

参考

●伊具入道被射殺附諏訪刑部入道斬罪/正嘉元年二月二十六日、相州時頼入道ノ嫡子正寿丸、七歳ニシテ将軍家(*宗尊親王)ノ御所ニオイテ元服アリ、武蔵守長時以下、一門御家人参リツドフ、親王将軍家、スナハチ宗ノ字ヲ下サレテ時宗ト号セラル、&北条九代記・八

一字襲名 いちじしゅうめい

単に〈襲名〉と略すことも(この場合は総名も含めるので、使い分けに注意)。一家、一氏族において、先祖伝来の〈一字〉を代々襲うこと。

中国や朝鮮では伝統的に守られてきた慣行だが、日本では鎌倉北条家はじめ何例か集中的に見る程度で、全体的にあまり重視されることはなかった。☟一字 

参考

●祖のあざなをつく事/今の世に、たとへばおやのあざな三左衛門といへば、子もうまごも、そのあざなをつくなるは、み国ぶりにして、いとよきならはしになん、しかすれば其家のすぢ、よくわかれて、まぎらはしからず、神武天皇は、彦火火出見尊のうまごの君にして、神日本磐余彦火火出見尊と申しゝも、さるみこゝろしらひにこそ、中ごろよりのちも、人の名つくに、とほりもじとて、ふたもじのうち、一もじは、さき〴〵のによりて、ものすなるも、いにしへよりのみくにぶりにしたがへるにぞ、&松の落葉・四

一字頂戴 いちじちょうだい

主君らが家来に自分の片名を贈る〈一字御免〉を、戴く家来の側からとなえた敬称。☟一字拝領

参考

●御一字頂戴之家々/一、御称号(*松平)計被下置 松平土佐守/従先規御称号御一字不被下家々/佐竹右京大夫 藤堂大学頭 宗対馬守 &柳営秘鑑・一

一字名 いちじな

〈一文字名〉とも。〈一字名〉には、次の二義がある。

  貴人、大名などの実名を一文字のみで略したもの。もと朝廷や自邸において、正式名を名乗るまでもないような場合に用いたのが始まりという。

よく知られた例に、正親町天皇の「家」、公家の近衛信尹の「尹」がある。引例に見るように、渡辺一党は嵯峨院の臣籍降下系統で、四十数名がすべて唐名にならっての漢字〈一字名〉であった。

  和歌や連歌の懐紙、短冊などに実名代わりに用いる一字の雅号。豊臣秀吉が用いた「松」、千利休の「易」、毛利輝元の「本」などがよく知られている。

別に、三業地などで芸妓らが客の名前の一字を取り、「高橋(ター)さん」といったように呼ぶ慣わしも、広義には一字名である。

参考

●一字の名もふるくあり、続紀に津守連通、石川朝臣樽、紀朝臣家、鴨朝臣助、車持朝臣益、船連薬、小野朝臣老、山田史銀、吉備朝臣泉、土師宿禰位など見えたり、是より前にも後にも、なほおほかり、&名字弁●宇治合戦付頼政最後事/渡辺党ニ(ハブク)(ツヅク)(イタル)(サトル)(サヅク)(アタフ)(キホフ)(トナフ)(ツラナフ)(クバル)(ハヤシ)(キヨシ)(ススム)ナンドヲ始トシテ、各一文字声々ニ名乗テ、三十余騎、馬ヨリ飛下々々、橋桁渡テ戦ケリ、&源平盛衰記・十五

一字名乗 いちじなのり

〈一字名〉に同じ。

「渡辺の一字名乗の者達一人として百騎千騎にもあはなんといひけれども、」(平活物語、金毘羅本・中)

一字名前 いちじなまえ

〈一字名〉同様に、実名が一字だけのもの。有名なのは嵯峨院の嵯峨源氏の系統で、五十名に達したといわれる皇子のうち臣籍降下した男女子はみな〈一字名前〉とされた。たとえば、(いく)(いたす)(いたる)(えらむ)(おこる)など、唐名にならっての漢字一文字であった。現代でこそ一字名前は珍しくもないが、二字名前が主流であった当時としては、思い切った英断といえた。☟一字名

一字拝領 いちじはいりょう

〈一字御免〉の君臣の立場を逆にした場合の言葉。

すなわち、家臣が主君から〈一字〉を与えられた場合には、用語が「拝領」または「賜わり」に変わる。☟一字頂戴

参考

●同年(*天文十一年)五月七日ニ、(*大内)義隆卿敗軍也、此時八杉ノ浦ヨり舟ニ乗リ、阿陀加江ト云処ニテ、義孝ノ養子ノ家督大内新介植持ハ、舟ヲ乗沈メテ逝去ス、(*中略)去ル天文八年六月十九日、十六歳ニテ左兵衛佐正五位ノ下ニ任ジ、初メハ植持ナリシヲ、公方(*足利義晴)一字ヲ賜ハリ、晴持ト改名シ、今年十九歳、花質紅顔美麗ニテ、比類ナキ児ナリケルヲ、惜ヌ人コソナカリケル、&中国治乱記

一字平出 いちじへいしゅつ

一文中に天皇や貴人の名がある場合、その一字を次行の上に出して、他行の頭と同じ高さにして書くこと。

敬意を表す作法として近代まで踏襲された。

「わが国の昔は、一字平出と一字空までなり」(南留別志)

一字返上 いちじへんじょう

用いていた一字を使わずに排除すること。

主従が敵対するなど事情が変わった場合には、貰った一字を途中で捨て去ることもある。徳川家康の例だと、元服時に今川義元から頂戴した「松平元信」を、桶狭間の戦で義元が敗死するやいなや、の字を捨てて家康と改名している。

一族同苗 いちぞくどうみょう

同一苗を共有する一族。また、その苗字。

参考

●姉川合戦の事/右近(*坂井氏)が一族同苗のものども、口惜しくや思ひけん、百余騎引返し戦いしが、枕をならべて討死し、残り少なになりければ、&浅井三代記・十五

一代称号 いちだいしょうごう

〈一代号〉とも。

当人一代限りに通用させる意図で付けた称号。賜姓では、その嚆矢ともいえるのが「橘」姓を賜わった橘三千代である(☟橘)

参考

●一代称号の事/公家にて家名を称号と云、武家にては名字といふ、遙に降り、工商の家にては何屋と云の類なり、さればその号に一代号有、代々の称号あり、たとへば九条殿御家にて申さば、兼実公より以来、都て代々九条殿と号す、縦其主は他所に住居ありとも、称号はかはる事なし、此家極まらざる以前に此号有、いはゆる九条右大臣師輔公、同大相国伊通公の類也、これは当時の御住所を指して申も有り、又何となくふと称号を付けさせ給ふもあり、是皆一代の号也、此事諸家に有り、三条大納言通冬といへば、三条家と心得人もあれど、是は中院也、太秦の内府信清公、衣笠内府家良公など申も皆同事也、たとへ又諸家極りても、其家一代々々にて別名ある事あり、洞院太政大臣公守公を山本と号し、久我の内府通基公を愛宕といふの類、家々に多き也、されば家さへ極まらば、あなたこなたと別名は有間舗事なれど、深き御いはれあるにや、さま〴〵の別名をつきたまふなり、&昔伝拾葉・上

一代免除 いちだいめんじょ

江戸時代、功績のあった百姓、町人に苗字帯刀を、その身一代に限り許可したこと。

「勿論何ぞ訳ありて従公儀、苗字帯刀永々御免除か、或は其の身一代御免除の百姓は申に不及、」(地方凡例録・七)

都名 いちな

〈一名〉〈市名〉とも書く。

琵琶法師の通称から盲目の法師の総称へと広がる。

城一検校が後宇多天皇から城の一字を頂戴したのが嚆矢とされている。後に卑属化して、座頭であることを示す「──市」という下付け名になった。

「お出入りの按摩が招きもせざるに、一名の僧俗邪魔になりて迷惑なれど、」(教草女房形気・巻五)

参考

●城字都字のこと/「庭訓往来抄」びは法師、中頃は盲たる者入道して鼠色なる衣を着てびはを袋に入て廻なり云々、近代公家に或公達の盲目ありしを直垂をきせて京中ばかりを経廻られし也、余りに平家面白かりしに依て禁裏へ被召琵琶を弾じ物語をせしなり、其恩賞に城といふ字を賜る、やさ方は上につくいち方は下につくなり何れも城字なりといへり、此こと正否はしらず、城字を一と読みしこと都の字用るが如くなりしことあり、&嬉遊笑覧・六上

一人両名 いちにんりょうめい

一人で二つの名をもつこと。また、その名。

「菊五郎も梅幸も同じことだ。」「一人両名か。とんだお尋ね者だ。」(独道中五十三駅・五幕)

一の名 いちのな

もう一つの名。

〈別名〉にほぼ同じ。☟別名

一夫婦一戸籍の原則 いちふうふいちこせきのげんそく

戸籍用語の一で、戸籍は一組の夫婦を中心に編成される、という大原則。

戸籍法の定めでは、二組以上の夫婦が同一戸籍に記載されることはならない、としてある。このため、養子縁組で養親の氏を称して入籍し、かつ、その養子に配偶者がいる場合は、別に新戸籍を設ける必要がある。

一名字 いちみょうじ

名字を同じくする一族。一家の者。

一苗避称 いちみょうひしょう

高貴な苗字名前など、付けるのをはばかり避けること。また、その苗字名前。

参考

●此安左衛門(*山川忠義)といへるは、性質健固なる人にて、(*中略)市人等恐るゝ事大方ならず、(*中略)山川白酒といふを商ふ者も、この人の苗字を呼事を恐れ、招牌にも山川の字をば削りさりしとなり、&有徳院殿後実紀付録・四

一名 いちめい

古くはイチミョウともいった。本名以外の名。

「従来通称名乗両様相用ヒ来リ候輩、自今一名タルベキ旨御布令アリタリ」(新聞雑誌・四五、明治五年五月) ☟別名 ☟異名

参考

●一名/明治五年五月、従来通称と名乗の両様を用ゐ来りし処、自今一名たるべき旨達せらる、&明治節用大全

一名主義 いちめいしゅぎ

明治八(一八七五)年二月公布の「平民苗字必称令」は、全国民に苗字と名とを合わせて一名のみを名乗るよう令達した。

すなわち、それまで庶民が実名と通称を併称していたものを一本化せよ、と法律で強制したのである。これを戸籍での〈一名主義〉といい、引例のように、法曹関係にあった森有礼らがその先鋒をになった。☟実名一本主義

参考

●第一 通称ヲ廃シ、実名ノミヲ可用事。/第二 又官位ヲ以テ通称ニ換ル等ノ弊モ矯シ、上下一般実名ノミヲ可用事。/軍務官判事 森金之丞 *このあと森の事由説明文が続く。&公議所日誌・明治二年四月

一門 いちもん

〈一家族〉〈同族〉とも。親族関係を構成する人たちの総称。

「召次の長になされたりけるに、一門の者ども、悦びにつどひけるに、」(古今著聞集・十六の五百十八)

一系別姓 いっけいべっせい

常識的に一族同系のものは同姓であるのが通例なのに、一人一人が異なる姓を名乗ること。また、その姓。

これは北条はじめ鎌倉時代の東国武将間に見られる特徴である。なかでも引例に見る三浦(みうらの)(すけ)義明一族は、父子兄弟それぞれが異なる地名を冠して呼称し合い、本姓の三浦は隠されてしまっている。このことは、いうところの〈実名忌避〉ならぬ実姓忌避とでもいうべき傾向である。

参考

●二十二日壬寅/三浦次郎義澄、同十郎義連、大多和三郎義久、子息義成、和田太郎義盛、同次郎義茂、同三郎義実、多々良三郎重春、同四郎明宗、筑井次郎義行以下、数輩の精兵を相率し、三浦を出でて参向す、&吾妻鏡・治承四年八月

