第一人称 だいいちにんしょう

〈一人称〉〈自称〉とも。文法で、話し手、書き手自身のこと。

「私」「我」「小生」など。

大学 だいがく

律令下、指揮武将が鑑賞した大学寮をいった。後に人名に組み込まれる。名訳詩人で知られる堀口大学はその一例である。

代官 だいかん

〈代官〉は官職の一だが、三分類できる。

⑴中世に、守護代や地頭代に代わり官職を代行した者。後にいう〈庄屋〉の発祥源である。

⑵大名が直轄地で年貢徴収などに当たらせた地域支配者。時には郡代の代行もつとめた。

⑶幕府から直轄地の支配を任され、地民生・年貢徴収に当った者。

参考

●近代代官制度の起源/平家が勢力の絶頂に居つた頃には、其所領は六十六国に満ち渡つて居つたといふことでありますが、此一族が朝敵となつて全滅した後は、其等の荘園は悉く所謂闕所となつて居つたので、朝廷ではそれ〴〵処分せられ、之と同時に頼朝は朝廷に願つて個々の荘園に地頭を選定する特権を与へられた。此地頭といふのは取りも直さず荘園の管理人で、開発の当時から特別の約束の下に其土地を管理して居つた人間と、同一の地位を新たに与へられたのです。然るに頼朝に随従して功名した武士共は、主として東国の住人で、平家の所領は全国に行き渡つて居るとはいひながらも、先づ中央部以西に多かつたので、西国筋の新地頭は、何れも遥かに関東の方から赴任すべき訳合である。尤も此時代になつては管理人とはいふものゝ、自ら事務を取るのではなく、己れは単に管理人たる収入を取つて、事務は又別に下受をさせるものがあつたのですが、何れ源平の戦争に関係した程のものは、旧来の所領の一所や二所は持たぬものはないからして、大抵故郷を捨てゝ新恩の地に移住することの出来ぬは勿論、時々の巡視さへも常に代人で済ませたのである。是が近世の代官と云ふ制度の根源で、戸主が幼女や女子である場合には、本領に就いても代官を用ゐねばならぬ場合もあつたのではあらうが、主としては右の如く、東西掛け離れたる二ケ所以上の知行の分立して居る場合に、此必要が多かつたのであります。&名字のはなし

代号 だいごう

襲名制で、称号の上に「初代」「二代目」「三世」のように序数代名詞を冠すること。また、その名。☟襲名の称

大行天皇 たいこうてんのう

〈大行〉と略し、別に〈先帝〉とも。

天皇が崩御し(おくりな)が付けられるまでの号。

参考

●大行天皇/天皇御在位中にても、仙洞にて太上(だいじやう)天皇と申し奉る時にても、崩御ましまして、いまだ御諡(おんおくりな)奉るまでの間には、大行(たいかう)天皇と称し奉る、上古の御定(みさだめ)なり、御在世の御名は、崩御の後は、御諱と申して忌憚(いみはばか)りて、申すまじき為に、しばらく大行天皇と称し奉るなり&傍廂(かたびさし)・後篇●明治天皇と御決定/明日御告示相成べき大行天皇の御諡号は明治天皇と御決定相成たり。&豊州新報・大正元年八月二十六日号外

醍醐源氏 だいごげんじ

醍醐天皇の六人の皇子に源姓を賜ったのに発祥する。

うち高明を祖とする後裔だけが繁栄した。

第三者 だいさんしゃ

〈三者〉とも。法律的に、当事者以外の人。当件にかかわりのない人。

第三人称 だいさんにんしょう

文法で、話し手や書き手から見て、自己および相手以外の人物をさす。

「彼」「どなた」「あの人」など、ほとんどに代名詞を用いる。

大師号 だいしごう

 僧の死後、その徳をしのんで朝廷が贈る(おくりな)

日本では貞観八年、最澄に「伝教大師」を、円仁に「慈覚大師」を贈ったのを始めとし、以降二十三人に勅賜されている。

参考

●大師号 国師号/又云、大師号は重く、国師号は軽し。大師号は始めにて(ふる)し。国師は後なり。大師は天子の師範となるなり。すれば重きなり。国師は、国の師となるなれば、異国にても諸侯の師となるを、国師と云なり。&它山石・二

対者 たいしゃ

文彩(修辞)で、言辞を働きかける対象となる人。すなわち、話し手に対する聞き手、書き手に対する読み手。

「対者から金品を徴収して生活する者の行為に就ては、」〔(宮武)外骨、裸に虱なし・恩義なき経済関係〕

大樹将軍 たいじゅしょうぐん

〈大樹〉と略すことも。将軍や侍大将への異称。

『後漢書・馮異伝』によると、並み居る諸将が戦功を誇示する中で、馮異(ひようい)ただ一人、なんら誇ることなく大樹の陰に身を引いた。これぞ将軍の器ならんと評された故事から、大樹が転じて将軍の異称になった、と。ところが曲亭馬琴は、この異称を日本の将軍にまで適用するのは誤りではないか、と随筆中で鋭く指摘している。

参考

(大樹)は、鎌倉(また)京都将軍を称するよしにて、をさ〳〵物に書ことなれども、余(*曲亭馬琴)はこゝろ得がたし、大樹(たいじゆ)は後漢の馮異(ひようい)が故事なり、(*引用文は略)見るべし、馮異(ひようい)(へん)(しやう)なり、鎌倉京都の将軍は(れん)(すい)なり、漢朝偏将の号をもて、我連帥におはするはいかにぞや、読書の人宜わきまへ知るべし、&玄同放言・三・人事二

大将 たいしょう

古音でダイショウとも。

近衛府の長官で、左右各一人が任じられた。

参考

●大将/大将は乃ち武官の極官なり。平城天皇二年、藤原内麻呂を以て左大将に任じ、坂上田村麻呂を以て右大将に任ず。此れ左右大将の始まりなり。摂家清華公方の外は、此の官に任ずること能はざるなり。相当は大臣に劣れりと雖も、万事大臣に異なる事無し。而して大納言大臣等の兼官なり。宮中に於いて、兵杖を帯し弓箭を持ち、中将、少将、将監等を率いて親しく天子を衛侍す。故に、摂家多くは之を兼官したまい、所以に大将を兼ねるは、甚だ規模なり。(*読み下し)&和漢三才図会・九

対称 たいしょう

文法で〈対称代名詞〉の略であるが、一般用語化している。

「君」「あなた」など〈第二人称〉の別称でもある。

代称 だいしょう

人名や職名を直接呼ばないで、代わりになる〈通名〉を用いること。また、その呼称。

古くから摸擬名を使って姓名に代える傾向が強い。たとえば地名等をもって家を代称とした例に、「梅林屋敷」「仙洞ケ辻」「幡垣内(かいと)」などがある。人名では、頭の弱い者を「与太郎」、言動の奇矯な者を「キ印」、下女を「おさん」「おなべ」などと俗称で扱う例が多い。

三橋(みはし)より南は(いつも)ながら五尺ばかりの大きさの者、何の為やらぞろ〳〵わや〳〵東奔西走いそがしさうなる(うち)に、」(辻浄瑠璃・第一、幸田露伴作)

参考

●その頃浅草観音奥山へ奥筋産のよし、なぞ坊主という若座頭出る、見物より色々と難題なるなぞをかける、即座にとく、人々知る所なり、一とし計出でいづれへか行く、文化十一年十月より看板をあぐ、名は春雪、&明和志・青山豊秀序●中流の家の若党は、軒ならびに与次郎であり、または彦次郎や弥五郎や与五郎であつた。後には一時上方などで、久三・久助・孫七などが流行して、あれはどこの久三だなどという風であつた。それが追々に甲の家では松に竹、乙の店では福と徳とを通り名とするように、一人一人の差別の名をつけて、さし合いを避けるまでになつた。&柳田国男集・十八

大将軍 たいしょうぐん

征討のため派遣された官軍の総大将への官称。

参考

●大将軍及副将軍/推古天皇八年春二月、新羅を討たんとて、境部臣(さかひべのおみ)を大将軍とし、穂積(ほづみの)(おみ)を副将軍として遣はし玉ふ、但景行天皇四十年東夷征討の時、日本武尊を遣し、又吉備(きびの)武彦(たけひこ)大伴武日(おおとものたけひ)連に命じて、日本武尊に従はしめられしは其名なしと雖も、大将軍副将軍の始といふを得べし、&明治節用大全

太政大臣 だいじょうだいじん

のちにダジョウダイジンとも。訓じてオオイモウチギミ・オオキオトトなど。〈大相国〉とも異称する。

律令制下、太政官の最高位にある官。これといった職掌をもたず、なかば名誉職であった。

参考

●太政大臣/天智天皇の十年、大友の皇子を以て太政大臣とす。此れ其の始まりなり。孝徳天皇の朝、改めて大師と為す。藤原恵美押勝、之に任ず。文官の至極、天子の師範となり、天子を丞け、万機を助け理むるを掌る。然れども、太政官には職掌無き故に公事を行うこと希なる例なり。 (*読み下し)&和漢三才図会・九

太上天皇 だいじょうてんのう

天皇が譲位した後の称号。

参考

●太上天皇/持統天皇退位の後、初めて太上天皇と称し玉ふ、&明治節用大全

大庄屋 だいしょうや

〈総庄屋〉〈大総代〉とも。近世、名主の上に立って広域を統括した地方名家。

武士に準じ苗字帯刀を許された。

大臣 だいじん

古語で、オトド、オオイモウチギミ、オオマチギミなどと発する。太政大臣、左大臣、右大臣、内大臣の総称。

大臣家 だいじんけ

摂家・清華に次ぐ家柄。

内大臣から左右大臣に昇進できる。源中院、藤西三条、藤正親町三条の三家をいう。

対人呼称 だいじんこしょう

二人称・三人称での呼び方。

口語日本語では相手の人の名を呼ぶとき、相手関係に応じて「さん付け」「君付け」「呼び捨て」に使い分ける。

大膳 だいぜん

律令制下、官職大膳(だいぜん)(しき)の略。

のち栗山大膳や赤川大膳など通名に転化した。

台頭欠画 たいとうけっかく

二義から成る複合成語で、〈台頭〉とは貴人の呼称や身辺語を、行の上に抜け出た位置に置いて書くこと。〈欠画〉は別項で述べたとおり。☟欠画。

大陸から移入の慣行であり、往時の上奏文や書簡文などによく見られた。要するに、天皇や貴顕に対し、極度に上げへつらった旧弊を示す熟語である。

参考

●諱名欠字台頭欠画ノ類可廃ノ儀/刑法官権

判事 津田真一郎/欠字台頭欠画ノ類ハ、漢土何代ニ始リシヤ、何レモ謟諛ノ悪風ヨり生ジタル事ニテ皇国ニ於テ是ヲ襲用スルノ豈可恥ノ事ナラズヤ。且名ヲ諱ム事モ漢土ノ弊習ニテ、皇国ノ古并ニ世界万国ニテハ、帝名ヲ諱ザルノミカ、却テ名ヲ顕ス事ヲ喜ベリ。古代御名代部ヲ置キ給ヒ、万国ニテ新発明造建等ノ物ニハ、大抵其国王ノ名ヲ付ケテ、其国王ノ栄トセリ、幸此度御復古ノ秋、右等ノ弊習ヲ改メ、皇国太古ノ良風ニ帰シ、名ヲ諱ズシテ却テ名ヲ顕ス事ヲ貴ビ、且台頭欠字欠画等、煩シキ謟諛ノ陋習ヲ配シ度候、謹識。&議案録・三・明治二年四月

大納言 だいなごん

〈亜相〉とも。

律令制下、太政官の次官。地位は右大臣に次し、場合により大臣の代行をつとめた。

「かの大臣を罪させて、一の大納言なれば大臣にならんとかまへけることの、」(宇治拾遺物語・十の一)

参考

●大納言/天武天皇元年八月、御史大夫を改めて大納言と称す、&明治節用大全

大弐 だいに

〈太宰大弐〉とも。律令制下、官職の一つ。

のち厨大弐・松平大弐など、通名に転化した。

第二人称 だいににんしょう

文法で、話し手または書き手の相手に対する呼称。

「あなた」「そち」「貴様」など。

大夫 だいふ

字義によっては「太夫」と書き、タユウと発音する。

律令制下、諸宮司官への尊称。近世に入り、旗本・大名の家老の別称に。左京大夫局など、女房名にも用いられた。☟太夫

(かか)ば大夫の計略は、是その君の(ため)なれども、」(八犬伝・八の八十九)

参考

●続世継に、花園左大臣の御家に、管弦をよくするものどもを、おほくめしおき給へりし事を、いへるところにいはく、ふき物ひき物せぬはすくなくて、ほかよりまゐらねど、内の人にて御あそびたゆることなく、伊賀大夫六条大夫などいふ、すぐれたる人どもあり云々、と見えたり、今の世に、猿楽この外の技芸にも、大夫といひ、&玉勝間・九

大本家 だいほんけ

姓氏の幹となる大元の本家。

たとえば源氏、平氏、藤原氏、橘氏。

大名 だいみょう

中世、大きな名田を所領していた地方の領主。のち江戸幕府では、将軍直参で所領一万石以上の諸侯を〈大名〉というようになった。

参考

●大名小名の称/大名の称は名田(めうでん)(名田とは荒地を墾きて私田とせるもの各其人の名を其田に掛けて呼びしなり、土御門天皇の頃よりこの称あり)より出で其名田を多く所有せるを大名といひ稍少き人を小名といひしにて源平の頃よりの称なり、足利氏より徳川氏に至て諸侯の通名とはなれり、&明治節用大全

平氏 たいらし

皇族賜姓から派生した豪族一族の称。〈平家〉とも。①桓武平氏、②仁明平氏、③文徳平氏、

④光孝平氏の四系がある。

一時は「平氏にあらざれば人に非ず」と豪語させたほど一族は栄えたが、命脈は短かった。その断末魔といえる壇ノ浦合戦で、滅びた一行すべてが「平氏」を名乗っていた。称氏に制限を設けた源氏とは対照的である。

参考

●平氏/桓武天皇の王子一品式部卿葛原親王の嫡子大学の頭従四位下高(みね)(わうきみ)天長二年に始めて平の朝臣(あそん)の姓を賜う。世に源平藤橘の四姓と称するは是れなり。(*読み下し)&和漢三才図会・九●平氏は軍書に記すもの、桓武の皇子、葛原(かつはらのはら)親王の子孫ならざるはなし、(*中略)そが中に、一人高望(たかもち)朝臣の(はつこ)、世にあらはるゝもの多かり、累世(るいせい)軍功あればなり、世俗(よのひと)はこれによりて、平家といへば、葛原の後裔(はつこ)に限れりとえもへり、この故に考証す、平氏に数家あり、なほ源氏に数流あるがごとし、その祖皇を掲るもの、桓武、仁明、文徳、光孝の四帝是なり、&玄同放言・三・人事二

内匠 たくみ

朝廷に仕えた工匠。

後に武士等の名に転化、浅野内匠頭が有名である。

他称 たしょう

〈第三人称〉に同じ。

太政官職制 だじょうかんしょくせい

〈明治新政府の職制〉とも。明治新政府において、太政大臣を頂点とした官僚組織。

左記は旧職制を改正整備したものである。

参考

●太政官職制/天皇陛下親臨/正院/太政大臣/天皇陛下を補弼し、万機を統理することを掌る。諸上書を奏聞して制可の裁印を鈴す。/左右大臣/職掌太政大臣に亜ぐ、太政大臣欠席のときは其事務を代理するを得る。/参議/内閣の議官にして諸機務議判の事を掌る。/以上三職とす。(*以下の職制は略)&あけほの新聞・明治八年一月四日

他姓称謂 たせいしょうい

生誕した干支や吉凶から、他姓を称するならわし。

徳川将軍家にも事例があった。

参考

●宝永六年七月三日/前代(*徳川家継)御誕生誠おはします、すなはち世良田をもて称しまゐらせらる、これは俗忌により、御称号を改められし所なるべし、俗忌に、丑の年の人は、他姓を称するの事あり、&折たく芝の記・中

多姓民族 たせいみんぞく

日本人の姓の多いことへの謂である。

その姓は読みの違いを含めた数で約三十万を数え、世界でも他を引き離すトップである。ちなみに中国では過去まで含めても五千姓といわれている。

称え名 たたえな

一般には広く〈美称〉の範疇に入る用語だが、人名に関しては、世間によく知られている名、つまり〈俗称〉の意味あいが強い。

崇名 たたりな

本人に災いをもたらす縁起のよくない名。

これらの類は俗信迷信から生じたもので、命名と事象とをつなげる事後の牽強付会(こじつけ)ばかりが目立ち、信ずべき根拠がまったくない。

参考

●皇嘉門院(*崇徳后)ノ御名ハ聖子也、聖子ノ上ノ作ハ、ハラムト云フヨミアリ、王子ヲハラムト付ケ奉レリケルヲ、或人難ジテ云ハク、聖ノシタノツクリハ、王ニテハアラズ、壬ト 云フ文字也、壬ニハ、ムナシト云フヨミアリ、ムナシキ子ヲ、ハラミタラム、此御名ハヾカリアリト云ヒケル程ニ、タヾナラヌ御事ニテ、御産ノ月ニ成リテ、御祈ナニクレトヒシメク程ニ、水ヲオホラカニウマセ給ヒニケリ、カヽル事ハサノミコソハ侍ルニ、ハタシテムナシキ子ナリケリ、イトフシギノ事ナリケリ、&続古事談・一・王道后宮

橘氏 たちばなし

和銅元年(あがた)犬飼(いぬかい)の娘三千代に姓が与えられ県犬養宿禰となる。彼女は敏達天皇の玄孫である美努(みぬ)王に嫁ぎ、生まれた子の橘王諸兄らはさらに橘朝臣を賜った。

四姓では二番目に成立が早い。

聖武天皇賜姓のおりの御詠「橘は実さへ花さへその葉さへ枝に霜ふれどいや常磐(ときわ)の樹」(万葉集・六)

参考

●橘氏/聖武天皇の天平八年葛城親母(かけの)犬養(いぬかい)の宿禰、其の忠誠の至りを誉められ賜い、天皇之れに浡杯の橘を賜う。勅して曰く、橘は()()の長にして、上人の好むところ、(しえだ)霜雪を凌ぎて繁茂し、葉は寒暑を経て(しぼ)まず。珠玉と共に光を競い金銀を交え、以て(いよいよ)美なり。是れを以て汝が姓には橘の宿禰と賜うなり。世に葛城の(おうぎみ)と称す。後に井出の左大臣諸兄(もろえ)公と号す。(*読み下し)&和漢三才図会・九

