古今東西、世界の珍画トリック画を絵解き

横丁の美術評論集だ!

  

 

裏長屋は熊八さんらの美術鑑定団です。このe-bookのギャラリー展示対象作品は、古今東西にわたっています。ただし原則として、いわゆる「泰西名画」や「美術画」ではなく、普段身近にお目にかかるような身近な描画・版画等を選びました。遊戯画とかレトロ広告を集めた編もあって、目の保養になりましょう。現代作品は著作権等の関係から外してあります。 

 

絵解き 遊画苑 プラウザ上の仕様

 

題名●絵解き 遊画苑

 

副題●不思議画・面白絵230余点を図説 付録/錯視の世界 

 

編著者●荻生待也

 

製作者●おぎぶん工房

 

商品番号●おぎぶんe-book16

 

製作年月(予定)20175

 

カテゴリー●美術>絵画戯評

 

本編の構成●第1章 日本のトリック絵/第2章 日本の遊び絵/第3章 レトロ頓珍広告/第四章 世界の戯画/5章 東西比較絵解き  全230余点を1テーマ1ページに解説付き読み切りで収載

 

本文の基本設定●A4判横書き、MS明朝体10.5P、本文200ページ 解説文レイアウトは成行き任せ

 

電子仕様●原稿はWINDOWS 7によるデジタル化

 

ボリューム●延べ208ページ、99.5MB

本文のサンプル

 

 

ISBN978-4-906777-74-7  C0870 \2800E