一人 いつじん

〈上一人〉〈上御一人〉とも。万人に一人しかいない存在、すなわち天皇。

一世 いっせ

次のような意義がある。

⑴当人の代。一代。

⑵父から子への一代。

⑶親子。

一村同苗 いっそんどうみょう

一村全戸が同じ苗字を名乗ること。

明治新姓下でいくつか現れている。百姓らが苗字の選定に困り、名主や庄屋などに任せた結果、一村の結束を固めるなどのねらいで、あるいは有力者にあやかった苗字付けを、こぞって付けたことによる。「一系別姓」に比べ対極のケースである。

稲置 いなぎ

〈稲寸〉とも書く。〈稲置〉には、次の二義がある。

⑴大和時代の下級地方官名。

⑵天武天皇「八色(やくさ)()(かばね)」第八位の職業名。

この名の発祥・由来は何説かに分かれていて定かでない。

参考

●いなぎ/稲置は、古へ公田の御倉所なるにや、又邑長の号にして、後に姓にも、所の名にもよべり、允恭紀に闘鶏国造の(カバネ)を貶して、稲置になされしこと見えたり、&倭訓栞・前編三・伊●稲置姓は、天武朝廷の詔に、八色姓を改訂め給へるとき、八曰稲置とみえたれど、いと旧き姓也、聖む(ママ)朝廷五年秋九月、(*中略)このとき正しく稲置は定め給へる也、(*中略)孝徳朝廷大化元年八月丙申子朔庚子の詔に、国造、友造、県主、稲置とみえたれば、(ウツナ)く職の姓になりし也、&姓序考・稲置

イニシャル initial

和名で〈頭文字〉。

ここでは人の姓名を欧米語書きしたときの最初の文字をいう。ふつう大文字で書く。

犬クソ苗字 いぬくそみょうじ

俗諺「鈴木、田中は犬のクソ」という句をつづめた言葉。

失礼にもありふれた苗字をからかったものだ。

鈴木は、かつて農耕俗信の象徴的名字であった。ススキは稲を積み立てるさい用いる棒のこと。これは豊作信仰の根源をなす崇神土俗と結び付いたもので、転じて「鈴木」は農民らがあこがれる名字であった。数の多さは、裏を返せば、それだけ厚い人気に支えられた名字、ということになろう。

位の称号 いのしょうごう

〈位号〉に同じ。☟位号

今── いま──

〈今様──〉とも。「当世の」「現代の」という意味を込めた代称。

この語に過去の有名人物をはめ込んで熟字化する。「今太閤」「今様義経」「今式部」など、別称や渾名によく見られる。

忌名 いみな

神を恐れはばかって、わが子にあえて忌むべき不浄名などを付けた古代の習俗。また、その名。

古代の人たちは実名を呼ぶことは敬神に触れる禁忌としていた。そこで誤って呼んでも神の崇りがないようにと願い、わが子にわざと魔除けの〈忌名〉を付けたのである。たとえば猿彦・赤狛などはまだよいほうで、中には毛媛(けひめ)、毛虫喰、岐多奈米(きたなめ)、泥麻呂、屎子(くそこ)といったすさまじい〈不浄名〉すらある。

『万葉集』などにも忌名の歌人が陽気な歌を詠んでいるのが見える。古代は複名のならいがまだ存在せず、実名である幼名が成人後も用いられたため、よけいに目立つのであろう。

個人の実名の変わりに〈諱〉を用意するようになったのも、中国文化の模倣ばかりでなく、この原習俗に由来する。

諱 いみな

〈諱名〉〈謚〉〈諡〉とも表記。大和言葉で〈おくりな〉〈のちのいみな〉などという。

〈諱〉は本来漢語で、彼地では生前の実名を「名」と呼び、死後にその名を敬避するため諱を贈って代称とした。しかし渡来後年月がたつと、敬避の意義が薄れ、さまざまな態様に変化して、実名と並ぶ通称として用いられるようになった。ことに貴族社会で、家名温存の方策として濫用された。読みのほうも幾通りもある例が多く、正しい呼称に苦労する。たとえば正親町天皇の諱は「方仁」だが、シゲヒトと読むのが正しく、いわゆる()()(よみ)を知らない者は試行錯誤に迷わされる。

そこで日本での諱は、むしろ「死後に悼んで付けた称号」と定義したほうが実情に合っている。もっとも諱の語源、由来、用法については、古典資料でも諸説紛々で決め手となるものはない。

もう一つ、諱名には〈忌名〉の複義もある。古くに、みだりに実名を呼称すると当人に不吉なことが起きるという迷信から、不浄名などを用いた名前である。この別義が混乱を招く原因になった。

参考

●いみな/諱をよめり、忌名の義なり、生るに名といひ、死るに諱といふ、さるに続日本紀に、先帝御名、及朕之諱と見えたり、崩後に御名と称するは、異邦の史にもあれども、在位に諱といふは、心得がたし、西土にもこれを犯せしもの多し、よて張世南が游官紀聞に委く弁ぜり、&倭訓栞・前編三・伊●貴人の御名乗の事を、御諱といふは誤也、人の存生の時の名をば名と云ひ、死したる時は、その人の存生の時の名をば憚りいみていはず、諡をいふ也、これ子たる者は、父の名をいみ、臣たる者は、君の名をいむを礼とするなり、故にいみ名と云ふ也、此事唐の書にも見えたり、ちかくは字彙にも、生曰名、死曰諱と見えたり、是を知らぬ人は、貴人のいまだ存生にて在るに、御諱といふ人あり、是死人と同じくする也、いま〳〵しき事にて甚無礼也、&四季草・秋草上・姓名●先代(*七代将軍・家継)よりして、御名の事を御諱と称し、さりぬべき人々に御名の字賜る時も、御諱下さるゝと申しけるに、諱とは君父の死後にいたり、臣子より称する事にて、みづからの名をいふべきにあらずと(*八代将軍・吉宗が)仰ありて、享保九年十二月朔日、大納言殿(*九代将軍・家重)に、御名まゐらせられしときより、たゞ御名を進ぜらるゝと称し、さるべき人々に賜はる折も、御名の一字賜ると称することに、永くさだめられしとなん、&有徳院殿御実紀付録・五

諱の敬避 いみなのけいひ

天皇や主君などの諱を冒称しないよう、自分は別の諱を用いること。

往時に、当然の良俗として認識された。

参考

●御追号を()み奉る可きか/尊む可き明治の二字/大行天皇の御追号は愈よ明治天皇と御治定相成りたるが、之れに就き某当局者は御尊名を諱み奉りて世間に広く用ひらるる「明治屋」とか「明治何々会社」とか云ふが如き名称を改むべきやとの説あるべきも、此れは各自の意志に存する事にて必ずしも改めざる可らざるの制限も無く、従来とても天皇の御尊称を其儘姓名地名等に用ひ居る者少からず。/例へば一条、二条、三条、醍醐、正親町、花園、村上等の類是れなり、されば此等に就ては別に何等の詮議なかるべしと語れり。依つて今「明治」を称号とせる会社商店学校等に就て徴せる各個の意見を記載せん。(*後略) &読売新聞・大正元年八月二十八日

諱の変称 いみなのへんしょう

同一人物が諱を二回以上にわたって変え称えること。

足利将軍家はこの面でも頻発して目立った。

参考

●足利氏ノ諱ハ屡カハリタリ。義教初名義宣、義政始名義成、義尚、後改義煕、義植始名義材、周防ノ山口ニ在時ハ義尹ト云。義澄始名義通又義高ト改ム。&寒檠璅綴・一

諱への批判 いみなへのひはん

本人が生きているうちに諱を通用させる実名忌避慣習の是非について、古典にいくつか批判的な意見が述べられているが、そのうち本居宣長の論を引いてみる。☟諱名 ☟忌名

参考

●大かた名と云物は、貴きも卑きも、皆其人を美称(ホメタタ)へたる方にて、名を呼は、其人を敬ひ(メヅ)る意なり、然るを後世になりては、人名を呼を無礼として、諱憚ることゝなれるは、漢国の俗にならへるものなり、古の御世々々に、御名代を定置れしは、右に引る書紀の巻々にも見えたる如く、その御名を物に因せて、後世に広くのこし賜はむとての御所為(ミシワザ)なるを、此孝徳天皇の御世に、其御名を軽々しく呼ことを可畏(カシコ)しとして是を罷られしは、漢意にして、右の御意とは(ウラウヘ)なり、&古事記伝・三十五●諱/存生の人の実名の事を、諱といふ人あり、人死しては(おくりな)を称して、存生中(ぞんじやうちう)の実名をば忌憚(いみはばかり)て称せざる故に諱といふ、存生の人にいみ名あるべからず、そは続日本紀桓武天皇延暦四年五月の勅の中に、先帝御名及朕之諱云々とあるより、いひ出でし事ならん、こは名字を諱字(ゐのじ)写しひがめたる筆者の誤にて、選者の麁忽(そこつ)にはあらず、されば、存命の人の名をいみ名といふは、イマハしく穢らはし、&傍廂・後

威名 いみょう

威勢のよさを示す名。

〈威名〉には、鎌倉時代の人名冠称「悪──」、戦国時代の「鬼──」江戸時代盗賊の「──小僧」などが相当する。

異名 いみょう

次の二義がある。

⑴本名以外の呼称。〈別名〉〈別称〉と同義である。☟別称 ☟異称

  人の特徴や職業などから本名とは別に他人が付けた名前。渾名とみなせる。☟異名 ☟渾名

古今を通じて、通名と渾名とを問わず、〈異名〉は虐げられた階層ほど数多くの種類を付けられ、しかも次第に増殖していく傾向にある。

⑵の例として、随筆『傍廂(かたひさし)』後篇では「和歌四天王の異名」と題し、詠歌から付けられた異名、沢田頓阿・手枕(たまくら)の兼好・蘆の浄弁・裾野の慶運を紹介している。

「北辺大臣長谷雄中納言語第一/今昔北辺ノ左大臣ト申ス人御坐ケリ、名ヲ(マコト)トゾ云ケル、嵯峨天皇ノ御子也、一条ノ北辺ニ住給ケルニ依テ、北辺ノ大臣トハ申也、」(*⑴の意味が強い例)(今昔物語・二十四)

「水火激して頻に屁を(ひり)しにより、()(いけ)の大将と異名せられ、」(*⑵の例)(風来六部集・放屁論後編・自序)

参考

●則祐の御子を上総介義則法名円斎と申、御せいちいさく御座候て、京童は、赤松三尺入道殿と異名に申ける、&赤松紀●和歌四天王の異名/近来の人のいひ出でたる、頓阿(とんあ)(けん)(かう)(じやう)(べん)(けい)(うん)を和歌の四天王といひて、いみじき事として異名付けたり、沢田頓阿、手枕(たまくら)の兼好、(あし)の乗弁、裾野(すその)の慶運なり、そはよみ歌より出でたる異名なり、/月やどる沢田の(おも)にふす鴨の氷よりたつ明がたのそら 頓阿/手枕の野べのくさ葉の霜がれに身はならはしの風の寒けき 兼好/(みなと)()の氷にたてる芦の葉に夕霜さやぎうら風ぞふく 乗弁/(いほ)むすぶ山の裾野の夕ひばりあがるもおつる声かとぞきく 慶運&傍廂・後

異名、遊び言葉 いみょう/あそびことば

〈異名遊び言葉〉は解説するまでもなく、正称に対する異名や別称を茶化して名付ける遊び。さらっと流したほうがおかしみの効果が上がる。これの分野は広く、例示もむしろ絞り込むのに苦労するほどである。また〈狂号〉などと重なり合う場合がきめて多い。

参考

●伝承の異名

▽出雲の神(男女の縁結び)

▽町針(穴なしの針、小野小町伝説より)

▽金山寺(紀州金山寺の名物味噌)

▽聖徳太子(旧千円札。その肖像画から)

▽薩摩守(乗物の無賃乗車。薩摩守平忠度に由来)