奪姓 だつせい

罪を犯した科により姓を奪われること。また、奪われた姓。

〈奪姓〉には、本姓をより低級なものに変えさせられる〈貶姓〉をも含む。

これら姓の与奪権は天皇が握っていた。『続日本紀』十七孝謙、十九孝謙、二十五淳仁、二十九称徳などに事例の記述が見える。引例の場合は、奪姓というよりは改姓の強要といえよう。☟貶姓

参考

●今更ながら川上音次郎没後の貞奴は世間の同情といふものが些かも無い。川上の門弟共は常に貞奴が素行に就て非難し川上の名を辱むるものなりとて涙を揮つて、貞奴を直諌せんといふものがあるし、駄目だから彼様(あんな)女に何も言ふなと匙を投げてゐるのもあるが、昨今川上の親族間で貞奴を川上から離籍させて、川上と名乗らせまいとの議が持上つてゐる。その仔細はといへば、川上の墓碑問題である。(*後略)&中央新聞・大正六年三月七日

竪系図 たてけいず

系統を縦書きにした系図。

最も一般的な形式で、〈横系図〉に対応した言葉である。

帯刀 たてわき

タテハキ、タチハキとも。古代官制下、たちはきの舎人(とねり)等の略。

のち小松帯刀・黒岡帯刀など、通名に転化した。

譬名 たとえな

人の〈呼名〉等をじかに述べないで、それと同様の印象をもつ言葉に置き換えた称呼。

〈譬名〉の例として、天皇を「雲上人」、物乞いを「橋下の君子」という類である。

「此ほど谷中天王寺辺に屯なし居たる歩兵隊の内にて、人の肉を取きたり、(ねぎ)の中へ入れて煮てしよくし、又雉子やき味噌づけなどにして喰たるよし。人この隊をよんで鬼隊とおそれ、その屯所の門を羅生門といふとぞ。」(此花新書・二・慶応四年閏四月)

魂呼ばい たまよばい

〈死者唱名(しようみよう)〉とも。〈魂呼ばい〉は死者の霊魂を呼び寄せる俗信儀式であるが、地方により屋根に上って名前を呼ぶ習わしがある。

他名 たみょう

〈別名〉に同じ。☟別名

他門 たもん

他の一族。他の門派。

「今物かげより承れば、下としてお上の取さた他門へ聞へてはおいへのかきん、」(傾城勝尾寺・二段目)

太夫 たゆう

律令制下、宮司官への尊称。

近世に入り左京太夫など、旗本や大名家老の下付け別称になる。別に、猿楽など古典芸能者の〈通名〉にも用いる。

参考

●太夫といふ名/何太夫と云ふ名は五位になりたる人の名也、五位の位になりたる人を太夫と云ふ也、(*以下、注記は略)さればすべて五位の人を諸太夫と云ふ也、たとへば源氏の人五位になりたるは源太夫也、平氏は平太夫、藤原氏は藤太夫、橘氏は橘太夫、清原氏は清太夫、三善氏は善太夫などゝ云ふ也、又太郎の人は太郎太夫、次郎の人は次郎太夫などゝ云ふ也、&貞丈雑記・二●慶長年間の古屏風四条河原の絵に女大夫の上るり芝居有り、三弦弾も女にて太夫扇を持て出がたりなり、人形つかふ処より一段高し、人形は上るり語の目の下にあり、&嬉遊笑覧・六上

戯名 たわれな

〈戯号〉や〈狂名〉の大和言葉。

「この島田氏、安永二のとし、宝合となんいへるたはふれをなせしとき、酒上熟寝とたはれ名をつき侍りき」(狂歌才蔵集・七詞書) ☟戯号

単称 たんしょう

簡単な名称。素直で、わかりやすい名前。

弾正 だんじょう

古代官制下、弾正台の略。のち木山弾正など、通名に転化した。

「かたちよき君たちのたん正のひちにておはする、いと見ぐるし」(枕草子・四十五段)

単姓 たんせい

もと二字以上の複姓であったものを一字に改変して名乗ること。また、その姓。

具体的には小野を「野」としたり、清原を「清」と変える例で、〈略称〉とは意味するところがかなり違う。大陸の影響による・よらない、単姓にすることの是非など、論争がかしましく繰り返されてきた。

引例は単性を是とする主張の部分である。他との混用の嫌いがある。

参考

●凡ソ一芸ヲ好ミ名ヲ死後ニ残サント思フ人、節義ヲ立テ名ヲ挙ゲント思フ人、武功ヲ成シテ名ヲ著サント思フ人、陋ヲ文ニ改メ俗ヲ雅ニ易ヘ、スベテノコト流俗ニ溺レズシテ、人々タヾチニ我ヨリ修シ、改メテ単性ニセンハ、何ノ快キコトカ是ニ過ギンヤ。&過庭紀談・三

旦那 だんな

もとは寺人が、財物施主に対して呼んだ〈檀名〉が語源。

これが時を経て、さまざまな場合に身近な男をさす〈汎称〉へと変わった。

参考

●檀那/三都ともに士民・臣僚・奴婢よりその主人を指して旦那と云ふ。ある人云ふ、だんな元梵語(ぼんご)なり。倚頼の心なりと。しかるや否やを知らず。/武家万石以上以下も他に対し、時に応じてその主君を旦那と云ふ。陪臣の武家は皆必ずその主人を旦那と云ふ。民間もその主人を旦那と云ふ。武家の陪婢、俗に云ふ「またもの」は、己が仕ふ媵婢(ようひ)をも旦那と云ふ。また俗家より菩提寺を旦那寺と云ふ。菩提寺および所寺社ともに、信者にて常に米銭等を供す家を旦那あるひは旦家・旦方とも云ふ。勅願所は朝廷、御祈願所は幕府を大旦那と云ふの類なり。また己が主君にあらざるも、常に扶助を受くる人を指して旦那と云ふ。近世は小民より巨戸の主人を旦那と云ふは阿諛(あゆ)なり。また専業の家および諸工家の輩などは、戸主を旦那とは云はず親方と云ふもあり。また士民ともに主人父子在すには、京坂にて親旦那、若旦那と云ひ、江戸にて大旦那・若旦那と云ふ。あるひは小旦那とまれにいう。&類聚近世風俗誌・四人事

  

 

主税 ちから

律令制下、民武省に属し米穀の管理に当った役所を主税(しゆぜい)寮といった。

後世、大石主税、生駒主税などのように、通名に転化した。

父字と母字 ちちじとははじ

(あざな)〉で二字を用いた場合、上の字を〈父字〉、下の字を〈母字〉という。

義経の例では、「義」が父字、「経」は母字である。

参考

●按ずるに、(アザナ)は本朝に所謂名乗りにして、多くは二字を用う。上を父字と為し、下を母字と為す。その一字を取用し以て子孫世々の通り字となす。頼高・頼家・義家等の如き是なり。&和漢三才図会・九

地名代称 ちめいだいしょう

住んでいる地名を呼ぶことで相手の人をさす代称。

〈実名敬避〉の現れの一つ。普通は対面者に対して使うことが多く、これが反復化されることで〈別称〉や〈通称〉としての性格を帯びてくる。

参考

●「コレ伊賀よ、きのふ手めへとのんでいたやろうは、アリヤア(かみ)宿(しゆく)の房州だな」このてやいつねに名をいはず、みな、くにところのなをよぶ。きた八をのせたる馬かた大道にひよぐりなから「せんどのばんげにな、アノ房州めがかゝあがな、うらが親方の背戸ぐちに、ばりをこいてたと思へ。……」&東海道中膝栗毛・初編・発端

知名度 ちめいど

社会でその名が知られている度合い。

歴史上の有名人物の知名度は抜群に高い。このことに目をつけてだろうか、豊臣秀吉、徳川家康、大石良雄、近藤勇、山本五十六さんらが電話帳に載っているから、世の中愉快である。マスメディアにしばしば登場する人物ほど知名度は高く、その度合いは一般市民と比べ桁違いである。現実に、時の総理大臣の名前は知らなくとも、美空ひばりの名前なら知っている、といった例がいくらでもある。

──茶 ちゃ

室町時代の童名下付け名の一。

小茶、阿茶々、笹茶々など、「愛らしい」の意味が含まれている。

嫡流 ちゃくりゅう

〈正系〉〈嫡統〉とも。

嫡子から嫡子へと続く血統。本家の血筋。

「上野国住人新田小次郎義貞と申は、八幡太郎義家一七代の後胤、源家嫡流の名家也」(太平記・七)

──ちゃん ちゃん

名前の下に付ける〈親称〉〈愛称〉の一。

(さん)」が変化したものといわれる。

普通は子供への親しみから付けて呼ぶが、坂本九という歌手を「九ちゃん」のように、大人でも愛称化して呼ぶこともある。

千代(ちい)ちやん鳥渡(ちよつと)見玉へ右から二番目のを。ハア()紅梅がいゝ事ねへと余念なく眺め入りし後ろより。」(闇桜・上、樋口一葉)

中宮 ちゅうぐう

〈三后〉とも。

皇后、皇太后、太皇太后をさす称号。ただし語義に膨らみがあり、皇后のみの称から後宮の総称まで、適用法に相違がある。

参考

●中宮の称/壺井義知云、桓武天皇の朝より以来は、中宮と称する者は、母公にして夫人なり。又一条院より以降は、正妃二人(*定子・彰子)を立て、中宮皇后と云う。&它山石・二

中称 ちゅうしょう

文法で、話し手や書き手から中間距離にある人名代名詞。

「その方」「そちら」など。

中将 ちゅうじょう

律令制下、近衛府の次官を示す官職名。

別に中将局など、女房〈召名〉の一でもある。

参考

●中将/兵伏を帯し箙を負ひ弓を持ち、親しく宿衛す。三位を卿と曰ひ、四位を殿上人と曰ふ。大臣の子及び孫に非ざれば、三位の中将に任ずること能はず。多くは四位なり。実朝公は凡人にして中将を兼ねぬ。&和漢三才図会・九

中納言 ちゅうなごん

令外の官職名。別に中納言局など、上臈の〈召名〉。

「かの昔おぼえたる細殿のつぼねに、中納言のきみ、まぎらはしていれたてまつる」(源氏物語・賢木)

●中納言/持統天皇の六年、始めて此の官を置く。其の後之れを()むこと十五年、文武天皇の慶雲四年に至りて又之れを置く。人数十人、後醍醐天皇八人に定めらる。其の職掌は、上大臣大納言の言を以つて下に言ひ上へ納るなり。凡そ当官に任ずる者、参議の労二十年以上、遣非違使の別当大弁の宰相摂政関白の子二位三位の中将為る者、之れに任ず。&和漢三才図会・九

丁 ちょう

〈よぼろ〉とも。古代、男の召使をさした総称。

参考

(てう)はよぼろと訓ず、下部のものゝ事なり、使丁、仕丁の類なり、火丁(くわてう)といふは一隊の飯をかしぐものなり、俗にいふ(めし)たきなり、又庖厨(くりや)の下部を庖丁といふ、その人の魚類に用ゆる刀を庖丁刀といふを、俗に庖丁とのみいえり、また魚類の料理する事をも、いにしへより庖丁といふ、古き物語の書に見えたり、&一挙博覧・一・二十四

長者号 ちょうじゃごう

長者への称号。自称、他称を問わず用いられている。

「長しやかうを、うけ給ひ、親かうかうなる人なれば、」(御伽草紙「さよひめ」)

朝臣 ちょうしん

朝廷に仕える官人の総称。古代姓の〈朝臣(あそみ)〉と混同しないよう、前後の文脈から判断する。

「朝臣 朝廷ニ出デ仕ル臣下。」(新編 大言海)

朝廷勅賜号 ちょうていちょくしごう

〈天皇賜号〉とも。勅命により賜わる号。

姓に限らず、名号をも含む。公卿や将軍家からの賜号と分けての用語である。

長名 ちょうめい

〈長い名〉とも。常識外れに長くつづる名。

ご存知、古典落語の有名な前座(ばなし)に「寿限無(じゆげむ)」がある。男の子が生まれ、檀那寺の坊さんに命名を頼んだ。長名(長命に通じる)を、という注文により、坊さんは『無量寿経』の経文(きようもん)から次の名を付けた。

 寿限無(じゆげむ) 寿限無、五劫(ごこう)(すり)切れ、(かい)砂利(じやり)水魚(すいぎよ)(すい)行末(ぎようまつ)雲行(うんぎよう)(まつ)(ふう)(らい)(まつ)、食う寝る所住む所、油小路ぶら小路、パイポパイポ、パイポのシューリンガイ、シューリンガイのグーリン台、グーリン台のポンポコナア、ポンポコナアの長久命、長久命の長助

と。さて、その子がある日近所の子とけんかし、コブを作らせてしまった。母親に訴えた当の子が、「寿限無……の長助が、」と長い名を使い、母親も応じてそれを繰り返す。やりとりのあと、母親が頭のコブを見せろというと、子は「あんまり名前が長いから、コブが引っ込んじゃった」と下げる。

 落語にかぎらず、民俗学の分野でも〈長名〉に関する伝承記録が各地に散見できる。長名や目出たい名付けは、古くから親の祈願の現れであった。

参考

●▽狂言より/栗の木のくぜいに、たりうたにもりうた、もりうたにたりうた、ばいばいにばいやれ、ぎんばいにばいやれ&『狂言記』外篇・昆布柿▽伝説より/阿釈妙観地白熊白羽日嶽之房&『沙石集』八▽前田慶次(利家の臣)の異名/あかしよつかい革袴、茨かくれの鉄兜、鶏のとつかさ立烏帽子&『武林録』六

▽日向地方伝承より/ちきちきおんぼう、それおんぼう、そえたか入道、播磨の別当、焼山弥次郎、ちゃかもかちゃあぶるせんずり観音、久太郎べつ太郎、むこにやすっぽろぽん&南方(みなかた)随筆』▽角館地方伝承より/孫々(そそ)何時迄(いつまで)毛死奴奈(もしぬな)(苗字)亀乃如(かめのように)万年生(まんとしせい)子迄生好子生好子()&『旅と伝説』十四巻五号▽日本一の長名伝承/一丁ぎり二丁ぎり、丁々ぎりの長三郎、長太郎(たろ)びっこの長次郎、金助・紋助・半助、相川(あいかわ)・白川ターズノミ、じゃんみんじゃんみんじゃんまん坊の、天目もくのもくぞう坊、(*途中四三字分割愛)てえたらばあたら、てえてえからりのてえからり、すってんからりのノッペクロー、やりからまァどをつん出した、棒で縄ァつっぺいだ、髯さ団子を突っ刺した、てぐつくはぐつくひいれえれえと、文福茶釜に毛が生えた、すってんでれつくベーこの(つうのう)、きんぎらめめずの首の骨、ひょごつく兵庫の兵庫の守&『民間伝承』十一巻一号*岩手県下閉伊郡川井村で採取の早物語の一節。▽現代の長名記録/藤本太郎喜左衛門埒時能(ふじもと・たろうきざえもんのようときよし)&『珍姓奇名』/山中いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす子(*五十字)&『朝日新聞』二〇〇三年一月二十二日「天声人語」より *荻生まとめ

勅号 ちょくごう

朝廷から存命中の高僧に賜る称号。

「況んや三昧正受に入給ひし、仏光を垂るる事、開山和尚の勅号、何ぞ外に疑はん」(玉林苑・上・鹿山景)

勅称 ちょくしょう

天皇から号を賜ること。〈賜号〉にほぼ同じ。☟賜号

勅定氏上 ちょくじょううじがみ

〈氏上〉のうち、勅命により定められたもの。

朕 ちん

天皇の一人称。

参考

●朕と称し給ふこと/支那の昔は何人も自らを朕と称せり、秦の李斯が天子自称して朕といふべしとの議によりて始皇より以来天子に限れる称とはなれり、&明治節用大全

珍姓 ちんせい

〈珍苗字〉とも。珍しい正。珍しい苗字。

参考

●今日東京の如き大都会に於いては、大抵珍しいと思ふ苗字が諸国から集つて殆と区別も出来ぬから、名字は以前に比べて生活上の意味が薄くなり、之に伴なつて各人の頭に、家といふ思想が段々微弱になつて行くのは、実に是非もなき成行きであります。&名字の話

珍姓奇名 ちんせいきめい

珍しい姓名。この場合は原則として、名とともに姓氏も含まれる。

参考

●享保二十九卯年於江戸大納言様仰せの由、諸大名の家来恠姓名の分、書上候様にとの儀に付、左の通銘々より書上ぐる、/藤堂大学頭内 七里鎌倉(カマクラ)兵衛/松平大隈守内 (ヒキ)和田(ワダ)四方(ヨモ)四五(シゴ)右衛門/七寸五分(クツワダ)刑部左衛門(*後略。三〇余名の珍姓名が続く)&翁草・三十八●▽数取りの姓名/一二三四五六七八九十郎(金沢市南町)、渡辺七五三吉五郎次郎三郎右衛門(福島県坂下町)▽仮名回文の姓名/小池(こいけ)敬子(けいこ)小田(おだ)貞夫(さだお)(つかさ)正勝(まさかつ)▽漢字回文の姓名/清家清、蔵田倉、三輪田輪三、平林林平、三五七五三(さごしめぞう)

●奈良時代の不浄名/(どろ)麻呂(まろ)岐多奈売(きたなめ)小屎売(おぐそめ)錦織(にしこりの)(おびと)()()下野(しもつけの)屎子(くそこ)月日にちなんだ姓/正月一日(むず)四月一日(わたぬき)六月一日(うりはり)八月一日(ほずみ)八月十五日(なかつき)●数字だけの姓/(にのまえ)(ももき)五六(ふのぼり)一二三(ひふみ)(いじみ)七七五(みつつき)(みつわた)

●一字難読の姓/(わかし)(よろう)(ようろ)(おんこ)(おんのこ)(まこと)(きたばしり)●重ね字の姓/(ひら)(だいら)子子子(ねこじ)(ひら)(たいら)(へい)(べい)(姓名)子子子子(すねごし)(しげる)(姓名)

●似た字続きの姓/伊尹(いい)(こう)(みぞ)已已巳己(いえしろ)