●神田の某町名                     荻生筆

この古本屋街では読みたい本はあまりにも多くあるのに金無し(ゲルピン)なのである。高い本を買って読み終えるや売り戻し、一冊買っては叩き売って、財布を軽くする。苦学生達は活字という名の知的商品を得るために、懐の赤字を二〇〇mlずつ業者に売血して補う。この青春時代のジレンマから、仲間内では誰いうとなく、神保町をさして「貧乏町」というようになった。

異名、愚者 いみょう/ぐしゃ

愚か者の異名。

参考

●愚なる者の異名/二番 紀三井寺 南華/是等みな愚なるものゝ事をいへるなり、智ある者を一にたとへ、愚なるものを二番といひ、紀三井寺は巡礼の札所の二番なるにより、又其名をおふせしなり、南華の事は「色道大鑑」延宝六年箕山著、「南華 戯れたる者をいふ、むかしは鈍なる者の異名にはいはず、常とかはりたる人をいへり、其意は南華は荘子が寓言の儒にかはりたるによりて、いひたる名ならんを、今は誤りて鈍なる方にこれをよす」とあり、& 足薪翁記・一

異名、乞食 いみょう/こじき

物乞いの異名。

参考

●金作小僧/唐の李白がもふし子にてやあらん、腰に鋤鍬はつけねど、いづくにまた息たゆる所にうづめといわぬ計り、一年三百六十の日、かつ朝より夕まで、酒の(にほひ)せぬ折こそなかりける、一銭にかへて歌舞伎役者のもの真似するぞ、己が世わたるのたつきにて、中にも山下金作てふ女形の物まね能くうつしける故、この異名付けたるにぞありける、&只今御笑草 ●「苗もよいば代もよい、植えてさられや、こしうとめ、笠も小手も、いりもせず、はやく世をとり、嫁になりたや、/かく歌ふかうろぎ(*コウロギ)は、吹上浜(*現、秋田市)といふ一村より出るかたゐなり、ゆゑあり、こゝにもしらぬ、&水のおもかげ・参考

異名、座頭 いみょう/ざとう

願人坊主の異名。

参考

●おんぎやう/寛政の末までおんぎやうとて、その形願人坊主にて、頭を白木綿にて行者包に結び、白木綿の単物(ひとへもの)の短きを著し、下は白木綿にて女の下帯の如きものを結びて、首へ大山不動明王と書し箱をかけ、手に鈴を持、足早に往来す、子供むらがりて、「マカシヨ〳〵」といへば、(*後略)&世のすがた

異名、神道者 いみょう/しんどうしゃ

「神道者」はシントウシャともいう。神道者が門弟に付ける名号。

仏道における法号に相当する。

参考

神道(しんだう)異名(いめい)事/近年神道者といふもの出来て、その門弟となるものへ命号(みことがう)をゆるし、又は官名(くわんみやう)の下づかさなきを名づけ、(かり)(ぎぬ)浄衣(じやうえ)などをゆるす、そ謝礼(じやれい)高天原(たかまのはら)にして、神を(うる)事、(したがふ)(*源)和名抄(わみやうせう)に、乞盗部(こつとうのぶ)の第一に(つらね)し義、前にしるせしが如く然り、天子より命爵(めいしやく)もなき人何を以(みこと)と称せんや、たとへば米屋の太郎兵衛なれ共、神道の方にては、林玄蕃(はやしげんば)と名づき、豆腐屋の二郎七なれ共、神拝(じんぱい)の時は松川左京と号するなどの免状をうけ、異様(ことやう)なる姿にいだたち、烏帽子(えぼし)をいただき、わが家に恐れをだに(かへりみ)ずならべまつる所の皇大神(くはうだいじん)等にむかふ。よく合点(がてん)して見つべし、その替名(かへな)にて表向(おもてむき)の人たる用はつとまらず、その烏帽子浄衣にて町内(てうない)の出会はいふにおよばず、宮社(みややしろ)へ参詣も成まじ、然れば替名をつき、表向へも着られぬ烏帽子をかけ、歌舞伎のごとくするは、向ふ所の(しん)を偽るためか、(ひと)の見る所をおどろかしむるためか、かゝる非礼を、神それこれを(うけ)んや、察すべし、&南嶺子・第八十四

異名、賎民 いみょう/せんみん

下層民の異名。

参考

●関東にて(をさ)造をる者を久具都(くぐつ)と呼びて、平民おとしめおもへり、これ古の傀儡の類にて、住処不定の者、筬を売りありきたるなるべし、其の子孫民間に雑処せれば、いやしめて平民縁など結ばざるなり、又譜代といふもの一種の賎民なり、これ良民の奴婢が主の田畠を耕してありふる者なり、子孫に及び自己の田地を持ちて主家に隷せざれども、譜代の名目をいひ伝へていやしむるなり、また水呑百姓といへる一種の賎民もあり、自己の屋敷も田地もなくて借地に住し、賃租(こさくつくり)して世をわたるものなり、馬医をも伯楽と称し、賎民として平民はおとしめおもへり、&松屋筆記・六十五

異名、名寄せ いみょう/なよせ

異名を多く寄せ集めた文書。

なかでも『宝暦百人寄せ』(宝暦名題百三十四人異名)が知られている。ここには宝暦年中までの江戸人の異名、たとえば、こんにやく弥兵衛(浅草)邯鄲(かんたん)治助(浅草)、鬼子母神十郎兵衛(早稲田)向不見(むこうみずの)市左衛門(本庄一ツ目)、びんぼう神佐衛門(蔵前)などがずらりと並んでいる。

異名、法師 いみょう/ほうし

下級僧の異名。

参考

●小法師というもの穢多なり、禁裏内証の庭の掃除、又は不浄をとり、清所(きよどころ)のこぼれたるものをとる役なり、さあれば字は建師(こぼし)か、これを八十と云ふ、後陽成院のとき大老の小法師あり、孫は幾人(いくたり)持ちたるとあれば、八十ありと答ふ、それより八十と御付け、今は(そう)(よう)の名になれり、&嘉良喜随筆・一●阿房陀羅経道楽寺和尚/阿房陀羅経というものは物貰ひの坊主、小さき木魚を二つ持ちて打ち叩きつゝ、人家の前にも来りまた盛れる場所の路傍に立ちて、(たはむれ)し文句をしやべるものにして、その戯文句を阿房陀羅経といひ、阿房陀羅経を読む者を道楽時の和尚といふ。いはば一言にしてその説明白なりといへども、全体阿房陀羅経といへば有難そうに聞ゆれども、至てありやすき世間の穴を穿ちたる珍奇の口調なり。(*後略)&絵本風俗往来・下

異名、遊女 いみょう/ゆうじょ

遊女・娼妓の異名。

参考

●遊女の異名/くぐつ、あそびうどのたぐひ、その名異なり、同じ陸奥(みちのおく)にても、南部にて、たこといひ、おしやらくといふ、津軽にて上ざまなるを、ねもち、しもざまなるを、けんぼ、石巻にて、しばや、気仙沼のこまがり、出羽酒田ひしやく、久保田かみざまを、(*後略)&かたゐ袋・前編●売女の称号/花魁(おいらん) 娼婦 娼妓 胡姫(こき) 彩頭(さいとう) 遊女(うかれめ) 宿(よね) 妓女(たはれめ) 傀儡(くぐつ) 傾城(けいせい) 白拍子(しらひやうし) 太夫(たゆう) 白人 太夫(たいふ) をやま 艶女(あんにや) 浮身(うきみ) 流身(ながれのみ) 忘八(くつわ) (以下は自由営業の安女郎) 夜発(やほち) (そう)() 辻君 立君 夜鷹 舟饅頭 幻妻(げんさい) &『昆石雑録』合載袋ほか

異名遊び いみょうあそび 

言語遊戯の一つで、正称に対する異名や別称を茶化して名付ける遊び。

これの分野は広く、例示もむしろ絞り込むのに苦労するほどである。同類の「戯笑名」と重なり合う場合が多い。また、〈渾名〉付けの根源でもある。江戸時代の戯作者・式亭三馬の傑作を二作引いてみよう。

参考

「おれは清貧を楽む気だから早く起る気もないが、家鹿(かろく)の為に起された。あたけて(*騒々しくて)〳〵どうもならぬ びん「嘉六が酒にでも(よつ)て来やしたか 「此男は何をいふ。鼠が酒に酔てたまるものかハヽヽヽヽ びんヘエ、わつちは又(すじ)(むかふ)の嘉六が、例の生酔(なまえひ)であたけかと思ひやした 「何さ。家鹿とは鼠の異名さ びんヘエ、鼠にも(へう)(とく)(*漢語で雅号から転じ渾名の意味)がござへやすか 「表徳かはしらぬが、(しや)(くん)だの、家兎(かと)だのと(いろ)〳〵異名があるて そばからさし出てとめ左官(しやかん)だの(かべ)だのとつけるも(もつとも)。あいつが壁へ穴を明ちやァ左官騒ぎだ&浮世床・初編上●▽上へ頭の出ぬ七の字ゆえ、上江伝七(うへえでんしち)▽横へ出ぬ丹の字、これをも名付けて横江伝(よこえでん)(たん)▽竪から読んでも横から読んでもこいつは十だ、(たて)(よこ)(じう)()▽平平平平 ひらだいらひらへい▽吉吉吉吉 きちよしきつきち▽一二三四五六 ひふみよごろく▽七八九十一郎 なやこのじういちらう▽千治郎 あとのせんじらう&稀有化(けうけ)(げん) 異類異名尽 *この作は、人名文字の読みを〈考え物〉に仕立てた戯作である。解答が付いているから、読んでもどうやら納得がいく。こじつけもこう奔放にやられると感心するほかない。

異名同人 いみょうどうにん

複数の名をもつ一人の人。☟複名

「わたしの先生だった折口信夫は、釈超空というペン・ネームで、この二つの名が、異名同人ということを知らずに、慶応義塾を卒業していった者もいたくらいだが、」(「名前のこと」池田弥三郎、日本の名随筆・別刊二十六)

忌寸 いむき

天武天皇制定になる八色(やくさ)(かばね)の第四位。

天武天皇一四年六月、渡来人諸氏始め(むらじ)姓をもつ十一氏に賜ったのが始まりである。

参考

浄山(キヨヤマ) 嵩山(タケヤマ) (サカ)山 木津 (オホ)山 大岡(オホオカ) 高尾(タカヲ) 山村 倭川原(ヤマトカハラ) 長国(ナガクニ) 清川 新長(ニヒナカ) (マサ)(ムネ) 石占(イハウヘ) (サダ)() 真上(マカミ) (タカラ)&姓名録抄・忌寸

以名顕成 いめいけんせい

「名は性をあらわす」ということわざを四字成語にしたもの。

「名は性を現すといふのは、どういふ所に根拠してゐるのか知らないが、(*中略)しかし徳川家康といふ名が、いかにも老獪堅実の政治家を聯想させ、明智光秀といふ名が、いかにも神経質でインテリ武人を聯想させるのは事実である。」(「名前の話」萩原朔太郎、日本の名随筆・別巻二十六)

妹 いも

古代、女子への対称。

特定の用法はなく、さまざまな使い方がなされてきた。

「妹 ㈠男ヨリ、妻ヲ始トシテ、スベテノ女ヲ親シミ呼ブ語。」(新編 大言海)

芋── いも──

いなかものや無教養なものへの別称。たとえば「芋代官」「芋野郎」「芋堀長者」など。

「其角絵は下手なれば、みづから芋と卑下せしなるべし」(羇旅漫録・下)

妹子 いもこ

〈妹〉に同じ。

「妹子 妹ト云フニ同ジ。多クハ妻ヲ言フ。」(新編 大言海)