●数取りの姓/百人(どうどう)六合(くに)十八女(わかいろ)千万億(つもい)百目木(どめき)五日蔵(ようい)二十五里(つゆひじ)七五三掛(しめかけ)五百旗頭(いおきべ)四十八願(よいなら)四十四院(つるし)五十八公野(いつみの)●数取りの姓名/▽一二三四五六七八九十郎(金沢市南町)▽渡辺七五三吉五郎次郎三郎右衛門(福島県坂下町)●仮名回文の姓名/小池(こいけ)敬子(けいこ)小田(おだ)貞夫(さだお)(つかさ)正勝(まさかつ)●漢字回文の姓名/清家清、蔵田倉、三輪田輪三、平林林平、三五七五三(さごしめぞう)●珍姓中の珍姓/()(いし)鳴溺(なるたそ)妻鳥(めどり)位商(やごと)化間(とが)安幕(あまり)衣非(えび)兆向(とき)防夫(あたと)酉水(すがい)紅白(いりまじり)建陽(ゆや)歌枕(かつらぎ)西花落(つゆり)小鳥遊(たかなし)月見里(やまなし)月出里(ぬだち)円満団(ほうしようだん)兄部坊(このこんぼう)羽衣(うえ)()伝法輪(てぶり)奈癸私(なきさいち)殺陣師(たてし)釈迦如来(にくるべ)言語道断(てくらだ)伊毛保利(いけぼり)曾歩曾歩(そうそう)一天満谷(いてませ)波々賀利(はばかり) &『お名前おもしろ草紙』ほか *荻生まとめ

珍名 ちんめい

チンミョウとも発する。ほかに〈奇名〉とも。

珍しい名。風変わりな名。

『姓名の研究』うち「珍名番付抄」から見立三役を拾い出してみると、安中(あんなか)外交官(がいこうかん)(横綱)(たで)原好物(はらこうぶつ)(大関)足立(あだち)改正(かいせい)太郎(たろう)(関脇)とある。同じく「奇想天外な名前」には、沢井麿女(まろめ)鬼久寿老(きくすろ)八重(やえ)千代子(ちよこ)、清水子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥太郎などという変わったものものも見える。

現代、〈珍名〉の改名を家裁に届け出て、「正当な理由」ありとして認められた例に、男で一尺男、珍宝、丑五楼など、女でウカツ、ヲシメ、まん子等がある。

参考

●無住法師が沙石集にいはく、ある上人、三人の子をうめり、三つの腹なり、はじめのは、まめやかに忍びたる事にて、疑ひ有ければ、其の子の名を、おもひもよらずとつく、次のをり〳〵しのびて家房にも通ひければ、うたがひうすくして、名を、さもあるらむとつく、後のは、うちはへて家房におきければ、疑ひなくて、名を子細なしとつけにけり、&玉勝間・四●▽月日にちなんだ姓/正月一日(むず)四月一日(わたぬき)六月一日(うりはり)八月一日(ほずみ)八月十五日(なかつき)

▽数字だけの姓/(にのまえ)(ももき)五六(ふのぼり)一二三(ひふみ)(いじみ)七七五(みつつき)(みつわた)▽一字難読の姓/(わかし)(よろう)(ようろ)(おんこ)(おんのこ)(まこと)(きたばしり)▽重ね字の姓/(ひら)(だいら)子子子(ねこじ)(ひら)(たいら)(へい)(べい)(姓名)子子子子(すねごし)(しげる)(姓名)▽似た字続きの姓/伊尹(いい)(こう)(みぞ)已已巳己(いえしろ)▽数取りの姓/百人(どうどう)六合(くに)十八女(わかいろ)千万億(つもい)百目木(どめき)五日蔵(ようい)二十五里(つゆひじ)七五三掛(しめかけ)五百旗頭(いおきべ)四十八願(よいなら)四十四院(つるし)五十八公野(いつみの)▽珍姓中の珍姓/()(いし)鳴溺(なるたそ)妻鳥(めどり)位商(やごと)化間(とが)安幕(あまり)衣非(えび)兆向(とき)防夫(あたと)酉水(すがい)紅白(いりまじり)建陽(ゆや)歌枕(かつらぎ)西花落(つゆり)小鳥遊(たかなし)月見里(やまなし)月出里(ぬだち)円満団(ほうしようだん)兄部坊(このこんぼう)羽衣(うえ)()伝法輪(てぶり)奈癸私(なきさいち)殺陣師(たてし)釈迦如来(にくるべ)言語道断(てくらだ)伊毛保利(いけぼり)曾歩曾歩(そうそう)一天満谷(いてませ)波々賀利(はばかり) *荻生まとめ

 

 

追号 ついごう

功績のあった貴顕の死後に生前の徳をたたえて贈る称号。〈諡号〉にほぼ同じだが、褒貶に関わらず追号するという例外もある。

〈天皇号〉を追号された天皇は〈追号天皇〉と称する。この例に、長岡天皇←草壁皇子、崇道尽敬天皇←舎人親王、田原天皇←施基皇子、後高倉院←守貞親王、小一条院←三条院皇子の敦明など。

「此君当国にて崩御御成しかば讃岐院と申ししを、治承の比怨霊共を宥められし時追号有て、崇徳院とぞ申しける」(保元物語・下)

参考

●御追号/御追号の事は、叡慮もあらせらるゝよしにて、いまだなし、世の説には天皇と申御号にならせたまふとか。そも〳〵神武天皇より延喜の聖代まで聯めんと天皇と申奉り、そのゝち安徳天皇の号あれど不詳なりとの説もあり、元弘帝はいともめで奉るべき御門なれど、両朝とわかれぬるなど、また事ある御門にましませば、世の論もありぬべし、かやうのことはいやしき身よりさたすべきことかは、何はともあれ、天皇としも称したてまつりたき事なかりし、&筱舎漫筆・九

追諡 ついし

〈追号〉に同じ。☟追号

参考

●大政更始之折柄、表忠の盛典被為行、天下の忠臣孝子を勧奨被(オンススメ)遊候に付ては、楠贈三位中将正成精忠節義、其功烈万世に輝き、真に千歳の一人臣子の亀鑑(カガミ)に候故、今般神号を追諡し、社檀造営被遊度思食に候。&公私雑報・慶応四年五月十二日

追崇 ついそう

〈追号〉に同じ。☟追号

追贈 ついぞう

先帝や功績のあった物故者に対し、天皇名で追諡、官位、勲章等を贈ること。

参考

●御布告写/大友帝 弘文天皇/廃帝 淳仁天皇/九条廃帝 仲恭天皇/右之通三帝御諡被為奉候ニ付、此旨相達候事。&太政官日誌・明治三年七月二十四日

追尊 ついそん

〈追号〉に同じ。☟追号

「嗚呼時の天子より聖人を追尊したまふことを、名実にあはずといふならば、凡古来よりの追尊追崇の礼、かの三世封贈のことなど、みな廃すべし、」(孔雀楼筆記・四)

通号 つうごう

世間に通っている呼び名。とくに〈雅号〉など。

「平生の下女を牧田とはいはで、端女の通号となれり」(色道大鏡・二十六)

通字 つうじ

〈一字〉〈名乗ノ一名〉〈系字〉とも。

父の名→子の名→孫の名へと、縦系列で同じ一字を共有し世襲していくこと。また、その一字。

「仁」の一字は天皇家における〈通字〉として、「頼」または「義」が源氏総領家の通字としてよく知られている。清和源氏系の足利流では義氏、頼氏、高氏など「氏」が通字というように、系氏により独自の通字習俗を展開させてきた。平安後期に始まった院政期あたりから、ほとんどの有名家系に通字風習が定着している。☟一字

通称 つうしょう

〈通り名〉〈俗称〉とも。本名とは別に、ふだん通用している名。世間一般で通っている呼び名。

〈通称〉には、自分で付けた雅号を始め他人が付けた渾名まで、さまざまな形態が存在する。元もと字から派生したとするのが定説になっているが、これは原則論であろう。源義経を例にとると、牛若丸および遮那王が幼名、義経が元服名(実名)、九郎が通称である。今日の人名の中にも連太郎・敬三郎のような輩行系、太左衛門・甚右衛門のような百官系など昔の通称の名残りが見られる。

「山鹿素行、名は高祐、一の名は義矩、字は子敬、因山と号す。又素行子と号す。通称は甚五左衛門、」(先哲叢談・後二)

参考

通称(つうせう)之説/記事の文に近代の人(いみな)しれざるは、何某右衛門、何某兵衛とかくべきは論なし、しかるを文字()なりとて、弥三郎を(ひとへ)に弥と(せう)し、又太郎を又、平右衛門を平とかきしあり、学びがてらに一話を記するごときはいふにたらず、記録(きろく)史志(しし)の類ならば心あるべし、太郎次郎は通用にそへて称するなれば、はぶきてもよしとせば、弥又(やまた)は親も三郎、子も三郎なれば、その子を弥三郎又三郎などゝいふにて、弥も又も同じく通用の称なり、其人の名にはあらず、平右衛門源兵衛は、もと平氏の右衛門源氏の兵衛なり、さればこれも名とはいひがたし、今時称謂(となへ)みだれてかゝるけぢめもなければ、せんかたなく何某右衛門何某兵衛とかくの外なし、&筆のすさび・三

通称、官名 つうしょう/かんめい

〈通称〉のうち、官名を用いたもの。右京、外記、将監などがこれに相当する。

明治三年十一月十九日、太政官布告第八四五号により、「国名並に旧官名を以て通称に相用い候儀停られ候事」となった。

通称、国名 つうしょう/こくめい

〈通称〉のうち、旧国名にちなんだもの。

上泉伊勢守、柳生但馬守、勝安房などがある。

明治三年、太政官布告第八四五号により使用を禁じられた。

通称、地名 つうしょう/ちめい

〈通称〉のうち、地名にちなんだもの。

一時は通称の過半を占めるほど多く存在した。

参考

●昔は一戸の人口が百にも達した/元来日本の家の制度は今日稀に飛騨の白河などに遺ってゐる如く、一戸の人口が非常に多いものであつたのであります。之は古代戸籍の制度の影響もあつて、複雑な問題でこの際述べることも出来ないが、奈良の正倉院に残つてゐる大宝時代の諸国の戸籍などを見ると、普通の百姓でもつて一戸の人口が奴婢までも併算すれば、八九十から百に達するものも少なくないのであります。そして是等の一族が一つの大屋の下に、枕を並べて眠つてゐたかといふに、是は到底想像し得べき事ではないので、一人々々がそれ〴〵労働をするのに、西に東に南に北に、二十町三十町と出て行って耕作をしなければならぬ。随つて広く山野の間に住宅が散在して居つて、縦令他人は正当の氏を呼ぶとしても、家族相互の間では今日村々で中屋敷とか新屋敷とか呼ぶ如く、または日本橋辺で室町(むろまち)()(たく)、小網町の旦那と云ふ様に親類を呼ぶごとく、個々の別宅に何か名をつけて置かなくてはならぬ様になつたのであります。&名字の話

通称一本 つうしょういっぽん

称名において〈通称〉だけで通すこと。

往時、貴人をはじめ学者や武士などは姓名のほかに字や号などをもっていたが、農・工・商の庶民階級は〈通称一本〉であることが多かった。

通籍 つうせき

朝廷に出入りを認められた者の姓名等を記した札。

今でいう身分証明書に相当する。

「相従ふ所の源氏等、更に通籍の郎従にあらず」(源平盛衰記・三十二)

通名 つうめい

トオリナとも。〈通称〉にほぼ同じも、〈下の名〉をさすことが多い。

できれば使い分けたい。

通紋 つうもん

⑴世間に通用している〈家紋〉。

⑵誰もが自由に定められ、広く用いられている〈家紋〉。

参考

●古来通文といふ物あり、花にては唐花、葉にては此紋(*杏葉)なり、たれが著してもくるしからぬ由にて、むだ紋、たゞ紋など云是なり、&秋斎間語・二

通用名 つうようめい

〈通名〉にほぼ同じ。

ただし、実名と通称あるいは屋号などとを比較して、通じやすいほうをさすといった、微妙なニュアンスのある言葉である。たとえば西郷()吉之助(通称)隆盛(実名)の場合、隆盛のほうが吉之助よりも知名度は高く、したがって通称よりも実名のほうが〈通用名〉であるといえる。

使主 つかいぬし

古代の姓の一。

『姓名録抄』使主の条に、「末・和楽(ヤマトクスリ)・小高・長田・穴師(アナシ)」などが見え、「小高使主」のように接辞で使われた。

官名 つかさな

カンメイ、カンミョウと音読みも。官職の名。役名。

「頭中将のそぞろなる空事にて『殿上にも、つかさ名をば言はで、せうととぞつけたる、』」(能因本枕・八十六)

作名 つくりな

サクミョウ、サクメイとも発し、また〈作者名(さくしやな)〉〈隠し名〉ということもある。実在しない人物に便宜上、架空に創作して用いる名。

〈作名〉は〈仮名〉に似てはいるが微妙な点で異なる。変名の命名、作中人物名、百人一首の捩り名など、これの形態はさまざまである。☟作名 ☟揚名

参考

●除目の作名といふ事有り、その人はなきを姓名を書出すなり、是れを揚名といふ、後京極摂政殿の秋篠月清といふ作名を出されしをその比殊にめでゝ、やがて揚名関白といひし事有り、西土にもまた此の事有り、書を著述るにも作名をする事有り。世継物語の世継の翁の類ひ、源氏物語の人の姓名の類ひも亦同じ、参同契といへる書の注を朱晦庵の書きたりしかども、空同道士鄒訢註ときされしもまた此の類ひなり、また神代記の塩土翁も一人の名にはあらず、太政大臣伊尹の御集にとよかけと名のられし事大鏡にも見ゆ、素性法師をも良因と名付られし事も有り、&類聚名物考・三●「犬百人一首」より/鈍智てんほう(天智天皇)、女郎てんじん(持統天皇)、柿売人抜き(柿本人麻呂)、山辺商人(山部赤人)、猿若太夫(猿丸太夫) &犬百人一首

詰名 つづめな

〈約め名〉〈省名(ばぶきな)〉とも。短く略した名。省いた呼称で呼ぶ名。

〈長名〉を数音に省略して呼ぶ場合も含まれる。熊五郎を「熊」、忠左衛門を「忠」と呼ぶような、親しい間柄での呼びかけが目立つ。

「済みませんが、(わつち)(きん)も仙も六も、あんまり親方が贔屓(ひいき)にしたので一時(いちじ)は正直のところ、」(五重塔・其十七、幸田露伴)

──局 ──つぼね

〈局名〉とも。〈候名(さぶらいな)〉の下に「局」字を付けて呼ぶ名。

阿茶の、かえでの御など。

参考

●小督の局、名はおんまんの御方、永見志摩守小野吉英が女にて、第二の御子結城(*徳川秀康)どのゝ御母うへなり、&以貴小伝

 

 

定号 ていごう

天皇など貴人の称号を定めること。

漢語から来ており、日本ではなじみの薄い用語である。

帝号 ていごう

帝王の称号。日本では〈天子の称号〉といっている。

亭号 ていごう

「──亭」の形をとる号。

多分に洒落心をもって命名する。

参考

(*為永春水が)狂訓亭と自称するは、拙作の主意、勧善の教訓他に異なり、趣向文章前後して、筆に狂ひの多ければ、教といふ字を(くるふ)とし、響をきやうとよませするも、おのれをいましむ亭号(テイガウ)なり、&春色辰巳園・四編

定称 ていしょう

使い慣れた呼び名。〈通称〉にほぼ同じ。☟通称

適名 てきめい

その人にふさわしい名前。ぴったりの呼び名。観念的で、適用範囲が曖昧である。

手児名 てこな

伝説「真間の手児奈」という固有名から転じ、「手児」は赤児から少女までの女子の総称に。これからさらに〈手児名〉は〈幼名(おさなな)〉の古語へと転じた。☟幼名(おさなな)

参考

手児名(テコナ)は、万葉集第六、山部赤人の歌、第九、高橋(むらじ)虫麻呂が歌に(あらは)れたる、(かつ)牡鹿(しか)真間の(いち)女子(ぢよし)なり、前輩の(ときごと)に、手児名は東国の方言、女子(いも)をいふといへれど、証文なし、按ずるに、手児名はその女子の名なるべし、&玄同放言・三・人事二

手人 てびと

古姓の一。(くつ)を縫ったり機を織ったりする渡来系の技能者集団をいった。

『古事記』中・応神紀にこの名が初出。

殿下 でんか

皇族はじめ時の為政者への敬称。

この二字で代称したり、下付けの号としたりする。

参考

●殿下の称/皇太子諸王を殿下と称する事は漢より始まる、唐の初には皇太后をも殿下と称せり、&明治節用大全

殿号 でんごう

貴人の法名に「──殿」をつけること。また、その号。

転籍者 てんせきしゃ

籍を移した人。

転籍地 てんせきち

転籍し新に本籍を置いた地。

転籍届 てんせきとどけ

転籍したい旨を転籍先の役所に届け出ること。また、その届出書。

典膳 てんぜん

律令制下、朝廷の膳司(かしわでのつかさ)の次官を称した官名。

後に武家の通名になっている。剣豪の御子(みこ)(がみ)典膳(後の小野忠明)が有名。

転入届 てんにゅうとどけ

新しく市区町村内に住所を定めるさい、氏名、住所、転入月日などを届け出ること。また、その届出書類。

天皇 てんのう

〈天皇号〉とも。天皇の尊号。天皇をさす第三人称。

引例のように、時の天皇により天皇号・院号・帝王号の使い分けが必要とする説もある。

参考

●天皇号 院号/天皇号、院号とのけぢめ何の故なるやしらず。一説には上古神道の葬りなるを、天皇と称し。仏道の葬りを院と称し奉ると、これ杜撰(づさん)憶説なり。持統天皇をば仏道の法を持て火葬し奉る。これ天子火葬の始りなり。淳和天皇は御遺詔にて火葬にし、御骨を()に砕きて、大原山にまきすてたりと申せども、共に天皇号を奉れり。また先代天皇号なるを、後世より院号には称せられぬ事なり。又前々院号にてわたらせ給ふを後世より、天皇号に称し奉る事は、くるしかるまじきにや。今も太上天皇の尊号はべればなり。且つ神武天皇より、元正天皇までの四十三代は、天皇号なり。聖武皇帝御一代は、皇帝号にして、これを特例と称しつべし。又孝謙天皇より、村上天皇に至るの十八代は、天皇号なり。冷泉院、これ院号の始めにして、高倉院までの十八代は、院号なり。安徳天皇は、天皇号なり、後鳥羽院より花園院までの十三代は、院号なり。後醍醐天皇、又天皇号なり。光厳院より後桃園院に至る二十四代は、院号なり。これ混錯すべからず。&它山石・二●天子御称号読方/歌書に天子の御称号に付たる後の字はごと音にて読み、臣下の称号に付たる後の字はのちと訓にてよむべきなり、たゞし天子の内のちと訓にて称するあリ、後深草院なり、これは御不孝と響音のかよふをいみてのちとよむなり、臣下の内ごと音にてよむは後大徳寺、後京極のみなりと、塙勾当水母子のはなしなり&一話一言・四十八