妹背 いもせ

〈妹兄〉とも書く。次の二義がある。

⑴親密な関係にある男女。夫婦。

⑵兄と妹。または、姉と弟。

郎子 いらつこ

やや丁寧に〈(いらつ)(きみ)〉とも。

上代語で、男子に対し親しみを込めた呼び名。

「時に太子(ひつきのみこ)菟道(うちの)稚郎子(わかいらつこ)、位を大鷦鷯尊に譲りて、未即帝位(あまつひつきしろしめさす)」(日本書紀・仁徳即位前)

郎女 いらつめ

古代、若い女子に対する親しみの呼び名。

「──郎女」のように個人名にも用いられたが、多くは通称であった。男士に対する「郎子(いらつこ)」「郎君(いらつきみ)」の語尾をに変化させたもの、という説が有力である。

参考

●郎女は、書紀景行巻に、郎姫此云異羅菟咩(イラツメ)と見え、天智巻に伊羅都売(イラツメ)、続紀二十二に、藤原伊良豆売(イラツメ)などもあり、此等に依て訓を定むべし、又舒明紀に、郎媛、孝徳紀に娘などもあり、さて男に郎子、女に郎女と云、伊羅(イラ)は、伊呂兄伊呂弟(イロセイロト)などの伊呂、又入彦入姫(入り日子入りヒメ)などの入などゝ皆同言にして、親しみ愛して云称なり、&古事記伝・二十二

異類異名尽 いるいいみょうづくし

式亭三馬(一七七六~一八二二)の作『稀有化(けうけ)(げん) 異類異名尽』は、人名文字の読みを〈考え物〉に仕立てた戯作である。解答が付いているから、読んでもどうやら納得がいく。こじつけもこう奔放にやられると感心するのみ。

▽上へ頭の出ぬ七の字ゆえ、上江伝七(うへえでんしち)

▽横へ出ぬ丹の字、これをも名付けて横江伝(よこえでん)

 (たん) 

▽竪から読んでも横から読んでもこいつは十だ、(たて)(よこ)(じう)()

▽平平平平 ひらだいらひらへい

▽吉吉吉吉 きちよしきつきち

▽一二三四五六 ひふみよごろく

▽七八九十一郎 なやこのじういちらう

▽千治郎 あとのせんじらう

 *このあとも似たような作がうんざりするほど続く。

 曰氏姓 いわくしせい

背景に何らかの理由がある氏姓。曰付きの氏姓。

たとえば、「源氏」は嵯峨天皇の皇子らが臣籍降下に伴い賜った氏で〈(いわく)(うじ)〉である。また室町時代の「池坊(いけのぼう)」は、東山殿こと足利義政が贔屓にしたことから(永代)華道家元の称号を頂戴した。こちらは〈(いわく)(かばね)〉である。

隠居名 いんきょな

家長が官職から致仕したり、家督を譲って引退したとき、改めて閑居を告げるために付けた名号。

「──翁」と翁の字を据えることが多い。引例は滝沢馬琴が隠居名について述べた随筆からの引きである。

参考

●隠居して後の名をなんとつかましと、かねてより思ひめ暮らしつゝ、はじめは公民とつかばやと思ふものから、公の字は何とやらん憚りあるに似たれば、さてしもあらず、あるいは鈍斎、あるいは淵静、あるいは愚山などさま〴〵にえらみしかども、(*中略)何はともあれ、我も名をあらためずばあらじと思ふに、あわたゞしきこゝちして、つひに滝沢笠翁ととなえかえてけり、(*中略)この名にあらためしは文政七年甲申夏四月望の日の事也&著作堂雑記

院宮 いんぐう

上皇、法皇、女院ならびに三后、准后などの総称。

「絵かき花つけたる(さぶらひ)どもいで入りて、ひとへに院宮のごとくにてぞ有ける、」(建武年中行事・正月)

院号 いんごう

〈院号〉について、人名関連では次の二義がある。

⑴譲位後の天皇が居住した後院の名を(おくりな)とした尊称。

⑵転じて、死者につける戒名のうち「院」の字を加えたもの。

「院号」⑵で目立つのは足利将軍家で、尊氏(等持院)亡き後は代々、院号を持ち続けてきた。しかも死後に、ではなくて生前から院号を(もてあそ)び帯びていたのである。江戸時代の徳川家や諸大名もたいてい院号を授けられ、町人・百姓であっても富裕な者は院号を買うことができた。この愚行は現代にも受け継がれ、金力で戒名・院号を買う俗物が後を絶たない。

参考

●院号/㈠昔、退位ノ天子、又ハ、皇太后、准母、ナドヲ称シ奉ル尊号。嵯峨天皇の御譲位後、嵯峨院ニ遷居セラレシニ始マル。後一条天皇以後ハ、在位ニテ崩御アリシニモ、院ト称セラル。又、一条天皇ノ時、皇太后詮子ヲ東三条院ト号セシヲ、女院ノ始トス。(*⑴の義)&新編 大言海●院号/我国むかし仏法に帰し、剃髪しても、度を賜ざれば法名を称する事あたはず、但出家の人は房号有、後禅宗我国に弘通し、授るに、戒名を以てし、また道号を受しむ、塔頭を立はじめ、院号寺号を称す、塔頭なしといへども、貴介は是に准じて、寺院の号を以てす、これより末々士庶といへども不憚、私に院号を称す、(*⑵の義)&孝経楼漫筆・四●摂家の院号/同天皇(*一条)の時、藤原兼家薨ず、病中出家せしを以て諡なし、其館を寺となして法興院と号す、摂家の院号こゝに起る、&明治節用大全

胤子 いんし

〈胤嗣〉とも書く。〈後継〉に同じ。

印璽 いんじ

御璽ならびに国璽。天子の印章および国家表章の印象を総称したもの。

院殿号 いんでんごう

略して〈院殿〉とも。

将軍や大大名階級に付けられた戒名。格式と権勢強調のため、「院」の字の下にさらに「殿」を付けた。

たとえば将軍綱吉の娘、紀伊徳川綱教の正室()は「明信院殿澄誉恵鑑光耀大姉」というズンと重たい〈院殿号〉付き戒名を与えられている。近代から院殿付けの一般化が目立ち、貴族や財産家らが自己顕示やあやかりに用いるようになった。〈院号〉と〈院殿号〉との明確な用法も曖昧になっている主因である。

「勅使参向ありて、(*徳川秀忠は)台徳院殿と勅諡せられ正一位を贈らせらる、」(徳川実紀・寛永九年二月二十九日)

参考

●氏上といふことみゆ、日本紀に氏長と見え、姓氏録に尸主としるされたるは、氏々の中にて上たる人といふ異なるべし、誰々を氏上とす、氏上を定などいふにて推しはからる、これ後世長者といふに同じ意なるべし、&古今要覧稿・姓氏六

 

上様 うえさま

天皇、将軍、藩主などを尊んで使った二人称ならびに三人称。

別に、領収証などで客の代称に書き込む用語。この場合はジョウサマとも発する。

「徳川亀之助様御事今日より上様と奉称、上様御事は前上様と可奉称候。」(中外新聞・慶応四年五月四日)

「上の苗字」と「下の名前」 うえのみょうじとしたのなまえ

氏名つまり苗字と名前は上下順に書く決まりから出た句。格別な意味はない。

本氏名が一本化された今日、〈上の苗字〉の数よりも〈下の名前〉の数のほうがはるかに多いのは当然のことである。

──右衛門、──左衛門 ──うえもん/──ざえもん

元官名「右衛門府」から人の名に転化したもの。また、その名。

女官の〈召名〉に()()(もんの)(かみ)などがある。後さらに一般化し、江戸時代の戯作の断章に、「いづく向けども右衛門、左衛門が右往左往」とからかっている。近世、おびただしい数が存在することから、武民を問わず安易に付けた結果といえる。

参考

●何右衛門何左衛門といふ事/今の世の人のあざなに、何右衛門何左衛門といふ事のよしを考るに、こはみかどにて左衛門右衛門などのあまたありて、まぎらはしきを、平氏の右衛門をば平右衛門、藤原氏にて内舎人かけたる左衛門をば、藤内左衛門といひてよびつるにて、左衛門右衛門はもと官なれど、かくつらねて字のやうにいひなしたるがはじめにて、のち〳〵はしもざまにて、その官ならぬ人にもいへるなり、甲陽軍鑑に、そも〳〵男が四十五十にあまり、赤口関左衛門、寺川四郎右衛門などゝ、官途受領まで仕る侍が云々といへり、赤口寺川は今名字といふものにて、それをもつらねいふさま今の世と同じ、たゞし官途受領といへるをみれば、朝廷に申してなり、わたくしにものせるにはあらず、かゝれば今の世のならひにしたがふとても、むげにいやしきものつくる民、あき人などのあざなには、こゝろしてつくまじき事なりかし、&松の落葉・一

親族 うからやから

ウガラヤカラとも。古語で、血縁につながる人々の総称。

「家のうからやからは、さみつる事よと、犬猫よりも浅ましく下墨(さげすみ)ののしられたらんは、」(小林一茶、父の終焉日記・五月十一日)

右近 うこん

〈右近〉には、次の二義がある。

⑴律令下、右近衛府に勤めた官人の役職略称。これが後に武将の通称に付けられるようになった。戦国武将の高山右近がよく知られている。

⑵女房・侍女の名の一。後の世にに通名化して、女流歌人に「右近」の名がいくつか見える。

氏 うじ

音読みでシと発する。一名主義徹底の現代では、名とあわせて「氏名(しめい)」と熟字読みする場合が多い。家という集団単位が血統を基として称した呼称。ときには支配階級にあった家の名や家格を示す称号にも、語義を膨らませて用いられている。

〈氏〉と〈名字〉はよく混同されがちである。語義からいって厳密には別のものではあるが、平安初期から氏と姓とを併せ「氏姓」あるいは「姓氏」という二字併用が目立ち、混用の弊害がより広がった。これに「名字」が加わり、さらに和漢の用法上の違いが云々されるなど、いまだに明快な定義化や用法基準がみられず混乱のままである。

語源説も賑やかで、古代朝鮮語説をはじめ、氏は血を語源としているとか、氏上という尊称に由来する、いや、身内の内の意味だなど、異説がさまざまである。あるいは引例の天野信景説(塩尻)のように、「氏は姓に同じ」と言い切っているものもある。

このように、氏、姓、名字の使い分けはまことにややこしい。これらの語源、由来および古代の慣用などについては、一部の明かな場合を除き、とうてい分量を公平に収容しきれないため姓名学の専門書に譲ることにする。

参考

●中大臣藤井宿禰 松の屋/おのが家、藤井氏なることは、世々つたへきつる家の書どもにも見えて、さだかなり、めうじはなし、今の世には、おしなべて氏のほかに、めうじあれど、まれ〳〵には、かく氏のみなる家もありけり、&松の落葉・一●堂上方ノ、近衛、一条、二条、九条、鷹司、花山、徳大寺ナド云ヘル類ヲ氏ト心得テ、藤原定家氏冷泉、藤原房嗣氏近衛、藤原教平氏鷹司ナドヽ書キシ書アリ、是レ藤原ヲ姓ト思ヒ、二条鷹司ノ類ヲ氏ト思ヘルナリ、是亦誤ナリ、アレハ各其家号ナリ、氏ニハアラズ、堂上方ニテハ、今トテモ其義明ラカニテ、御自身ニモ、近衛一条二条ナド云ヘル類ヲ氏トハサラ〳〵心得玉ハズ、唯其家ノ号ナリト云コトヲ御存知ナリ、&過庭紀談・三●今武家某氏と呼ぶ氏の字、根本は誤りなり、氏は姓に同じ、源、平、藤、橘、清、中、菅、江、紀等の事なり、新田足利其他皆称号なり、公家にて近衛九条などいふがごとし、近衛氏九条氏抔呼事はなきにて知るべし、然れども後世に及て、称号はもろこしの氏の如く、源平等は異邦の姓と等し、故に源平等をば姓といひ、新田足利などは氏と称す、本式は勅許の姓と氏といふなれど、武家は称号を以て某氏と呼来れり、万づかゝる事あり、よく其根本を知りて、今の俗に随ひて可なり、&塩尻・二十四

宇遅 うじ

ウチとも。内とも書く。〈氏〉の上代表記。

参考

●氏を宇遅と訓むは、(ウチ)ともと同語なり、語の清濁に拘はるべからず、故氏神と云は、内神といふ意にて、内に属たる神のこゝろに、親しみて云る称なり、漢字の義を放れて、言の義を思ふべし、&古史伝・二十五

氏、職業に由来 うじ/しょくぎょうにゆらい

大和朝廷というのは氏族連合政権の感がある。そのため官職に結びついた氏上の権力は絶大なものがあった。この官職はじめ各種職業に由来の氏が呼称として定着したのは、大和時代も六世紀になってからのことで、由来名中この類が最も多い。

官職にあっては物部、中臣、久米などに始まり、〈朝廷勅賜号〉による藤原、橘などはその最たるものであった。また玉造、鳥飼、久米、服部、犬飼、卜部といった職能に基づく氏の名は、いちいち由来は省くが、今にその由来を残している。

氏、地名に由来 うじ/ちめいにゆらい

職業由来に次いで多いのが地名由来の氏の名である。これは現代に残る苗字からも容易に推測でき、各地に住み着いた氏集団がいかに多かったかを物語っている。

たとえば葛城、巨勢、倭(大和)、蘇我、平群、紀氏など。また官職名を兼ねた飛鳥、尾張、屯倉、春日、県主なども地方で勢力を伸ばした豪族であった。

氏長 うじおさ

ウジノオサとも。〈氏の長者〉に同じ。

参考

●氏長 うぢのかみ 氏長者 氏上 尸主 かばねぬし/氏の長は、その一姓にての中に、一の族をいふなり、左伝に楚の望族などいふの類ひなり、日本紀に氏長と書、続紀に氏上と書るを思へば、その意たがはず、又尸主をかばねぬしと訓り、是もその意にて、姓氏録に見ゆ、後世は氏の長者といへり、&類聚名物考・姓氏九

姓氏 うじかばね

(かばね)(うじ)と。氏姓(しせい)

〈姓氏〉と書いてウジカバネと読むのは間違いではなく、古文の倒置訓法によるものである。「氏姓」をわかりやすく現代の氏名にたとえていうなら、フルネームの上半分、氏に相当する部分がこれである。

氏姓の解釈については、幾多の著作・論者によって異なる見解が示され、どの説を取ったらよいのか迷うところである。管見するに、(かばね)だけで通用する場合でも、氏を付けることによって記述上用語の膠着性を弱め、解釈範囲に広く融通性をもたせたと考えるのが筋であろう。なかには左記二引例のように、語釈にきっちり規範を定めている意見もある。

参考

●姓氏 うぢかばね/この姓を訓て訶波禰といふは、骨族の如し、骨を可波禰といふ事、顕宗紀にも、又続紀にも、根可婆禰の事有、されば姓氏録の序にいへる、人民の氏骨の義にたとへたり、これに又対ていふと単へにいふとのわかち有、かね通じていへば、姓すなはち氏を兼ねたり、又姓某氏などいふがごとき、源平藤橘を四姓といふが如きこれなり、又析ていふときは、源平藤橘の類ひは氏にて、朝臣宿禰の類は姓なり、さればこの四姓といふは、後世の俗に出たるものなり、よて忍海記には、朝臣宿禰臣連を四姓なりといへるは、その聞伝へし所古意に出たり、後人これらを思ひわかず、姓氏のまぎりやすきにしかねて、尸字を用ゐて、姓氏にわかちてんとするは謬なり、&類聚名物考・姓氏九●凡ソ日本ノ姓氏、是レハ姓、是レハ氏ト、二ツニ分ツ時ニハ、源平藤橘ノ類モ、皆姓ニハ非ズ、国史ニ賜源姓ノ、賜平姓ノトアルモ、アレハヤハリ只今ニテモ賜松平姓ノ、複姓ノ、単姓ノ、姓は何氏ノト云フ姓ノ字ト同ジ義ニテ、姓ト氏トヲ二ツニ分ケシコヽロノ姓ノ字ニハ非ズ、只何ノ事モ無ク、苗字ト云コトナリ、然ルヲ世俗ニ、国史ニ云ヘル、賜源姓ノ、賜平姓ノト云類ノ姓ノ字ニ限リテ、姓ト氏トヲ二ツニ分ルトキノ姓ノ字ナリト心得ルハ、大ナル謬ナリ、ソレヲイカニト云ニ、右ニ云ヘル如ク、氏と姓トヲ二ツニ分ツ時ニハ、姓ハ平生男子ノナノルモノニハ非ズ、然ルニ源平藤橘ノ類、頼朝時分マデハ、士庶人マデモ平生是レヲナノリ、今トテモ公家ニハ平生コレヲナノリ玉フ、是既ニ姓ニ非ズ氏ナリ、ソノウヘ国史ノ賜源姓ノ、賜平姓ノナドヽアル類、姓ト氏トヲ二ツニ分ケシ意ノ姓ノ字ナラバ、姓ハ男子ノナノル者ニアラザレバ、極テ姓ハ源、氏ハ何ト賜ル筈ナリ、シカルヲ別ニ氏ヲ何トモ賜ハラズシテ、唯源トナノレ、平トナノレト云フコトニテ賜ハリシモノナリ、姓ト氏トヲ分ツ時ノ姓ナレバ、極テ姓ニ氏ヲソヘテ賜ハルモノナリ、故ニ天子賜姓命氏ト云ヘリ、&過庭紀談・三

氏位 うじくらい

〈家柄〉とも。家系と位階。

「うぢくらひ高き人をむ子にせんとて、高ふだたつる」(高ふだむ子、天正狂言本)

氏系図 うじけいず

〈系図〉にほぼ同じ。

代々受け継いだ家系、格式、相承等を記録した文書。単に〈氏系〉という場合は、語義が広がり、文書を含めた総称になる。

「氏系図を自慢し、分別を自慢し、」(町人嚢・二)

氏子 うじこ

古代、祭祀圏を氏集団を構成した庶民。〈氏人〉とも。

〈氏上〉の統制下で、氏子は所属神社圏内で結束を固めていた。時代を経るごとに宗教色が濃くなり、単なる神社と氏子という結びつきを超えて権威の象徴、あるいは運命共同体としての結束が強まっていく。これの代表的な氏人衆に伊勢、賀茂、春日、住吉、多賀などがある。

氏子帳 うじこちょう

出生児の名前、年月日、父名を記した神社備え付けの帳簿。氏子家の出生児を洩らさず把握する目的で作られた。

「臣民共出生の児其土地の神社へ参詣致し候は戸長の証書を照し其名前出生の年月日及ひ父の名を氏子帳に記し左の雛形に隋ひ守札を可相渡事」(太政官令第三百二十三・明治四年七月四日)

氏助 うじすけ

〈氏の長者〉の補佐役を称した。

「氏上の助と云者もありし由なれど、其は考べきよしあることなし、」(姓序考・氏上)

氏素性 うじすじょう

家柄と家系。

「ハア氏すじやうほど恥ずかしき物あらじ、あくにんとはいひながらさすが長袖にておはするな」(天知天皇・二)

氏名 うじな

ウジメイとも。音読みでシミョウ。氏から発生した家名で姓名(かばねのな)とは別、現代のいわゆるシメイとはまったく異なるもの。

天皇家を例にとると、天皇は天皇氏という〈氏名〉一族の氏上であり、皇族はその〈氏人〉に相当する。大和地方では、地元にちなんだ蘇我、葛城、巨勢、宇治、飛鳥、桜井などが知られる。また帰化人には、「(はた)」「(こま)」「(あや)」などの氏名が与えられた。

氏名ノ姓名 うじなのかばねな

天皇が廷臣に賜姓の場合、単に姓だけにとどまらず、氏名に姓名を加えた形で与えること。また、その称号。

六世紀あたりから見られる慣行で、氏名と実名と姓名との間に「ノ」を入れて読み下すのが建前である。なお、当時の廷臣らの人名は、大別すると次の二つの形態があった。

〈氏名+実名+姓名型の例〉

物部(もののべノ)(*氏名)(とお)()(ねノ)(*実名)(おお)(むらじ)(*姓名) &日本書紀・六

〈氏名+姓名+実名〉

 ()(がノ)(*氏名)大臣(おおえみノ)(*姓名)蝦夷(えみし)(*実名) &

本書紀・二十四

氏名の大小 うじなのだいしょう

弘仁六(八一五)年に成った古代氏族系譜『新撰(しょうじ)(ろく)録』の記録によると、当時すでに一一八二氏が収められている。当然、氏名規模は大小さまざまで、賜姓官人の威勢が圧倒的に大きかった。引例の場合、「安倍」が〈大氏〉に当たり、「安倍──」形態の諸複姓が「小氏」に当たる。

参考

●氏上/氏とは源平藤原秦などのたぐひのものを云り、其氏に大氏小氏のけぢめあり、そを云は、阿倍氏は大氏なり、是より別れたる阿倍志斐、阿倍間人、阿倍長田、阿倍陸奥、阿倍安積、阿倍信夫、阿倍柴田、阿倍会津、阿倍猨島、安倍久努、阿倍小殿、和阿部等はみな少氏なり、&姓序考

氏上 うじのかみ

ウジガミ、ウジノコノカミとも。〈氏長(うじのおさ)〉あるいは〈氏宗〉とも称した。

古代の氏集団の長老、氏一族の長老をいう。〈氏上〉の制を定めたのは天智天皇とされており、これをとくに〈勅定氏上〉という。

また大氏の氏上には大刀を、小氏の氏上には小刀を賜わったと書紀に見える。大化改新後は廷臣として朝廷が任命し、平安時代になると宗家として血統一族を統率し、朝廷に臣従するようになった。

氏上の仕事は、一族の人事管理をはじめ祖神の祭祀、叙爵推薦、不良氏人の処罰など多方面に及ぶ。ときには朝廷から賜姓があったり、〈(うじ)(おさ)〉という称号を与えられたりした。

しかし律令制が実施されると、制度の規範についていけない長が続出し、衰微をたどることになる。☟氏長者

(*大宝二年九月二十五日)(みことのり)して、甲子の年、氏上(うじのかみ)を定めし時に載せられたる氏が、今、姓を賜れる者は、伊美吉(いみき)より以上は並び悉く申さしめたまふ。」(*読み下し) (続日本紀・二・文武天皇)

参考

●氏上は、姓にかゝはるれることならねど、是をいはざれば、ことのきこえがたきことゞものあれば、さし置がたくして其由を云り、氏上は宇遅乃賀美(ウチノカミ)と訓べし、氏とは源平藤原秦などのたぐひのものを云り、&姓序考●また、氏上といふことみゆ、日本紀に、氏長と見え、姓氏録に、戸主と知るされたるは、氏々の中にて上たる人といふ事なるべし、誰々を氏上とす、氏上を定むなどいふにて、推しはからる、これ、後世、長者といふに同じ意なるべし、&古今要覧考・一

氏爵 うじのしゃく

ウジシャクとも。

恒例五月五日、宮中で行われる叙爵の儀に、列席の有力氏の長者が氏人の叙爵を上申すること。また、その叙せられる爵位(多くは五位)

『貞信公記』天慶九年四月二十九日の上などにこの語が見える。

氏の長者 うじのちょうじゃ

氏長(うじおさ)〉とも。ウジノオサとも和訓する。

古代の氏姓制度にあって、名族の長。〈氏上(うじのかみ)〉を改称した本家の族。

〈氏の長者〉は上代の〈氏上〉に相当する、平安時代になってからの呼称である。また、

ここでいう「長者」とは、氏族制が確立した有名氏の統率者をさす。平安末期に氏上が淘汰された結果、皇籍関係を除くと、氏長者を抱える氏族は藤原、源、橘、中臣、伴ら十二氏にとどまる。さらに鎌倉時代に入ると、その封建を保つ数は一段と減って四姓だけ、といってよいほどに淋しくなった。☟氏上(うじのかみ)