天皇御名 てんのうのみな

「御名」はオンナ、ギョメイとも発する。

天皇の名。

昭和天皇は「裕仁」、今上は「明仁」が御名である。

自称されるる場合は「朕」。かつては御名の直称を避けて、天皇の代え名「あきつみ神」「現人神(あらひとがみ)」などの尊称が用いられた。

参考

●又一人、実名ヲ之英ト名乗モノアリ。又難ジテ云、英ノ字ハ、当今様ノ御名也(*後桃園の御名、英仁の一字をいうか)。之ヲ名乗ハ、大不敬也ト。是又文盲也。今ノ世、武家ノ治ナレバ、民庶下賎ノ人、一向堂上ノコトハ預ルコトナシ。大抵中人以上ニテモ、今上天皇ノ御名、何ト申シ奉ルヤヲ知ラザル人多シ。況ヤ下賎ノ我々共、雲上名鑑ダニ見シコトナカリケレバ、御名ニ触ルヤ、不触ヤ、不知カタ返テ宜シ。官位アル人同様に忌憚ルハ、却テ僭上、勿体ナキコト也。&駒谷芻言

天皇無姓 てんのうむせい

テンノウムカバネともいう。天皇()には姓が無いこと。

日本国の最高位にある天皇は万世一統の存在であり、民が賜姓する対象ではない、とする皇統超越思想による。

参考

●大明一統志巻八十九に、吾が国の事を記す所に、日本の王統を世々にし、百官官を世々とす、王は王を以て姓とすと書けり、是れ亦異国遠境の人、吾が国の天子を知らず、みだりに姓を以てするは誠に笑ふべし、君は天の子にして尊く、万世不易の統道なれば、天子に姓あるものにあらず、姓は臣下の象也、いかんぞ真天子に、姓を以てする事あらんや、異国西蕃のごときこそ、姓なくんば有るべからず、&日本正語考・四 

 

 

同一名の区別 どういつめいのくべつ

地域によっては、同一名をもつ者が何人も偏って存在することが少なくない。こうした場合、引例のように、民俗学的考証も役に立つ。

参考

●同じ通称の区別法/一地方で三人か五人かの衛門尉兵衛尉のある間は、其頭に太郎次郎を付けさへすれば、字即ち個人を差別する方法としては、目的を達した様であるけれども、年代を経、人数の多くなると共に、故人迄も合せれば漸々と其数が多くなつて来て、終には同じ通称のものが其方此方に出来て来る、況や官名を持たぬ唯の太郎次郎に至つては、初めから親の名前位では充分な区別をすることが出来なかつたから、更に其上に何かの差別法を設けなければならぬ。そこで立戻つて自分の家の姓によつて、源氏の家の太郎ならば源太といひ、平家の三郎ならば平三といふのも一つの方法であつたのであります。今日行はれて居る名頭(ながしら)といふもの、即ち人の通称の吉といふのは橘氏であります。勘といふのは菅原氏、弥といふのは小野氏、清といふのは清原氏、忠といふのは中原氏、藤は勿論藤原氏であります。/是等は皆多数の次郎三郎を区別する為に菅太・野三・橘六・中七等と称へた遺風であります。然し一地方に殖民をして来るものは多く同一家であつて、其姓を同じくしてゐるのが普通であるから、一族蔓延の場合には是も亦区別になりにくい。此に於てか第四の方法として、居住地を以て称呼とするのは極めて自然の順序でありました。今日でも庄兵衛といふものが二人あれば、川端の庄兵衛とか上屋敷の庄兵衛とか云ふのが普通の例であります。これは決して近代に始まつたことではなく、大凡日本人が村をなして共に住み、郷党が交を結ぶ場合には、もし互の実名を呼ぶのを避くるとすれば、斯くの如くするの外はなかつたのであります。&名字の話

同音異名 どうおんいみょう

ここでは「同音異漢字名」をも含めることとする。同音で発するが文字の異なる名。

電話帳などでいくらでも探し出せるから、あえて例示までもあるまい。

堂号 どうごう

「──堂」が付く雅号や屋号。まれに法号も含まれる。

道号 どうごう

仏道に入ったときの後の号。または、禅僧らが字のほかに付ける称号。

最初は鎌倉時代に発生し、しだいに他宗派にも広まる。〈道号〉は宗派によって付け方に定めがある。たとえば禅宗では、これを〈字号〉といって、独特の命名法を用いる。☟字号

「天佑和尚より道号下され、仙渓道倫と号す」(わらんべ草・五)「老仏老和尚/和尚法諱宗順、洛北紫野、大徳寺、宗曇花(そうどんげ)()(はう)にて、道徳道号(とも)に高かり、文明十三年十一月日寂、或云、年九十一。」(玄同放言・二・人事一)

同時同名 どうじどうめい

同名はドウミョウとも。同一の時代に〈同名〉であること。また、その名。

参考

●同時同名之類を、代酔編に多く挙侍る、我国とても、ふたりみたりは、同じ御代に聞え侍りけれど、近き世、神君御在世の時の如く、同じ名有事は、古しへの文にも見え侍らざるにや、好事の者に見せばや迚記す、/酒井将監忠政 安部四郎五郎忠政 松平与一郎忠政 伊奈筑後守忠政 森右近大夫忠政 本多美濃守忠政 松平摂津守忠政&塩尻・三十六

同宗異姓 どうしゅういせい

同じ祖宗同士、たとえば父子であるのに、姓氏を異にすること。また、その姓氏。

ほとんどが賜姓に起因する。

参考

●父子姓尸を異にす/父子なれども、姓とかばねと同じからざる有、但し後世の養子義子の姓を冒すが如くならず、かばねも姓も、時として天子の特命にて改め玉ふ事あればなり、&類聚名物考・姓氏三

堂上 とうしょう

ドウジョウとも。〈殿上人〉ともいう。

三位以上五位までのうち、昇殿を許された人。

参考

●昇殿并地下堂上の事/昇殿は清涼殿の殿上をゆるさるゝをいふ、古は今の堂上のごとく、代々家つきにて昇殿することなし、人によりて、昇殿をゆるされしこと、粟田左大臣在衝公、中納言にて始て昇殿をゆるされしこと金秘御抄に見えたり、古は堂上地下といひしは、今の奥近習なり、端の堂上の如し、たとへば中納言にても、昇殿をゆるされザリシ間は、猶地下なり、今の制は、堂上地下と家柄さだまりて、堂上は御元服の節、代々昇殿をゆるされ、地下は一切昇殿することなし、又堂上は、禁裏仙洞をはじめ御車寄より昇降せられ、其余は諸大夫間より昇降するなり、&山田落穂

同称 どうしょう

同じ名称。同一の呼び名。広義の〈同名〉に同じ。☟同名

道称 どうしょう

〈道号〉に同じ。

等親従名 とうしんじゅうめい

本家の家長()を中心に等親関係を命名したもの。また、その名。

たとえば多治比真人家主、坂本吉士長兄、大野朝臣姉、額田部連甥、出雲親族孫売などが諸本に見える。

同姓 どうせい

〈同苗〉とも。同じ姓。同じ苗字。

「柿本は先祖久しくして同姓の人多し」(胆大小心録)

同姓異字 どうせいいじ

読みが同じで文字の異なる姓。

〈同姓異字〉には多すぎるほどの例がある。

「此はたゞ字を改めたるなり、凡て古は姓名なども、文字は心に(マカ)せていかにも書るを、此ころは既に其も定まれるなり、」(古事記伝・十五)

参考

●姓氏文字不画一/すべてこと葉かよへば、文字はいづれの文字を書き手も、もとより刈り字なればよろし、されど古事記には此しを箱のかりじ、二本木にはかのしには彼かりじととやうに、その諸ごとに、おのづから分別もありげなれど、おのれいまだ一どうにはおしきはめず、そも〳〵静止などは、かれこれじた混同すまじきために、そのめいもくもあるものならむに、ことはかよへばとて、いづれの文字書きにてもよろしといふべからずとおもへど、それはた、かよはしけるあり、いまそのひとつをいはんに、(*中略)倉椋藏、文字はかはれど、いづれもクラとよむなり、&難波江・六

同姓異出 どうせいいしゅつ

祖先や出自が異なるのに姓は同じなこと。また、その姓。

古くに〈同姓異出〉来歴をたどると、たいていは賜姓の濫用か氏素性の僭称に落ち着く。

参考

(ナノ)る氏は同して、祖は異なるを、某氏々に本末ある事は、中臣氏の中臣は、中執持(ナカトリモチ)てふ言の約れるにて、(*中略)神と皇との御中執持つ、児屋根命の子孫に属る本よりの氏なるを、其外にも中臣某と云姓これかれ見えたるは末なり、(*中略)また服部部連は、天御桙命の神世より仕奉る職に属る本よりの氏なるを、允恭天皇の御世に、殊なる所以ありて、別なる系の人に服部連の姓を賜へるは末なり、&古史徴・一夏

同姓親近心理 どうせいしんきんしんり

〈同姓親近感〉とも。同姓の他人に親近感を覚える心理。

自分の姓が珍しい存在であるほど、親近感は強まる傾向にある。☟同名愛着

同姓同名 どうせいどうめい

複数の人同士で姓名と文字がぴったり一致していること。また、その姓名。

ただし、読み未詳の他人の同姓同名は、確認ができるまで結論を留保したい。

姓名の種類が比較的少なかった維新以前の時代には、この〈同姓同名〉に伴う混乱がひどいものであったらしい。今でも佐藤・田中といった多数姓では、同姓同名の多いのに目を奪われる。

電話帳を見れば、自分と同姓同名の人が多いか少ないか、およその見当がつく。週刊誌などで喧伝しているように、同姓同名が多いと、トラブルや珍事件が発生しやすい。

「ところがその同姓同名の男の後を追うような形で私は翌年同じ中学校に入学することになるのである。」(同姓同名、山田稔、日本の名随筆・別巻二十六)

同姓不娶 どうせいふしゅ

訓じてドウセイメトラズとも。同姓の者同士での結婚を避けること。

同姓同士は遺伝学的に見て血が濃く混じり合う可能性が高く、そのため近親結婚の弊害を避けよう、とする成語である。

同籍 どうせき

〈同籍者〉とも。同じ戸籍にあるもの。

〈同籍〉は家族とは限らず、同居人等を含めることもある。

同族同字 どうぞくどうじ

〈同苗字同族〉とも。一族が同じ血系なら苗字も〈通字〉を伝えることが多い、とみること。また、その苗字の〈通字〉。

昔は通用した理屈だが、偽系図が跋扈した結果、氏素性の乱れた現代では疑問が残る。

唐名 とうみょう

唐土での名。唐制に倣った名付け。

〈唐名〉は、日本では一種の大陸模倣の命名法である。たとえば阿部清明、小野道風、藤原行成などは音読をもっぱらとした唐風読みである。

参考

●続日本紀大宝三年下に、衣縫造孔子といふ名あり、(*中略)唐人の名を付けたる類は、藤原伊尹公、同相如の類、尚有べし、相如は彼にても蘭相如をうらやみ、司馬相如とつき、&閑田耕筆・二

同名 どうみょう

〈同苗〉とも書き、ドウメイとも発する。苗字が同じこと。ときには、名が同じこと。また、同じ苗字。同じ名。

現在は〈同名〉とする表記が中心ではあるが、氏名ともに混然と用いられている。この語については、語義の弁別を押し通すより、言葉の融合化現象であると解釈したい。

「一通の封じ文あり、上書を見れば、京立売子林静閑様、同名乙次郎とあり、」(傾城禁短気・四の四)

同名異人 どうみょういじん

名が同じであるもの同士。

この語は慣用句になっているが、〈同名〉において、すでに異人同士である意味が含まれている。

参考

●小石川に、久松(ひさまつ)定弘(ていこう)といへる巡査ありし事、四谷に、藤田四郎といへる日傭(ひよう)(とり)ありし事。及び先頃われの国府(こふの)(だい)に行きて、立寄りし植木屋の(ぢぢ)の渡辺治右衛門なりし事等、同名異人の例数多あれど、尾上(おのへ)菊五郎といへる盗賊ありし如く、日々の新聞紙にも目につく事なれば、業には記さず。殊に女は大抵きまりきりて、同一姓名の同一小学校に机を(なら)べしもありといへり。(*原文は総ルビも一部を省略) &ひかへ帳㈢、斉藤緑雨●正宗の研究 清水橘村/岡崎五郎入道正宗は、天下の人が古今の名人と思つてゐる。(*中略)天下正宗は唯一人なるかと云ふに決して然うではない、次に正宗の同名異人を挙げて置かう。(*後略も、以下十名の自称正宗を挙げ、結文に至る)&山陰ビックリ新聞・大正四年11月一日

「──藤」名字 ──とう/みょうじ

名字のうち〈──藤〉の字の付くもの。

この形の名字は身の回りにいくつか存在する。これらはもともと藤原氏から派生したもので、たとえば佐藤は「渡守原」、「衛門佐藤原」「兵衛佐藤原」あるいは「下野国野荘司原」の四名字いずれかが約まったといわれている。これらから、いずれも藤原姓と時の朝廷か荘園での官職とが結びついて、新たに出来たものであることがわかる。この類の「──藤」名字と由来する官職をいくつか挙げてみると、安藤←安房守、遠藤←遠江守、加藤←加賀守、工藤←木工助、近藤←近江守、斉藤←斎頭(いつきのかみ)、内藤←内舎人(うどねり)、尾藤←尾張守などである。

童名 どうめい

童名(わらわな)〉の音読み。☟童名(わらわな)

同名愛着 どうめいあいちゃく

同名の人に親しみや関心を感じること。

姓名心理学的に見てもはっきりとした現象であり、これが「同姓同名」だとさらに顕著な親愛感をいだく傾向にある。

遠名 とおな

世間に広く知られている名。遠方まで知れ渡っている名。

真野(まぬ)の池の小菅を笠に縫はずして人の遠名(とほな)を立つべきものか」(万葉集・八、よみ人しらず)

通り字 とおりじ

音読みでツウジ、〈通し字〉〈名の通名〉とも。

先祖から代々襲ってきた実名に付ける文字。「一字襲名」ともいえる。

参考

●名乗秘伝抄に云く、通り字の起りは、中世よりこのかたの事なり、父祖の名を一字をとりて、上にも下にも用ふるなり、又曰く、仁字は水尾帝に始まり給ひて、後冷泉院以後連綿して御名となる、又曰く、足利氏は世々義の字を名の上におき、佐々木は綱の字を名の下におきて通字とす、&安斎随筆・二十一

通り名 とおりな

〈通り名〉には、次の二義がある。

⑴世間に通用する名。☟通称

⑵家長が先祖から引き継ぎ用いている名。☟襲名

湯屋の「三助」、女中の「おさん」などは通り名⑴の代表格である。

「閻魔王は通名にて、次第〳〵に継ぎきたりて、」(地獄楽日記・一の一)

徳号と在所号 とくごうとざいしょごう

いずれも諡号で、〈徳号〉は天皇の遺徳をしのび漢籍から雅語を引いて奉り、〈在所号〉は京畿の地名にちなんで奉った号。

両語ともすでに死語化しており、国語辞典・歴史辞典、百科事典にその名をとどめていない。明治以降は今上年号により諡されている。

参考

●御徳号 御在所号/凡そ桓武天皇より以前は、皆御徳号を以て諡し奉れり。平城天皇より以後は、或は御徳号を用ひ、又は御在所の号を用ひて諡し奉る。惜哉(おしいかな)々々。五十一代連緜たる所の、国家大典の徳号の諡法(しはふ)改革せり、此後例一ならず。後世にては遂に御徳号の諡法廃絶に至る事は、此時に萌芽(めざ)せり。御徳号とは、仁明、文徳、光孝(かうかう)の類なり。御在所の号とは、宇多、醍醐、村上の類なり。又後の字を副へ上つる事は、先皇の御蹤を追ひての事なり。後一条院、これ一条院の御子にして、これ後の字を加へ奉るの始なり。さて後の字を添へ奉るに、御徳号には添へずして、御在所号に添へ上つる事、故実なりと申。仮令ば深草帝仁明、小松帝光孝、此二号に後の字を加へて、後深草院(のちのふかくさのいん)()小松院(こまつのいん)と称し奉る。然れどもこれを後仁明院、後光孝院と称し奉らざることは、仁明、光孝は徳号なればなり。後花園院をば、はじめは後文徳院と諡を奉られしかども、後日御沙汰有て、後花園と改められたりとなり。これ御徳号にて後の字を添へ奉らぬが故なり。&它山石・三

特殊名字 とくしゅみょうじ

常識から外れるような名字。特別な名字。

多くが〈難読姓〉と〈希少姓〉を兼ねている。たとえば、天羽(あまは)勘解由小路(かでのこうじ)車多(しやた)心山(むねやま)目移(めうつり)など。☟難読姓 ☟希少姓

特称 とくしょう

特定の人物・グループに対する特別な呼び名。

流行語などによく見られる。

「漠然たる一の型に対して『モダン・ガアル』といふ特称が誰かによつて適用され、」(モダン・ガアルの研究、片岡鉄兵)

匿名 とくめい

〈匿名〉には、次の二義がある。

⑴公表できない事情により、自分の名を隠すこと。

⑵氏名を隠し代称を用いること。また、その名。

上記⑵の場合は、筆名のほかに頭文字や仮名などで代用するのが普通である。

匿名に関する記録は古く、『日本書紀』十五・顕宗天皇の条に、穴穂天皇こと安康天皇の三年十月、顕宗天皇は雄略天皇に殺されるのを恐れて逃亡、播磨の国に至って丹波小子(こわらわ)と改名し匿名生活を送ったことが記されている。

また和歌に目立つ「よみ人しらず」も理由(わけ)ありの詠者による匿名である。

現代、新聞・雑誌を賑わせているコント等の投書子も、「トン子」「オバQ」といった戯名を使った、じつは匿名である。

「真面目な挨拶をする奴があるものか。歴史は歴史だが大変なもんです。無名氏著、岩見武勇伝だから()いじやあないか。」(湯島詣・紅茶会一、泉鏡花)

参考

(*天平勝宝元年二月二十一日)朝庭(みかど)の道の(ほとり)(しばしば)名を(かく)せる(ふみ)を投ぐるを(もち)て、(みことのり)を下し、百官と大学の生徒(しやうづ)とを教誡して将来を(いまし)めたまふ。(*読み下し)&続日本紀・十七・聖武天皇●頃日匿名の書を作りて他を誹謗する者ありければ、県庁より左の布達あり。/法典を犯し倫理を紊り、不応為の所業有之件々申立之 趣、風化に関り、不宜儀に付、可及取調間、其者之居所姓名等詳細相記し自分押印可差出事。&静岡新聞・七・明治六年三月

刀自 とじ

トウジとも発する。〈戸主(とぬし)〉を中略した万葉言葉で、一家をつかさどる主婦。

女権主導型の古代、〈刀自〉は敬称でもあった。

のち、武家の女主人といった意味に俗化して用いられた。〈刀自〉の女子名への転化も早い時代にうかがえ、「正倉院文書」の『但馬国解』天平勝宝二年の譲に、麻刀自女・飯刀自女・黒刀自女などの名が見える。