 

参考

 

●氏長者/上古わが朝に、臣民を御たまへる制は、官位をば用い給はで、姓氏になむ因らせ給へりける、さるは姓は公家に仕るかたの職名、氏は族類を別つかたの称号とこゝろえなば、おほやう違ふべからず、(*中略)氏中の宗長たる者、その頭として同族を率ひ、公家に仕奉るよりいふ称にて、中臣忌部の職は、上件の如くなれば更にもいはず、たとへば膳臣は、景行天皇の御代に、膾を調て進りしに、其味美かりしかば、膳大伴部をたまへりき、それより以来膳部等を率ひて仕奉るを職とせり、&標註職原抄別記・下●不比等大臣は、山階寺を建立せしめ給へり、それによりてかのてらには、藤氏をいのり申に、このみてら、ならびに多武峰春日大原野吉田に、れいにたがひ、あやしきこといできぬれば、御寺の住僧禰宜おほやけにそうし申て、その時藤原氏長者殿、うらなはしめ給に、御つゝしみあるべきは、年あたり給殿ばらたちのもとに、御物忌とかきて、一の所より配らしめ給、&大鏡・七・太政大臣道長

氏人 うじひと

ウジウド、ウジンドとも。

古代、氏の構成員で、〈氏上〉と同じ姓をもつ人。氏上の統制のもと、氏神を奉じた。

参考

●正月二十五日の、北野のたいさくけんさくのことはじめは、菅原の氏人、第一のかんだちめのなし給ふ事なるべし、&歌林四季物語・一・春

氏文 うじぶみ

一氏の由来や先祖代々の功績などを記録した文書。

参考

●釈紀または年中行事秘抄などに引たる高橋氏文と云物あり、岩鹿六鴈命の裔の高橋氏の事を記せる文なるが、甚珍しき事実ども見え、余の書にも氏文てふことの見えたるを思ふに、古はかゝる文の多かりしと聞ゆ、&古史徴・一・夏

氏名 うじめい

ウジナとも。今にいうシメイとは意味が異なる。

古代の氏は多分に集団的な総称としての意味合いが濃かったが、単なる姓名や氏とは別して連合政権的な集団呼称をさす場合の用語を〈氏名〉と使い分けている。たとえば物部氏は討伐軍事を担当し、(かしわで)氏は朝廷の厨房職をもっぱらとし、錦織(にしごり)氏は錦織物の製作に従事した。

藤原、源、平などは氏名の典型である。

氏奴 うじやっこ

「氏の奴」「部曲(かきべ)」とも。大化改新前に、地方豪族に従った部民。

「蓋し、三嶋の竹村の屯倉(みやけ)には河内の県の(うぢ)(やつこ)を以て田部(たべ)と為ることの(はじめ)は、是に起れり。」(日本書紀・安閑元年十二月)

雅樂 うた

古代、朝廷の歌舞音曲をつかさどった職業姓。その官舎を雅樂寮といった。江戸幕府大老の酒井雅樂は、その名残りの名である。

右大臣 うだいじん

律令制度下の太政官で、左大臣に次いで政務を管掌した。〈右大臣〉そのものが人名の代称として用いられてきた。

参考

●右大臣/孝徳天皇の大化元年、蘇我の山田石川丸を以て右大臣と為す。是其の始めなり。若し左大臣関白たる時は、其の職譲るを得。猶一の上の如く諸事を掌りたまふ。(*読み下し)&和漢三才図会・九

宇多源氏 うだげんじ

宇多天皇の皇子、敦実親王の三王子が「源」姓をを賜り、その後裔を〈宇多源氏〉という。ここから庭田、綾小路、五辻、京極、六角などの各氏が分脈した。

内 うち

古代、〈氏〉の別称。

参考

(ウヂ)(ウチ)と、清濁のかはり有るに疑あるべけれど、伊勢の内宮の在る所を宇治といふも、五十鈴川の川内なる故の名なるを宇遅と云ふにて知るべし、然れば氏をうぢと云ふも同じ族内なる義より出たる言なり、&玉手繦・五

内の上 うちのうえ

宮中づとめの女御等による、天皇への呼称。

「まろは、うちのうへよりも、宮よりも、はゝをこそまさりて思ひ聞ゆれ」(源氏物語・御法)

内方 うちかた

次の二義がある。

⑴宮中の官人。

「長年の御修法、御読経などうちかたよりも始めさせ給ひ」(栄華物語・花山たづぬる中納言)

⑵他人の妻への敬称。

「既にして足下の孝あり。加るに又貞烈の令政(うちかた)あり、」(八喧伝・七の六十二)

内の方 うちのかた

貴人の妻。奥方。

「これかのかつらの家のものして、うちのかたにとらせよ」(宇津保物語・春日詣)

内の人 うちのひと

一般に、妻がいう亭主や主人への呼称。

「聊爾な申事なれ共、あれはそなたの中の人か。」(猿座頭、虎寛本狂言)

内の帝 うちのみかど

今上天皇への宮中言葉。

「うちのみかと神泉に紅葉の賀きこすめすべき御消息きこえたまふ」(宇津保物語・吹上・下)

内舎人 うどねり

律令制で、中務(なかつかさ)省の属官。

高家の子弟が集められ、朝廷の庶務に任じた。のち武士の名に組み込まれる。

(*大宝元年六月一日)始て内舎人(うどねり)九十人を補して、太政官に於いて列見す。(*読み下し)(続日本紀・二・文武天皇)

参考

●内舎人は人数多くてまぎるゝゆへに、各その姓をつけて、源内、藤内、平内、善内、伴内といふなり、天野藤内は藤原氏の内舎人なり、紀内行景は紀氏の内舎人なり、伊賀平内左衛門は平氏にて、内舎人と左衛門尉を兼帯したる人なり、今世源内、平内などと呼名につくは僻事(ひがごと)なり、&一挙博覧・四

汝 うぬ

汝等(うぬら)〉とも。江戸語で、相手をののしるとき使う対称。てめえら。

「ヤア〳〵うぬは何国の風来人」(国性爺合戦・二)

采女 うねめ

古代の朝廷に仕えた女官の職名。

地方豪族らが娘を差し出したもので、食事の給仕はじめ、後宮入りして慰安役もつとめた。後に江戸時代武士の役職名にも〈采女〉の名乗りが見られる。

「凡そ采女は郡の小領より以上の姉妹及び子女の形容(かほ)端正(きらぎら)しきものを貢れ、」(孝徳紀)

裏紋 うらもん

 定の家紋とは別に、時の流行にのって仮に用いる紋。

もちろん偽の紋所である。形式にこだわらない庶民、特に室町以降、女子の間で衣服などにもてはやされた。

羽林 うりん

〈羽林家〉とも。〈清華家〉〈大臣家〉に次ぐ格式の家。大納言まで昇進の可能性があった。

参考

●雨林家ハ、中将少将ノ唐名ヲ羽林ト云故ニ、此武官ヲ兼ル家ヲ云、コノ羽林家ノ中ニモ、宰相中将ヲカクル家少シ、大ニ規模ニスルコト也、頭中将カクル家モ少シ、正親町、中山、園、姉小路、今城、油小路等也、&職元秘抄

雲上人 うんじょうびと

〈雲の上人(うえびと)〉〈雲客(うんかく)〉とも。天皇の別称。

「主上の在すところは雲上と言ひ公卿達は雲上人と称へて、」(島崎藤村、夜明け前・第二部・上・六の六)

 

 

兄 

古語で、年長者をさす敬称。たとえば「()(ひめ)」「()御子(みこ)」「兄娘(えむすめ)」など。

「兄 (ウヘ)の約にて、(オト)の、弟ニ対スル語」(新編 大言海)

裔 えい

〈裔孫〉とも。血筋の末。子孫。後裔。

英雄家 えいゆうけ

〈英雄〉とも。〈清華〉の異称。

参考

●大納言実定と申なる、つかさもじし給て、こもり給へるとかや、さばかりの英雄におはするに、人をこそこえ給べきを、人にこえられ給ければ、くらゐにかへて、こえかし給へる、いとことわりときこえ侍り、&続世継・六・みやぎ野

衛士 えじ

律令制下、衛門府などで宮門警備等に当たった官職名。

のち橋本衛士夫など、通名に転化した。

干支にちなんだ名 えとにちなんだな

干支に事寄せての命名。

中国慣習の移入に伴い、古くから全国的に広がった。竜彦、右馬太郎、猪熊、牛五郎、於辰などといった名が現存している。

烏帽子親 えぼしおや

〈名付親〉に同じ。

武家などで、子息の元服時に〈烏帽子名〉を付ける人。☟名付け親

烏帽子子 えぼしご

男子名(おのこな)〉の別称もある。

烏帽子親から〈烏帽子名〉を付けられた者。広義に養子をさす語でもあるように、実親子でなくても烏帽子親と烏帽子子の間には擬制親子の関係が成立する。

参考

●加島合戦之事/原美濃守(*中略)是ハ下総国千葉ノ侍ナリシガ、父原能登守友胤ト云小者、小弓ノ御所合戦ノ比、総州ヨリ牢人シテ甲州ヘ行キ、(*武田)信虎ヲ頼ミ奉公シテ、度々高名シテ討死ス、其子美濃守、父ニ勝リテ大剛ノ者ナレバ、信虎烏帽子子ニシテ虎胤ト名ヅク、&相州兵乱記・四

烏帽子名 えぼしな

〈元服名〉とも。武家社会等で元服のさい、幼名を改めて付ける成人名。

「──丸」「──若」といった幼名から、烏帽子名として、父祖の名や主君の名から一字頂いてて命名するのが普通である。☟元服名

参考

●ゑぼし名といふは、元服する日に何若丸などゝふをさな名をやめて、何太郎何次郎などゝ名乗るを云ふ、はじめてえぼしをかぶる時の名なる故ゑぼし名と云ふ、&貞丈雑記・二

──衛門 えもん

 衛門〉そのものは、古代に皇居諸門の警護を勤めた役職をいう。「左衛門(すけ)」「右衛門(かみ)」といった官職名がいつしか人名に転じ、「左衛門」「右衛門」となった。

有名な近松門左衛門、石川五右衛門、酒井柿右衛門など例に不足はない。

縁氏取名 えんしゅしゅみょう

ウジニヨリテナヲトルと訓じる。氏により名を取ること。氏の字義に関連し見合った名を付けて氏名に通義をもたせること。また、その氏名。

言語遊戯性の高い命名手法で、戯号や狂号をはじめ色々な分野で例が見られる。☟名、氏因縁 

参考

●姓名称謂/天武、持統の朝廷(みかど)より、文徳清和の朝廷まで、縁氏取名たるもの多かり、その類をいはゞ、都努(ツヌノ)牛飼、都努は角なり、角によりて牛を名とせり、柿本(サル)以上書紀、柿本建石(タケイシ)、橘諸兄(モロエ)諸兄は、諸枝なるべし、簔笠麻呂、以上続紀、小楫(コカジ)、山辺何鹿(イカルカ)何鹿は丹波国の郡名なり、イカナル鹿の略辞なれば、山に縁あり、石川毛比(モヒ)毛比は水なり、淡海三船(ミフネ)、石川浄浜(キヨハマ)、加茂大川、石川魚麻呂、林山主、以上残缺後紀、橘枝子、橘千枝、橘百枝(モモエ)、橘時枝、橘末茂、橘枝主、以上続後紀、湊守(ミナトモリ)、石川橋継(ハシツグ)御船賀祐(ミフネノカユ)賀祐は櫂也、以上類史、南淵(ミナミフチノ)永河、文徳実録、柿本枝成、橘信蔭、橘三夏(ミナツ)以上三代実録、この他猶あるべし、近来狂歌師の狂名といふもの、これに近し、氏に縁りて名を取る事は、唐人(からひと)の名に(より)(あざな)せしに本つきたる()&玄同放言・三上・人事

遠称 えんしょう

話し手から遠く隔てた人への代名詞。「あの人」「あちら様」など。

 

 

御── お──

名称に冠し、尊敬や丁寧の意を表す。たとえば「御上」「音兄様」「御家様」など。

「御 ㈠常ニ、天子、神、仏、尊長ノ上ナド、万ヅノ物事ニ被ラセテ、尊ビ云フ語。」(新編 大言海)

──夫/男/雄 ──

男子名である識別の小。

近代ことに大正から昭和初期に、──夫、男、雄などは他を圧倒する命名ジャンルであった。

これも現代になると、男子名の多様化によりむしろ希少化を示しており、消滅へと向かっている。

王 おう

古語でオオキミとも訓ずる。君主の総括的な称号。

用法上は、「帝」より一等下となり、旧皇室典範では「五世以下の皇族の男子」をさす人称に使われた。

王号 おうごう

〈王〉に対し敬称として用いる号。

曖昧な用語であるが、わが国では大和朝廷の〈皇族号〉での〈全氏号〉という概念がこれに当る。

翁号 おうごう

最初は老人の呼び名、のち転化してへりくだったときに使う自称になった。さらに時代を経て、他人が年寄りを敬い付ける三人称の号〈──翁〉へと変化した。

広い意味では〈翁号〉も実名忌避の一つである。たとえば松尾芭蕉の「蕉翁」、福沢諭吉の「福沢翁」があり、他人または後世人が付けた例。「酒狂翁」「白頭翁」などは自称の名残りの例である。

王氏 おうし

〈王姓〉とも。天皇から五世までの子孫のうち、親王宣下のない皇族男子に与えられた氏姓である。

参考

●和歌作者に、兼見王などのごとき王字を加られ候、是は王氏とて、姓を未だ給はられ候はぬ人候哉、此たぐひ多候、如何/四姓無位トテ、王孫四世ニ及候ヘバ、皆無位候、仍某ノ王ト称テ、爵ヲ申請候ナリ、叙位ニ、必王氏ノ爵トテ申候モ、或寛和御後、天暦ノ御後ナド、某帝ノ御子孫共ノ爵ヲ被申ニテ、当時伯モ源ノ姓ヲ賜候ヘドモ、伯ニ成候時ハ、王氏ニカヘリ候、&多々良問答・四●神祇官/中古以来は、王氏とて、姓も給らぬ今の伯が党任る也、(*中略)大方王孫は四世にて、五代に余りぬれば王の数にもあらず、今は数代の王孫なれば、只姓を賜らぬ計にて、清家の家にはあらず、其御後と申計にて、王孫のよし也、&百寮訓要抄

押字 おうじ

名乗りを草体で書いたり、一字や吉字を選んで書き崩し模様化したもの。今にいうサインである。

『同文通考』巻三・押字に「異朝のいはゆる押字はをのが名をも(あざな)をも用ふ」と、これを取り上げている。☟書き判 ☟花押

大県主 おおあがたぬし

本来〈県主〉の官位に変わりはなく、強意の敬称として「大」字を付けたもの。

引例『古事記伝』に見るように、権威をことさら誇張した呼称といえる。☟県主

参考

●大県主/大と云は、臣に大臣、連に大連という類の例にて、加へ(タタ)へたる()なり、朝倉ノ宮(*雄略天皇)段に、志幾之大県主と云も見え、続紀には、坂大忌寸、県犬養大宿禰、陸奥大国造なども見えたり、是ら皆同例にて、大は殊に称へたるものぞ、&古事記伝・二十二

大炊 おおい

往時、朝廷で食物の保管と調理をつかさどった大炊寮の略。また、ここから出自した一系の氏姓等をさす。

江戸時代には姓に採り入れられた。たとえば徳川家康の従弟で幕府老中・大老の土井利勝は、通称の「大炊頭(おおいのかみ)」で知られている。

大江 おおえ

上代の土師宿禰(はじのすくね)から派生した姓氏。当初、大枝(おおえ)朝臣に任ぜられていたのが、貞観八(八六六)年、音人が〈大江〉と改めたのを祖とする。

世上、大江家は学識に秀でた名門として知られている。

参考

●大江/右京の人、土師の宿禰浄継に大枝の朝臣の姓を賜う。貞観八年三月二十二日、改めて大江と為す。(*読み下し) &和漢三才図会・九

大奥女中名 おおおくじょちゅうめい

将軍家の大奥に詰める女中や乳母らの総称。ただし、大名家の奥御殿も含める場合は〈奥女中名〉となる。御つほね、小大夫、おちや、おまつ、あけまき等の多彩な名が残されていて、身分の上下に随って命名に規範が設けられていた。高い身分の者では朝廷の女房名に似せた名も少なくない。低い身分のものは仮名二文字名が目立つ。

正親町源氏 おおぎまちげんじ

第百六代・正親町天皇の江戸初期に、皇孫・京極宮智仁親王の子、忠幸に賜わった源姓の一系。

氏を「(ひろ)(はた)」と称した公家で、ゆえに〈広幡源氏〉ともいわれる。

大神朝臣 おおみわのあそん

古代、朝臣賜姓の一。

参考

●又按ずるに、(大神朝臣)を、オホカと傍訓(かなづけ)たるはたがへり、おほみわのあそんと読べし、書紀には、大三輪と書り、(みわの)朝臣、神社(みわ)氏もこれにおなじ、&玄同放言・三・人事二

大連 おおむらじ

大和朝廷の執政官で、連姓中の最高位にある姓。六世紀末には消滅した。

参考

●大連/垂仁天皇の時大新河(おほにひかは)命はじめは大臣となり、次に物部連(もののべむらじの)(きみ)の姓を賜ふ、則改めて大連となりて神宮を斎き奉ると旧事記に見えたれば、これ大連の始なるべし、但垂仁の朝已に大臣となりしといふは訝かし&明治節用大全

──御方 ──おかた

貴人の妻女への付帯敬称。

もとは部屋の名であったが、御所における局の方位や位置で呼びかける人名へと転じた。東の御方、南の御方、廓の御方など。

奥様 おくさま

他人の妻女への尊敬語。

江戸時代から使われている。

参考

●大阪の市民、主人の妻を巨戸および巫医等は、京民とおなじく奥様と称し、中以下専ら御家様といふ。(*中略)新婦を御寮人(ごりようにん)と云ふ。&類聚近世風俗誌・四人事

送一札 おくりいっさつ

〈送り手形〉〈宗門送状〉とも。

江戸時代、居住地を離れる住民について、移転先の名主・庄屋あてに届く送籍状。キリシタン禁制作の一環として行われた。

「江戸屋の家をふたたび引起さんとの志をたて、親里より送り一札もらひ、」(続 鳩翁道話・一下)

贈号 おくりごう

〈贈り名〉とも。〈諡号〉とも書く。死者に贈られる戒名や法名。☟諡

「此の場で自害し其の跡の、をくりがうを待つばかり、」(傾城反魂香・上)

諡 おくりな

〈謚〉とも書き、〈追号〉ともいう。生前に業績を残した死者に贈る称号。

中国での命名制が伝わった当初、天皇にのみ贈られた。当然、漢風だったものが、安閑天皇(記紀第二十七代)以降は和風諡になり、さらに宇多天皇(第五十九代)時代に諡号制そのものが廃止となった。一般には、学者世界で先師に対し門人が贈る慣習が定着した。

なお、引例が指摘しているような誤りを犯しやすいので、時代背景の描写などでは用法に注意が必要である。

参考

●いまだ世にある人のことに諡をいへる誤/太平記に、村上彦四郎義光(ヨシテル)が、大塔宮にいつはりかはり奉りて、みづから死なむとする時の詞に、我は後醍醐天皇の第二の皇子云々といへり、其時は後醍醐の帝は、いまだ世にまし〳〵しほどなるに、いかでか後の御諡をば申さむ、しせる人のひがこと也、&玉勝間・九●諡号/支那にては堯といひ舜といふ、已に皆諡号なるべし(儒家の説は然らざれども)と思はる、我邦にては孝謙天皇の時、淡海(あふみの)御船(みふね)勅を奉じて始めて神武天皇の諡号を定む、&明治節用大全

幼字 おさなじ

〈幼名〉に同じ。

「童名。小字、幼字。」(新編 大言海・幼名) ☟幼名

幼名 おさなな

音訓でヨウメイ、〈小字〉と当て、〈童名(わらわな)〉ともいう。男女児の名。

男子幼児に初めて付けた名前の場合は、原則として、そのまま元服まで用いる。例として、亀童丸←大内義隆、竹千代←徳川家康、幸鶴丸←毛利輝元など。

また豊臣秀吉は、淀君との間にできた最初の子に「お捨」と付けたが早世、次に得た後の秀頼には、縁起をかついで「お拾」と付けた。

「抽斎は小字(ヲサナナ)を恒吉と云つた。」(渋江抽斎・十二、森鴎外)

参考

●をさな名少々/ちや〳〵 あちや かゝ とゝ あこ あか あと こゝ ちやち つま あや よゝ この類なり&大上臈御名之事●小児に名をつくる事/小児に、をさな名を付る事は、七夜につくる也、名のなき程は、若子とよび、主人の子をば若君とよぶ也、名は父の心に任せて、何なりとも付らるゝなり、又家により、定りたるをさな名あり、父の方より名を折紙に書て、大刀刀などそへて参らせらる、をさな名は、或は松竹鶴亀などの齢久きもの、又は百千万の多き数、四季の名物などの名をとる事定法なし、をさな名は、何麻呂と名づくる事本也、後に元服して男になりたる時、何太郎、何二郎、何三郎などゝ名を付也、(*割注略)是をゑぼし名といふ、其時実名をもつくる也、をさな名、何太郎何次郎などいふ名をつくるは非なり、&御産の規式

御七夜 おしちや

新生児が誕生してから七日目の夜。

この日、命名儀式などが行われる。昔は父方の実家で名付親を始め親戚などを招き、命名の儀式を執り祝宴を張った。

御帳 おちょう

人別張・戸籍の類の総称。ことに犯罪者や追放者の除籍等をくわしく記した帳簿をいう。

「思ひ切りました不孝者、町中へ御断り申して此奴めを逐ひ出し御帳から久兵衛が名を抜きまする、」(幸田露伴、椀久物語)

乙家 おつけ

身分が賎しい下官。また、その家柄。

「鎌倉殿の御教書にもをつけ甲家を嫌はず、関手取りて兵舞米にせよと候間、」(義経記・七・三)

男伊達名 おとこだてな

侠気を高めるための異名。〈伊達名〉とも。

中・近世の歌舞伎者や伊達者の間で、ことさら奇行ともども目立つように流行った。随筆『一話一言』四十四の中に「死人小左衛門」という〈男伊達名〉の最たるものが紹介されている。

男名 おとこな

〈男名前〉とも。一見して男に付けたとわかる名。

別に、一人前の男になったと〈元服名〉の意味もある。☟元服名

男名の識別語 おとこなのしきべつご

名前で男であることを示す識別語には、現代では末尾に夫、男、雄などを付け、あるいは──ヒロ・──ユキ・──ヒコ・──一など例が多い。

本居宣長は著『玉勝間』巻八「男の名にも某子といへる事」で、古代は男の名にも「──子」を付けることが多かった、と指摘している。

男の女名、女の男名 おとこのおんなな/おんなのおとこな

〈偽性名〉とも。慣用的に異例である、「男風な女の名前」と「女風な男の名前」。

 

『北窗瑣談』の引例のように、性転換でやむなく改名した例もある。

 

参考

 