且いわく、「圧乞(いで)戸母(とじ)、其の(あららぎ)一茎(ひともと)」といふ。(日本書紀・十三・允恭天皇)

年寄名 としよりな

単に〈年寄〉とも。トシヨリメイともいう。

〈年寄名〉には、次の二義がある。

⑴江戸時代、町村の長だった者の役名。「町年寄」「村年寄」など。

⑵相撲で現役を退き年寄となった人の名。たとえば現役名の栃錦は年寄となって「春日野」に、同じく柏戸は「鏡山」を名乗った。

称 となえ

〈称名〉とも。名称。称号。

「儲位を避り給へる後の事ながら、なほそのかみの実の称えなるべきを、うちまかせては天皇と書されたるところもあるは、」(長等の山風・上)

称名 となえな

〈称〉に同じ。☟称

舎人 とねり

律令制下、下級官人である大舎人・中舎人・内舎人・東宮舎人などを含めた総称。

のち三浦舎人など、通名に転化した。

──殿 ──どの

他人の氏名や官名の下に付けて敬意を表す語。

「──様」に比べ敬意が軽く、今では公的な呼称ではあまり使われていない。

別に、貴人への呼称として「殿、御覚悟のほどを」のように、単独に実名避称として用いられた。

「二月十四日午ノ半刻ヨリ申ノ刻マデニ大坂西本願寺ニ於テ、醍醐大納言殿、東久世前少将殿、宇和島少将殿、各国公使ト応接ノ始末、左ノ如シ。」(太政官日誌・一・慶応四年二月)

参考

(殿)と称するは、摂政家に限ることなれども、僭して良賎相呼(よびかはす)こと、今も昔もかはらぬに、様と(となふ)ることの(たうめ)なりしにより、殿といへば、不敬なりと思ふものゝあるもをかし、昔は至尊、その亡臣を愛顧して、殿と呼はせ玉ふことありけり、&玄同放言・三・人事二●殿と称すこと/昔は高松殿等皇居に云ふ。それより人民にも尊称して某殿と云ふ。今は士民ともに殿をもつてこれを称す。けだし宮家にはでんと称すことあり。居を御殿と云ふべき人、殿をもつて称すべきなり。今は下賎をかへつてどのと称し、貴人を様と云ふに似たり。&類聚近世風俗誌・四・人事

殿様 とのさま

大名はじめ貴人、主人を呼ぶ称として用いる範囲が広い。

参考

●殿様/万石以下以上ともに幕府直参の武家は、臣僚より主人を称して殿様と云ふ。けだしこれには殿を濁らず、とのさまと云ふ。名の下に云ふ時は、濁りて某殿と云ふなり。&類聚近世風俗誌・四人事

殿館様 とのたてさま

庄屋や村長(むらおさ)などが住む屋敷の呼称。

往時、東北地方で使われた言葉で、実名避称にともなう間接称呼の慣習である。

参考

●殿館様の起原/此序に殿といふ字の意味を申せば、殿は文字の示す如く長者の建築物(たてもの)に対する敬号である。架号の属する土地である。建築物を呼んで其中に住んでいる人を直接に呼ぶことを憚かつた意味である。即ち御屋敷といふことであります。之が終に移り変つて、直接に人の名を郡長殿、局長殿といふ様に、人の名を意味するようになつたのは甚しい変転であります。南北朝頃の文書、殊に諸国の侍に大将から出した感状などを見ると、人の通称に殿の字を付けたものが現はれかゝつて居る。/一例をいへば河野武蔵守殿といふ様になつている。是が奥羽の方へ行くと何の何某館と書いてある。武士の住宅を館といふのは東北地方の方言で、西国に行けば京都に私淑して武家も皆殿と呼んだのである。/それに比べれば遥かに後代の発生でありますが、様といふのは方向を示す言葉がもとでありました。西(にし)(さま)(ひがし)(さま)といふ如きは其例であります。人を呼ぶに様を使ふのは、直接に其人を呼ぶのが失礼であるから、態と漠然と其方向を指したのである。今日我々が彼方(あなた)其方(そなた)といふのは全く之と同じ用ゐ方であります。随つて殿や様は君といふ詞とは非常に意味が違ふのであります。殊に人を呼んで何の何兵衛氏と呼ぶのは、誰が始めたことかは知らないが、歴史的根拠も何もない無趣味の慣例といはなければならぬ。&名字の話

殿名 とのな

宮中女房の呼称の一。

大宮殿、三条殿というように高等官女の下付け敬称であった。

主殿 とのも

トノモリとも。〈主殿〉は律令下、主殿寮で雑事を職掌した下級廷吏。

のち佐々主殿など、通名に転化した。

度売 とめ

老女をさす上代の呼称だが、人名の下付けにも用いられた。

『古事記伝』八に、「度売は老女を云称と見えて、書紀に姥と書り、」とあり、春日建国(カスガノタケクニ)勝戸売(かツドメ)()(ホノ)大闇(オホクラ)見戸売(ミドメ)()()()()()()などの名をあげている。

都名 とめい

〈総称〉〈総名〉に同じ。

「経とはなどや名付くらん、それ聖教の都名にて、」(謡曲「鵜飼」)

留め名 とめな

子供はもういらない、という親の意思表示をこめた命名。

留、止、末、捨、澄、済、桐などの字を付けることが多い。

〈留め名〉は男女とも末子が多く、言外に半端者扱いである。昔、子沢山を自証したような慣習だが、子供の身にしてみれば、こんな名に愛着がもてるわけがない。なお、研究者によっては留め名を〈出世名〉の対極に置く扱いをしている。

参考

●豊臣秀頼公幼名捨君/天正十九年八月五日早生せし捨君あり、三歳の由、妙心寺に葬る、然ば秀頼と異なり、萩泰昶云、天正十九年辛卯、秀吉公年五十に超て子なし、此秋初て男子を設け玉ふ、大に悦んで其名を捨君と称 し、鶴松丸、又八幡太郎に改む、然るに其年八月五日夭す、&人見雑記

伴造 とものみやっこ

大和朝廷に臣従した品部の統率者の呼称。

連系諸氏の系列下にあり、「──造」型の姓をもつ者が多い。

参考

●とものみやつこ/日本紀に伴造と見えたり、国造に対していへり、八十伴緒の職掌ある部類をすべてをさむる任をいふ也、よて孝徳紀に若憂訴之人、有伴造者、其伴造先勘当面奏せと見えたり、&倭訓栞・前十八・登

取子名 とりこな

〈取子名前〉とも。本名以外に神主から付けてもらう名。

ことに神仏に祈願して得た子供は「申し子」として大切に扱われ、本名のほかに、神官・僧侶から名付けを貰った。楠正成は、「多聞」という毘沙門天の別名を〈取子名〉として付けられている。豊臣秀吉の幼名「日吉」も、母が日輪の懐入りの夢見から懐胎したのにちなんで付けられた取子名である。

──どん

でっち奉公人など、下層使用人への通称。

「九州で生まれた人ならば皆知つて居るだらう。人の名にサンを付けることは、ドンを付けるよりもずつと少なく、」(人の名に様を付けること、柳田国男)

 

 

名 

人の呼び名。

〈名〉と一字指しした場合は、用法範囲が広いが、個人の実名や通称をさすのが普通である。人名でも姓氏を含める場合は、単に「名」ですまさずに、〈氏名〉〈姓名〉のように使い分けたい。

有史前、個人名は名だけの〈単称〉から始まった。これが時代の進展とともに、諱が生まれ字が付けられ、さらに別号や通称が用いられるようになって、姓氏とあわせたいそう修飾的なものへと変化した。

また、実名敬避の習慣が長く続いた結果、武家を中心に〈実名〉の存在が薄れ、実名を知る人が少なくなったという珍現象すら生じている。人名のこうした因習については、太宰春台が『経済録』において、鋭い洞察の目で批判しているのが注目される(参考で例示)

ときに日本人の名前の種類は世界でも類を見ないほど多様で、同一字の異読まで含めると三十万種に近い。☟人名 ☟姓名 ☟名乗り

「誰れ白鬼とは名をつけし、無間(むげん)地獄(ぢごく)のそこはかとなく景色づくり、」(にごりえ・五、樋口一葉)

参考

●な 名は生也、成也、春秋設題にも名成也と見えたり、周人多く名は用、字は体を用う、又那摩は名の梵語なるよし、倶舎論に見えたり、日本紀に、字もまたなとよめり、あざなとは訓せず、弘决に、西方風俗、称名為尊、此方風俗、避名為敬ともいへり、&倭訓栞・前編十九・那●名ト云ハ、只今ノ名乗也、字ト号トハ、日本人ニ本来是ナシ、学者ニ字号アルハ私事也、古ハ公家武家庶人モ、常ニ名ヲ称セシニ、近世ニ及テ、彼是ニ称スル官命ヲ、常ニ称スルナラハシニ成テ、何トナク名ヲ称スルコト廃シテ、今ハ但公家ニノミ、古風ヲ不失シテ、常ニナヲ称スルナリ、サレバ親戚朋友ノ間ニテモ、互ニ其名ヲ不知、朝廷ノ礼式ニモ、名ヲ称スルコトナク、国家ノ記録ニモ、名ヲ書スルコトナキ故ニ、官命計ヲ書付ケタルヲ見テハ、誰某ト云コト分明ニ知レズ、近世ノ風俗ニテ、官命ヲ父子代々、相襲スルコト多く、又同族ノ中ニテ、昨日マデ、彼人ノ称セシ官名ヲ、今日此人称スルコトアリ、譬バ前ニ松本侯ヲ水野日向守ト名乗シニ、松本侯亡テ、結城侯又水野日向守ト称スル類也、殊ニ松平氏ハ、諸侯以下ニ甚多ケレバ、一ノ官命ヲ彼方此方ニテ称スレバ、其名字ト其官名トヲ聞ル計ニテハ、誰ト云コトヲ弁ヘ知ベキ様ナシ、箇様ノ類、名ヲ称セズシテ、官命ヲ称シ、朝廷ノ文書記録等ニモ、ナヲ書セズシテ、官名ノミヲ書テハ、其年ノ内ニモ混乱シテ、知難キコトアリ、五年十年ノ久キ年月ヲ経テハ、決シテ誰某ト云コト知ザルベシ、如此ニテハ記録何ノ用ニ立ベキヤ、是大欠典也、今世ニモ、公家ハ猶古ヲ存シテ、常ニ名ヲ称ス、家ニハ近衛九条等ノ称有ドモ、一人ノ称ニ非ズ、大臣納言等ノ官ハ、一人ノ官ニ非ズ、且自己ヨリ称スルニ名ヲ称セズ、家号又ハ官名ヲモ称ベキ義ナシ、人ヨリ呼ニハ、官命ヲモ家号ヲモ称スル也、公家ノミニ非ズ、賀茂ノ神主等モ、常ニ名ヲ称スコト、公家ト同ジ、賀茂ニ詣シトキ、禰宜等ノ伺候スル番所ヲ見タリシニ、長キ板ニ、数多ノ禰宜ノ名ヲ書キテ掛タル有、上ニ従五位下、正六位上等ノ爵位ヲ書シ、下ニ賀茂某抔ト姓名ヲ書セリ、彼等ハ家ニ苗字アリ、左近兵部抔ト云官名モ有テ、常ニ称ルニハ、苗字ト権ノ官名ヲ唱へ、鴨脚民部、梨木左京ナド云ヘドモ、社頭ノ名籍ニハ、是ヲ不書、只位階ト姓名計リヲ書スルヲ、日本ノ古法ヲ失ハズ、中華ノ例ニモ合ヘリ、又伶人ニモ苗字有、官名有テ、常ニハ是ヲ唱レドモ、音楽管絃ノ目録ニハ、只姓名ヲ書コト、賀茂ノ神官ノ如シ、是古風ヲ存セルイミジキコトナリ、願クハ武家モ、カク有マホシキ也、凡諸侯以下ノ人、県官ニ謁見シ、其外臣民ノ君上ニ謁見シ、士大夫ノ相見スルニ、苗字官名ノ下ニ、必名ヲ連テ称スベシ、凡進物ノ目録ニモ、貴賎トナク、必名ヲ書ベシ、国家ノ記録、朝廷ノ文書ヲ始メ、士庶人、平日ノ書札ニモ、必名ヲ書スベシ、総ジテ平日ノ交ニ、自己ヨリ称スルニハ、必名ヲ云コト、公家ノ如ナルベシ、如此ナラバ、吾人ノ名、世ニ通行ノ人ノ名ヲモ互ニ記臆シ、苟且ノ筆例ニモ、名存スベケレバ、歳月ノ経テモ、其人体紛ルヽコトナカルベシ、今ノ世ニハ、名ヲ称スルコトナキ故ニ、親戚朋友ノ交ニモ、一生其名ヲ知ザルコト多シ、天子ヨリ士庶人ニ至迄、名乗ノ外ニ、真ノ名アルコトナシ、世俗名乗ヲ実名ト云ニテ知ベシ、名乗ト云モ、自己ヨリ称スベキ名目也、&経済録・九・制度●名といふは、名乗の事也、字といふは、常によぶ名の事也、然れども日本には、あざなといふ物なし、唐人にばかりあざ名はある也、今日本にて、何太郎、何次郎、何兵衛、何左衛門、其外百官名の類は、字といふ物にはあらず、是をあざなと心得たる人はあやまり也、いにしへ文屋康秀(フンヤノヤスヒデ)が字は、文琳(文リン)といひ、平(サダ)(ブン)が字は、平仲(ヘイチウ)曽根(ソネノ)好忠(ヨシタダ)が字は、曽丹(ソウタン)といひけるよし古書にあり、是もたま〳〵の事にて、其比おしなべて、人々字ありしにはあらず、名ト字の二ツをわけて、くはしく云ふ時は右の如し、後世には、それまでの吟味もなし、名字(ミヤウジ)といふ時は、たゞ人の名の事也とばかり心得べし、物の本を知らざれば、まよふ故記之、&貞丈雑記・二・人名

名、魚名由来 な/うおのなゆらい

魚名から取った命名。

これを『日本書紀』と『続日本紀』から拾ってみると、八口采女(やくのうねめ)鮪女(しびめ)石上(いそのかみの)朝臣(あそみ)勝雄(かつお)凡直(おおちのきみ)黒鯛・吉備(きびの)品遅部(ひちべの)雄鯽(おふな)塩屋(しおやの)鯯魚(このしろ)などの名がが見える。

参考

●按ずるに、魚は陰中の陽なり、こゝをもて、むかし百官の名に、多く取れるなるべし、(*中略)この小をもて、大に(たとへ)ば、人主(みかど)は陽なり、庶民(たみ)は陰なり、百官(もものつかさ)は陰中の陽なり、之加、諸魚(しよぎよ)天神(あまつかみの)御子(みこ)(つかへ)奉りし故事(ふること)あり、(*中略)後世(のち)の人臣、名を(いろ)(くづ)に取るものゝ多かりしも、これらに(より)ての(わざ)なるべし、&玄同放言・三・人事二

名、氏因縁 な/うじいんねん

〈縁氏取名〉ともいう。姓氏との因縁による命名法。

姓氏と名とが照応しあい一つの成語的意味を構成している。曲亭馬琴はこの類を、引例のように「氏に縁りて名を取る事」と表現している。☟縁氏取名

名、乳母名取り な/うばめいどり

乳母の名から借用して命名すること。また、その名。

古代、第二の母親である乳母への憧憬を表して、新生児が丈夫に育つようにと、〈乳母名取り〉をすることが少なくなかった。

参考

(あな)穂部(ほべ)は、その乳母の姓なるべし。(いにしへは、乳母の姓を取て、皇子皇女に名つけ玉ひしなり)間人(まひと)は皇后のおん諱なり、又推古紀に、()人連(ひとのむらじ)塩葢(しほふた)といふ(ひと)見えたり、&玄同放言・三・人事二

名、音読 な/おんどく

〈名、字音〉とも読み替える。名を音読で称すること。また、その名。

左記引例の名をジヘイ、マンチウ、ライコウ、セイメイなどと呼ぶことをいう。☟名、字音

参考

●人名を文字音にいふ事/人の名を、世に文字の音にて呼ならヘる事、ふるくは時平大臣、多田満仲、源頼光、安倍清明などのごときあり、やゝ後には、俊成卿、定家卿、家隆卿、鴨長明など、もはらもじごゑにのみいひならへり、琵琶ほうしの平家物語をかたるをきくに、つねにはさもあらぬ、もろ〳〵の人の名どもゝ、おほくはもじごえに物すなるは、当時ことに、よの中にさかりなりしことなめり、&玉勝間・九

名、官職由来 な/かんしょくゆらい

官職から取った命名。

記紀を中心に建部、靭部、舎人、仕丁などおびただしい数があるが、古代、官職が濫用された時代に源を発するものが多い。

参考

●武家官位ノ事/足利殿ノ代盛リ迄ハ、御家人ノ官位、各古ノ制ヲ存セラレキ、サレバ其此迄ハ太郎左衛門、三郎兵衛、四郎兵衛ナド聞ヘシ輩、皆々四府ノ尉ニシテ、六位セシモノ共、其字ヲ、/昔武士ノ字トイヒシハ、今ノ代ノ名ト云フ事ノ如シ、/其官ニアハセテ呼シナリ、左右ノ衛門大夫、左右ノ兵衛大夫ナド聞ヘシハ、皆コレ叙留ノ輩ナリ、(*中略)又其代ノ人、タトヘバ監物太郎、蔵人次郎、左近太郎、右馬次郎ナドイヒ、相模太郎、隠岐次郎、武蔵五郎、陸奥六郎ナドイヒシモ、皆是其父ノ官途シ受領セシコトヲ其家ノ面目トシテ、其子ヲカクハイヒシ也、権太郎、介八郎ナドイヒシモ、其父其国ノ権守、其国ノ介ナドニナサレシガ子息等ニテ、源内、平内、藤内、橘内ナドイヒシハ、ミヅカラ内舎人トナサレシ輩ナリ、&白石小品

名、器物由来 な/きぶつゆらい

器物から取った命名。

『日本書紀』七・景行に「大碓皇子」「小碓尊」、同二十五・孝徳に「県白髪部連」「難波吉士胡床」、『続日本紀』九・元正に「石川朝臣

同十一・聖武に「当麻真人麻呂」の名が見える。

名、兄弟通字 な/きょうだいつうじ

兄弟の名の一字を通し字にして命名すること。また、それらの名の総称。

兄弟の血縁意識を高める効果的な手段として利用されてきた。

参考

●嵯峨天皇の御子たちの御名は、(*中略)皇男のは、みな良字を下におかる、其中に源朝臣と云姓を賜へるは、みな皇子のは一字、皇女のは某姫と云、次に淳和天皇の御子たちののも同じさまにて、此は多く上に恒字をおかれ、仁明天皇の御子たちのは、下に常字をおかれ、文徳のは、上に惟字をおかれ、清和のは、上に貞字、陽成のは、上に元字、光孝のは、上に是字、醍醐のは、下に明字、村上のは、下に平字なり、&古事記伝・二十

名、金石由来 な/きんせきゆらい

金石つまり鉱物から取った命名。

『日本書紀』二十七・天智に「大錦上中臣連」が、『続日本紀』二十・孝謙に「山田史」の名が見える。

「堀河院御時、中宮の御方に、半物に、砂金と云て、双なき美女ありけり、」(十訓抄・四)

名、鯨由来 な/くじらゆらい

鯨から取った命名。

意外に多く、『日本書紀』だけで大伴連(おおとものむらじ)鯨、河内(かわちの)(きみ)鯨、(たみの)(きみ)鯨、盧井連(いおいのむらじ)鯨の名が見える。

名、国字入り な/こくじいり

国字を入れた命名。

小泉千、矢田治、安倍仲麿、安富子、三浦など。

参考

●同(*寛永)十三年丙子七月六日、武州江戸の御城にて御元服、大猷公(*徳川家光)御諱の一字を賜ひて、徳川左衛門督光圀と称せらる、御年九歳、&西山遺事・一

名、国名由来 な/こくめいゆらい

国名から取った命名。

『続日本紀』諸条に「丹波王」「淡海」「播磨王」「美濃麻呂」「出雲王」「尾張王」などが散見できる。

外国の地名にも由来して、『続日本紀』三・文武に「村主百済」、同十七・聖武に「佐伯宿禰靺鞨」、同三十四・光仁に「矢集宿禰大唐」などが見える。

名、暦由来 な/こよみゆらい

出生時の暦や歳時に由来した名。

誕生の干支(えと)から七つ目の干支を頭につけると「吉」であるといった類の俗信が多い。たとえば熊蔵、丑松、金之助といった名は、どれも出生時の暦にちなみ、その縁起担ぎの名である。

名、歳時由来 な/さいじゆらい

諸文献に山之壮夫、下狛朝臣麻呂言、少納言正月王男、小十二月王・六月万呂などの名が見える。

名、字音 な/じおん

〈有職読み〉とも。名の漢字を音で通し読むこと。また、その名。

唐との交流が盛んだった奈良時代に唐風の音読を真似たものが、いつしか称名の習いとなった。文字によっては漢字の読み方が数十種類に及ぶものがあり、これが原因で日本の人名をより複雑なものにしている。なかでも〈神名〉については、たとえば『古事記』『日本書紀』『出雲風土記』などの古典を見ると、スサノオノミコトだけで十種類前後の異表記があるが、仮名がまだ出来ていない時代のこと、(やまと)(ことば)に字音違いの漢字を当てた結果にほかならない。

参考

●人名唱以字音/世に名高き人の名をば字音をもつて唱ふ、たとへば道風をば、タウフウ、俊成をば、シユンゼイ、定家をば、テイカ、家隆をば、カリウと唱る類也といふ説あり、按ずるに、むかしより如斯ありしにや、古今著聞集巻十六興言利口の部、壬生二品家隆の家にて、ある人の子を男になす事侍り、(*中略)名をば何とか付けべきなど沙汰しけるを、(*注記省略)あつみの三郎為俊といふ田舎さぶらひ聞て、進み出て言ひけるは、此殿が(*注記省略)御一家は、皆隆の字をなのりらせ給へば、いへたかとや付参らせらるべけんと、ゆゝしくはからひ申したりげにいふを、人々のわらひのゝしる事かぎりなし、為俊が父図書允為弘聞て、いかに汝ふしぎをば申ぞ、殿の御名乗をしりまいらせぬか、(*中略)といはれて、さも候はず、殿の御名のりをば、かりうとこそしり参らせて候へ、世にも亦さこそ申し候なれとぞ陳じたりける、(*中略)是常に自他共に、カリウとのみ云習したるゆへ、為俊が、イヘタカと云事をば知らざりし也、名を音に唱ふることは、上古にはなかりし也、人丸を、ニングハンといはず、赤人を、シヤクニンと云はず、是にて知るべし、時平大臣を、シヘイノオトヾど云ひ伝へたるは、延喜の頃よりの云習はし歟、さらば其頃より、音に唱る事ありし歟、&安斎随筆・前編一

名、色名由来 な/しきめいゆらい

色の名から取った命名。

『日本書紀』二十八・天武に「荒田尾直麻呂」とあるのをはじめ、諸本に「奴人」「御間名人女」「伊福部宿禰女」「婢刀自女」などの名が見える。

名、熟字由来 な/じゅくじゆらい

熟字成語から取った命名。

この類は、その熟字と語義に関する国語知識がないと解釈できない。たとえば、佐伯稜威雄、田中嗚呼郎、秋野乙女、林万年青など。

参考

●人の名/いにしへより、人の名に熟字もてつけたるあり、春道列樹、大江千里などいくらもあり、かゝる名は和漢にわたりていとめ

でたけれど、貫之、敏行などいへるは、字音もて唱へなば、聖語の味もをかしかるべけれど、つらゆきといひては、つらとは列なる事か、又頬かにて、ゆきとは雪か、行かにて、列行といひても、頬雪といひても義あらず、又としとは、年又敏をもよめれど、是又ことわりなし、かゝる名ことにおほし、聖賢の金言もて名づくるなどは、なほ字音もて唱へまほし、&筱舎漫筆・五

名、省字 な/しょうじ

実名を省いて用いること。また、省いた名。

この例は、通称に多く見られる。省き方も上略・中略・下略、一字残し・二字残し、音通などいろいろある。

参考

●通称之説/記事の文に、近代の人、伊皆しれざるは、何某右衛門、何某兵衛とかくべきは論なし、しかるを文字俚なりとて、弥三郎を単に弥と称し、又太郎を又、平右衛門を平とかきしあり、学びがてらに一話を記するごときはいふにたらず、記録史志の類ならば心あるべし、太郎次郎は、通用にそへて称するなれば、はぶきてもよしとせば、弥又は、親も三郎、子も三郎なれば、其子を弥三郎、又三郎となどゝいふにて、弥も又も同じく通用の称なり、その人の名にはあらず、平右衛門源兵衛は、もと平氏の右衛門、源氏の兵衛なり、さればこれも名とはいひがたし、今時称謂みだれて、かゝるけぢめもなければ、せんかたなく何某右衛門、何某兵衛とかくの外なし、&筆のすさび・三

名、植物名由来 な/しょくぶつゆらい

植物名から取った命名。

『日本書紀』二十五・孝徳に「葛城(かつらぎの)(さき)(くさ)」、「神社(みわの)福草」が見える。

「安貞のころ、河内の国に百姓有けるが、子に蓮花王といひけるわらはありけり、」(今物語)

「鳥羽ノ院ノ御中ニ、菖蒲前トテ世ニ勝タル美人アリ、」(源平盛衰記・十六)

名、親族称由来 な/しんぞくしょうゆらい

親族称から取った命名。

諸本に「坂本吉氏(きし)長兄(おさえ)」「額田部(ぬかたべの)(むらじ)(おい)」「佐々貴山君親人(きみおやひと)」「多治比真人家主(いえぬし)」「小野(おみ)妹子(いもこ)」などが見える。

名、神仏名由来 な/しんぶつめいゆらい

神仏名にあやかった命名。

今でも九州などで、へその緒を首にかけて生まれた子つまり異常出産児に、袈裟彦、袈裟太郎、袈裟寿などというあやかり名を付けて、丈夫に育つ願いを込める例が残っているという。

参考

●怪名/古しへ阿弥陀釈迦、あるは紗弥法師などいへる類ひを付けるは、異なる好なれども、又人の好める所歟、後には此事停止せられし事、国史に見えたり、此事唐に起れる歟、唐人紀事のうち、小名録一巻アリ、古今人物の幼名をしるせり、その中に維摩迦葉などいへる名見えたり、是らを羨て付しにや、&類聚名物考・姓氏八

名、祖名由来 な/そめいゆらい

父祖のなに由来する命名。襲名になる場合、ならない場合は個々の状況による。

「徂徠先生、俗名ヲ総右衛門ト称セルコトハ、曽祖父ノ名ヲ襲ヘルナリ、」(閑散余録・下)

参考

●祖のあざなをつく事/今の世に、たとへばおやのあざな三左衛門といへば、子もうまごも、そのあざなをつくなるは、み国ぶりにして、いとよきならはしになん、しかすれば、其家のすぢ、よくわかれて、まぎらわしからず、神武天皇は、彦火火出見尊のうまごの君にして、日本磐余彦火火出尊と申しゝも、さるみこゝろしらひにこそ、中ごろよりのちも、人の名つくに、とほりもじとて、ふたもじのうち、一文字は、さき〴〵のによりて、ものすなるも、いにしへよりのみくにぶりにしたがへるにぞ、&松の落葉・四

名、体躯由来 な/たいくゆらい

体の形状などからの命名。

長頭丸、次郎など。黒髪姫、白雪などの女子名は、そうあれかしという願望の現れ。

参考

●如貫珠とは、色の白く美麗くして、玉の如くなるを云なるべし、貫とは並びたるさまに因て云ならむ、さて水歯別と申す御名は、如此御歯の美麗く坐るに因て、負賜へるなり、&古事記伝・三十八

名、地勢由来 な/ちせいゆらい

生誕地の地勢にちなんだ命名。

『日本書紀』十四・雄略に「君」、『続日本紀』四十・桓武に「麻呂」、『日本後記』に「麻呂」といった名が見える。

名、地名由来 な/ちめいゆらい

地名から取った命名。

きわめて多様で、諸本に狭津彦、葛城皇子、難波王、菟狭津彦、伊但馬などの名が見える。

名、同音異字 な/どうおんいじ

同音異字の名。読みが同じでも当て字の異なる名。

仮名がまだ出来ていない古代に、いわゆる万葉仮名を当てて表記したため、同音異字の名が大量に現れる結果となった。『日本書紀』など諸本に、この類の名として馬養(うまかい)(馬飼・宇合など)牛養(うしかい)(牛琅、牛飼、牛勝など)、大人(老、子老など)ほか多数が見える。

参考

●古書を読むに、時世は定かならずとも、人の姓名によりて、その時世も、大かたは(おし)はからるゝものになん、さればいにしへの人の名を、今より見れば、異なりとおもへども、当時(そのかみ)は、その名を同うするものゝいと(さは)なるも、今人の名に、某右衛門、某兵衛など、同郷合壁(がつぺき)に、同名のもの多かるをもて、推知(おしてしる)べし、&玄同放言・三・人事二

名、等親由来 な/とうしんゆらい

等親人称にちなんでの命名。古代に目立つ。

参考

●姓名称謂/親をもて名とせしものは、坂本吉士長兄、額田部連甥、百舌鳥長兄、佐々貴山君親人、文室真人古能可美、この外巨勢臣人、多治比真人家主あり、(*割注略)&玄同放言・下・人事

名、動物由来 な/どうぶつゆらい

動物名から取った命名。

この類は多く諸本に、熊鰐、真大臣、直、水鶏麻呂ね真女、松、女などの名が数多見える。

参考

●往古は人の名も同じからで、或は文字の音もてしるし、或は文字の音と訓とをもて併せしるし、その人の随意(まにまに)に記しければ文字の数も定まらず、五十四代仁明天皇の御代より今の代の人の如く、多くは文字の訓をとりて二字を用ふることにはなりぬと、神皇正統紀にしるされたり、将安康雄略以降三公百官草木魚鳥を以て名とするありけり、その十が二三をいはば、雄略より推古の間、大臣に真鳥馬子等あり、仁賢天皇の四年(シビ)臣謀反によつて誅伏す、元明天皇の和銅元年四月従五位外柿本猿卒、孝謙の御時に柿本枝成(エダナリ)、文徳の御時に橘百枝(モモエ)南淵(ナフチ)の永河、清和の御時に卜部乙屎(オトクソ)、下野の屎子(クソコ)等あり、みな是国史に載する所也、この余木兎、魚養、犬養、堅男(カツオ)、真鯨等勝げていふべからず、&燕石雑志・一

名、二字同字 な/にじどうじ

下の名を同字二字とした命名。

読みは様々であり、振り仮名がないと判読に苦労するものも少なくない。

参考

良々(スケヨシ) 高々(スケタカ) 方々(スケマサ) 信々(サチノブ) 成々(シゲナリ) 孝々(ナリタカ) 令々(ノリヨシ) 教々(タカノリ) 住々(モチスミ) 甚々(タチタフ) 覚々(アキタダ) 盛々(シゲモリ) 経々(ノリツネ) 行々(ツラユキ) 章々(アキノリ) ……&姓名録抄・俗名

名、年号由来 な/ねんごうゆらい

年号にちなんだ命名。

明治六年生まれだから「明六」、昭和元年生まれだから「昭一」、といった例。

名、虫名由来 な/むしのなゆらい

虫の名から取った命名。

参考

()をもて名とせしもの多かる中に、粟田臣飯虫(イヒムシ)書紀二十五、孝徳紀、阿倍朝臣粳虫、続紀十一、聖武紀、は、その名雅致(みやび)たるにあらねども、意味おもしろし、&玄同放言・三・人事二

名、物事由縁 な/ものごとのゆかり

身近な俗事や事件などにちなんだ命名。

歳時や俗信などの思い入れが込められている場合が多い。

参考

●源義家朝臣を八幡太郎と(イヒ)けるよしは、(*中略)十訓抄六の巻には、義家防戦すでに神のごとく、若少の齢にて、(オホイ)なる矢を射るに、その矢にあたりたるもの、必ずたふれふさずといふ事なし、四重(よへ)にかこめる軍をかけやぶりて、(カコミ)の中を出ぬ。中へ入事度々也、稲光(イナビカリ)のごとくして、目をあはすものなし、貞任これを感じて八幡太郎と名づく。とありて其(ツタヘ)おなじからず、十訓抄の説まことならんには、日本武尊御名を八十梟帥(やそたける)が奉りし前蹤(フルキアト)にやゝ似たりといふべし、&松屋叢話・一 ●♪(*大正十二年関東大震災の)騒ぎの最中に生まれた子供 つけた名前が震太郎 アラマ オヤマ 震次に震作 シン子に復子 その子が大きくなりゃ地震も話の種 エーゾエーゾ 帝都復興 エーゾエーゾ&添田さつき・渋谷白涙作詞の演歌詞、『演歌著作権始末記』所収

名字 なあざな

上代語で、〈名字(みようじ)〉の大和訓。

『日本書紀』雄略の即位前記に「闕名字也」と注記が見える。☟名字⑴

名朝臣 なあそん

ナアソミとも発し、〈名字朝臣〉とも書く。姓の上にその人の名を冠して呼ぶこと。

忠利宿禰、道長朝臣のように、普通はその時代の姓の汎称人物に対して用いる。

名宛 なあて

〈名当〉とも書く。書簡などの送り先の名。

「其密事もちぎれ〳〵肝心の名当の所はおれが手に入てコレ爰にごんす、」(傾城会稽山・二ツ目)

名宛書 なあてがき

書簡等で宛名を書くこと。また、書かれた名。

名宛人 なあてにん

書簡等で名宛された人。手紙の受取人。

名宛札 なあてふだ

郵便物などで、送り先宛名を記入する札。今でいうネームシート。

内印 ないいん

天皇が用いる印。

「内印 御璽。ミシルシ。大宝令ノ制定ニテ、天皇御璽ノ四字ヲ刻シ、五位已上ノ位記、及、諸国ニ下ス公文ナドニ(キン)スルモノ。」(新編 大言海)

内記 ないき

律令制下、中務(なかつかさ)省の官職名の一つ。

のち松沢内記など、通名に転化した。

内侍 ないし

律令下、内侍司(ないしのつかさ)に属する女官の総称。

内侍、小式部内侍など。

「この内侍、つねよりも清げに、やうだい、頭つき、なまめきて、」(源氏物語・紅葉賀)

内臣 ないしん

ウチツオミ、ウチノオミと発する。古代、天皇側近の寵臣。

大化の改新で藤原鎌足が初めて任命された。

(*宝亀九年三月三日)是の日、大納言従二位藤原朝臣魚名(うをな)を内臣と()す。(*読み下し)(続日本紀・三十五・光仁天皇)

内膳 ないぜん

律令制下、内膳司詰めの官職名。

のち植田内膳など、通名に転化。

内大臣 ないだいじん

古くはウチノオオマエツギミ・ウチノオトドとも。

律令下、令外官の一。

藤原鎌足の任命が嚆矢であるが、当時は左右大臣の上に位した。左右大臣に次ぐ位となったのは平安中期以後のことである。

参考

●内大臣/天智天皇八年十月、内臣鎌子を以て内大臣とす、但此時未だ太政大臣なし。故に内大臣を左右大臣の上に置く、&明治節用大全

無い名 ないな

〈無き名〉とも。珍妙な名そのものを表す古語。

「小春殿、李韜天とは、ない名を付けて下された。先づ礼から言ひましよ」(心中天の綱島・上)

名印 ないん

「書判」とも。文書や書画などに自筆で書く判。または署名。

「その後十枚つぎの蝋地の紙に、御免筆の名印までしるしたるを売けるに、」(世間胸算用・五の一)

名占 なうらない

陰陽道五性等により名前の吉凶を占うこと。

参考

●丈夫依性可名字之事/水性の人 福 木 峯 茂 弥(*中略)以上唇音ノ字ニシテ水ナリ、故ニ水性ノ人ニ比和シテ大吉ナリ、/菊 玉 江 義 亀(*中略)ハ牙音ノ字ニシテ木ナリ、故ニ水性ノ人ニハ、水性木ト生ズルヲ以テ、武士芸者ニ吉ナリ、/宗 二 松 四 市(*中略)以上ハ歯音ノ字ニシテ金なり、故ニ水性ノ人ニハ金生水ト生ズルヲ以テ、農商職ノ人ニ吉ナリ、&韻鏡諸抄大成・六

名選み なえらみ

候補からどの名を付けるか選ぶこと。

畢竟(ひつきやう)名は符帳のやうなものじや故、名えらみなどするは、いらぬ事、」(文明開化・二下)

名負氏 なおいのうじ

朝廷で世襲制官職をもつ一族支配型の氏。

六世紀半ば、大連(おおむらじ)物部(もののべ)大伴(おおとも)の各氏から連→伴造(とものみやつこ)百八十部(ももあまりのやそべ)といった専業職組織が形成され、〈名負氏〉は後の氏姓制度を固める母体になった。