●男女の名昔やうにつくはひがことなる事/近き世に、ふることまなびをし、いにしへぶれの歌よむをのこは、なに彦、くれ麻呂といふやうなる、いにしへざまの名をつくなるは、いと〳〵心づきなく、さはすまじきことになん、名はまぎれぬためのしるしなるに、なに彦、くれ麻呂といへば、いにしへの人ときこえて、さにあらず、いとまぎらはしき事ならずや、しかつきてのち、名のをかしからずとて、たび〳〵かふるは、ことにわろし、その人は、これか、かれかとまがふべし、&松の落葉・四●寛政甲寅春、備中国桧物屋の女子松といへるは、一夜発熱して変じて男子となる、年十七、八歳也、松之助と改名したるを、京都の人中山元倫をりふし備中に下り居て見しと物語なり、&北窓瑣談・四

大臣 おとど

〈大殿〉とも当てる。貴人邸宅の主人公への敬称。

豊浦(とよらの)大臣(おとど)といった例である。

(*落窪の君に)名をつけんとすれば、さすがにおとゝのおぼす心あるべしとて、」(落窪物語・一)

大人名 おとなな

〈元服名〉に同じ。童名や幼名に対し、成人名をもつこと。また、その名。☟元服名

御名付 おなづけ

新生児の命名儀式。

御名前 おなまえ 

〈名前〉に御の字を付けた丁寧語。☟名前

おの字の名 おのじのな

女子名に「お」の字を関したもの。と世→おとよ、松→お松、亀→於亀、の類。

首 おびと

大化前の姓の一。初期の伴造(とものみやつこ)に与えられ、臣・連の一段下に位した。

天武天皇「八色(やくさ)(かばね)」新設に伴い廃止に。権力者を意味する「大人(おほひと)」から転じた語との説もある。『古事記』中・神武天皇の条に、「井氷鹿(いひか)」という者に注記して、「吉野首(よしのおびと)らの祖先である」とあり、〈首〉が古い呼称であることを示している。☟「首」系諸氏

参考

●太古のさまを思ふに、首は官名なりしものゝ、やがて姓になりしなるべし、正しく司にてみえしは、清寧紀に、播磨国明石郡縮見屯倉首忍海部細目とみえたり、(*中略)故上古は其職の部曲を統領るを首とはいへりし、其職は廃れてやがて氏となりしものゝ姓氏録にみえしは、商長首、度守首、錦部首(*以下、「首」系諸氏の名が続くが略)の類は、皆其食を仕奉りしもの也、&姓序考・首●((オホト))大人(おほと)(*割注略)なり、人に君父あること、猶身体(みのうち)頭首(かうべ)あるが如し、よりて大人に、首字を借たり、是()(くん)なり、大人は、人名に多かり、&玄同放言・三・人事二

「首」系諸氏 おびとけいしょし

類典がいくつもあり、総じて引例のほかにも多数の氏が〈──首〉を名乗っていたことがわかる。☟首

参考

●和田 芦田(アシタ) (ヒキ)() 生田(イクタ) 菅田 池田 掃守田 真神田 高家(カウケ) 部家 新家(シンケイ) 新木 猪甘 志紀 ()() 羽束(ハツカ) 靭編 度守 布師 布忍 布敷 苑部(ソノベ) 酒部(サカベ) 刑部(ヲサカベ) 椋椅部 韓海部 佐夜部 蘇宜部 佐波部(サハヘ) 為奈部(イナヘ) 大戸 大家 大市 大(ヌサ) 村挙 桜野 佐野 民使 信太(シタ) 川上 川枯 川合(カハイ) 川辺 河内民 錦部 民 安幕 清水(シミツ) 清海(又宿禰) 青海 園人 江人 長柄(ナガラ) 県使 近義 白堤 船子(フナコ) 井代 御手代 津門 神門 高岳(タカヲカ) 阿礼(アレ) 松津 小豆(セウト) 二見 尋来津 住道 番長 内□ 英保(アホ) 鵜甘部 蝮壬部 和山守 原(又直) 江郡 川津(カハツ) &拾介抄・中本姓尸録・首

臣 おみ

〈使主〉とも表記する。大化前の姓の一。

皇統系(天皇家との姻戚関係者・(むすめ)らの後宮入り関係者)かつ畿内の豪族に与えられた最高位の姓であったが、天武天皇「八色(やくさ)(かばね)」の実施に伴い、実質的に第六位に下落した。☟「臣」系諸氏

参考

●臣は意美(オミ)と訓む、さて意美てふ言義は、書紀其ほか古書に、いつも臣連と対へ云て、伴男(トモノヲ)を持分くと、連は群主(ムラシ)の意にて、其の群の中の(ヌシ)と云意なるとを合て思ふに、(オホ)(モチ)てふ言の約れるにて、(*中略)元は(トモ)を統持つ意の称号なりしが、尸となれるにならむ、&古史伝・八●((オミ))は、字の如し、君を神とし、臣を鬼とす、と通へり、(*割注略)きみはかみなり、かみは陽なり、と横音通へり、おみはおになり、おには(おに)なり、葢君臣尊卑(そんぴ)(しな)あり、&玄同放言・三・人事二

「臣」系諸氏 おみけいしょし

引例は〈──臣〉諸氏全体の一部である。

たいていが大和国内の地名から発祥した。

参考

池後(イケジリ) 伊蘇志(イソシ) (カシハデ) 穂積(ホツミ) 田々() 巨勢斐太 韋占(アシウラ) 内田 会加(エカ) 他田(ヲサダ) 広瀬 紀辛梶(キノカラカチ) (イデハ) 早良(サラ) 巨勢楲田 (オト)太部(フトヘ) 真野 ()自可(ジカ) (ウチ) (イチヒ)() 和安部 (マコト) 葉栗(ハクリ) 阿支奈(アキナ) (カヌ) 蝮椿(ハマツハキ) 三尾(ミヲ) 大前(オオサキ) 武射(ムサ) 埋田(ウツダ) &姓名録抄・臣

御名字衆 おみょうじしゅう

祖先を同じくし、同じ氏から派生し分家した一家の名。

源氏では、新田氏や足利氏がこれに該当する。

「もの披露の事、極月晦日、畠山殿より御進上の馬のはな皮十間、御目に懸け候、それは彼御名字衆、御めに御かけ候、御同苗の人、御入候はねば、申次御めにかけ候、」(宗五大双紙・奏者の事)

おもじ 

平安時代の女房詞の一で、相手の名をを敬うとき用いる冠称。

表記の上では〈御──〉となる。
参考

●婦人の名におもじを冠らせて呼ぶこと/いつの頃より始まりけるにや。古きものに見あたらず。按、おは称美の詞なれば、御の略語にや、貴女を称して御といふは、古くよりものに見ゆ。源氏物語にごたちといふことを釈して、本朝文粋に俗称貴女為御といへるを引て、御等也と云へり。俗にいふおもじも、御の字の訓の略りたる詞にや。信長公の旗下に、長谷川お竹(*武士の名)などいふ名も見ゆれば、室町殿の頃よりの習俗ならん歟。&勇魚鳥・二編

御息所 おやすところ

平安朝廷で女御、更衣など高級官女の名に付けられた〈召名〉の一つ。

宇多朝では、小八条御息所(更衣)。醍醐朝では、三条御息所(女御)。朱雀朝では、大将御息所(女御、父は関白太政大臣・右近衛大将の藤原実頼)。このように、〈御息所〉は里第や父の官職にちなんで付けられた。

親名 おやみょう

荘園で本来の(みよう)として保持されてきた名。姓氏を含むものが少なくない。これから分岐したものを〈枝名(えだみよう)〉などという。

──老 ──おゆ

古語で、成人をさす名の下付け呼称の一。

引例の曲亭馬琴説によると、老人をさす語ではない、ということになる。『日本書紀』各巻に、谷田部、大中臣朝臣子、村国連子、文室真人子などの名が見える。

参考

(*出典引用の承前)按ずるに、老は、孝徳紀、間人連老(まひとのむらじおゆ)の下に分注(ぶんちゆう)して、老此云(ロウココニイフ)於喩(オユ)とあれば、いづれもおゆと読べし、大人はおとなと読べし、印行(いんこう)の書紀、(また)続紀に、大人を、ウシ、老人を、オキナヒト、と傍訓(かなつけ)たるはたがへり、首名(おとな)音那(おとな)乙名(おとな)弟名(おとな)、みな大人の仮字なり、老人は、おきなと読むべきにやとおもふに、翁と書たる人名なければ、是をもおとなと読べし、子首は、小老(こおゆ)の仮字なるべければ、子老にひとしく、こおゆと読べし、首名を大人(おとな)に仮たるよしは、(かばね)の首を、おほとと読により、を省き、名字を加て、おとなと(よま)したり、この時世(ころ)は、()にいふ万葉仮名の行るゝをもて、人名にも、異字同訓のもの多し、且仮名遣ひの正しきを見るべし、&玄同放言・三・人事二

下名 おりな

律令制下、叙位や序目のときに四位以下の官位を授けられた人名を列記した書類。

「めしの内侍新内侍、奉行心えゆかて、おりなのしたいなとつきめちちする事ありて、をそくはしまる、」(御湯殿上日記・天文十九年正月七日)

参考

●姓尸書法/貞丈按に、省は式部省兵部省なり、式部省は文官の事を掌り、兵部省は武官の事を掌どる故に、位に叙したる人の姓名を書きて、式部兵部へ授け下し給はるを下名と云ふなるべし、&安齊夜話・四

織部 おりべ

古官制下、朝廷用に衣服等の仕立をつかさどった織部(おりべの)(つかさ)の役職名が転化した官人名。

茶人の古田織部はあまりにも有名だが、彼が織部司の後裔に当たるかどうかははっきりしない。

「秀頼と内ちう申処に、あらはれて、其くみの者共迄あらはれ、とう寺にはりつけにかゝる、古田おり部は御せいばい成られける、其外にも御せいばい人多し」(三河物語・下)

織紋 おりもん

逆さ読みしてモンオリとも発する。家紋を図案化して布に織り出したもの。

古くに名家貴顕が自家用の実用的民芸作品として用いてきた。これが発展し、西陣織などの和装具に利用されるようになった。

図▼久我家の織紋図柄〔織紋図会・巻一、奴袴之類〕当初、久我家に仕える奉公人の衣類紋様に使われていた。織紋では複雑な図柄である。

 おれ 

〈俺〉や〈己〉など当て字が多い。

古代は相手をののしる二人称(おのれの転訛)であったものが、時代とともに、自分を粗野にいう一人称に様変わりした。

参考

●爾ハ汝也。日本紀、オレト訓ス。賎メル辞也。(*中略)後世人ヲ賎シメテ、斉藤別当ガあつぱれおのれは日本一の剛のものとくんてふつよのふれとて、鞍の前輪に押付て、頸かきゝりて捨てんけりト云ナド、此遺言也。今時人ヲ賎テ我コトヲオレト云ハ、何ノ代ヨリカ未考。&仙台間語・第三

御一字 おんいちじ

〈一字〉の丁寧語。

「公方様御元服のこと。京都へ以使節御一字を御申。御代々御嘉例也。(鎌倉殿以下年中行事)

御字折紙 おんじおりがみ

〈名字折紙〉〈御一字折紙〉〈一字書出〉などとも。

将軍等が臣下に自分の名の一字を与えるときの命名書。足利幕府のころから盛んになった。

御字拝領 おんじはいりょう

〈一字拝領〉に同じ。

御名 おんな

ミナとも発する。名に「御」を付けた丁寧語。☟名

女戸主 おんなこしゅ

女の戸主。

「女戸主は三年限り」という俗諺は、女の独身生活が長くは続かないことをいったものである。

女名前 おんななまえ

女の名。女のものとわかる名前。

御前様 おんまえさま

〈御前様〉には、次の二義がある。

⑴貴人への敬称。

「おん前様の仰には、一旦契約せし上は、何の様な事ありとも、」(恋の若竹・中・十二)

⑵女子書簡文の脇付。これには〈御許〉〈御前に〉などがある。