名親 なおや

〈名付親〉の略。

長い名 ながいな

〈長名〉に同じ。☟長名

「実際は長い名ではないが、あやまって長い名と思いこんでいる落語に「たらちね」がある。」(日本故事物語・シ・寿限無寿限無五劫の摺切れ、池田弥三郎)

名替 ながえ

〈改名〉に同じも、より広義である。☟改名 

名返し ながえし

〈名戻し〉とも。贈り名などで改名した人が、元の名に復すること。

さまざまな事情で〈復名〉するが、引例の場合は〈名前負け〉が理由である。☟復名

参考

●石松源五郎名ヲ返事/長尾ノ城ニ、秋月人数サシ籠ケル所ニ、石松源五郎ツメカケ、毎度攻合ケルニ、一度モヲクレヲ不取、其忠功ニヨツテ、マダ郎等ナレドモ、ヤカタノ御前ニ召出サレ、隼人ニナシ玉フ、其後秋月トセメ合ケルニ、石松隼人ト名乗ケレバ、秋月勢、扨ハ源五郎ハ向ハザリケルゾ、一当ニ追散シテ寄カクル、石松爰ヲセンドヽ戦ケレドモ、敵事トモセズ打テカヽレバ、石松支ヘカネ引退ク、サテモ石松、今度一戦ニウチ負シ事、隼人ニ名ヲ替シ故ナリトテ、下サレケル名戻シ、元ノ源五郎ニ成ニケル、カクテ重テ秋月ト戦シニ、件ノ源五郎ト名乗テ、ツイテイリケレバ、秋月勢フミトメズ、忽ニ敗軍ス、サレバ人ニ知レタル名ヲバ、替ベキ事ニアラズトコソ皆人云ケリ、&大友記

名書 ながき

名を書くこと。また、その名。

「起請を書せ、指しぼらせて名書の下を染させけるに、」(好色一代男・三の二)

名頭 ながしら

〈名乗(かしら)〉とも。いくつかの姓氏の頭字を列記したもの。

源・平・藤・橘はその代表的な例で、寺小屋の教材にもなった。

中務 なかつかさ

律令制下、中務省詰め官人の職名。

別に、中務内侍など女房〈召名〉にも。

中臣氏 なかとみし

かつては大和朝廷において、神拝や卜占など神事をつかさどった名門氏族。

文武天皇が藤原不比等以外に神事を託す氏として、大中臣氏を立てたのが源流である。

ナショナル・ニックネーム national nicknames

一国民全体に付けられた渾名。現在のところ、自称・他称を含めて、次のようなものが定着している。

日本人 大和太郎

アイルランド人 Paddy,Murphy

アメリカ人 Jonathan,Yankee

イギリス人 John Bull,Limey

イタリア人 Antonio,Tony

ウェールズ人 Taffy

オーストラリア人 Aussie,Digger

オランダ人 Nick Frog

スコットランド人 Sandy,Mac

スペイン人 Diego

ドイツ人 Fritz,Kraut

フランス人 Johnny,Jean

フランス系カナダ人 Jean Baptist

名添親 なぞえおや

〈名付親〉に同じ。☟名付親

名代 なだい

人名でノ〈名代〉は、⑴表示の名義、⑵高名になった名、の二義がある。

⑴の用例「発句帳に入候へ共、名代なく候故」(鷹筑波・二)

⑵の用例「京の何がし、名代のある御かた」(好色一代女・一の四)

捺印 なついん

印章を押すこと。また、その印影。

個人をはじめ家、官職、会社名等を象徴する記号である。印章のうち実印は、日本の場合、サインと同等の法的効力を持つ。

名継 なつぎ

〈跡継〉とも。家名・家号を継ぐこと。また、その人。

名付け なづけ

〈名前〉あるいは〈命名行為〉とも。新生児に名をつけること。広くは、雅号や渾名を付けるときにも〈名付け〉という。

名付けは一般に、誕生後七日目の新生児のための儀式で、〈名付け祝い〉や〈名披露目〉などが行われる。親または〈名付親〉は、子の将来を遠くまで見据えて命名にかかるのが道理というものである。そして名付けにより、社会的に個人としての識別存在が確立したことになる。名付けの由来はさまざまで、これを分析した学問体系まで存在する。また、名付けに伴う習俗も地方により色いろあり、民俗学の好研究材料になっている。

「言ひもえず 名づけもしらず 跡もなき 世の中なれば せむすべもなし……/大伴家持」(万葉集・三)

参考

●壬生二品家隆の家にて、ある人の子を男になす事侍り、隆祐朝臣(*家隆の息)の子になして、やがてかの朝臣、加冠はしけり、名をば何とか付くべきなど沙汰しけるを、あつみの三郎為俊といふ田舎さぶらひ聞きて、進み出ていひけるは、此殿に、御一家は、みな隆の字をなのらせたまへば、いへたかとや付け参らせらるべく候らんと、ゆゝしくはからひ申たりげにていふを、人々わらひのゝしる事かぎりなし、&古今著聞集・十六・興言利口 *一篇の笑い話ではあるが、当時、実名敬避がいかに徹底していたかがわかる。

名付祝 なづけいわい

〈名開き〉〈名披露目〉などとも。新生児誕生後に執り行う命名の祝宴。命名式も同時に行う。

所によって三日目、六日目夜、七日目、十一日目、二十一日目などと日取りは違うが、いずれにせよ、産屋の忌明け後に開くことに変わりはない。

名付親 なづけおや

〈烏帽子親〉〈名付親方〉〈名付人〉などとも。

新生児に名を付ける人。

親といっても、親以外の人が付ける場合が少なくない。つまり親類縁者、実父の役職の上司、名主・村長、古老、神官・僧侶、あるいは通りすがりの人に付けてもらうといった例もある。その人たちは〈名付子〉の一生に関与することになり、命名儀礼上の仮親、後見人という身分になる。☟烏帽子親

「名付け親が自分の名前をそのまま他人の子につけることの滑稽であることはいうまでもあるまい。」(名前談義、井本農一、日本の名随筆・別巻二十六)

名付親方 なづけおやかた

〈名付親〉に同じ。☟名付け親

名付子 なづけご

名付親から名をつけてもらった子。

「節分のまめなやうにと名付子はそれこそ鬼にかなほうしなれ」(後撰夷曲集・八)

名付けのチェックポイント なづけのちぇっくぽいんと

子への命名は親の愛情の証である。また、子に付けられた名前は、良いにつけ悪いにつけ、生涯付きまとう。それだけに、名付けは慎重にのぞみたい。 

名付けに必要なチェックポイントを列挙してみよう。

①読みやすいか。発音しやすさにもつながる。

②書きやすいか。もちろん人名漢字の範囲内で検討する。

③覚えやすいか。音の響きはどうか。

④文字の意味や印象がふさわしいか。男女を取り違えたような、いわゆる「らしさ」に欠けるものは要注意。

⑤他と間違われやすい字はないか。たとえば「明」と「朋」、「亨」と「享」など。

⑥同音異字がたくさんないか。苗字と混同しやすい文字も避けたい。

⑦珍奇に過ぎていないか。奇を衒いすぎるのはよくない。

○姓名判断に頼ったり、名前負けを気にしたりするのは、名付け親の責任で判断すべきである。これらのことにこだわりすぎは、以上の原則を無視することにもつながる。

名付用漢字 なづけようかんじ

〈人名用漢字〉に同じ。

人名用漢字が成り立つまで、一時的にこう称した。☟人名用漢字

名問い なとい

広く、相手の名前を尋ねること。古くは、社交儀礼として自分で〈名告(なのり)〉してから、相手に名を問うこと。

神武天皇元年十月五日、天皇は水軍を率いて東征中に、速吸之門(はやすいなと)(豊後水道)で珍彦なる(くにつ)(がみ)に名を問う。そのとき水先案内を引き受けた珍彦に、新たに「椎根津彦(しいねづびこ)」の名を与えた。源平争乱期に至って、〈名告げ〉や〈名問い〉は武士団の間にすっかり定着した。

名と吉凶 なときっきょう

名前と吉凶との関連を占うこと。いわゆる〈姓名判断〉に同じ。

この類は教祖の観念の産物を押し付けた荒唐無稽な説が目立つ。☟姓名判断

参考

●人依名有吉凶事/人ハ名ニ依テ吉凶アリト申ハ、実ニサルベキ歟、尤モ可然事歟、一切ノ事、名字ニヨル事アルベキ也、(*中略)益信僧正ニ、本覚大師と云諡号アリケルヲ、ハクト反トゾアリシガ、果シテ山門(*延暦寺)ノ訴訟ニ、四大師ノ外ニアルベカラズトテ、ハガレ給フ、ヨリテ南都ヨリ、慈恵僧正ノ大師号ヲ、四大師ニ余トテ、ハギ奉ル、&塵添壒囊(じんてんあいのう)抄・二

名所 などころ

名と所。姓名と住所。

歌学でいう「名所(などころ)」とは、詠歌の対象となるメイショであり、意味が異なるので注意を。

「しやうばいなれば傾城にはかまひなし、去ながら夜前よりのかひ手共ことすむ迄名ところを、一々にかきとめよ、」(傾城反魂香・中)

名取 なとり

家元制度のもと、舞踊や演曲の修行者が師匠・家元から芸名を認可されること。また、その人。

「何所の宅か知らねども、杵や何某(なにがし)が名取の妙音、彼の古き唱哥、紅葉狩、」(春色辰巳園)四・七

名無しの権兵衛 ななしのごんべえ

名のわからない人(名無し)をからかい半分にこういうが、社会生活者で名前の無い者などいないのが道理である。

なぜ権兵衛が名無しと結びつくのか、由来は何説かあるがどれもこじつけで取るに足らない。権兵衛そのものはもちろん官職名から出来た呼称であるが、これが意外に多く、『寛政重修諸家譜』を見ると百名以上を数える。十把一絡げの印象だが、なかには山本権兵衛のように、陸軍大将から首相を経験した人物も輩出している。

名主 なぬし

ミョウシュと発する。別名〈庄屋〉をさすこともある。

〈名主〉は、地方のしきたりにより形態はさまざまだが、一般に名田を所有して貢納する農民階級をさす。また、小作農を管理する下級荘官の職名でもある。原則として一村一郷を管掌する。

「扨田野の開けること此の如くなれど、領主或は名主等の年貢取立緊しければ、小民は安楽に生活せざりし。」(バタビヤ新聞・文久二年八月十七日)

参考

●名主の称/また名田より起れり、即領主に代りて名田を支配するの名にして東鑑文治三年の条に鹿島社領の名主貞家とあるを始とす、&明治節用大全

名の敬避 なのけいひ

〈実名敬避〉に同じ。☟実名敬避

名の封 なのふう

古いしきたりで、文書の表書き封じ目に差出人の名を記したもの。

名籍 なのふだ

ナノフンダとも。古代の戸籍を書き記した文札。

『日本書紀』欽明三十年正月の条、同・敏達三年十月の条に記述が見える。

名のみ なのみ

氏名のうち名だけをもつこと。別に、名前だけで実体のないこと。さらに〈名前負け〉の意味も含む。☟名前負け

名の用字 なのようじ

名前に使う文字の汎称。

『拾芥抄』中本姓尸録「人名録」の条に主な〈名の用字〉の例証がいろは順に列挙してある。なお、用字論の類は多分に姓名判断的で、首をかしげたくなるものも少なくない。

参考

●勝復之事/先祖ヨり用ヒ来リタル字、其人ノ性ニアハザルアリ、仮令バ木性ノ人ニ、歯音金ノ文字ヲ父字トナス時、名乗ノ父字ヨリ其人ノ性ヲ克ス是凶ナリ、然ドモ此文字ヲ父字ニセネバナラズトアラバ、此父字ニ生ゼラルヽ所ノ唇音ノ文字ヲ母字ニ用レバ、母字ヲ父字ヨリ生ズルヲ以テ、父字ノ気、自トヨハリテ、其人ノ性ヲ克スル事カナハズ、其上此母字ヨリ其人ノ性ヲ生ズルナリ、是負ベキ所ノ者、復テ勝ト云ヲ以テ、勝復ト云ナリ、例シテ云ハヾ、木性ノ人ノ名乗ニ数敷(カズノブ)ト云ガ如シ、此数ノ字歯音ニシテ金ナリ、此金ヨリ性ノ木ヲ剋ス、然ドモ数ノ字、先祖ヨリノ通リ字ナルヲ以テ父字ニ用フ、故ニ母字ニ敷ノ水 字ヲ用テ、父ノ金気ヲ奪フナリ、是ヲ以テ其人ノ木性ヲ克スル事アタハザルナリ、&韻鏡諸抄大成・六

名告 なのり

今では〈名乗り〉と書く。自分の名や素性を相手に告げること。

昔、戦場や仇討などのさい武士のたしなみとして〈名告〉をあげたことで知られる。

「たれぞ、名のりこそゆかしけれとの給ふに」(源氏物語・東屋)

参考

●仮名、実名、名、名乗/今時仮名(ケメウ)ト問バ、譬バ河野四郎ト答フ。実名ヲ問バ通信ト答フ。河野四郎何ゾ名ナランヤ。河野ハ居地ノ族称、四郎ハ行第ノ如モノニテ、兄弟ノ次第ヲ序ル称也。通信ハ名也。姓ハ越智也。今時ハ河野ハ氏。四郎ハ名ト思フ人多シ。又名ト名乗ヲ分テ覚ベシ。名ノリ名ノルトハ、人ニ逢テ我名を告ルコト也。告字、ノルト訓ス。某ト名告ル。某ト名(ノリ)テト云是也。名ノリト云ヲ詞ノ体ニシテ名ノ外ニ名乗ト称シ、名乗ト乗字ヲ使フモ近年ナラズ聞ユ。基俊悦目抄云、時鳥とあらんにはとなりもさしあひなば、しての田をさとも隠したるは苦しからず、譬ば名と名乗を読みていふが如し。一にても可理。是にて万可心得也。此ニ名ト名乗ヲ分タレバ、基俊ノ比モ既ニ分ケリト見ユ。源平盛衰記、平家物語ニモ、今時ノ如キ称号ハ幾ラモ有ドモ、仮名(ケメウ)トハ不言。名ト名乗ト云モノモ無。名乗ト乗字ヲ用ルハ何ノ儀カ。何時ヨリ如此書モ不知。&仙台間語・続編第一

名告合 なのりあい

〈名乗合〉とも書く。相対する者同士が、互に自分の名や素性を告げあうこと。

往時、合戦時に武将間のたしなみとして温存されたのが、象徴的である。 

「其児の守り袋と私の守り袋と取かへえて、後年の名乗合の証拠にもなる様にと、」(春色恋白波・初・六回)

参考

●長篠合戦/われこそ甲州にて音に聞えし土屋右衛門なるぞ、三年前に死すべき命を高坂弾正に意見せられ、今日まで生きのびいたり、ただ今軍門に屍をさらす、首とつて高名せよと高声に呼ばはり、柵を破らんと馳せかゝるところ、たちまち鉄砲にあたり馬より落ちて死にたり、&三河風土記

名乗朝臣 なのりあそん

〈名朝臣〉に同じ。☟名朝臣

名乗ノ一名 なのりのいちめい

複数の名の使用を一本に絞ること。

近世までは、本名のほかに通称、字、号などを混在させ無秩序に使っていた。それを明治の新姓制度をきっかけに、公的に国民の名はすべて本名のみを称えることになった。

参考

●名乗一名/明治初年の大官中には、後藤象次郎元皣、江藤新平胤雄、など、一人にて二様に公文書に出づる者あり、さうかと思へば、伊藤知事、山県大輔など、官位を以て名に換へたる場合もあり、新知識の森金之丞(有礼)之を不便不経済なりとなし、/通称を廃して、実名を用ふべく、官位を以て諸称に換ふる弊を矯むべき/旨を、明治二巳年、公議所に建議し、之を公議にかけし処、否とする者十一人に対し、可とする者百十三人の多数にて、之を可決通過せり。/凡そ人名(実名通称等の)其数称ある者は、必ず一に従ふべき法律の出でしは、明治五年五月にて、森氏の意見の貫徹とも謂ふべく、公私共に便益を得ることになれり。&明治事物紀源・上

名乗頭 なのりがしら

名乗の場合、門中ごとに共通の漢字一字を頭に冠すること。また、その冠字。

南西諸島でこの風習が残っている場所がある。☟一字頂戴

名乗字 なのりじ

〈名文字〉とも。名に使う文字。

人名用の漢字の音訓には、命名者が勝手に付ける慣用外のものもあり、これが人名訓の煩雑さの原因にもなっている。これでは誤読される可能性も大きいので、奇をてらった〈名乗字〉は避けるべきである。

参考

●名乗ノヨミハムツカシキ多シ、江以言ハモチトキト訓、足利義詮ハヨシタカトヨミ、黒田隆孝ハヨシタカト読、新井君美ハタカヨシト読ノ類、仮名ヅケナクテハ読レヌガ多シ、名字ニテモ勘解由小路ヲカデノコウジ、七寸五分(*割注略)ヲクツワタトヨミ、百々トカキテドドト読ムノ類枚挙スベカラズ、女官ノ典侍掌侍ヲナベテスケト呼ハ、字ハ後ヨり填シナルベシ、&寒檠璅綴・一

名判 なはん

 書に署名された氏名と印判。

「請取帳に名判をしるし其銀子を袋にいれずに帰る、」(西鶴織留・一・二)

名開き なびらき

〈名開き〉には、次の二義がある。互いに似てはいるが形式内容が異なる。

⑴新生児の名を知らせる儀式。

普通は〈御七夜〉に行う。名を紙に書いて神棚や床の間に飾り祝宴を張る。

⑵〈名披露目(なびろめ)〉に同じ。☟名披露目

「内の道具だてを見るに、屏風名ひらき花会のすり物ではり、」(京伝予誌・豊後)

名披露 なびろう

名披露目(なびろめ)〉にほぼ同じも、単なる売名の含みもある。☟名披露目

参考

●三遊亭円朝ハ府下噺家の第一等にて評判頗る高く、既に両国橋なる立花亭にて、当る子の一月一日昼時より三遊亭円朝出席と大書したものを張出すは、げにも第一等の芸人丈けと、おどろきいりました。&東京曙新聞・明治八年九月二十五日

名披露目 なびろめ

世間に名を知らせる儀式。

芸能人が芸名を付けたり、文人が新しい雅号を得たりしたときに祝宴で披露する。句にも詠まれ、

 名ひろめは世に武蔵野の秋の月  立圃

名前 なまえ

氏名、または名。

〈名前〉は一般に、⑴氏名とも、⑵名のみ、の双方が混同して用いられている。本義は苗字に対する名、である。☟名

(ひと)のなめへにして、内証はてんでんが(もつて)居るス」(浮世床・二下)

「そして、主人は「燗十」を採用したが、この名前は音感に重きをおいた。」(名前をつける、秋元不死男、日本の名随筆・別巻二十六)

名前替 なまえがえ

芸名や号など名前を新しいものに変えること。

代えたものを〈替名〉という。

名前書 なまえがき

氏名を記した書付や札。名札。

(まもり)の中になめえがきが這入つて居たので、」(真景累ケ淵、三遊亭円朝)

名前倒れ なまえだおれ

〈名前負け〉同じ。☟名前負け

「其の名前倒れを嘲る心を持つて、兎に角、ここで、第一の旧家と云はれる角屋の前に足をとどめて見ても、」(大菩薩峠・壬生と島原の巻・七)

 前帳 なまえちょう

商用などで氏名を書きとめておく帳面。取引帳や顧客名簿の類。

名前人 なまえにん

江戸語で、〈名義人〉の意味。別に、自分の氏名を公にしている人をさす。

「誰か適当の名前人をと捜しておつたのだが、」(社会百面相・宗教家・下、内田魯庵)

名前主 なまえぬし

世帯主。戸籍の主(筆頭者)。一家の主人。

名前負け なまえまけ

人柄よりも名前のほうが立派過ぎること。実が伴わない名前。

立派な名前の持ち主が零落したり失敗したときなど、〈名前負け〉したとの陰口に用いられる。

「姓名というものはなるべく平凡な方が気が楽だ。世間には名前負けということもある。」(同姓同名、山田稔、日本の名随筆・別巻二十六)

名前目 なまえもく

〈名前〉〈名号〉などを強調した江戸語。

「立派に名前目(なめへもく)のある床場の親方が、月に三貫か四貫の中床を遣つて、」(江湖機関西洋鑑・初・下、岡丈紀)

名前分 なまえわけ

人を名前で区別すること。

いろは別・五十音順・地域別・職業別など、さまざまな方法がある。〈名寄〉と重なり合う意味がある。

生親族 なましぞく

〈遠縁〉とも。

血縁が互に離れている親族。ナマシンゾクとは読まないので注意を。

「その年暮れて、又の日、なましぞくたつ人、とぶらひにものしたり」(蜻蛉日記・中・天禄二年)

名苗字 なみょうじ

名前と苗字と。苗字も名前も。

「山田にをる源二郎は山田源二郎也、これすなはち今の名苗字也、」(年々随筆・三)

名面 なめん

ナヅラとも。〈名前〉に同じ。江戸で用いられた伝法(でんぽう)(ことば)である。☟名前

名文字 なもじ

〈名乗字〉に同じ。☟名乗字

「封の結び目に故治部卿のぬしのみなもじよりつけたり、」(宇津保物語・蔵開・上)

参考

●第百十八号/御歴代御諱並御名ノ文字、自今人民一般相名乗候儀不及憚事。/但熟字ノ侭相用候儀ハ不相成候事。明治六年三月二十八日 太政官&東京日日新聞・明治六年四月二日

名盛 なもり

歌舞伎で、配役を書き連ねること。また、その役所と役者名。

「おのしが色師じやア入らねへ、大かた正本の名もりがまちがつたのだらう」(御手前打翁曾我)

名寄 なよせ

共通の名を寄せ集めること。また、それらをまとめあげた詩文の集。

参考

●春駒の上るり/天明二年寅の霜月顔見世に、中村座にて、(*中略)豊前大夫妙音にて、桜田治助妙作にて、吉原の遊女名寄の春駒、両人(*岩井半四郎、瀬川菊之丞)の所作、木々妙々いふべからず、(*中略)扨右遊女名寄の文句にのりたるは、若紫、千山、雛鶴、九重、もろこし、丁山、なゝ里、(*中略)以上二十七人、いづれも時の名妓、みせにつかず、仲之町をはりたる遊女どもなり、(*割注略) &蜘蛛の糸巻・追加●花の姿色名寄 肺本臍丸作/花の香薫る台しら玉誰が袖ぬらす玉つさ三千歳迄も陸奥みさほはつきぬ錦木しから木しけき滝川岩こす浪はしつ浦の千船おりなすしつ機のその七ゝ綾亀鶴千歳を祝ふ住の江の水くきしけき染之介あふさきるさと都路のます恋種やたはれ男に常盤とちぎる松風袖浦しるき垣衣の姿は同じ村雨も……&風流 廓仲美人集 *傍線は荻生、遊女名を示す。原文では各遊女名の脇に抱え妓楼名まで入れた凝りようである。

難読姓氏 なんどくせいし

正しく読みにくい姓氏。

世の中には何冊か専門書まで出ているほど、数多の〈難読姓氏〉が氾濫している。国語学者でもお手上げという、例を挙げると、一合戦(いちまかせ)、十一月二十九日(つめずめ)、子子子(こねこ・こねし・ねこじ・ねこし・ねじこ・ねねこ)、千万億(つもい・つもる)、母袋子(ほうね)、東西南北(ひがた)、転法輪(てぶり)、驫(とどろき)

難読である時点で、その姓氏(名も含めて)は正唱不可や誤読といった社会的なハンディキャップを負っているわけで、当人は名刺などに振り仮名を必ず付けるなどの埋め合わせ努力が必要である。

「これまでに誤読されたところでは、ヒラキダカ、カイダカなどが一番多いが、ときどき一字だけはなして、ヒラキとか、カイと読む人もある。」(名は体をあらわすか、開高健、日本の名随筆・別巻二十六に所収)

参考

●苗字俗名の事/俗間今苗字と云ものは、中興の祖、居地の所名を名字とし、在名多ければよめ難るあり、たとへば木曽街道を行ば、信州に(やご)(はら)の駅あり、やぶはらと読べき字なれども、やごはらといはざれば、所の通用なし、よみ誤を知ながら、用便にまかす、此類何程もあるべし、唯難字の分のみを一ツ二ツしるす、難字になくとも、字はしれて、よみまぎらはしき分計出す、(いみ)() 忌部(いんぺ) 伊秩(いづつ) 伊香(いかこ) 伊自良(いじら) 一口(いもあらひ)……(*後略)&日用重宝記・二

*この『日用重宝記』には、古典での難読姓氏がいろは順に数百例載っている。●物言えば博士とて、可笑(をか)しからぬものかは。日本字の不完全なる由を述べて(いわく)南条(なんでう)氏のはブンユウ、矢野(やの)氏のはフミヲ、学者と(いへど)も正しくは氏名すら(よみ)()(がた)しと。&あられ酒・ひかへ帳㈢、斉藤緑雨

難読名 なんどくめい

正しく読みにくい名。

古代人の場合は、音訓の当て字読みのため、〈難読名〉もある程度やむを得ぬことであった。しかし中世・近世の武人、とくに幕臣級は自らの権威信奉を名前に託し、わざわざ読みにくい命名を旨とした。和漢両読み漢字の多読性も難読名を増やす原因である。たとえば字画数が最も単純な「一」の字は、『牛馬問』によるとハジメという読みに始まってヒカルまで、二十六通りも示されている。

現代、難読姓のほうはともかく、難読名は「付けるほうが悪い、誤読されても構いなし、」という不文律が確立されている。たしかに多忙な相手に判読の負担を強い、煩わしくて正称放置の結果を招く恐れがあり、本人にとっても非常に不利なことである。

なお『諱訓抄』には帝王、親王、大臣、納言以下の各条にわたって古代の難読名が列挙してある。

 

 

二位 にい

律令制下、二位相当の官人。

高級女官名に二位局がある。

二音節名 におんせつめい

二音節で言い切れる名。

女子名に圧倒的に多い。昔風にいうなら、ちよ、しの、ゆみ等であるが、今様に千世、志乃、由美のように漢字二文字に化けている。

二字実名 にじじつめい

略して〈二字名〉〈二字〉とも。〈二字実名〉には、次の二義がある。

⑴実名に漢字二字を用いること。また、その名。道真、清盛、実朝など。二つの漢字を連ねて書くという大陸風記名法の影響で、奈良時代に現れ平安中期に盛んになった。

⑵〈実名〉そのもの。往古、二字表記の実名が多かったことに由来する。百章の何すら田吉、是秀、氏宗といった威風堂々の二字名が現れている。

原則として、名の漢字が一字、もしくは三字以上の場合は、実名であっても「二字実名」とはいわない。☟実名

「修業者ふところよりつま硯をとりいだして二字をかきてさゝぐ。鎮西の聖光坊これなり。」(口伝鈔・中) *⑵の例

二字分与 にじぶんよ

「二字実名⑴」の場合で、貴人が名を二人に分け与えること。

引例の足利義政の場合は、畠山政長と義就に分けて贈っている。

参考

●義就(*畠山)方ノ衆徒、進出テ申ケルハ、此義就ハ古徳本ノ実子ナリ、元服ノ時ニモ、政長ニ下字ヲ給シカドモ、義就ハ各別ニテ、上字ヲ給シナリ、&新撰長禄寛正記

二字銘 にじめい

刀工や持主の名が二字刻印された刀剣名。

二字免許 にじめんきょ

土豪ら庶民階級が、武士にならい禁令の二字を名乗ること。

経緯は左記引例にくわしい。

参考

●二字免許の制度の由来/村々の農夫の歴史は文字に伝はつて居らぬけれども、存外続いて久しいものであるらしい。彼等は戦乱に追はれ、又は天災に遭遇しても、真先に居村に引返して荒地を再墾することを勤めたらしい。今日の新村といふのは、よくよく以前から人の耕さなかつた土地に外部から移住したものである。之に反して武家の方は数回の大移住の為に余程の混乱を生じ、少なくとも客観的には其家号の由来が不明になっている。然るに旧幕時代は普通の土民は、公けに在名を称することを禁ぜられた。二字といふことは中世では名乗を意味した。武士が或大家の家人となれば、名簿(みやうぶ)に二字を書して之を主人に呈し、実名を諱まずに呼んで下さいといふ儀式を行つた。この制度が廃れてから、公に家号を名乗る事を二字の免許と称した。村々には長百姓と小百姓、若しくは地主と門男の二階級があつて、後者は武家の特権に対しても、又は旧家門閥の威厳を維持する上からも、絶対に家号を唱ふることを許されず、しかもその多くのものは疾くの昔に家号を忘却し、又は最初から家号がなくして、十数代も何村何兵衛で通つて居つた。&名字の話

 二世 にせい

〈二代目〉〈息子〉とも。父の名や屋号などを襲名した息子に対する代称。

「先代と打って変わり、あいつは馬鹿二世だ」などと用いる。

「脂ぎりたまふお二世様/長髪の信者に拝まれて大本教の純女昨日綾部へ帰る(*見出し)(東京日日新聞・大正九年八月十二日)

偽系図 にせけいず

偽造した系図。

世の中、見栄っ張りほど自分を偉く見せたがり、系図で家系を自慢したがる者が少なくない。あるいは好条件で仕官すべく、架空の良血系図をデッチあげたがる(取付け系図・吊付け系図)。こうした需要にこたえて、戦国時代あたりから明治末まで、長い時代にわたって〈偽系図屋〉が暗躍した。かの織田信長は織田家の嫡流でなく、系図は偽作されたもの、とする系図学者もいる。

最近では戦後、南朝の皇統を主張した熊沢天皇が、〈偽系図〉をひらけかしてGHQのマッカーサーに直訴した事件が知られている。系統不明な部分を捏造する似て非なものから、

でたらめな改ざん系図まで、おびただしい偽系図が出回った。他人から系図を見せられても、鑑定結果が出るまでは、うかつに信用しないほうがよい。

参考

●偽系図(*中略)然るに追々と世の中が逼迫して、貴族は財政に弱つて税を免じてやることが出来ず、実を去つて虚名のみを付与するやうになつたのは、近世の一変遷で、謂はば泰平の兆候と謂つてよろしい。民間の由緒書、乃至はこれを修飾して新たに作つた系図の数は、遂に領主以外の世間の人々に向つて、家の名門を語るべき、一種の飾りものゝ如く変化して行つたのである。&名字の話●系図の偽作/元和偃武以後、諸国の浪士がアラヌ父祖の余光を種に高録を得やうとして、頻りに自家の系図を作る事が流行した、氏素性の知れない者が一時を瞞過せんが為に、自ら系図を偽作し、又は其道の代表者に依頼して、己が祖先をデタラメに拵へさせた、其最も甚だしい一例としては、徳川初期に、近江国坂本雄琴村の土民沢田源内といふ者が、自ら佐々木六角の嫡流なりと偽称し、己が祖先として義実、義秀、義郷などいふ無実の者を系図中に入れ、それを事実らしく見せんが為めに、『大系図』、『江源武鑑』、『江陽屋形年賦』等を偽作した事がある、其『大系図』は三十巻に亘る大部の書であつて、此書が当時系図濫作の弊を助長したことも尠くなかつた/&奇態流行史

尼僧名 にそうめい

〈尼の名〉とも。尼僧が付ける法号。

『日本書紀』二十一・崇峻三年の条に、大伴狭手彦連の娘、善徳と狛夫人が出家しそれぞれ「新羅善妙」「百済媛妙光」と尼僧名を名乗った、とある。初出であろう。

日号 にちごう

日蓮宗独自に法諱に付ける号。

日奥・日像といった類。

ニックネーム 

ニックネームについては、☟人名レファレンス資料ニックネーム

二人称 ににんしょう

〈対称〉に同じ。

日本国民 にほんこくみん

日本の国籍をもつ人。

日本名 にほんめい

日本式に付ける人名。

「日本名」は、外国名と比べた場合の呼称である。

入籍 にゅうせき

入家(いりいえ)〉とも。ある人の籍を他の戸籍に新規に入れること。また、その手続き。

参考

●第二十一号/○妻妾ニ非ザル婦女ニシテ分娩スル児子ハ、一切私生ヲ以テ論ジ、其婦女ノ引受タルベキ事。但男子ヨリ己レノ子ト見留メ候上ハ、婦女住所ノ戸長ニ請テ免許ヲ得候者其子其男子ヲ父トスルヲ可得事。/明治六年一月十八日 太政官&東京日日新聞・明治六年一月二十日

乳名 にゅうめい

〈乳諱〉〈幼名〉とも。乳飲児の名。☟幼名

女院号 にょういんごう

ニョインゴウともいう。天皇の母、三后、内親王に対する尊称。

格式は「院」に準じる。一条天皇が皇太后の藤原(あき)子を女院に列し、「(とう)三条院」の尊号を授けたのに始まる。

参考

●一条院御母は、東三条院と申す、女院の始は、この女院也、これは兼家のむすめにて、円融院のきさき也、&愚管抄・三

女御 にょうご

元は朝廷の寝所に侍した女官名。後通名化をたどる。

参考

●二十二代雄略帝七年、田狭(たばさみ)が妻(わか)(ひめ)国色(こくしよく)あるをきゝたまひて女御となし給ふ、是れ女御の始なり、&理斎随筆・後・二十二

女房名 にょうぼうめい

ニョウボウナとも発する。〈候名(さぶらいな)〉とも。

女房は禁中や院中において、一人部屋を与えられた高位の女官。これらの呼び名を総称して〈女房名〉といっている。

上臈・忠臈・下臈の階級がある。『百人一首』中にも伊勢をはじめ和泉式部、紫式部、大弐三位、清少納言ら十二名の女房名が見える。

『薩戒記』部類二「女房名事」の条に具体的な名が載っている。

人称 にんしょう

文法で、人に対する称呼の位置づけ方法。

〈第一人称〉〈第二人称〉〈第三人称〉の区別がある。

人称代名詞 にんしょうだいめいし

〈人代名詞〉とも。〈人称〉に関する代名詞。 ☟人名レファレンス資料人称代名詞一覧

人別帳 にんべつちょう

〈人別〉と略し、〈水帳〉ともいう。江戸幕府下で村方、町方の戸籍簿。

住民の生国、宗旨、旦那寺、家作の有無、年齢、職業などが記される。名主が調べて作成した〈人別帳〉は、代官所や町奉行所へ提出される。

「これを思へば人並に人別張に付ながら、畜生に劣たる無芸の者は、」(放屁論・後)

 

 

主 ぬし

次の意味にまたがっている。

⑴社会・地域・集団などの首長。

⑵主従関係での、主人。

⑶男女関係における、夫。

⑷財産などの持ち主。

⑸貴人等への敬称。

奴婢 ぬひ

ヌビとも。律令制で、賎民の呼称。「奴」は男、「婢」は女をさす。

この類の戸籍簿として『東大寺奴婢籍帳』が知られており、これに男では奴人足、奴黒人、奴古麻呂、奴国勝、奴猪麻呂などが、女では婢伊蘇売、婢刀自売、婢久理夜売、婢古刀自売、婢古阿禰などの名が見える。

 

 

ネーム ねーむ

〈名前〉の英語。☟名前

 

 

後諱 のちのいみな

(おくりな)〉に同じ。☟(おくり)

参考

●人生存ヲト云、死シテ後ト云、生存ト亡後トノ異也。或洞僧、現在生存ノ人ノ名ヲ諱と云。大ナル誤也。左伝ニモ、名終将諱、トアリ。生前ノ名、其身終テ後、子孫臣子之ヲ諱コト也。貴賎ニ通ジテ然リ。会典ニ、弘治七年、御庿、及親王ト分テ記セリ。或儒者、人ニ名乗付テヤル、其包紙ニ御諱ト書リ。今ハ儒者サヘ此様ナルアリ。況ヤ僧ヲヤ。&駒谷芻言

後の御名 のちのおんな

〈賜号〉に同じ。

「殿上にてまづのちの御名のさだめあるにつけても、」(高倉院升遐記)

後号 のちのな

(おくりな)〉に同じ。☟(おくりな)

 (*神亀元年三月)先の勅を追ひ収めて、後号(のちのな)(わか)ち下すべし。(*読み下し)(続日本紀・九・聖武天皇)

法名 のりのな

法名(ほうみよう)〉の和訓。☟法名(ほうみよう)

暖簾名 のれんな

〈暖簾名〉には、次の二義がある。

⑴暖簾に染め出した屋号。☟屋号

⑵娼家で看板女郎の名。たいてい店名にちなんで付ける。立花屋の「橘」、鶴喜楼の「お鶴」など。

参考

●商家にエンギを祝する弊あり。近江店(江州ヨリ出店セル商家ノ称)には暖簾(ノレン)の字を男に書せず、(ヒラク)(カイ)の因縁ありとて女にかゝす事なり。近日本所辺の店にて奥原晴湖先生の揮毫を頼むよし。或人の説に、潤筆の五百円も贈らずば先生書まじと、無敵の(クワイ)と云べし。&東京日日新聞・明治六年十一月十二日